会話の盛り下げ方

| コメント(2) | トラックバック(0)

CAREERzineのホームページに、会話を盛り下げるテクニックというのがあったが、面白いので、メモしてみる。これは、付き合いを断るには、有効である。

(1)シャイな人を装う
キーポイントは、無愛想でなく、シャイである。無愛想だと、社会性自体を疑われる。話を振られたらボソボソ、頭を掻きながら、俯き加減で話せばいい。

(2)弱音を吐かない
弱音を吐くということは、意図しなくても、先輩や異性の保護欲をくすぐることになる。

(3)興味を持たせるフックは取り去る
興味を持たせるフックとは、相手が飛びつくような意外性を話題に含める、ということである。例えば、「料理は好きですか」と聞かれて、「ええ、最近は、トマトを使ったイタリア料理に凝ってます。」などというと、沢山突っ込みどころを与える。ここはさらりと、「ええ、でも食べるのが専門です。」とか、「そうでもありません」とか、そっけなく答えるのがテクニックである。

(4)お酒をあまり飲まない
これは、お酒が好きな人には通用しないが、それでも、嫌な奴というのもいるので、あまり飲み会が好きだと標榜しないほうがいいかも。

(5)ミラーリングしないようにする
ミラーリングというのは、相手の行動や言動をまねることで、会話でも、復唱したり言い換えたりするような会話である。「寒いですね。」「ああ、本当に寒いですね。」など。これを言うと、親近感を高めてしまう。

(6)仕事の話だけをする
仕事以外の話に広げると、じゃ、仕事のオフのとき、付き合おうとかいう話に発展してしまうことがある。

(7)疑問形を使わない
疑問形を使うと、付き合いたい人は、喜んで答えてきて、会話が弾む。盛り下げるためには、会話を弾ませてはいけない。

(8)自慢話は流す
自慢話に相槌をうつと、延々と一人で盛り上がる人がいる。それでも、奢ってもらうという下心があるなら、それもあるかもしれないが、そうでないなら、「俺、こないだ地区の囲碁大会で優勝したんだぜ」と言われても、「ああ、そうですか」としれっと答えておけばいい。

(9)いちいち考えこんで会話のテンポをずらす
「趣味は?」と聞かれて、「ええと、ううん、特に・・・」とか考えながら、テンポを弾ませないと、「この人は悪い人ではないけど、特に面白い人ではないなぁ」と思われる。

よくネクラと言われる私だけど、これを全部実行する勇気はない。逆に、これを全部実行して、それでも、尊敬を失わないとしたら、きっと、ゲーテルやフォンノイマン並みの天才なんだと思う。

一方で、女性で、話していて、まさに上記のような対応で、私をかわそうとする人がいる。あまり嬉しくないといえばそうだが、だいだいが私は、女性に親しくしてもらったことが少ないので、そういうもんだとも思う。

また、それとなく観察していると、世間には、どうも本質的に社交的でない人というのが、男女を問わずいるようである。もし仮にそういう人が異性として魅力的であったとしても、この慌しい世の中では、いろいろなことが多すぎて、上記のような対応を続けると、次第に首尾よく埋没していける。でも、それで本当に満足なのか、と一見非社交的で実は寂しがりやの私には、理解できないでいる。

そう思っていたら、実家の父から電話があり、近所の人を集めて、新年からカラオケをするそうである。考えてみたら、私の実家は、昔から、暇さえあれば近所の人が訪ねてきて、酒を飲んだり、雑談したりという社交の場であった。酔っ払いが騒いだりして、子供ながらとてもそれがうっとおしいと思ったものだが、そういう喧騒がある意味バックグラウンド・ノイズとしてあるのが当然となって、静謐を好みつつも、そういう喧騒もどこか期待する性格になってしまったようである。そういう私はやはり、盛り下げ会話には徹することができない、ということが分かった次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1665

コメント(2)

 見ず知らずの人が沢山集まっている所に行くはめに陥ると、所在なささのあまり、私は大変に苦労します。
>自慢話に相槌をうつと、延々と一人で盛り上がる人
 このタイプを相手するのは楽ではないですか?85%聞き流して時々相打ちをうっていれば、自分がしゃべらずに済みますしね。

>>自慢話に相槌をうつと、延々と一人で盛り上がる人
> このタイプを相手するのは楽ではないですか?85%聞き流して時々相打ちをうっていれば、自分がしゃべらずに済みますしね。

なるほどそうでした。下手に真面目に聞かなくてはならないという義務感もつからいけないのでした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月25日 08:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国家の人工性」です。

次のブログ記事は「ソフトIP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。