先崎学

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日のNHK杯戦、羽生名人対先崎八段戦は、きっと羽生の完勝なんだろうな、と思ったら、案の定、そうなった。しかも、ただの完勝ではない。羽生はただ、普通に指しているだけで、何も好手はない。先崎が勝手に暴れて、勝手に転んで、はっと気付くと、羽生の勝勢になっていた。私と羽生が平手で指しても、この程度の酷さには落ち着ける。いや、下手したら、私が羽生と指しても、あれ以上に接近した局面を作ることができるかもしれない。

それでは先崎が弱いか、というと、そんなことは全くなく、プロの中でも、先崎の将棋は、玄人受けする。手がよく見えるし、本格的なのである。また、将棋に明るく、よく将棋を知っている。将棋の解説をさせたら、なかなか先崎の右に出る者はいない。だから、B級2組でうろうろしている将棋ではない。A級を常に狙う位置をキープしていてもおかしくない。

そんな先崎であるが、羽生との対戦成績は、1勝14敗。一方的以上のものがある。純粋に実力差の戦いなら、せいぜい、5勝10敗くらいではないか。

では、なぜ羽生に一方的に負けているのか。その理由を示唆する、次のようなエピソードがある。すなわち、私の棋友が勤務している会社に、先崎が、指導棋士として訪れた。棋友は、先崎の強さを誉めそやす。いやあ、手合いによらず、圧倒的で全く勝てない、と。それはそうだろう。先崎は名うての手が見える棋士である。普通のアマチュアごとき、ノータイムでぶっとばすだろう。そこで、酒が入ったときなのか、先崎は、次のようにつぶやいたという。「僕は、アマチュアは馬鹿だと思う。」

なんと、アマチュアを愚弄するのか、と怒りたいところだが、先崎には単に本音だろう。子供の頃から内弟子でやってきた先崎にとって、なんのかんのといっても、将棋の強さ、という価値観は絶対である。それ以外の価値観は意味がない。

先崎と並んで、アマチュア向けによい解説をする棋士に、勝又清和がいる。勝又は、どうしても将棋では先崎に及ばない。しかし、間違っても、アマチュアは馬鹿だなどと口走ることはないだろう。それは大学の理学部で数学を学ぶなど、将棋以外の世界を広げているからである。

そういう意味では先崎は、相当な読書家らしいが、どうしても将棋中心主義から脱却できない。そういう将棋中心主義という価値観を強くもち、また、将棋に明るいという感性があると、羽生という棋才に出合ったとき、彼我の棋力差をとてつもないもののように感じてしまうのだろう。虫眼鏡で拡大してしまうのである。

そうやって立ちすくむと、到底堂々たる戦型を築くことができない。本来本格的な将棋なのに、羽生に対しては奇襲戦法を採ったり、無理して攻めたりと、余計に傷を深めてしまう。

私は実は先崎は、好きな棋士の一人であって、もし将棋で私が馬鹿にされても構わない。ただ、将棋の棋力に関して比較的一次元的価値観をもち、そのことが、超一流への道を塞いでいるとしたら、残念である。

と書いているうちに、(羽生+芹沢)÷2=先崎、という意味不明な方程式が浮かんだ次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1667

コメント(2)

先崎といえばどこかのブログで、昔奨励会で羽生が後輩の時に大山の葬儀に参列できなないので香典を羽生に頼み、お前と同額を包むように依頼したら羽生が数十万も包んだそうで、あいつはおかしいと言ったとか。小学生時代は羽生には分がよかったのにプロでは1勝と差が出て歯がゆいかもしれませんね。ただ書物に関しては先崎の方が面白くて勝っていると思います。

> 先崎といえばどこかのブログで、昔奨励会で羽生が後輩の時に大山の葬儀に参列できなないので香典を羽生に頼み、お前と同額を包むように依頼したら羽生が数十万も包んだそうで、あいつはおかしいと言ったとか。

そうなんですか、そういうエピソードは、初めて聞きました。でも、羽生と先崎は基本的に仲良しで、羽生の才能を一番評価しているのは先崎だと私は思っています。羽生が20代の前半に、谷川に竜王のタイトルを取られて無冠になったとき、誰も相手にされなくなった羽生を必死で庇っていたのが、先崎でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月26日 08:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソフトIP」です。

次のブログ記事は「貞観政要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。