貞観政要

| コメント(0) | トラックバック(0)

行きつけの古書店で、山本七平の帝王学「貞観政要」の読み方、日本経済新聞社刊という本を購入した。昭和58年刊なので、随分古い本である。ただ、自分の関心分野の1つである組織論に関連がありそうなので、例によって感想を交えて、メモしてみる。

まず、貞観政要とはいかなる書なのかというと、中国の唐の時代に書かれた本である。唐の初代の皇帝は、高祖であるが、その子の太宗は、英明の誉れ高く、唐の中興の祖であった。その太宗の時代は、貞観と呼ばれた。

太宗は英明であったが、その後を継ぐ高宗は病弱で、皇后が政務を執るようになった。この皇后が、後世に悪名高き、則天武后である。高宗が死ぬと、その後に幼少の中宗が立てられたが、中宗は廃され、直ぐに叡宗が立てられた。しかし、叡宗も帝位から降ろされ、ついに、則天武后自身が皇帝を名乗るようになった。則天武后とその一族は、唐の中枢部を掌握し、権力を縦にしたが、元老たちは雌伏して、じっと様子を窺った。そして頃合いを見て、則天武后に退位を迫り、幽閉されていた中宗が、皇帝の位に就いた。中宗の幽閉はなんと、23年の長きに亘ったのであった。

その中宗の時代に、史官の呉競が、太宗の時代を偲んで編纂し、中宗に献じたのが、「貞観政要」である。貞観政要は、太宗と側近のやりとりを教訓風に纏めたものである。

本来は、「貞観政要」の原書やその注に当たりたいところであるが、専門的すぎて私の能力を超えるので、山本七平氏の解説を、さらに私なりに要約するという形をとる。

すると、先ず第一は、「兼聴」である。これはすなわち、太宗が、側近の諌言に真剣に耳を傾けた、という話である。実際、太宗は、魏徴という側近に恵まれた。魏徴の一番の長所は、太宗のためを思い、心から直言したことである。直言の中には本当に厳しいものもあり、厳しい皇帝なら、魏徴を打ち首にしたかもしれない。実際、魏徴は直言に命を懸けており、一度ならず、太宗が激怒したこともあった。しかし、太宗は一歩引いて、魏徴の言うことを理解し、結局従った。太宗の度量も半端ではない。

次は、身に着けるべき心得としての「十思」と「九徳」である。

「十思」とは、次のとおりである。

  1. 欲しいものがあるとき、足ることを知って自戒することを思う。
  2. 大事業をなさんとするときは、止まることを知って民の安楽を思う。
  3. 高ころびしそうなときは、謙虚に自制することを思う。
  4. 満ち溢れたいときは、満ち溢れる海は川よりも低いことを思う。
  5. 盤遊びしたい場合は、限度をわきまえ、一方に逃げ道を用意することを思う。
  6. 怠け心が起こる場合は、始めを慎重にして終わりを慎むことを思う。
  7. 自分の耳目がふさがれているのではないかと心配なら、虚心に部下の言うことを聴くことを思う。
  8. 中傷や讒言を恐れるなら、身を正して悪を退けることを思う。
  9. 恩恵を与えるときは、喜びによって賞を誤らないように思う。
  10. 罰を加えるときは、怒りによって重過ぎる罰にならないように思う。

「九徳」とは、次のとおりである。

  1. 寛大だが、しまりがある。
  2. 柔和だが、事が処理できる。
  3. 真面目だが、丁寧でつっけんどんでない。
  4. 事を治める能力があるが、慎み深い。
  5. おとなしいが、内は強い。
  6. 率直だが、柔和。
  7. 大まかだが、しっかりしている。
  8. 剛健だが、中身も充実している。
  9. 強くて勇ましいが、義(ただ)しい。

次は、「上書」で、全能感を捨てる、ということである。いいかえると、権力を振るえばなんでもできる、という思いをもたず、部下や民を思いやるということである。

次は、「六正・六邪」で、人材を見分ける方法である。

先ず、六正とは次のとおりである。

  1. まだ明らかでない兆候を見つけて、そこに存亡の危機を見出し、主人を導く。
  2. とらわれない心で善行を勤め、すぐれたはかりごとを主人に進言する。
  3. 朝は早く起き、夜は遅くまで働き、賢者の登用を進めることを怠らない。
  4. ことの失敗・成功を正確に予知し、早く危機を防いで調整する。
  5. 節度を守り、法を尊重し、生活は倹約する。
  6. 国家が混乱したときは、諂わずに敢えて直言する。

一方、六邪とは次のとおりである。

  1. 官職に安住して高給をむさぼるだけで、世俗に無批判に順応し、ただ周囲の状況を窺っている。
  2. 主人に迎合して、その行いをただ誉めそやし、後害を考えない。
  3. 本心は陰険なのに、外見は小心で謹厳、口が上手で一見柔和。他人の欠点を誇張して、失脚させる。
  4. 自分の非を誤魔化すに十分な知恵をもつ。
  5. 権勢によって自分に都合がよいように基準を定め、自分中心の派閥を作って自分を富ませ、勝手に主人の命令を枉げて、自分の地位を高める。
  6. 邪心をもって主人にへつらい、主人を不義に陥れる。

貞観政要では、六正を採り、六邪を拝するように人材登用を行うべしと説く。

次は、「実需」で、要するに、不要な虚栄心を捨てることを説く。例えば、皇帝だからと、無駄に華美にすることを諌める。

次は、「義」と「志」で、要するに、権力の腐敗や賄賂を排するということである。

次は、「自制」で、情実人事を排する、ということである。これは属人人事というよりもむしろ、縁故人事のことである。また、政治家は宗教や占いに凝るな、とも説く。

次は、「仁孝」で、後継者の条件を述べる。とはいえ、太宗その人も、そのお后も、真に立派な人物であったが、その子らは皆、優れた人物から遠く、太宗は悲嘆に暮れた。もし一人でも立派な息子がいれば、則天武后に出る幕は与えなかったかもしれない。

このような趣旨の、貞観政要という本は、創業よりもむしろ、守文に関する書物であった。守文とは、出来上がった組織の運営のことである。すなわち、会社でも革命でも、最初に興すところは勢いで実行される。それが簡単とは誰も言わないが、一旦出来上がった組織なり国家をどう運営するか、という守文は、創業よりも簡単であるとはいえない。

このような貞観政要は、日本に持ち込まれて、少なくとも源頼朝、北条政子、及び徳川家康が、親しんだ様子があるという。そして、貞観政要を吟読しそれなりに理解して、施策に活用した彼らは、確かに、一定以上の成功を収めたのである。

貞観政要の教えは、孫子と同様に、実際的な意味でも、現代での価値を失っていないと思われる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1668

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月27日 07:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先崎学」です。

次のブログ記事は「東芝の好調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。