計画と実行

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中は、考えてもよく分からないことが多いが、私にとって政治もその一つである。そんな私だが、最近の政治家が、選挙前にマニフェストなるものを掲げるのをみて、感心した。昔はこれを公約と言った。公約なんだから、公にする契約なんだろうけど、公約は大体破られるものだと相場が決まっていた。

ところが、マニフェストは、本当にこれを守るように努力するそうである。ほんとか、選挙対策に過ぎないのではないか、と昔から、空しい公約に慣れてきた私は思った。

民主党はそれでも、実際に政権を取ったら、本当にマニフェストを守るように行動し始めている。長妻厚生労働大臣など、それのいい例である。ただ、そうは言っても、なかなかマニフェストどおりにいかないことの方が実は多い。

それでも、約束は約束なんだから、石に齧りついても政治家はマニフェストを実行すべきである、という意見が一方にあり、他方では、国民の信頼に答えるために敢えて、マニフェストどおりやらないことが必要なこともある、という意見もある。どちらが正しいのだろうか。

この答えは実は決まっていて、後者が正解である。なぜなら、施政者を何らかの行動体と想定すると、それはある意味制御される機械と考えることができる。言い換えると、ある入力に基づき、ある目的を達成するためにある行動を採るのであるが、それは、単にある入力を入れると、それを実行すべき行動が出てくる関数のようなものではなくて、出てきた結果をフィードバックして、さらに結果を練り直す、いわゆる力学系または自動制御系のようなものでなくてはならない。そうしないと、刻々変化する実情に対応できない。

そう考えると実は、マニフェストなるものは、力学系または自動制御系に与える初期値のセットに過ぎないことが分かる。もしそうであるなら、マニフェストは決して墨守すべきものではなく、ある程度おおまかに決めておいて、次第に修正していけるようにすべき、ということになる。すると、より本質的なのは、マニフェスト自体よりも、現実を認識して、マニフェストを修正していける能力ということになる。

そうはいっても、どんな任意のマニフェストでもいい、ということはない。そもそもまず、マニフェストは、選挙の宣伝文句なのであるから、国民に受け入れやすいものでなくてはならない。その上で、それが、政治という自動制御系に与える初期値のセットであるなら、下手な局所解に陥らないように、ある程度注意深く選ばれなくてはならない。実際、最適化などのために探索システムを構築すると、低い局所解に陥ってしまう危険性が常にある。低い局所解に陥いると、制約条件を一旦緩めて、そこから脱出させなくてはならない。

実は、計画と実行というのは、古くて新しいテーマであって、物事をなすためには、きちんと計画を立てるというのは基本であり、それが無意味だとは普通思わない。しかし、実はもっと重要なのは、状況に適合して計画を修正する能力であって、そこがあまりにも地味なので、見落とされ勝ちになる。

また、これも以外に意識されていないのが、墨守される変更不可能な計画がいかに禍をもたらすか、である。一旦決めた計画を墨守することで、悲惨な状況に陥った例は、旧日本軍の戦略、旧ソ連の5ヵ年計画、中国の文化大革命など、と枚挙に暇がないのである。おそらく、「無計画は、硬直した計画に優る」、という命題は成立するだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1670

コメント(2)

>公約は大体破られるものだ
 これは自民党政権が安泰で、公約を破っても政権の座から落ちっこない時代の話で、理由なしの公約破りは、これからは許されないでしょう。
 しかし、昔の「三角大福中(これらよりも前の時代の政治家は、佐藤栄作ぐらいしか記憶にありません)」あたりの時代の政治家は、今の政治家よりも良くも悪しくも器が大きく、「清濁併せ呑む」の清濁の幅が広かったですね。
 今となっては少し懐かしい気もします。

> 昔の「三角大福中(これらよりも前の時代の政治家は、佐藤栄作ぐらいしか記憶にありません)」あたりの時代の政治家は、今の政治家よりも良くも悪しくも器が大きく、「清濁併せ呑む」の清濁の幅が広かったですね。

そうですね、今となっては、その影が垣間見えるのは、小沢一郎くらいですか、よくも悪くも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月28日 06:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東芝の好調」です。

次のブログ記事は「郷田の不戦敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。