郷田の不戦敗

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、将棋連盟のWebページを見てプロの対戦結果を眺めるのが日課になっているが、先日の1月21日の結果をみて、怪訝に思った。竜王戦一組の対戦で、森内に対して、郷田が不戦敗になっているのである。こういうメジャーな棋戦での不戦敗というのは、ほとんど見たことがない。事故か病気か、とそのとき思った。すると、読売新聞Webに以下の記事があった。

第23期竜王戦(読売新聞社主催)の対局を寝坊で不戦敗となった郷田真隆九段(38)に対し、日本将棋連盟(米長邦雄会長)の理事会は27日、罰金として竜王戦関連の収入から50万円を返納するよう勧告、指導対局などのファンへの奉仕活動1日を科した。

郷田九段は勧告に従う。タイトル通算3期のトップ棋士に対する処分は異例。

不戦敗になったのは今月21日に予定していたランキング1組初戦、森内俊之九段(39)戦。郷田九段は前夜寝付けず、寝過ごして対局時間に間に合わなかった。観戦記は読売新聞に掲載される予定だった。

米長会長は「最上位の1組での不戦敗はファンの信頼を大きく裏切る行為。今後こうした事態が起きないよう全棋士に注意する」と話している。

なんと、郷田の寝坊だったとは驚きである。郷田は、クラスがA級であり、会社で言えば役員クラスの地位である。そして、竜王戦一組の対戦といえば、重要な役員会議に相当する。それを、忌引きでも事故でも病気でもなく、寝坊で不戦敗になるとは、言い訳はできない。米長会長が課す懲罰も、軽すぎるほどである。

郷田といえば、次のような「事件」もあった。それはたしか、2006年のA級順位戦で、久保相手に、時間内に指さなかったという疑惑を生じた。秒を読まれて、60秒になったのでは、ということである。ときの将棋連盟会長中原が間に入って、対局が一旦中断した。時間切れなのだから郷田は投げるべきだ、という意見もあった。しかし、結局指しついで、郷田が勝った。郷田は結局名人に挑戦した。どうしても味の悪さは残る。

また、2007年の名人戦第1局でも、郷田は、扇子の音事件を引き起こした。

だいたい、棋士というのは浮世離れしており、石田九段など笑ってしまう失敗が多い。その乗りで郷田九段だって、といいたいところだが、どうしても私には、郷田の失敗に無邪気さが感じられないのである。「時間切れ」事件などまさにそうで、微塵の潔さもない。だから、今回の寝坊で、郷田がどれくらい反省するのか、よくわからないでいる。一方で、そういうふてぶてしさが勝負師のとしての厚みになっているのは確かであるが、一流棋士性としては疑問をもたざるをえない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1671

コメント(2)

石田九段は対局中のぼやきが面白かったですね。反則もありました。実際お目にかかることはあまりないですがプロの反則負けは結構ありますね。中でも「待った!」の一二三さんは傑作だと思います。
http://www.geocities.jp/shogi_zanmai/etc/hansoku.html

その辺の反則は、可愛げがありますね。どうも郷田は、可愛げを感じません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月28日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「計画と実行」です。

次のブログ記事は「大相撲改革」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。