大相撲改革

| コメント(0) | トラックバック(0)

相撲観戦に行ってからにわかに興味をもつようになった大相撲であるが、昨今、揺れている。貴乃花が、破門覚悟で日本相撲協会の理事選挙に出馬しようとしたり、暴力事件報道があった朝青龍が優勝して、横綱の品格を再度問われたり、などである。そんな中で、次のような報道があった。リアルライブからの引用:

大相撲に大きな変革期が訪れようとしている。貴乃花の"黒い交際"が写真週刊誌にスッパ抜かれたが、この記事は、日本相撲協会幹部の某が貴乃花潰しのために意図的にリークしたものといわれている。この某は、以前から闇権力との癒着が噂されていた人物であり、協会内の揉め事を収める役割を果たしているといわれてきた。

このリークにより、貴乃花の当選の可能性がなくなったといわれていたが、逆に露骨な貴乃花潰しに義憤を感じている若手親方衆が増えているという。つまり、圧力をかけることで、貴乃花に判官びいきの感情が協会内部で巻き起こっているのだ。

言い換えれば、若手や反対論者をスキャンダル暴露、闇の勢力を使った嫌がらせなどで潰してきた今までの協会の問題体質を、貴乃花は身をもって世間に知らしめたのである。協会の若手親方衆の中には、貴乃花のチケット販売方法の改善や升席の人数改善、ファンクラブ運営、力士の老後保障などに共感を示す者も多数出ており、貴乃花が逆転当選する可能性も出てきたのだ。

某一門が立会人によって、投票用紙をチェックするという暴挙に出る動きもあったが、所管省庁の指導により、チェックのない自由投票となる方向で固まりつつある。政府サイドも相撲界と闇権力の癒着は大いに注目しており、これを機会に一掃しようとしているともいわれている。

協会の古い考えに束縛された幹部たちが、貴乃花に圧力をかければかけるほど、相撲界の問題点が浮かび上がり、封建的な体質を露見することになる。幹部たちと貴乃花の戦いは、貴乃花が頭脳戦を駆使して、一歩リードする形になったようだ。この結果は、当然といえば当然である。賢妻・景子夫人という作戦参謀がついている貴乃花が、簡単に敗れるわけはないのだ。貴乃花の改革に日本中が注目している。

友人とのメールのやりとりに示唆されたのだが、この記事にコメントする前に、先ず、相撲は本当に国技か、と問う必要がある。すると、両横綱はモンゴル人だし、四人の大関と、二人の関脇の中にも、ブルガリア、モンゴル、エストニア出身の三人が含まれている。もし国技と言い立てるなら、三役のうち、せいぜい、横綱の一人と大関一人くらいが外国人で、他は日本人であるべきであろう。例えば、国技ではないが国民的スポーツと言えるプロ野球では、外国人枠が厳しく決められている。

大相撲でも、外国人枠を決めてもよいはずなのに、そうなっていないのは、おそらく次のような事情による。

  1. 野球やサッカーなどのスポーツの人気が相対的に高まった結果、相撲に入門しようとする若者が激減した。そもそも相撲は3Kであって、稽古はきついし、封建的だし、肥満体で裸で出場するし、スマートでない。
  2. ところが、一定数の弟子を確保する必要がある相撲部屋としては、モンゴルや東欧など、比較的貧しくて、日本に来たら相対的に稼げる子息が貴重な人材源となる。
  3. そういうところから来た子供達は、体力や運動神経で、平均的な日本人に優り、稽古によって上位に上る。

こうして、上位陣を外国人が占めて、国技としての誇りをもつ昔からのファンは悔しい思いをするが、なにしろ実力が建前なので、致し方ない。ただ、日本に生まれ育っていない外国人は、どうしても文化の微細な点で、相撲のルールを共有しにくい。だから、モンゴル人である朝青龍は、何度も横綱として品格を問われることになる。とはいえ、同様にモンゴル人である白鵬は、相対的に品行方正なので、人によるのであるが。

さて、日本相撲協会にまつわる人達は、国技という名前の下に、多くの特権を享受している。そこは恐るべき階層社会でまた、因習だらけの世界でもある。例えば、把瑠都の事件など、その典型である。それもまた、日本の伝統に根ざすものである。ところが、これだけ外国人力士が増えてくると、なかなか、日本古来の、ある意味陳腐化しかかっている価値観を押し付けにくい。

また、時代の移り変わりもある。フラッグシップ・カンパニーの誇り高きJALも倒産するような時代にあって、ひとり、日本相撲協会だけが国技という建前の下に、古い因習を引き摺り続けることが許されると考えるのは、甘すぎる。

だから、貴乃花がその妥当な人材なのかどうか私には疑問なしとしないが、ともかく、日本相撲協会に体質改善を主張する理事候補が現れてくることは、いささかでも組織が自浄作用をもつなら必然であり、それをさらに権謀術策をもって封殺しようとは、日本相撲協会は末期的様相を呈していないか。

ということで、私は、貴乃花に是非当選してほしいし、それをきっかけに、日本相撲協会の風土刷新の気風が盛り上がることを期待するものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1672

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月29日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郷田の不戦敗」です。

次のブログ記事は「選択集中とロングテール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。