選択集中とロングテール

| コメント(1) | トラックバック(0)

私のJAL倒産の記事に関して、私よりも旅行業に詳しい友人とメールでやりとりしていると、旅行会社のある方針について、次のように聞いた。

すなわち、少数の富裕層の顧客の売り上げが全体の大部分を占めるので、少数の富裕層に対して選択集中するマーケティングを行うのだという。例えば、格安チケットはネット販売のみにする、体面販売は、富裕層に絞る、ということである。そして、富裕層の顧客にはリソースを投入して、贅を尽くしてお金を投入してもらう、という次第である。

こういうやり方は、コストパフォーマンスとして、確かに有効であろう。少ない手間で、多く稼げるからである。しかし、果たして安定な解なのか、という疑問は残る。ただ、ちょっと思案しても、資本主義の世の中として、常にある割合で富裕層はいるので、風見鶏のように富裕層のみをターゲットとし続けることに何の疑問もないように思われる。

ところがである。インターネットとオープン・イノベーションが隆盛してくると、もの凄いものが只で手に入る。例えば、シミュレーション・モデリング・ツールのSciLabである。これは、MathWorks社のMATLAB/Simulinkと似たような機能を提供するのに、それ自体は、オープンソースである。一方、MATLAB/Simulinkは、1ライセンス1000万円程度もする。

これはほんの一例であるが、このように少し前まで富裕層にとって特権であったもののかなりの部分が、庶民にも手が届くようになったとすると、富裕層スペシャルみたいなアイテムの希少価値が下がる。こうなると、富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルは、どんどん痩せ細っていく運命になる。

うまく論理付けできないが、JALが落ちぶれたのも、このような富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルの没落と相関があるような気がする。

そうしてみると、現代の主要な勝ち組はみな、マックのマニュアルに書いたように、富裕層ターゲッティング・ビジネス・モデルとは真反対の、低価格とサービスにより、庶民を勧誘するモデルである。すなわち、ニトリサイゼリアユニクロ、餃子の王将、及びマックである。それをロングテールと呼んでも、大きな間違いではないだろう。手間をかけて、末端を相手にするのだから。

そして、なにしろ手間がかかるので、ワーク・ライフ・バランスなんて安易に言っていられない。ロングテールは、うんざりするほどしんどいのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1673

コメント(1)

MATLAB/Simulinkのライセンスは30万円以下ですよ

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月30日 07:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大相撲改革」です。

次のブログ記事は「糸谷哲郎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。