糸谷哲郎

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日のNHK杯戦の、糸谷哲郎五段対鈴木大介八段の将棋は、糸谷五段の対振飛車右玉戦法が圧巻で、途中の綾はあったものの、結果的に糸谷五段の圧勝であった。この一局に限れば、才能の差を見せ付けたといえる。糸谷五段は、この前のNHK杯戦で谷川九段に勝っているし、解説の片上五段も言っていたが、最早A級棋士に勝っても、誰もフロックとは呼ばない、押しも押されもしない大物である。ただ、いまいちムラがあるようで、順位戦はまだ、C級2組に留まっている。

ところで、解説の片上五段と糸谷五段は、森信雄門下の同門で、片上五段もそれなりに有望若手であるが、二人に共通するのは、一流国立大学に合格していることである。

片上五段は、プロ四段になる前に、プロ棋士修行しながら、既に東大法学部に合格していた。本人曰く、受験勉強はクイズを解くようで楽しかった、ちょっとチャレンジしてみたかっただけです、と軽く言う。そして、プロ四段になった後はそんなに真面目に授業には出なかったようであるが、それでもきっちり卒業している。なかなかできないことである。片上五段の偉いところは、某麻雀プロのように、「東大式○○」みたいに学歴をひけらかすことなく、淡々と棋士として励んでいることである。

一方の糸谷五段は、大阪大学文学部に在籍しているが、とてもユニークなのは、プロ棋士になってから大学受験し、しかも、一般の人が普通に受けても決して簡単ではない阪大に合格したことである。早稲田大学などの一芸入試を利用して受かった棋士は、丸山九段他数人の将棋棋士がいるが、プロ棋士として国立大学に受かったのは初めてだという。しかも、文学部では哲学、特に、難解をもって知られるハイデガーを研究したいというのだから恐れ入る。

それではハイデガーを研究することで、将棋の奥義を窮められるかというと、おそらく違うだろう。むしろ、故升田九段も指摘するように、あまり余計なことに頭を使うと、確実に将棋がおろそかになる。だから、升田も大山も、囲碁などの勝負事は趣味にしても、まともな教養事には取組まなかった。当時将棋界随一の教養人は、木村名人の息子で、早稲田の大学院を出た木村義徳だったが、一旦はA級八段までいったものの、木村義徳の将棋を評価する者はいない。

ただ、羽生名人などみていると、タイトル戦に向かう新幹線のなかで、遺伝子に関する本を読んだりしているそうである。羽生名人は明らかに、受験勉強の才能はなかったようで、大学に進学する気も全くなかったようであるが、それでも、一般教養に敬意を払うという姿勢では、糸谷五段と通底するものがある。

こうして、何も結論めいたことは言えないのだが、おそらく文学、哲学などの教養は、将棋に、何ほどか彩りと広がりを与える、ということはあるかもしれない。糸谷五段の将棋にはまだそれが見えてこないが、羽生名人の将棋には、分からないことを突き放す感じに教養を感じる。ただ、升田九段の影響なのか私は、どうしても教養は、将棋には邪魔としか思えない。例えば、将棋に対する努力のすさまじさで、糸谷五段は、宮田五段には及ばないだろう。なぜなら、糸谷五段が哲学書を読んでいる間に、宮田五段は将棋の研究をしている。糸谷五段は結局、宮田五段にも追いつけないのではないか。

しかし、羽生名人も、糸谷五段も、そんな将棋に邪魔になるとかならないとかどうでもいいのだ、将棋以外のことも考えたいから考えるのだ、というところだろう。開き直るという意識さえない。片上五段だって、東大に行くと将棋に差し障るかどうかなどとも多分考えていない。行ってみたいから行ってみた、というだけだろう。

ここまで書いてきてやっと分かったのだが、才能の有無云々以前に、私は、羽生名人や、糸谷五段、片上五段達が、下手に目先に捉われずやりたいようにやってきているように見えることが羨ましくてならないようである。俺は今まで一体、自分の何に拘って卑屈になっていたのだろう、と問い返してみる次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1674

コメント(4)

糸谷、鈴木戦観ました。実に爽快な将棋、右玉でほぼストレートな勝ち、鈴木が格下に見えました。しかし感想戦が少し気になりました。糸谷の態度が先輩格で負けた鈴木に対する配慮不足を感じました。奨励会時代でしたか負けると泣いていたという精神的な側面が垣間見える気がしました。勉強はできても精神的なものの成長はまだまだではないでしょうか?それをパーソナリティと呼ぶならそれもまた1つの考え方でしょうけど一昔の人間から見ると若造の生意気な態度と取られます。まぁぎりぎり許容範囲ですけど。解説の片上五段は将棋はどうか知りませんがとても良い解説でした。勉強ができること、将棋がうまいこと、解説がうまいことはあまり関連性はないということですかね。

> 勉強ができること、将棋がうまいこと、解説がうまいことはあまり関連性はないということですかね。

最近特にそう思います。天はニ物を与えずといいますが、それは嘘で、三物も四物も与えられる人もいれば、一物も与えられない人もいます。そんなのどうだっていいじゃん、というのが、最近再読している老子の立場のようです。

>一物も与えられない人もいます。そんなのどうだっていいじゃん
全く持ってどうでも良いんですが、職場の大先輩と飲んだ時、「人生の幸せは皆同じ大きさなんだよ」と言われて「それでは幼くして大病で死んだ子供も同じ大きさなのですか?」と聞いたら「それは別」とか言って返答に苦慮していたので「それまでにご両親から人生一杯分の幸せをもらったんでしょうね」とフォロー して「そうそう」ということで終了。幸せって何ですか?命ってなんですか?死って何ですか?という歌の詩にも出てきそうな酔っ払いの会話が思い浮かびました。

>「人生の幸せは皆同じ大きさなんだよ」

こういう言い方は、私は安易にすべきでないと思います。不幸のどん底にある人は、先ず言いませんから。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月30日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「選択集中とロングテール」です。

次のブログ記事は「自発的均衡の破れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。