自発的均衡の破れ

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日社内で、ある知り合いの女性管理職と話したとき、浮かぬ様子だった。理由を聞いてみると、ある遠隔の地の部門のマネジャが、事情があって転勤するのだが、そこのマネジャのなり手がいないので、兼任してくれ、と上位マネジメントから言われたのだという。

何しろ簡単には行けない遠方だし、様子は分からないし、実にやりたくない。そこにいる人達とも、通り一遍以上の知り合いでもない。しかし、と彼女はいう、自分はNOと言えないのだ、と。

そういえば、私も比較的、NOと言えない人間だった。しかし、なぜNOと言えないのだろう。その理由を書いてみる。

  1. 上司からの指示は、断われない。今後の信頼を失うかもしれないから。
  2. 仕事というものは基本的に、断るものではない、という信念がある。
  3. 無理なようでも、頑張ってやることで、スキルと忍耐力がつく。
  4. プライドが邪魔して、出来ないと言えない。
  5. 自分が断ると、この嫌な仕事が、誰か他に廻される。それは、申し訳ない。
  6. 普段お世話になっているあの人だから、断れない。
  7. 部門で、自分しかできないと思うと快哉である。
  8. ここを無理しても引き受けると、今後のつながりができて、こちらからも依頼しやすくなる。
  9. 仕事をやりすぎると、ランナーズ・ハイならぬ、ワーカーズ・ハイになって、気持ちが昂ぶる。

ところが、上記のような理由も実は、自分で勝手に意地を張っているだけで、案外軽がるしく断れる人は少なくない。誰に頼まれようと、出来ないものは出来ない、という次第である。

ともかく、上記のような性格により、仕事を請け始めると、あれよあれよと仕事は磁石に吸い寄せられるようにやってくる。というのは、断れない性格の人というのは、意外に奇特なのである。こうして次第に、パニック寸前の状態になる。

一方、平気で断れる人のところには、仕事は次第に行かなくなる。もちろん、あいつはやってくれないと、陰口を叩かれることがあるが、それがどうした、である。

このように、自然にワークロードの不均衡が生じてしまうことを私は、南部陽一郎の自発的対称性の破れをもじって、自発的均衡の破れと呼ぶ。

そうやって忙しくなった本人は夜会社で一人になったときふと呟くのである、あまりにも理不尽ではないか、と。そう、理不尽でない訳がない。もとはほんのちょっと、断るのが苦手か平気なのかの違いでしかないのである。

ここまで書いて新聞をみたら、パレートの法則というのが書かれていた。それは、全体の80%の仕事は、20%の人によってなされる、というものである。すると、断れない人達は、その20%に含まれるのか。そして、パレートの法則が成立する理由は、微妙な仕事の断りにくさなのか。などと、思案は巡る。

一方、全体の20%の仕事をする80%の人達というのもいる訳であるが、コスト・パフォーマンスという意味では、全体の80%の仕事をする20%の人になることは、実に呪うべきこととなる。なぜなら、会社というものの性質上、給与が劇的に違うということは、あまりない。逆に、全体の80%の仕事をする20%の人になると、自分を見失って、昇進を逃したり、家庭を壊したり、仕事をやりすぎて逆に恨まれたりと、得る物に対して、失う物があまりにも多い。割に合わないこと甚だしいのである。

それなら、全体の20%の仕事をする80%の人になって、全体の80%の仕事をする20%の人と大して変わらない変わらない給料をエンジョイするほうが、はるかに幸せである。そうやって安穏と生きていても、うまくいくと上司に取り入って望外の昇進ができるかもしれない。

では、それでよいのかというと、そうでもない。すなわち、この厳しい時代にあって、静的にパレートの法則に普通に従うような組織では、他の組織との競争に勝てない。強い組織では、ほぼ全員が、全体の80%の仕事をする20%の人になっている。これは数学的には明らかに矛盾する表現であるが、ニュアンスは分かってもらえるだろう。

おそらくであるが、マクドナルドでも、ニトリでも、サイゼリアでも、ユニクロでも、断れない人だけが苦労を背負わず、全員でうまくワークロードをシェアして頑張っていける風土になっているのではないか。すなわち、パレートの法則の分布に常に擾乱が与えられている。管理職として、自分なりに苦労してきた経験から、ふとそう思うのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1675

コメント(4)

ほんとうかどうか知りませんが Amazon がこのパレートの法則をうまく使ったビジネスモデルと聞いたことがあります。つまり普通の小売は2割の商品が売り上げの8割を占めることを意識して2割の商品に力をいれますが、Amazon は残り8割の商品に目をつけ流通コストを下げることでラインナップを揃えロングテールも売り上げに繋げるというわけです。Wiki見ると「~の90%はクソである」というスタージョンの法則がありますね。ということはどの分野でも10%は本物が存在するということで、数字的にはもう少し小さいと思いますが、これはこれで感覚とあっているような。

>「~の90%はクソである」というスタージョンの法則がありますね。

そうですね、感覚的にはそうなんですけど、それを逆手にとってうまく活用する方法というのは、自明ではないけどあるんじゃないかと思います。ロングテールというのは1つのやり方ですが、他にもあるんじゃないかと思案中です。

>「~の90%はクソである」というスタージョンの法則
 「人間の90%以上は自分がクソであることを知らない」(小松の補法則)

>「人間の90%以上は自分がクソであることを知らない」(小松の補法則)


なるほど、これは至言です。心します。


コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年1月31日 07:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「糸谷哲郎」です。

次のブログ記事は「粘菌ネットワーク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。