2010年2月アーカイブ

囲碁七冠制覇

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、張栩が棋聖位を奪取し、七冠制覇を達成したという。以下、引用:

囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が25日から静岡県伊豆市で行われ、26日午後4時19分、247手で挑戦者の張栩十段(30)が山下敬吾棋聖(31)に白番1目半勝ちし、4勝1敗で奪取した。張は十段、王座、碁聖に初獲得の棋聖を加えて4冠となった。かつて本因坊、名人、天元も獲得しており、7大タイトルをすべて制したことになる。この「7冠グランドスラム」は、87年に当時31歳の趙治勲九段(二十五世本因坊治勲)が達成して以来、23年ぶり史上2人目。

張は09年4月、現行の7大タイトルがそろって以来(77年~)、初の5冠同時制覇。その後、09年10月に20歳の井山裕太八段(当時)に名人を奪われ、同12月には山下に天元を取られた。だが初挑戦の棋聖戦では同世代のライバルを押しきり、4連覇していた山下の名誉棋聖の資格獲得(5連覇か通算10期が条件)を阻止。これまで速いペースで実利重視の打ち方をしていたが、今回は序盤から時間を使って工夫し、手厚い打ち回しを見せた。

終局後、張は「昨年後半から碁の内容が悪く、今回は棋士人生をかけて万全の状態で臨んだ。グランドスラムは数年前から狙っていた。実現できて本当にうれしい」と語った。

張は台湾出身。林海峯名誉天元門下で94年、プロ入りした。7大タイトル獲得数は歴代6位の計18期。【金沢盛栄】

囲碁のタイトルの実績は、下記のとおりであり、趙治勲がダントツであるが、この分だと、張栩は十分、趙治勲を抜き去れるであろう。

順位棋士合計本因坊棋聖名人十段天元王座碁聖
1趙治勲4212896232
2小林光一350885509
3加藤正夫3140274113
4坂田栄男217025070
4林海峯215081511
6張栩182141154

このように、順次的に七冠を占めるというのも、囲碁で趙治勲と張栩の二人しかしないくらいで余程困難であるが、それよりはるかに困難なのは、同時的に七冠を占めることで、それを達成したのは、将棋の羽生しかいない。それを達成するためには一年を通して絶好調ということを数年続けなくてはならない。当然に体力・気力の維持も半端ではない。そもそもが抜群の棋力が前提であるし。

囲碁で、タイトルの連取・維持が、将棋より困難であるように思われるのは、囲碁というゲームの手数の長さによるように思われる。すなわち、一手の重みが相対的に将棋より軽いといっても、単に手数が長いという事実そのものが、体力・気力に重くのしかかる。

このことは、連勝記録に書いたとおりである。この法則を言い換えると、勝つまでのプロセスの長さと、連勝(または、タイトル席巻)のしやすさの間に、負の相関がある、ということである。書き下すと、当然かとも思う。

ただ、そう書くと、「勝つまでのプロセスの長さ」とは何ぞや、という疑問が生じる。勝つまでの時間なのか。もしそうなら、持ち時間は、囲碁より将棋の方が却って長かったりする。野球など、長いといってもせいぜい3時間である。しかし、どうみても、野球の方が将棋よりも勝つまでのプロセスの長さが短いとはどうしても思えない。すると、要した判断の数みたいな指標がいいのかもしれない。要した判断の数ということになると、団体競技だと、それぞれが個別に判断する局面があるので、個人競技よりもはるかに判断の数が多くなる。だからおそらく、野球の方が将棋より、勝つまでのプロセスが長いといってよいのではないか。

こうして、囲碁と将棋の比較のつもりが、なぜか急に、日本シリーズ9連覇の、川上巨人の偉大さがクローズアップされるのであった。

薬品メーカの特許出願

| コメント(0) | トラックバック(0)

医薬品の問題に続いて、ちょっと日本の薬品メーカの特許件数を調べてみた。典型的な数として、2009年特許登録としてみると、以下のとおりである。

出願人件数
武田薬品工業61
大正製薬47
田辺三共製薬46
アース製薬41
中外製薬37
大塚製薬36
久光製薬35
大日本住友製薬33
塩野義製薬32
第一工業製薬26
小林製薬25

これを、「うーん、少ない」と感じるのは、私がIT企業にいるからである。では、典型的なIT企業は、次のとおりである。


出願人件数
東芝3148
日立製作所2228
キヤノン3092
シャープ2453
日本電気1134
富士通1880

なんと、二桁も違う。では、自動車メーカではどうか。


出願人件数
トヨタ自動車3961
本田技研2668
マツダ489
日産自動車960

これは主要なIT企業とほぼ同等であるといってよい。ところが、研究開発投資額でみたように、トヨタ自動車と、薬品メーカのファイザーはほぼ同等の投資額で、ファイザーの2009年の日本における特許登録件数は、わずか28件であった。

すると、単純に見積もっても、薬品メーカの特許は、1件あたり、IT企業や自動車製造メーカの特許の100倍以上重要であるといってよい。こういう個別の差異があるとき、IT企業を中心に喧伝されているソフトIPだの、オープン・イノベーションだのの議論は、なかなか薬品メーカの特許には当てはまらないと思われる。ただ、特許権の効力で述べたリサーチ・ツールの議論は、薬品メーカにも関係してくるかもしれない。

医薬品の問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここでいう医薬品の問題とは、いわゆる医薬品の2010年問題で、すなわち、薬品大手各社の稼ぎ頭の医薬に関する基本特許が、2010年以降に続々と切れてしまう問題である。薬品業界では、特許が切れるのを待って、ジェネリック医薬という、特許が存在ていたら絶対に特許侵害になるような同等の成分をもつ製品をもつ製品を売り出す企業が出てくるのが慣例である。すると、オリジナル製品の薬品会社の売上げは、10分の1以下に落ちたりする。例えば、もともとの売上げが年間2000億円あったのが、なんと、200億円まで落ちる。それは激痛であって、昨今の時代では、営業担当者の大幅リストラにつながる。そういえば、大学時代のある友人が、大手薬品メーカの営業部門の管理職をしていたが、上からの圧力で部下をリストラしなくてはならなくなり、悩みぬいて、精神的に不調になったと聞いた。いまにして思えば、それも基本特許切れの問題かもしれない。

ただ、基本特許が切れたら一気に窮乏するという状況は、IT業界で特許の実務をやっている私には、ピンとこない。陸続と製品開発してそれを順次特許でカバーしておけばいいではないか、ということになるからである。このあたりの事情を知りたくて、「医薬品クライシス」佐藤健太郎著、新潮新書を読んでみた。以下、それを読んでの私なりのメモとコメントである。

この本を読んで先ず知ったのは、医薬品開発の歩留まりの低さである。例えば、著者は、ある医薬品メーカで十数年医薬品の研究をしていたが、その間の研究で、1つも製品につながったものはないという。もしIT企業でそんな研究員がいたら、早々にお払い箱だろう。しかし、薬品会社では、30年以上、生涯に亘って研究しても、研究成果が全く最終製品につながらないということはざらで、1つでもあれば、それはむしろ運がいいのだという。

なぜそんなに新しい医薬製品を生み出すのが困難なのか。それは、典型的な医薬である、低分子化合物である医薬実現の性質の困難さである。すなわち、人体の酵素やホルモンは実はタンパク質なのであって、すると、医薬の薬効は、典型的には、人体内のあるタンパク質に作用して、その機能を阻害することである。例えば、高脂血症の薬は、コレステロールをつくる酵素に結合して、これを非活性化するものである。

それなら、そういう性質をもつ医薬をいろいろ試してみて、効果のありそうなものを簡単にピックアップできそうなものであるが、まず経口薬の場合、胃を通過し、そこで強烈な胃酸に晒されるので、そこでの変質を考慮しなくてはならない。また、経口薬は、腸で吸収されるので、あまり分子が大きいとそこで阻止される。これが低分子でなくてはならない理由である。そうやって吸収されても、こんどは肝臓で処理されてしまう。その結果の化合物が、目的のタンパク質にきちんと特異的に作用しなくてはならない。これは、細菌ゲノムのところに書いた逆問題であって、みかけ以上に困難である。

そうやって目的のタンパク質に特異的に結合できる分子構造を見出しても、それでは目的のタンパク質以外にも結合しないか、という副作用の試験をしなくてはならない。副作用がゼロというものはないので、低分子医薬というのは相当に微妙な妥協の産物である。

さらに度重なるマウス動物実験を経て、そこで問題がなさそうだと、いよいよ人体実験に移る。ところがマウスでうまくいっても、人体だと問題が生じることがある。特に、イレッサ、タミフルなど、医薬の副作用がマスコミによって報道されることがある昨今では、最終の試験の要件がとても厳しくなっている。ここまでの長いレースで、大抵の低分子医薬の構造は、落ちこぼれてしまっている。なにしろ、人体の生理は複雑すぎて、予測がとてもつけにくい。

しかし、さらなるハードルがある。すなわち、厚生労働省や米国FDAの認可を得るためには、既存の医薬に対して、まるで特許の進歩性のような実質的な薬効を要求される。ところが、高血圧、コレステロール低下など大抵の分野で、もう役者は揃ってしまっている。薬効はほぼ飽和状態にあり、新薬でブレークスルーすることが難しい。

こうして、研究開発投資額として、ロシュ、ファイザー、ノバルティスなど薬品会社が上位に並ぶけれども、新薬の創生という意味では、閉塞状態にある。このことが、医薬品の2010年問題を一層重くさせる。代替のキーパテントがなかなかとれないのである。

さらに追い討ちをかけるのが、厚生労働省や米国保健省によるジェネリック促進の方針である。すなわち、医療費低減という方向で、我々末端ユーザーには、これ自身は望ましいと思われるが、大手医薬品メーカーが窮乏して、よい医薬品が出てこなくなるなら、それは別の問題を引き起こすであろう。

町の相性

| コメント(0) | トラックバック(0)

町の相性と書くと、どういう意味か説明を要するかもしれない。それはそのままの意味であって、ある土地に住んで、自分がそこの風土に受け入れられているかどうかという曖昧な感じである。

私は、3歳から小学校に上がる直前まで、結核治療のため、広島県西条町(今の東広島)にある国立療養所に入っていた以外は、瀬戸内海の百島という孤島に18歳まで住んでいた。その故郷に楽しい思い出はほとんどない。というのは、病気がちだっただけでなく、遺伝的にも運動神経の鈍い家系で、私は体育が苦手でしょうがなかった。走り回ったり泳いだりするしか娯楽がない環境で、そんな私が楽しく過ごすのは困難であった。ただ、昆虫や海岸動物が好きだった私は、一人で草叢や海岸を彷徨ってそういう小動物たちを観察するのが、何よりの楽しみであった。

高校のとき、修学旅行では、信州、東京、北陸の3つのコースから選ぶことができた。私は深い考えもなく、一番人気がなかった北陸を選んだ。ところが、北陸の街、具体的には金沢や福井を訪れてみると、生まれて以来感じたことのない心の安らぎを感じた。街が「ようこそ」と言ってくれている。顧みると、私は故郷でそんな雰囲気を感じたことはない。せいぜいが、面倒見はいいかもしれないが内心は他人行儀な継母程度である。適当に選んだはずの北陸の修学旅行で、街に恋してしまった、といってよい。将来結婚するなら、石川県か福井の女性だと根拠もなく心に決めた。また、希望の大学も、城があって情緒がある金沢大学だと、これも勝手に決めてしまった。

そうやって高校3年の秋まで、金沢大学に進学しようと勉強していたのだが、当時仲のよかった友人が、進学するなら旧帝大だぜ、と妙にそそのかした。それで深く考えもせず、あっさり北陸の大学に行くのは諦め、なぜか九大を志望することになった。実に節操がない。九州もまた、中学のとき修学旅行で訪れて、好きな土地だったということもある。

受験のため博多の駅に着くと、やはり、街が「ようこそ」と言ってくれているような気がした。本当は受かれる成績ではなかったのだが、街が底上げしてくれたのたもしれない、ここに来なさいと。で、ラッキーで受かって住みはじめると、福岡の街は私には天国だった。明るい雰囲気だし食べ物は美味しい、美人は多い。まあ、貧乏学生で女性にもてない私には美人は関係なかったが。

1年留年したので5年、福岡にいたが、楽しくてあっという間だった。こんなに楽しいところに永住できないかと福岡に仕事を探したが、オイルショックのあおりの不況と、真面目に勉強していなかったせいもあって、地元で仕事をみつけることができなかった。それでいろいろ受けたがなかなか受からず、大阪にある会社と、浜松にある会社からはお声がかかった。

親戚が沢山いて、もともと大阪はあまり好きではない。一方、浜松は、素朴で私の感性には合いそうだった。しかし、なにかの義理で、大阪の会社に入った。そこで、私の生意気な性格のせいか、筆舌に尽くしがたい苦労をした。仕事をもらえないで干されたりしたのである。恋愛の真似事もしてみたが、ことごとく振られた。2年半、大阪にいたが散々だった。飲み屋のおばさんにまで、邪険にされた。

それで、大学の先輩のいる東京へ、落ち武者のように逃げていった。東京は、決して私を歓迎してくれなかったが、少なくとも、私をいい意味で放置してくれた。それではっと気付くと東京に30年、人生で一番長い。少なくとも、私にとって不快な場所ではないといえる。

そんな東京であるが、中学や高校の同級生で一時期東京に大学生活で出てきたり就職したりしても、あっさり地元に帰る人もいる。聞いてみると、殺伐とした東京には住めないという。一方私は、大学を卒業して直後、父親に、福山に就職しないか、市役所でも受けたらどうかと懇願されたが、あっさり峻拒した。なんと親不孝なんたろうといわれても返す言葉もないが、尾道や福山というのは、私にとって、肉体の故郷ではあっても、心の故郷ではない、最近そう感じる。どうしてもそこに永住する自分を思い描けないのである。私は、殺伐とした、という形容句を、東京ではなくなぜか地元に冠してしまう。

私の心の故郷はどこか分からないが、今まで訪れた場所でいくと、福岡、大分、長崎、福井、金沢、静岡、青森あたりがとても心地よい。最悪なのが大阪である。そのせいかどうか分からないが、東京に出てきて比較的懇意に付き合って戴いている人は、福岡、長崎、熊本、石川、福井、山形、新潟出身の人で、どうもしっくりいかないのは大阪の人である(大阪出身で懇意の友人もいるので、一般論である)。付け加えると、東京や神奈川地元の人とも、一般的には相性は悪くない。

こういう土地とか出身地による相性というのはさっぱり理由が分からない。それでどうしても、前世そこに住んでいたことがある、というような、非科学的なことを考えてしまう。

前世とか先祖とかいえば、嘉吉の乱の赤松満祐の家臣を私の先祖と見立てて、自分は大阪にいると足利氏から恨まれているのだという仮設を立ててみたこともあるが、実は百島出身者の大部分は関西に就職してそこに定住する者も多い。すると、自分の地元異邦人説を却って強めることになってしまうのであった。

iPS細胞の基本特許?

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPS細胞の基本特許といえば、山中伸弥氏による特許第4183742号であるというのが通り相場である。ところが、毎日新聞Webによると、出願日で3年も先行しているiPS細胞関連の特許が、米国で成立したという。以下、引用:

米ベンチャー企業「フェイト・セラピューティクス」(カリフォルニア州)が「体細胞を初期化する方法」について米国で特許を取得したことが8日、分かった。初期化は体細胞を受精卵のような状態に戻す操作。同社は、あらゆる細胞になるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作成に関する基本技術と主張、米国で初のiPS細胞関連の特許と位置付けている。

出願者は同社創立者の一人で、米マサチューセッツ工科大(MIT)のルドルフ・イェーニッシュ教授ら。内容は体細胞の初期化を可能にする遺伝子などを特定する技術という。

出願日は04年11月で、山中伸弥・京都大教授によるiPS細胞作成の特許出願より約2年早い。米経済誌ビジネス・ウイーク電子版は「山中教授はiPS細胞を作成したが、アイデアは我々が最初」というイェーニッシュ教授の言葉を紹介している。京大iPS細胞研究センターは「特許の記載データをみる限りiPS細胞を作成したものではないと考える。京大が最も早く出願しており、影響がないと考える」としている。【須田桃子】

「フェイト・セラピューティクス(Fate Therapeutics)」の米国特許とは、調べてみると、米国特許出願第10/997146号であった。そのclaim 1は、

A primary somatic cell comprising in its genome a first endogenous pluripotency gene operably linked to DNA encoding a first selectable marker in such a manner that expression of the first selectable marker substantially matches expression of the first endogenous pluripotency gene, wherein the cell additionally comprises an exogenously introduced nucleic acid encoding a pluripotency protein and operably linked to at least one regulatory sequence, wherein the endogenous pluripotency gene is a gene that is expressed in a pluripotent embryonic stem cell, is required for its pluripotency of the embryonic stem cell, and is downregulated as the embryonic stem cell differentiates, and wherein the pluripotency protein is a protein expressed in a pluripotent embryonic stem cell, is required for the pluripotency of the embryonic stem cell, and is downregulated as the embryonic stem cell differentiates.
である。この特許出願は、2010/01/26にNotice of allowanceが出て、近々特許発行される予定である。

ここで、山中伸弥氏による特許第4183742号の請求項1を再掲してみると:

【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。

そこで、USPTOのサイトで米国特許出願第10/997146号の明細書全文をみたところ、4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2のうち、Oct3/4とSox2は、記載があったが、Klf4とc-Mycについては、全く記載がなかった。よって、山中伸弥氏による特許第4183742号に対する先行技術にならないし、上記のclaim 1を見る限り、iPS細胞の作製方法でもないようである。

人間は馬鹿になる

| コメント(0) | トラックバック(0)

全く言うまでもないが、人間は、全く食べないと確実に餓死が訪れる。一週間か、一ヶ月か、それは事情によるだろう。気候条件にもよる。それは純粋に肉体の話だが、精神的能力はどうだろう。仕事のスキルは、一旦身につけるとなかなか錆びない。

しかし、それはどうも思い過ごしらしい。人間はほっとくと、馬鹿になるというのが実態である。すなわち、放置すると、肉体の餓死と同様に、精神も壊死する。精神が壊死しても、肉体が生き続けると、空虚な精神をもつ奇妙な生物が地上を徘徊することになる。おぞましい。

人間世界でとてもミスリーディングなのは、ラベルの存在である。例えば、家柄、学歴、地位、資格、経験、身に着けたスキルの自負、これらは、精神の劣化を防ぐ足しにならない。

ところで、精神の壊死の症状はいかなるものか。以前書いた、惚け防止にあるとおりである。それでは、精神の壊死を防ぐには、丁度肉体が定期的に食物を要求するように、定期的に勉強しなくてはいけないのか。

その答えは、どうもイエスらしい。では、どのような勉強か。先ず、とても基本的な、歩く動作に相当する訓練、すなわち、足し算、引き算、掛け算などである。あるいは、記憶力の鍛錬として、歌謡曲の歌詞を記憶する、などである。

しかし、それだけでは不十分で、個別の分野の鍛錬が必要である。例えば、将棋であるなら、簡単な詰将棋を解く、囲碁であれば簡単な詰碁を解く、エンジニアであれば、簡単な微分を計算する、不定積分を計算する、ラプラス変換を計算する、特許実務であれば、明細書を書く、などである。

それでいいのかというと多分それでいいのだろう。しかし、もう少し必要なことが実はある。それは、初心者性である。すなわち、人間は、知性を保つために、初心者である分野をもたなくてはならない。植物で言えば、新芽の部分である。典型的な例を挙げると、例えば、私の料理である。私の料理の腕は、哀しいほどの初心者で、メニューも片手に余る。それでも料理本をみて懸命につくる。誰一人褒めてくれないが、ともかく、頭の使っていないところを刺激する。これは、既存のスキルにもいい影響を与える。

あとは、神に捧げる時間をもつことである。すなわち、よいアイデアというのは、実はこの世のものでない。冥界から染み出すようにやってくる。すると、敬虔且つ静謐な時間をもつ必要がある。

それでも人間は馬鹿になることは防げない。しかし、結局、永遠の時に気持ちを委ねられればよしとしたものである。

多分、避けるべきは、過去の実績や出来事に捉われることである。そこに固着してはがんじがらめになってしまう。初心者性も、神に捧げる時間も、何ほどか既存の事物への固着を緩和してくれるかもしれない。しかし、馬鹿との闘いは永遠に続く。ある時点から、知性を冥界に解析接続するモードにしなくてはらない。それがいつなのか、私には分からない。

ビジョナリー

| コメント(6) | トラックバック(0)

アマゾンからの案内に従い、久々に、梅田望夫氏の著書を買った。「ウェブ時代、5つの定理」という題で、シリコンバレーの有名人の名言を集めたものだということで、面白そうだと思ったからである。なお、シリコンバレーで、ビジョンとして語る人は、ビジョナリーと呼ばれるそうである。

5つの定理というのは、以下のとおりである。

  1. アントレプレナーシップ
    ここでは、シリコンバレーでの起業家たちが、どういう心構えでビジネスに取組んでいるかが語られる。ここでは、今の仕事が嫌で、何か斬新なアイデアがあるなら、会社を辞めて起業せよと説く。最高の石橋叩き屋である私は、おっととである。ただ、時流に乗ろうとしていたり、時流をつくるという気概はよく理解できる。
    ただ、ここにも掲載されており、私が昔から好きな言葉に、アンディ・グローブの「パラノイアでなければ生き残れない。」がある。実はこれは私の座右の銘なのかもしれない。というのは、私は、普段パラノイアのように仕事のことを考え続け、そのための勉強をしている。その私に大した努力もせず勝つのは結構大変だぞ、という自負になっている。ただ、シリコンバレーでは、私よりも数段頭のいい人が、私よりも数段パラノイアなのである。そう考えて、また私の持ち前の弱気がもたげてきた。
  2. チーム力
    この章は、アントレプレナーシップの章よりも、身近でしっくりくる。すなわち、基本は人だというのだから、私が普段考えていることと近い。ここでは、頭のいい人、気の合う人と仕事しなくてはいけないというのだが、なかなか普通の会社はそうもいかない。ただ、勝手にそう思っているのだが、私は自分より頭のいい人達と付き合うのが得意である。素直に尊敬し、且つサポートできるからである。変に対抗しない。
    この章で一番気に入ったのは、ゴードン・ベルの、「トップレベルのチームはマメジメント重視でなく行動重視でなくてはならない。」である。これはどういうことかというと、ピザを頼んだり、ゴミを捨てたり、コピーをとったりなどという些細なことでも、めいめいが自分でやる、ということである。これは秘書やサポートの人に任せるなどという組織ではおそろしく能率が悪い。ときどき、そういう雑用は全てサポートの人に任せて自分は純粋に頭を使うことに専念するという人に出会うが、そういう人で優れた人に出会ったことは一度もない。むしろ、平均以下の使えない人が多い。
    この章でさらに感じるのは、能力重視且つフラットな階層である。普段の会社生活と違いすぎて、苦笑いであるが。
  3. 技術者の目
    ここでは、シリコンバレーでは、技術者は、本当に優秀なら真に尊敬を受けると書かれている。なるほど、それも羨ましい。世間一般では、コンピュータ・プログラムというのは、誰でも書けることになっていて、プログラマは、単なる雑用係扱いされる。しかし、シリコンバレーでは、優れたプログラマは、典型的には、リーナス・トルバースなのだが、本当に尊敬される。だいたい、プログラミングが簡単な作業であるわけがない。また、コンピュータという知の怪物に息を吹き込むのもプログラマの仕業なのである。
  4. グーグリネス
    グーグリネスとは、グーグルらしさであるが、グーグルの職場でメモしたことがあるので、そんなに新鮮味はない。ただ、グーグルの社是ともいえる、"don't be evil"という標語の重要性を改めて感じる。世間でも会社でも、まあいいやと"evil"に甘んじている人がいかに多いか。
  5. 大人の流儀
    ここで特に強調されるのは、その分野でトップのスキルをもつ年配の人が、若い人の言うことを聞くというか、芽を摘まないことの重要性である。これは大抵の人が陥るので、要注意である。

こうして、シリコンバレー流のポジティブな雰囲気をたっぷり感じさせる好著であるが、一方で感じるのは、私が普段から座右の書として親しんでいる「老子」とのトーンの違いである。例えば、シリコンバレーのビジョナリーは、インターネットを含む技術で世界をよい方向に変化させられると何の疑いもなく叫ぶ。しかし、そこに通奏低音のように響いてくるのは、「賢を尚(たっ)とばざれば、民をして争わざらしむ。」であり、「企(つまだ)つ者は立たず。」という老子の教えである。

といいつつ、アンディ・グローブの「パラノイアでなければ生き残れない。」も一方で響いており、この奇妙なシンフォニーを私なりに楽しむことにした。

今更のアフガン作戦

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに下記のような記事があった。今更、という感想と、またいかにも奇妙な作戦であることが注意を引く。以下、引用:

【ワシントン草野和彦】アフガニスタン駐留米軍とアフガン軍などは近く、反政府武装勢力タリバンの支配地、南部へルマンド州マルジャに約1万5000人を投入し、大規模な軍事作戦を展開する。オバマ米政権発足後、タリバンに対する最大級の攻撃で、2011年7月までの米軍撤退開始を目指すアフガン戦略の成否を占う戦いとなる。

人口約8万人のマルジャは、タリバンの資金源とされる麻薬の大生産地。今回の軍事作戦には二つの特徴がある。アフガン軍の本格的な参戦と、作戦の異例の事前広報だ。

展開する約1万5000人のうち、半分はアフガン軍で構成され、米海兵隊1個大隊につきアフガン軍の1個大隊が同行する。米軍撤退の鍵を握るアフガン軍の能力が初めて試されることになる。

またアフガン駐留米軍のマクリスタル司令官は4日、軍事作戦を認めた上で、「どれだけのタリバン兵士を殺害するかには興味がない」と語った。金で雇われ戦闘に参加しているタリバン兵士に対し、投降を呼びかける目的があるとみられる。現地では攻撃を知らせる大量のチラシが配布されているという。

一方、地元のタリバン司令官は米紙ニューヨーク・タイムズに「アフガン軍や外国軍と戦うため、兵士を総動員する」と徹底抗戦を宣言。また事前の広報で、米軍を苦しめている手製爆弾(IED=即席爆破装置)を仕掛ける余裕をタリバンに与えた可能性もあり、激しい戦闘になるのは必至だ。

思い起こしてみると、米軍がアフガニスタンに攻め入った理由は、9.11のテロをアルカイーダと結びつけ、アフガニスタンのタリバン政権がアルカイーダをかくまっているはずであり、仇敵たるアルカイーダを匿う者もまた仇敵とみなし、掃討されるべきである、という、ありえないくらい無茶苦茶な論理によるものであった。

ところが、9.11のテロの実行組織がアルカイーダである、という証拠すら未だ提示されていない。それどころか、アルカイーダの総帥であった、オサマ・ビン・ラディンの実家と、ブッシュ家の長いビジネス・リレーションや、CIAとの関係も喧伝されている始末である。

そういうアルカイーダ掃討、タリバン掃討という大義名分で始めたはずのアフガニスタン戦争であるが、戦争設計、出口戦略というものが全く見えてこない。

例えば、アルカイーダが、米国本土でテロ行為をするのを防ぐという意味では、9.11以降、米国でテロで亡くなった人はいないので、立派に目的は達成されている。炭疽菌の粉末で亡くなった人はいたが、流石に、それとアルカイーダを結びつける人はいなかったはずである。

もし戦争目的が最早アルカイーダ掃討でないとしたら、米軍の目的は一体何なのか。すると、次のような理由が最近は挙げられているのかもしれない、すなわち、圧政を敷くタリバンを掃討して、アフガニスタンを、西欧型の民主国家にすることだ、ということである。例えば、これはイラクに関するブッシュの演説であるが、アフガニスタンにも同様に適用されるのだろう。

それなら、好ましい民主国家であるアメリカ合衆国から来た友好的な軍隊という装いを演じなくてはならないのに、誤爆や誤射と称して、アフガニスタンの何十万人もの民間人を殺害してまっている。すると当然に米軍に対する怨嗟は渦巻くのであって、一部の傀儡政権担当者以外の誰が、最早米軍を歓迎するのだろうか。ベトナム戦争でも同様の問題になったように、結局は、その民族をして自立的に決定し、運営させしめなくてはならない。そのような曖昧なターゲットは、到底戦争の目的にはならないはずである。より広く、外交の目的ですらない。

孫子の兵法に鑑みても、その「作戦篇」にあるように、外国への出兵は、膨大なリソースを消費するので、短期決戦で収束させるべし、とある。ところがアフガニスタン出兵はなんと、8年もの長期に亘る。あの泥沼といわれたベトナム戦争がほぼ10年であるから、長さでほとんど匹敵する。投入した兵力が違いすぎるので比較できないが、まだしもベトナム戦争の方が、米軍の存在感と実績を示しえたであろう。逆に言うと、アフガニスタンの無目的性には覆いがたいものがある。

こういう長い前置きの後、今回のアフガン作戦に戻るのだが、今回の特徴は、「作戦の異例の事前広報」にある。純粋に戦術としてみた場合、そこを攻めると見せかけて実は別のところをターゲットにするという陽動作戦でもない限り、事前広報というのは全く意味がない。さらに深読みすると、タリバン様、どうか負かして下さい、それをきっかけに撤兵しますから、というわざと失敗する作戦なのだろうか。

そんな馬鹿な作戦があるのか、と思われるかもしれないが、わざと失敗して世界を多極化という混迷に持ち込むのは、米国というか、それを支える国際金融組織の常套手段である。

ともかく私としては、米軍のアフガニスタンからの早期撤兵(最早、早期ではないが)と、その後のアフガニスタンの様子を眺めて、米軍駐留が無意味であったことを確認する日が来ることを期待する次第である。

ホンダの黒字

| コメント(3) | トラックバック(0)

プレジデントロイターに、ホンダがなぜ黒字を維持したかの記事があった。本田技研工業前代表取締役 福井威夫氏の談話である。以下、引用:

正直にいうと、2008年秋からの環境の激変は予想を超えていました。しかし前年に米国でサブプライム問題が持ち上がったころから、「何かありそうだ」という予兆は感じていました。

08年は自動車産業最悪の年だった。ホンダも無傷ではいられなかったが、迅速な経営判断によって国内大手3社では唯一、黒字確保に成功。背後には福井氏ならではの状況の"読み"があった。

当時、米国市場ではクルマの販売は好調でしたが、建機メーカーなどにOEM供給する汎用エンジンの売れ行きが鈍っていました。建築工事に異変が起きていたのです。夏になると、自動車販売も変調をきたすようになりました。

といっても、カリフォルニアがダメでも中西部や東部は好調、という具合に州ごとに状況が異なるため「確実に不況が来る」とは断言できませんでした。実は11月中旬になっても、米国の販売現場は「シビックが足りない」と本社をせっついていたくらいです。

しかし私は、以上さまざまなデータから変調の兆しを感じていたので、08年4月に新しい3カ年計画を立てる際は、行動要件として「柔軟に」「機敏に」という言葉を差し挟みました。今後、世界経済はどう動くかわからないが、何があっても柔軟かつ機敏に対応しようというシグナルです。そうした下地があったうえで、(リーマン・ショック直後の)9月下旬に緊急タスクフォースを立ち上げ、不況対策に当たらせたのです。

なるほど、2008年4月のリーマンショック以前の段階で、変化を予感していたとしたら、それは卓見である。出来そうでなかなか出来ない。将棋でいえば、大山流の一歩手前で受けるというやつである。

事態は深刻だった。赤字転落を避けるため、福井氏はF1からの撤退や設備投資の凍結をいち早く決断。その一方、ハイブリッド車の新型インサイトを09年2月に発売し攻勢に出た。そして6月末の社長交代を発表する。

09年3月期の業績が厳しいものになるのはわかっていたので、それに対する手立てを08年のうちに講じました。そのうえで新しい人(伊東孝紳次期社長)にバトンタッチすることを決めたのです。

「なぜ、この時期に社長を辞めるのですか」ときかれることがあります。会社を立て直すのがあなたの役目じゃないかというのです。しかし私の考えは違います。

経済危機といっても1~2年という短期の問題です。これを乗り越えてホンダはなんとしても成長を続けていきたい。伊東をトップとする新しい執行部は、この厳しい時期を乗り切ることでチームワークを固めるでしょう。堅固なチームワークは2~3年後に経済が上向いたときの爆発力につながります。

なるほど、なかなか「哲学」を感じさせるステートメントである。自分の地位に固執しないのもいい。

少し話を戻しましょう。不況突入が明らかになってから機敏な対処を行えたのは、湾岸戦争直後の不況を経験していたからです。クルマの販売額が落ちて工場の稼働率が下がると、自動車会社はどういう厳しい環境におかれるのか。このことを私は肌で感じています。だから、投資には慎重になっていたのです。

クルマがどんどん売れるのに生産が間に合わない。そんな場合でも、ホンダは思い切って設備投資することを控えてきました。むしろ少しずつ投資をします。そのために機会損失、いわゆる「儲けそこない」はあるかもしれませんが、反対に需要が急減して逆回転を始めたらこんなに怖いことはないのです。

もちろんホンダは同じような危機を過去何度も経験しています。「小さく産んで大きく育てろ」という言葉が社内に残っているくらいですから、ホンダの人間はみんな持っている感覚だと思います。

本田技研の創業者、本田宗一郎が、身内を決して自社に入社させようとしたかったのは、有名な話である。いま、トヨタが同族社長、豊田章男氏の下で喘いでいるのと、ホンダの堅調は好対照をなす。

最後に、赤字覚悟のプリウス利益確保のインサイトということで、次のように述べる。

原油をはじめ鉄などの原材料価格は上昇基調にある。それはBRICs諸国のほか発展途上国が経済的に豊かになり、一般大衆が経済力をつけて先進国レベルに近い消費を始めるからだ。つまり地球規模で原材料の需給が逼迫するだろう。

すると、地球環境問題を重視するだけではなく、新しい時代においては「燃費」が決定的に重要な意味を持つ。だから専用車体を持ったハイブリッド車を開発すべきである――こう考えたのです。

純粋に燃費や環境性能という面で考えれば燃料電池車が理想でしょう。しかしわれわれは、実用に耐える燃料電池の開発がそう簡単にはいかないことを承知しています。バッテリー駆動の電気自動車も普及するまでには時間がかかります。

だから、ハイブリッド車のラインアップをある程度揃えなくてはならないだろうという認識を、私たちは3、4年前の段階で持っていたのです。

それは、卓見というほどでもなく、当然であろう。

新型インサイトの開発で徹底したのは、実走燃費でライバル車にひけをとらないことと、ガソリン車との価格差を20万円までに抑えること。これが必須の条件でした。そのうえで、ホンダらしい走りを実現すること、スタイリングがいいことを求めたのです。

トヨタのプリウスが、赤字を覚悟で値下げで対抗しても、インサイトのほうがまだ十数万円安い。プリウスに十数万円分の付加価値があるのかどうかはお客様に判断してもらえばいい。インサイトは、あの価格で当然利益を出しています。

もちろん、それを形にしたのは開発チームによる懸命な努力です。しかし企画段階で明確な方針を示していなければ、どんなクルマができていたでしょうか。手前みそになるので、これ以上語るつもりはありませんけれども(笑)。

これは、軽い勝利宣言か。ただ、トヨタの底力は、すごいものがある。上記ホンダの対応が将棋の大山的であるなら、トヨタは徳川家康的である。またきっと盛り返すであろう。見物である。

LED農場

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、玉川大学に、LEDで植物を育てる、「フューチャサイテックラボ」があるという。特に赤色と青色のLEDを組み合わせて、レタス、サラダ菜、ハーブ類を育てる。

なぜ赤色と青色のLEDなのかというと、光合成のもととなるクロロフィルは、赤と青の波長の光に特に吸収スペクトルを有するからである。

特に、赤色の強度を強くすると、レタスの苗は、通常の5分の1の2週間で育つという。ただ、青色の光も、発芽や葉の生成に必要で、赤色の光に、1/3程度青色の光を混ぜるのが有効である、という。

太陽光や白色光は、緑のスペクトルも含むが、不思議なことに、クロロフィルは、緑のスペクトルをほとんど吸収しない。

LED光は、成長を早めるだけでなく、植物の特定成分を増加させる効果もある。例えば、赤色と青色のLEDで育てたサラダ菜は、通常のものよりもビタミンCの含有量が約4倍だった。ハーブでも、香り成分が、通常のものよりも60倍多かった。その他、抗癌剤成分を含むニチレンソウの薬効成分も、LEDで増やす研究がなされている。

また、青色LEDで、サニーレタスのアントシアニンが増えるという。

赤色と青色のLED以外に、黄色のLEDは、害虫の被害を減らす効果があるという。すなわち、害虫には夜行性のものがいるが、そこに黄色のLEDの光を照射すると、昼間と勘違いして、交尾行動が抑制されるという。

LEDの特徴は、さまざまな色が作り出せることにある。そうはいっても、最近は信号機もLEDが多いが、見ていると人工的で冷たい感じを受ける。植物にはやはり、自然の光である太陽光が好ましいような気がするが、意外にも、LEDの光の方が栄養価が高く成長も早いというのだから驚きてある。このような特性から、電気代はかかっても、LEDによる植物工場は採算がとれる。

また、狭い敷地でも、多段式で栽培すれば、大量生産ができる。だから、ちょっとした飲食店の隅でも、LEDで野菜が栽培できる。

ただ、課題は、レタスやサラダ菜などの育成期間の短い植物には適合するけれども、イチゴなど実を採る植物はまだ難しいことだという。

日本語の起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本語の起源は何かという議論は、邪馬台国はどこにあったかという議論ほど、人口に膾炙していないが、それでも、古来より議論され続けて、邪馬台国起源説と同様に、一向に結論が出る様子がない。

普段からそう思っていたところ、金田一京助の「日本語の変遷」講談社学術文庫、という本に出会った。この本の主題は、日本語の起源ではないが、それでも日本語の変遷を語る以上、その最初で、日本語の起源にも触れる。

金田一京助の日本語の起源に対する意見は明快で、日本語の起源は、原アルタイ語族ではないか、というものである。その根拠を説明する。

まず、日本語の典型的な文法は次のとおりである。

  1. 主語が先に来て、その後述語が続く。花咲く、鳥啼く、風吹く、などである。これは当たり前のようであるが、例えば中国語など場合により平気で主語が述語の後に来ることがある。
  2. 花見、月見、海行かば、のように、目的語、補語が先に来て、その後動詞が続く。英語を思い起こすと分かるように、他の言語でそうでないものはあまりに多い。
  3. 常世の長鳴鳥、のように修飾する語が、修飾される語の前に来る。casa blanca(白い家)、Khmer Rouge(赤いクメール)など、修飾する語が後に来る言語は少なくない。あ、流石に、クメール・ルージュは適切でなかったかも。
  4. 花が、花を、花に、花の、など助詞が体言の下にくっつき、二重にも三重にも延びていく構造をもつ。

これらは全て、紛うことなき、アルタイ語族の特徴である。アルタイ語族には、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語などがある。

アルタイ語族の別の特徴は、ラ行で始まる単語がないことである。もちろん今の日本語にはラ行で始まる単語があるが、それは全て外来語である。例えば、しりとり遊びをして、コアラなどのようにラ行で終わると、相手が大変困るという経験をした人は少なくないだろう。

アルタイ語族のさらに別の特徴は、シラブルが単純ということがある。stranger、strikeなどのように、子音が何個も続くという発音構造はない。ロシア語など、в(ヴ)、к(ク)という子音一文字だけの前置詞があるほどで、子音の嵐である。

アルタイ語族の親戚関係をさらに広げると、ハンガリー語、フィンランド語などを含む、ウラル語族が入ってくる。ウラル・アルタイ語族という括りでみたとき、母音調和という現象がある。どういうことかというと、ココロ、トコロ、アタマ、ミミ、ニシ、ソヨソヨなど、同じ母音が続く単語が沢山ある、ということである。ドイツ語や英語の単語を調べてみたら、そういう単語はほとんどないことが分かる。

それでは日本語を、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の直系と位置づけたいところであるが、すると次のような困難に遭遇する。

  1. 先ず、日本語の母音調和が、原始的すぎるということがある。他のウラル・アルタイ語族では、ここまで素朴ではない。
  2. また、基礎単語がほとんど一致していないということがある。例えば、朝鮮語の文章を日本語に翻訳すると、語順はそのままにして単語だけ置き換えれば、ほとんどの場合間に合う。しかし、狭い海峡を隔てて対峙している国同士なのに、基礎単語があまりにも違う。例えば、雨は、朝鮮語で、ピである。雪は、ヌンである。犬がケー。はっきり、似てない。一致する多くの単語は、ほとんどが日本語からの借用である。パンシンパンギ→半信半疑、など。網羅していないが、モンゴル語やトルコ語では、もっと違うだろう。

すると、文法の一致と、基礎単語の乖離から、日本語を、原アルタイ語からの継承と理解することが妥当となる。そうして文法の枠組みをみた上で、南方のポリネシア、インドネシア、インドのドラヴィダ語、あるいは、大野晋が主張したタミール語あたりが基礎単語に与えた影響を考えればいいのではないか。

尚、私の推測であるが、縄文人が話していた原日本語は、既に原アルタイ語を祖語とするものではなかったかと思われる。では、原アルタイ語系である原日本語は、この日本の地で生まれ育まれたのかと考えると、それは分からない。ひとつのヒントは、アイヌ語の存在がある。アイヌ語の権威でもある金田一京助氏によれぱ、アイヌ語は文法的にも日本語とは全く別系統だそうである。

すると、台湾の民族言語で述べたように、日本ではある古代の時点では、アイヌ語を含む局所言語が乱立していて、そこに、原アルタイ語を話す民族が移動してきて席巻したという推理もありえる。そうして、縄文人となった。果たしてそれは、縄文の思考に書いたように、16000年以上前なのかもしれない。

原アルタイ語の話し手として私はどうしてもシュメール人を想定したくなるが、シュメール文明はせいぜい5000年前である。すると、日本に来た原アルタイ語の話し手と、シュメール人の共通の祖先を想定したくなる。それは、「日本超古代文明シュメール伝説の謎」岩田明著、日本文芸社にある、中央アジア新疆に居在したという原シュメール人なのか、と想像は広がるのであった。

下手の横好き

| コメント(0) | トラックバック(0)

諺に、「下手の横好き」というのと、「好きこそものの上手なれ」という2とおりがあるが、果たしてどちらが正しいのだろうか。

そう思って考えてみると、「好きこそものの上手なれ」は確かに一面妥当であるが、より本質的なのは、「下手の横好き」の方のようである。

その根拠は、次のような自己分析にある。すなわち、自分は今何が一番好きかと問うてみると、どうも数学らしい。なぜなら、定年後何が一番したいかと自問してみると、さっぱり理解できない数学の本を眺めて、意味のないメモをとって思案する、という時間をもちたいというのである。

数学が好きでない人からみると、それはほとんど狂気であろう。なぜなら、無意味といえばそれほど無意味なこともない。何かの具体的問題を解くでなし、大学に行き直すでなし、誰かと議論する、というわけでもないのだから。

では、それほど数学が好きというなら、結構なレベルなんでしょうね、と人によっては、お世辞もこめて私に言うかもしれない。しかし、あいにくそうではない。中学・高校と、数学が得意科目であったことは一度もなく、大学に入って、物理学科という理系の典型的な勉強をしようとしたものの、緻密な計算能力がないので、物理そのものも挫折してしまった。

それでもある程度真面目に勉強した時期もあるので、数学は、おそらく、あまり出来のよくない理系学生の教養課程レベル程度、というのが客観的なところであろう。

さらに自己分析してみると、私の数学の才能は、自分の将棋のそれを超えないようである。では、将棋は何ほどかというと、一応アマ四段であるが、県代表のレベルに達しない。すなわち、弱いアマ四段というところか。数学と違って将棋は、多くの試練や大会を経て切磋琢磨した。数え切れないくらい棋書も読んだ。それでもこの程度である。だから、一切切磋琢磨を経ていない私の数学が、どの程度のものであるか推してしるべしということになる。

そんなときたまたま、ウェブ進化論の著書で有名な梅田望夫氏が将棋ファンであるのを知った。なんと、古典的ともいえる金子金五郎の観戦記を深く読み込んだりしている。では、将棋の棋力はどの程度かというと、おそらくアマ初段程度なのかもしれない。ご本人は、指さない将棋ファンを自任している。ある見方では、指さない将棋ファンなんて意味ないではないか、という言いかたもできる。しかし、梅田氏の観戦記は、彩りと卓見に満ちていて、溢れんばかりの将棋に対する情熱をそこに感じることができる。蓋し、名観戦記といって、間違いないだろう。

そこで分かったのは、梅田氏の将棋は、ある意味失礼な言いかたになるが結局、下手の横好きである、ということである。しかし、梅田氏は、インターネットやコンピュータに関する知識、シリコンバレーでの生活などを通して得たものを、惜しげもなく将棋に注ぎ、独特の将棋観をつくりあげた。すなわち、偉大なる下手の横好きである、ということである。

こうしてみると、私の数学が下手の横好きであって、何を臆することがあろう、ということになる。なに、あまり有名でない大学の文系学部の数学の入試問題も、解けないことがしょっちゅうという情けないレベルであるが、それでも構わない、と開き直るべき、ということになる。

問題は、下手の横好きであっても構わないので、どう数学的知識を広げ、豊富にするかということである。すると、梅田氏をみていての1つのヒントは、他の教養やスキルをうまく、隠し味として、あるいはもっと明示的なかたちでもよいので、下手の横好きの趣味に畳み込むべし、ということになる。

それはそれで随分クリエイティビティを要することであるが、下手の横好きをどう彩るかということは人生の本質にも拘るということになる。

こうして下手の横好きとの付き合い方を規定すると、「好きこそものの上手なれ」の方も自然に意味が与えられる。すなわち、あることを興味をもって、いろいろ楽しんでいると、意外にも実は才能があった、という場合である。そうやって努力した者だけが、一流になれる。すると、イチローのように、「好きこそものの上手なれ」が成立する。だから、下手の横好き性は、あらゆる才能の基礎なのであり、なんでもいいから好きでやっていると、芽が出るかもしれないし出ないかもしれない。でも、一生芽がでなくても、下手の横好きであっても、人生を考える意味は与えられるのだ、ということである。

職業的演技

| コメント(7) | トラックバック(0)

自由気儘な学生生活から、突然社会人になって、最早もうあの自由な日々は戻ってこないのだと愕然とした人は少なくないだろう。私がまさにそうだった。そもそもが、学生生活では、朝3時に寝て、昼過ぎに起きて活動するという日々だったから、会社生活が始まっても当分の間、眠くて仕方がなかった。

それでもなんとかクビにならないでやってこれたのは、サラリーマンになんとかなりきることができた、もっというと、サラリーマンを演技することができた、ということである。それは能力だけの問題ではない。ばからしさを忍んで、つまらない上司の言うことを聞き、忠誠を尽くしているように振舞う。それは、世間一般の多くの人がやっているようでいて、ある種の個性が強い人にはとても難しいことかもしれない。私も、強烈な個性の持ち主ということもないのだが、単に我儘なのか、いまだに、サラリーマンに徹することに、半端でない苦心をしている。それでも、サラリーマンを辞めないのは、他に取柄がないからである。資格も学位もコネもない。研究所の研究員などで、大学の教授や准教授の職を得て会社を辞めていく人をみると、羨ましくて仕方がない。

そうやって、ある種の演技をしながら生きている訳であるが、実は、演技の程度という意味では、学生からサラリーマンになるギャップよりも、サラリーマンにおいて、専門職から管理職になるギャップの方が大きいということを最近改めて感じる。

すなわち、意に反して管理職になってみると、人生で一度もリーダーシップを発揮したことがないのに、突然リーダーシップを発揮することが要求されることになった。でもどうするのか。当然に私は悩んだ。そして、結論は、まるで劇のように管理職を演じるよりない、ということに行き着いた。

まず、リーダーシップを発揮しているように演じるために、定期的に自分のグループのミーティングを召集することにした。そこで、前日必死で考えておいて、指針的なことを話す。すると、私より年上の人もいて、何を馬鹿なことをいっているのかという侮蔑の視線も感じるが、演技なのだから、ひるまないふりもしなくてはならない。なにしろ、分かっていないのに、わかっているふりをしなくてはならない。まるで詐欺のようで結構辛い。

また、部下を心配しているふりもしなくてはならない。しかし、私はもともと人間にあまり興味があるタイプではない。だから、ぶっちゃけ、よほど気の合う部下か、異性として魅力のある部下以外には、普通にやっていたら絶対興味はもたない。それを必死で部下の様子をみて、困っていることがないか聞いて問題解決の策を探る。病気で入院したら、お見舞いもいく。あるときなど、いろいろ問題の行動が多くて誰からも疎外されている年配の独身女性の部下が病気で入院したことがあった。なんでも新橋の方の病院だということで、休みの日の午後にお見舞いにいったら、普段とはうってかわって、大層喜ばれた。他に誰もお見舞いに来ないというのである。そりゃあそうだろう、内心強く頷いた。私としては職業的義務感というか演技で目一杯だった。こうしてどんどん演技の部分は増えていく。

演技の部分が増えていくとどうなったかというと、先ず非常にストレスが溜まった。当たり前である。やりたくないことをずっと演技しているのである。それでも人間とは恐ろしいもので、仕事だと思って演技していてるとそれが次第にもともとの性格のようになる一面がある。それが昂じると、アウシュビッツ収容所の所長、ヘスのようになる。これも怖い。

私は幸か不幸かヘスのような能吏でもなければ、強い人間でもないので、演技の裏側で、心は、ぐらぐらだった。家庭にあっても会社のいろいろなことが頭に浮かんで、寛げなかった。特に、数学だの将棋だの、集中して突き詰める能力が駄目になった。それで、将棋はともかく、数学は専門書が1ページも読めなくなった。頭がそっちに行かないというのが正しいかもしれない。言い換えると、気は使うが頭は使えないのである。

今なんとか、多少なりとも理数的なことを考えられるのは、管理職から降ろしてもらえたせいである。こうして、演技度は減り、もし本来の自分というものがあるとしたら、そちらに少し近づいて生きている。

なぜ今更、管理職の演技の話をするのかというと、最近周囲の管理職の演技度はあれでいいのか、とつい疑問をもつことが少なくないのである。すなわち、自分本来の個性と生活を大事にするあまり、ほとんど演技しないで地のまま、管理職をやっているようにしか思えない。

それはもちろん、上司と部下の間の非対称性というのはあって、だいたい、上司対部下は、一対多であるし、評価だって一方向である。部下かの上司に対する評価というのも存在しえるが、どうしてもオプショナルに留まる。だから、管理職として自分は部下から、ちゃんと管理職を演じていないと見られていたということは十分ありえる。

ただ、私の管理職のときの方がましだったのではないか、と推察できることがある。それは、上記で、「ぶっちゃけ、よほど気の合う部下か、異性として魅力のある部下以外には、普通にやっていたら絶対興味はもたない。」と言ったことに関連する。私は少なくとも、そうでないように努力した。新橋くんだりまで、義務ではなくても、お見舞いに行った。しかし、私が廻りをみると、ほとんど本当に気の合う部下にしか配慮していないのではないかと思うことがある。また、必死で演じていると、管理職には悲痛の表情がどうしても浮かぶ。それは私が若い頃の上司にもかすかに感じたような気がするのだが、今の管理職からはあまり感じられない。

単に私が歳をとって、「今の若い者は・・」モードになってしまったのだろうか。私が管理職としてしなくてもいい余計な演技をして取り越し苦労していただけなのだろうか。どうしてもそうは思えないで、悶々とした日々を送っている次第である。

トヨタ・リコール問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

目下話題になっている、トヨタ・リコール問題であるが、ダイヤモンド・オンラインに、米国を代表する自動車コンサルタントのマリアン・ケラー氏のコメントがあったので、私なりに要約し、あるいはコメントしてみたい。これは、レクサス問題の続編である。

先ず、マリアン・ケラー氏のプロフィールであるが、1994~99年、全米自動車業界アナリスト協会会長。現在は、マリアン・ケラー・アソシエーツ代表として、コンサルタント業に従事。著書に『GM帝国の崩壊』『激突―トヨタ、GM、VWの熾烈な闘い』(共に草思社)がある。

先ず、マリアン・ケラー氏によれば、リコール自体は、珍しいことではない。リコールのレターが届き、車をディーラーに持って行き、すぐに無償で修理してもらえるというのは極めて普通のことである。

トヨタのリコールの中でも、最新モデルの「プリウス」はそうしたケースである。もともとは、メーカーの評判を悪くするようなものではない。では、なぜ、今回は、トヨタにとって問題が悪化してしまったかというと、欠陥製品を出しながらそのことを否定し続けているという印象を世間に与えてしまったからである。

トヨタ車を買った人からの苦情は、ここ数年、米道路交通安全局(NHTSA)に何件も寄せられていた。しかし、トヨタは、それはドライバの問題だと説明し、NHTSAもそれを受け入れていた。しかし、アクセスペダルがフロアマットにひっかかったことが原因とされる昨年の死亡事故(カリフォルニア州サンディエゴ郊外でレクサスに乗った家族4人が死亡した事故が報道されるに至って、状況は一変した。潜在的な問題が一気に注目された。フロアマットに対する苦情は、以前からあったのに、なぜもっと早く対応がとられなかったのか、ということである。

さらなる問題は、トヨタ側が、説明の会見をなかなか行わなかったことである。それは豊田章男社長によって、2月初旬に、ようやく行われた。昨年10月、あるいは2週間前でもその会見が行われていれば、ここまで問題は大きくならなかった。

問題の火に油を注いだのは、トヨタの佐々木眞一副社長の発言である。それは、なぜ、デンソー製でなく、米国現地のインディアナ州のCTS社のアクセスペダルを採用したかという理由であるが、それを「現地への貢献を考慮したため」と発言してしまった。これは、現地の企業を劣ったものと言いなすことである。これは、米国民に侮辱的で傲慢なものと理解されてしまった。

あと、リコールは珍しいことではないと言っても、今回のトヨタのケースは数モデルにわたり、しかも何年もの製造年にわたってリコールされるという大掛かりなものであった。これは、コストへのプレッシャが大きいせいあったかもしれない。

これ以外にも、ここ数年、トヨタ車は、欠陥が増えている。日本車は品質がいいという伝説に翳りが生じている。

トヨタが問題を直視できなかった原因は、トヨタ社内のコミュニケーションの問題である。誰と誰が連絡をとって、誰が事態を分析するのか、決断を下すのは誰なのか、ということが、明確になっていなかった。

今回、アメリカ政府が2人の人間をわざわざ日本に送って、問題の深刻さを伝えねばならなかった。それは、通常では考えられない。

そもそも、トヨタがGMやフォードのシェアに食い込んだのは、GMやフォードが技術的な欠陥車を出しながら認めず、ドライバーの非難に終始したためである。ところが、今回、トヨタが同じ轍を踏もうとしている。今や、アメリカ国産車の質は向上し、韓国の車の質も向上した。下手をすると、一気にトヨタ離れが起きる。ただ、まだそうした動きは見られない。

トヨタにとっての最悪のシナリオは、リコール対象車で修理後に再び問題が浮上することである。また、集団訴訟も避けられないかもしれない。

以上がマリアン・ケラー氏のコメントであるが、折角去年の赤字を挽回すべく、レクサスで巻き返しを図っているのに、トヨタはどうしたことだろう。去年だったか、レクサスで大幅なコストセーブを達成したと自慢気な記事が日経エレクトロニクスにあったが、その乗りで、コストに注意しすぎるあまり、安全性と質を忘れたとしか思えない。驕るトヨタは久しからず。

イノシシの被害

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、以下のような記事があった。

14日午後4時頃、高知県香南市夜須町国光の林道で、近くの男性(64)から「女性がイノシシに襲われてけがをしている」と119番があった。

香南市消防署の救急車が近くの女性(73)を高知市内の病院に搬送。地元の猟友会員が15日午前7時頃、現場近くで雌のイノシシ(体長1・3メートル、体重85キロ)を発見し、射殺した。

同消防署などによると、女性は両手や右足などをかまれるなどして重傷を負ったが、命に別条はないという。通報した男性によると、女性は畑で農作業中に突然イノシシに襲われ、イノシシともみ合った後、軽トラックに乗って避難し、男性に助けを求めた。

女性は「鼻で押され、かみつかれたので、イノシシの耳をつかんで格闘した」と話していたという。女性が両手にしていた手袋は血で赤く染まり、数か所に牙の跡とみられる傷があったらしい。

男性は「20年前に猟銃をしていた時はイノシシはほとんど見かけなかった。食べ物がなくなってきているのでは」と話していた。

現場は土佐くろしお鉄道夜須駅から北東約8キロの山中。

この記事をみて、これはちょっとやばいと思った。理由は、動物の渡来に書いたとおりである。私が出身の島で、今やイノシシが出没する。まさに、「20年前にはいなかった。食べ物がなくなってきているのでは」である。

ただ、聞く範囲で、私が出身の島で、いまのところ、イノシシに襲われた人はいない。上記の記事だと、雌のイノシシとあるので、子供がいるなどの状態だったのだろうか。すると、気が立っている。それにしても、イノシシは突進するだけでなく、噛み付くのか、知らなかった。また、73歳の女性が耳を掴んで格闘できるというのだから、イノシシは意外に強くないのか、などいろいろ感じる。これが熊だと本当に屈強で、大山倍達のようなプロの空手家でも、実際はまともに闘ったら勝てないという。

ともかく、今度実家に帰ったら、気をつけるとしよう。畑にはイノシシの好物の穀物があるので、きっと畑を通るときが多少チャレンジなのであろう。

レクサス問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

トヨタ自動車がかつてない非難に晒されている。昨年はじめにあったのは、アクセル・ペダルがフロアマットに引っかかる、という問題だった。そういえば私は、トヨタのイストに乗っているが、フロアマットがなにかの拍子にずれて、アクセル・ペダルが踏みにくくなったことがあった。その場合は、加速しにくいということになるので、問題はそれほど大きくない。もしアクセル・ペダルがフロアマットに引っかって戻らないと、加速し続けたら追突など問題がおきやすくなることが明らかである。それは死亡事故にもなりやすい。私の場合、いつまでたっても車の初心者なので、フロアマットの戻し方も分からなかったということでその不手際も問われるが、しかし、自動車というのは誰が運転するかわからないので、最大限のフェイル・セーブが必要であろう。

最近起きたレクサスのブレーキの問題は、少し性質が異なる。自動車が単なる機構部品の集まりだったのは、遠い昔で、1970年代から、低公害車を実現するためという目標もあって、エンジンなどが電子制御されるようになった。すなわち、車には、エンジンを制御するためのマイコンを積んだECU(電子制御ユニット)が搭載された。これがエンジンで成功すると、ブレーキ、トランスミッション、ワイパなど、あらゆる機構部品がECUで制御されることになり、車の中は、油圧制御の配管だけでなく、ECU同士を接続するワイヤで錯綜した。ネットワーク・トポロジを考えると分かるように、複数あるECU同士を互いに接続すると、多数のワイヤが必要である。

そこで、1980年代に、ロベルト・ボッシュ社が、CAN(controller area network)という概念を提唱した。これは、言ってみれば、車内LANであって、車内の結線を、バス型にすることによって、ECU同士の接続を合理化する、というものである。実際、CANの概念は普及して、その後、CANの下のサブネットワークとしてのLIN、またCANに置き換わる高速ネットワークであるFlexRayも最近提唱されている。ここらあたりの解説書としては、「車載ネットワークシステム徹底解説」佐藤道夫著、CQ出版社などがある。

電子部品がバスで接続されているというと、その典型は、パソコンである。ところで、元シス担として、私は次のような経験をした。すなわち、あるときパソコンを立ち上げてみると、どうしてもうまく立ち上がらない。ブルースクリーンが出て、ハングしてしまう。そこは一介のシス担の哀しさ、詳しいことは分からないので、コンピュータのハードウェアの専門家に相談した。ITメーカなのでそういう人材に事欠かない。すると分かったのは、単に、イーサネット・カードが死んでいるだけであった。すなわち、パソコンでは、立ち上げ時にBIOSの制御で、PCIバスに接続されているカードを1つずつ診断していく。そして、イーサネット・カードに出会ったとき、BIOSは、所望の応答がないので困惑して立ち止まった、という次第である。すなわち、バス型というのは、一部が全体に影響を及ぼすことがあるという問題がある。

自動車でもそういう問題があるのではないかと思って、ある自動車整備の専門家に話を聞くと、こんなことがあったという。すなわち、お客さんの要望で、ライトを、旧来の電球タイプのものから、LEDのライトに交換したところ、突然、エンジンがかからなくなったのだという。相当に熟練した自動車整備工であるのに、原因はさっぱり分からない。考えられるとしたら、CANの仕業である、という。すなわち、CANでは、制御のために、データ・フレームが、ネットワーク上を巡る。データ・フレームはIDフィールドを含み、ECUはやってきたデータ・フレームを見て、自分のIDと一致するIDフィールドを含むデータ・フレームだと、それを取り込む。だから、故意ということはないにしても、無作法なECUがあると、全体の制御に悪影響を及ぼしえる。すると、上記の場合、LEDのECUが、京都でいう「一見さん」で、CANに歓迎されなかったのだろう。

レクサスの問題に移ると、トヨタは、ハイブリッドカーの先駆者なのであって、エンジンとモータの両方の制御という複雑な課題を抱えつつ、上記のような気難しいCANとも折り合いをつけなくてはならない。すると誰も出会ったことのない問題を自力で解決しなくてはならないのである。その1つが、リコールの対象となった、ABSブレーキ制御であった。何しろ、エンジンのブレーキとモータのブレーキの折り合いをつけるというのだから、操作する者にとまどいがないようにするのは最大限の配慮を要する。それで結局、多くのドライバに違和感を与え、そのうちのいつくからケースでは、ブレーキを踏むタイミングを間違え、重大な事故となった、という次第である。

さらに言うと、今や自動車は、Windows XPの半分程度の巨大なソースコードで書かれたソフトウェアで動くコンピュータといっていい。すると、必然的に、事前テスト可能性の限界が生じる。なにしろ、状態遷移マシンとして、NP完全な状態数をもつのである。それに、メカトロ的側面、レクサスの問題のように人間工学的側面が出てくると、自動車が問題なく走行することが1つの奇跡のように思われてくる。レクサスの問題はその好例であって、これを好機と出し抜こうとしているホンダ、日産、マツダ、GM、フォードにとっても、重くのしかかる問題なのである。

准教授による銃乱射

| コメント(2) | トラックバック(0)

読売新聞Webに下記の記事があった。

【ワシントン=山田哲朗】米南部アラバマ州のアラバマ大学ハンツビル校で12日に起きた女性科学者による発砲事件をきっかけに、米国で研究者にかかる心理的重圧が議論を呼んでいる。

同大の生物科学部准教授エイミー・ビショップ容疑者(45)は同日午後、学部の教職員会議で同僚に拳銃を発砲。教授ら教員3人が死亡、ほかの教職員3人が負傷した。

警察で動機を調べているが、米メディアはビショップ容疑者が昨年から「テニュア(終身在職権)」の審査を受けており、事件の直前に却下が決まっていたことに焦点を当てている。

米国では、テニュアは若手研究者が目指す大きな目標だ。5~6年のうちに研究成果を上げ、教授会の審査を通ることで、「テニュア」を獲得できる。連邦教育省の統計(2005~06年)によると、大学教員のうちテニュアを所持するのは半数にとどまる。

テニュアがないと、任期付きの雇用契約など不安定な地位に追い込まれ、肩書も准教授止まりが普通。ビショップ容疑者も2003年にハーバード大からアラバマ大に移り、今学期限りで雇用契約の打ち切りを迫られていた。報道によると、最近は「テニュアの審査が公平でない」と周囲に不安を漏らしていた。

米紙ニューヨーク・タイムズのウェブサイトでは事件後、「パブリッシュ・オア・ペリッシュ(論文を書かなければ消え去るのみ)という文句が、どれほど人間の心理をゆがめるか」「大学当局がパートタイム依存を強め、少ないテニュアの口への競争が激化している」「テニュアの審査をもっと透明に」など、テニュアに関する読者投稿が相次いだ。

こういう事件をみていると身につまされる。すなわち、学者というのは、特に米国にあって、いかにも激烈な世界だからである。

すなわち、学者としてのキャリアを続けるには、"publish or perish"ということで、優れた研究をし論文を書き続けることを要求されるが、その能力は、大学に入学しテストでよい成績をとってきた能力とはかなり異なる。すると、今まで優等できたのに、突然挫折するということは当然にありえる。

特に、米国において、学者の場合、業績を上げてテニュアを得ることが一苦労である。この犯人のように、テニュアのない准教授の地位など、とても不安定で、生活の見通しが立たない。

上記の記事ではそれを問題視しようとするが、ちょっと待ってほしい。高学歴ワーキングプアの実態に書いたように、学歴を重ねてある狭い専門の研究の地位を獲得するように努力することは、本質的に、とてもリスキーである。すなわち、能力のリスク、ポストのリスクである。ベンチャービジネスもリスキーであるが、ベンチャービジネスでは、ポストというか機会は、自分で創設することができる。また、成功すると、巨万の富が得られる(分からないけど)。

一方、高学歴の学者だと、ポストは自分で作れずとても希少だし、うまくポストを得ても、収入はなんとか食べていける程度である。すると、変な言いかたでは、馬鹿じゃできない(当然だが)、利巧はやらないという、ヤクザみたいな世界である。研究の道を極めようというのだから、これもある意味、極道である。

銃乱射事件の駄洒落ではないが、そんな鉄砲玉みたいな世界を身を置いて、テニュアに不安を覚えるというのは、なんということか。それは、予想されたリスクであり、すると、特許弁護士の勉強をするとか、一般企業で開発研究の道も考えるとか、当然にリスクをヘッジすべきであった。

あと、「テニュアの審査が公平でない」というけれども、実際そうなのかもしれないが、もしそう感じるなら、別の大学に職を求めるのがいいのではないか。大学における研究の評価というのは、評価する側の専門にも依存するので、ある意味会社の人事評価以上に不透明にならざるを得ない。

こう考えると、どうも、犯人に同情する余地を見出しにくいのだが、ちょっと厳しすぎるだろうか。ただ、知り合いの会社でも、ポスドクとして見習いで働く人の話を聞くが、正社員として採用される確率はかなり低いようである。最悪のシナリオでは、この不景気、コンビニ店員とまではいかないが、予備校の講師でもあれば御の字ではないだろうか。

ニコラ・テスラ

| コメント(2) | トラックバック(0)

ときどき、ニコラ・テスラの名前を聞き、またネット上で見たりする。なんか凄い人らしいとも聞く。しかし、どういう人物なのか全く知らない。なんでも、電磁気学の単位の1つにテスラというのがあるらしいが、そもそも、電磁気学なんて何十年も前に勉強したきりで、ほとんど覚えていない。

そこで、アマゾンでニコラ・テスラに関する本を探して読むことにした。いくつかヒットしたが、比較的読みやすそうな「発明超人 ニコラ・テスラ」新戸雅章著、ちくま文庫、を読んでみることにした。以下、自分なりのメモである。

ニコラ・テスラは、1856年7月9日、旧ユーゴスラヴィアのスミリャンに生まれた。どうでもいいけど、私と約100歳違う。父親は司祭、母親は読み書きができなかったが、記憶力、器用さなど卓越した女性であった。ニコラ・テスラの才能は、この母親から多く受け継いでいると思われる。ニコラは、5人兄弟の4番目で、女、男、女、男、女という構成だった。

すなわち、兄が一人いる訳であるが、この兄ダーネは、もしかしてニコラを凌ぐ才能と、また霊能力を具備していた。そんな兄は不幸にも12歳で亡くなってしまう。頭を打ったことによる脳血栓であるといわれている。この兄のことは、ニコラの深層心理に深い影響を与えている。

栴檀は双葉より芳しではないが、ニコラ・テスラは、5歳にして発明をなすほどであった。それは、水車であった。この、川の流れのエネルギで廻る水車は、後年のタービンにつながる。

しかし、ニコラ・テスラは思慮深いというよりも冒険心溢れた悪戯小僧で、ときに度が過ぎて、大人たちの非難を浴びた。しかし、小学校の頃から、機械弄りに卓越した才能を発揮し、消防のデモでも、ホースの不具合を見つけ、単身これを修理するほどであった。ここらあたり、思弁的なアインシュタインなととくらべて現実的なテスラの才能が既に窺われる。

ギムナジウムに進学すると、その異常な才能が発揮され始めた。特に、数学では、無敵だった。テスラは、数学の問題を見ると、自然に答えが閃くのだそうである。このあたり、ラマヌジャンを彷彿とさせる。数学以外の科目でも、母親譲りの抜群の記憶力を発揮して高い点数をとった。しかし、ギムナジウムで成績が上位にあった訳ではない。それは、ギムナジウムではテスラの苦手な図画が大きい比重を占めていたからである。

こうして勉強を続けるうちに、テスラの、技術者になりたいという希望は膨れ上がるばかりだった。しかし、父親は、自分のあとを継いで聖職者になってほしかった。それは一つには、テスラが子供の頃から病気がちで、技術者の激務には耐えられないと判断したからである。

ところが、その父親の反対に直面して、テスラは体調を悪化させた。仮病ではないのだろうが、死線をさまようほどだった。その様子を見かねた父親はついに、テスラが希望どおりの進路に進むことを許可した。それでテスラは現金にも元気を取り戻し、グラーツの工科大学に進むことになった。テスラ18歳の頃である。その頃からテスラは地球規模、宇宙規模の発明を構想し始めていた。例えば、海底ケーブルを大陸間に敷設し、これに球形コンテナを通して物品を輸送するとか、土星の輪のようなものを地球の周りに張り巡らすなどである。

念願のグラーツの工科大学に進学したテスラは、水を得た魚のように勉学にいそしんだ。そして電気工学に関する知見を深めていった。ただ、問題は仕送りである。事情があって仕送りが途絶えると、窮乏を極めた。

そんな日々に光明を与えたのは、パリから送られた発電機兼電動機をみたときである。これは、整流子つきの直流発電機/電動機であったが、その整流子から出る火花がとても厭わしかった。そして、次第に、整流子を使わない交流モータの構想を暖めはじめるのであった。

ところが、交流モータの構想は困難を極めた。苦難のあまり、また窮乏から、ギャンブルに手を出したテスラは、ついに大学を放校処分になってしまった。そこから放浪生活をはじめ、また、アルバイトのようなことをしながら、プラハ大学にたどりついた。そこで、正式の学生でなく、聴講生のような身分だったらしい。1879年のことだから、テスラ23歳の頃である。

プラハにいる頃、テスラは、アメリカのエジソンの噂を聞いた。そしてなんとしてもそこに就職したいと思った。それでも生活のためしぶしぶ、中央電信局で働くことにした。ところが仕事をしつつ、交流モータの研究にも根を詰めたので、テスラは重い神経衰弱に陥ってしまった。

そんなとき、気晴らしで友人と公園を散歩しているとき、忽然と交流モータの回転磁界の構想に想到した。ついに交流モータのアイデアが完成したのである。このアイデアは結局、米国特許381968号として、1888年に特許登録された。

交流モータを完成させたあと、テスラはさらに、多相交流モータも完成させた。そうしているうちに、幸運にも、中央電信局で、エジソンの会社への推薦状をもらうことができた。そうしていよいよ勇躍、アメリカ大陸へと渡っていくのである。

エジソンの会社では、エジソンは、このヨーロッパから来た風変わりな青年に大して期待もしなかった。しかし、流石エジソン、この青年の異常な才能を見抜くのに大して時間はかからなかった。そうして、テスラを便利に使いこなしていたが、結局、直流に拘るエジソンと、交流に未来をみるテスラではそりがあわず、ほどなくテスラは、エジソンの会社を辞めてしまう。1885年のことである。

テスラは、「テスラ電気会社」を設立するが、翌年倒産してしまう。仕方なく日雇いで食いつなぎ、出資者を得て、1887年に「テスラ電気会社」を再び設立する。この頃、上記交流モータの特許出願を果たした。

1890年になると、資金を得るため、ウェスチングハウス社に、交流システムの特許を売却した。この頃テスラは、テスラ・コイルを発明して高周波の人体に対する影響を研究し、高周波の電圧がむしろ、人体の健康によい影響を与えることに想到した。同時に真空管の研究も始めた。

この頃のテスラは、沸きあがるアイデアで溢れていた。例えば、無線通信を構想していたのもこの頃である。しかもこの頃、流石のテスラも、米国内で評判がよく、講演会の依頼がひっきりなしだった。

1895年には、東ホーストン通りに新たな研究所を創設し、X線のアイデアに想到する。テスラは、電磁波の高周波から、無限のアイデアを引き出していたようである。

テスラのアイデアは、これだけに留まらない。オートマトン、すなわち、今でいうロボットとこれの遠隔制御の研究に着手した。

さらにはなんと、無線通信ならぬ、無線による、電気エネルギーの送信システムの発明も行う。

1899年には、コロラドスプリングスに研究所を移し、観測により地球が帯電体であると確信した。また、地球定常波を発見した。

翌年にはニューヨークに帰還するがここで資金に逼迫する。幸い、JPモルガンに資金援助してもらった。その資金を使って、ロングアイランドに無線送信塔を建設した。

しかし、1903年には、JPモルガンからの資金も打ち切られ、いよいよ困窮し始める。それでも研究意欲は衰えず、レーダーや無線誘導ミサイルを構想する。しかし、時代に先駆けすぎていて、実現には至らなかった。

1928年には、垂直離陸機を発明した。1933年には、殺人光線の構想を発表した。しかし、1937年に車にはねられ重傷を負うと、ほとんど寝たきりになった。それでも歩けるようになると、公園に行って鳩に餌を与えるのが日課だった。最後は鳩が唯一の友達だったようである。

そして、1943年、テスラはついに、ひっそりと自室で亡くなった。第2次世界大戦の最中だった。死後、未発表の研究論文をFBIが持ち帰ったという噂が流れた。軍事機密を切望する組織には、垂涎の資料だった。

終戦後の1952年には、ベオグラードにテスラ博物館が建造され、1956年には、磁束密度の単位としてテスラが公認された。

このように華々しい実績をもつテスラなのに、不思議なほど世間に知られていない。例えば、無線の発明者というと私は、マルコーニを思い出す。確かに、無線通信の特許を取得したのは一旦はマルコーニだったが、後の裁判で、真の発明者はテスラであると裁判所に認定された。

テスラがあまり知られていないのは、西澤潤一のように、なにかと物議を醸す性格のせいなのだろうか。ある意味、俗物性が少なすぎる。しかし、テスラの研究範囲は西澤潤一と比べてもあまりにも広く、全貌を知る者はほとんどいないのではないだろうか。例えば、オーム真理教の村井が神戸大震災に関連してつぶやいていた地震兵器との関連も不明である。

テスラの発明の源泉であるが、テスラは意外なことを言っている。すなわち、自分は単に神の道具にすぎないというような発言である。これは、スピリチュアリズムで有名なシルバーバーチの発言と似ている。シルバーバーチによれば、人間の思いつくすぐれたアイデアというのは全て、霊界からもたらされたものである、ということである。しかし、テスラは、コナン・ドイルやオリバー・ロッジのようなスピリチュアリストではなかった。ただ、その湧き上がるようなアイデアはまるで、神がかりである。

テスラのほかの特徴は、生涯、ほとんど女気がないことである。若い頃は、そのイケメンの容姿で社交界で女性に人気を博していたそうだが、テスラは女性にほとんど心を動かされなかった。もしかして一生童貞だったかもしれない。性的不能者であったという噂もあるが、不明である。私は単に、関心のリビドーが発明の方に取られて、女性にあまり向かなかっただけだと思う。石原莞爾もそうだったし、井上成美も結婚して妻子があったが、病死で妻子と死別しても、ながらく独身を通した。

こうして素描しておいて、折に触れてテスラの業績の詳細を眺めることにする。

不満分子

| コメント(0) | トラックバック(0)

不満分子というのはなんともネガティブな日本語であるが、ここでは私は敢えて、それに肯定的な意味を添えようとしている。

すなわち、組織があって、うまくいく組織もあれば、最初からさっぱりうまくいかない組織もある。その理由は、環境のせいであったり、リソースの不足であったり、あるいは単に、拙劣なマネジメントのせいだったりするが、何にしてもフィードバックを入れて、施策なり組織構成なりを変更していかないと、時代遅れになってしまう。

ところが、優等生ばかりの組織では、諌言することが憚られる。差しさわりのない仲良クラブの気風が蔓延る。そこで必要なのは、不満分子の存在である。どこか斜に構えて、管理職からみて鼻持ちならないように見えたりする。しかし、不満分子の存在がないと、組織全体が緩慢なる死を迎えてしまう。それは病原菌が入ってこないと免疫ができず、結局とてもやわな体になってしまうことと似ている。

ただ、本当に組織にとって有害な不満分子というのもありえる。それは、自己中心性で動く不満分子である。要するに、会社を利用して、社外に名前を売ったり、隙あらば上位マネジメントと結託して、自分が管理職に就こうとする不満分子である。

不満分子とはもともとそのようなものではないか、と言うかもしれない。しかし、次のような例を挙げてみる。それは、ロシアのアンナ・ポリトコフスカヤである。ポリトコフスカヤは、チェチェン問題を始め、ロシアの暗部に探りを入れ、プーチン政権と鋭く対立するに至った。そして、秘密警察が跋扈するロシアにあって、暗殺されるのは時間の問題だったかもしれないが、ポリトコフスカヤは、プーチン批判の鋭い舌鋒に手加減しなかった。

すなわち、正義感が生存本能を凌駕してしまったのである。私はそういう正義感を無条件に讃えるものではない。むしろ、正義は地獄への道しるべであったりするからである。ただ、ロシア社会にあって、ポリトコフスカヤの存在はあまりに貴重な捨石であって、こういう人物が次々に輩出しないとロシア社会に光明は見えてこないだろう。

そこで、組織なり社会に必要な不満分子の特性を、アンナ・ポリトコフスカヤをベースに掲げてみる。

  1. まず、その第1の特性は、妥当な社会規範に基づき、活動していることである。異様な治安維持法のようなものが制定されると、どうしても合法的に活動することはできなくなるかもしれない。しかし、いわゆる理性に照らし合わせて妥当な行動をとっていることが必要である。
  2. 第2の特性は、生業をもっていること。アンナ・ポリトコフスカヤの場合は、ノーバヤ・ガセータ誌の記者であった。組織にあっては、きちんと仕事をこなしていることである。そういう条件がないと、他の人の支持が得られない。
  3. 第3の特性は、自己犠牲を厭わない、ということである。アンナ・ポリトコフスカヤの場合は、まさに命知らずなのであったが、そこまではなかなか要求されるものではない。しかし、組織にあってクビにされるくらいの覚悟は必要であろう。自己犠牲とまではいかなくても、少なくとも、自己中心性は最小限に留めるべきである。

このような条件を維持すれば、少なくとも名誉ある不満分子になることができる。それで何が嬉しいのかと問う人に、次のアンナ・ポリトコフスカヤの言葉を、上記の私のブログの記事から引用する。

私はよく悲観主義者と言われている。しかし、私には正の部分も負の部分も両方見える。国家統計委員会の人口統計予測には納得できない。このままでは、貧困層は医療費も払えず死ぬ。若者は戦争で死ぬ。反対する者は射殺される。貧困問題も、ドラッグ・アルコールの健康問題も放置され、国家当局はひたすら、自らの欲望を満たすことにしか関心がない。それを邪魔するのが健全な市民社会と信じ、その成立を阻止するためなら、あらゆる謀略の手段を選ばない。『楽観的な予測』を喜ぶことができる人がいるなら、そうすればいい。その方が楽だから。しかし、それは自分の孫への死刑宣告になる。

すなわち、究極の不満分子とは、自分への死刑宣告を甘受しても、子孫への死刑宣告をなんとしても回避しようとする人々なのである。

貧乏体験

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近大地震があったハイチにしても、アフリカの多くの国にしても、極貧生活で、電気、水などの生活の基礎的なインフラさえ享受できないようである。だから、私のささやかな貧乏体験を語るなど、おこがましいのだけれども、それでも、結構贅沢な暮らしをしている若い人達が、生活レベルを落としたくないと言っているのを聞くとつい、考えてしまう。

私が子供の頃貧乏だったのは、単に父親の稼ぎが少なかっただけであるが、しかし、当時ほとんどの人がそうで、特に私の家だけが貧しかった訳でもない。だから、引け目に感じるということもなかった。

ただ、貧乏暮らしの生活を更に圧迫したのは、私の小児結核である。結核といえば、1950年代後半の頃は、今の癌以上に死に至る病で、病気だった当の本人はまだ三歳の子供なので実感として沸かないが、普通に生活するのも大変な時期に、半端でない医療費がかかる子供の入院を強いられることは、さぞかし大変だったであろう。

そういう貧乏暮らしは中学卒業の頃まで続くので、今の平均的な若い人に比べると自分は貧乏暮らしを知っている、と一般的に言えるとは思うのだが、ただ、だから自分はいつでもまた、そこに戻れるのだ、といえるかどうかは微妙である。

例えば、極端な例かもしれないが、小室哲哉の場合、一旦悦楽奢侈に慣れてしまうと、質素な暮らしに戻ることに非常な困難を感じた。

で、思い起こすと、リーマンショックと小室哲哉、逮捕が相継いで起こったあたりから、焦りを感じた。これはまずい、確実にまた、貧乏生活が襲ってくる、と。それで、納屋から50年前のガラクタを探し出すように、必死で自分の深層に眠っている貧乏体験の記憶を呼び覚ますことにした。いや、呼び覚ます努力をすることにした。

その努力の一環が、百均生活の構想である。これを馬鹿馬鹿しいと思う人は、よほど確たる資産の保障があるか、過度に楽観的であるかのどちらであろう。大抵はまあ、前者であろうと信じる。

そうやって耐乏生活の可能性に対する備えをするうちに、想到したのは、実は耐乏生活に本質的なのは、感性である、ということである。その感性は、貧乏に耐える忍耐力というのは少し違う。希望をもつ勇気というのとも違う。

実はとても分かりやすい概念であるので、将棋の例で説明する。すなわち、貧乏になっても、盤と駒があれば、将棋は指せる。将棋を指すというと適当な相手が必要であるが、そんな簡単に適当な相手が見つかるとは限らない。そこで、ああ将棋も指せないのかと嘆いてはいけない。棋書などで棋譜並べすればいい。それも飽きたら、詰将棋でも作る。いささかの感性があれば、詰将棋創作だけからも膨大な時間の消費と、楽しみを引き出すことができる。

将棋に飽きたら、読書する。手持ちの蔵書を読み尽くしたら、古書店の100円コーナーに行く。たった百円でも、とても感性に訴える本を見つけることができる。

さらに窮乏して、将棋や読書もできないくらい体力が衰えたとしよう。すると、水だけ飲んで次第に衰弱していくよりない。それでも、社会に迷惑を掛けることは最小限に留めるべきである。こういう理由から私は、名誉ある餓死も視座に入れる。流石に餓死は苦しいだろう。だから、突然死は、神の恩寵なのである。また、従容と餓死に就ける人を私は、霊格の高い人と、称揚する。

こんな話を若い人にしたら、ばっかじゃないの、と相手にされなかった。当然か。そういうこともあるよね、と同意してくれるかどうか、その一点に感覚に、貧乏体験の有無が効いてくるようである。それで本当に今からの窮乏の耐えられるかどうか、それには別途の辛く長い、しかしある意味楽しい修行が必要である。

不条理

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、次のような痛ましい事件があった。

10日午前6時50分頃、宮城県石巻市清水町、南部かつみさん(46)宅に、同県東松島市、職業不詳の少年(18)が押し入り、南部さんの長女・美沙さん(20)ら男女3人を包丁のようなもので次々に刺した。

3人は病院に搬送されたが、美沙さんと20歳代とみられる女性の2人が死亡、男性(21)も肩を刺されて軽傷を負った。少年は、南部さんの次女・沙耶さん(18)を連れて乗用車で逃走しており、石巻署は殺人容疑で少年の行方を追っている。

なんということだ、しかも犯人は、石川遼と大して年齢も違わないと考えながら歩いていると、どこからともなく、それが不条理なのだ、と聞こえたような気がした。

それで私は、えっ、何が不条理なのだ、問い返したら、犯人の少年も、石川遼も同様に不条理なのだ、という。えっ、犯人はともかく、石川遼も不条理だって?と聞くと、ゴルフでの活躍自体が不条理なのだという。

すると、と私は聞く、先日の、自殺の疑いがあるオリックスの小瀬選手が転落死も不条理なのかと聞くと、なにを当然のことを聞くか、と答えはない。

そうだった、自分で先日、人生の可解性という記事を書いて、折角人生の可解性が、特異点のごとく湧き上がる幻想であることを了解したばかりなのに、すっかり忘れていた。

そういえば昔読んだ、アルベール・カミュの「異邦人」もまた、不条理がテーマだったが、あの小説は、カミュの意図かもしれないが、あまりにも生活臭のない不条理である。読後すっきりしなかった。すっきりする方が変かもしれない。

ともかく、こんなに世間に不条理が遍在しているのに、真剣にそれを思い起こすのは、佐世保銃乱射事件以来だったりする。そうでもないか。

里見香奈

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、里見香奈倉敷藤花が、清水市代女流名人を破り、女流二冠制覇となった。流れからして、多分女流名人を奪取すると思っていたが、流石に清水相手に三タテはないと思っていた。これで里見は最早、女流最強と言っても過言ではないだろう。以下、引用:

将棋の第36期女流名人位戦五番勝負の第3局が10日、東京・将棋会館で行われ、131手で挑戦者の里見香奈倉敷藤花(17)が清水市代女流名人(41)を破り、3連勝で奪取した。里見の女流名人獲得は初めて。元女流棋士の林葉直子さんの15歳、中井広恵女流六段の16歳に次ぐ史上3番目の若さで、女流将棋界で最も伝統のあるタイトルを手に入れた。

里見は倉敷藤花と合わせて2冠。10代での2冠制覇は、林葉さん(15歳で女流名人・女流王将)に次いで史上2人目だ。清水も女流王位・女流王将の2冠になった。

里見は第1局で三間飛車、第2、3局では得意の中飛車を採用。19歳で女流名人となって以来、第一人者として女流将棋界を引っ張ってきた清水を、力強い指し回しで圧倒した。

里見は森雉二九段門下で04年10月、12歳でプロ入り。08年に初タイトルの倉敷藤花を獲得し、09年は防衛した。島根県出雲市在住で、県立大社高校3年生。高校時代最後の大舞台で「目標にしていたタイトル」をつかみ、「プロになってからの約5年間は、あっという間だった。あこがれの清水さんと対局でき、さらに結果も出て、うれしい」と喜びを語った。【金沢盛栄】

この結果が意外でないのは、里見が若くして既に高い実績を挙げており、男性プロの間でも高い評価を受けているからである。例えば、男性棋士に混じっての前期の新人王戦で、新進気鋭の稲葉四段を破った。その後稲葉は、棋聖戦挑戦者決定戦まで進んだ。今期の新人王戦でも里見は、吉田正和四段に一回戦で勝ち、順当に行くと、次は気鋭の豊島四段に当たりそうである。男性プロに勝っても最早ニュースにもならない。しかし、流石に豊島四段に勝ったら別だが、それは無理かも。

結構辛口の先崎八段も、10秒将棋で勝てないと、里見の終盤力を褒めていた。10秒将棋なんて瞬発力だけだと馬鹿にする人もいるけど、なかなかどうして、結構棋力を反映したりする。清水から女流名人を奪った棋譜を並べてみたが、中盤多少綾があったが、終盤ぶっちぎりで抜き去った。

里見が好ましいのは、しっかり地に足がついているからである。例えば、高校を卒業しても故郷の出雲を離れないという。このあたり、地元の高知に根ざしていた師匠の森九段の影響か。地元に住んで、地元のファンから支援を受け、ときどき都会に出てきて男性プロの指導を受ければ、まだまだ強くなれるだろう。うまくいくと女流史上初の、C級2組の中くらい程度の棋力をもてるかもしれない。いや、いまでも既にそこに達しているか。

そういえば、上記に、林葉直子が引用されていて、15歳で最年少の女流名人になったとあるが、当時と今では、女流棋界のレベルか雲泥に違う。それでも、林葉は真面目に努力していたら、なんとか女流中堅クラスの力を維持していたかもしれないが、スパルタでエキセントリックであった父親との関係、超自己中の師匠である米長九段の影響などもあって、林葉は、すっかり堕落してしまった。中原十六世名人とのスキャンダルも、広義のハニートラップであった可能性がある。これで、誰が幸せになったか問うてみればいい。将棋の格はともかく、師匠の格としては、森九段は、米長九段よりも圧倒的に優れている。この森九段の教えに背かない範囲でやっていれば、里見のキャリアが、ぶれることはないだろう。

魔が差す

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊ゲンダイ2010年1月29日号に、心理学博士の鈴木丈織氏による「魔が差す」ことの解説があったので、私なりにまとめてみる。

「魔が差す」とはどういうことか。私なりの解釈は、疲労困憊、困惑、歓喜など、要するに心のポテンシャルが、普通の状態でなくなって、倫理的抑制が働かなくなり、半分無意識のうちに、犯罪を犯すというものである。「魔が差す」ことの典型的な犯罪は、痴漢と、万引きであるが、言ってはいけないことを言う、上司などに激怒する、お客さんに逆切れする、自動車のブレーキとアクセルを踏み間違える、必要もない高価なものを買ってしまう、思わぬ人と不倫関係に陥る、など無数のパターンがありえる。

それでは、心理学博士の鈴木丈織氏の定義はどのようか。

「〈ものの弾み〉は偶然の出合い頭の"事故"である場合が大半。それに対し、〈魔が差す〉は誰もが襲われる合理的な衝動のひとつです。両者は似て非なるもの。〈魔〉の誘惑はすべて、自分に都合のいい利己的な理由から生まれます」

この定義はちょっと抽象的すぎないか。そう思っていたら、鈴木氏は、次のような例で説明する。

■潜在的願望の衝撃的な発露としての行為=繰り返し思い立つことを後先考えずに実現したがる
これは、片思いの彼女に衝動的に迫ることなのだろうか、ちょっと例が思いつかないが。

■建前的につくり出した自己の仮面に対しての攻撃的な行為=こうあるべきと決め込んだ表情や立場に嫌気が差している
これは、上司からの指示などで延々と嫌な仕事をやってきたが、ついに限界に達して切れることか。

■意識的に継続された欲求の決意ある実践的な行為=願望ばかりが空回りしているが、今度こそは結果を出したい
これは、営業の人で、売上げが伸びなくてつい、コンプライアンス違反をしてしまうことか。

■認識していないストレスへの予防的な反動形成としての行為=気づいてはいないが、体に出る症状や疲労をなくしたい
これはちょっとどういうことなのか、想像できない。

■普通に抱く欲望に対して容認される判断と認識できた甘えの行為=このぐらいは許されるだろうと勝手に自己解釈する
そういえば、もう10年以上も前の冬の寒い日、散歩していて強い尿意を感じたことがあった。しかし、近くにトイレがなく、誰もみていないからと安易に考えてつい、どこかの家の門の近くで立小便したことがあった。すると、家の人は気付かなかったが、通りがかる車があって、運転していた人に、「こら、なにをやっているか!」と酷く叱られたことがあった。これも一種、魔が差したのかもしれない。

ところで、鈴木丈織氏が、魔が差し掛かっている心理を解説しているが、文責私で、それを纏めてみると、次のとおりか:

  1. 過去の恋愛や性的なことを回想しているモードにある。
  2. 過去の嫌な思い出に苛まれている。
  3. 普段そうでもないのに、KYに陥って、文脈ではありえないことを言っていまう。
  4. 精神的に引きこもりの状態にある。
  5. 名前を呼ばれても、上の空のことがある。
  6. いろいろアドバイスされることが、うざくて仕方ない。
  7. 打ちのめされている感じである。
  8. 未経験のことをやらなくてはならないが、どうしていいか分からない。
  9. 経験したこともない失敗に遭遇している。

それでは、魔が差しそうと感じたらどうするか、鈴木丈織氏は飲んで騒ぐ以外の発散方法を提示しないが、私は引きこもって自分の世界に浸るのがいいと思う。これは魔が差しそうな症状の一つでもあるので、逆療法か。読書は多くの場合、魔が差す気持ちに有効であった。そういえば、見合いで何度も断られてその都度不愉快なことがあったが、一番頭に来たのは、頭がおかしいのではとか余計なことを散々言われて断られたときである。あのときは、刑法的な犯罪を犯しそうになる一歩手前の心理状態までいった。そのときひたすら手許にあった本を読んだが、なぜか一番癒されたのは、中国の文化大革命の悲惨な歴史を書いた本だった。何が気休めになるか、実に非自明である。

別れさせ屋

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、別れさせ屋という商売があるという。

探偵業者が離婚工作などを請け負う「別れさせ行為」について、業界団体の社団法人・日本調査業協会(東京)が調べた結果、非加盟の約270業者がインターネットで依頼を募っていることがわかった。

「別れさせ屋」と呼ばれる業者には、人を陥れる手口に批判が強く、ネット検索サービス最大手「ヤフー」は2月から、別れさせ行為に関する広告の掲載中止を決めた。

東京地裁では、昨年4月、別れさせ屋の元工作員の桑原武被告(31)が、五十畑里恵さん(32)を離婚させた後、交際がもつれて殺害したとして、殺人罪などに問われ公判中だ。

警視庁などによると、桑原被告は2007年6月、IT企業に勤める独身の「ハジメ」と名乗り接近。2人でホテルに入る写真を別の工作員に隠し撮りさせて夫に渡し、離婚を成功させた。桑原被告はその後も交際を続けたが、探偵社を解雇されたトラブルがもとで里恵さんに離婚工作を知られて別れ話となり、激高の末、殺害したとされる。「人をもてあそぶ商売は許せない」と里恵さんの父親は憤る。

別れさせ屋とはなるほど、いかにもありそうな商売だし、その公告をヤフーが自粛する、というのも当然である。要するに、ハニートラップを仕掛けて目的を達成する商売なのだから、道義的な意味で、公的に許される訳もない。

この別れさせ屋とは、結婚関係、あるいは広い意味で恋人関係も対象範囲に含むのだろうが、さらに範囲を広げると、会社で辞めさせたい人や失脚させたい人、政治家をスキャンダルに陥らせること、など、そういう要望は沢山ありそうである。

また、手法も、ハニートラップ以外に、贈賄、収賄、詐欺、名誉毀損、社内規則違反に誘い込むなど考えるのも馬鹿らしいが、その手の知恵の廻る人には、考えるに造作もないことであろう。そういう意味では、米国でよく行われる囮捜査は、日本の感覚では、道義的にほとんどぎりぎりであろう。それは下手したら、別れさせ屋でなく、犯罪犯させ屋である。

別れさせ屋が卑劣なのは、人間の本来的な卑劣さに付込むからである。私は日々、自分を卑劣さから遠ざけるのに苦労している。欲望の泉から、濁った水を必死で掻い出している。それは一生の課題といってよい。そんな弱い人間なので、卑劣さに誘い込まれる機会を最小限にしたいと思っている。

微細な著作権侵害

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、神奈川県知事の松沢成文氏がその著書で、わずか一箇所の著作権侵害で訴えられたという。先月の記事であるが、以下、引用:

松沢成文・神奈川県知事の著書で著作権を侵害されたとして、ノンフィクション作家の山口由美さんが、松沢知事や発行元の講談社に、出版の差し止めや損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。

大鷹一郎裁判長は著作権侵害を認め、慰謝料など12万円の支払いと、該当部分を削除するまで販売しないよう命じた。

問題となったのは、松沢知事が、箱根の開発に尽力した人物にスポットを当て、2007年に出版した「破天荒力 箱根に命を吹き込んだ『奇妙人』たち」。登場人物が再婚せずホテル経営に力を注いだことについて、「ホテルと結婚したようなもの」と表現した点が、山口さんの著書「箱根富士屋ホテル物語」の表現と酷似していると認定した。

松沢成文事務所の話「一部敗訴したことは受け入れられないので即日控訴した」

これは要するに、引用箇所の著作物性と、出所の明示の問題であると思われる。ここでは、出所の明示はなさそうなので、「ホテルと結婚したようなもの」という言い方が山口さんの著書に酷似している、という点が、焦点となる。

しかし、「○○と結婚したようなもの」という表現は、かなりの程度慣用表現であって、これだけ見ると、裁判官の論旨は、根拠が弱いと思われる。

では、ここだけ見て裁判の趣旨は妥当性を欠くと言えるのかというと、何か裏もありそうに思われる。47NEWSのサイトをみると、より具体的には、松沢知事記述の「彼は、富士屋ホテルと結婚したようなものだったのかもしれない」との部分が、山口さん記述の「正造が結婚したのは、最初から孝子というより富士屋ホテルだったのかもしれない」の複製と指摘されているという。これを見ると一層、複製から遠いように思われる。というのは、松沢さんの記述は、原著の内容よりも、抽象的な言い方になっているからである。

こうして、著作権侵害の判決の理由に対する疑問は高まるばかりであるが、山口さんは他の箇所の著作権侵害も主張していたようで、すると、全体的になんとなく似た内容になっていたのを、裁判官は全体に著作権侵害であるという曖昧な言い方だと説得力がないと思ったのか、特定の箇所を引いて著作権侵害と理由付けたのかと、考えれば考えるほど、疑問は増すばかりである。

尚、個人的にはこのような微細な類似で著作権侵害だと訴える雰囲気も、これを認定する地裁のモードも私は好ましいとは思えない。それは素朴に言えば、私自身もいろいろな記事を引用してブログを書くからであるが、もっと一般的に言うと、折角特許権の方でソフトIPで、公共の福祉のためにある意味権利を弱める傾向があるのに、なぜ著作権の方は権利を強める傾向があるのか、とても疑問である。

ダメ上司論

| コメント(5) | トラックバック(0)

貞観政要の応用編という訳でもないのだが、たまたま、「ダメ上司論」山田咲道著、日経プレミアシリーズを読んでみた。今更新しいことが書いてあるとは期待しなかったが、意外に有意義な知見があったので、メモしてみる。

先ず、ダメ上司論の類型:

  1. 責任を負わされるのが嫌いで、すべて上に預ける、あるいは下に投げる。この手のタイプは結構いて、これほど存在に無意味さを感じさせる上司はいない。
  2. 無茶な仕事の割り振りして、職場を残業漬けにする。これも結構いる。酷いのになると、部下に仕事を押し付けておいてさっさと先に帰宅してしまう。
  3. 経営方針には面従腹背で、部下を空しい権力闘争に引き込む。これは私の身近にはいたことがない。
  4. 他人に無関心で、管理ができない。自分で決められない。これはある意味、「責任を負わされるのが嫌いで、すべて上に預ける、あるいは下に投げる。」と共通する。
  5. 自分のやり方が絶対だと思い込む。
  6. 自分で勝手にやってしまう。私が昔、ある程度そうだったかも。
  7. 必要以上に、現場に同化してしまう。これも、私が昔、ある程度そうだったかも。
  8. 絶対君主制を敷く。そういうのか実は意外にいる。そういう上司がのさばると、部下は次第に思考停止に陥り、まともに考えるものがいなくなる。
  9. 単に順番で、上司になる人。これはそんなに悪くもないのかも。ただ、単に古参なだけでやたら無能な人が上司になったことがあった。そのときは、上長が優れた人で、直ぐに別の適任の人に変更した。
  10. 偏狭なプライドを振りかざし、直ぐに切れる人。これもときどきいる。それでも、きちんと責任をとってくれるなら、「責任を負わされるのが嫌いで、すべて上に預ける、あるいは下に投げる。」よりは若干、ましなんだけど。
  11. 派手な仕事にしか目がいかない。これも結構いる。特に、中身がなくて、上長の引きだけで抜擢された人にそれが多い。スタンドプレーを続けていくことが実績だと思っている。
  12. 不作為の上司。部下からのメールを無視し、何もやってくれない上司。結構いるよね。

実は、上記の欠点は、いくらでも加重的に存在しえる。だから、理論的には、上記すべての特性を備えたダメ上司というのがありえる訳で、考えるだに恐ろしい。

では上司はどう振舞うべきか、ということになると、基本は、

貞観政要にもあるように、「現場の正確な情報を入手する」ことと、「多くの人のアドバイスを受ける」ことである。

私はかつて、決してよい上司でなく、部下から随分厳しいことも言われたが、少なくとも、先輩、同僚、部下など多くの人のアドバイスを受けてきた。あれがなかったら、もっとどうしようもない上司であったことは間違いない。

この本で面白いのは、一流の人は「ただのおっさん」的雰囲気に溢れているという指摘である。そういう意味では、私はなんとか地のままの「ただのおっさん」性を醸しだそうとしたが、どうしても余計な見栄がもたげて、どこか、気取っていた。確かに、本当の一流の人は、もともと偉いのだから気取る必要はない。

また、筆者は、公認会計士でもあるせいか、地道な管理の重要性を説く。こういう地味な積み重ねこそが利益を生むということである。

かくして、ダメな上司への道は多様で且つ安易で、立派な上司への道はシンプルで且つ難しいという、ある意味当然の命題で、この稿を終える。

最年少プロ棋士

| コメント(4) | トラックバック(0)

共同通信によると、プロ棋士の最年少記録が更新されるそうである。以下、引用:

日本棋院は6日に終了した囲碁の棋士採用試験女流本選で、藤沢里菜さんが1位となって4月1日付での段位取得を決め、史上最年少の11歳6カ月でプロ棋士になると発表した。藤沢さんは故藤沢秀行名誉棋聖の孫で、父は藤沢一就八段。これまでの最年少記録は1968年の趙治勲(現25世本因坊)の11歳9カ月。女流棋士では、2004年にプロになった謝依旻(現女流3冠)の14歳4カ月だった。

なるほど、囲碁の方かと納得である。囲碁は初段からがプロで、四段からがプロと言われる将棋とは大きく制度が異なる。将棋の最年少プロ棋士は、神武以来の天才、加藤一二三で、14歳、次に同じく14歳で谷川浩司、それから15歳で羽生善治、渡辺明と続く。

このように将棋の方では、若くしてプロになると、ほとんど間違いなく一流プロになっている。囲碁の方でも、今まで最年少プロ棋士記録をもっていた趙治勲も、紛れもなく一流棋士である。すると、藤沢里菜さんも、女性とはいえ、謝依旻をも凌ぐプロになる可能性が期待される。

別の記事によると、去年の4月に日本棋院に院生として入会し、三回目の挑戦でリーグで6勝2敗の成績をあげ、見事初段試験を通過したという次第である。このあたりの制度は、囲碁のプロ登用システムに以前メモした。父は藤沢一就八段といっても、指導は主として、元アマ本因坊のホン・マルグンセムさんに教わり、めきめき力をつけた。尚、ホン・マルグンセムさんも去年の10月に、晴れて関西棋院で試験碁を打ち、プロ初段になった。するといずれ、「師弟」対決もありえるかもしれない。

ところで私は、最強の親子に書いたように、親子の才能の遺伝というのをあまり信じない。しかし、やはり故藤沢秀行名誉棋聖の孫という血筋は、争いがたいものがあるのだろうか。ともかく、もし秀行先生がご存命なら、このニュースにさぞかし、細い目をさらに細めて、喜ばれたに違いない。

藤沢里菜さんの碁風は、地に辛い碁で、祖父の藤沢秀行名誉棋聖とは異なると、本人は言う。だから、祖父の碁も並べたことがないという。このあたりは、秀行先生も苦笑いだろう。

ソフトウェアの進化

| コメント(4) | トラックバック(0)

普段からぼんやりといろいろなことを夢想するのが趣味のようなものであるが、頭に浮かぶどんなに荒唐無稽なアイデアでも、とりあえずは、それもありえるのではと一旦は思うようにしている。そうしないと、アイデアは進化しない。

しかし、これだけは誤解であってほしいと思う考えがあって、それは、コンピュータのソフトウェアはここ20年本質的に進化しておらず、進化しているように見えるのは単に、ムーアの法則で支配される、ハードウェアの進化の肩に乗っかっているにすぎない、という考えである。

私が独学というか趣味でコンピュータを学び始めたのはほぼ30年前で、その頃はまだ、パソコンは8ビットCPUで、主記憶は典型的には32KB、クロックも4MHzくらいでなかったか。ハードディスクはまだパソコン用にはなく、フロッピーディスクはあったかもしれないが、高価すぎて一介の貧乏サラリーマンには購入は無理で、テープを使っていた。もちろん、マルチタスクや仮想記憶なんて、パソコン上ではありえない。

ところがどっこい、プリエンプティブなマルチタスクも、仮想記憶も、コンピュータ間通信も、1960年代、アポロ計画の初期の頃というか、東京オリンピックの頃には揃っていた。IBMのシステム360である。そのシステムの構築に、当時のIBMは全知全能を傾けた。

しかし、そのようなシステムを構築するのは、非常に高価なハードウェアが必要で、だから、パソコンが貧弱なシングルタスクであったのは、技術的にというよりもリソース的に、メインフレームのような技術を、そこに移殖することが不可能だっただけである。

実際、現在のWindowsのGUIであるマルチウィンドウとポインティング・デバイスのインターフェースも、エンゲルバートと、アラン・ケイによって、なんと1970年代前半に完成されていた。

また、GUIプログラミングの基礎を与えるオブジェクト指向プログラミングも、1970年代のSmallTalkあたりから揃っていた。

だからパソコンは、非常に簡単化して言うと、既に要素技術のお膳立ては出来ているので、あとは、ハードウェアの進化を待てばいい、というところだった。尤も、既存の要素技術を、マイクロコンピュータ上で実現することは半端ない、大規模農地潅漑的な苦労が必要だった。そのあたりは、ディビット・カトラーがWindows NTを開発した経緯が書かれている「闘うプログラマー」日経BP社、G・パスカル・ザカリー著, 山岡 洋一翻訳に詳しい。

もっと言うと、マイクロソフトが先進的OSと謳うWindows 7が拠って立つマイクロカーネル技術は、1980年代には完成されていた。例えば、オペレーティングシステム (岩波講座 ソフトウェア科学) 前川 守著は、1980年代後半で、パソコンが産声をあげた頃の本であるが、そこには、OSのマイクロカーネル技術が詳説されている。

そこで私は再び問うのである、ソフトウェア技術のブレークスルーは、ここ20年来ほとんどないのではないかと。もしあるとすれば、進化するハードウェアの肩に乗っているものだけだ、と。

そこで私は次のような命題を提示する。ソフトウェア技術が停滞しているように見えるのは、それが純粋に論理的概念であるからである、というものである。この言い方が分かりにくければ、純粋ソフトウェア技術なるものは実は、数学の親戚であって、数学と似たような発展方法をとる、ということである。すると、思い起こしてほしいのは、フェルマーの定理の証明に300年もの期間を要した、ということである。ポアンカレ予想は幸いにして100年で解かれたが、リーマン予想は150年たっても難攻不落のように見える。

例えば、ソフトウェア科学の巨人、エドガー・ダイクストラが構造化プログラミングの概念を提唱してほぼ40年が経つが、今使われているプログラミング・スキームは、オブジェクト指向の装いはしているが、結局、構造化プログラミングのパラダイムから一歩も出れていないように見える。

それを徒に嘆くことなく、数学のように息の長いものであるとみなすことにより、ソフトウェア科学の漸進的な進歩を期待しよう、今そう思いはじめているところである。

iN細胞

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、米スタンフォード大の研究チームが、iPS細胞ならぬ、iN細胞というものを作製したという。以下、引用:

マウスの皮膚の細胞に三つの遺伝子を導入し、神経細胞を作り出すことに米スタンフォード大の研究チームが成功し、この細胞を「(人工的に)誘導された神経細胞」を意味する「iN細胞」と名付けた。ES細胞(胚(はい)性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)のようにどんな細胞にも変化できる「万能細胞」を使わず、体細胞から直接、形質が全く異なる細胞を狙い通りに作成した成果として注目される。27日付の英科学誌ネイチャー(電子版)で発表した。

研究チームは、神経細胞のみが光るように遺伝子改変したマウスの胎児の組織や新生児の尾から、皮膚中でコラーゲンなどを作る「線維芽細胞」を採取。神経細胞への変化に関係する19の遺伝子のうち三つをウイルスに乗せて導入すると、5~8日で光る細胞ができ、神経細胞として働くことが確認された。

iPS細胞を作成するには数週間かかり、神経、筋肉、心筋などの目的の細胞に分化させる必要がある。移植の際に分化しきっていない細胞が混じればがん化する可能性もある。一方、今回の方法はiPS細胞を使う場合に比べ、より簡単かつ短期間でできる。さらにiN細胞はそれ以上変化しないため、がん化の可能性も低いと考えられるという。

チームの一員で同大再生医学研究所のリサーチアシスタント、国分優子さんは「将来的には、患者本人の細胞からがん化の可能性や移植時の副作用が少ないiN細胞を作成することで、移植治療の臨床応用の可能性を広げることができるのでは」と話す。【須田桃子】

この研究は、iPS細胞とは全く異なる技法により、形質が全く異なる細胞を狙い通りに作成した点で、画期的である。また、幹細胞研究のメッカ、ハーバード大でなく、スタンフォード大発の研究であることも興味深い。

特許的にも、この技法は、iPS細胞の基本特許の権利範囲に全く入らない。すなわち、そもそもが、誘導多能性幹細胞を作製する方法ではないし、細胞に導入される遺伝子も、神経細胞への変化に関係する19の遺伝子のうち三つということで、iPS細胞に変化させるための4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2とは異なるはずである。

この方法の問題点は、細胞を何に変化させるかに応じて、導入させる遺伝子を注意深く選ぶ必要がある、ということであるが、iPS細胞でも、どの目的細胞に誘導するかコントロールするのは容易ではないはずで、新たな技術の選択肢が広がったということになる。当然、ハーバード大は手を拱いていないだろうが、日本でも、京都大、慶応大、そして、熊本大学発生医学研究所あたりが頑張ってほしいものである。

朝青龍の引退

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comに、引退を決めた横綱・朝青龍と、師匠の高砂親方の一問一答があった。特に、朝青龍のパートを抜き出すと、以下のとおりである。

朝青龍 えー、本日をもって皆様方に大変ご迷惑をかけ、また日本相撲協会にも大変ご迷惑をかけ、報道陣にもねえ、大変騒がしい、そういう意味で私は責任をもって引退をしました。

――横綱いまの心境?
朝青龍 そうですね、まあ、何にも考えてはいません。はい。もう。

――引退を決心したのいつ?
朝青龍 師匠と話し合いをして、引退ということを考えました。

――どういう話し合い?
朝青龍 思い深いし、横綱の責任を感じて、みなさまがたに大変ご迷惑をおかけしたことに対して、心のなかで思います。

――きょう来る前、もしかして引退という気持ちあった?
朝青龍 正直、この騒ぎ、精神状態がどうなるんだと思っていたけれど、メディアで流れてることと、実際起こしたことはかなり大きな格差あったんで、最後まで様子みましょうという気持ちで待っておりました。最後はやっぱり、そういう意味できょうは引退ということを考えた。

これを見ると、朝青龍はまだ、どうして辞めなくてはならないか、腑に落ちていないようである。しかし、どうも親方や相撲協会の理事、横綱審議会からの勧告などが押し寄せてきて、半信半疑で、そうか辞めなくてはならないのか、と怪訝な気持ちで、それで、「まあ、何にも考えてはいません。」ということになるのかもしれない。

ところで、今朝の朝刊をみてなるほどと納得することがあった。それはあるウランバートル市内の女性の談話で、「モンゴルの男性は普段おとなしいけど、酒を飲むと暴れたりする。モンゴルでは酔っ払って殴ることもよくあるし、次の日は仲直りする。」とあった。すなわち、朝青龍のしたことも、せいぜいが無礼講である、と言いたげである。もしそういう文化があるなら、上記の朝青龍の談話も納得できる。ただ、同じモンゴル出身の白鵬は、特にスキャンダルを起こしていないので、郷に入って郷に従った者と従わなかった者の差がもろに出たと思われる。

一方、朝青龍の父は、名誉ある引退だと息子を讃えつつ、日本の相撲界は、次々と息子が記録を更新していくことを恐れていたのではないか、という。苦笑を禁じえない親ばかであるが、まあ悔し紛れにそれくらいのことを言うのは、許容範囲だろう。

個人的には、朝青龍はどこか憎めない。相撲観戦で、私が声援して、こちらを向いて手を上げてにっこり笑ってくれた唯一の力士だったからである。そういう愛想のよさがあるが、やはり思慮を欠いたことは否めない。ここは日本なのである。あのような蛮行をして、やはり、横綱が相撲界にサーバイブできる訳がない。妙なあがきは、一層名を汚すことに貢献しただけである。

ラピアクタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、塩野義製薬が、国内で初めて開発されたインフルエンザ治療薬「ラピアクタ」を発売するという。先月の記事であるが、以下、引用:

塩野義製薬は26日、点滴のインフルエンザ治療薬「ラピアクタ」を27日に発売すると発表した。国内開発のインフルエンザ治療薬は初めてで、3月末までに約70万人分を供給する。飲み薬のタミフル、吸入薬のリレンザに次ぐ第3の治療薬で、新型を含むA、B型インフルエンザが対象。5日間投与するタミフル、リレンザと異なり、通常は点滴で1回(約15分間)の投与で済む。人工呼吸器を装着する重症患者にも使いやすく、治療薬選択の幅が広がる。

世界初の販売となるため、塩野義はすべての患者に副作用調査を行う。小児用も年度内に厚生労働省に製造販売承認の追加申請する準備を進めている。

塩野義が米国のバイオベンチャーのバイオクリスト社から日本での開発・販売権を取得し、07年から開発を進めてきた。09年10月に厚生労働省に製造販売の承認申請をし、今月13日に承認を取得した。申請から承認まで通常は1年程度かかるが、新型インフルエンザの流行を受けて同省が優先審査品目に指定し、短期間で承認した。【久木田照子】

飲み薬でなくて点滴というのは、自宅で実施できないのでちょっと不便であるが、1回(約15分間)の投与で済むというのは、メリットである。人工呼吸器を装着する重症患者にも使いやすい、というのも利便性がある。これは、うまくいくと、いろいろと問題も報告されているタミフルの代替になりえるが、副作用のない薬はないので、投薬事例を注意深く観察する必要がある。

◇タミフルより「効果が顕著」--メーカー臨床試験
90年代に登場したタミフルは近年、耐性ウイルスの出現が問題となっている。今回の新薬はタミフルと同じく、ウイルス表面にある酵素の働きを邪魔することで、感染が広がらないようにする。長崎大病院の河野茂病院長(呼吸器感染症)は「タミフルの作用する酵素が1カ所なのに対し、新薬は3カ所で作用するため、より効果がある」と話す。

新薬について塩野義が行った臨床試験では、発熱患者への24時間の効果はタミフルよりも顕著だったという。

また、飲まずに点滴で静脈に直接投与するため、河野院長は「消化器系の副作用も少ない」と説明する。【高野聡】

この記述からすると、ラピアクタも基本的には、ノイラミニダーゼ阻止剤のようである。そう思って以前自分で書いた抗インフルエンザ薬を記事を読み直してみると、そこには、「塩野義製薬のペラミビルもまた、NA阻止剤であるが、注射薬で約15分の投与を行なう。」とある。すると、ペラミビルというのは、実は、ラピアクタと同じものなのだろうか。Wikiをみると、どうもそうらしい。

しかし、分からないのは、長崎大病院の河野茂病院長の「タミフルの作用する酵素が1カ所なのに対し、新薬は3カ所で作用するため、より効果がある」というメッセージである。というのは、明らかに新薬開発の専門家であると思われる人が書いているブログを拝見しても、その薬理は分からない。1カ所がノイラミニダーゼ阻止だとして、他は何なのだろうか。なお、そのブログの次のような内容は、興味を引く。

ペラミビルの次を狙っているのは、第一三共のノイラミニダーゼ阻害薬CS-8958(吸入薬、第3相臨床試験実施中)、その後は富山化学のRNAポリメレース阻害薬(ウイルスの増殖を止める薬、飲み薬、第2相臨床試験実施中)。

この事情は、AIDSの治療で言及したダルナビルエタノール付加物も同様で、すなわち、一般的にウイルスは次第に薬剤耐性を獲得していくので、製薬会社は、既知の病気に対しても、次々に新薬を開発する意味があるということである。このことが、研究開発投資で述べたように、製薬会社が、自動車会社とともに、研究開発投資額で上位に並ぶということに対応する。

全く専門外であるが、薬品開発のめくるめき世界をちょっと眺めてみたくなった。

次ステージの構造

| コメント(2) | トラックバック(0)

このタイトルにおける次ステージとは、何ぞや、と疑問をもたれる方もいると思う。これは実は、非常に抽象的且つ単純な概念なのであって、あるステージの次のステージのことを言おうとしているに過ぎない。

例を挙げると、例えば、今、大学受験している高校生だとすると、大学に進学することが次ステージであり、大学に在学していて就職しようとしているなら、どこかの企業に入ることが次ステージである。帝政ロシアで革命活動しているレーニンにとって、共産主義国家が次ステージである。

それでは、次ステージの構造とは何か。ここでいう構造も抽象的概念であるが、例えば、これに尽きている訳ではないが、組織階層であり、風習であり、文化であり、構成員であり、さらに上位ステージへの接続である。

以上の準備の下に、次のような命題を言い立てる。すなわち:
人類の意識にあって、次ステージの構造は全く意識されないか、または可能な限り、単純化されて意識される傾向にある。

例えば、大学受験生にとって、希望の大学に合格することが肝要であるが、大学に受かった後、どのような授業があって、どのような大変なことが待ち受けているのか、ほとんど考えない。合格しさえすれば、薔薇色の日々が待ち受けていると希望を抱くが、合格後、そのような日々がどれほど続いたか、多くの人は思い起こし、苦笑を禁じえないだろう。

結婚を夢見る恋人同士は、次ステージとしての、一緒に暮らせる日々を焦がれて待つ。しかし、実際に結婚して暮らし始めると、生活の「構造」に否応なく晒される。典型的には、親戚付き合い、会社でリストラ、病気、趣味の不一致、浮気、など。

また、次ステージへの想像力を欠く共産主義革命家たちが政権を握って、どれほど悲惨な施策をとったことか、スターリニズム、文化大革命、ポルポトなど、挙げる例に困ることはない。

さて、この世に生きる我々にとって、次ステージとは、もしあるなら、「あの世」である。そんなものあるものか、と冷たい視線で私を見つめる人もいるだろう。しかし私は問う。過去、さまざまなステージを経て、個々のステージの構造に晒されて苦悩し、ときには歓喜もあったろうが、ともかく進んできて、どうして今が最終ステージであると自信をもって言えるのだろうか。あるいは、どうしてステージが有限であると言い切る自信があるのか。

するとキリスト教徒は言うかもしれない。次ステージとは、神の審判を経た後の世界である、と。現世での行いに従い、ある人は神の裁きにより永遠の楽園に生き、ある人は地獄に落とされて永遠の業火を受ける。

ちょっと待て、次ステージはそんな乏しい、二分法の構造しかもたないのか。今までの人生を想起してみてほしい。ほとんどあらゆる場合に、次ステージは、前ステージよりも複雑な構造をもっていたのではないか。どうして、神の審判を経た後の世界が、そんな単純な構造であると断言できるのか。

次ステージ単純化の思い込みは、自爆テロで死ぬと酒池肉林の楽園にいけると吹き込まれるイスラム過激派にも、単純に念仏を唱えるだけで、極楽浄土にいけると説く念仏宗にも引き継がれる。

もっとも甚だしいのは、死ねばすべて終りと自暴自棄になる物質主義者か。

以上、冗言を並べてきたが、私の提案は甚だささやかであって、それは、現ステージにあって、折に触れて次ステージの構造を想像してみよう、ということだけである。もしかして、それは現ステージの構造よりも豊富であろう、ということも。

アミノ酸

| コメント(2) | トラックバック(0)

アミノ酸がタンパク質の原料であることは流石に知っているが、もう少し詳しい情報が知りたいと思っていたら、ファンケルの情報誌である「元気生活」に、新潟大学門脇教授の解説があったので、メモしてみる。

先ず、人体に使用されるアミノ酸は、以下の20種類である。

  1. アスパラギン
  2. メチオニン*
  3. アスパラギン酸
  4. フェニルアラニン*
  5. システイン
  6. プロリン
  7. セリン
  8. イソロイシン*
  9. アルギニン
  10. ロイシン*
  11. グルタミン
  12. バリン*
  13. グルタミン酸
  14. トリプトファン*
  15. グリシン
  16. スレオニン*
  17. チロシン
  18. ヒスチジン*
  19. アラニン
  20. リジン*

上記のアミノ酸のうち、*をつけたものが、必須アミノ酸と呼ばれる。すなわち、体内で合成できないので、食物として摂取しなくてはならないアミノ酸である。その他のアミノ酸は体内で合成できるので、非必須アミノ酸と呼ばれるが、最近の研究では、非必須アミノ酸も、決して重要性で必須アミノ酸に劣らないことが分かってきた。このあたり、体内合成で述べたこととの関連性を窺わせる。

なお、必須アミノ酸は、マグロ、豚ロース、卵、チーズ、納豆などから摂るのがよいとされているが、純粋ベジタリアン食の場合、本当に間に合うのだろうか、とちょっと怪訝てある。ただ、インドの純粋ベジタリアンが短命とも聞かない。大豆などの豆類が、必須アミノ酸を一手に担っているのだろうか。

進化論的に面白いのは、進化の位階の上位にあるほど、必須アミノ酸が多い、すなわち体内で合成できないアミノ酸が多いということである。解説によると、必要なアミノ酸の一部を外部委託することにより、進化の多様性が広がったというのだから、なにやら、水平分業の議論と似ている。

さて、アミノ酸の役割は決して、タンパク質の構成要素に留まらない。典型は、神経伝達物質に寄与するグルタミン酸である。その他に、チロシンから作られるアドレナリンやノルアドレナリン、トリプトファンから作られるセトロニンがある。また、グリシンは、グルタミン酸と同様に、神経伝達物質を構成する。グリシンはまた、アルギニンとともに筋肉の収縮に関与する。

セリンは、脳に大切なリン脂質であるホスファチジルセリンの一部を構成する。

アルギニンとグルタミンは、免疫などの生理機構に関与する。さらにアルギニンは、ホルモンなど内分泌系への作用や、循環系への作用、アンモニアの代謝に関わる。グルタミンはさらに、消化管や腸管のエネルギー源になる。

アラニンとグルタミンは、肝臓でのアルコール代謝を促進する。アラニンとグルタミンの本来の機能は、体がエネルギー不足になったときに、グルコースを作り出すアミノ酸である。

グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンからなる成分であり、解毒作用、酸化ストレスの低下、老化予防など多くの作用をもつ。

ロイシン、イソロイシン、バリンは、筋肉を構成する代表的なアミノ酸であり、筋肉疲労を緩和する効果がある。

皮膚の表面を包む角層の主成分は、セリンなどのアミノ酸である。また、コラーゲンを構成する代表的なアミノ酸は、グリシン、アラニン、プロリンなどである。

このように、アミノ酸の代謝は必須であり、その代謝回転量は、一日250g/体重60kgである。もし摂取するアミノ酸が少ないと、筋肉、毛髪、肌などのアミノ酸を分解して、補う。

このように、あまりにも当たり前かもしれないが、どのアミノ酸も、人体の生理にとって本質的である。

ミスキャスト

| コメント(4) | トラックバック(0)

ミスキャストとは、本来は劇や映画などで、役に不適切な俳優を割り当てることであるが、ここではもっと一般的に、ある地位に、相応しくない人が就くことをいう。

そこで組織を眺めてみると、いかにミスキャストのオンパレードか、うんざりするほどである。例えば、人事のリスクに書いたとおりである。そんなの当たり前だと言われるかもしれないが、そこを敢えて、なぜミスキャストが頻発するか、考察してみる。

  1. 一番多い原因は、その地位の適性とは違う特質または機能で選んでしまうことである。例えば、創造性を要求されるマーケッティングの人材を、単に学歴で選ぶ、英語力で選ぶ、秘書を単に容姿で選ぶ、などである。
  2. 次の原因は、属人指向で決めることである。要するに、適性を全く無視して、彼をこの役割に就けよう、などというものである。単に出世階段を昇らせるためである。これもよくある。属人指向の原因は、学閥、同郷、個人的相性、趣味の一致、家族の付き合い、恋愛関係、あるいは、これらの複合である。
  3. 次の原因は、能力や適性の読み間違いである。彼はこれが得意だから、この地位に就けようと上司が判断するのだが、全く違っていたという場合である。これもよくある。特に、自己宣伝が得意な人がいると、上司が騙されやすい。
  4. 次の原因は、本人の意欲に引き摺られるケースである。是非これをやらせて下さい、と熱意をもって訴えられると、そうかそこまで言うかと、つい意欲を能力に読み間違えてしまう。
  5. 次の原因は、驕りである。ある地位に就いて、最初は一生懸命努力する。適性もある。しかし、次第にその地位にあって権力を握ることで、驕りが出てくる。人の意見を聞かなくなる。勉強しなくなる。権力を振り回して、なんとか楽をしようとする。こうして、最初はそうでなくても、次第にミスキャストの様相を呈してくる。これもよくある。
  6. 次の原因は、病気や怪我である。特に、若年性認知症などに罹ると、どんな地位であれ、ミスキャストは避けられない。果たして、若年性認知症の方が適性を発揮するような地位があるだろうか。その会社を駄目にする目的で派遣される役員? そんなの聞いたことがない。
  7. 次の原因は、その地位の重要性を軽視して、適当に決めてしまうことである。この仕事だから、まあ、彼でもいいか、などという決め方である。ところが、その仕事が意外に重要だったと後で分かり、不適切な人材が困った事態を引き起こすことがある。

これで尽きているとは思えないが、一応網羅したのではないだろうか。それでは、ミスキャストは避けられるだろうか。否、無理である。将棋の羽生名人でさえ、悪手を指すことから逃れられない。そこで、対策は次のとおりである。

  1. 人材の登用の際には、目利きの人に相談する。書いてみると当たり前だが、駄目な管理職ほど、他人に相談しない。すなわち、人事権は管理職の権限であるが、相談することは、権限を減らすのだ、くらいに考えている。
  2. 就ける地位を、短い任期にする。そして、任期の終わりに実績を見直して、問題がなければ更新するようにする。これは重要で、普通の組織では、人材登用責任者が決断しない限り、一旦ある地位に就けた人は、余程不適切でないと降ろせない。また、降板を申し立てる制度もない。これを悪用して、地位にあぐらをかく人が、いかに多いことか。
  3. 人材登用責任者が現場主義に徹する。それによって現場感覚が身につき、人材の登用の際に、より適切な判断ができるようになる。私はもともと、かなり実務経験を積んでいたのに、管理職になると、他人の実務の質に対する判断が的確にできなくなった。現場主義が足りなかったか。
  4. あと、目下検討中の地位の、組織全体における意味をきちんと考え直す必要がある。これが案外、基本かも。

暴行はウソ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツWebによると、被害者側が「暴行されたと言ったのはウソ」などの文面にサインした書類が日本相撲協会に提出されるという。一体、どういうことか。

横綱朝青龍(29=高砂)の暴行騒動はなかった!? 初場所中に知人男性に暴行したとされる問題で、被害者側が「暴行されたと言ったのはウソ」などの文面にサインした書類が日本相撲協会に提出されることが1月31日、分かった。警察が事情聴取を検討し、協会からも「解雇」などの厳罰が必至な窮地に、暴行自体を否定する急展開。だが、被害者側の謎めく"変心"には多くの疑問が残る。朝青龍はこの日、元前頭潮丸の東関親方の引退相撲に参加したが、2日続けて無言。一方で、2人の個人マネジャーは警察に事情聴取された。

土俵際での、うっちゃりなのか。四面楚歌(そか)の朝青龍が、驚くべき手を用意していた。初場所中に殴ったとされる知人男性が、ここにきて暴行を否定してきたのだ。協会関係者は「協会に、相手が『暴行されたと言ったのはウソ』と認めた書類を出すようです」と明かす。前日30日には警視庁麻布署が事情聴取を検討。横綱審議委員会の鶴田委員長も「引退勧告」を示唆している。がけっぷちの状態で、まさかの展開だ。

師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「明日の理事会で『同意書』みたいなものを見せます」と話した。弁護士を通じ、この日までに被害男性との「同意書」を作成。2月1日に行われる新理事最初の「理事会」で説明する。横綱による一般人への暴行騒動で、クビ覚悟の状態。「暴行はなかった」となれば、情勢は大きく変わる。

被害者の主張が180度変わった。謎の変心ぶりには、多くの疑問が残る。暴行がなかったのなら、なぜ最初から言わなかった? 成立したと言っていた示談は何についてか? 被害者はなぜ鼻の骨を折り、なぜ警察に相談に行ったのか...事情聴取や解雇がちらつくタイミングでの急展開だ。関係者は「示談金は1500万円以上らしい」と明かすだけに、朝青龍サイドから何らかの働きかけがあったとも疑われる。

当の朝青龍は元前頭潮丸の東関親方の引退相撲に参加した。問いかけには無言を貫き、役員室では高砂親方や同じ高砂一門の九重親方(元横綱千代の富士)らと10分間、話し込んだ。高砂親方は「どういう経緯だったか、もう1度調べた。本人は酔っていて覚えていない。殴った記憶はない、という感覚にしか取れない」と説明した。

暴行が発覚した21日、個人マネジャーの一宮章広氏が相手だと名乗り出た。高砂親方は「1つだけ言えるのは、(マネジャーの)一宮が『自分が殴られた』と言ったことが大きな間違い。わたしと朝青龍が虚偽の報告をしたことはない」と話す。ただ、朝青龍は翌22日に「そのとおり」と、一宮氏が相手だと言っている。なぜ暴行の事実がないのに、マネジャーを殴ったと言うのか。これまでの発言の矛盾が、あちこちに起きることになる。

これはどうみてもおかしい。というのは、被害者が、殴られたわけでもないのに、殴られたと一旦言うわけもないし、本当に殴られたのに、実は殴られなかったと虚偽の文書を提出するのもおかしい。

すると、朝青龍側が、このままでは引退に追い込まれること必至と、被害者に対する示談金を上積みするなどして、暴行がなかったことにしてほしいと依頼したのか。

また、一旦自分が殴られたと証言したマネジャーが、あれは嘘でしたといえば、周りがああそうですか、と納得するのか。被害者が、朝青龍が殴ったの思ったのは勘違いで、あれは私が道で転んで勝手に鼻の骨を折ったのです、といえば、やはり、周りがああそうですか、と納得するのか。このままだと、朝青龍側は下手したら、余計に事態をややこしくするのではないか。マネジャーは基本的に朝青龍に忠実なので、何か朝青龍が不祥事をしでかして、それを庇うためにああいう発言をした、と思うよりないではないか。

もしかして、今日予定されている日本相撲協会の理事選にも関与した動きかもしれないが、もし日本相撲協会がきちんとした対応をとらず、臭いものに蓋で、なあなあでこの問題を収めようとしているなら、病膏肓に入ったというべきであろう。

粘菌ネットワーク

| コメント(6) | トラックバック(0)

産経新聞Webに、粘菌に関する興味深い記事があった。以下、引用:

脳や神経を持たない単細胞生物の粘菌がつくるネットワークをもとに、人間社会の交通網や情報ネットワークの最適化にもつながる理論モデルを構築することに、手老(てろう)篤史・科学技術振興機構研究員らの研究グループが成功した。22日発行の米科学誌「サイエンス」に発表した。

研究グループの手老研究員や中垣俊之・北海道大准教授、小林亮・広島大大学院教授らは、「迷路を解く粘菌」の研究で、2008年に「イグ・ノーベル賞」を受賞している。

実験に使ったのは、「モジホコリ」という真正粘菌。複数のエサを見つけたときに形成する栄養輸送ネットワークに着目し、輸送効率や迂回(うかい)ルートなどの機能を解析した。関東地方に見立てた寒天の主要駅に相当する場所にエサを配置し、粘菌をはわせたところ、JR東海道線など現実の鉄道網を、ほぼ再現するケースもあった。

実験を重ねてネットワーク形成の"粘菌理論"を導き、コンピューターのシミュレーションで機能を検証した結果、現実の鉄道網よりも効率的で、事故などのリスクにも強いネットワークを見いだすことができたという。手老研究員は「理論の精度を上げ、インフラ整備などに生かせるようにしたい」と話している。

粘菌といえば、南方熊楠が有名である。特に、南方熊楠は、真正粘菌の研究をした。熊楠の粘菌研究は、新種の発見、分類、及び生態に関するものだったようであるが、流石に、粘菌ネットワークまでには及ぶものではない。そもそもが、交通網や情報ネットワークの最適化という問題は、ここ10年くらいでやっと流行している問題である。

一方、交通網や情報ネットワークの最適化は、線形計画法、非線形計画法やオペレーションズ・リサーチなどの技法で解かれるが、これは、NP完全問題になることがあり、高速のコンピュータを駆使しても、何日も計算に時間がかかることがある。そのような計算技法と似た結果が、真正粘菌によって与えられるというのは、どう考えても不思議である。

果たして、粘菌は、エサを見つけたとき、どうやって経路を決定するのだろうか。もしコンピュータのようにやっているとすれば、エサに至るまでのあらゆる経路を細胞内で計算して比較し、その中の最適な経路を選ぶということになるが、そんなことをしていたら、ちょっとそこのエサまで辿り着くために、凄まじい時間を要してしまう。

すると、粘菌は、「直感」で、最適な経路を得る、ということになる。まさに、インドの天才数学者ラマヌジャンが、複雑な式を、神の啓示の如く、直感で「見る」のと同じである。こうして、粘菌の最適化プロセスは、残念ながらブラックボックス入りしてしまう。

それでも、さらに言うなら、私には、粘菌が最適経路をとることと、ラマヌジャンが証明なしで忽然と複雑な数式を思いつくことが、謎の位階として、同レベルにあるように思えてならない。

ここで思い出すのは、宇宙は計算しているのかという私のブログ記事である。それは反語なので、実は、宇宙は計算なんかしていないというのが結論なのだが、すると宇宙も計算なんかしないで、「直感」によって、銀河の運動など、複雑な現象を生じせしめている。すると、粘菌もラマヌジャンも、宇宙から、「直感」を借用しているのかもしれない。われわれ凡人が、宇宙の「直感」を借用できないのは、余計な顕在意識が邪魔しているのだろう。

こうしてまた1つ、支離滅裂な文章が出来上がった。これは断じて、宇宙の直感ではない。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。