朝青龍の引退

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comに、引退を決めた横綱・朝青龍と、師匠の高砂親方の一問一答があった。特に、朝青龍のパートを抜き出すと、以下のとおりである。

朝青龍 えー、本日をもって皆様方に大変ご迷惑をかけ、また日本相撲協会にも大変ご迷惑をかけ、報道陣にもねえ、大変騒がしい、そういう意味で私は責任をもって引退をしました。

――横綱いまの心境?
朝青龍 そうですね、まあ、何にも考えてはいません。はい。もう。

――引退を決心したのいつ?
朝青龍 師匠と話し合いをして、引退ということを考えました。

――どういう話し合い?
朝青龍 思い深いし、横綱の責任を感じて、みなさまがたに大変ご迷惑をおかけしたことに対して、心のなかで思います。

――きょう来る前、もしかして引退という気持ちあった?
朝青龍 正直、この騒ぎ、精神状態がどうなるんだと思っていたけれど、メディアで流れてることと、実際起こしたことはかなり大きな格差あったんで、最後まで様子みましょうという気持ちで待っておりました。最後はやっぱり、そういう意味できょうは引退ということを考えた。

これを見ると、朝青龍はまだ、どうして辞めなくてはならないか、腑に落ちていないようである。しかし、どうも親方や相撲協会の理事、横綱審議会からの勧告などが押し寄せてきて、半信半疑で、そうか辞めなくてはならないのか、と怪訝な気持ちで、それで、「まあ、何にも考えてはいません。」ということになるのかもしれない。

ところで、今朝の朝刊をみてなるほどと納得することがあった。それはあるウランバートル市内の女性の談話で、「モンゴルの男性は普段おとなしいけど、酒を飲むと暴れたりする。モンゴルでは酔っ払って殴ることもよくあるし、次の日は仲直りする。」とあった。すなわち、朝青龍のしたことも、せいぜいが無礼講である、と言いたげである。もしそういう文化があるなら、上記の朝青龍の談話も納得できる。ただ、同じモンゴル出身の白鵬は、特にスキャンダルを起こしていないので、郷に入って郷に従った者と従わなかった者の差がもろに出たと思われる。

一方、朝青龍の父は、名誉ある引退だと息子を讃えつつ、日本の相撲界は、次々と息子が記録を更新していくことを恐れていたのではないか、という。苦笑を禁じえない親ばかであるが、まあ悔し紛れにそれくらいのことを言うのは、許容範囲だろう。

個人的には、朝青龍はどこか憎めない。相撲観戦で、私が声援して、こちらを向いて手を上げてにっこり笑ってくれた唯一の力士だったからである。そういう愛想のよさがあるが、やはり思慮を欠いたことは否めない。ここは日本なのである。あのような蛮行をして、やはり、横綱が相撲界にサーバイブできる訳がない。妙なあがきは、一層名を汚すことに貢献しただけである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1682

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年2月 5日 12:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラピアクタ」です。

次のブログ記事は「iN細胞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。