下手の横好き

| コメント(0) | トラックバック(0)

諺に、「下手の横好き」というのと、「好きこそものの上手なれ」という2とおりがあるが、果たしてどちらが正しいのだろうか。

そう思って考えてみると、「好きこそものの上手なれ」は確かに一面妥当であるが、より本質的なのは、「下手の横好き」の方のようである。

その根拠は、次のような自己分析にある。すなわち、自分は今何が一番好きかと問うてみると、どうも数学らしい。なぜなら、定年後何が一番したいかと自問してみると、さっぱり理解できない数学の本を眺めて、意味のないメモをとって思案する、という時間をもちたいというのである。

数学が好きでない人からみると、それはほとんど狂気であろう。なぜなら、無意味といえばそれほど無意味なこともない。何かの具体的問題を解くでなし、大学に行き直すでなし、誰かと議論する、というわけでもないのだから。

では、それほど数学が好きというなら、結構なレベルなんでしょうね、と人によっては、お世辞もこめて私に言うかもしれない。しかし、あいにくそうではない。中学・高校と、数学が得意科目であったことは一度もなく、大学に入って、物理学科という理系の典型的な勉強をしようとしたものの、緻密な計算能力がないので、物理そのものも挫折してしまった。

それでもある程度真面目に勉強した時期もあるので、数学は、おそらく、あまり出来のよくない理系学生の教養課程レベル程度、というのが客観的なところであろう。

さらに自己分析してみると、私の数学の才能は、自分の将棋のそれを超えないようである。では、将棋は何ほどかというと、一応アマ四段であるが、県代表のレベルに達しない。すなわち、弱いアマ四段というところか。数学と違って将棋は、多くの試練や大会を経て切磋琢磨した。数え切れないくらい棋書も読んだ。それでもこの程度である。だから、一切切磋琢磨を経ていない私の数学が、どの程度のものであるか推してしるべしということになる。

そんなときたまたま、ウェブ進化論の著書で有名な梅田望夫氏が将棋ファンであるのを知った。なんと、古典的ともいえる金子金五郎の観戦記を深く読み込んだりしている。では、将棋の棋力はどの程度かというと、おそらくアマ初段程度なのかもしれない。ご本人は、指さない将棋ファンを自任している。ある見方では、指さない将棋ファンなんて意味ないではないか、という言いかたもできる。しかし、梅田氏の観戦記は、彩りと卓見に満ちていて、溢れんばかりの将棋に対する情熱をそこに感じることができる。蓋し、名観戦記といって、間違いないだろう。

そこで分かったのは、梅田氏の将棋は、ある意味失礼な言いかたになるが結局、下手の横好きである、ということである。しかし、梅田氏は、インターネットやコンピュータに関する知識、シリコンバレーでの生活などを通して得たものを、惜しげもなく将棋に注ぎ、独特の将棋観をつくりあげた。すなわち、偉大なる下手の横好きである、ということである。

こうしてみると、私の数学が下手の横好きであって、何を臆することがあろう、ということになる。なに、あまり有名でない大学の文系学部の数学の入試問題も、解けないことがしょっちゅうという情けないレベルであるが、それでも構わない、と開き直るべき、ということになる。

問題は、下手の横好きであっても構わないので、どう数学的知識を広げ、豊富にするかということである。すると、梅田氏をみていての1つのヒントは、他の教養やスキルをうまく、隠し味として、あるいはもっと明示的なかたちでもよいので、下手の横好きの趣味に畳み込むべし、ということになる。

それはそれで随分クリエイティビティを要することであるが、下手の横好きをどう彩るかということは人生の本質にも拘るということになる。

こうして下手の横好きとの付き合い方を規定すると、「好きこそものの上手なれ」の方も自然に意味が与えられる。すなわち、あることを興味をもって、いろいろ楽しんでいると、意外にも実は才能があった、という場合である。そうやって努力した者だけが、一流になれる。すると、イチローのように、「好きこそものの上手なれ」が成立する。だから、下手の横好き性は、あらゆる才能の基礎なのであり、なんでもいいから好きでやっていると、芽が出るかもしれないし出ないかもしれない。でも、一生芽がでなくても、下手の横好きであっても、人生を考える意味は与えられるのだ、ということである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1700

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年2月20日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「職業的演技」です。

次のブログ記事は「日本語の起源」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。