日本語の起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本語の起源は何かという議論は、邪馬台国はどこにあったかという議論ほど、人口に膾炙していないが、それでも、古来より議論され続けて、邪馬台国起源説と同様に、一向に結論が出る様子がない。

普段からそう思っていたところ、金田一京助の「日本語の変遷」講談社学術文庫、という本に出会った。この本の主題は、日本語の起源ではないが、それでも日本語の変遷を語る以上、その最初で、日本語の起源にも触れる。

金田一京助の日本語の起源に対する意見は明快で、日本語の起源は、原アルタイ語族ではないか、というものである。その根拠を説明する。

まず、日本語の典型的な文法は次のとおりである。

  1. 主語が先に来て、その後述語が続く。花咲く、鳥啼く、風吹く、などである。これは当たり前のようであるが、例えば中国語など場合により平気で主語が述語の後に来ることがある。
  2. 花見、月見、海行かば、のように、目的語、補語が先に来て、その後動詞が続く。英語を思い起こすと分かるように、他の言語でそうでないものはあまりに多い。
  3. 常世の長鳴鳥、のように修飾する語が、修飾される語の前に来る。casa blanca(白い家)、Khmer Rouge(赤いクメール)など、修飾する語が後に来る言語は少なくない。あ、流石に、クメール・ルージュは適切でなかったかも。
  4. 花が、花を、花に、花の、など助詞が体言の下にくっつき、二重にも三重にも延びていく構造をもつ。

これらは全て、紛うことなき、アルタイ語族の特徴である。アルタイ語族には、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語などがある。

アルタイ語族の別の特徴は、ラ行で始まる単語がないことである。もちろん今の日本語にはラ行で始まる単語があるが、それは全て外来語である。例えば、しりとり遊びをして、コアラなどのようにラ行で終わると、相手が大変困るという経験をした人は少なくないだろう。

アルタイ語族のさらに別の特徴は、シラブルが単純ということがある。stranger、strikeなどのように、子音が何個も続くという発音構造はない。ロシア語など、в(ヴ)、к(ク)という子音一文字だけの前置詞があるほどで、子音の嵐である。

アルタイ語族の親戚関係をさらに広げると、ハンガリー語、フィンランド語などを含む、ウラル語族が入ってくる。ウラル・アルタイ語族という括りでみたとき、母音調和という現象がある。どういうことかというと、ココロ、トコロ、アタマ、ミミ、ニシ、ソヨソヨなど、同じ母音が続く単語が沢山ある、ということである。ドイツ語や英語の単語を調べてみたら、そういう単語はほとんどないことが分かる。

それでは日本語を、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の直系と位置づけたいところであるが、すると次のような困難に遭遇する。

  1. 先ず、日本語の母音調和が、原始的すぎるということがある。他のウラル・アルタイ語族では、ここまで素朴ではない。
  2. また、基礎単語がほとんど一致していないということがある。例えば、朝鮮語の文章を日本語に翻訳すると、語順はそのままにして単語だけ置き換えれば、ほとんどの場合間に合う。しかし、狭い海峡を隔てて対峙している国同士なのに、基礎単語があまりにも違う。例えば、雨は、朝鮮語で、ピである。雪は、ヌンである。犬がケー。はっきり、似てない。一致する多くの単語は、ほとんどが日本語からの借用である。パンシンパンギ→半信半疑、など。網羅していないが、モンゴル語やトルコ語では、もっと違うだろう。

すると、文法の一致と、基礎単語の乖離から、日本語を、原アルタイ語からの継承と理解することが妥当となる。そうして文法の枠組みをみた上で、南方のポリネシア、インドネシア、インドのドラヴィダ語、あるいは、大野晋が主張したタミール語あたりが基礎単語に与えた影響を考えればいいのではないか。

尚、私の推測であるが、縄文人が話していた原日本語は、既に原アルタイ語を祖語とするものではなかったかと思われる。では、原アルタイ語系である原日本語は、この日本の地で生まれ育まれたのかと考えると、それは分からない。ひとつのヒントは、アイヌ語の存在がある。アイヌ語の権威でもある金田一京助氏によれぱ、アイヌ語は文法的にも日本語とは全く別系統だそうである。

すると、台湾の民族言語で述べたように、日本ではある古代の時点では、アイヌ語を含む局所言語が乱立していて、そこに、原アルタイ語を話す民族が移動してきて席巻したという推理もありえる。そうして、縄文人となった。果たしてそれは、縄文の思考に書いたように、16000年以上前なのかもしれない。

原アルタイ語の話し手として私はどうしてもシュメール人を想定したくなるが、シュメール文明はせいぜい5000年前である。すると、日本に来た原アルタイ語の話し手と、シュメール人の共通の祖先を想定したくなる。それは、「日本超古代文明シュメール伝説の謎」岩田明著、日本文芸社にある、中央アジア新疆に居在したという原シュメール人なのか、と想像は広がるのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1701

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年2月21日 06:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「下手の横好き」です。

次のブログ記事は「LED農場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。