LED農場

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、玉川大学に、LEDで植物を育てる、「フューチャサイテックラボ」があるという。特に赤色と青色のLEDを組み合わせて、レタス、サラダ菜、ハーブ類を育てる。

なぜ赤色と青色のLEDなのかというと、光合成のもととなるクロロフィルは、赤と青の波長の光に特に吸収スペクトルを有するからである。

特に、赤色の強度を強くすると、レタスの苗は、通常の5分の1の2週間で育つという。ただ、青色の光も、発芽や葉の生成に必要で、赤色の光に、1/3程度青色の光を混ぜるのが有効である、という。

太陽光や白色光は、緑のスペクトルも含むが、不思議なことに、クロロフィルは、緑のスペクトルをほとんど吸収しない。

LED光は、成長を早めるだけでなく、植物の特定成分を増加させる効果もある。例えば、赤色と青色のLEDで育てたサラダ菜は、通常のものよりもビタミンCの含有量が約4倍だった。ハーブでも、香り成分が、通常のものよりも60倍多かった。その他、抗癌剤成分を含むニチレンソウの薬効成分も、LEDで増やす研究がなされている。

また、青色LEDで、サニーレタスのアントシアニンが増えるという。

赤色と青色のLED以外に、黄色のLEDは、害虫の被害を減らす効果があるという。すなわち、害虫には夜行性のものがいるが、そこに黄色のLEDの光を照射すると、昼間と勘違いして、交尾行動が抑制されるという。

LEDの特徴は、さまざまな色が作り出せることにある。そうはいっても、最近は信号機もLEDが多いが、見ていると人工的で冷たい感じを受ける。植物にはやはり、自然の光である太陽光が好ましいような気がするが、意外にも、LEDの光の方が栄養価が高く成長も早いというのだから驚きてある。このような特性から、電気代はかかっても、LEDによる植物工場は採算がとれる。

また、狭い敷地でも、多段式で栽培すれば、大量生産ができる。だから、ちょっとした飲食店の隅でも、LEDで野菜が栽培できる。

ただ、課題は、レタスやサラダ菜などの育成期間の短い植物には適合するけれども、イチゴなど実を採る植物はまだ難しいことだという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1702

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年2月22日 07:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本語の起源」です。

次のブログ記事は「ホンダの黒字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。