2010年3月アーカイブ

努力しない生き方

| コメント(6) | トラックバック(0)

なんとなく、「努力しない生き方」桜井章一著、集英社文庫を買ってみた。最初は新聞広告で見たのだが、もともと、麻雀の代打ちで20年間無敗というのと、「努力しない」ということが、あまりにも矛盾で、だから、この本を買ってみたのも、その矛盾がどう解決されているかを見極めたいと思ったからである。

読後感はどうだったかというと、分かりやすいハウツーを期待しなければ、まあまあかな、と思う。基本的には、下記のような章からなる。

  1. 「努力しない」から、いい結果になる。
  2. 「何もない」から、満たされる。
  3. 「求めない」から、上手くいく。
  4. 「つくらない」から、いいものが生まれる。
  5. 「計算しない」から、負けない。

一見、「老子」のようであるが、「老子」との違いは、無為を説きながら、結局、利得を目指している。そういう微妙な矛盾が、却って世間臭さを醸しだしている。

ただ、面白いと思ったフレーズはいつくかあり、抜き出してみる。

  • 「壁を越えない」、すなわち、壁は乗り越えないで、乗っかる。
  • 「休まない」、すなわち、仕事が休みである。これは別にいつも仕事していなさいという意味ではない。遊ぶように仕事すればいい、すると却っていい仕事になる。
  • 「わからない」、わからないことをわからないまま生きる。
  • 「よいことをしない」、よいことにとらわれると悪を生む。
  • 「健康を求めない」、過度な健康志向は病である。
  • 「貫かない」、多様性を生きるとキャパも広がる。

結局、「努力しない生き方」桜井章一著、集英社文庫は、雰囲気を楽しめばいいし、実質的に読んでも仕方ない。

ただ、同趣旨ではあるが、もう少し分かりやすいのは、しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール、幻冬舎新書、香山 リカ著である。これは、お金に生きない、恋愛に賭けない、など執着しない生き方を淡々と説く。しかし、勝間和代に対する反感は、何か意地を感じる。

個人的により好みなのは、人間の覚悟、新潮新書、五木 寛之 著である。これは、仏教的厭世観が漂っていて、次第に人生から降りていくことを説く。

あとは、池田信夫氏の「希望を捨てる勇気」、ダイヤモンド社。これは、実は厭世観を説くのでなく、日本経済の処方箋を説く、経済政策の本であるが、結構厳しいストーリーに満ちているので、やはり、ある程度希望を捨てないと読み進みにくい。

で、分かったのは、結局私は、この世に対する俗気が抜けきっていない。だから、やる気なさそうに淡々と且つ強かに生きていく矛盾に満ちた生き方を模索しているようである。

ドクターアシスタント

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、所用で帰省して、例によって温石を訪れた。

するとたまたま、弟は、ある地元の医師の方の送別会を開くとのことで、招待してもらったので、ありがたく参加することにした。

実を言うと私は、とても人見知りが激しい。どんな話題で話すかを予め学習しておかないと、アドリブが利かない。要するに、機転が利かないのだろうといわれると、否定できない。普段付き合っている会社の研究所のリサーチャーの人達と呑みに行くのでさえ、結構神経を使う。

だから、地元の医師の方とその知り合い、また弟の地元の知り合いからなるパーティというのは、私には清水の舞台なのだけれども、それは、先天的に付き合い好きの弟には、到底理解できないだろう。だから、最初はなんとかキャッチアップしていた私も、酒が入ってくると、馬脚を現し、KY的な発言に終始して顰蹙を買ってしまった。だから、言わないこっちゃない。あ、特に何も予め言っていないか。

ところで、そのパーティで、私の向かいに座った女性が、ドクターアシスタントだというので、病院でえっ、そんな役割の仕事があるの?と興味をもった。

すなわち、話を聞いてみると、ドクターアシスタントとは、電子カルテの代行入力、処方せんの記載、診断書作成などを医師の指示のもと作成する仕事で、医療事務の一種であるらしい。

私自身が会社で、インフラを作るような下支えの仕事をしてきたので、ついサポート的な仕事を長くしてきたので思い入れがあって、その女性にも、この分野で勉強してその分野の専門家になればいいというような、余計なアドバイスをしてしまったが、それは私の情報に対する思い入れでもある。

すなわち、電子カルテは、医療情報システムの根幹であり、その使い勝手、含む情報量、機密保持、検索しやすさなど、IT企業にいる者としては、関心は尽きない。なにしろ電子カルテは、名前や年齢などの個人情報、病歴、検査履歴、投薬歴、支払い、などあらゆる情報と関連付けられる。

ただ、医療情報システムにおける電子カルテの入力は、医師自身が操作すると思い込んでいたので、ドクターアシスタントのような役割を思ってもみなかった。私が病院に通院した経験では、北里大学病院のような先進的な病院でも、ドクターアシスタントのような役割をおかず、医師が直接電子カルテ・システムを操作していたような気がする。その結果どうなるかというと、コンピュータの操作の得意でない医師だと、ええとどうだったっけ、と近くの人に聞きにいったりしている。電子カルテ・システムがメジャーになってくると、医師、看護師、検査技師以外に、医療情報の専門技師がいて、その中でも特にインターフェースとして医師をサポートする人をドクターアシスタントと呼ぶことにすると、そういう人の役割は、次第に増してくるだろうと思われる。

会社で、サポート的な人達を統括する立場が長かったが、アシスタントという立場や職種も、なかなか奥が深いと改めて感じた次第である。

もっというと、サポート的な立場の人もそれなりに専門的な立場を評価されるようになって初めて、その職業が先進的だといえると私は思っている。そういう意味で、医療はまだまだ後進的なのではあるまいか。これは私が担当している仕事で、業務サポート的な仕事を必要以上に蔑視する人がいることに対するルサンチマンなのかもしれないが。

ギョーザ中毒事件の犯人

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、中国製冷凍ギョーザ中毒事件の犯人が捕まったという。以下、引用:

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は27日、中国公安省からの情報として、逮捕された製造元「天洋食品」(中国・河北省)の臨時工・呂月庭容疑者(36)の周辺から2本の注射器が押収され、日本で中毒を起こした製品に混入していたのと同じ有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたことを発表した。

中国公安省は、天洋食品の食堂の管理人をしていた呂容疑者が容疑を認めているとした上で、動機について「長期間、臨時工として勤務しても正社員にしてもらえなかった」と供述したと説明しているという。

事件を巡っては、2008年1月に千葉、兵庫両県での被害が発覚した後、河北省でも、同年6月に同じ中毒被害が発生していたことが判明している。警察庁は、呂容疑者がどちらの事件で逮捕されたのかは「現段階では不明」としているが、外務省によると、中国側は容疑者が日本での中毒事件にかかわったことも伝えてきており、今後、「日本側が希望すれば共同捜査を行う用意がある」とも連絡してきたという。

中国製冷凍ギョーザ中毒事件については、私のブログでもまず、中国製食品で取り上げ、続いて、中国製ギョーザ事件の顛末で書いたように、2008年2月の時点では、中国公安省は、中国製ギョーザは「毒物混入の証拠なし」と記者会見していた。それだけではない、メタミドホスは日本では使われない農薬なのに、中国当局は、日本で農薬は混入されたのだろう、とも強弁していた。当時は北京オリンピックの前で、国際的な評判を下げたくなかったのだろうが、それにしても、被害に遭った日本に対して、そちらの国内での事件だろうと言うのはあまりにも言いすぎであった。

そもそもが、中国製冷凍ギョーザ中毒事件が不満をもつ内部の者の犯行であることは、素人目にも明らかであり、今回の報道のような結末に一点の意外感もない。寧ろ、ここにきて、こういう事件の報道を日本に知らせるということは、親中国的な民主党政権に対する友好のサインなのかもしれない。ただ、一般の日本人は、今更そんな当然のことを言われても、というところで、どうしてもっと早く公開しなかったかと責めたいところである。

それにしても、中国製冷凍ギョーザ中毒事件の後遺症は大きく、今でも、スーパーで我勝ちに安物買いする主婦達も、「中国製」とあるだけで、引いてしまう。呂容疑者はもしかして、単なる臨時工でなく、反政府主義者であったのだろうか。中国製食品の信頼性失墜に偉大なる貢献があったからである。

NHKの受信料

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、札幌で、未払い受信料請求訴訟で、NHKが敗訴したという。以下、引用:

NHKが札幌市内の男性に、4年4か月分の未払い受信料計12万1680円の支払いを求めた民事訴訟の判決が19日、札幌地裁であり、杉浦徳宏裁判官は、NHKの請求を棄却した。

受信料の支払いを巡る訴訟は、昨年7月に東京地裁がNHK勝訴の判決を出しており、司法判断が分かれた形だ。

訴えによると、NHKは2003年2月、男性と放送受信契約を締結。訪問による集金に合意したが、男性は同年12月以降、受信料を支払わなかったという。

NHKによると、06年11月以降、受信料不払い者に対する支払い催促を全国で計752件、簡裁に申し立てた。

因みに、NHKの受信料徴収の法的根拠は、下記のとおりである。

放送法32条(受信契約及び受信料)

  1. 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
  2. 協会は、あらかじめ総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。
  3. 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも同様とする。

放送法37条(収支予算、事業計画及び資金計画)
第32条第1項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料の月額は、国会が、第1項の収支予算を承認することによつて、定める。

この条文をみると、NHKのテレビ番組が受信可能なテレビをもっていると、NHKの受信料を払うのは、必然であるように思われる。しかし、今回、未払い受信料請求訴訟で、NHKが敗訴したというのは、どのような法的根拠によるのであろうか。

私自身の経験によると、今から6年前、NHKの不祥事が相次いだことがあり、それで、けしからんと意図的にNHKの受信料を払わなかったことがある。当時そういう人が全国で何十万人もいて、NHKは、受信料の徴収に大層苦慮したことがあった。

そういう期間を1年くらい続けた頃、NHKは人海戦術をとった。すなわち、臨時雇いの係員を各不払いの家庭に訪問させ、上記の条文をちらつかせて、脅すのではなく懇願するのである。しかも、不払い分の一部減免を提案している。それで、遵法を旨とする部門に勤務していることもあり、あっさり提案にのって、NHK受信料の自動引き落としと、要求された過去不払いの一部支払いに応じることにしたが、すると今更、未払い受信料請求訴訟で、NHKが敗訴した根拠が気になるのである。

NHKの不祥事といえば、依然として台湾報道などが目に付く。で、結局、体質改善されていないではないかと嘆息するのだが、もう流石に受信料不払いを再開するような根性はない。

大学の寄付集め

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞の記事によると、大学が独立法人になってことを受けて、各大学は、寄付集めに躍起なのだという。そこで、この内容に従いメモしてみる。例えば、東大の渉外本部のある職員は、日々卒業名簿を見ながら電話をかけ、寄付を依頼するため面会の予約を依頼する。

上司からは、週に5人会うのを目標に、とハッパをかけられるという。例えば、東大の担当者から電話がかかってくると、大抵の人はおおっと、嬉しくなるのではないだろうか。もし私がある分野の研究者だったとする。すると、それが密かに認められて准教授のポストが提示されるのではないかと期待する。しかし、電話の内容は、寄付の依頼である。その時点で、いぇ、と多くの人は電話を切るだろう。東大に寄付して一体どんなメリットがあるのか。

だから、電話をかけても、実際に会えるのは10人に一人だという。会えたとしても寄付してもらえるのは、3割くらいの歩留まりだという。

東大は、2004年4月の法人化から半年後、「東京大学基金」を設立した。2020年までに2000億円の基金を積み立て、運用益を研究支援や施設整備に充てる。

独立法人化される前は、国立大学は、国からの予算を学内で配れば済んだという。ところが、独立法人化された後は自前の資金調達を図る必要があるとすれば、明らかに国からの予算配分が減ったということになる。

では、独立法人化された国立大学の収入として何があるかというと、まず国からの運営費交付金。それから、授業料、企業からの受託研究費などがある。しかし、企業からの受託研究費は景気に作用されやすい。そこで、ハーバード大やエール大などの欧米有力大学の運営方針に従い、東大は、基金を設立することとした。東京大学基金はいままで、400億円を集めたという。

東大では、赤門の南側に、イトーヨーカ堂の創業者、伊藤雅俊氏からの寄付45億円で、新たな研究欄ターの工事が始まっているという。伊藤雅俊氏は東大出身ではなく、横浜市立商業専門学校(現在の横浜市立大学)出身である。おそらく、東大に寄付することで優秀な人材を送ってもらったり、何かの研究成果を利用させてもらうこと、あるいは名誉を考えているのだろう。

大学の名声や企画で東大はやはり圧倒的で、いままで400億円の寄付を集めてダントツで、阪大はまだ1億5000千万円にすぎないという。それでも世界をみると、ハーバード大の3兆円、エール大の2兆円があり、東大もまだまだ足許にも及ばない。これは1つには、基金の歴史の長さが違うのだろう。

ただ、個人的感想だが、寄付を貰うということはある程度の見返りを許すということである。例えば、ハーバード大は、巨額寄付者は無試験で入学を許可されるという。東大は国立大学なので、そういう入試の便宜を図るのは難しいだろうが、博士の学位の都合をつけるくらいはできるのではないだろうか。実際、到底名前は挙げられないが、東大出身でなくて東大の博士の学位をもっていて、なんでこの程度の学識で博士なのか、という人を何人か私は知っている。

あと気になるのは地方国立大学である。私も地方国立大学の出身なので気になるところであるが、東大でもしゃかりきになって寄付を募らなくてはならないとすると、地方国立大学ではもっと状況は厳しいだろう。実際、地方国立大学では、ちょっとした研究費にも事欠く教授が結構いるという。資本主義の論理を大学に過度に押し進めていいのかという素朴な疑問は湧く。

美人は損

| コメント(13) | トラックバック(0)

私は読んだことがないが、「人は見た目が9割」とかいう本がある。その本に、大きく異議が唱えられているとは聞かない。と思ったら、アマゾンの書評で、184件という多数のレビューのうち、星1つが53人もいるので、やはり評判は、いまいちか。

それでも女性は、美人は美人なりに化粧するし、美人でない人は、メイクで懸命に独自の美人を目指す。最近では、男性も、化粧してイケメンを目指す人もでてきて、私は別にこの程度で世も末とは思わないが、この時代、他人をじっくり吟味する時間がないから、瞬間の見た目で異性を含む他人を評価するのも、仕方がないのかもしれない。

だから、「美人は得よねぇ」と誰かが言えば、そうだよねと同意する人はいても、「いんや、美人ほどつまらない者はねぇ」なんぞと言い出そうものなら、袋叩きには遭わないものの、静かなスルーが待っているだろう。

ただ、単純に考えても、美人だと、普通に歩いていても、男が言い寄ってくる。安易に言い寄ってくる男にろくなのがいないといっても間違いではないだろう。そういうのをいちいち振り払うコストは並大抵ではないし、下手したらストーカーまがいのもいて、付け回されると、命にも関わる。

それでも、と人はいうだろう。デヴィ夫人は若い頃、その美貌で、来日したインドネシアのスカルノ大統領に見初められた。それで、普通の大工の娘であったデヴィ夫人は、一躍玉の輿、大富豪となった。その遺産で、今でもデヴィ夫人は、セレブな生活を誇る。

しかし、美人で玉の輿に乗れるのは、宝くじを買うに等しい。すなわち、美貌は単に宝くじを買う権利をもつに等しいが、本当に宝くじが当たって巨万の富が手に入る確率は、あまりに少ない。

美人だとまずいことは他にもあって、すなわち、内面をみないで、容姿だけに惹かれて人がやってくるので、魂の邂逅が実現する可能性がどんどん低くなる。今更念を押すが、オノ・ヨーコは、断じて美人ではなかった。

実際的に美人だとさらにまずいのは、同性の異様な嫉妬に晒されることである。単に少し容姿がいいだけで、いわれのない非難を浴びてきた女性を少なからず私は、元女性の部下の多い管理職として知っている。

それだけではない、美人は(おそらく)結婚相手としても適当でない。先ず、美人はずっとチヤホヤされるのに慣れているので、結婚しても、夫からチヤホヤされることを期待する。新婚ならともかく、最初は惚れた夫も、いつまでもチヤホヤしていられない。それよりも、仕事に疲れているので、尽くしてほしいのだが、まずチヤホヤを要求される。要するに基本的に自己中なのである。また、出張している間、妻が浮気しないかと気が気でない。妻は最近、隣の家の主人とやけに親しそうなのも気になる、とか。それだけではない。上司の奥さんより美人だと、それだけで上司の嫉妬を買う。

こうして美人であるということそれ自体が、火中の栗を拾うことであることが明らかなのだが、それでも人はどうして美人を目指すのだろう。永遠の不思議である。

守りたい、ひとがいる

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、埼玉県警が、陸上自衛隊の商標権を侵害している恐れがあるとして、ポスターなど約2万枚の回収を始めた、という。以下、引用:

埼玉県警は17日、採用試験のポスターなどに使った「守りたい、『ひと』がいる。」の表現が、陸上自衛隊の商標権を侵害している恐れがあるとして、ポスターなど約2万枚の回収を始めた。陸自は01年、設立50周年を記念して作ったキャッチコピー「守りたい人がいる」を商標登録している。警察庁が08年に出した警察官採用の新聞広告でも使われて警察庁が謝罪した経緯があり、陸自の担当者は「警察が同じミスを繰り返すのは信じられないが、いいキャッチコピーだったんですね」。【樋岡徹也】

陸上幕僚監部によると「守りたい人がいる」は00年、シンボルマークとともに作成。01年に商標登録し、陸自のホームページや関連施設を紹介するパンフレット、関連グッズなどに使っている。「守りたい人」とは、家族や地域の人、日本の美しい自然や文化を表しているという。

この記事をみて早速思ったのは、普通、自衛隊が商標登録するか?ということである。そこで検索してみると、確かに、下記のとおり、商標登録されていた。

商標登録第4489386号、
登録日が平成13年(2001)7月13日
【商標】 守りたい人がいる
【権利者】
【氏名又は名称】 防衛庁陸上幕僚長
(500) 【区分数】 7
(511) (512) 【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
9 録音済みの磁気カード・磁気シート及び磁気テープ,映写フィルム,スライドフィルム,録画済みのビデオディスク及びビデオテープ
14 貴金属製き章,貴金属製バッジ
16 紙袋,カレンダー,パンフレット,カード,手帳,ノートブック,便せん,封筒,名刺用紙,書類挟み,ステッカー,ラベル(布製のものを除く。)
26 衣服用き章(貴金属製のものを除く。),衣服用バッジ(貴金属製のものを除く。)
35 広告
36 前払式証票の発行
42 陸上自衛隊に関する印刷物に掲載された記事情報の提供

すると確かに、埼玉県警が採用試験のポスターなどに使ったのは、16類のパンフレット、ラベルなどに該当するので、商標権侵害になると思われる。

さらに調べてみたところ、防衛庁陸上幕僚長が保有する商標は、登録番号第4491514号の「守りたい人がいる\陸上自衛隊」と、第4645355号の下記の図形商標がある。



何が楽しくて、こんなのを調べているのか、と言われそうである。

アインシュタインと囲碁

| コメント(2) | トラックバック(0)

NHK杯の囲碁対局を見ていたら、解説の武宮九段が、アインシュタインは実は囲碁ファンだった、と話していた。それで、グーグルで検索してみたら、確かに、それを示唆する記事がみつかった。

例えば、この記事によると、プロ棋士の福田正義氏が、アインシュタインと湯川秀樹の囲碁対局をセットしようとしたところ、実は湯川秀樹は結構囲碁が強かったので、アインシュタインが引いてしまったそうである。すると、アインシュタインは囲碁を覚えて対局がなんとかできる程度の棋力はあるが、初心者に毛が生えた程度のレベルなのかもしれない。

ちょっと話題を拡げて、科学者と囲碁・将棋、ということで考えると、有名な数学者の志村五郎氏は、実は将棋ファンで、創作した詰将棋が詰将棋パライダイスという、その分野の専門家で有名な雑誌に掲載されたことがあるという。文字通り詰将棋創作を趣味とする者の末席を汚す私は、詰将棋パライダイスではなく、それより基準が低い一般将棋雑誌に投稿して一度も採用されたことがない。

また、私は直接教わったことはないが、大学教養部のとき名物教授だった、数学の矢ケ部 巌氏も将棋が好きなようで、将棋世界の詰将棋コーナーの創作者として何度かお名前を拝見したことがある。

さらに、数理論理学者・情報科学者である野崎昭弘氏には「ロジカルな将棋入門」筑摩書房という著書がある。数少ない例で判断してはいけないが、数学者は、囲碁よりもむしろ将棋が好きなのだろうか。

ただ、このように話題にするくらいであるから、あるレベル以上の科学者で、囲碁・将棋の強豪という人は実は稀である。それは、囲碁・将棋をやりすぎると、脳のリソースを消費しすぎて、本業が疎かになってしまうからである。私が知っている真の囲碁強豪で、学問的な業績もある人といえば、東北大学の徳山豪教授くらいである。徳山氏は、東大在学時代に、囲碁部で、関東地方でトップクラスの強豪であったそうである。私が徳山氏を知っているのは、何かの折に将棋を指したことがあるからである。将棋については、私の方がかなり強くあっさり勝ってしまった。そのときは比較的身近にいらしたので、そのうち数学や囲碁の話も伺おうと思っていたら、知らない間に東北大学に転出されてしまった。

ところで、上記の武宮九段の解説に戻って、武宮九段は終盤の細かい地の計算が好きではないそうである。でも、学生時代は数学は得意だったそうで、武宮九段の数学も、計算よりも感覚だったのかもしれない。アインシュタインだって、リーマン幾何学の細かい計算は得意でなく、数学的理論の細部は、畏友のミンコフスキーあたりに負っていた。最初の配偶者で数学者だったミレーバ・マリッチに数学的な不備を指摘されたりしたともいわれる。そんなところから、囲碁の幾何性がアインシュタインにしっくりきたのだろう。徳山豪教授の専門も、計算幾何学である。

学習と伝承

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、人付き合いが苦手な方だが、会社では意外に教え好きで、パソコンの操作、特許英文明細書の翻訳、意見書の書き方、特許明細書の書き方など、後輩の担当者に、仕事として、あるいはボランティアで教えてきた。理路整然と話すのは苦手だが、自分のスキルを体系化するのが好きで、それを相手に伝承しようとする。きっと、ありがた迷惑な人もいるだろう。

最初の頃は私はよく分からないので、教えたことがそのまま伝わると勘違いしていた。もし伝わらないとしたら、教える方の熱意が足りないか、伝えるスキルの体系が妥当でないとだけ思っていた。

しかし、今更分かってきたのは、教えるだの、教わるだのいっても、要するに、双方の人間のもっている波長の共振というか、同調が前提であるということである。すなわち、人間はみな、固有の波長のスペクトルがあって、そのスペクトルの重なりでしか交信することができない。

例えば、私が特許実務を教えながら感じたことは、10くらい教えても、せいぜい1くらいしか伝わらないということである。すなわち、スペクトルの重なりが、よくても、互いが普段もっている波長のスペクトルの1/10程度でしかないということである。その歩留まりを上げるためには、しつこく時間をかけて教えるしかないが、時間をかけてしつこく教えると却って嫌がられるということもある。

このスペクトル論は結構意味があって、例えば、私からみて、特許実務のスキルがあまりないと思われる人に、私やその他のベテランがいくら教えても、暖簾に腕押しでほとんど伝わらないのに、どうみても私よりスキルが低いと思われる人の言うことに、唯々諾々と耳を傾けているということがある。これなど、スペクトル論を想定しないと説明できない。

固有スペクトル論は、人と人の間だけではなく、例えば、本と人の間にもある。すなわち、他人が楽しく読んでいる本に、私はどうしても興味をもつことができない。あるいは、その逆もあるが、それもまた、本のもつ固有スペクトルと、個人の固有スペクトルの重なりで説明でできる。

では、人間の固有の波長のスペクトルは、経年的に一定かというと、そんな訳はない。寧ろ、放置していると次第にスペクトルは狭まる。ほとんど狭い一点でしか他人の交信できなるなると、それは惚けである。人間は馬鹿になるでも議論したとおりである。

このように、放置すると、スペクトルの幅は次第に狭まるので、意識的にスペクトルの幅を広くする作業が必要である。そのためには、今まで興味をもたなかった分野に興味を拡げる必要がある。まさに、認知コストを払うということである。

言い換えると、上記で、他人にスキルを伝承するなどと偉そうなことを言ったが、一番スキルの伝承性を考慮しなくてはならないのは自分自身である。すなわち、パンタ・レイで述べたように、見かけ上スペクトルを維持するためには、絶えず過去の自分から未来の自分に教育し、伝承しなくてはならない。自分の中に絶えざるρει(流れ)をつくる必要がある。その中には、当然に愉快でないことも含まれなくてはならない。もしかして、幸福は何ももたらさないのかもしれない。

温暖化対策法

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、反地球温暖化論者なので、温暖化対策法もほとんど意味がないと思っているが、マスコミでも、意見が揺れているので、興味深い。そこで、検索エンジンで「温暖化対策法」でヒットする記事をいくつか眺めてみた。

先ず、北海道新聞社は、

目標とする2020年まであと10年。こんな調子で温室効果ガスを1990年比で25%も削減できるのだろうか。

(中略)

国を挙げて取り組まなければ25%削減など到底おぼつかないからだ。

法案としては異例の、主要国が意欲的な目標に合意した場合などに実施するとの条件が付いている。

だからといって、他国の状況を見て速度を緩めるようなことがあっては、地球温暖化対策に取り組む日本の本気度が問われよう。

と、地球温暖化対策に取り組むことに、随分と前向きである。

毎日新聞も、

10年先、50年先の低炭素・低エネルギー社会をイメージし、大胆な変革を続ける。地球温暖化対策基本法は長いマラソンのスタートの合図となるべきものだ。

先頭を走りながら次々と政策を打ち出し、国民を引っ張って行く。それが、温室効果ガス「25%削減」の中期目標を打ち出した民主党政権に期待される役割であるはずだ。

と、積極的である。

一方、読売新聞は、

温室効果ガスの排出削減に関する基本政策を定める、極めて重要な法案であるにもかかわらず、問題点が多過ぎる。国会で十分に議論を尽くす必要があろう。
と、慎重である。

20年までに90年比で25%削減するという中期目標も盛り込んだ。ただ、これについては、「すべての主要国が、公平な枠組みを構築するとともに、意欲的な目標に合意した場合に設定される」との前提条件を付けた。

日本が不利な削減義務を負った京都議定書の失敗を繰り返さないため、この条件を法的に明記したのは当然のことだ。

という趣旨も、賛成である。

そもそも、偽善エネルギーで述べたように、二酸化炭素削減など意味がない。地球が温暖化しているということ自体が怪しい。温暖化対策法は、その科学的根拠を欠くといってよい。

それにしても、科学者らが地球温暖化のデータを都合のいいようにねじ曲げていたという証拠を含むメールがハッキングされた、Climate Gate事件であるが、海外ではそれなりに盛り上がっているのに、日本ではほとんど、話題にも上らない。温暖化対策法の意味にも根本的に関与する情報が、そこでは開示されているはずである。どうして、閣議決定の際に、議論に上らなかったのであろうか。

ともかく私は、20年までに90年比で25%削減するという中期目標が、「すべての主要国が、公平な枠組みを構築するとともに、意欲的な目標に合意した場合に設定される」との前提条件をつけることによって、温暖化対策法が実質骨抜きになることを期待するものである。

平均時給

| コメント(2) | トラックバック(0)

昔、管理職だったとき、部門長という訳ではないが、部門全体の予算管理責任者でもあったので、正社員と派遣社員の人件費を換算して、ある正社員が抜けたとき、何人の派遣社員が雇えるかというような、その詳細は決して部下に見られたくないような計算をしていたが、目安としては、年収ベースしかなく、尺度としては、ちょっと粗すぎると思っていた。

すると、日刊ゲンダイに、サラリーマンの平均時給という記事があった。面白そうなので、適宜引用しつつコメントしてみる。

この時給に着目したユニークなリポートを第一生命経済研究所が出し、産業界で話題になっている。同研究所経済調査部の熊野英生氏がいう。

「きっかけはフリーターやアルバイトの時給です。バイトで時給1200円だったら、わりといい方なんですが、正社員と比べるとずっと少ない。そこで時給ベースで正社員の賃金を割り出してみたのです」

その結果、とんでもないことが分かったのだ。サラリーマン全体の09年平均時給は2228円。何と14年前の95年と同程度の低水準だった。01年に比べ100円減(4.3%減)。時給ベースでの100円減は、「勤務20日間で1日8時間労働」で計算すると、月1万6000円減、年間で19万2000円減になる。

なるほど、サラリーマン全体の平均時給は2228円というのは、思ったより安い。例えば、未経験のウエイトレスのアルバイトが、少なくとも時給900円である。時給という概念が合理的なのは、年収がとてもいいように見えても、土日も潰して働いた結果だと、時給換算だと安くなってしまうからである。実際、私が所属している部門に以前いて、いまは独立して特許事務所をやっている、ある弁理士とときどき会うが、そのおおよその年収を聞くと、私よりかなり多い。それで羨望の眼差しをしていると、慰めるためなのか、時給換算では、おそらく自分より、そちらの方が分がいいかも、などという。実際、その弁理士はほとんど個人営業に近いので、365日ほとんど休みなく働いてクライアントから来る仕事の量によっては徹夜も辞さないことがあるという。その労働時間で割ると、確かに、私の方が時給ではまし、という計算も成立しえる。また、時給換算だけでなく、クライアントからいつ切られるか分からないという不安は、常にあるという。私だってリストラの危険性は常にあるが、一応退職金は保証されているので、弁理士がいきなり大手クライアントから切られるほどは痛くないかもしれない。

ところで、高時給ランキングというのが興味深いので、以下に引用してみる。

◇順位/職種/時給(円)
◆1/大学教授(男)/5985
◆2/医師(男)/5708
◆3/航空操縦士(男)/5608
◆4/公認会計士、税理士(男)/4961
◆5/医師(女)/4622
◆6/大学准教授(男)/4506
◆7/公認会計士、税理士(女)/3902
◆8/記者(男)/3901
◆9/大学講師(男)/3721
◆10/弁護士(男)/3671
(第一生命経済研究所調べ)
(日刊ゲンダイ2010年3月9 日掲載)

これを見て意外なのは、時給では、大学教授が堂々の一位である。知能と収入で書いたように、大学教授の年収は決して多くない。それでも、高時給ランキング一位というのは、大学教授は相当楽して稼げる仕事なのか。まあしかし、誰でもなれる訳ではなく、結構狭き門ではある。

医者、パイロット、弁護士が意外に時給が高くないのは、長時間の激務ということだろう。確かに、勤務医で、こき使われて過労死する人もときどきいる。

こうしてみると、私が目指している特許翻訳実務も、時給3000円レベルはキープできるかもしれないので、意外に悪くないということになる。まあ、仕事があれば、だけれども。

消える特許

| コメント(3) | トラックバック(0)

日経エレクトロニクスの3月8日号に、「消える特許」という記事があった。そのタイトルだけを見て私はてっきり、医薬品の問題でみたような基本特許の権利切れの話題かと思った。医薬品ほどではないにしても、電機業界、IT業界にも、基本特許はあるだろうということである。

ところがそれは、特許侵害訴訟の話題なのであった。すなわち、今の時代、特許侵害訴訟において、訴えられた側は、先行技術を証拠として挙げるなどして、当該特許の無効を主張できる。その根拠は、下記の特許法の条文にある。

第百四条の三  特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、当該特許が特許無効審判により無効にされるべきものと認められるときは、特許権者又は専用実施権者は、相手方に対しその権利を行使することができない。

この条文は、2004年から導入されたが、そうなったきっかけは、富士通とTexas Instruments, Inc.が争った、いわゆるキルビー特許訴訟にある。これの最高裁の判決が2000年に下され、これにより、今まで特許庁の専属であった特許無効の判断を、裁判所が下せることとなった。

キルビー特許訴訟以前では、先ず、例えば、東京地裁平成2年11月28日の判決の「イオン歯ブラシ事件」のように、特許侵害訴訟において、特許無効論は抗弁とならない、という判例があった。明らかに無効な特許だと理不尽だが、当時の特許法の条文を忠実に解釈すると仕方ない面があった。

当時私は、いかなる意味でも特許侵害訴訟の実務に関与していた訳ではないが、特許に明らかに新規性・進歩性がないのに、米国のように直接裁判所が特許無効を言い渡せないのは、いかにも理不尽だと思っていた。

少し下って、大阪高裁平成6年2月25日判決の「組換ヒト組織プラスミノーゲン活性化因子事件」では、進歩性の明らかな欠如が審理で考慮された。

さらに、東京高裁平成9年9月10日判決の「半導体装置事件」は、上記キルビー特許訴訟の控訴審であり、「特許が無効とされる蓋然性が極めて高い場合に、権利濫用論が適用される」という議論が展開された。これは上記の最高裁の判決へのつなぎとなる。

さて、日経エレクトロニクスの記事によると、特許侵害訴訟で、原告が特許無効が理由で敗訴した件の割合は、2000年が1割程度だったのが、2004年に3~4割程度、2006年には6割を超える水準になった。

このように高い比率で無効にされてしまう理由は、インターネット検索サービスの普及なのだという。すなわち、私の解釈も含めて説明すると、特許侵害訴訟に使用される特許はかなり前に成立したものであることが多い。例えば、10年前に登録になった特許などである。その頃は、インターネット検索サービスの機能がかなり限定的で、主として特許公開公報を中心とした先行技術文献が従来技術として用いられ、雑誌や書籍などの文献情報は、参照されることが少なかった。ところが、今や、グーグルや特許庁のCSDBなどで、比較的容易に雑誌・論文などの情報が検索できるようになり、その頃見つからなかった文献も先行技術として探せるようになった。すると、既に特許が成立している権利に対して、新たな有力な文献を先行技術としてぶつけることが可能となる。

それの典型的な事例は、松下電器産業株式会社(現パナソニック)が、ジャストシステムを、アイコンの機能説明を表示させる機能を実行させることに関する特許の侵害であると訴えたケースである。一審の東京地裁では、ジャストシステムが敗訴した。文言上、ジャストシステムの「一太郎・花子」が、特許請求の範囲の権利範囲に該当してしまうのである。

そこでジャストシステムは、直ちに知財高裁に控訴するとともに、インターネット検索サービスを含むあらゆるサービスを駆使して、アメリカ合衆国のヒューレット・パッカード社の「HPニューウェイブ環境」というソフトを見つけ、それが、当該特許の出願より前に公知であったという主張をした。知財高裁は、「文献に記載されていたアイデアと、それまでに普及していた技術を組み合わせれば、松下の特許の内容は容易に発明できた」と、松下の当該特許に無効を言い渡した。

私は、特許侵害訴訟で、このように特許権が、新規性・進歩性に関して厳しい吟味に晒されるのは当然であると思っている。それゆえに、特許侵害訴訟実務では、権利者自らが権利行使前に厳重に事前先行技術調査を行うのであるが、こういう、いわゆるアンチパテントの傾向を望ましくないと思う人達もいるのだという。すなわち、積極的に特許侵害訴訟を起こせなくなる、というのである。

しかし私は、新規性・進歩性に怪しい特許権を振り回して世間をかき回すトロールのような会社が跋扈する風潮よりも、権利行使に慎重になる傾向の方が、社会全体の公共の福祉を考えると、望ましいと思っている。特許が無効と認定されて韓国中国の企業が漁夫の利を得るという、日経エレクトロニクスの記事の趣旨も、私は理解できない。単に当該特許が無効原因を含んでいたというだけのことではないか。

捕食の原理

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本人が鯨を食べることを野蛮だと西欧人が批判し、その反批判として、日本人が西欧人に、そっちこそ牛や豚を年間何千万頭も屠殺しているではないかと切り返し、単にスルーされるか、聖書などを根拠に反論されるというストーリーは、もう飽き飽きするほどあるが、どう論理的に考えても、日本人が一方的に責められる所以はないはずである。

ところで、あるとき自分の食べ物の嗜好を顧ると、キノコなどの菌類、昆布やワカメなのど海藻類を特に好むことに改めて気づいた。それは別に、キノコや海藻類が特に美味というわけではない。そういうものが健康にいいのではないかと食べているうちに、嗜好がそちらに向いたのである。実は、進化の系統図を見ると、菌類や海藻類は、生物進化において、かなり原始的な状態のままである。ところが、アミノ酸のところに書いたように、生物は、進化すると、自前で作れる非必須アミノ酸の種類を減らし、それらを外部から摂取しなくてはならなくなる。言い換えると、生物進化において下等な生物は、ほとんどのアミノ酸を体内合成できるので、食物として、より理想的な健康食品になり得るのではないかと想定してみた。

実際、初期の仏教は、肉の捕食を禁じたし、ヒンズー教の高いカーストの人達には、純粋ベジタリアンが多い。ベジタリアンの食物の対象である植物は、進化の位階では、一応、動物より低い。

すると、仏教やヒンズー教の文脈では、進化の位階の低い生物を捕食するほど、その人の進化の位階が高い、という一般的命題が成立するのではないだろうか。

その命題を更に進めると、植物でも、稲や大豆は進化した植物なので、なるべく、キノコ、海藻、コケ、クロレラなどの微生物を食べるべしということになる。

海藻やクロレラなどの微生物といえば、海苔や魚などに甚大の被害を与える赤潮というのが知られているが、あれも一種の珪藻類である。もし、赤潮の原因の珪藻類が食用になるなら、とても生産性が高い。すなわち、赤潮は、あっという間に広がる。爆発的な繁殖力なのである。それは、偽善エネルギーの著者の武田邦彦氏によると、水での栽培だからなのだという。それに基づき武田邦彦氏は、海洋農場を提唱する。すなわち、クロレラは淡水藻であるが、それの海洋版のような珪藻を海で栽培すると、一晩で何万人分の食料が得られるという可能性がでてくる。これによって、海洋国の日本は、飢餓から免れることができる。

では、将来の進化人類の主食が珪藻類になるとして(おおっと、論理の飛躍)、それは美食的にどうかというと、クロレラのような食事が美味であるとは思えない。でも私は、将来の進化人類にはもう美食の概念はなく、クロレラなどから作られた完全食のタブレットを一日に何粒か口に入れるだけで生きていくようになるのではないだろうか。

すなわち、もう、牛も、馬も、鯨も食べない。下手したら海老も食べない。稲も大豆も食べない。それでも、クロレラさん、昆布さん、食用にしてごめんなさい、と人類は謝りながら生きていくのだろうか。

スピン波

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、いかにも矛盾の表現であるが、絶縁体を通じて、電気の信号を通すことに、東北大が成功したという。流石に、西澤潤一の伝統か。以下、引用:

電気を通さない「絶縁体」の物質に、磁気を使った方法で電気の信号を通すことに、東北大金属材料研究所の斉藤英治教授(物性物理学)らのチームが世界で初めて成功した。IC(集積回路)チップに使う場合、銅線に比べエネルギー消費量が8割軽減するとみられる。今後、革新的な省エネルギー技術の開発につながりそうだ。11日、英科学誌「ネイチャー」で発表した。【奥野敦史】

金属や半導体に電流を流すと、電子の移動に伴い発熱してエネルギーが失われ、省エネ化の妨げになっていた。斉藤教授らは磁気を生み出す電子の自転「スピン」に着目した。斉藤教授は06年、電子から電子へスピンが伝わる「スピン波」と電流を相互に変換できることを発見。今回はその理論を応用した。

研究チームはICチップなどに使われる磁石の一種の「磁性ガーネット」という絶縁体を用意。両端に白金(プラチナ)の端子を取り付け片方の端子に電流を流した。すると電流が白金と絶縁体の境界面でスピン波を起こした。スピン波は反対側の白金の端子まで到達し、電流を発生させた。この方法だと電子は移動せず、発熱によるエネルギー損失は激減した。斉藤教授は「パソコンが次第に熱くなるように、電流による発熱は大きなエネルギー損失を起こす。絶縁体を使う信号伝達はこの問題の根本的解決法だ」と話している。

スピン波自体は、何十年も前から知られており、応用としても、特開2005-285242にあるような、磁化フリー層にスピン波を励起するスピン波発振器を備える磁気記録ヘッド、特開2006-504345にあるような、静磁波またはスピン波を生成する、マイクロ波電気信号を受信するためのトランスデューサアンテナをもつ集積静磁波デバイス、などがある。

しかし、スピン波と電流を相互に変換できるという性質は、新規なようである。電子が移動せず、代わりにスピン波が移動してエネルギーを伝えるので、発熱がほとんどなく、エネルギー損失が激減するというフィーチャは素晴らしいが、懸念は、送ることのできるエネルギ密度と、長距離でスピン波がどう減衰するかである。

ともかく実用的になれば、光ファイバが実現したときと同じくらい画期的だろう。さぞかし西澤潤一氏も草場の蔭でお慶びに、ではなかった、まだご存命だった。

藤田幸久

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞に、次のような記事があった。私としては、ちょっと複雑な気持ちである。以下、引用:

【ワシントン古本陽荘】米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)が、2001年の米同時多発テロ(9・11)を「壮大なでっち上げと考えている」と名指しで批判した。米政府内では藤田氏は外交分野で一定の影響力を持つ議員とみられており、鳩山政権にとって対米関係上の打撃になるのは必至だ。

社説は藤田氏へのインタビューを基にしたもの。この中で藤田氏は「(9・11は)本当にテロリストの仕業か疑問だ」と主張。さらに、「影の勢力が計画を事前に知り株式市場で利益を得た」との考えを示唆したという。

ポスト紙は藤田氏の考えを「奇怪すぎる」と非難。そのうえで、「鳩山政権と民主党内にいる反米主義者の見方に根付いたもの」として、藤田氏の個人的な考えとは言い切れないと分析している。  ◇「事実を歪曲」

藤田氏は9日、「(今月3日に取材を受けた後の雑談で)不明なままになっている事件(9・11)の諸点を指摘した」にすぎないと反論するコメントを発表。社説は、藤田氏を参院外交防衛委員長であるかのように書くなど事実関係に誤りがあるとして、「事実を歪曲(わいきょく)した扇動的報道」と主張した。

一方、鳩山由紀夫首相は9日、「藤田議員の個人的見解だ。党の見解でもないし、ましてや政府の見解でもない」と述べた。

実は、藤田幸久氏には、「9.11テロ疑惑国会追求」クラブハウスという著書がある。9.11テロ疑惑については私は最初に、「暴かれた9・11疑惑の真相」ベンジャミン・フルフォード、扶桑社を読み、9・11疑惑という記事を書いた。その時点で、いくらなんでもという思いは否定できなかったが、まっとうな国会議員である藤田幸久氏が、なんと日本の国会で、9.11テロ疑惑を追及したという記事をWebで確認し、且つ藤田幸久氏の上記著書をいわばセカンド・オピニオンとして読むことで、9.11テロ疑惑はどうも確からしいと確信をもつに至った。

「影の勢力が計画を事前に知り株式市場で利益を得た」というのも、「9.11テロの超不都合な真実」菊川征司、5次元文庫、徳間書店に詳述されている。

また米国国内で、「9.11テロ陰謀説」を信じる人は、半数以上だという。その点では、なんとも健全な民主主義国家であると欣快であるが、それだけに、米国政府サイドは、神経質である。藤田氏はどうも、御用新聞であるワシントン・ポスト紙に乗せられて、余計なことをしゃべってしまったのではないだろうか。それで、カウンター・キャンペーンに使われてしまったという次第である。流石に米国で、国会議員の立場で、9.11テロ陰謀説の側に立った発言をするのはまずい。それが、私としては、ちょっと複雑な気持ちである、という意味である。

ただ、ブッシュ元大統領は、キリスト教の神の名の下に、アフガニスタンに攻め込んだ。それならふと、神の名の下に、しでかした愚行を深く懺悔しないのか。もし9.11テロ実行グループに、一秒でもそういう懺悔の時間があったなら、藤田幸久氏の発言は、瞑目して単にスルーするしかないはずである。

ところで会社で、米国人の上司が、多くの人が認める、ありえないアンフェアな人事をして、私も割りをくったことがあった。その上司が敬虔なキリスト教徒であることを知っている私は、あやうく、お前は神の前で恥ずかしくないのかと、問い詰めそうになった。そんなことをしても私の立場が危なくなるだけだが、そういうメンタリティの私は、藤田幸久氏を軽率だと責める資格はないようである。

特許出願のレベル

| コメント(0) | トラックバック(0)

今から述べる話題は、もしかして一般的に成立するのかもしれないが、哀しいかな、私は、特許関係の仕事でしか稼いだことがない(そんな予定ではなかったのだが、人生は思うようにいかない)。それで、とりあえず特許出願の仕事を例にとって述べ、もし一般化できるなら、してみる。

先ず、特許事務所でもいいし企業でもいいのだが、特許庁に対して特許出願手続を行おうとすると、特許出願書類を作成しなくてはならない。これは、典型的には、HTMLの文書と、図面などをあらわすGIFイメージのファイルからなる。

すると、その特許出願書類は、こんな発明をしました、と書きたいように書けばいいのかというと、とんでもない。特許出願書類の第一関門は、方式の要件を満たすことである。すなわち、下記の項目を文章で埋めていかなくてはならない。【0001】などは段落番号といって、適宜連番で増やす必要がある。

【書類名】 明細書
【発明の名称】 
【技術分野】
  【0001】
【背景技術】
  【0002】
  【0003】
【先行技術文献】
【特許文献】
  【0004】
  【特許文献1】
【非特許文献】
  【0005】
  【非特許文献1】
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
  【0006】
【課題を解決するための手段】
  【0007】
【発明の効果】
  【0008】
【図面の簡単な説明】
  【0009】
  【図1】
  【図2】
【発明を実施するための形態】
  【0010】
  【0011】
【符号の説明】
  【0012】
【書類名】 特許請求の範囲
  【請求項1】

【書類名】 要約書
【要約】
 【課題】
 【解決手段】
【選択図】 図
【書類名】 図面
  【図1】
  【図2】

では、これを印刷して特許庁にもっていけばいいのかというと、そうではなくて、インターネット出願ソフトという特許庁が提供するソフトウェアを入手し、出願人の電子認証ファイルを購入し、セットアップして特許庁に事前登録する必要がある。

このソフトウェアは方式チェックも兼ねているので、このソフトですんなりエラーなく変換できる書類を作成することが、最初は一苦労である。それが、第一関門。

しかし、これだけではゼニは取れない。実際に特許庁に出願して審査され、特許登録されるまでもっていくのが第二の関門。そのためには、単に出願しっぱなしではなくて、特許庁から送られてくる拒絶理由通知に書かれている理由にきちんと反論し、また、明細書の特許請求の範囲の欄などを適宜補正しなくてはならない。私の経験では、信頼できる内容で特許登録される内容にもっていくスキルになるのに、少なくとも数年かかるのではないだろうか。私はいまだに特許登録にもっていくのに苦労していて、努力の果てに特許登録されると、異様にほっとする。実は、日本で、出願し審査請求して特許登録までいく確率はだいたい40%程度である。結構大変なのである。

では、第二の関門を通過すれば、大手を振って特許として威張れるかというと、そうでもない。折角特許登録されても、おそらく特許は、97%は活用されないで死蔵される。では、晴れて活用される3%にどうやって入るか。すなわち、どうやって第三関門を通過するか。

それには、特許出願の前に、市場動向をよく研究しなくてはならない。この技術は主流になる、とあたりをつけるのである。そして、きちん先行技術調査する。先行技術調査が杜撰だと、そもそも第二関門を通過できない。しかも、発明者とよく打ち合わせて綿密な内容にする必要がある。ここまで努力して、運がよければ、上記の3%に入れる。

そんな当たるも八卦、当たらぬも八卦みたいな特許出願の一件一件に、緻密な努力を傾注できるものか、という意見は当然にある。満遍なくそこそこの手間と努力で特許出願しておけばいいではないか、という議論はよくなされる。その結果どうなるか。トヨタの特許管理を見て頂きたい。トヨタは、GMから特許侵害で訴えられ、当時年間数千件の特許出願をし、そのうちの主要なものは米国にも出願し登録になっていたので、GMに対して反訴しようと自社の特許を精査したところ、驚くなかれ、使えるものが一件もなかった。そこから、トヨタの特許管理は体質改善を目指すのであるが、ここから言える教訓は、なんとか第二関門を通過すればいいという程度の努力を満遍なく広げると、下手したら、第三関門を通過できる特許がゼロになるかもしれないということである。

そこで限られたリソースでどうするか。それこそ、特許管理の大問題である。すると、一般に、次のような施策がとられる。すなわち、事前にこれは重要、これはそうでもないとスクリーニングして、重要として選別したものにだけ、第三関門通過レベルの努力を傾注するのである。人間は自分が目利きだと信じる傾向にある。重要なものを自分が目こぼしする訳がないと。

ところが私の経験だと実際は、どれが見込みがあるかという目利きは、後からみると、驚くほど的を外れている。結局、本当によい特許を生み出そうとすると、ほとんど全ての案件に、第三関門通過レベルの努力を注ぐ必要がある。

そうしようと思って結局リソースが無理なので、選別したものにだけ、第三関門通過レベルの努力を傾注するしかないのであるが、すると、その選別の精度を磨くよりないのである。

だから、リソースが十分なら、遍く第三関門通過レベルの努力を注ぐべしということになる。薬品メーカの特許出願では、必ずそうなっているはずである。なにしろ、IT企業の特許より1件あたり100倍重要である。

さらに言うと、メリハリで述べた議論になる。すなわち、あらゆる仕事は、その基底レベルに対する積み上げとして品質が決まるので、手抜きすると、全体の仕事のレベルが、格下げされてしまう懼れがある。だから、特許出願全体という場合のリソース配分は仕方ないにしても、個人レベルでは、どの仕事もあまり手抜きしない方がいいということになる。

ともかく、リソース配分は、永遠の課題である。

事務局力

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は今もそうだが、今までもどちらかというと裏方としてやってきた。だから、アマゾンの書評で、「裏方ほどおいしい仕事はない!」野村恭彦著、プレジデント社がとても好評であるのをみて、取り急ぎ買って読んでみたが、私の読後感は複雑である。なぜなのかは、追々説明していく。

この本は先ず、事務局の重要性、そのパワーである事務局力を説く。すなわち、裏方から会社のあらゆる人を動かす力を事務局力と呼ぶのだそうである。そんなに過大評価していいのか。ついそう呟く私なのである。

ただ、読み進んでいくとなかなか興味深い。すなわち、組織が与えられた目標を達成しようとするとき、仕事を効率化するために、分業化が進む。そこで人が評価を得ようとすると、人は自分を守ろうとする。それで組織の壁が生まれ、評価やルールを強化するほど、組織がタコツボ化する。そこでは、自分の仕事しかしない人が、最も生産性の高い人だと認識され、評価され、昇進していく。

そうしたタコツボ化した組織に風穴をあけるのが、事務局の存在である。事務局は、ありたい方向に人を説得するのではなく、そちらに向かってしまう状況を作ってしまうのである。では、どうやって?

その1つのキーワードが、「雪かき」仕事である。どういうことかというと、誰かがやらなくてはならない絶対に必要な仕事なのだけれども、それをやっても達成感が得られる訳でなく、社会的敬意が得られる訳でもない。それは会社では、ゴミを捨てたり、ホワイトボードのマーカを揃えたり、自発的に議事録を取ったりする仕事だったりする。

そう、そういう地味な「雪かき」仕事をやると、却って断然目立つ。理由は、そんな人はほとんどいないからである。そういえば、私が勤務している外資系企業の部門において、海外対応部門に対して、私が断然有名である時期があった。私は何も目立とうとしていた訳ではない。単に部門のインフラを作る仕事をしていた。データベースを作ったり、それにデータを打ち込んだり。依頼されたら統計データを作ったり。ここまで読んで、元事務局屋の私は、次第に嬉しくなったきた。

そういえば、私はとてもお節介だった。助けてあげようとして却ってうっとおしがられた。でも、私がサポートしないと少しだけ寂しがる人がいた。自部門だけでなく、他部門を助けようとした。セクショナリズムを嫌った。結構、この本の趣旨に沿っている。

この本はいよいよ、事務局力の奥義に向かう。ここにきて、私が所詮、事務局の中級者程度だったことが分かる。というのは、私は到底ここまでのテクニックを使いこなしていないからである。

  1. 最初は、「ケア」するメール。読んだ人が温かい気持ちになるメール。ううん、私は意外に武骨でそんなの得意ではない。
  2. 次は、「アガペー(神の愛)モード」。ううん、いよいよ分からない。そんなの無理だっちゅうの。
  3. 次は、鍋奉行ホワイトボード。すなわち、会議で、ホワイトボードにいろいろ書いて、会議を取り仕切る。
  4. 次は、付箋ワークセッション。すなわち、ポストイットで、メッセージを掲げる。
  5. 次は、内職プレゼンテーション。これは、会議に参加していながら、いつのまにか、会議のまとめのチャートを内職で作っている。おっと、と参加者を驚かせる。
  6. あこがれベンチマーキング。これは、意味がよく分からない。
  7. あとづけバイオグラフィー。これも一体なんなんだろう。

そんな七色のツールは駆使しないけど、私の事務局力は、2002年くらいまでかなり順調だった。ところが、悪いとは敢えていわないけど、私と肌の合わないマネジメントに出会って、私の事務局力は、あえなくクラッシュしてしまった。私の事務局力の強度が弱かったのか。柳のように、起き上がりこぼしのように、私は復活できなかった。まあ、この歳にしてはなんとかやってんじゃん、と誰も褒めてくれないので、俺もよくやったではないかと、自分を励ますことにした。なんか空しい。

前世効果

| コメント(2) | トラックバック(0)

例えば、NHK杯の囲碁番組を見ていて、井山名人対張碁聖で、井山名人の手を見ていると、実に堂々としていて、どちらが年上か分からない。井山名人の手に寧ろ、落ち着きと年季を感じてしまう。

囲碁だって将棋だって、興味がない人にはピンとこないかもしれないけど、プロとして勝つためには、膨大な知識を要する。それはおそらく、大型トラック1台の本では収まらないほどの知識量であろう。私はいかなる意味でも、囲碁・将棋のプロのレベルからは遠いので、推測で言っているだけだが、あるプロ棋士が言っていたことに基づいている。

ところが、井山名人はまだ弱冠20歳であって、そんな量の本を逐一読んでマスターするほどの時間があったとは思えない。どうやってマスターしたのか、という当然の疑問が湧いてくる。

その疑問に例えば、将棋界一の学識をもつとされる木村義徳八段は、前世で囲碁をやっていたからだ、と冥界じゃなかった、明解に説く。しかし、なるほど、と安易に納得できない。えっ、前世だって?

古来より、ヒンズー教、仏教などの宗教は、輪廻転生を説く。すなわち、生まれてきても、カルマを解消しないとまた輪廻転生する。今の人生でいい加減うんざりしているのに、また来世なるものがあるのかと思うと、さらに幻滅してしまう。ところが、人間は何億回も輪廻転生する、というのだから、気が遠くなってとしまいそうである。

では、そうやって何度も輪廻転生するとして、前世の記憶は残っているのかというと、建前上、それは残っていないことになっている。ところが、揺らぎなのか、自発的対称性の破れなのか、前世の記憶は微妙に後世に引き継がれるようなのである。実際、カルマは後世に引き継いで、解消されなくてはならないのだから、輪廻転生には当然に、記憶やスキルの継承がついて廻るはずである。すると、前世で将棋を真剣に指していると、後世では、生まれて初めて将棋の駒を見ても、なんとなく既視感を憶える。そして、ちょっと駒を触りだすと、あっという間に、1年足らずで、アマチュア四段程度まで上達し、こいつは天才では、と騒がれたりする。なんのことはない、前世で、第12世の将棋名人だったかもしれないのである。すると、その人にとって、将棋はマスターするものではなく、単に思い出すに過ぎないものとなる。

実際、プラトンも、全ての学習は想起である、と説く。我々は実は、生まれてきたとき既に知識はあるのだが、それを忘れており、一生かけて次第に思い出すのだ、という次第である。

すると、何度も輪廻転生を繰り返している人は、生まれてきたとき既に、深いスキルをもっている。あとは、両親の庇護の下に、忘れていたことを次第に思い出すだけだ、ということになる。

輪廻転生に始まりがあるのかどうか知らないが、もしあるとすると、そこから一斉に人が輪廻転生を始めると、大抵の人はほぼ等しい回数だけ輪廻転生することになる。ところが、人間の前世が人間とは限らない。例えば、進化の位階>にあるように、人間に可愛がられている犬や猫は、動物の中で最高の進化の位階にあって、次に生まれてくるときは、人間かもしれない。しかし、前世が犬だと、人間としては初デビューてあるから、やることなすこと、一々粗忽ということになる。もし、とても人がいいのだけれども、何をやっても駄目な人がいたら、前世が犬か猫だったということがありえる。

ところで、偉大な物理学者の湯川秀樹は、晩年のあるとき、知り合いに次のように語った。「ぼくなぁ、次に生まれてきたとき、豚やったらどないしょうと、心配してるんや。」。なるほどと感心するようなものてはないが、誰もが考えることではある。しかし、シルバーバーチによれば、人間が人間以外に生まれ変わることはないという。すなわち、一種の定向進化の思想である。例えば、ヒットラーが極悪人だとしても、次に昆虫に生まれたりしない。おそらく、人間として生まれ、貧しくて虐げられた一生を送るのだろう。

とはいえ、人間は前世のことはほとんど思い出すことができないだろう。また、シルバーバーチによれば、類魂という概念があるので、今の自分と前世の自分に一対一対応がある訳ではない。寧ろ、亡くなった自分は、類魂という袋の中に投げ込まれて汎化され、自分が学んだことは、類魂に共有され、次に生まれてくるということは、類魂からパーソナライズするというプロセスをとるのではないかと思われる。すると、井山裕太は単に、囲碁のスキルの溢れた類魂から来たということになる。

ただ、訳も分からず興味本位で輪廻転生を説くことは、シルバーバーチの忌避するところであって、私もこの辺にしておく。

フィラデルフィア実験

| コメント(2) | トラックバック(0)

私のニコラ・テスラの記事に関して、ISSEIさんからコメント戴いたフィラデルフィア計画であるが、調べてみると、テスラの関与もあったのかもしれないが、メインは、トーマス・タウンゼント・ブラウンが主に計画したものであった。

そこで、ベンジャミン・フルフォードの「闇の支配者に握り潰された世界を救う技術」講談社に従い、フィラデルフィア実験について、記述してみる。

それは、1930年代のアメリカ合衆国の大恐慌時代のことであった。トーマス・タウンゼント・ブラウンは、大恐慌のあおりで財産を失い、仕方なく、アメリカ海軍に、研究員として雇われていた。

造船所では、溶接により、軍艦が建造される。特に米国では、電気溶接が使用された。すると、大容量の電流が流れて、エックス線やガンマ線が放出される。その放射線を逃れて戻ってきた作業員は、工具がなくなっていることに気付いた。

最初は当然に、そんなものは錯覚だと一蹴された。しかし、複数の人が同様に遺失を経験するにつれて、軍も捨てておけなくなった。寧ろ、軍は、この現象を軍事目的に利用できないかと目をつけた。

大抵の科学者は、そんな現象を合理的に説明できなかったが、ひとりブラウン博士だけは、電界によって、別次元への扉が開かれたと主張した。

そこで、ブラウン博士の指導の下、軍艦に電流を流す実験が行われた。軍は、これによって、軍艦の姿を見えなくする効果に期待した。これが、フィラデルフィア実験である。

船内で電圧を高めていくと、髪の毛が逆立つ人や精神が錯乱する人が現れ始めた。電気ショックで死ぬ人も出てきた。ゆっくりと霧がかかった状態になり、物凄い光が見え、口と鼻と耳から血が吹き出て、体が四散してしまった人もいる。のたうちまわる人や、発光している人もいる。やがて、乗組員の体も、船自体も、赤い影を帯びた透明になって霞んでいった。そして、結局船は一旦姿を消し。数キロ離れた場所で発見された。

24時間後に軍関係者が研究者を連れて船に乗り込んだところ、大変なことになっていた。乗務員181人のうち、40人が、電気ショックで死亡。120人が消えていた。残りの21人は、なんと壁面に体がのめりこんでいた。そういう人は、助けようもなくて、射殺された。

この実験によると、電磁力には、思ってもみない不思議な力があるらしい。それに最初に気付いたのは、まさに、ニコラ・テスラであった。アインシュタインは、特殊相対論、光電効果、一般相対論、ブラウン運動などの豊穣な業績を残した時代のあと、プリンストン高級研究所で、重力と電磁力の統一場理論を打ち建てようと空しい時期を過ごした。アインシュタインの統一場理論は、強い力にも、弱い力にも配慮しなかった点で全く不完全と指摘されるが、そもそも、リーマン幾何学の枠組みにおけるアインシュタインのテンソル解析によらずとも、トーマス・タウンゼント・ブラウン博士の示唆によれば、重力と電磁力を結びつける好適な数式があるのかもしれない。

実際、ブラウン博士によれば、地上で、UFO的に動力で飛ぶ飛翔体の可能性も示唆される。すなわち、イオンを使った電磁力により、重力そのものをマニピュレートする可能性が追求される。

更に言うと、重力と電磁力が緊密に結び付られるとすると、現在の場の量子論の標準理論は根本的に間違っている可能性も出てくる。そこでは、電磁力、強い力、弱い力が統一され、重力だけが依然として継子扱いである。工学的見地からいうと、力の変換という意味では、重力を電磁力に変換するのは、あまりにも易しい。例えば、ダムによる発電がそうである。しかし、鬼門は、電磁力による重力の操作である。それを説明できる物理理論が待望されるが、では一体どういう物理理論になるのかと思うのだが、私レベルの知識では想像もつかない。

恐竜絶滅説に決着?

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、恐竜絶滅説が、隕石衝突説で決着したそうである。以下、引用:

恐竜など白亜紀末期の生物大量絶滅は、現在のメキシコ付近への1回の小惑星衝突が原因とする論文を、日本など12カ国の国際チームが5日の米科学誌「サイエンス」に発表した。約6550万年前に地球環境を一変させた破壊的衝突の全容も明らかにした。大量絶滅をめぐっては、複数の地球外天体衝突説、火山噴火説も出されているが、研究チームは「否定された」と結論付けた。【永山悦子】

 ◇直径10~15キロ、秒速20キロ

チームには、地質学、古生物学、地球物理学、惑星科学など専門家41人が結集。メキシコ・ユカタン半島の巨大クレーター「チチュルブ・クレーター」(直径約180キロ)が形成された時期の世界各地の地層などの最新データを、解析し直した。

その結果、チチュルブ・クレーター形成と大量絶滅の時期は一致▽他の天体が前後に衝突した痕跡はない▽6550万年前ごろは火山活動が活発ではなかった--と判明。クレーター形成による環境変化は、大量絶滅に十分だったとした。

チームによると、衝突した天体は直径10~15キロの小惑星、衝突速度は秒速約20キロ、衝突時のエネルギーは広島型原爆の約10億倍、衝突地点付近の地震の規模はマグニチュード11以上、津波は高さ約300メートルと推定された。

衝突による放出物は世界約350地点で確認された。放出物は大量のちりとなり、太陽光がさえぎられて地球上が寒冷化。5~30度の気温低下が約10年続き、海のプランクトンや植物が死滅、食物連鎖の上位にいた恐竜などが絶滅したと考えられるという。

この際、海底に生きる一部のプランクトンや、体が小さく食料が少なくてすんだ哺乳(ほにゅう)類は生き延び、後に多様化したとみられる。

チームに参加した後藤和久・東北大助教(地質学)は「チチュルブへの衝突によって生物の大量絶滅が起きたという説が揺らぐことは、もはやないだろう」と話している。

これは明らかに、新説というよりも、従来の学説の再検討と再確認である。専門家でない私には、ここにある説の何が目新しいのか、分からない。また、「チチュルブへの衝突によって生物の大量絶滅が起きたという説が揺らぐことは、もはやないだろう」と言い切る自信の根拠はなにか、ということになる。

私には依然として、恐竜隕石滅亡説は、いろいろある説の1つに過ぎないと思われる。例えば、ラナウイルスも恐竜滅亡の1つの候補だし、小松たひとさんが教えてくれたこのURLにも、6500万年前の隕石の衝突後にも生き残った恐竜がいたことが示唆されている。

恐竜隕石滅亡説の問題点は、恐竜絶滅の謎などによると、次のとおりである。

  1. 恐竜隕石滅亡説は、恐竜が絶滅した6500万年前の地層から、高い濃度のイリジウムが見つかったことに基づく。しかし、そこで測定されるほどの濃度のイリジウムが堆積するためには、少なくとも数回数、十数年周期で、直径10キロ以上の隕石が衝突する必要がある。そのような事象は見つかっていない。
  2. 6500万年前以前から、恐竜は個体数が減少していた。
  3. 6500万年頃、恐竜の体表は、ウロコでなく、羽毛に覆われていたという証拠がある。すると、隕石落下による気温低下に生き延びられたのではないか。
  4. 恐竜は個体数を減らしながらも歴史上数回起きた氷河期にも耐えている。
  5. 気温の変化に弱い珊瑚は現在も残っている。
  6. 地球の引力に捉えられた惑星が地球の自転を弱め、遠心力が弱まったために重力が増加し、その結果、恐竜が絶滅した。ここにきて、俄然、月の不思議が注目される。もしかして、月は、6500万年頃忽然とやってきたのかもしれない。巨大宇宙船として、操縦されてである。

その他の恐竜滅亡説としては、次のものがある。どれも決め手にならない。

  1. アルカロイド中毒説
  2. 集団便秘説
  3. 哺乳類による、恐竜の卵捕食説
  4. 遺伝子異変説(種の寿命説)
  5. 火山活動説
  6. ウイルス疾病説

ともかく、恐竜隕石滅亡説よ、驕るなかれ。私が言いたいのは、それだけである。

トルコ人学位取り消し

| コメント(3) | トラックバック(0)

毎日新聞を見ていて、以下のような記事が目に止まった。で、なあんだ、また論文盗用かと興味を失いかけたが、アニリール・セルカンという名前に見覚えがあることを思い出した。以下、引用:

東京大学は5日、大学院工学系研究科のアニリール・セルカン助教(36)の博士論文に他人の論文からの悪質な盗用などの不正が見つかったとして、03年に授与した工学博士の学位を取り消したと発表した。論文不正で博士の学位が取り消されたのは東大で初めて。

東大によると、学位を申請した宇宙での長期滞在施設に関する論文全376ページのうち約4割の149ページで他人の論文からの盗用が見つかった。他人の論文の主語を自分に書き換えるなどした悪質な盗用やその疑いがある個所は計21カ所あった。セルカン助教は盗用した事実を認めているという。

セルカン助教はトルコ国籍。東大博士課程、宇宙航空研究開発機構研究員を経て、05年に東大大学院建築学専攻助手(現助教)になった。自身の著書やブログで「米航空宇宙局(NASA)で訓練したトルコ人初の宇宙飛行士候補」と称して講演や執筆活動を続けていた。昨年秋に経歴を疑問視する声や論文不正の指摘が東大に寄せられ、調査委が設置されていた。

東大の佐藤慎一副学長は「極めて遺憾である。二度とこのようなことがないよう、全学をあげて取り組んでまいりたい」とのコメントを発表した。東大の決定を受け、中央公論新社は5日、セルカン助教の著書「ポケットの中の宇宙」(中公新書ラクレ)を絶版にしたと発表した。【江口一】

実は、アニリール・セルカンについて私は、2年以上前に、「発明」という雑誌に関連して、ブログに書いた。そこに書いたように、セルカンは、長野オリンピックのトルコのスキー代表になったり、8ヶ国語をマスターしていたり、18歳で、パイロットの資格を取ったり、宇宙飛行士としての訓練を受けていたり、宇宙エレベータに関する研究で、US Technology Awardを取ったりと、「超人」と表現した。

しかし、「昨年秋に経歴を疑問視する声や論文不正の指摘が東大に寄せられ、調査委が設置されていた。」と指摘されたとすると、上記の華麗な経歴も、どこまで真実か、怪しくなってくる。

ところで、論文盗用というと、ベル研での論文捏造筑波大学データ改竄事件論文不正などの自分のブログの記事を想起する。

ベル研での論文捏造は、論文盗用というよりも、データの偽造であった。ただ、セルカン氏の事件と似ているのは、一時はマスコミの寵児となり、一部の学者の疑惑の指摘が何年もの間、掻き消されていたことである。言い訳になるが、「発明」という雑誌を見ただけで、専門外の分野で、私がセルカン氏の怪しさを見破るのは困難である。

筑波大学データ改竄事件については、私は、流石に冤罪ではないかと信じる。データの統計処理に関する技術的な内容であるので私には詳細は理解できないが、世界の権威の学者がこぞって、筑波大学をクビになった長博士を支持する声明を出しているのである。到底、セルカン氏のケースと同じには論じられない。

論文不正は、東北大の同大大学院歯学研究科の上原亜希子助教の論文不正疑惑であり、他論文からの盗用の疑惑という意味では、セルカン氏のケースと似ているが、セルカン氏のケースと異なるのは、上原助教と、その指導教授である高田教授は不正を認めていないという点である。すると好意的に解釈するなら、、多少の他論文からのコピーはあったものの、論文の主要な内容においてオリジナリティを主張している、というところだろうか。

こうしてみると、あっさり盗用の事実を認めているセルカン氏は、素直というか情けないというか。ただ、私は依然として、セルカン氏は多芸多才な人であると信じる。しかし、その多芸多才ぶりを喧伝しようと溺れて、つい経歴を糊塗してしまったのだろう。個々の専門分野の知識が深化してしまった時代にあって、複数の分野に亘るエキスパートというのは益々輩出しにくくなっている。だから、現代にあって、多方面に亘って超人のように才能を発揮している人をみたら、その少なくとも一部の分野は眉唾である、と思った方がいいのかもしれない。

偽善エネルギー

| コメント(5) | トラックバック(0)

武田邦彦氏というと、環境保護問題の偽善を暴く論者として有名であるが、「偽善エネルギー」幻冬舎新書は、特に目新しさはないものの、コンパクトなまとめとして有用であったので、私なりにメモしてみる。

先ず最初は、石油の問題である。私は、石油というのは、とりあえず枯渇ということは考えなくていいと漠然と思っていた。つい、原油の由来のような自分の記事を信じているせいかもしれない。しかし、この本によると、既に50年も大規模な油田は見つかっておらず、その一方で、石油消費量は増える一方だという。すると、石油の枯渇は、近い将来かなり現実的な問題になるだろう。すると、次第に石油の値段はあがり、あるいは、精製しにくい質の悪い石油に頼らざるをえなくなるかもしれない。よって、人類はそろそろ、石油がなくなることに向けての準備が必要である。

次は、原子力発電である。石油が枯渇してくると、現時点では、どうしても、電力を原子力に頼らざるをえなくなる。ただ、原子力発電は、日本のような地震国だと、立地場所に多大な注意を払う必要がある。すなわち、活断層を避けるなどである。さらに、想定される地震の強度を大きめに見積もっておけば、とりあえず安心である。ただ、そうは言っても、原子力発電の安全性は、なんといっても管理者の管理能力に依存する。きちんと管理され、安定な場所に作られた原子力発電所は、結構信頼できる。特に、軽水炉型の原子力発電所は、安全度が高い。核廃棄物の問題も、技術的には確立されている。すなわち、土中に安全に埋設する技術も確立されており、下手に感情的になる必要はない。生物はなぜ放射線に弱いのかに書いたように、確かに生物は放射線に弱い。しかし、微弱な放射線は、バックグラウンドでは常にあり、それは人体に無害というよりも寧ろ、有益である。

次は、環境保護の旗手として脚光を浴びているソーラーセルである。太陽の光は無尽蔵であるから、これをエネルギーに変換できれば、とても利益は大きい。しかし、ソーラーセルというのは一種の半導体デバイスであって、これの製造はかならずしも環境負荷が小さいわけではない。また、ソーラーセルから大きいエネルギーを得ようとすると、膨大な面積の土地を要するが、日本はあまりにも、空き地が狭い。例えば、アメリカ合衆国などだと、ソーラーセルはもっと有利だろう。

次は、水力、風力、バイオ、その他の自然エネルギーであるが、特に日本ではどうしてもメインになり得ない。なぜなら、あまりにも至る所に民家が密集しすぎている。例えば、風力といっても、巨大な風車を設置する場所に事欠く。水力発電のダムも、建造中止が相次ぐことからも分かるように、これ以上増やせない。別の言葉でいうと、石油や原子力が、エネルギー効率として優秀すぎる。

次は、食糧問題。食糧危機?で見たように、資源の絶対量としての食糧は、それほど心配する必要はない。しかし、問題は、石油以上に生活に密接である食糧のほとんどを、日本が輸入に頼っていることであって、何かの折に、食糧禁輸を武器に使われると、日本は困窮する。すると、日本にとって、食糧問題というのは、環境問題というよりも外交問題であり、産業施策である。

次は、地球温暖化問題。二酸化炭素増加による地球温暖化が、壮大なデマであることは、地球温暖化理論の曲がり角赤祖父俊一の地球温暖化論などに書いたとおりであるので、ここでは繰り返さない。武田邦彦氏は寧ろ、二酸化炭素を排出することは穀物などの生産のためにも好ましいことだという。私も、そこまで言ってもよいと思う。

次は、再び石油枯渇問題。ここで考えなくてはならないのは、石油は、われわれの生活にとって、単なる燃料ではない、ということである。それは、ビニールやポリプロピレンなどの生活必需品の原材料でもある。当然に、医薬品にも使われる。すると、石油が枯渇したら、単に、原子力、核融合炉などでエネルギーを補えばいいということにはならない。ただ、枯渇しつつある石油に対して、再び注目を集めるのは、石炭である。石炭はおそらく、石油と違ってあと300年分くらいの埋蔵量がある。また、化学成分は石油とあまり違わない。すると、石油からつくれるものは、石炭からも作れる、ということになる。ただ、固体である石炭は扱いにくく、そこに技術革新は必要である。石炭については、石炭の活用で述べたように、見直しがなされつつある。

次は、海洋国家としての日本を見直すことである。すなわち、海の資源を見直し、海洋農場として海藻を育てるなど、とりえる施策はいろいろある。

次は、小手先の省エネがどれくらい意味があるか、ということである。例えば、スーパーで、ポリエチレン袋でなく、個人用の袋をもっていくことが励行されるが、一方で、単なる観光目的で、車で遠出したり、飛行機で海外旅行したりする。そのようなエネルギー消費は、ポリ袋何十年分かの節約をふっとばす。だったら、車に乗らないようにしましょう、飛行機での旅行は控えましょうとキャンペーンする必要があるが、それは、破産して再生しようとするJALを一層危機に陥らせるだけである。

実際、熱力学第2法則によれば、あらゆる活動は、エントロピーを増大させるのであって、それは環境保護の活動と言われるものも例外ではない。例えば、トヨタが、燃費を改善するハイブリッド・カーを生産して、環境に優しいと言いなしても、結局、多くの資源をそれに投入し、全体からみて決して省エネになっていない。本当の省エネは、最低限生きていく以外に、何もしないことである。それは、老子の世界なのかもしれないが、経済活動としては、それでは成立しない。ここで、武田邦彦氏は、科学の知恵に基づく楽観論を説くが、私はどうしても、手放しで楽観的になれない。このあたり、仏教的厭世観に染まっているせいかもしれない。

ワイヤレス給電

| コメント(4) | トラックバック(0)

ワイヤレス給電とは、線をつなぐことなく、空間を介して電力を伝送する技術である。これの嚆矢は、ほとんど間違いなく、ニコラ・テスラである。テスラが生きていた時代は、ワイヤレス給電はまだ実用から遠かったが、今やすっかり実用的になった。その様子を、日経エレクトロニクス2月22日号に従い、メモしてみる。

まず、ワイヤレス給電の対象は、携帯電話、ノート・パソコン、家電機器、電気自動車などである。 では、ワイヤレス給電には、どのような原理のものがあるかというと、代表的なのは、次の5つである。

  1. 電磁誘導型
    これは、数百kHz程度の電磁誘導での電力伝送であり、トランスのような回路が受け側にあれば、容易に実現可能である。セイコーエプソン、パナソニック、NTTドコモなどが検討している。比較的簡単だが、送電距離が短いのが難点である。
  2. 電場・磁場共鳴型
    これは、磁場または磁場共振を介したLC共振器間伝送である。この方式も、送電距離は比較的短く、1m以内である。エバネッセント波のモード結合による共振を利用するので、制御方式が複雑である。MIT、クアルコム、東大、徳島大などが検討している。
  3. マイクロ波送電型
    これは、数GHzの電波による電力伝送であり、これこそが、ニコラ・テスラの嫡子である。この方式は、遠方に電力を送れる。京大、阪大、神戸大などの関西の大学が検討している。この方式は、人工衛星のソーラーパネルで得た電力を地上に送るために使用するという計画がある。
  4. レーザ誘導型
    これは、可視光領域の電磁波を用いる。要するに、ソーラーバッテリへの充電方式である。室内の場合、効率のよい光源が必要である。東大、近畿大などが検討している。
  5. 超音波送電型
    これは、数十kHzの超音波で電力を伝送する。流石のテスラも、ここまでは考えていなかったのではないだろうか。音波なので、放射電磁雑音の影響をうけにくい。ただ、送電電力量が小さいという欠点がある。釧路高専、愛媛大学などが検討している。

ともかく、ワイヤレス給電は、地味ながら、EVの時代には重要になってくるに違いない。

プログラマ

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、あまりコンピュータが詳しくない人からは、前職がプログラマだったのか、と聞かれる。それは、折に触れて細々としたマクロやツールを書いたりしているからである。しかし、本当にプログラマだった人は決してそうは言わない。いかにも素人然とした私のツールを一瞥しただけで分かるのだろう。

ただ、スキルレベルは明らかに水準に達していないが、私のプログラミングはまさに下手の横好きである。

そんな下手の横好きアマチュア・プログラマとして、どうもしっくりこないことがいろいろある。先ず、元プログラマで今は、人事なり、SEなり別の仕事をやっている人で、最早プログラミングに全く嗜好も興味ももっていなさそうな人が少なからずいることである。

典型的には、カーニハン・リッチのC言語の本とか、ラリー・ウォールのPerlの本とか、その道の人にとってバイブルのような本が、その辺に無造作に積んであってずっと読まれた形跡がないことである。読んでなくてもいいけど、少なくとも、敬意くらいは示してほしい。

あと、元プログラマでも、ちょっとしたマクロさえ書こうとしない人がほとんどである。プログラミングって、そんな詰まらないことだったっけ。

また、現役のSEの人に、SEということはなにかプログラムも書くんですよね、と聞くと、馬鹿にされたようにムッとして、「そんなのは外注だよ、僕はお客様と話して、全体のデザインと仕様を決める。そしたら、それをどうコーディングするかなんて、機械的なことじゃない?僕の給与の時間単価には引き合わないよ。」と言ったりする。そこでもまた、プログラミングって、仕様から一義的に決まる内容を書くだけの、単なる機械的作業だったっけ、という疑問がわきあがる。

あるIT企業の研究所の研究員に、あるアルゴリズムを考え付いて実現するために、プログラムも自分で書くのですか、と聞くと、「昔は自分で書いたさ。でも、主任研究員になってからは、コードを書くなんてルーチン作業は、若手に任せて、もっと創造的なことに時間を使うようにしている。」と言ったりする。そこでさらに、あれっ、プログラミングって創造性があまりいらないっけ?という疑問がわきあがる。

そんな私はもし、一人で無人島に行くとしたら多分、OSとエディタとコンパイラが入ったノート・パソコンをもっていく。あとは、ノートとボールペン。そして、愚にもつかないプログラムを書きながら、OSを自分で書いたリーナスは凄いよね、GNUのCコンパイラを書いたリチャード・ストールマンは天才だよね、と空を眺めることだろう。

約1年前に、USBメモリ・ウイルスとしてメモした件であるが、そのときは単に一般的知識としてだけ確認した。しかし、実際に家族のパソコンがUSBメモリ・ウイルスに感染したので、その症状と、解決策について書いてみる。

すなわち、USBメモリ・ウイルスとは、主としてautorun.infを書き換える。autorun.infは、USBメモリなどの可搬記録媒体のルートディレクトリに置かれるが、USBメモリ・ウイルスは、独自に作成したautorun.infを、ハードディスクのルートにもコピーする。その際、見つかりにくく消しにくいように、システム属性・隠し属性・読取り専用属性で作成される。

autorun.infの内容は、例えば、次のようになっている。
[Autorun]
open=Application.exe

このApplication.exeが、何か悪さをするプログラムである。すると、USBメモリ・ウイルスの影響を消し去るには先ず、所定のウイルス駆除ソフトによって、ハードディスク全体をスキャンして、感染ファイルを駆除する。

それだけでは駄目で、次は、ハードディスクのautorun.infを削除する必要がある。しかし、コマンド・ラインを開いて、
c:\>del autorun.infとしても、隠し属性になっていたら、消去できない。そもそも、本当に存在するかは、
c:\>dir autorun.inf /a のようにして確認する必要がある。

autorun.infが見つかったら、
c:\>attrib -s -h -r autorun.inf で、属性を変更し、その後、
c:\>del autorun.inf で消去する。

これでだいたい終わりであるが、念のため、レジストリのフォルダを開くオプションを確認する。すなわち、
c:\>regedit で、レジストリ・エディタを開く。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Drive\shell を開き、右側の (既定) をダブルクリックし、データに none と記入して「OK」をクリックする。
この操作は、USBメモリ・ウイルスによって、マイコンピュータなどで、ディスクを開こうとすると、開くアプリケーションの検索画面になる、というバグが生じることがよくあるので、それを解消するために行う。なお、私が経験した例では、ここはUSBメモリ・ウイルスによって影響を受けていなかった。

USBメモリ・ウイルスによる被害は何かというのは、とても分かりにくい。強いて言えば、プリンタのスプーラーが重くなったくらいである。ただ、どういう「悪さ」をするかは、autorun.infに書かれる、open=Application.exeのところのプログラムに依存することになる。コンピュータ・ウイルスが感染する態様は様々に亘るが、USBメモリ・ウイルスは、とりあえずautorun.infを書き換えてハードディスクにコピーするだけだとすれば、実に素朴なやり方であるといえよう。こんな素朴なやり方で、ハッカーの「職人気質」は、満足されるのであろうか。

他人支配

| コメント(0) | トラックバック(0)

他人支配といっても、他人を奴隷のようにこき使うことではない。単にやたら「~すべき」を押し付けて、思うようにならないので、いらいらすることである。このありそうであまり聞いたことがない「他人支配」という言い方は、「他人支配をやめると幸せになる」黒岩貴著、小学館に拠る。

この本によると、他人支配とは、親子関係、恋人関係、夫婦関係、友人関係、会社内の仕事関係などに遍く関与してくる。

親子関係とは、子供が小さいとき、どうしても関係は、親が子供を支配する他人支配になってしまう。○○しなさい、△△してはいけません、どうして××するの、とかきりがない。親はどこかで、子供に対する他人支配を緩和しないと、子供が健全に育たなくなる。

恋人どうしでは、一方が他方に、いろいろと要求を突きつける。それもある意味、愛情の一形態ともいえるのであるが、それを受け入れて頑張るのもまた、愛情の一形態である。しかし、無理やり他人支配を続けようとすると、ほとんど必ず恋愛は破局に陥る。なぜなら、恋愛は実は脳の病気の一種であり、大抵3年も経てば治ってしまう。すると、100年の恋ならぬ、3年の恋の終わりである。それでも他人支配モードを続けると、別離を促進する。

夫婦関係は、場合により、恋人関係の発展形であるが、法的に固定化されているため、他人支配が強くなりがちである。女性が男性を他人支配するパターンが多いように思われるが、もちろん、その逆もある。夫婦関係で他人支配が続くと、いよいよ夫婦関係は形骸化し、浮気をする者もでてくる。これも、ある種の人の場合、ほとんど必然である。なかには、思い余って、暴力を振るう者もいる。いよいよになると、高いポテンシャルを乗り越えて、離婚というかたちで夫婦関係をターミネートする。

友人関係は、ある意味、上記のどれよりも軽い。中には深刻なものもあるが、一般的によりカジュアルである。そこでも当然に他人支配は蔓延る。例えば、○○をあいつにあげたのに、thank youの一言もない、とか、△△を結婚式に呼んでおきながら俺は無視した、などである。こうして、いくらでも怒るネタに事欠かない。

より難しいのは、会社関係である。というのは、会社ではどうしても、上司は部下をある程度「他人支配」せざるをえない。会社の先輩・後輩間や、同僚の間でも、嫉妬のような感情が、他人支配となってあらわれたりする。

そこで筆者は、他人支配をやめれば幸せになると説くのだが、そんなに簡単に他人支配をやめることができるものか。凡そ、他人に関心があり、いささかの野心や嫉妬などの人間的な感情があれば、どうしても他人支配の気持ちは抑えきれない。

で、思うのだが、筆者の言いたいことは、他人支配の気持ちにポジティブ・フィードバックをかけてはいけない、ということなんだろう。それは、ある程度の性欲、物質欲、名誉欲は、生きていく上で必須であるとしても、それを煽ってはいけないというのと同じである。ただ、他人支配については、もしかして、もっと他人をドライブして自分の利益を増やそうというのが推奨される状況もあるので、そういう場合でも、他人支配していないか、立ち止まって考えなさいという趣旨だと理解することにした。

といいつつ、「あいつは、こんな簡単なこともどうして直ぐやってくれないのか。」「どうしてこんなこともあいつは分からないのか。」と他人支配のステートメントは頭で渦巻くので、いちいち潰すのは大変である。あ、潰すのではなく、スルーするのだった。

グーグルの版図

| コメント(0) | トラックバック(0)

グーグルについては、多大の興味をもっていて、グーグルの職場ビジョナリなど、様々なメモを書いてきた。

しかし、その全貌を概観したことはまだなかった。すると、幸便にも、日経エレクトロニクス2月22日号に、グーグルの全貌が特集されていたので、メモしてみる。

先ず、グーグルのサービスが始まったのは、1998年のことである。それは、Googleが目指す方向でも触れた、ページランク・アルゴリズムを使ってのことである。

それから2年後の2000年、検索連動型公告のAdwordsが始まり、2003年にはコンテンツ・マッチ型公告である、Adsenseが始まった。今でも、AdwordsとAdsenseは、グーグルの稼ぎ頭である。

2004年は、グーグルにとって画期的な年で、デスクトップ検索ツール、Google Earth、Gmail、Google Mapsと、拡げていった。

2005年には、Book Search、2006年にはクラウド・コンピューティングの走りである、DocsとApps、すなわち、インターネットを通じた企業向けスイートを提供し始めた。

2006年にはまた、YouTubeを買収し、2007年には組み込みソフトウェアAndroidを発表し、2008年にはChromeブラウザ、また同じく2008年に、Street View、2009年にはChrome OSと、とどまるところを知らない。Chrome OSは、3万円を切る安価ネットブックにもつながる。

その戦略の基本にあるのは、「世界中の情報を整理し、誰からもアクセスできるようにする」ということである。

最近ではさらに、Google Energy LLCという子会社を設立して、太陽電池パネルの設置や、エネルギーの売買も行うようになった。その情報力を活かして、電力監視事業にも興味をもつ。

グーグルの貪欲さは、それだけに留まらない。インターネット・テレビへの進出を虎視眈々と狙うし、iPhoneを意識したNexus Oneも売りだす。OSは当然に、Androidである。

グーグルの快進撃がいつまで続くのか、それは誰にも分からない。しかし、私の妙な不安は、グーグルの活躍が実は、秘密結社の世界制覇戦略とつながってはいないか、というものである。ただ逆に、そういうつながりを想定すると、ここまでのグーグルの驚異的な成功も納得がいく。なにしろ目が離せないのが、グーグルである。

餃子の王将の凄さ

| コメント(4) | トラックバック(0)

gooランキングによると、餃子の王将の凄さのランキングは、次のとおりだという。

  1. 全店4年連続黒字
    これは確かに凄い。ただ、ニトリ、ユニクロ、サイゼリアもそうかもしれない。
  2. 皿洗い30分を条件に、タダで食事をさせてくれる店舗がある
    これは面白い。学生時代、手許に数百円しかなくて、困ったことがあった。これがあると助かる。
  3. 餃子はすべて店舗で手巻きしている
    いくら安くても、このこだわりは大事である。
  4. 全国チェーンなのに統一マニュアルがない
    そう、これが案外キーなのである。統一マニュアルでがちがちになると、創意工夫がなくなって、サービスが硬直化する。それで流行るということはありえない。
  5. 1日20万人前の売上げ
    これは、単純に凄い。
  6. 社員の平均給与549万円と外食産業では高め
    普通のサラリーマンからみて、それほど高くないが、そういう相場なのか。
  7. 単品だけでも50種類以上のメニュー
    これはありがたい。メニューが少ないと、リピータ感が下がる。飽きやすいからである。
  8. 回転寿司をやっているところもある
    こういう多様性もいい。
  9. 会員になると、5%OFFと誕生月は1,000円分の食事が無料になる
    これは、特に驚くようなサービスではないが、ありがたい。
  10. パチンコ機種「CR餃子の王将」まで登場
    冬ソナもあったが、パチンコ機種になるというのは相当の人気を裏付ける。

ということで、餃子の王将は、一見平凡な特徴の積み重ねなのであった。

認知コスト

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ソーシャルブレインズ入門――<社会脳>って何だろう」という本によると、ソーシャルブレインズという概念がある。実は、この本は買ってもおらず、「情報考学」の書評だけ眺めて書いているのだけれども、この本によると、人間が一番頭を使うというのは、空気を読むとか、協調する、対立するという社会関係における認知だという。

ただ、そこで、「一番頭を使う」というのは、ちょっと違うのではないかと思う。すなわち、そこで頭を使うというのは、私が管理職として演技した、という状況に近いのではないか。すなわち、私にしてみれば、頭でなくて気を使ったのだ、といいたいところなのだが、それは、ソーシャルブレインズの文脈では、やはり脳の働きなので、頭を使うことになるのだろう。

ソーシャルブレインズの概念の1つの卓見は、認知コストという概念である。例えば、自分の知らない土地を訪れる、経験がなく責任ある地位に就く、などということがあると、何かを考える、行動規範を変えるという必要性が生じ、認知コストがかかる。

そこで、上記ブログ記事に書いたように、私は管理職を経験して大変な認知コストを払うことで、数学などの純粋悟性を使った思考がほとんど機能停止状態に陥ってしまった。すると、ソーシャルブレインズの認知コストと、数学などの純粋悟性とは排他的である、という仮説を立てることもできる。

更に苦笑いしてしまうのは、上司や強者は、部下や弱者に問題解決の認知コストを払わせる、というステートメントである。これは異議ありで、強者とは何か知らないが、そこでいう上司というのは、おそらく、ダメ上司ではないか。すなわち、ダメ上司は、状況が変化して認知コストがかかる状況になると、そのもてる権力を利用して、部下に認知コストのツケを廻す。「○○君、の問題を解決する課題を君に与える。明日までに考えてほしい。」「そんな、無理ですよ。」「いや、私は明日の午後に部長に報告する必要があるのだ。」「だったら、課長が考えて下さい。」「何を言う、この問題を実務的に解決することは君の役割で、私はそれを指示する役割なのだ。」みたいなやりとりは頻繁にありそうである。

これを書きながらふと思ったことがあり、それは、認知コストを払うことは、惚け防止には必須なのではないか、ということである。すなわち、数学のような純粋悟性的な頭の使い方だけでは、惚けは防げないかもしれない。例えば、ゲーデルは紛うことなき卓越した悟性の人だったが、晩年は惚けのような強度な鬱に陥った。すると、数学などの勉強だけで頭を使って老後を乗り切ろうと思っていた私の方針は、根本から見直しを迫られる。なぜそう思ったかというと、先日、うちの父と話していたときに、父とあまり歳が違わないのに、島一番の秀才だったのに惚けがひどくて、今やまともな会話も成立しないという人の話題になり、どうもその原因は、秀才然として頭が高いので、島の人達と付き合いを馬鹿馬鹿しくて避けたからではないか、と言っていたことによる。

そうはいっても、過度の認知コストも問題で、私の出身地のそばの高校で、商社マンから登用された校長が、周囲との人間関係に悩んで自殺したという事件があった。これなど、認知コストが過重になったのであろう。元商社マンだと、そういう耐性はありそうなものであるが、教員の世界はまた特殊なのかもしれない。

そのように、ある種のビタミンのように、適度必要な認知コストであるが、生まれたばかりから幼児の頃は、認知コストが低い方がよいようである。そうしないと、周囲の環境に適応するだけにエネルギが費やされてしまい、知性が育まれない。

こうしてみると、認知コストの低さというのは、たっぷりとした栄養に喩えることができる。すなわち、子供時代は、たっぷりとした栄養が必要であるが、大人になると、過度の栄養は、成人病につながる。だから、ある程度ダイエット、すなわち、認知コストの負荷を要するということである。

さらに考察を進めると、カオス的行動に陥る主要な原因を、過度の認知コストに求めることもできよう。こうして、「ソーシャルブレインズ入門――<社会脳>って何だろう」はやはり買うべし、ということになる。たかが本を買うことにそれほど理由をつける自分というのもまた、意外である。

ブラック企業の属性

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前に触れた、ブラック企業であるが、ダイヤモンドオンラインに、ブラック企業に関する記事があったので、重複を恐れず、これをベースにメモしてみる。

先ず、ブラック企業の定義であるが、確立したものはないだろう。ダイヤモンドオンラインのこの記事によると、「労働法に抵触しかねない劣悪な労働条件で働かされる、賃金や福利厚生のレベルにとても見合わない精神的、身体的苦痛を日常的に被る。」である。

ダイヤモンドオンラインには、次のような例が紹介されている。

「自分の仕事は定時に終えているにもかかわらず、毎晩23時近くまで居残りを強制されるんです。帰る素振りを見せようものなら、『先輩や上司がまだ仕事してるのに、いい身分だな』とスゴまれる。手伝おうにも、きちんと仕事を教えてくれないので何もできることがなく、繁忙期には無意味な休日出勤が続いて、最高25連勤なんてのも経験しました」

そう語るのは、数ヵ月前に首都圏のIT企業に転職したばかりの男性(28歳)だ。もともと薬品関連会社で営業を担当していたが、不況の煽りを受けてリストラされた。

なるほど、「薬品関連会社で営業を担当していたが、不況の煽りを受けてリストラされた。」というのは、医薬品の問題である程度実態を知ってしまうと、一層身につまされる。

ブラック企業の典型的な挙動として、次のようなものがある。

  1. 残業手当や休日出勤手当が暗黙の了解で申請できない。
  2. 各種手当が廃止される。
  3. 仕事で使う資料にかかるコストや、商談先までの交通費までもが自腹。
  4. 取引先の接待が自腹。
  5. 現場への締め付けは厳しいのに、あるレベルの管理職以上には経費削減の波が及ばない。
  6. トイレの清掃が行き届かなくなるなど、メンテナンス面のコストが限界まで削られる。
  7. タイムカードを含め、誰の目にもわかり易い"勤怠管理システム"が廃止され、すなわち、勤務時間のデータが隠蔽される。
  8. 退職したスタッフに、離職票などの必要書類をなかなか用意しない。
  9. インターネット上の匿名掲示板に、明らかに"内部告発"と思われる書き込みが多い。

末端管理職がブラックであっても、本社の経営側がホワイトであれば、ブラックな末端管理職の行状を経営側に訴えることにより、待遇が改善されることもある。しかし、往々にして、下手に経営側に訴えると、不満分子として、却って左遷されたりするから、難しい。

ダイヤモンドオンラインの記事は、

不況は底を打ったとも言われるが、消費はいまだ回復しておらず、台所事情が厳しい企業はまだまだ多い。生き残りを図るビジネスパーソンは、ブラック企業を見分ける"選別眼"をさらに養っていくべきだろう。
というが、意に反して勤めている企業をリストラされたとして、普通、この不景気に、ろくな会社が拾ってくれないだろう。そんな会社がブラック企業だったからといって、どないせぇちゅうんじゃ!と関西弁で嘆くよりない。いよいよ、生きにくい世の中になったものである。

インフルエンザ疑惑

| コメント(0) | トラックバック(0)

今まで、新型インフルエンザの死者タミフルは大丈夫か?などいくつかの記事で、インフルエンザについてみてきたが、どうもしっくりいかないものを感じていた。インフルエンザに対するマスコミの反応がどうも割り切れないのである。

そんなとき、「全部わかった!国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ (5次元文庫)安部 芳裕著をみて、1つの仮説であるが、それもありかと思ったので、この本をベースにメモしてみる。

すなわち、先ず疑問なのが、豚インフルエンザの発生である。豚インフルエンザは、メキシコの養豚場で発生したと言われていたが、あとからの調査で、そこの養豚場で、インフルエンザ陽性の豚は一匹もいないことが分かった。

そんな豚インフルエンザであるが、鳥インフルエンザと比較して、毒性は低いと言われているのに、WHOの警告レベルがどんどん上がっていくのが怪訝で仕方がなかった。また、マスコミの反応も過剰であるように思われた。

しかしそれは、資本主義の論理と結びつけるとすんなり理解される。すなわち、危機をあおると、ワクチンの必要性が喧伝され、緊急でワクチンが薬品メーカーによって増産されて、薬品メーカーが儲かるのである。すると、薬品メーカーは、インフルエンザの危機が宣伝されて、ワクチンの必要性が高まることを待望することになる。もしそういう論理があるとすると、新型インフルエンザで、危機の見積もりがさしたる根拠なく上方修正されていることも理解できる。

それでは、ワクチンは効くのだろうか。副作用はどうなのか。この点について私は、多少の副作用はあっても、インフルエンザ・ワクチンの効用に疑問をもったことはなかった。

しかし、歴史的にみても、インフルエンザ・ワクチンの副作用はかなり強く、1976年に米国で豚インフルエンザが流行したとき、ギランバレー症候群で、25人が死亡し、数百人に重大な副作用があらわれたという。

ところが、2009年の豚インフルエンザの大流行を受けて、2009年の7月22日に、ホワイトハウスで、製薬会社、医療保険会社、病院関係者で会合がもたれ、そこで、ワクチンの副作用があっても、製薬会社を免責するという決定がなされた。すなわち、訴訟社会の米国で、インフルエンザ・ワクチンの副作用の理由で製薬会社を訴えても、裁判で勝てないということである。

こうして米国では、2009年の7月、インフルエンザ・ワクチンの接種を強制できる法律改正が行われた。ところがなんと、オバマ大統領は、自分の娘にインフルエンザ・ワクチンを接種することを拒否したことが分かった。オバマ自身も、副作用に比べて、有効性に疑問をもっているようなのである。

実際、スイス、ドイツなどでも、インフルエンザ・ワクチンの有効性に疑問を呈する医学専門家は少なくない。

また、米国とWHOは結託して、インフルエンザ・ワクチンで、利益をあげようとしている、と、例えば、インドネシアの保健大臣は主張する。

しかし、日本でも、無批判に、沢山のインフルエンザ・ワクチンが輸入された。なにしろ、例えば、グラクソ・スミスクライン社から輸入したインフルエンザ・ワクチンは、3700万人分にも及ぶ。

そんな新型インフルエンザであるが、なんと、研究所で製造されている可能性があるという。実際、インフルエンザ・ウイルスはほっといても変異が激しいが、特に、鳥の腸などで複数の種類が交配して、毒性の強いものがあらわれるという。すると、試験的にいろいろなインフルエンザの種を混ぜ合わせることによって、人工的に毒性の強いインフルエンザ・ウイルスを創り出すことはそんなに困難ではないよう思われる。

そうやって製造したインフルエンザ・ウイルスを、繁華街で、密かに散布することも困難でない。そこまでやるかと言うかもしれないが、資本主義の稼ぎの論理はあまりにも非人道的で、そのことは、軍産複合体が関与しているかもしれない9・11疑惑の自作自演がありだとしたら、何でもありではないだろうか。なにしろ、インフルエンザが流行すると、濡れ手に粟で稼げる企業があるのである。

同じ文脈で、HIVやSARSなどの生物兵器説も喧伝されるが、これはまた別稿とする。

人類の残虐性

| コメント(2) | トラックバック(0)

よく次のように言われる、すなわち、お金の嫌いな人はいない、人間はみんな本当はスケベである、有名になって嬉しくない人はいない、人間はみんな不幸である、など。そう言われると、そうだよね、と安易に頷きがちであるが、それでいいのか。

すなわち、お金についていえば、とことん強欲な人もいるし、生活保護も絶って知らないうちに飢え死にする人もいる。それを一言で、お金の嫌いな人はいないと一まとめにして言っていいのか。

また、暇さえあれば浮気する人もいるし、ニコラ・テスラのように、もしかして一生童貞だったかもしれない人もいる。それを一言で、人間はみんな本当はスケベであると一まとめにして言っていいのか。

どうしてそういう子供みたいな疑問を呈するかというと、先日、「縄文・弥生セミナー」なるものを聞きに東京駅のそばのビルに行ってきたからである。大学の考古学の教授がいうには、もともと日本列島には1万年以上前から縄文人が住んでいたが、BC2000年頃から、気候変動や人口増加により、大陸、すなわち、朝鮮半島から九州に、いわゆる弥生人が渡来してきた。縄文人は背が低く、ずんぐりしていて彫りが深い。一方弥生人は、長身である。すなわち、明らかに異なる民族である。

すると、縄文人が楽しく狩猟や園農と呼ばれる祭祀用の作物の農業を営んだりしているところに、別文化の弥生人がある意味侵略してくるわけだから、それは戦争になるはずである。凄まじい攻防戦が繰り広げられて、武力に優る弥生人が勝利を収めたという歴史か語られるのかと思ったら、縄文人は、比較的平穏に弥生人を受け入れたのだという。その理由を講師の教授は、縄文人は定住し農作しており、弥生人も農作の文化をもっていたので、比較的容易に受け入れたとあっさり言うのだが、本当にそうなのか。ただ、もし激しい戦闘があれば、傷ついた骨など多数の遺跡がみつかっているはずであり、そういうものが見つかっていないとしたら、多少のスカーミッシュはあったにしても、やはり弥生人は平穏に縄文人に受け入れられ、婚姻関係を結んだのだろうか。

もしそうなら、弥生人も縄文人も、相対的に平和な民族ということになる。ここで相対的というのは例えば、アーリア人と比較している。すなわち、アーリア人は、インドのモヘンジョダロに侵入し、そこに住んでいた、もしかしてシュメール人の末裔だった人々を、完膚なきまでに殲滅した。まさに、弥生人や縄文人の挙動は、ヒットラーがユダヤ人を根絶やしにしようとし、スペイン人が南米でインカ帝国を滅亡させ、ボスニアでスロボダン・ミロシェヴィッチが、アルバニア人を「民族浄化(ethnic cleansing)」しようとしたことと好対照をなす。

一方、縄文人や弥生人の末裔たる日本人は、確かに第2次大戦中に中国で残虐行為をした。しかし、民族浄化などという発想は全くない。だから、人類はみな本来的に残虐であるという命題に殊更異は唱えないけれども、人類の残虐性はみな同じである、という命題には、素直に肯定しにくいものを感じる。それはユダヤ人の知的優秀性、黒人のスポーツ優秀性と似たような概念である。

もっと言うと、知的優秀性と残虐性は比例しそうな気がする。どちらも大脳前頭葉の働きだからである。しかし、それは証明できないし、証明しようと試みる気にもなかなかなれないだろう。私としては、日本民族は、ユダヤ民族より馬鹿だけれども、残虐性は低いということで構わないのではあるが。

医師の定員増加

| コメント(7) | トラックバック(0)

asahi.comによると、産婦人科など、医師の不足が喧伝されているのに、全国医学部長病院長会議は、医学部新設に反対しているという。以下、引用:

全国80の国公私立大と付属病院でつくる「全国医学部長病院長会議」(会長・小川彰・岩手医科大学長)は医学部新設と急激な医学部定員増に慎重な対応を求める政府への要望を文部科学・厚生労働の両大臣などに提出した。22日発表した。「医学部新設は百害あって一利なし。医療崩壊をかえって悪化させる」と訴えている。

同会議は、働き盛りの病院勤務医が教員になって医療現場を離れると医師不足が加速する▽新設よりも拡充のほうが財政的に有利――などを理由に、医学部の新設や急激な定員増への懸念を示した。

医師不足対策として、医学部定員は抑制方針から増員に転換し、3年間で1221人増えた。民主党もマニフェストで「医師養成数1.5倍」などを掲げる。小川会長は「養成数が増えても、医療現場で働くまで10年以上かかる。長期的な戦略を立てて進めてほしい」と求めた。

川端達夫文科相は23日、記者会見で「新成長戦略の基本方針の中にも医師の増員が書いてある。6月に成長戦略をまとめるのにあわせて、どう対応するか新年度から議論したい」と話した。

上記の全国医学部長病院長会議は、要するに、医学部が新設されて増えると、自分たちの既得権が希釈されて、稼ぐ機会も減り、不愉快である、という趣旨であろう。しかし、「医学部新設は百害あって一利なし。医療崩壊をかえって悪化させる」というステートメントは感情的で、論理的でない。

そもそも、ロースクールの相継ぐ新設で、弁護士の定員が増えすぎてなかなか仕事がなく、旧来の弁護士も困っているような状態で、医師だけが、安穏としていられないのではないか。

例えば、米国では、医師は弁護士のロースクールと同様に、メディカルスクールで養成され、他の学部を卒業した人が行くことになっている。日本でも、今の大学医学部と並存してメディカルスクールがあってもよいと思われるが、既存の医学部との整合性をとるのが難しいのだろうか。

もしメディカルスクールができると、会社でしっくりこないサラリーマン、野心に満ちた人、難病の人を救いたい人、僻地医療に燃える人などが押し寄せるだろうが、なんとか、志の高さで選別して教育できないものか。物理学や数学のような純粋学問ではないので、医学以外の常識がふんだんにある医師というのは意味があると思うのだが。私の偏見かもしれないが、高度な手術や難病の治療、医学研究などを除き、普通の医療行為は、エンジニアが製品を設計したり、プログラマが複雑なプログラムを書く行為と比較して、異様に困難とは思えない。医学部の高偏差値=医療行為の高度性とは、直ちにいえない。

しかし、医師は弁護士以上にギルド社会で、余人をもって図りがたいものがある。私はただ、ちょっとした病気に対して、手近なところで、簡単に医療が受けたいだけである。私が今住んでいるところでは、ほぼそれが実現されているが、私の故郷などほとんど無医村なので、利害を度外視して、そういうところで働いてくれる志の高い医師を、という願いは勝手すぎるだろうか。丁度、弁護士の公設事務所の乗りである。別に名医でなくていいのだが。

パテント・コモンズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

特許権の効力オープン・イノベーションのところで明示的または暗黙的に論じてきた、パテント・コモンズであるが、その性質についてもう少し詳細に検討する。すると、パテント・コモンズとは、次のような性質をもつと思われる。

  1. 特許で保護されている技術を公開して、公共の福祉に役立たせること。それでは、ここでいう公共の福祉とは何か。そこで考察してみると、議論はあろうが、現在世界愁眉の問題は、次の5つであると思われる。
    • 金融危機
    • インフルエンザのなどの疫病
    • テロの脅威
    • 環境問題
    • 後進国の窮乏の解決及び治安の維持
    これらに対して、特許で保護されている技術が、果たしていかに解決を与えることができるだろうか。まず、金融危機であるが、リスク計算のアルゴリズムの特許というのはあるかもしれない。しかし、そういう特許された技術よりも、金融危機を救うのは、何よりも金融政策である。疫病については、医薬特許が関与するが、それよりもワクチンなどをどう製造しどう配布するかという政府の施策である。テロの脅威というのは、半ば眉唾かもしれないが、それでも、対テロ技術の特許というのはあるだろう。特に、サイバーテロだと、私は実際にいくつか特許を知っている。しかし、コモンズ云々というものでもあるまい。すると、二酸化炭素削減を目的とした環境関連技術がターゲットになるのだろうか。
  2. では、コモンズとはどうするかというと、特許を無償解放して、公共の福祉の目的のために、一般の人に特許技術を活用してもらう。そのために、特許の持ち主である企業体を募って、特許を供出してもらう。
  3. ここでキーは、公共の福祉の目的のためという題目である。すなわち、その目的以外に特許技術を使うなら、最早自由に使わせませんよ、ということである。また、パテントトロールのような不埒な活動をする者も、当然、コモンズの特許は使わせない。専門用語で、defence terminationと呼ばれる。
  4. このような抑止力を留保するために、コモンズの特許権は、そのまま維持される。そのとき、ある事務局のような会社にコモンズの特許を譲渡し、維持・管理する方法と、コモンズの特許権は、そのままもとの権利者が維持し続ける方法とがある。すなわち、完全に特許権を放棄してしまっても、コモンズ性は失われないと私には思われるのだが、もしかして本質は、その抑止力の留保なのかもしれない。そこには、結局、特許権を活用して社会をドライブしたいという意図が見える。

コモンズは、持ち寄られた特許を、使わせる意図で蓄積する、いわゆるパテント・プールと類似するが、パテント・プールは一般的に、公的またはデファクトの標準に係る技術に関するものであるのが普通であり、また、無償でなくRAND(合理的且つ非排他的)といわれるライセンスの仕組みをもつ。すなわち、パテント・プールは、営利性、有償性において、パテント・コモンズとは一線を画する。

ただ、パテント・コモンズは、その無償性から、別途維持費用その他諸経費を会員企業が負担する必要があり、その目的が広い意味で会社の施策と整合できるか、あるいはメセナ的な広報宣伝的効果のどちらががないと求心力を失って自然消滅するのではあるまいか。

がんを助けるたんぱく質

| コメント(0) | トラックバック(0)

生物内のさまさざまな機能が、たんぱく質によって司られていることは周知であるが、なんと、がん細胞を守るたんぱく質を、人体が作り出しているのだという。以下、毎日新聞Webからの引用:

肝細胞がんや脳腫瘍(しゅよう)で過剰に作られる特定のたんぱく質が、がん細胞を傷つける酸化ストレスを軽減させ、薬剤への耐性を高めるなど、がん細胞の生存を助けている可能性が高いことを、東京都臨床医学総合研究所、東北大などの研究チームが突き止めた。21日の英科学誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」(電子版)に発表した。このたんぱく質の蓄積を抑えることで新たな抗がん剤開発につながる可能性があるという。

チームが注目したのは「p62」と呼ばれるたんぱく質。肝細胞がん、脳腫瘍などの細胞で多量に蓄積することが確認されていた。チームは、マウスの肝細胞がんなどの細胞を使い、p62の機能を分析。酸化ストレスを軽減させる別のたんぱく質を分解する細胞内のセンサー部分にp62が結びつき、分解を阻害していることを見つけた。

p62の働きの結果、がん細胞で酸化ストレスを減らすたんぱく質が作られ、抗がん剤などを細胞外に運び出す遺伝子の働きが高まるなど、がん細胞の生存を助けている可能性が高まった。チームの小松雅明・都臨床研副参事研究員は「p62の働きを阻害することによって、がん細胞の増殖や薬剤耐性を抑制する抗がん剤を開発できる可能性がある」と話している。【永山悦子】

遺伝子でも、がん遺伝子というのはよく知られているので、人体ががん細胞を守るたんぱく質を創生していたとしても、全く意外ではない。ただ、このたんぱく質p62が見つかったからといって、ここから、がん治療のための薬を作れると考えるのは、話が遠いと思われる。

というのは、たんぱく質p62が見つかった以上、それに結合して機能活性を失わせる低分子化合物はもしかして比較的容易に創りだせるかもしれないが、どうしてもそれの人体に対する副作用が気になる。

なぜなら、肝臓は必要があってそういうたんぱく質を作り出しているのではないか、という思いが消えない。すなわち、見えない生理作用があるのではないか、ということである。

もっと言うと、「医薬品クライシス」佐藤健太郎著、新潮新書にあった、ある医薬研究者の次のようなつぶやきである。すなわち、「がんなんて、治しちゃってほんとうにいいんだろうか。」である。

長寿、即ち善という、物質的価値観からすると、とんでもない暴論であろうが、私はあるフェーズでは、死は寧ろ望ましいものであるし、神も徒な長寿は望んでいないと思う。すると、たんぱく質p62もまた、神の意図の一部ということになりはしないか。

ともかく、たんぱく質p62が、抗癌剤研究者の、格好のターゲットになることは確かなのだろう。

美人すぎる

| コメント(7) | トラックバック(0)

AERAに、次のような記事があった。

両親はともに医者。住まいは田園調布。小学校から学習院。しかも美人。だったら、そんなにハングリーにならなくても......。危険と隣り合わせの競技を続けるのには、ワケがあるのです。

世界大会の結果がスポーツ新聞にも載らないような競技で、世界に挑戦し続ける女子アスリートがいる。

廣澤沙綾さん(25)。全日本選手権3連覇中と、日本の女子水上スキーの第一人者だ。世界ランキングは、16位。3月5日から、豪州のメルボルンで行われるプロツアーに挑む。

要するに、美人すぎる水上スキーヤー、という次第である。あれ、そういえば、美人すぎるという形容句は、どこかで聞いたよね、と思い出したら、青森県八戸市の市議会議員、藤川優里さんだった。こちらは、美人すぎる市議。

私の意見では、美人と秀才は、世の中に稠密に存在するのだから、美人自体、世の中にそんなに珍しくない。よって、「美人すぎる」という言い方はあまり聞かない。例えば、美人すぎる女優とはまず言わないし、美人すぎるスッチーともあまり言わない。女子アナもそうである。なぜなら、女優やスッチー、女子アナは、美人であることが当たり前だからである。例えば、滝川クリステル。

すると、どういう場合に美人すぎるという表現を使うかというと、あまり美人がいない分野である。

例えば、美人すぎる女子プロレスラー。これは可哀想である。嫉妬により、必ず同僚プロレスラーの壮絶な虐めの対象になる。しかし、思い起こしても、美人すぎる女子プロレスラーはいない。多分。

他には、美人すぎる物理学者。これは、リサ・ランドール。なにしろ、子供の頃から大秀才で、ハーバード大学出身、余剰次元の概念を提唱し、プリンストン大学物理学部その他でテニュアをもつ、というから、取り乱して大学で銃乱射という可能性は、まずない。それでは美人すぎる数学者はいるか。意外に思いつかない。古いが、ソーニャ・コワレフスカヤとか、ソフィー・ジェルマンか。しかし、どうみても美人すぎる、とまではいかない。エンミ・ネーターは、第一級の数学者であるが、美人すぎる、の対極にある。参考までに、私のブログで、女性科学者・哲学者という記事がある。もちろん、これは美人云々というものではない。

美人すぎる弁理士。これもどうだか?

あと、いたら嬉しいのは、美人すぎる婦人警官。私に職務質問しませんか、と逆に話しかけたくなる。

他には美人すぎるバスの運転手。おそらく、前の方の席から乗客が埋まるだろう。

それから、いたら嬉しいのは、美人すぎる掃除のおばさん。会社で、朝急いでトイレに行くと、そのタイミングでトイレを掃除している掃除のおばさんがいて、なんか邪魔だなと思ったりするが、もしこれが、美人すぎる掃除のおばさんだと、ちょっと話が違ってくる。どう違うか、説明に苦しむが。

ともかく、グラビア・アイドルや女子アナが美人であっても面白くもなんともない、私は、スーパーの店員とか、ほっか弁当の売り子、それから上述の掃除のおばさん。そういうところに美人がいたら、容赦なく、美人すぎる、と呼びたいと思っている。

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。