恐竜絶滅説に決着?

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、恐竜絶滅説が、隕石衝突説で決着したそうである。以下、引用:

恐竜など白亜紀末期の生物大量絶滅は、現在のメキシコ付近への1回の小惑星衝突が原因とする論文を、日本など12カ国の国際チームが5日の米科学誌「サイエンス」に発表した。約6550万年前に地球環境を一変させた破壊的衝突の全容も明らかにした。大量絶滅をめぐっては、複数の地球外天体衝突説、火山噴火説も出されているが、研究チームは「否定された」と結論付けた。【永山悦子】

 ◇直径10~15キロ、秒速20キロ

チームには、地質学、古生物学、地球物理学、惑星科学など専門家41人が結集。メキシコ・ユカタン半島の巨大クレーター「チチュルブ・クレーター」(直径約180キロ)が形成された時期の世界各地の地層などの最新データを、解析し直した。

その結果、チチュルブ・クレーター形成と大量絶滅の時期は一致▽他の天体が前後に衝突した痕跡はない▽6550万年前ごろは火山活動が活発ではなかった--と判明。クレーター形成による環境変化は、大量絶滅に十分だったとした。

チームによると、衝突した天体は直径10~15キロの小惑星、衝突速度は秒速約20キロ、衝突時のエネルギーは広島型原爆の約10億倍、衝突地点付近の地震の規模はマグニチュード11以上、津波は高さ約300メートルと推定された。

衝突による放出物は世界約350地点で確認された。放出物は大量のちりとなり、太陽光がさえぎられて地球上が寒冷化。5~30度の気温低下が約10年続き、海のプランクトンや植物が死滅、食物連鎖の上位にいた恐竜などが絶滅したと考えられるという。

この際、海底に生きる一部のプランクトンや、体が小さく食料が少なくてすんだ哺乳(ほにゅう)類は生き延び、後に多様化したとみられる。

チームに参加した後藤和久・東北大助教(地質学)は「チチュルブへの衝突によって生物の大量絶滅が起きたという説が揺らぐことは、もはやないだろう」と話している。

これは明らかに、新説というよりも、従来の学説の再検討と再確認である。専門家でない私には、ここにある説の何が目新しいのか、分からない。また、「チチュルブへの衝突によって生物の大量絶滅が起きたという説が揺らぐことは、もはやないだろう」と言い切る自信の根拠はなにか、ということになる。

私には依然として、恐竜隕石滅亡説は、いろいろある説の1つに過ぎないと思われる。例えば、ラナウイルスも恐竜滅亡の1つの候補だし、小松たひとさんが教えてくれたこのURLにも、6500万年前の隕石の衝突後にも生き残った恐竜がいたことが示唆されている。

恐竜隕石滅亡説の問題点は、恐竜絶滅の謎などによると、次のとおりである。

  1. 恐竜隕石滅亡説は、恐竜が絶滅した6500万年前の地層から、高い濃度のイリジウムが見つかったことに基づく。しかし、そこで測定されるほどの濃度のイリジウムが堆積するためには、少なくとも数回数、十数年周期で、直径10キロ以上の隕石が衝突する必要がある。そのような事象は見つかっていない。
  2. 6500万年前以前から、恐竜は個体数が減少していた。
  3. 6500万年頃、恐竜の体表は、ウロコでなく、羽毛に覆われていたという証拠がある。すると、隕石落下による気温低下に生き延びられたのではないか。
  4. 恐竜は個体数を減らしながらも歴史上数回起きた氷河期にも耐えている。
  5. 気温の変化に弱い珊瑚は現在も残っている。
  6. 地球の引力に捉えられた惑星が地球の自転を弱め、遠心力が弱まったために重力が増加し、その結果、恐竜が絶滅した。ここにきて、俄然、月の不思議が注目される。もしかして、月は、6500万年頃忽然とやってきたのかもしれない。巨大宇宙船として、操縦されてである。

その他の恐竜滅亡説としては、次のものがある。どれも決め手にならない。

  1. アルカロイド中毒説
  2. 集団便秘説
  3. 哺乳類による、恐竜の卵捕食説
  4. 遺伝子異変説(種の寿命説)
  5. 火山活動説
  6. ウイルス疾病説

ともかく、恐竜隕石滅亡説よ、驕るなかれ。私が言いたいのは、それだけである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1728

コメント(6)

>新説というよりも、従来の学説の再検討と再確認である
 その通りなんですが、↓によると、「地質学や古生物学などに細分化していた議論を集約させた意義は大きく、恐竜絶滅の原因論争に決着をつける成果」なんだそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100304-OYT1T01304.htm
 反論には、地質学や古生物学などの集約が必要みたいですよ。

色々説はあるようですが12ヶ国の国際チームですから現時点最有力でしょう。6550万年前といえば白亜紀から暁新世でパンゲア大陸の分裂開始中ですので、地上生物への直接被害も大きかったと思われます。メキシコ湾は他の湾に比べると円形で、隕石が落ちた跡を物語る形状に見えます。

> 反論には、地質学や古生物学などの集約が必要みたいですよ。

そうですか、では単なる一物好きの戯言では、どうにもなりませんね。

> 色々説はあるようですが12ヶ国の国際チームですから現時点最有力でしょう。

私としては、あまり決定的なのが出てこず、どれもよくわからん、ということになっていてほしかったです。ポアンカレ予想を、ベレルマンに証明されてがっかりした数学者ほど高尚ではありませんが。

http://www.akashi-patent.net へお越し下さい。

http://www.akashi-patent.net へお越し下さい。

調べてみたら、明石様は弁理士でありつつ、発明もなさるのですね。発明者と代理人が同一という特許公開公報を初めてみました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年3月14日 00:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トルコ人学位取り消し」です。

次のブログ記事は「フィラデルフィア実験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。