2010年4月アーカイブ

あの世の存在

| コメント(2) | トラックバック(0)

あの世があるかどうかという議論になったとき、「あの世なんかない派」の一番強力な根拠は、あの世があるという証拠があるのか、という問いかけである。これは、フォレンシックな意味で、挙証責任の問題でもあるのだが、法廷証拠的に、あの世があるという証明を与えることは不可能であろう。

逆の意味で、あの世がないという証拠を挙げることも非常に困難であるに違いないのだが、そちらの方が問題になることは、なぜかない。

そこで、フォレンシックな議論を離れて、倫理的あるいは価値的な議論をしてみよう。すると、これは古くからなされている議論に違いないのだが、あの世、あるいは来世がないとしたら、他人を押しのけてひたすら強欲に生きる生き方をどうやって制したらいいのだろう、ということになる。すなわち、どうせ死んだらおしまいなのだから、ひたすら楽しく生きるのに如くはない、感覚的、物欲的な人生が最高ということにならないか。ひたすら楽しく生きるのに、他人が邪魔だったら蹴落としてもよい、アンフェアな手段も、合法的ならよい、ということになって、歯止めが利かなくならないか。もしかして、私はとても弱い人間なので、刹那的になることからの歯止めとして、輪廻的、因果応報的価値観、すなわち、あの世の存在を自分に納得させているのかもしれない。さらには、今のように考えている前提として、ウィトゲンシュタイン的ではなく、カルナップやライヘンバッハのような、もっと素朴な、あるいは科学的な論理実証主義に染まって(どこまでちゃんと理解していたか大いに疑問であるが)、ニヒリズムに陥った過去も、思考のヒストリとして影響があるのかもしれない。

また、この世で生まれつきリッチだったり、才能に溢れている人がいるが、あの世がないとしたら、この世だけで絶対に追いつけないことを、絶対に羨望し、あるいは嘆き悲しむことにならないか。

あの世がないとしたら、生物は、純粋に物質的なものだけから構成されるのか。既存の科学知識で生物が構成できないとしたら、単にわれわれが知らない物理・化学的法則がそこに潜在しているだけなのか。自動ロボット・システムを設計するとき、モータやトランスミッションに当たる動力系だけでなく、音、光、圧力などのセンサだけでなく、知能的ソフトウェアが組み込まれているが、生物にとって、それはなんなのか。遺伝子は、それだけでは自律的なものは構成しないはずである。

そこで生物に無理やり、ソフトウェアとしてのエクトプラズム的なものを認めるとしたら、そのエクトプラズム的なものは、あの世がないとしたら、死後雲散霧消してしまうのか。すると、エクトプラズム的とは実は、オーデコロンの芳香程度のものか。

真面目な学者が、前世を記憶する子供の例を多数挙げた本を書いているが、もしあの世がないとしたら、前世を記憶する子供はどうやって説明できるのか。そもそも、それは嘘っぱちなので、説明する必要もないのか。

こうして縷々と、あの世の存在を訴えてきても、原告はなに一つ証拠を示しえていないので、原告の請求は棄却する、なお、弁護士費用は原告の負担とする、と敗訴しそうである。結局やっぱり、フォレンシック。

Muse細胞

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京新聞Webによると、人体の組織の中に、iPS細胞と同様の機能をもつMuse細胞なるものが含まれていることを、東北大学のチームが発見したという。以下、引用:

人間の皮膚や骨髄の組織の中に、さまざまな組織に分化する新しい「多能性幹細胞」を見つけたと、東北大の出沢真理教授らの研究チームが発表した。成果は二十日の米科学アカデミー紀要に掲載される。がん化の危険性も低いと考えられ、再生医療などへの応用が期待される。

新たな細胞は、骨髄や皮膚の「間葉系」と呼ばれる組織の中にわずかに含まれ、Muse(ミューズ)細胞と名付けられた。この細胞を培養液の上などで培養すると神経(外胚葉(はいよう)系)、筋肉(中胚葉系)、肝臓(内胚葉系)などの異なる系統の組織細胞に変化した。

人体を形作る三つの系統の細胞に変化するほか、胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)など、体のすべての組織の細胞になれる多能性幹細胞の特徴とされるタンパク質を持つことが分かった。

この類似から、ミューズ細胞も体のあらゆる細胞に変化する「多能性」を持つ可能性があるという。ただ、ES細胞やiPS細胞のように無限に増える性質は持たない。

マウスにミューズ細胞を移植した実験では腫瘍(しゅよう)ができず、多能性幹細胞で問題となるがん化の面では安全性が高いという。

出沢教授は「ES細胞やiPS細胞と似るが違う側面も多い。安全性が非常に高い可能性があり、利用できる再生医療の分野があるのではないか」と話す。

この記事を私なりに要約しコメントすると、次のとおりである。

  1. 人体は成人であっても、皮膚や骨髄の組織の中に、わずかだが、さまざまな組織に分化する新しい「多能性幹細胞」をもっている。
  2. ただ、それは、ES細胞やiPS細胞のように無限には増えない。そのことは、がん化の可能性が低いことを意味する。
  3. その細胞は、Muse細胞と名づけられた。
  4. 人体が本来的にMuse細胞をもっているということは、人体には当然に、自己再生機能として、Muse細胞を活用した生理現象がある、ということになる。私にはなぜか、Muse細胞の再生医療の分野への適用自体より、その生理現象の方が興味がある。すなわち、人体が、病気からの回復などに、どうMuse細胞を使用しているかである。

以前に、iPS細胞を代替するチャレンジとして、iN細胞を紹介したが、Muse細胞もまた、iN細胞同様、パラダイム外からの挑戦である。しかも、Muse細胞は、人体の自然な細胞なので、案外本命の可能性がある。

勿論、この記事に書いたように、iPS細胞研究には、パラダイム内からの挑戦も多々ある。始祖の山中伸弥氏の存在も次第に翳みつつあるが、先端研究とは、こうしたものだろう。

思考の整理学

| コメント(0) | トラックバック(0)

外山滋比古の「思考の整理学」ちくま文庫、を読んだ。「東大・京大で一番読まれた本」という帯には苦笑してしまった。なぜなら、この本は明らかに、「東大・京大の知的強者」が読む本ではなくて、知的弱者とは敢えて言わないが、ちょっと人生を斜めから見たディレッタントのような人(私だよ)に相応しいからである。

この本の最初は、「グライダー」という章から始まる。「グライダー」というのは何のことか説明を要する。すなわち、受験勉強の勝者のように、自分で飛ぶのでなく、飛ばされることに巧みである人のことである。もっと分かりやすくいうと、外的動機付けされないと勉強しない人達のことである。もしかして、東大・京大の何割かは、グライダー人間なのかもしれない。しかし、そうだったとしても、東大・京大のグライダー人間は、半端ない人達なので、司法試験、上級公務員などを動機付けの対象として、邁進できるだろう。よって、「思考の整理学」なんて縁がないのではないか。

ただもし、いままで受験勉強で邁進してきて、ふと時代の変遷で東大・京大生で立ち止まって「思考の整理学」のようなことを気に留めている人がいるなら、日本の知的エリート達もまんざらではないのかもしれない。

「グライダー」のあと、この本は、「不幸な逆説」、「朝飯前」、「醗酵」、「寝させる」、「カクテル」、「エディターシップ」、「触媒」、「アナロジー」、「セレンディピティ」、「情報のメタ化」、「スクラップ」、「カード・ノート」、「つんどく法」、「手帖とノート」、「メタ・ノート」、「整理」、「忘却のさまざま」、「時の試練」、「すてる」、「とにかく書いてみる」、「テーマと題名」、「ホメテヤラネバ」、「しゃべる」、「談笑の間」、「垣根を越えて」、「三上・三中」、「ことわざの世界」、「第一次的現実」、「既知・未知」、「拡散と収斂」、「コンピュータ」と続く。

各々が短いエッセイであるが、オリジナルなアイデアを生み出すために、実に示唆に富んでいる。明らかに、この本自体がそうした手法で書かれたものである。

それで思い出したのであるが、私は若いときから、外山滋比古の本のファンであった。なぜなら、自分を決して知的強者でないと自覚していて、すなわち、難しい資格試験など私には到底無理なのであって、それでも知的な面でこの東京で勝負するためには、オリジナリティでやっていくしかないと認識していたからである。外山滋比古の本からは、そのための手法を随分学んだ。

それなのに、一時的に外山滋比古のことを忘れていたのは、管理職としてがむしゃらに働く時期があったからである。オリジナリティ云々まで話が行かず、ともかくひたすら問題解決を図る必要があった。例えば、予算が足りないときなんの削減をするかという思考はちょっと外山滋比古的でない。

ところが人生の黄昏を意識する時期になって、ある意味魂の故郷である外山滋比古の本に還ってきたのだが、それゆえに一層、「東大・京大で最も売れた本」という帯に当惑してしまうのである。外山滋比古は言うかもしれない、君には君の読み方があり、知的強者には知的強者の読み方がある、と。

そうだねと、頷きつつ、私は自分の屈折と、発想の硬直さを見詰めるのであった。ただ、言い訳だけれども、このブログは、外山滋比古的発想法の、私なりの応用例である。

痴漢冤罪対策

| コメント(3) | トラックバック(0)

私のブログでは、それでもボクはやってないや、痴漢の冤罪などの記事で、痴漢で訴える人と訴えられる人の間の不合理なまでの非対称性に言及してきたが、最近風向きが変わりつつあるようである。以下、プレジデント・ロイターから引用:

2009年4月14日、一、二審で不当な実刑判決を受けていた大学教授が、最高裁で無罪判決を勝ち取った。痴漢事件の刑事訴訟で、最高裁が逆転無罪判決を出したのは初のケース。しかも「高裁への差し戻し」ではなく「自判」だった。

これまでわが国の痴漢事件裁判は、客観的証拠より捜査段階の自白や被害者の供述を過度に信用してきた。それが「疑わしきは罰せず」の原則に立ち返ったこの判決によって、潮目が大きく変わるだろう。

ほかの痴漢事件裁判への影響は早くも表れている。2009年6月、東京高裁は西武新宿線で起きた痴漢事件について、「被害者の証言に疑問」として一審の実刑判決を破棄。この二審の裁判官は、前述した最高裁判決の二審で被害者証言を鵜呑みにし、不当判決を下した当の本人である。

なるほど、やっと「疑わしきは罰せず」が痴漢犯罪にも適用されるようになったか、と一応安堵である。

刑事裁判で無実が判明しても、手放しでは喜べない。痴漢冤罪の被害者は何日にもわたって留置場に勾留され、休職や退職を余儀なくされる。精神的なダメージも大きく、損害は計り知れない。

そう、そのとおりで、長い時間かけてようやく無罪になったとしても、下手したら既に社会的評判を失い、会社はクビ、家庭は離婚されている可能性もある。そうなっては、取り返しがつかない。

では、嘘の被害を訴えた女性の責任はどうなるのか。虚偽申告罪(刑法172条)で刑事告訴も可能だが、警察は冤罪で犯人を仕立て上げることに加担した側であり、よほど悪質でないかぎり動いてくれない。

ある男性に対して怨恨をもつ女性が、男性を嵌めようと、痴漢被害を訴えることもあろう。それが原因で刑事裁判になり、結局冤罪だったと分かっても、流石になかなか、虚偽申告罪で逆に訴えるまではいけないだろう。ちなみに、刑法によると、それは次のとおりである。

刑法第172条(虚偽告訴等)
人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

詳しくは、判例等、刑法各論の書物に拠るよりないが、虚偽申告罪を示唆して牽制することはできよう。以下のような対応である。

こうした被害から身を守るには、事件発生時の対応が重要だ。促されるまま駅事務室まで行ってしまうと、警察は「言い逃れできないから駅事務室まで来た」と決めつける。決してその場から動かず、「告訴するなら、私があなたを虚偽申告罪で告訴します。慎重に考えてください」と再考を促したい。それでも相手女性に納得してもらえなければ、名刺を渡して身分を明らかにしたうえで、現場から立ち去るべきだ。

もし逮捕されそうになったら、客観的証拠の確保に努めたい。この最高裁判決によって、今後は被害者の供述のみで判断せず、客観的証拠が判決を左右するケースが増えるはず。目撃者や被害者の衣服、繊維鑑定など、客観的証拠の収集を積極的に警察に求めるべきだ。

逮捕されると、起訴まで勾留され、起訴後も高い保釈金が必要になる。冒頭に紹介した大学教授の場合、保釈金は計420万円だった。痴漢被害者と示談すれば、一般的にもっと安い金額で話がつく。それでも妥協せずに否認する人は、私の経験上ほぼ間違いなく冤罪だが、裁判所はそう考えてはくれない。現在も痴漢冤罪で苦しんでいる被害者は大勢いる。冤罪被害を根絶するには、この最高裁判決の趣旨を裁判所に定着させる努力が必要だろう。

なるほど、このアドバイスは有用だが、果たしてどれだけの男性が切羽詰ったとき、ここまで冷静に対応できるだろうか。そこで私の提案は、前にも書いたことがあるような気がするのだが、警察が、痴漢の初犯はとりあえず送検しないで、注意・戒告だけに留めるというものである。上記のような嵌められるケースだけでなく、魔が差すこともあるからである。魔が差して殺人というのでは、言い逃れもできないが、魔が差して痴漢くらいなら、一度は見逃してもいいのではないだろうか。ただ、警察の記録としては残す。そうはいっても、悪魔のささやきによって、累犯になるようであれば、流石に見逃されないだろう。

すると再び、植草元教授の場合はどうなんだろう、ということになる。私は依然として、陰謀の可能性も考えるが、世間は普通、そうは見ないであろう。形式上、累犯になってしまっているからである。

世界研究機関ランキング

| コメント(2) | トラックバック(0)

ゆかしメディアによると、トムソン・ロイターの世界研究機関ランキングにおいて、東京大学が国内総合1位、世界順位11位だそうである。以下、引用:

トムソン・ロイターが13日、毎年恒例の「論文の引用動向による日本の研究機関ランキング」を発表した。東京大学が国内総合1位、世界順位11位を堅持したほか、「免疫学」「薬理学・毒物学」分野で日本研究機関が初めて世界トップ5に入った。世界総合1位は米ハーバード大学。

これは「Essential Science IndicatorsSM」に収録されている世界の研究機関ランキングから、日本の研究機関のみを抽出・再集計したもの。今回の調査では、分野別では「免疫学」で大阪大学が世界5位、「薬理学・毒物学」で東京大学が世界5位に入った。同分野に日本の研究機関が入るのは、2002年のランキング発表開始以来、初めてのこと。

「Essential Science Indicators」は、学術論文の引用動向データを提供する統計データベース。論文の被引用数から、世界のトップ1%にランクされる研究者と研究機関の情報を収録している。

科学技術論文を一本も書いたことがない私はつい、たかが被引用数で価値を測るのは一面的すぎないかと思ってしまうのだが、引用件数で書いたように、論文の世界では、被引用数は、相当に信頼に足る指標のようである。

一方、特許情報屋の端くれ(これは文字通りの意味である)である私としては、ここに書いたように、被引用数というのは、特許文書でもそれなりに重要なのだろうけれども、依然として参考程度に過ぎないと言いなすものである。そこには、法的・権利確定的な特許文書の側面がある。うまくいえないが。

ところで、国内研究機関のランキングは、以下のとおりである。

【国内研究機関の総合ランキング TOP20】
国内順位(世界順位):大学名
1位(11):東京大学
2位(31):京都大学
3位(37):大阪大学
4位(65):東北大学
5位(67):科学技術振興機構(独)
6位(110):名古屋大学
7位(124):九州大学
8位(129):理化学研究所(独)
9位(146):北海道大学
10位(151):産業技術総合研究所(独)
11位(171):東京工業大学
12位(231):筑波大学
13位(287):慶應義塾大学
14位(292):自然科学研究機構
15位(298):広島大学
16位(311):千葉大学
17位(343):岡山大学
18位(356):神戸大学
19位(384):東京医科歯科大学
20位(396):金沢大学

東大が圧倒的に強いというのは、意外でないといえばそうなのだけれども、このような格差は、国立大学法人化によって一層助長されているのではないだろうか。というのは、それによって国立大学の人事権が、文部科学省から、各大学の学長に移り、東大などの主要国立大学は、他の大学から優秀な人材をスカウトしやすくなった。私が勤務している会社の研究員で、まだ若いけど随分優秀だよね、と思っていたら、あれよあれよと、東大の准教授にスカウトされた人がいた。ちなみにその人は、京大出身である。こうやって東大は、研究者のリソースで寡占状態にあるのではないだろうか。そういう寡占は経済的なものではないので、そこにはよくも悪くも独禁法は働かないという次第である。

そのことはまた、早慶が国内研究機関のランキングとして意外に振るわないことも説明する。すなわち、実業界では分厚い人材を誇る早慶も、科学技術の研究という意味でのプレステージでは、国立大学にひけをとる。例えば、早慶出身の優秀な研究者は、結局、東大をはじめとする有力国立大学に吸い上げられてしまうのである。

さらに言うと、東大の世界11位というのは、非西欧圏にある大学として、よく健闘していてると思われる。というのは、日本人として言葉の壁というのはどうしてもあるからである。日本の大学なのだから、日常的には日本語を用いて日本語で考える訳で、それを加味すると、東大は世界でトップクラスであると言ってよいだろう。その点の西欧コンプレックスは最早無用である。

別の観察として、東京工業大学が意外に振るわないことも目を引く。それについては私が大学生のとき、ある先生が、ここは地方大学なのだが、総合大学で、医学部、歯学部、工学部、理学部、農学部、法学部、経済学部、文学部、教育学部と多様な学部を抱えるのが有利なのだと言っていたことを思い出した。私はもともと、単科理工系大学(または、なぜか単科外国語大学)が希望だったのだが、総合大学の方が多様な専門の人が集うので、知識の融合という意味ではいいのだと説明されて、そういうものかな、とそのときは思ったのだが、このランキングにもそれが表れているのかもしれない。

特許の統計2009

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近2009年の特許の統計を入手したので、その傾向をメモしてみる。

先ず、日本国内の特許公開件数であるが、ベスト10は、下記のとおりである。

順位件数出願人
110242トヨタ自動車
29917パナソニック
37699東芝
47263キヤノン
57123セイコーエプソン
64934シャープ
74807リコー
84802ソニー
94650三菱電機
104610富士フイルム

これを見て思うのは、トヨタ自動車が特許公開件数で一位になるのは、時代の流れである、ということである。一時代前は、松下電器(パナソニック)のような総合家電メーカ以外には考えられなかった。自動車技術というのが、膨大な特許に関与するという認識は弱かった。しかし、今や、自動車技術は、HEV、EVがらみでエレクトロニクスの華である。当然に、関連する特許も多い。下手な家電や情報機器では、最早、開発投資や特許件数で車に太刀打ちできない。ところで、トヨタ自動車の10242という公開件数程度で一位になるのは、不甲斐ないと私は見る。なぜなら、ずっと最近一位を続けてきた松下電器(パナソニック)は、つい2年前は、12000件を超えていた。すなわち、トヨタが増えたというよりも、パナソニックが減ったのである。ちょっと体力に翳りが見えてきたか。また、今ではベスト10の圏外もいいところだが、日本電気は、20年以上前は大量出願の常連で、1989年の公開件数はなんと、19085である。もしかしたら、これが単年度の新記録かもしれない。もちろん、実用新案はここには含まれていない。当時日本電気は、メインフレーム、パソコン、通信、半導体と、気を吐いていた。ここらあたりも、時代の趨勢を感じる。

次に、PCT公開件数を見てみる。

順位件数出願人
11901PANASONIC
21854HUAWEI TECHNOLOGIES
31587ROBERT BOSCH GMBH
41510KONINKLIJKE PHILIPS
51300QUALCOMM
61235ERICSSON
71116TOYOTA JIDOHSHA
81094LG ELECTRONICS
91065NEC
10997SHARP

パナソニックのPCT好きは業界で有名で、何も意外感はない。しかし、目を引くのは、2位のHUAWEI TECHNOLOGIESである。これは中国ベースの会社で、社名を日本語表記すると、華為技術株式会社となる。その技術は、次世代通信ネットワークソリューション関連であり、どちらかというと、通信関係のハードウェアがメインである。なぜ華為技術株式会社に注目するかというと、今まで中国の企業は、特許に関して内弁慶で、ほとんど海外出願をしてこなかった。IBMのPC部門を買収する前のレノボがそうである。ところが華為技術は一躍、PCT公開件数でパナソニックを抜いて一位になりそうな勢いである。またさらに注目すべきなのは、国内/海外出願比率で、あのトヨタですら、国内/海外出願比率は、10%程度に過ぎない。しかし、華為技術株式会社の国内出願は、中国でのトップの3841件で、その約半数を国際出願していることになる。

このような高い外国展開度は、中国で2位の3829件を出願しているZTE CORPORATION(中興通訊)にも見られる。海外特許出願では突出していないものの、中興通訊は、アフリカでの最大の携帯電話ベンダである。中興通訊は、エチオピアなどのアフリカ国内の先進国に随分と頼られている。そこまで投資してくれる海外ベンダがなかなかいないからである。しかし、中国文化を平気で持ち込み、地元の作業員と馴染もうとしない中国人従業員たちは、一発触発の気まずい雰囲気を醸しだしているとも聞く。中国の拡大が急すぎるのだろう。

他の注目株は、3位のロベルト・ボッシュである。そのカーエレクトロニクスの技術力は圧倒的で、車内ネットワーク・システムであるCANなど、根幹を牛耳っている。トヨタといえども、頭が上がらない。

ともあれ、特許情報は、一つの切り口としてトレンド解析に有効である。特許情報管理に長く関与している者としては、どうしても紺屋の白袴になりがちなのであるが。

豪農

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞をみていたら、平均年収2500万円の村として、長野県川上村が紹介されていた。普通、こういう村だと、地元の学校を卒業すると、若者は都会に出ていって帰ってこないが、川上村は、少なくとも長男は帰ってくるという。

そんな川上村であるが、かつては、信州でも最も不便な、寒村にすぎなかったという。それを、村長の藤原忠彦さんのリーダーシップ、その他の努力で、在日米軍向けにレタスを栽培し始め、今では収穫量が日本一であるという。その他の高原野菜も栽培が盛んで、年収一億の農家もあるという。

それでいて、藤原村長が偉いのは、24時間オープンの図書館や、パイプオルガンを備える木造学校などに力を入れて、アートを重視するとともに、赤字バスを村営化し、村の利便性低下を防いだことである。

藤原村長は、1938年長野県南佐久郡川上村生まれ。長野県立臼田高等学校中退。農業に従事した後、川上村役場職員に。企画課長を経て、1988年川上村長に就任、という経歴をもつ。なぜ高校を中退したのか分からないが、若いときは随分苦労したのだろうか。村の根幹である高原野菜のための土壌改良、新種開発、機械化、情報化、ブランド創り、そして輸出と、村民と共に多くの努力を積み重ねてきたという。

伝統と、工夫と、アートや福利厚生の充実が、川上村の繁栄につながっていると思われるが、そのノウハウは半端ではなさそうである。 「平均年収2500万円の農村―いかに寒村が豊かに生まれ変わったか― 藤原 忠彦 (著)」という著書もあるので、機会があったら読んでみる。日本の食糧自給率という観点でも、 川上村は、有意義な示唆を与えてくれるように思われる。

別れさせ屋(続)

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、新聞記事に基づき書いた別れさせ屋であるが、新聞に更に特集があったので、メモしてみる。

上記の記事で殺害された五十畑里恵さんの元夫であるが、新聞記者のインタビューに対して、「私は、素行調査しか依頼していない。」という。確かに、建前はそれで通るのかもしれない。二人は1999年に結婚し、子供ができたが、親戚付き合いや金銭観で意見があわず、夫婦仲は冷え切っていたという。

それなら夫婦で話し合って合意で離婚すればいいようなものだが、元夫としては、相手に瑕疵をつくって、自分に有利な条件で離婚しようと思ったのかもしれない。

依頼を受けた桑原受刑者は、「おいしいケーキ屋さんを知りませんか。」と、里恵さんの行動パターンを下調べし、近づいていった。外資系企業に勤務していてボーナスは数百万円、と気を引いた。一応外資系企業に勤務している私は、こういう話を聞くと、ただ苦笑いである。

さりげなく女性に気を使い、カラオケも上手と、桑原受刑者はいろいろテクニックを弄し、二人は親密な関係になった。桑原受刑者は、高校中退後、鉄筋工を経験して、2006年7月に、別れさせ屋に転職した。

里恵さんの元夫が、その別れさせ屋に依頼したのが、2007年の5月、桑原受刑者と里恵さんが交際している写真を元夫が突きつけ、離婚が成立したのが、2007年11月である。そこで役目は終わりのはずであるが、里恵さんと桑原受刑者とは本当に恋愛関係に陥っていたのかもしれない。その後も交際は続く。妻子がある桑原受刑者は、里恵さんと付き合いで余分なお金がかかるのか、会社のお金を使い込み、2009年3月に解雇されてしまう。その時点で、桑原受刑者は、里恵さんに、別れさせ屋とばれてしまう。そして口論になり、桑原受刑者は、里恵さんを殺害してしまった次第である。

裁判で桑原受刑者は、里恵さんが本気で好きだったというが、里恵さんの友人は、桑原受刑者は実は、資産をもつ里恵さんの実家の資産狙いだったともいう。その入り混じりというのが本当のところか。

このケースは、正式に結婚している夫が妻の離婚を画策したものであるが、より一般的には、例えば、夫の浮気に悩む妻が、夫が不倫相手と別れるようにする依頼が多いようである。その際の手口は、不倫相手の女性に、男性工作員が接近して交際する、というものである。それがうまくいかない場合は、夫に女性工作員が接近する。その場合、難しいのは、夫婦の気持ちが離れていたら、浮気相手とうまく別れさせても、なかなか鞘に戻らないということである。そういう意味では、復縁カウンセラーの方が適切な場合もあると思われる。人工的な不倫で以って別れさせるというのは、いかにも味が悪い。

別れさせ屋のトラブルは、上記のように不倫工作員が本気になってしまって深みにはまるケースだけでなく、なかなか依頼内容がうまくいかず、追加の費用を請求されるケースなどがある。なにしろ、不倫を装うことは、不確定要素が多すぎる。

それでは、別れさせ屋を法的規制するかということになるが、意図的に交際の機会をつくりだすこと自体を法的に規制することは難しい。費用の請求も、いわゆる探偵の調査料と言われると、違法扱いできない。こうして、世の中に男女関係の移ろいがある限り、別れさせ屋に依頼が絶えることはないのだろう。

準静電界

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞を見ていたら、人体の準静電界を利用した技術が研究されているという。準静電界とは聞きなれない用語であるが、要するに、こういうものらしい。

すなわち、例えば人間が靴を穿いて歩くと、地面との摩擦で静電気が生じる。ところが、人間が歩くと、静電気を帯びた対象である靴も動くので、電界が変化する。マックスウェルの方程式によれば、電界の変化は、電波となる。この場合、靴の動きといっても、人間が歩く程度なので、とても波長の長い電波になるはずである。それは、普通の電波とは違うので、準静電界と呼ぶ。

準静電界の1つの応用は、センサである。例えば、サメの頭の部分には「ロレンチニ瓶」と呼ばれる感覚器があって、獲物が動くことで放射される準静電界を感知するのだという。

準静電界を研究しているのは、滝口清昭・東京大生産技術研究所特任准教授である。滝口氏は、ソニーに勤務していた2003年に、準静電界を使用した認証システムの特許を出願した。出願番号は、2003-051869で、比較的最近、特許4158097が登録された。その要約は、次のとおりである。

本発明は、通信の際における自由度を向上することができるようにする。
【解決手段】本発明は、認証システム1においては、入出用通路部4(図6)を通過するために必須の動作である利用者の歩行運動の最中に、当該利用者近傍に形成される歩行準静電界HSEに基づいて、利用者固有パターンの生体識別情報としての組織情報D5及び歩行情報D7を検出電極52からFET11を介して検出するようにしたことにより、利用者に何ら動作を規制することなく、暗号化等の特別な処理を施すこともなく利用者固有となる識別性の高い情報を得ることができ、かくして、通信の際における自由度を向上することができる。

すなわち、人には固有の行動パターンに基づく、固有の準静電界が検出可能であるらしい。

マックスウェルの方程式によれば、準静電界は、距離の三乗に反比例する。従って、非常に近接でのみ検出される。ただ、準静電界は、マックスウェルの方程式から導出されるとはいえ、電磁波の波長に比べて対象物が相対的に小さいという特殊な場合を扱っているので、普通の電磁気学の教科書には載っていない。

また、準静電界通信というのもあって、例えば、同じくソニーの特開2005-227874によれば、次のように説明されている。

日常生活において静電気を体感するように、人体は帯電しやすい。そして、人体表面の帯電により、準静電界が発生する。人体は、極めて少ない電荷の移動により帯電し、その帯電の変化は、瞬間的に人体表面周囲に伝わって、その周囲からほぼ等方向へ準静電界の等電位面が形成される。そして、準静電界が支配的となる空間内では、放射電界や誘導電磁界の影響が少ないので、人体は、アンテナとして効率的に機能する。

このように、人体表面に形成される、準静電界が支配的となる空間において、その電界強度の変化を検出することにより行われる通信が、人体近傍通信としての準静電界通信である。

準静電界通信は、個人認証、会議通信など、さまざまな応用が構想されていて、主としてソニーが関連の特許出願をしている。果たして今後、どれくらいメジャーになるのか、滝口清昭・東京大生産技術研究所特任准教授の活躍にも期待したい。

マルチスレッド

| コメント(2) | トラックバック(0)

数年前に会社の業務で、パテントマイニングというのをやったことがある。どういうことかというと、あるテーマを決めて、研究員の人に集まってもらい、特定の人が出した発明のネタをみんなで議論して、目鼻がついた発明に導くのである。そこで、特許担当者の私の役割は、出てきた発明について、速やかに先行技術サーチして、近そうなものがあると、目下のフィーチャを変更したり却下してもらう。こうして、全員が合意するところまで至ったら、特許担当者である私の方で明細書を書いて、特許出願を行う。

そうやってパテントマイニングを行うと、最初に発明が出てきてから特許出願を行うまでにかなりの時間を要するものもあるので、結果的に、検討中の発明が何本もある、という状態になる。複数のサブテーマでミーティングすると、私は特許担当者として全てのミーティングに出るが、研究員の人は、関連する技術に関するミーティングだけ出る、という具合である。

こうすると、私の頭の中には最大で、検討中の発明のスレッドが10本くらい同時に走っているという状態になることがある。そのとき、どれかの発明者に、あの発明、どうなっていると聞かれたら、ああ、と短い時間で思い出して、その話題で話すことができるのが売りである。そういう話を、私が尊敬するある研究者の人に話したら、謙遜なのかもしれないが、自分には到底それは無理だと言う。せいぜい、2つか3つだという。

それで、頭の中に10本くらいスレッドを走らせるくらいは当然だと思っていた私は、とても意外な気がした。そこで分かったのは、私は1つ1つのスレッドの単位の計算量が小さいということである。すると、1つのスレッドに要するリソースが小さいので、沢山のスレッドを頭の中で走らせることができる。それは、上記のようなパテントマイニング場合には有効であるが、何か特定のテーマを深く研究するには不利である。というのは、1つのデーマに集中するには、余計なスレッドをキルして、1のスレッドだけに全リソースを投入する必要がある。

さらに分かったのは、私のようなタイプのマルチスレッド人間は、受験勉強や研究に不向きである、ということである。すなわち、折角理学部に行って研究者を目指したのに、また、大学の物理学科の同級生には、そこそこ優秀だとみなしてもらえていたのに、研究者の道に進めなかったのは、おそらく、まさにそのマルチスレッド性ゆえなのだった。例えば、私の細分化された1つのスレッドをいくら駆使しても、量子力学をきちんと理解するには至らない。それこそ、ディレッタントに留まってしまう。では、沢山のスレッドを数少ないスレッドに減らすことができるかというと、私の場合、どうしてもできない。直ぐに目移りしてしまうのである。すなわち、頭の中にスレッドが沢山走っていないと安心できない。何かの病気なのだろうか。

こういうマルチスレッド性というのは、一応1つの能力だと思うのだけれども、なにしろ、まとまった論文や学位、弁理士、弁護士などの公的資格などのタンジブルな成果として結実しないので、とても評価してもらいにくい。私の少し人生を斜めにみる性格は、そういうことによる屈折した心理による。

そういうマルチスレッド性について何とか納得がいくようになったのは、上記のパテントマイニングという仕事に出会ったことと、こうして、雑多なテーマでブログを書くようになってからである。

ここまで書いてきて何がいいたいかというと、私のマルチスレッド性のように、一見あまり役に立たないし、とても目立ちにくい能力なのに、場合によって効果のある人間の能力は他にもいろいろあるのではないか、ということである。例えば、あのワンマンの小沢一郎をして、頭が上がらないと言わしめている、小沢一郎の奥さんの能力である。内藤国雄の歌にあるように、少し遅れて歩くのに、しっかり遠距離力で亭主をコントロールしている、重力のように隠微且つ有効な能力である。

私のマルチスレッド性はそこまで隠微でもないし、有効でもない。残念。

来来亭

| コメント(3) | トラックバック(0)

お酒を飲んだあと、妙にラーメンが食べたくなる、という経験をしたことがある人は多いだろう。

私は先日、友人と飲んで、最寄の駅である小田急線の相武台前まで帰ってきたとき、なぜかラーメンがほしくてたまらなくなった。そこで、駅前にあるラーメン屋を覘いてみたら、日曜の夜だったので、閉まっていた。

どうするかと悩んで、コンビニでカップラーメンを買って家で食べることも考えたが、思案したあと、去年、県道51号町田厚木線沿いにできて、大変人気の来来亭に行ってみることにした。もう夜10時半なので、開いているのかな、と心配しつつ。

延々と15分程度歩いて行ってみると、流石に混んではなかったが、まだ営業していた。どうも、深夜0時まで開いているらしくて、ご苦労さんである。

早速、普通のラーメンを注文した。650円である。注文のパラメータとして、麺の堅さ、スープの濃さ、豚の背脂の量、一味唐辛子の量を指定できるようだが、なぜか麺の堅さしか聞かれなかった。あとは、何も言わないと、デフォールトなのだろう。

出てきたラーメンを口に入れると突然、懐かしさがこみ上げてきた。私の出身地の名産、尾道ラーメンとよく似ている。細麺+醤油スープ+豚の背脂の存在によって特徴づけられている。旨いかと聞かれたら、うん旨いと、即答しただろう。しかし、何かが尾道ラーメンと違うと考えてみたら、それは、一味唐辛子の介在であった。尾道では、ラーメンに胡椒を入れることはあっても絶対に唐辛子は入れない。

なぜ唐辛子なのかと思案して、昔の記憶を辿ってみた。今から8年くらい前に、私が帰省しているとき、東京から友人が尋ねてきた。そこで、尾道の市内で、私が一番おいしいと思っているラーメン屋に案内した。で、どう、うまいでしょ、と聞いてみた。うん、確かにという反応を期待したのだが、どうも芳しくない。ちょっとしょっぱいね、というコメントだった。それで、どうも尾道ラーメンの美味さもローカルなのか、と少しだけ失望した。

するともしかして、そのローカリティを緩和するのが、一味唐辛子の存在かもしれない。尾道のローカリティに最適化されている私には、正直、どうしても理解できないが。

で、来来亭はどんなところかと、ホームページをみると、滋賀県を本拠地として、全国に150店舗以上もある巨大チェーンなのであった。ただ、関西ベースで関東は出遅れており、神奈川県はなんと、私が住んでいる相武台に一軒だけというのが面白い。川崎でも、横浜でもない。きっと家賃が安いのだろう。というのは、来来亭が出来る前、そこは売れないレンタカー屋だった。

こんだけ巨大チェーンになると、味や品質は、ぶれそうなものであるが、社長の個性がよく浸透していて、なかなか筋の通った会社のように思われる。店員の対応も快活で小気味よい。餃子の王将に対抗できるのではないだろうか。

で、結論として、来来亭のラーメンは押しである。私が食べたラーメンの中でも出色の方である。ただ、次の免責条項に注目されたい。すなわち、私はスーパーに買い物に行って、レジのパートの女の子がちょっと可愛いと、ああっ、この人、世界一美人ちゃうかと安易に感嘆してしまう方である。そんな私が心をこめて褒めるラーメンの評価には、どうしても?がついてしまうだろう。それが私がブログで滅多に食べ物屋の記事を書かない理由である。

JAL崩壊の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

JAL崩壊については、JAL倒産や、JALの再建策などで、主として新聞記事に基づきメモしてきたが、本屋でたまたま、「JAL崩壊 ある客室乗務員の告白」文春新書を見つけた。一読すると、これはいかにも客室乗務員が知りえたエピソードの集まりであり、なんとなく週刊誌ネタぽいが、今までの私のメモが外からみたJALであったのに対し、内部告発的なので、情報補完的な意味で、抜粋的にメモしてみる。

この本によると、JALが苦境に陥った最大の原因は、JASとの合弁である、という。JASとの合弁話が持ち上がったのは、今世紀の初め頃だったと思われるが、実はその時点でJASは負債3000億円~3500億円を抱え、放置していると倒産する可能性が大だった。

それならなぜJALの首脳部はJASとの合弁を決定したのか、というと全く合理的理由が見つからず、全くの「殿ご乱心」で、側近は、必死で止めるべきだった。JALを監督する立場にある国土交通省からの示唆があったというのでもない。おそらく、JALの首脳部は、合弁による単純なスケールメリットを狙ったのかもしれない。ところが、国内線については、独禁法抵触のおそれから、却って発着便を制限されたしまったのだから、スケールメリットはなかった、ということになる。

ところが合弁してみてびっくり、JASはなんともひどい会社だった。もしかして、航空会社で世界一人件費が高かったかもしれない。体質も大甘である。甘いといわれているJALの客室乗務員が言うのだから余程である。

しかし世間では、合弁後、合弁された側の会社の社員が冷や飯を食うというのはよく聞く話である。ところがJALは違った。JASに対して、JALと全く同等の待遇をもってしたのである。例えば、JALでは、機長は全て管理職で、それなりの手当てがつく。一方、JASでは機長といえども、管理職でない人がざらにいた。それを一様に管理職として厚遇したものだから、旧JASの機長で、月給ベースで200万円も増えた人がいたという。

さらに、旧JASとJALとご交互に管理職を分け合うなどのお手盛り人事が行われた。こうして、JAS合弁後、人件費はうなぎのぼりで、JALの非効率化が進んでしまった、という次第である。これがJAL崩壊の主因という指摘は、それなりに妥当であろう。

JALの別の問題は、これはよく知られているが、労働組合の乱立である。先ず、御用組合で最大のJALFIO、戦闘的なCCU(客乗組合)、機長組合、乗員組合などある。JALFIOは、ここの幹部になると、タナボタで管理職に就けるなど、どこの会社でもあることである。一方、CCUは戦闘的で、しょっちゅう会社を提訴している。リスクをとりたがらないJALは、その都度高い補償金を払うが、これが会社の体力を弱めることにつながる。また、機長組合というのが面白い。普通は管理職というのは労働組合に加入しないが、JALでは、管理職である機長は全員、機長組合に入って、利権を主張する。こうして、要求するがよい、さすれば与えられるであろう、みたいな甘い体質が瀰漫するのであった。

特にチーフパイロットである機長は過度に甘やかされ、年収も3000万円~4000万円と非常に高い。米国でのパイロットの平均年収が1000万円程度であるのと、えらい違いである。そうやって甘やかされると、傲慢になったり、我侭になったりと、人格的に問題のある機長も少なからず出てくる。そして、フライトでは、客室乗務員をまるで専用秘書のように扱ったりする。機長は、非番で移動するとき、自社の飛行機に乗るが、このとき、普通に乗ったら100万円もするようなファーストクラスに只で乗る権利があるという。また、空港から自宅までは、会社経費でタクシーを使ってよい、と至れり尽くせりである。いよいよ会社経費は嵩むばかりである。

ところで、機長は管理職なので、名目上部下の管理をする。すなわち、部下の人事考課票を作成して人事部門に提出する義務を負うはずであるが、そんなもの出せるか、と全く出さないのが慣用だという。人事は何も文句いえない。

機長の我侭を許すだけではなく、国会議員などの都合にも迎合する。例えば、国会議員が一時間遅れても、出発を待つなどである。他のお客様の都合などどこふく風である。

こういう体質は、なんというのだろうか。単に官僚主義というのとは違う。プアマネジメント、高コスト体質、利権体質、妙なプライドなど、さまざまな原因が積み重なって、JALを、取り返しのつかないものにした。

それでも、客室乗務員はいう。JALには優れた人材も沢山います。きっとまた復活するでしょう、と。でも、本当にそうか。糜爛体質が一朝一夕で変わるのか。追撃が激しい、外国のLCC(低価格航空会社)に対抗できるのか。先行きは、あまりにも不透明である。

若年性アルツハイマー病

| コメント(2) | トラックバック(1)

夕刊フジによると、「もの忘れ」の頻発は、若年性アルツハイマー病かもしれないので、要注意であるという。50歳以上で、自分は大丈夫と、胸を張って言える人は多くないのではないだろうか。

かく言う私も、若い頃は記憶力に比較的自信があったのに、最近、簡単な人名や地名を思い出せないことがあって、慌てる。ただ、若年性アルツハイマー病の特徴は、単なる物忘れだけではない。以下、夕刊フジから引用してみる。

順天堂大学医学部附属順天堂医院・若年性アルツハイマー病専門外来の新井平伊教授は「大事なポイントは、以前に比べてもの忘れの頻度が増えたかどうか」と話す。

他にも、いつも使っていた携帯電話やPCなどの操作が急に分からなくなったら要注意だ。

なるほど、私は比較的PCを使う頻度が多いので、あれ、このアプリはどうやって使うんだったっけ、と立ち止まる頻度が高いとまずいかもしれない。また、私は、将棋が趣味なので、将棋の棋力が1つのバロメータになる。すなわち、がくっと弱くなると、どうしても分かるので、脳には限らず内臓かもしれないが、どこかおかしいということになる。夕刊フジからの引用を続ける。

治療は現在のところ決定的な特効薬はなく、「塩酸ドネペジル」という薬の服用を続け進行のスピードを遅らせることしか打つ手はない。

とくに若年性は高齢者の発症と比べて進行が速く、1年も放置するとかなり症状の悪化が進む。若い人ほど1期の早い段階での治療開始が重要になってくるのだ。

「若年性アルツハイマー病が問題になるのは、まだ年齢が一家を支えている働き盛りということ。本人だけでなく家族にのしかかる経済的、精神的ダメージが非常に大きい」と新井教授。

確かに、子供がまだ学齢期なのに、一家の主が若年性アルツハイマー病になると悲惨である。しかも、予防も治療も決定的方法がないのが辛い。以下、チェック・リストも引用しておく。

★「若年性アルツハイマー病」チェックリスト
 □約束(アポ)を忘れる
 □人の名前が思い出せない
 □漢字が思い出せない
 □言おうとする言葉が出てこない
 □計算ミスが目立ってきた
 □テレビのリモコンや携帯電話の操作が分からなくなった
 □仕事の効率が悪くなった
 □意欲やヤル気が続かない

これに該当しているかどうか分からないなら、実際に、簡単な計算をやってみたり、漢字を書いてみればいいと思う。それが一つの脳の訓練になる。若年性アルツハイマー病の防止にはならなくても、少なくとも、惚けの防止にはなるだろう。

ロシアのフォローアップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

突っ込みどころ満載のカチンの森追悼のための航空機墜落であるが、グルジアなど周辺の親米国への配慮か、ロシアは、異例の配慮を見せている。

先ず、原因調査にはポーランドの専門家を加え、遺族には無料でホテルを提供。メドベージェフ大統領は、「これはロシアの悲劇でもある。」とポーランド国民に哀悼の意を伝えた。また、プーチン首相は現場に足を運び、目を潤ませて、故カチンスキ大統領の棺の帰国を見守った。

これが陰謀だという意見は、ロシアが今までやってきたことが当然に推察される。そもそも、ロシア反対派の故カチンスキ大統領はいままで一度もロシアを訪問せず、これが最初の訪露なのであった。それなのに、事件の三日前には、故カチンスキ大統領の政敵で親露派のトゥスク首相がプーチン首相に現地に招かれ、既に追悼式典を執り行っている。

そもそもおかしいのは、トゥスク首相派は、今回墜落した飛行機には乗り合わせていない。それはあまりにも、プーチン首相に有利なのではないだろうか。また、スモレンスク飛行場は、ロシア軍の管理下にあり、何か策を弄そうとすれば、ロシア側のやりたい放題である。ミサイルを撃ち込まなくても、少しだけ管制塔がミスガイドすればよい。事故対策委員会もロシア軍が主導するのだろうから、証拠が明らかになることもない。

こうして、国家の陰謀現象論に行き着く。すなわち、アメリカの9.11であれ、今回のロシアの対応であれ、もしこれが陰謀であるとするなら、あまりにも杜撰である。わざと舞台裏丸見えみたいな状況にして、厳かに追悼式典を進める。下手な嘘は見破られる。大嘘は、ばれないのだろうか。

囲碁のJOC認定

| コメント(5) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、アジア大会で囲碁が新種目になったことを受けて、JOCが、日本の囲碁のプロの団体を日本代表として出場できるとして認定したという。以下、引用:

11月に中国・広州で開かれるアジア大会で囲碁が新種目になったことを受け、1日に発足した国内統括団体「全日本囲碁連合」(会長、大竹英雄・日本棋院理事長)が9日、東京都内で会見した。大竹会長は「囲碁は海外では頭脳スポーツとして定着している。アジア大会を機に魅力を再認識してもらえれば」と語った。

全日本囲碁連合は日本棋院、関西棋院、日本ペア碁協会が母体となって発足。アジア大会に選手を派遣するため日本オリンピック委員会(JOC)の承認団体になった。

アジア大会ではチェス競技の一種目として男女団体と混合を実施し、10カ国・地域が参加する見通し。日本代表は男子6人、女子4人を見込んでおり、全員プロ棋士を派遣する方針。大竹会長は「(世界でも一、二を争う)中国や韓国もプロ棋士。金メダルを狙うにはプロが必要」と説明した。代表選考では現タイトル保持者を優先しつつ、09年の国内賞金ランキング上位者も対象に個別に出場を打診し、5月末をめどに代表候補を選出する。連戦に耐える体力面も重視し、大会前に代表合宿も行うという。

同連合によると、世界の囲碁人口は71カ国・地域で4000万人。国内は約350万人で、現役のプロ棋士は500人弱という。【井沢真】

これを見て、私ならではの、どうでもいい感想があるので、以下、書いてみる。

先ず、根っからの運動神経音痴の私にとって、スポーツは、言われて渋々やるものであった。例えば、中学・高校と、6年間卓球部に所属していたが、それは、いかなる意味でも卓球が好きなのではなく、近所づきあいのため、仕方なくやっていた。それでも6年続いたのは、私の忍耐強い性格のゆえである。ああ、意外にサラリーマン向きか。一方、囲碁・将棋は、私にとって楽しみであり(ううん、今では必ずしもそうとはいえない)、卓球部の練習を抜け出しては、学校の先生が囲碁・将棋をやっているのを観戦して楽しんでいた。すなわち、スポーツと囲碁・将棋は、私には相反するもので、昼と夜なのである。だから、JOCの決定は、囲碁をスポーツに取り込むということで、仲のいい友人が、私と決定的に仲の悪い人と付き合い始めるのと同じくらい当惑することである。

別の感想として、将棋をメインの趣味とする者として、囲碁の方が国際スポーツ競技に認定されることに羨望を覚える。だいいち、世界的にはチェスがあるので、それを差し置いて将棋が国際スポーツ競技に認定されることは、先ずありえない。そもそも、将棋は駒が漢字で書かれているが、囲碁は白黒で、言語によらない。国際化に著しく有利である。また、将棋と違って、競合する類似の世界ゲームもない。

ただ、これについては、将棋指しは次のように、国際スポーツ競技に認定されないことを正当化する。すなわち、日本語が偉大なローカル言語であるように、将棋は日本の偉大なローカル競技でよいのである。囲碁が国際化されることで当然に得るものはあるが、しかし、国際化で失うものも少なくないことは、グローバル経済の法則が教えるところである。例えば、柔道は、国際化されて、JUDOになってしまった。最早、柔道とは似ても似つかない。一方、空手をみよう。下手に国際化されないので、その純な姿を保っている。剣道しかり。すると、大和魂は最早柔道になく、空手や剣道に宿るといえないか。こうして、将棋は、若干の人気を犠牲にして、日本で唯一、大和魂のこもった頭脳競技たり得ればいいのである。

何、かなり無理な論理だって? 分かってはいるが、まあ、楽しめれば、国際性なんてどうでもいいだろう。

ところで中国では、囲碁・象棋など勝敗のつく競技は、卓球などのスポーツと同様、国家体育総局の主管であるという。そういう割り切りもありかとは思う。

鍋型ポテンシャル

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には、言われてみれば当たり前で、何を今更分かったようなことを言うのだ、という命題がいろいろあるが、私か今から書く鍋型ポテンシャルもそうであろう。到底オリジナルではないし、何しろ当たり前なので、書く方だって、最初から気合が入らない。

あ、そうだった、鍋型ポテンシャルとはなにか、ということを先ず説明しなくはならない、興味をもってくれる人が一人でもいれば、であるが。そこで説明すると、鍋型ポテンシャルとは人生の法則であって、極端でなければ、あとは実質的に同じである、という極めて緩い法則である。でもなぜ鍋なのかというと、鍋の縦の断面をみると、実質的に底が平坦で、両側に少しだけ丸みがあって、それから鋭く立ち上がっているからである。

それはもしかして、量子力学の初歩の学習の際に出てくる井戸型ポテンシャルと同じようなものかというと、そうであるともいえる。しかし、井戸型ポテンシャルはその両側がディラックのデルタというか階段関数で特徴付けられるような屹立した界面になっている。人生という意味では、両極端は、鍋の淵のように、丸みを帯びているのではないだろうか、という意味で、鍋型ポテンシャルの緩い有意義性を主張する。

そういう抽象論を述べていても仕方がないので、鍋型ポテンシャルの実例をいくつか挙げる。これによって、鍋型ポテンシャルの妥当性が検証されるであろう。

私が鍋型ポテンシャルについて思い至ったのは、弟の紹介で、医師の方と話していたときである。その方と話していて、ああ医師は、「死」を認定するの責任を担うのだ、と改めて認識した。死んだらおしまいではないので、死がどれくらい重いのか私には想像もつかないのだけれども、死が人生の特異点であることは疑いはなく、すると死に関与する職業である医師は、責任の鍋型ポテンシャルでは明らかに、一方の極端に位置する。メス捌きが生死を分ける外科医もそうである。生死を分ける操作という意味では、戦場で戦う兵士、操縦桿を握る民間航空機のパイロットもそうである。それよりも少しだけ責任が軽く、しかしやはり生死を担うのは、電車の運転手、バスの運転手などがある。そういう責任の淵で微妙な差をつけるためには、井戸型ポテンシャルでなく、鍋型ポテンシャルでなくてはならない。

そうやって、責任の鍋型ポテンシャルを記述してみるとき、極端以外はどうでもいいではないか、と大まかに見ようというのが鍋型ポテンシャルの別の特徴である。例えば、私のように地味に特許実務をやっているだけの、ある意味退屈な仕事も、一日に何億円の取引をする投資銀行の担当者も、非合法な取引で稼ぐヤクザも、粗く同一視しようとするのが、鍋型ポテンシャルである。

では、責任の鍋型ポテンシャルでの北極に、医師、兵士などが位置するとしたら、南極には何が位置するかというと、例えば、誰からも見捨てられた独居老人がそうであろう。社会と最低限の関与しかなく、最早その死は、誰の一滴の涙さえ誘わない。

別の例として、生きているという状態がまた、鍋型ポテンシャルで記述される。すまわち、生まれてくるという状態は、どこからか人生に参入するので、鍋型ポテンシャルでの南極に位置する。そして、死が鍋型ポテンシャルでの北極である。生死がなぜ鍋型ポテンシャルで記述されるかというとそれは、次のような観察による。

すなわち、生まれてきて1年もすると、もう立派な人生の一員である。ちゃんと両親などとコミュニケーションがとれるし、思考する。一方、癌などの重大な病気であったとしても、結構死の直前まで、明晰に思考できたりする。そういう意味では、少々血圧が高かろうと、コレステロールが高かろうと、骨折しても、鍋型ポテンシャルでは大した差異はない。

こうして、人生の基底は鍋型ポテンシャルで記述されるのだけれども、社会制度は、意図的に、鍋型ポテンシャルとは全く異なった、単調増加ポテンシャルを導入しようとする。すなわち、年収500万円よりも年収1000万円がよく、さらに年収1億円が素晴らしい。レストランは、一つ星より三ツ星がよい。大学は、偏差値50よりも、偏差値60がよい。このように、下部構造が鍋型ポテンシャルで記述されるのに、その上部構造で単調増加ポテンシャルが導入されるということが人生を複雑にしている。

書いてみていよいよ当たり前なので、そろそろうんざりしてきた。考えてみたら、私のプログも、毒にも薬にもならない、鍋の底なのであった。

インターフェース

| コメント(6) | トラックバック(0)

私にとって、インターフェースというのは、コンピュータに関すること以外にはありえない。典型的には、マウスやウインドウ・システムなどの、グラフィック・ユーザ・インターフェースである。

しかし、ここでは全く違う意味のことを敢えて言おうとしている。すなわち、死んだらおしまいではないの続きで、「死んだ」人と、生きている人がどうやってインターフェースするかという、ある意味どうでもいいことを議論してみたい。

すると、死んだ人から、生きている人へのインターフェースと、生きている人から死んだ人へのインターフェース、という双方向をそれぞれ考える必要がある。

先ず、死んだ人から、生きている人へのインターフェースであるが、生きている人が余程の霊感があれば、幽霊という形で視覚化されたものを見ることができるかもしれない。しかし、どうも、そういうビジュアルなインターフェースは寧ろ稀で、生きている人の心身に働きかけるという形をとるようである。

実は、生きている人というけれども、結局は、肉体という物質に宿る霊なのである。この霊という部分で、死んだ人である霊と何も異ならない。寧ろ、生きている人は、肉体に畳み込まれた(convoluted)霊に過ぎない。言い換えると、肉体は、畳み込まれえるというインターフェースをもつ。これを私の勝手な造語で、PSI(psycho-somatic interface)と呼ぶ。コンピュータのAPIのもじりである。すなわち、生命活動とは、PSIを介した、精神と肉体の間の相互作用である。

すると、死んだ人である霊も、生きている人と交信するには、当然にPSIを使う。ただ、よく分からないが、死んだ人である霊は、肉体に畳み込まれた霊よりも、使える機能は限られていると思われる。このあたりは、クラウド・コンピューティングからの類推である。そこで、死んだ人である霊から呼びたし得るPSIの機能というは関数はどのようなものか、という考察をしてみる。

先ず、死んだ人である霊は、肉体を操るPSIの一部を操る関数を呼び出すことができる。典型的には、金縛りである。もっと高度な機能として、自動書記のようなこともできる。

それ以外に、PSIには、病気を引き起こす関数もあるらしい。典型的には、癌、脳溢血、心臓病などである。病気には、本来的に肉体的なものもあり、切り分けが難しい。ただ、シルバーバーチなどによると、精神を正常に保てば病気にならないそうなので、PSIベースの病気がメインではないかと推察される。まさに、病は気からなのである。

これに関して、「古武士霊は語る」近藤千雄編著、潮文社によると、数百年前に切腹して果てた武士の霊が憑依して、ある人がほとんど医者に見離されるほどの重い病気になったという。それは、あることを訴えるための手段だったのであり、そういう意味ではPSIは、非常に強力なインターフェースということになる。ただ、病気がどんな霊的メッセージだったとしても、結局分かってもらえないで、純粋医療的に対応されると、空を切ってしまう。訴えたい霊は、その思惑が外れて、憑依された人を結局呪い殺すことになってしまうかもしれない。

ここまでは、PSIであったが、どうも、人間は、PPI(psycho-psychic interface)ももつようである。典型的には、覚醒状態でもお告げが降ってくるようなものである。あるいは、そうでない人の場合は、夢としてやってくる。

一方、生きている人から死んだ人へのインターフェースとしては、PPIしかない。具体的には、想念や祈りである。PPIは、生きている人同士でも使えて、これは、テレパシーである。

すると、悪魔のささやきもまた、PSIやPPIを使った、霊と人間との交信である可能性がある。

このような考察が、稔り多いかどうか自信がないが、追々、もう少し考察を進めてみることにする。

国立大学法人化

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学の寄付集めという記事で、東大といえども資金集めに躍起であることをみたが、それではその原因となった国立大学法人化の功罪は何なのか、ということを毎日新聞の記事に従い、文責私でメモしてみる。

先ず、東京外語大の亀山郁夫学長は、次のようにいう。国立大学法人化の功の部分は、資金収集の柔軟化と、人材採用の容易化である、と。すなわち、同窓生からの寄付、積立金などを駆使して、ホールを建設できた。また、優秀な人材の採用も、学長の裁量一つでできるようになった、ということである。すると、力のある大学は、自らの力でグローバル化時代に対応した個性ある大学づくりに邁進できる、という正の部分がある、ということである。では負の部分は何かというと、旧帝大などの有力大学であるほど有利になる仕組みである、ということである。言い換えると、規模の経済のせいで、小規模の地方大学は一層窮乏してしまう仕組みである、ということである。

そこで、国立大学の頂点にある、東大の浜田純一学長は、国立大学法人化によって、国立大学の活力が増したという。まさにそれは、東大にとって有利な変革だったということか。そうはいっても、教員レベルでは、法人化に伴って業務量が増大しているという。その業務の内容は述べられていないが、資金調達に関連するものだろうか。あるいは、成果主義的な業績評価の負担だろうか。そんな中で東大は、国内の大学は眼中になく、海外の主要大学をライバル視し、資金面での格差を問題としているようである。まさに、大学の寄付集めで述べたとおりである。

では、私学の雄、慶応ではどうか。私学であるので、当然に国立大学法人化には該当しないが、それだけに、国立大学法人化を外から客観視できる。安西祐一郎顧問は、国立大学法人化が文部化学省の上意下達の体制から解き放ち、国立大学に自立性と柔軟性をもたらした点を評価する。ただ、東大を頂点とするヒエラルキーは微動だにしないと指摘する。

私は、国立大学法人化の内情をよく知らないので、それを是非できないが、企業を席巻した成果主義の大学版であるなら、ただ顔を顰めるし、ハーバードやイェールなどの米国有名大学を模範とした組織改革であるなら、そうだね、大学も結局は、営利組織なんだよね、と遠くを見るだけである。

そういえば、国立大学法人化に一番反対したのは、私の知る限り、理論物理、数学、哲学、歴史学などの、いわゆる金にならない純粋学問の教授たちであった。果たして、国立大学法人化で、理論物理は、実験物理に押され、数学は情報科学の一部に堕し、哲学や歴史学の定員は、ひたすら縮小されているのだろうか。少なくとも、そうでないという声は聞かない。私としては、アナクロと言われても、プラトンやヘロドトスなどを始原とする、ギリシャからの伝統のようなそういう学問の帰趨がどうなったか、見据えたいところである。

日本語は亡びない

| コメント(4) | トラックバック(0)

去年だったか、水村美苗「日本語が亡びるとき」という本が話題になったことがあった。私はある意味言語オタクで、日本語もそういう言語に入っているので、普通だったら、「日本語が亡びるとき」は迷わず買いなのだけれども、なぜか躊躇っているうちに、買いそびれてしまった。

そうしているうちに、「日本語が亡びるとき」の向うを張ったような「日本語は亡びない」金谷武洋著、ちくま新書をみつけたので、迷わず買った。するとどうも、「日本語が亡びるとき」というタイトルを見たとき、そんなの嘘っぱちだ、という私の直感が働いたようである。

では、なぜ日本語は亡びないのか。エセ言語マニアの私は、それはあのう、日本語は文法の枠組みが曖昧で、タコのようなのだ、としどろもどろになって、結局何も意味があることがいえない。そこで、「日本語は亡びない」の内容に拠ることにしよう。

すると、日本語は亡びない理由は、「品詞」、「基礎語彙」、「表記」、「発音」、「語形」という5つのファクターがある、という。そこで、順を追ってメモしてみる。

先ず、「品詞」であるが、もし日本語が亡びるとしたら、外来語に語彙を食い荒らされることであるが、日本語は、どんな外来語でも、カタカナにして、囲い込んでしまう。そして、日本語独自の「な」、「する」をつけて、日本語化してしまう。例えば、クリエイトという英語の動詞があったとして、必ず、クリエイトする、と使うので、創作する、というもともとの日本語の動詞と何も変わらない。ビューティフルという英語の形容詞も、まあ、ビューティフルな家ね、と日本語の形容動詞になってしまう。どんな外来語も、こうして骨抜きされてしまうのである。

次は、「基礎語彙」。これはどういうことかというと、どんな状況でも、「ある」、「こと」、「ひと」、「する」などの基礎語彙の頻度が圧倒的で、その優位は微動だにしない。

次は、「表記」。これは、カタカナ化で、すなわち、外国語を、カタカナ表記することで、別扱いし、和語に侵入しないようにしている(というのが、私の解釈である)。

次は、「発音」。例えば、strikeという英語を、ストライキという、似てもにつかない発音して日本語化してしまう。

次は、「語形」は、2モーラという語形に直してしまうこと。例えば、デイジタル・カメラも、デジカメと、デバガメと間違えるような2モーラ+2モーラの語形に変形して当てはめてしまう。

すなわち、日本語の戦略は、外国語が攻め込んできたら、特に防壁は設けない。いくらでも侵入は許す。しかし、侵入した敵は、日本語の領土に入ると、知らぬ間に骨抜きにされて、取り込まれてしまっている。もう、祖国に戻っても到底通じない発音と語形になってしまい、下手したら便利に日本語話者に使いまわされてしまうのである。

言語とは、どれもそうした包摂作用をもつのだろうと思われるかもしれないが、一般的にはそうとはいえず、例えば英語は、フランス語に攻め込まれて、消えそうになったことがあるという。すなわち、原英語は、ドイツ語に似た言語であったが、英国王朝を、フランス人の王が継承して、英語は、クレオール(混合)語化してしまったという。包摂の柔構造がないのだろうか。インドヨーロッパ語の中でも圧倒的に文法が簡単な(語形変化や時制という意味である)英語は、そういう哀しい歴史をもつ。こういう歪みは、ドイツ語にも、フランス語にも、スペイン語にも見られない。現代にあって、英語が世界で幅を利かせているのは、そういうコンプレックスの裏返しではないだろうか。すなわち、英語は、日本語のように、外国語を柔構造で受け止めることができず、取り込むと、ガシッと内部でぶつかってしまう。すると、受け止めるのではなくて、外へ外へと攻め込むしかなく、こうして米国の帝国主義的傾向も証明できるのである(かなり論理としては苦しいか)。

さらに言えることは、言語は、国家の鏡である、ということである。すなわち、日本語が本来的に辺境的な日本国家の鏡であるなら、日本という国も、どんどん他国の侵略を許し、ああもう駄目、もう嫌こんな生活、といいながら、しっかり防護壁を張り巡らし、侵略する者を篭絡する。してみると、日本は、希望を捨てるといながら、実は全く投了する意図はない、ということになる。なんと分かりにくい強かさなのだろうか。

戦争ジャーナリスト

| コメント(1) | トラックバック(0)

チェチェン潜入記に関して、以前に紹介した常岡浩介氏であるが、AFPBB Newsからの記事によると、アフガニスタンで取材中にタリバンに拘束されたという。以下、引用:

【4月5日 AFP】(写真追加)アフガニスタンで取材中のフリージャーナリスト、常岡浩介(Kosuke Tsuneoka)さん(40)が前週から消息を絶っている事件で、国内メディアは5日、常岡さんが同国北部で旧支配勢力タリバン(Taliban)に拘束されていると報じた。

時事通信(Jiji Press)は、匿名のタリバン関係者の話として、常岡さんはクンドゥズ(Kunduz)州のタリバン勢力の拘束下にあると伝えた。

読売新聞(Yomiuri Shimbun)の報道も、匿名のタリバン筋の情報として、常岡さんはバグラン(Baghlan)州で誘拐され、同州かクンドゥズ州のどちらかで拘束されているとしている。

マイクロブログ「ツイッター(Twitter)」の常岡さんのアカウントの書き込みは1日朝が最後で、31日

早朝にアフガニスタン北部にあるタリバンの支配地域を訪ねたことが記されている。2001年の米軍進攻以来、アフガニスタンでは犯罪集団やタリバンなどによって、ジャーナリストを中心に数十人の外国人が誘拐されている。(c)AFP

チェチェン潜入記を読むと分かるが、ロシアと交戦しているチェチェンに潜入するほどの危険は、この世の中ではちょっと見当たらない。そこを生き延びた常岡氏にとって、アフガニスタンは相対的に安全な地域なのかもしれないが、今はタリバンも気が立っている。米軍による攻勢があったばかりだからである。百戦練磨の常岡氏にまさかあるまいと思われるが、油断があったか。

しかし、世の中で、何の職業が危険だといって、実際軍事作戦を展開する兵士を除けば、戦争ジャーナリストほど危険な職業もあるまい。何しろ、銃撃戦のそばで写真を撮るわけだから、流れ弾が当たる可能性は非常に高い。流れ弾はおろか、本当に狙われることもあろう。報道されたくない軍事関係者も多いはずである。

それでも、なぜか常に、数は多くないが、戦争ジャーナリストはいる。例えば、常岡氏以外には、松井茂氏がいる。新潮社の著書のプロフィールは下記のとおりである。

1947(昭和22)年、広島県生れ。軍事・外交評論家。雑誌特派記者などを経てフリーに。紛争地帯への現地取材をお家芸とし、ラオス、イラン、イラク、アフガン、ロシア、朝鮮半島等々を歴訪、外交・安全保障問題を軸にテレビ・雑誌等で活躍。著書に『イラク』『謎の軍事大国 北朝鮮』『金正日の北朝鮮』『世界軍事学講座』『中国四千年の軍事思想』など。そのグローバルな視点には定評がある。

常岡氏にしても、松井氏にしても、実際に紛争が起こっている現場に赴いて取材するので、記事の質が高い。例えば、松井氏の「世界紛争地図」新潮文庫は、10年以上も前に出版された本なのに、今でも内容は全く陳腐化していない。これは一つには、紛争そのものよりも、紛争の原因を書いているということもあろう。紛争の原因となる利権や民族の対立などは、何十年たってもほとんど変わらない。一見安全なようでも、ずっと休火山にように燻り続けている。

戦争ジャーナリストといえば、外せないのが、モスクワのテロに関して言及した、アンナ・ポリトコフスカヤである。

アンナ・ポリトコフスカヤの「チェチェン やめられない戦争」NHK出版、三浦みどり訳には次のようにある。

私は何者か? そしてなぜ第二次チェチェン戦争について書いているのか?
私はジャーナリスト、モスクワの新聞「ノーヴァヤ・ガゼータ」の特派員だ。そしてそれが、私がこの戦争を目の当たりにすることになった唯一の理由だ。私は取材のためにここに派遣された。しかし、私が選ばれたのは、私が戦争特派員でこの問題に通じているからではない。まったくその逆の理由、つまり私が普通の市民だからだ。編集長の発想は単純明快。私がごく一般の市民であるからこそ、同じ一般市民の、つまり戦争に巻き込まれてしまったチェチェンの村や街の人びとの体験をもっともよく理解できよう、というわけだ。

ううん、ごく普通の、寧ろ華奢ともいえる若い女性記者を、いきなり、危険渦巻くチェチェンに取材に派遣するとは、ノーヴァヤ・ガゼータの編集長も只者ではない。しかし、それに臆さず、取材を続けたばかりか、チェチェンから無事帰還しても、プーチン政権の暗部を探り続け、結局暗殺された、その蛮勇。ノーヴァヤ・ガゼータの編集長のおそるべき卓見である。

するとどうも、真の戦争ジャーナリストは、死を恐れない。むしろ、アドレナリンが湧き出すのを楽しむような、一種倒錯した感性と、めくるめき使命感でうごく人達なのだろうか。

そういう意味では、石川達三や、林芙美子のような、中国戦線の従軍記者とは切迫感が違う。切迫感どころか、林芙美子は、戦地にあって、妻子ある人と不倫関係に陥っているのだから優雅なものである。ただ、そういう恋する婦人というのも、悪くはないとは思うが。

ところで、TIMEなどの記事を読んでいると、ほとんど毎号、戦争関係の記事があり、危険を冒して撮ったような戦禍のシーンの写真もある。すると、無名の戦争ジャーナリストが世界各地で活躍されているということである。のんびりとオフィスワークに無聊の日々を送っている私は、なんと安全で贅沢な環境なのかと、改めて感じる。

戻って、常岡浩介氏には、是非ともタリバンから開放された戻ってほしい。そして、タリバンの様子やその他の戦争報道を、今後も続けてほしいと願う次第なのだが、今に至っても音信不通なのは、かなり心配である。

衆愚の時代

| コメント(0) | トラックバック(0)

書店の新書のコーナーに行ったら、楡周平の本があった。楡周平といえば、「Cの福音」が衝撃的に面白かったのを思い出した。しかし、新書のコーナーにあった本は、新潮新書の「衆愚の時代」。ううん、「Cの福音」のイメージから来る、ITツールを使いこなすエリート社員のイメージとは随分違う。ある意味、オルテガの「大衆の反逆」の現代版の趣もあるが、それともまた違う。

経歴をみると、私より三歳若いが、ここまで来ると私とほぼ同年代と要ってよい。その私は、最近、随分愚痴っぽくなった。どうも歳のせいらしい。すると、楡周平もある意味、似たようなものか。ということで、内容をメモして、コメントしてみる。

まず、その第1章は、「派遣切りは正しい」。企業の論理から言うと、それはそうなんだけど、なかなかずばりと、そうは言えない。この本を通じて楡周平氏からは、努力主義を感じる。苦労して今の地位を築いた、という自負である。だから、人は努力すべきである、という気持ちは私も痛いほど同意であるが、今の派遣社員の中には、就職氷河期を経て、渋々今の地位に留められている者もいる。典型的には、佐世保銃乱射事件のところで述べた、赤木智弘著の「丸山真男をひっぱたきたい。」という本に書かれていることである。そのどうしようもない閉塞感は、流石に楡周平氏には伝わっていないのか。

第2章は、「欲望を知らない子供たち」。すなわち、子供の頃から物に溢れ、飢餓感、不足感を知らない子供が増えている、ということである。そんな風潮の中で、学者やメディアが、勝手なことを言い、若者は、それに乗せられている。これはご尤も。

第3章は、「夢という名の逃げ道」。すなわち、ネットで匿名で愚痴をいい、拘束されたくないからと、フリーターを続ける若者を批判する。これもまあ、納得。

第4章は、「サラリーマンは気楽な稼業ではない」。一番感心したのがこの章である。ううん、とうなったのが、サラリーマンはプロである、ということ。それは逆に言うと、プロとして自負できる仕事をしなさいということで、ちょっと身が引き締まる。また、苦笑いするのは、サラリーマンは意外とつぶしがきく、という言い方。どうも明らかに、楡氏は、今は作家専業だが、エリート・サラリーマンだったらしい。ただ、きちんとサラリーマンをやっていると、意外につぶしがきく、というのは、よく考えると事実であろう。サラリーマンはいろいろと根回しを駆使するからである。もしつぶしがきかないとしたら、もともとスキルがないか、仕事や待遇を選びすぎているのである。

第5章は、「まだ株屋を信用しますか」。ここを読んで、楡氏が、全く株をやったことがないと知った。理由は、慎重な性格だから、ということであるが、ここらあたり、私と似た性格なのかも。

第6章は、「非成長時代の身の処し方」。これはまあ、ご尤も。「希望を捨てる勇気」と同趣旨かも。

第7章は、「老人専用テーマパークを作ろう」。これは、老後を楽しく送る施設を充実させようという趣旨で、面白いと思うが、私はあまりそういうのを利用する気になれない。独居老人でもいいので、普通に暮らしたい。そういっていると、実際にそうなったら、孤独を嘆くのであろうか。

第8章は、「弱者の視点が国を駄目にする」。これは、弱者を助けるのが悪いという意味ではない。弱者でない者まで弱者扱いにして、スポイルしてしまう、という意味である。また、弱者が常に正しいとも限らないという。まあ、同感である。ただ、何度も言うが、楡氏には実力主義の臭みを感じる。私も将棋の趣味を通じて似たところがあるので、心苦しいが。

こうして、「衆愚の時代」は、各論はともかく、総論では賛成なのであった。こういう本音ばかりだと辛いが、こういう意見は今では比較的マイナーなので、あってもいいか、というところであった。

「カチンの森」追悼

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、「カチンの森事件」の追悼式に向かうポーランド政府専用機が墜落し、カチンスキ大統領その他ポーランド要人を含む乗員全員が死亡したという。以下、引用:

【モスクワ大木俊治】70年前に悲劇の舞台となった「カチンの森」が新たな惨事を生んだ。1940年に起きた「カチンの森事件」の追悼式に向かうカチンスキ大統領らを乗せたポーランド政府専用機は10日、ロシア西部スモレンスクの森に墜落、大破した。事故現場には機体が散乱。あちこちから煙や炎が上がる。救助活動が行われたが、一人の生存者も見つからなかった。

この日の式典はポーランドの主催で、「カチンの森事件」の犠牲者の遺族ら約1000人が参加する予定だった。多くは列車で10日朝までに現地入りし大統領の到着を待ち受けていたが、事故を受けて式典は中止された。

広大な松林が広がる「カチンの森事件」の現場跡には、ポーランド人犠牲者の墓地を整備した追悼施設が00年にオープン。ポーランドの歴代大統領が墓参に訪れ、カチンスキ大統領も07年9月に追悼行事出席のため現地を訪れていた。

第二次大戦中に当時のソ連・スターリン政権の決定で戦争捕虜ら2万人以上のポーランド人が銃殺され埋められた事件は「カチンの森事件」と総称されるが、埋葬現場は5カ所あり、43年にナチス・ドイツ軍が初めて大量の遺体を発見した「カチンの森」には、4421人が埋葬されている。

ロシア側はこれに先立つ7日、プーチン首相が70年に合わせロシア首脳として初めて事件の舞台を訪れ、ポーランドのトゥスク首相を招いて追悼式典を行い、ポーランドとの歴史的対立を乗り越えようと「和解」を呼び掛けたばかりだった。

これを見て普通は、なんと痛ましい事故か、要人が100人近くもなくなるとは、ポーランドにとってなんという痛手か、と感じるものだろうが、9・11疑惑モスクワのテロに鑑みると、本当に単なる事故か、と勘繰りたくなる。

すなわち、ガチガチの国粋主義者のプーチンにとって、「カチンの森事件」は、話題にさえしたくもない、ロシアの過去の歴史的負債である。日本にとって、南京大虐殺に相当するのだろうか。そのカチンの森事件の追悼式典をとり行いたいポーランドのカチンスキ大統領とその政権は、プーチンにとってとても不愉快な存在に違いない。

そこで、思い切り陰謀想像力を巡らしてみよう。すると先ずプーチンは、本心とは裏腹に、「カチンの森事件」に理解を示す姿勢を見せる。そして、カチンスキ大統領に、「カチンの森事件」の追悼式典を、カチンの森のそばのスモレンスクで執り行おうと呼びかける。そして、折角なので、要人一行で飛行機できてほしいとも添える。これは、「カチンの森」事件の追悼式典への出席を強く願う愛国者のカチンスキ大統領にとって、渡りに船ならぬ、渡りに飛行機だった。

ところがプーチンは、4月のスモレンスクの気候が不順になりがちであることを知っている。スモレンスクの空港は、森の中にあり、勝手を知ったパイロットでないと、着陸に困難を感じることかある。少しでも着陸地点を見誤ると、森の木々に飛行機が激突する懼れがあるのである。

こうして、プーチンは、スモレンスクへの危険な航路への招待状を出す。これは、とても広い意味で、刑法の「未必の故意」ではないか。すなわち、法律事典によると、「未必の故意」とは、犯罪事実の実現を明確に意図した訳ではないが、実現することになるかもしれないことを分かっており、且つ、実現してもいいと思っている(多分)。

別の読売新聞の記事によると、「地元報道によると、専用機は濃霧の中、4回にわたり着陸を試みた末に墜落した。」とある。これを見てさらに思うのは、こういう状況では、航空管制の意味がとても大きいということである。ここで、「航空管制の科学」講談社ブルーバックス、園山耕司著を見てみると、視界が十分でないときは、計器飛行するが、それでも、計器だけに頼って飛行してはならず、目視も用いなくてはならないとある。すると、もしスモレンスク空港が濃霧の状態だったとすると、着陸を諦めるべきだったという結論にならないのだろうか。そして、より安全な、モスクワ空港など、近隣の空港に導かれたであろう。

それでも、「航空管制の科学」によると、レーダー誘導という方法で、飛行機を滑走路に正確に導く方法はある。レーダー誘導の設備は、スモレンスク空港にあるのか。また、ロシア側の航空管制は、適切に取り行われたのか。別のニュースによると、「ロシア政府の発表によると、空港側は悪天候のため着陸を見合わせるよう指示したが、同機は高度を下げて墜落した。」とある。果たして、見知らぬ土地の空港で、天候不順の状況で、航空管制の指示に従わず、強引に着陸を試みるという無謀を、多くのVIPを乗せた大統領専用機が試みるものなのだろうか。実際、ほんの少しだけ、故意または過失により不適切な航空管制が行われたら、それは直ちに重大な事故につなかるような状況である。そのような航空管制の不適切は、何人も後で発見しえないであろう。特に、ロシア国内で、捜査を行う警察権力が、完全にロシア当局に掌握されているという状況下では、絶望的である。モスクワのテロにおける、犯人の検挙率の低さがそれを物語っている。

ここで注目すべきなのは、カチンスキ大統領が、対ロシア強硬派だったということである。カチンスキ大統領は、2008年のグルジア紛争でも、ロシアを批判したという。すると、カチンスキ大統領を始め、ポーランドの対ロシア強硬派の要人を乗せた飛行機は、ロシア当局にとって垂涎である。カモネギとは、こういうのを言うのだろうか。

カチンスキ大統領と少し状況が似ているのは、ルーマニア革命におけるチャウシェスク夫妻である。チャウシェスクは、ロシア(当時のソ連)とは距離をおく政策をとった。その結果、チャウシェスクは、親ロのイエリスク一派によって、あっけないほど簡単に処刑され、政権を転覆された。当然にロシアの関与があったであろう。

ポーランドでも、この事故を奇貨として、親ロ派閥が跳梁跋扈するのだろうか。

日本辺境論

| コメント(0) | トラックバック(0)

内田樹の「日本辺境論」新潮新書を読んでみた。小冊子ながら広汎な話題に亘っており、私の知識では網羅しきれないので、理解できる範囲でメモしてみる。

先ず、内田は、衒いも籠めて、この本には特にオリジナリティはないと宣言するが、確かに、とあっさり同意したくなる。ただ、それでもこの本の価値は微動だにしないのであって、日本人の基底として気になっているテーマをこのように真正面に纏めた書物を私は知らない。

それでは、日本がどういう意味で辺境なのかというと、初期値としては、魏志倭人伝などに記述される、偉大なる中華に対する、辺境としての倭の国としての日本がそうなのかもしれない。

この本では触れられていないが、私の思い込みでは、縄文時代の日本人は、自らを辺境とは位置づけていなかったのではあるまいか。ところが、人類の残虐性で述べたように、比較的平和裏に大陸からきた弥生人を受け入れることで、自らの辺境性に目覚めたのではあるまいか。

すなわち、魏志倭人伝の頃は既に、何かしら正統な外部の権威をヘテロに取り込み、それを消化することで繁栄するというモデルが確立していた。辺境人として日本人がずるいのは、正統な外部の権威から取り込んだ知識やスキルで、本家を凌駕する程度まで至っても、では自分が元祖になろう、という意気込みがないことである。すなわち、競馬でいえば、決して先頭を走って風を切ろうとしない。その実力があっても、である。

それでは、正統な外部の権威を、信者が教祖に対するように、信仰し、尊敬し、崇めているかというと、まったく違う。単に利用しているだけである。この利用というのは、日本国内にあって、自分がいかに優秀であるかの根拠を、外部の権威の教義に対する忠実性に求めたりするが、内心で、どこまで外部の権威を真に尊敬しているか、怪しいものである。

一方、韓国をみよう。韓国は、中国に近すぎて、独立した辺境人たりえなかった。そもそも、辺境人を目指すという発想もない。その結果、儒教を純化した。純化した儒教に染まりすぎた。中国以上の中国になってしまった。

ともかく日本は、そういう辺境人としてのメソドロジーを、中国にも、西欧にも適用し、現代にあってもその事情は、いささかも変わらない。決して世界の中心に位置せず、辺境人としてアイデアを包摂し、改良を加えるというスタイルを崩そうとしない。

そういう辺境人の特技は、学びである。学びのプロと言ってよい。学びの方法論を純化して、道にしてしまう。武士道、剣道、柔道、棋道、空手道などである。道まで昇華された方法論は、全人格で対決することを要求する。なにしろ、純化されすぎて、方法論は見やすくない。どうなるかというと、師匠というものが存在するが、手をとって教えることがない。弟子は、師匠の周りにいて、自分で考えて、空気を読み、悟らなくてはならない。

ともかく、辺境人としての日本人は、学びのノウハウを確立していった。それは成功しすぎた帝国主義の道、戦後の高度成長にもつながった。

さて、辺境人としての日本人を支えたものに、日本語のハイブリッド性がある。日本語の起源で述べたように、最初はおそらく特定の文字をもたない、原始アルタイ語起源の原日本語は、中国から漢字を取り込み、漢字だけだと不便なので、平仮名と片仮名を発明した。なぜ、平仮名と片仮名という2種類の文字体系が案出されたのかは、学会では定説があるのかもしれないが、素人の私には分からない。しかし、江戸時代までに鍛えた辺境性は、漢字/平仮名/片仮名のトリニティで以って、明治になってブレークした。平仮名がベースにきて、漢字が、概念用語を担い、片仮名が、外来語を音読みのまま取り入れることを可能にした。まさに日本語は、万能辺境人御用達言語なのであって、平仮名と片仮名というデュアリティをもたない韓国語にも、これは真似できない。

それでは、このグローバル世界で、辺境性を特徴とする日本文化が繁栄し続けるのか、というと、それが翳ってきているのは確かである。では、西澤潤一のように、独創を目指すのかというと、辺境国家にあってそういう独創人はどうしても、人格障害扱いされ、まともに相手してもらえない。

結局、日本は、どのような時代になろうとも、辺境性を発揮しつつ、世界の趨勢に敏感で、顔色を伺いながら生きていくよりないのである。

結局、内田樹の「日本辺境論」をあまりなぞらなかった。そういえば、特許部門にあって、弁理士にもなろうともせず、正統と言われる仕事に背を向けて、電子出願システムなどマイナーなことばかりやり続けて来た私は、紛うことなき辺境人なのであって、辺境国家の中でさらに辺境をやるとは、なんと物好きなのだろう。ともかく、辺境人に幸せあれ。

リクルートのサイトには、「人間じゃないものとの結婚」の例が示されている。

先ず最初は、人気アニメ『魔法少女リリカルなのは』に登場するキャラクター「フェイト・テスタロッサ」の「抱き枕」と結婚式を挙げた28歳の韓国人男性である。その男性は、どこに行くにも抱き枕を持ち歩いているという。ううん、理解できない。単なる変態と何が違うのだろうか。

次は、元米軍人の女性エリカ・ラ・トゥール・エッフェルさんで、パリのシンボルであるエッフェル塔に惚れ込んで、エッフェル姓を名乗るようになったという。しかし、エッフェル姓を名乗る=エッフェル塔と結婚とは直ちにいえないのではないか。

また、ベルリンの壁と結婚したスウェーデン人女性もいるという。ところが、「結婚」10年目の1989年にベルリンの壁が崩壊してしまい、仕方なく、失意の彼女は自宅近くのフェンスを心の拠り所としたという。こういうのも、一種のフェチシズムなのだろうか。

上記と比べて、なんとなく理解できるのは、アニメ・キャラとの結婚である。すなわち、昨年10月にニンテンドーDS用恋愛ゲーム「ラブプラス」のキャラ・姉ケ崎寧々と、グアムで式を挙げた男性が、日本にいるという。

ただ、私は、「人間じゃないものとの結婚」と聞いて、次のようなことを想像した。すなわち先ず、動物との結婚である。例えば、象の飼育係が、本当に象に愛情を注いで、配偶者のように親密になる、というのは、まあある意味当たり前か。

次は囲碁、将棋、落語などの芸事との結婚。すなわち、芸事に打ち込みすぎて独身が続くと、例えば、あいつは将棋と結婚したようなものだといわれることがよくあるが、あまりにもありふれていて、話題性はない。

次は、宗教との結婚。例えば、敬虔な神父が、独身を通して奉仕する。これなど、キリスト教との結婚に等しいが、やはりありふれている。

次は、抽象的概念との結婚。例えば、リーマン予想と結婚して、人生を棒に振る数学者がいてもおかしくない。あと、マルクス主義、ギリシャ哲学など、いろいろ考えられる。

最後に、宇宙人との結婚。例えば、私の彼は火星人なの、という女性がいたら、冷静に、疲れているようだから病院に行ったら、とアドバイスするだろう。まあ本当に宇宙人が地球に来ているらしいから、本当にそういう夫婦もいてもおかしくないかもしれない。

そういえば、私は独身時代に、尊敬する大先輩から、哺乳類と結婚するなよ、とアドバイスされた。しかし、爬虫類も両生類も、流石に結婚相手としてどうかと思ったので、結局、哺乳類のなかでも特に、人間と結婚してしまった。先輩のアドバイスに背いたことを、ときどき後悔する次第である。

才能の相関

| コメント(0) | トラックバック(0)

どういう風の吹き回しか、最近、「基本の和食」、「基本の中華」、「基本の洋食」というオレンジページの料理本を買ってきた。普段ときどき作っている、あまりにも適当な、味噌汁だの、スパゲティだのよりも少しだけ凝った料理を作ってみたくなったのである。

私の料理のレベルは、初心者もいいところで、恥ずかしくて、料理を作るとさえもいえないが、少なくとも、献立を考えたり、厨房で何か作ることは苦痛ではない。で、周りのサラリーマンと話しても、大の男で、まともに料理を作ることに興味をもつ者はほとんどいないので、サラリーマン全般という意味では、私の料理に対する興味は、平均より少し上かもしれない。

そこで、私の生まれ育った家庭を顧りみると、母は、我流であるが、料理は得意な方だと思う。ところが、父も結構料理が得意で、今でも帰省すると味噌汁を作ったり、魚を焼いたりしてくれる。それが結構美味い。

そういうわけでもないだろうが、弟は、生涯一板前を自称するプロの調理師である。そんな一家で、私は自然に料理に対する興味を育んだのかもしれない。だから、女性をみると、容姿もさることながら、つい、この人は料理が得意だろうか、と考えてしまう。

すなわち、大いなる偏見をもって、能力のある女性は、工夫をするのが得意だから、料理も得意に違いないと思ってしまうのである。ところが、いろいろな例を観察してみると、仕事などの能力の高さと、料理のスキルは、全く関係ないといわざるをえないことが分かった。本当によく気がつく、魅力的な女性なのに、どうも料理は嫌だという例もみたし、本当に粗忽でどうみても魅力的から遠いのに、料理は相当凝ったものもつくれるという女性もいる。

すなわち、人間というものは、自分の嗜好を推し進めて、似たような嗜好の人をどうしても高くみてしまう、あるいは逆に、自分の苦手なものが得意な人を低くみてしまうのであるが、沢山の例をみればみるほど、1つのスキルで全体のスキルの傾向は測れないという事実に行き当たってしまう。

別の例で、南方熊楠を挙げよう。南方は、語学や博物学を独学で学んだ、明治の泰斗であった。その偉大さは多くの人に認められている。しかし、理数系の科目や、興味のないことの暗記が極端に苦手であった。今の時代に生まれていたら、まず、国立大学には合格できないだろうし、私立の有名大学の入試も無理だろう。それをもって、試験が苦手な私は、ほらみたことか、独創性に富む偉人は暗記物は苦手で、偏差値エリートは大したことないのだ、と思いたいところである。

ところが、その観念を完膚なきまでに打ち砕くのは、ニコラ・テスラで、異常なほどに独創性に富むのに、記憶力も抜群で、数学や語学も得意であった。今の日本に生まれていたら、確実に、東大か東工大に合格できていただろう。そして、進学すると確実に教授に瞠目をもって迎えられていただろう。

私よりずっと優秀で、地位も得たのに、試験に対するルサンチマンを共有するのは、青色発光ダイオードの、中村修二である。すなわち、中村修二は、よほど大学入試に恨みがあるらしく、大学入試を廃止し、入学希望者全員入学にすべきだと主張している。資格試験など試験全般が苦手な私は、そうだそうだと賛成したいところであるが、偏差値エリートで本当に優秀な人は数え切れないくらいいる。また、大学入試や資格試験がある程度効率的な選別機構になっていることは否定できない。

こうして、自分が苦手なこと、自分が好きでないことを取り出して、これが得意な奴にろくな奴がいないという主張は悉く敗れ去る運命にあるのだけれども、浅はかな私は、何度でも気慰みのように、その偏った主張に戻ってしまうのである。凡夫の哀しさである。

通勤と読書

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は昔、通勤時間におよそ1時間40分かけて、都心に通っていた。すると、普通に起きて電車に乗っていては確実にラッシュに巻き込まれる。そこで、毎朝5時に起きて、5:50分の電車に乗る、ということを日課とした。

しかも、それは各駅停車なのである。すると、100%の確率で座れる。目的地の1/3くらいまできたところでようやく席が埋まる程度である。朝早い電車であることと、各駅停車であることの相乗効果が大きい。

なぜそうしたかというと、先ず、私は早起きが苦手ではない。高校時代は、船で通うこともあって、やはり毎朝5時に起きて、6時半まで、浪曲のラジオ放送を聴きながら、授業の予習(大抵は、英語だったが)をした。特に勉強熱心だからではない。卓球部の部活をやっていたので、最終の船で帰ってきて、食事して風呂に入ると夜9時、そこで死んだように寝てしまうのが日課だった。だから、朝の勉強くらいしないとやばい。

私が早朝電車を選んだ別の理由は、読書に最適だからである。しかも混んでないので、多少本を広げて線を引いたりすることもできる。最高の移動書斎である。あまり難解でない新書なら、ほぼ確実に往復の一日で読める。ただ、行きはいいが、帰りは絶対に座れないので、立って読むことは覚悟である。

こういう早朝通勤は、読書にはいいのだが、一週間が終ると、泥のように疲れた。だから、転勤で、自宅から比較的近い事業所に変わったときは、ほっとした。

ところがである。自宅から比較的近い事業所に転勤して、通勤電車の時間がせいぜい15分程度になると、全く本が読めなくなった。一日24時間は同じであるので、本を読もうと思えばいくらでも読めるはずなのに、読書量が激減して、私の知性?に危機が訪れるほどであった(言いすぎか)。すなわち、通勤が短いので早く帰宅してもテレビを見るとか、ビールを飲むなどで、空しく時間を過ごしてしまうのである。こうなって、限定された空間である通勤電車の意義を改めて感じた。聞くところによると、警察の独房もそうらしいが、流石にそちらを試す気にはならない。

こういう通勤の読書の有効性というのは、多くの人が認めるところであり、私の知り合いの弁理士は、もともと企業のSEだったが、往復4時間の通勤時間を勉強に費やすことによって、比較的短期間に弁理士試験に合格した。あの通勤時間がなかったら、弁理士にはなっていなかっただろう、とまでいう。

私が尊敬するブロガーの一人である、橋本大也氏も、その読書の大部分を、片道約1時間20分の比較的長い通勤時間に負っている。

すると、知性を鍛えるために、あえて遠距離通勤を選ぶという方法もありそうである。そのとき、可能なら、混み方が少ない逆方向の通勤、すなわち、都心に住んで郊外の会社に通う、というのがベストであるが、持ち家を都心にもつのは一般的にコストが高いので、難しい場合が多いかもしれない。

さらに拡張して、通勤時間を労働時間に換算する会社があってもよさそうである。というのは、仕事の種類によっては、例えば特許の意見書を書くような、比較的機密性の低い仕事もあり、上記の車内読書の原理で、通勤での仕事が能率が上がるということもありえる。しかし、流石にそれは、行きすぎか。

人間は死んだらおしまいで、後には何も残らないと私が思っていたのは、おそらく中学生くらいまでで、経緯はよく分からないが、もしかしたら死んでも何か残るのではないかと思い始めたのは、高校の頃である。友人や肉親の死のような、然したるきっかけがあった訳ではない。

それでいろいろあって、シルバーバーチに代表されるようなスピリチュアリズムに馴染んでくると、100%確信している訳ではないが、死後の世界は確かにあるし、死んでも終わりでないと思えてくる。

そんなとき、「死んだらおしまいではなかった」大島祥明著、PHP研究所という本を知人から紹介された。スピリチュアリストのはしくれ?なので、今更、と思ったが、読んでみると意外に興味深かったので、メモしてみる。

大島祥明氏は、大念寺の副住職で、職務柄、葬儀で念仏を唱えていた。そして、故人の気持ちが少しでも汲み取れないかと考えているうち、葬儀に呼ばれるようになって322回目に、次第に故人の気持ちが少し分かるようになってきた。修行により、霊感が身についてきたといってもよい。

それからは使命のように葬儀に出席するようになった。その数が二千回を超えた。多いときは、一ヶ月に28回を数えた。それがやりすぎで、ついに体を壊すところまでいったが、しかし死者の気持ちを感じることができるところまでになった。

そんな大島祥明氏によれば、葬儀を執り行うことの意味は、死者に、死を自覚してもらうことである。なぜなら、多くの人は、死んでも自分が死んだとは思っていない。死んだことを認識しないのである。というのは生きているときと同様に見えるし、聞こえるからである。

それでも、葬式があって、そこに、自分の写真が遺影として飾ってあると、あれ?これは自分の葬式か、ということになる。そこでそこにいる人に話しかけるのだが、誰も答えてくれない。かすかに感じてくれれるのは、霊感のある人である。人間はだいたい、30人に一人の割合で、霊感があるらしい、そこで、大島祥明氏は、霊感を鍛えて、次第に、かなり強い霊感を備え、死者の気持ちを実感できるまでになった。それが正しいという証拠は、全く面識がない故人なのに、感じたことを遺族に話すと、遺族しか知りえないことが沢山あったからである。

こうして大島氏はついに、死は終わりでないことを実感し始める。そして、死んでも人間は何も性格か変わらないことにも気付く。すなわち、人生は死後も永遠に続くのである。

ところで、私は中学の頃まで、人間は死んだらおしまいで、後には何も残らないと思っていたと上記に書いたが、大島氏によれば、そういうナイーブな思いを死後もずっと引き摺る人はときどきいる、という。しかし、心底そう思っていた人は、極めて稀で、2000件の葬儀の中で1件だけだったという。普通は、死んだらおしまいかどうか、よく分からないと思うものなのだろう。もし本当に人間は死んだらおしまいで、後には何も残らないと思っていたらどうなるか。すると、死んだ後、まだ見ることも聞くこともできるので、これは絶対にまだ生きているのだと思い続ける。これこそ成仏できないということである。すると、人間は死んだらおしまいと思っている人が却って地縛霊になる。なんという皮肉だろうか。そこで、大島氏は、なんとか死を悟ってもらい、引導を渡して、成仏してもらうのである。

引導といえば、「死後探索」ブルース・モーエン、ハート出版がある。すなわち、ブルース・モーエンは、モンロー研開発のヘミシンクによって霊界に意識を移す技術を身につけ、死者を救う旅に出るのである。

しかし、この世にクリップされている浮遊霊、地縛霊はあまりに多いだろう。だから、大島氏の努力も、ブルース・モーエンも、いつ果てることもない。すると、このような無窮の活動もまた、天が与えた使命なのであった。

悪魔のささやき

| コメント(2) | トラックバック(0)

今まで、魔が差すなどで、人間がふと、まずいことをしてしまう心理について見てきたが、「悪魔のささやき」加賀乙彦著、集英社新書は、さらに深く人間の悪魔的心理を説明しようとするもので、興味深い。

加賀乙彦氏は、作家であるが、東大医学部を卒業した精神科医でもあり、東京拘置所医務技官を務めたこともあり、従って、犯罪者や死刑囚の心理にも詳しい。

すなわち、死刑囚ともなると、残虐な殺人事件を犯しているのであるが、医務技官として面談していると、多くの死刑囚は、実はとても温厚で、まさか殺人事件を犯しそうにないことに気付くのである。

すなわち、殺人事件を犯してしまったあと、なんであんなことをしでかしてしまったのだろう、と自分でも訳が分からないという。死刑囚だと、刑は確定しているので、心神耗弱を装って減刑してもらうという意図も最早ない。どうも正直な本音らしい。

もちろん、先天的に倫理観念を欠くような、本来的に残虐な性格の死刑囚もいて、こういう人は罪を悔いることもない。例えば、池田小殺人事件の詫間被告である。しかし、そういう人は精神医学の対象となるほど稀である。

すると、ごく平凡な人がなぜ、死刑にも相当するような殺人事件を犯してしまうのか、という問いに対して、それは「悪魔のささやき」である、という仮説が立てられる。それは要するに、魔が差すのと同じかというと、瞬間的にはそうかもしれないが、悪魔のささやきの方がより徹底しており、場合により、何年も続くことがある。

では、悪魔のささやきとはなにか、というと、人間のぼうっとした、いわば思考停止の状態で、人間の心を悪事の方にドライブする何かであり、クリスチャンでもある加賀乙彦氏は、それを、悪魔とかサタンと呼んで憚らないが、私だったら浮遊霊や自縛霊、自然霊などの憑依を想定するところである。ただ、霊だのを持ち出すと、折角の真面目なこの本がトンデモになってしまうので、キリスト教の文脈で、悪魔とかサタンと呼んで曖昧にしておく方が賢明であろう。

どういう人が悪魔のささやきを受けやすいかというと、余裕のない人、欲にまみれた人、付和雷同の人、流されやすい人、自分だけは大丈夫だと思っている人、多面的な知識のない人である。そういう意味では、借金でクビが廻らない人、投資銀行の中核にいて、必死で稼いでいる人なども危ない。

しかし、現世にあって、風邪を引かない人がほとんどいないように、悪魔のささやきを受けない人もほとんどいない。そこで、悪魔のささやきを受けたとき、被害を最小限に食い止めるにはどうするかというと、視界を広げ、遠くをみるようにする。これは象徴的な意味であって、要するに、過去と未来を見据え、物事を多面的に見るようにする、ということである。関心を広げるということである。

また、宗教の本質について、理解を深めるのは有効である。さまざまな宗教が実は、慈悲と博愛を説いていることが、経典を読むと分かる。神を通じて、無窮を見据えることができる。宗教心がないと、その空隙に、オーム真理教のような邪宗が入り込む。そういう意味で子供時代から宗教教育を施すことは重要であるが、日本では、ストイックなまでに、宗教教育を避ける。特定の宗教に偏ることを恐れるからかもしれないが、やはり、精神の主柱としての宗教は必要であろう。

さらに、主体的に、理性的に考えることを心がける必要がある。ただ、次のような矛盾はある。すなわち、日本の戦時中、多くの国民は、いわば悪魔のささやき、あるいは悪魔の絶叫に駆られ、奈落へと突き進んでいった。そんな状況で、悪魔のささやきに耳を貸さず、主体的に生きることは、爪弾きされ、村八分になる可能性がある。投獄され、あるいは前線に送られて、死に絶えるかもしれない。それでも勇気をもってそうすべきであるのか。できるならそうべきなのだろう。すると、悪魔のささやきに背くことも、場合によって大変なことである。命がけである。

すると方便として、悪魔のささやきを聞いたふりをして、懐疑的に生きるというのはありなのかもしれない。しかし、方便で悪魔のささやきに付き合うのは、それでなかなか大変である。大変な中庸の精神を要する。ともかく、迷いながら、考えながら、生きていくべし、ということになるのだろうか。

モスクワのテロ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、モスクワで、過激派によるとみられる地下鉄連続爆破テロ事件があった。以下、引用:

【モスクワ大前仁】モスクワの地下鉄で29日に起きた連続爆破テロは、カフカス系の女2人が相次いで自爆を実行したとの見方が強まる一方、スラブ系の共犯者がいた疑いがあるとする捜査情報が浮上している。ロシア政府は犯行の背後に控えるとみられるテロ集団を抹殺すると約束するが、これまでロシアでのテロ事件で、初動捜査の情報が犯人究明につながったことは少なく、今回も捜査は難航しそうだ。

29日夕、事件が起きたルビャンカ駅とパルク・クリトゥールイ駅では、多くの市民が花をささげ、ろうそくに火をともし、犠牲者を悼んだ。メドベージェフ大統領もルビャンカ駅を訪れ献花した。その上で露全土で交通機関のテロ防止策を強化する大統領令に署名する意向を示し、「彼ら(テロ集団)を追いかけ抹殺する」と述べた。

インタファクス通信によると、爆発が起きる前、同じ地下鉄路線の始発駅ユーゴザパッドナヤ駅で、実行犯とみられるカフカス系の女2人が地下鉄に乗り込んだ姿を監視カメラがとらえていた。捜査当局や地下鉄関係者の話をまとめると、この2人にはスラブ系の女2人が付き添っていた。さらに男1人が一緒にいたとの情報もあり、捜査当局は男のモンタージュ写真を作成して、関係機関に配布したという。男はひげを生やし、しま模様のジャケット、野球帽、白のスニーカーを着用していたとされる。

これを見て、うん、ロシア政府による自作自演かと私はつい思ったのだが、それがとても奇異かというとそうでもなく、Webで調べても私と同じ感想をもつ人は少なくないようである。

そこでその前提として、ロシアの最近のテロ事件を、新聞記事から列挙してみる。

  1. 1999.08 : モスクワ中心部の地下商業センターで爆弾テロ。64人死亡。
  2. 1999.09 : モスクワのアパートが連続爆破され、計200人以上が死亡。
  3. 2000.08 : モスクワ中心部プーシキン広場の地下道で爆発も12人が死亡。
  4. 2002.10 : モスクワ市内で劇場占拠事件、強行突入時に人質130人が死亡。
  5. 2003.12 : 南部スタブロポリ地方で通勤列車が爆破され、47人が死亡。
  6. 2004.02 : モスクワ市南部で地下鉄が爆発、乗客ら41人が死亡。
  7. 2004.09 : 北オセチア共和国ベスランで学校人質事件、児童ら約330人が死亡。
  8. 2005.06 : モクスワ郊外でチェチェン発の列車が爆発で脱線、42人が負傷。
  9. 2007,08 : モクスワ発サントペテルブルグ行き特急が爆発で脱線、約60人が負傷。
  10. 2007.10 : 南部サマラ州トリヤティ市で路線バスで爆発、乗客8人が死亡、70人以上が負傷
  11. 2009.11 : モクスワ発サントペテルブルグ行き特急が爆発で脱線、乗客ら少なくとも26人が死亡。

「ロシアの失われた良心」と呼ばれた、アンナ・ポリトコフスカヤによると、少なくとも、1999.09のモスクワ・アパート連続爆破事件と、2004.09の、北オセチア共和国ベスラン学校人質事件は、ロシア諜報機関FSBの関与が疑われるという。もっと言うと、自作自演である。実際、ポリトコフスカヤは、北オセチア共和国ベスラン学校人質事件のことを聞いて現地へ向かう機上で、何者かに毒を盛られ、意識不明の重態となった。

モスクワ市内劇場占拠事件についても、ポリトコフスカヤによれば、ロシア当局は、何人のテロリストが殺されたか、鎮圧軍は、どんなガスを使用したか、なぜ人質全員が犠牲になる必要があったのか、口をつぐんで全く情報提供しようとしない。本当にチェチェン過激派の仕業ならば、寧ろ情報を開示して喧伝するであろうに。

そのモスクワ市内劇場占拠事件の主要な登場人物が、迷彩服を着た若い女性であったというが、それが今回の犯行実行者とされる、イスラム系殉教者の女性と妙にダブるのである。

そうは言っても、2009.11のモクスワ発サントペテルブルグ行き特急爆発事件では、南部イングーシ共和国を拠点とするイスラム武装勢力の容疑者が当局に拘束されているという。すると、上記一連の事件は、FSBによる陰謀の場合と、本当にチェチェンの過激派による場合とが錯綜している可能性もあり、今回の事件は後者なのかもしれない。ただ言えることは、今回の事件も、ロシア当局にとって、統制を強化するという口実にはとても有利である、ということである。

ともかく、アンナ・ポリトコフスカヤは、2006年10月7日に凶弾に倒れたが、後に続く勇気あるジャーナリストが真実を報道してくれるのを待つとしよう。ロシアの闇が晴れる日はあまりにも遠そうであるが。

将棋連盟のホームページに次のような文言があった。

社団法人情報処理学会からの挑戦状
 社団法人 日本将棋連盟 会長 米長邦雄 殿
 コンピュータ将棋を作り始めてから苦節三十五年
 修行に継ぐ修行 研鑽に継ぐ研鑽を行い
 漸くにして名人に伍する力ありと情報処理学会が
 認める迄に強いコンピュータ将棋を完成いたしました
 茲に社団法人 日本将棋連盟に挑戦するものであります

確かに、最近コンピュータ将棋が心境著しいのは知っているが、「漸くにして名人に伍する力あり」というのには、あまりにも時期尚早ではあるまいか。コンピュータ将棋の記事に書いたように、少し贔屓目に見て、奨励会三段レベルというのが、妥当だと思われる。まあそこは、勢いで言ってしまったと理解する。

ところが、それに対する米長邦雄の対応がいけない。以下のとおりである。

社団法人情報処理学会 会長 白鳥則郎 殿
 挑戦状確かに承りました
 いい度胸をしていると その不遜な態度に感服仕った次第
 女流棋士会も誕生して三十五年 奇しくも同年であります
 今回は初戦相手を女流棋界の第一人者清水市代に決定しました
 全ての対局運営は女流棋士会ファンクラブ駒桜が
 執り行うように委嘱いたします

おいおい、奨励会三段レベルはあるというコンピュータ将棋に対して、前女流名人清水市代では、いかにも役不足ではあるまいか。せめて、NHK杯準優勝の糸谷くらいはぶつけるべきだろう。どうしても女流を出したいなら、せめて、里見香奈だろう。

そもそも、画期的ともいえる、渡辺 明vs.ボナンザが企画されたのはもう3年前である。この3年間に、コンピュータ将棋は、どれほどの進歩を遂げただろうか。もしかして、銀一枚強くなっているかもしれない。そういうコンピュータ将棋に対して、清水市代でお茶を濁すとはなんたること。敢えてIBM DeepBlueの挑戦を受けてたった、チェス世界チャンピオン、カスパロフの爪の垢を煎じて飲むべし、である。

小惑星探査機

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、小惑星探査機:はやぶさが、小惑星であるイトカワに着陸して、岩石採取を採集し、地球への帰還の途にあるという。以下、引用:

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、人類初となる小惑星の岩石採取に挑戦した探査機「はやぶさ」が地球へ帰還する目標軌道に到達したため、主エンジンの連続運転を停止したと発表した。これで今年6月の地球帰還が確実となり、今後、微調整を繰り返しながら地球を目指す。

はやぶさは現在、地球から約2700万キロの地点をエンジンなしで慣性飛行している。この日、最も地球に近づいた際には上空約1万4000キロを通る楕円(だえん)軌道に入った。

はやぶさは、地球と火星の間を回る小惑星「イトカワ」に接近、2度の着陸と離陸を成功させた。主エンジンは何度も故障に見舞われたが乗り越え、設計寿命(1万4000時間)に迫る運転を続けてきた。往復約45億キロという長旅のゴールが間近になった。

27日午後3時17分、主エンジンが停止。神奈川県相模原市の管制室では関係者が互いに握手をして喜んだ。主エンジン担当の国中均JAXA教授は「小惑星への往復航行は今日で達成されたといえる。よく帰ってきた。大満足です」と話した。

はやぶさは6月、イトカワの岩石が入っている可能性があるカプセルを分離後、大気圏に突入し燃え尽きる。カプセルはオーストラリアの砂漠に落下する予定。【永山悦子】

イトカワと地球の間の往復約45億キロ、すなわち片道約23億キロというのがどれくらい遠いかというと、地球から月は約38万キロなので、オーダーとしては、その約1万倍ということになる。それだけの距離を離れて、着陸、岩石採取、離陸という複雑な動作を遠隔操作できるというのは、私にはとても画期的であるように思われるのだが、はやぶさが打ち上げられた2003年の時点でも、それは確立された技術だったのだろうか。

もっと凄いと思われるのは、イトカワに着陸するように軌道を予測する技術である。すなわち、小惑星衝突とその後の火星への衝突回避で述べたように、小惑星の位置というのは、かなり粗い確率でしか推定できない。

では、イトカワの性質はというと、Wikiによると直径は350mで、あまり大きくない。また、その軌道は地球と火星の軌道を横切るように公転しており、そのためこれらの惑星の重力により、軌道はカオス的で不安定となっているという。するといよいよ、はやぶさは、よくイトカワに着陸できたよね、ということになるが、私は流石に、この件については、人類月面着陸問題のような疑いを挟むものではない。欺罔行為をしてまで国家の威信を高めるようなものではないからである。

ともかく、このニュースをきっかけに、宇宙遠隔制御工学の入門書(そんなのあるのか?)でも読んでみよう。それと気になるのが、ウィルスの飛来暗黒星雲でも述べた、小惑星におけるバクテリアやウイルスの存在である。イトカワから採取された岩石から、バクテリアやウイルスの存在を示唆する有機物が見つかれば興味深いが、そのような情報は、みつかっても、静かに封印されるだろうか。

ストックとフロー

| コメント(0) | トラックバック(0)

ストックとフローというのはおそらく、本来は金融の用語だと思うが、池田信夫氏のこの著書の前書きでは、次のようにある。

今年は「電子出版元年」といわれ、アマゾンのキンドルに続いてアップルのiPadが発表された。日本でもこれから電子書籍が普及し、本を端末で読むことができるようになろう。しかしインターネット時代になっても、本に代表されるまとまった知識の重要性は変わらない。ビジネスマンは時間がないので、時事的なフローの情報は仕入れるが、系統的なストックの情報を勉強する余裕がない。

そうかなるほど、と思った。私は仕事柄本をよく買うが、そんなに本を買って読まなくても、インターネットで調べれば済むではないかというコメントをよく戴く。実際、インターネットには、PDFなどの形式で、何百ページの厚さの論文も公開されており、それを丁寧に読めば、本を買って読むのと効果は変わらないだろう。しかし、何百ページもの論文を印刷して読む気にはちょっとなれない。印刷する手間が大変だし、印刷したバラバラの紙は、とてもめくりにくい。こうして、まとまった内容を読むだめの本という形式の重宝さが改めて理解される。ただ、アマゾンのキンドルや、アップルのiPadなどの電子書籍ツールが普及してくると、ここらあたりの状況も変わってくるかもしれない。

考えてみると、われわれの日常業務も、ストック的な面とフロー的な面がある。例えば、私が管理職だとして、ある仕事を他部門から依頼されて、部下にその仕事の処理を依頼するとき、それはほとんどフロー100%であって、スキルはほとんどいらない。わずかのスキルといえば、部下の誰がどの業務に熟練しているかの知識としての、社内文脈スキルである。

また、最近の傾向として、仕事の処理を、外部リソースに頼りがちである。すなわち、仕事をコア業務と、ノンコア業務に分け、社内リソースをコア業務にフォーカスする一方で、ノンコア業務は外部リソースを使うことで処理を合理化する、ということである。しかし、仕事をコア業務とノンコア業務に分けるやり方というのは、相当に恣意的であって、下手したら、面倒な仕事は全て外部リソースを使う、ということになりかねない。すると、最悪の場合、コア業務と思っているのは実は、外部リソースに依頼を出すというフロー業務がほとんどである、ということにもなりかねない。

一方、ストック業務とはどういうものかというと、直接社員のスキルと労力を費やしてなされる率が高い業務である。例えば、製品の設計をする、お客様を訪ねて要望を聞く、私がやっているような仕事だと、特許明細書を書くとか、意見書を書く、などである。これらの仕事は、社員が直接作り上げていかなくてはならないので、効率としてはよくない。実際、普通の会社で、ストック業務だけやっていては、到底部門は廻らない。すると、どうしても、それを外部に委託しようとするインセンティブが働く。しかし、そのインセンティブに身を任せていると、社内の仕事のほとんどがフロー化してしまい、いわゆる空洞化を招く。

別に空洞化してもそれでフローとして廻ればいいではないか、という意見も当然あろう。しかし、外部リソースに頼るというとき、最低限、外部リソースの品質を管理するという仕事が必要になってくる。丸投げ、丸任せでうまくいくはずがないのである。私の経験では、きちんと外部リソースの品質を管理するためには、その担当者が何ほどか、対応するストック業務を担当している必要がある。人は、自分がきちんと処理していない仕事を管理したりレビューしたりできる訳がないのである。

こうして、ある程度のストック業務を内部留保することが正当化されるが、私が唱えるここからの命題は、あまり自明ではないかもしれない。その命題とは、ストック業務を担当するためには、ストック学習が必要である、というものである。

おっと、まだ、ストック学習なるものを定義してなかった。ストック学習とは、系統的な学習であって、典型的には大学、大学院などの教育機関できちんと修練することであるが、そこまでいかなくても、ボトムラインとして、基本書をきちんと読む、演習問題を解く、動くプログラムを書いてみる、英米人とちゃんと英会話する、などのある程度深みをもつ、主体的な努力を伴った学習行為をいう。

一方、フロー学習とは、ストック学習の補集合であって、いわゆる耳学問、目学問である。インターネットでの検索もほとんどはフロー学習に留まる。雑誌を読むのもそうである。例えば、フェルマーの最終定理というのをWikipediaでみると、実に豊富な情報がある。フェルマーがどうした、それが360年後にアンドリュー・ワイルズによって完全に証明された、云々である。

ところが、n = 3やn = 4のときのフェルマーの定理の厳密な証明が、Webにあるだろうか。これだけWebにいろいろな情報があるので、それはどこかにあるのだろう。しかし、例えば、槙書店「フェルマ予想入門」平松豊一、宇津木博著は、決して名著の誉れ高くないが、その本の程度の系統的な、古典的なフェルマ予想の解説も、Webに期待するのは困難だろう。

こうして、ストック学習の必要性が明らかになるのであるが、ストック学習はしんどく、一方、フロー学習は、いかにも効率的に勉強しているような気持ちになれるので、心地よい。こうして、人間はほっとくと、どんどんフロー学習に流れて、ストック学習が疎かになる。

私は興味の源泉としてのフロー学習の意義を否定しない。実際、私の多くの時間が、時代にキャッチアップするためのフロー学習に費やされている。フロー学習がないと、下手したら、過去の遺物になってしまうかもしれない。

とはいえ、江戸時代や明治時代の人は、実に強靭なストック学習を積み重ねており、その知性に我々は足許にも及ばないと思われる人が少なくない。浅薄なフロー学習だけでは、彼らの域に達することは到底できないことを改めて認識すべしである。

ビッグバン再現?

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、大型粒子加速器「LHC」で宇宙誕生(ビッグバン)から1兆分の1秒後の数百兆度の状態を再現したという。以下、引用:

欧州合同原子核研究所(CERN)は30日、スイスとフランスにまたがる大型粒子加速器「LHC」で宇宙誕生(ビッグバン)から1兆分の1秒後の数百兆度の状態を再現した。陽子同士を衝突させ、7兆電子ボルトという世界最高エネルギーを出すことで達成した。衝突後に生じた粒子を検出することで、質量の起源とされる「ヒッグス粒子」などノーベル賞級の発見につながるという。

LHCは地下に埋設された1周約27キロの円形トンネル内で、陽子を光速近くまで加速して衝突させる装置。運転開始直後の08年9月に事故で中断したが昨年11月に再開した。これまでの記録は昨年12月に達成した2.36兆電子ボルトで、来日中のロルフ・ホイヤー所長は東京大で会見し、「興奮し、ほっとし、幸せだ」と語った。

実験には日本も参加している。米映画「天使と悪魔」で物質と反対の電気を持つ「反物質」を作り出す施設として登場し話題になった。【須田桃子】

実は、ダークマターの解明のところで、ヒッグス粒子はともかく、ビッグバン解明なんて寝ぼけていると書いたが、CERNはどうも本気でビッグバンを解明しようとしているらしい。

しかし、そこからどうするのか。宇宙誕生(ビッグバン)から1兆分の1秒後の数百兆度の状態を再現したとして、である。というのは、質量の起源とされる「ヒッグス粒子」というのは、必ずしも、ビッグバンを前提としない。単に、ローカルなゲージ対称性を自発的に破り、ゲージボソンに質量を与える方法がヒッグス機構と呼ばれるだけで、その結果出現する粒子がヒッグス粒子である。

ヒッグス粒子が発見されればそれこそ大発見であろう。しかし、それはビッグバンとは違うのではないだろうか。宇宙創生理論に書いたように、私はビッグバン理論には与しない。宇宙創生理論としてあまりに不自然なのである。で、結局CERNの本命はヒッグス機構で、ビッグバンは素人受けのためのアドバルーンに過ぎないと思う次第である。

オントロジー

| コメント(2) | トラックバック(0)

オントロジーとは、存在論のことであり、古くはアリストテレスが議論し、前世紀では、ハイデガーが、世界を存在せしめるものは何かという真摯な問いかけを発した。一方、コンピュータ・サイエンスでも、メタデータを記述する用語を定義する構造が、オントロジーと呼ばれる。私にはそういう高尚な議論は無理なので、ここで一気に、オントロジーを卑近な例に貶めてしまう。

最近、比較的雨が多いが、その日も朝から結構な雨だった。傘を差して会社に行き、自席のキャビネの傍で傘を閉じたところ、傘の淵が、キャビネの棚に置いてあった歯磨きのセットに当たって、プラスチックのケースと、その中にあった歯ブラシと、歯磨チューブが床に落ちた。私は食後必ず歯を磨くので、そのための備品である。

やれやれと床から、落ちたものを拾い上げようとした。ところが、プラスチックのケースと、歯磨チューブは見つかったが、どうしても歯ブラシが見つからない。私の過去を知る人は、どうせ机の周りに雑然と物が置いてあり、そこに紛れたのだろう、馬鹿馬鹿しい、と思うだろう。

ところが、今や私は改心して、部門内で、私ほど机の周りが整頓されている者はいない。それは、ろくに仕事していないからではないか、と問われると、そうでないことを証明するのが難しくて、ちょっと絶句するが。ともかく、歯ブラシが、忽然と消えたのは事実である。

ということで、歯ブラシのような分かりやすい物が落ちて見失うという状況では到底ない。ところが探せども、どうしても歯ブラシが見つからない。で、困り果てて(歯ブラシ程度で実は、大して困ってもいない)、自然霊でした議論を思い出した。もしかして、狐霊が、私の歯ブラシを隠したのではないかと疑い始めた。しかし、そこでも怪訝なのは、狐霊が、歯ブラシというどうでもいいものを隠したということである。佐藤愛子は、大事にしていたネックレスを隠されたということで、そういうのなら分かる。なぜ、歯ブラシなのか、ということである。

そういう話を、ある友人と会ったときにしたところ、その友人は、結婚指輪が知らない間に消えたという。確かに指に嵌めていたのに、である。それも狐霊の仕業なのかもしれないが、その霊的意味はいよいよ分からない。

さらに考えると、そこに意味がある、というのも思い込みなのかもしれない。例えば、犬を飼っている人が、犬が履物をくわえて、勝手にどこかに持って行ってしまう、という経験をすることがある。すると、狐霊も、単なる悪戯心で隠しただけなのもしれない。

私の考察はしかし、そこに留まらない。狐霊が物資を隠匿させ、あるいは現出させる能力をもつということは、あるレベル以上の霊的存在は皆、その程度の能力を具有する、ということになるのではないか、と考える。

ここで突然、話はデカルトの「省察」の第2省察、すなわち、「人間の精神の本性について。精神は身体により容易に知られること。」に向かう。すなわちそこでは、物質があると思っているのは、実は巧妙な悪魔が人間を欺いているのだ、という議論が展開される。ここで、悪魔=自然霊と想定すると、神を持ち出すまでもなく、自然霊が、今我々が見えているように、世界を有らしめている、という議論ができる。それは、デカルトにとってどうでもいいことであるが、私の議論では本質的なのである。

すなわち、神は、自然霊をして世界の現出せしめ方を可能にする法則を提供しているだけである。その法則に則れば、自然霊よりも高度の能力をもつ実体は、さらに目くるめき世界を、人間の前に現出させるであろう。

話は、決定的にハイデガーと離れた議論になってしまった。すなわち、命題は、神ならぬ実体が、無限と見まがう世界を現出させうるということである。それは、連続体仮説のアナロジとして、人間の濃度と、神の濃度の間に、中間的な濃度の実体があるかという問いかけに、イエスと答えようとするものである。換言すると、神は世界を作らない。単に作る実体にデリゲートするだけである。そういう仕組みを提供する。

こうして、たかが自然霊の存在が、少しだけ、世界についての議論を豊富にする。

アホの壁

| コメント(3) | トラックバック(0)

数年前に、養老孟司氏のベストセラーで、「バカの壁」新潮新書という本があった。あまりにも話題なので、ざっと読んでみたが、どんな内容だったのかほとんど記憶にない。ただ、内容と表題に随分ギャップがあるよね、と感じたように思う。あまり印象的な本ではなかった。

そうして最近、本屋で見ることもなく新書のコーナーで眺めていると、同じく新潮新書で、筒井康隆の「アホの壁」という本があった。これ、誰がみても「バカの壁」の二番煎じであり、且つ、私にとって「バカの壁」は、凡そ好著からは遠いので、この本も余程大したことがないのだろうと思って、最初の方をめくっていたら、筒井康隆自身も、今まで「バカの壁」を読んだことがなく、今更読んでみると、やはり内容と表題にギャップがあり、そこで自分は、「バカの壁」というのはこういう本なのだろうと事前に思ったような内容に沿うように「アホの壁」を書いた、という、随分持って回った言い訳があった。

で、いよいよ大した本ではあるまい、との思いが湧き上がってきたが、電車でどこかに行くタイミングだったので、少なくとも退屈凌ぎにはいいかと、とりあえず買った。こんな安い本一冊買うのに、言い訳がましいぞ、と自分を軽くたしなめた。以下、この本の内容を借りつつ、コメントしてみる。

内容は、「人はなぜアホなことを言うか」、「人はなぜアホなことをするか」、「人はなぜアホな喧嘩をするか」、「人はなぜアホな計画をたてるか」、「人はなぜアホな戦争をするか」という章に分かれる。

これを見たとき、最初に出てくる疑問は、これら五種類の「アホ」は、同一の原因から生じるか、ということであるが、それに対する筒井氏の解答は、微妙に、あるいは相当違うようである。

まず、「人はなぜアホなことを言うか」であるが、フロイト流の精神分析学にも造詣の深い筒井氏は、錯誤の理論を引く。すなわち、言うまいとしても、その場をぶっこわすようなことをわざとのように言ってしまう。例えば、キリンビールの会社の打ち上げなのに、「アサヒビール、万歳」などと叫んでしまう。とてもよくあることである。

「人はなぜアホなことをするか」も、「人はなぜアホなことを言うか」に似ているが、例えば、自分で無意識のうちに、自傷してしまう人がいる。これの甚だしい例は、自殺なのかもしれない。

「人はなぜアホな喧嘩をするか」は。要するに、人が、自他の相互的な論理の切り分けができない。とても身勝手になってしまう。あるいは、ルール無用の論者ほど強いものはないのである。

「人はなぜアホな計画をたてるか」。これもまた、計画を無視し、あるいはぶっ潰すことに無意識のうちに生き甲斐を見出す人がいたり、ちょっとしたルールを守ることにも異常な努力を要する人がいるのである。また、とても大事なことを、本質的でないと軽視する人もいる。こうして、計画倒れが世間に横溢する。

「人はなぜアホな戦争をするか」。これは、「人間だもの。」としか言えない。大体、大脳前頭葉が原因だとしたら、人間は本質的に残虐なのである。

でも、どうして人間はアホなのかと問うとその答えは明らかで、人間が、本能でなく、学習可能な可塑性をもつ、知識というソフトウェアで制御されているからである。ソフトウェアである限りバグは付き物で、それがアホさとなって顕現する。ただそれだけのことである。昆虫のように本能に突き動かされて動くなら、揺れのような間違いはしない。

ただ、アホにも効用はある。この退屈な世の中に擾乱を与え、うまく刺激してくれることである。その度か過ぎて、一部の人達が滅亡の危機に瀕することもあるが、それもまた人生である。

魔が差す看護師

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、京都大学医学部付属病院で、看護師による、動機不明の殺人未遂事件があった。以下、引用:

京都大学医学部付属病院(京都市左京区)に入院中に容体が急変した女性患者(94)から処方されていない糖尿病治療薬インスリンが検出された事件で、京都府警は21日、左京区吉田下阿達(しもあだち)町、同病院の看護師木原美穂容疑者(24)を殺人未遂の疑いで再逮捕し、発表した。

府警は、木原容疑者が「してはいけないことをやってしまった」と容疑を認めている、と説明している。また、捜査関係者によると、木原容疑者は「ほかの複数の患者にもやった」などと供述しており、府警は今後、木原容疑者の担当で容体が急変した患者のカルテを調べる。

木原容疑者の逮捕容疑は、2009年11月14~16日、心不全で入院中の女性患者に数回にわたって大量のインスリンを投与し、低血糖に陥らせ、殺害しようとしたという内容。女性患者はその後、回復して退院している。

府警によると、女性患者の点滴の管から高濃度のインスリンが検出され、木原容疑者も「点滴を使った」と説明しているという。木原容疑者と患者の間にトラブルはなく、動機については「担当患者の体調が急変することが多いことを同僚に揶揄(やゆ)されるなど様々なことで悩んでいた。なぜやったかはうまく説明できない」と話しているという。

これはまさに、以前に書いた魔が差すという記事の典型的な事例である。その記事に従ってこの看護師の心理を分析してみると、「建前的につくり出した自己の仮面に対しての攻撃的な行為」ということだろうか。すなわち、どういう経緯で看護師になったかは知らないが、おそらく本人は、看護師に適性がなく、また看護師としての職業が嫌で仕方がないのだろう。それで辞めたいのだが、なかなか踏ん切りがつかない。この不況である。おいそれと、大した仕事がみつかるという可能性はない。そうやって悩んでいるうちに、呆然として魔が差し、心不全で入院中の女性患者に数回にわたって大量のインスリンを投与し、低血糖に陥らせ、殺害しようとしたという、看護師として絶対にやってはいけない行為に及んでしまったという次第である。これは、フロイト流の自己失敗衝動としても説明できるかもしれない。無意識による作用なので、なぜやったかはうまく説明できないのである。

ところで、つらつら考えてみると、職業に貴賎はないというが、貴賎はないとしても明らかに、責任の重さには違いがある。例えば、私が日常的にやっている特許出願の意見書を書く仕事と、外科医が執刀して脳外科の手術をするのでは、流石に、その責任の重さに相当の違いがあろう。後者は何しろ直接人命が懸かっている。いくらなんでも、それはお前が適当に仕事をしているからだ、医者と同じくらい真剣にやってみろ、とまでは言う人はいないだろう。

このように、あらゆる職業を、責任の重さという尺度で全順序付けできないにしても、医者、パイロット、軍隊の指揮官のように、相対的に責任の重い仕事が存在することは否定できない。看護師もまた、相対的に責任は軽くない。そして、その相対的に責任が重い職業のところで、魔が差したり、自己失敗衝動が発揮されると、あまりにも恐ろしい。そういえば、逆噴射による日本航空350便墜落事故の<片桐機長にも魔が差したのだろう。

世の中に、生命に関わるような責任の重い仕事は沢山あり、また、その担当員に、ときどき魔が差すことは不可避である。ただ、それだけの話であった。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。