日本辺境論

| コメント(0) | トラックバック(0)

内田樹の「日本辺境論」新潮新書を読んでみた。小冊子ながら広汎な話題に亘っており、私の知識では網羅しきれないので、理解できる範囲でメモしてみる。

先ず、内田は、衒いも籠めて、この本には特にオリジナリティはないと宣言するが、確かに、とあっさり同意したくなる。ただ、それでもこの本の価値は微動だにしないのであって、日本人の基底として気になっているテーマをこのように真正面に纏めた書物を私は知らない。

それでは、日本がどういう意味で辺境なのかというと、初期値としては、魏志倭人伝などに記述される、偉大なる中華に対する、辺境としての倭の国としての日本がそうなのかもしれない。

この本では触れられていないが、私の思い込みでは、縄文時代の日本人は、自らを辺境とは位置づけていなかったのではあるまいか。ところが、人類の残虐性で述べたように、比較的平和裏に大陸からきた弥生人を受け入れることで、自らの辺境性に目覚めたのではあるまいか。

すなわち、魏志倭人伝の頃は既に、何かしら正統な外部の権威をヘテロに取り込み、それを消化することで繁栄するというモデルが確立していた。辺境人として日本人がずるいのは、正統な外部の権威から取り込んだ知識やスキルで、本家を凌駕する程度まで至っても、では自分が元祖になろう、という意気込みがないことである。すなわち、競馬でいえば、決して先頭を走って風を切ろうとしない。その実力があっても、である。

それでは、正統な外部の権威を、信者が教祖に対するように、信仰し、尊敬し、崇めているかというと、まったく違う。単に利用しているだけである。この利用というのは、日本国内にあって、自分がいかに優秀であるかの根拠を、外部の権威の教義に対する忠実性に求めたりするが、内心で、どこまで外部の権威を真に尊敬しているか、怪しいものである。

一方、韓国をみよう。韓国は、中国に近すぎて、独立した辺境人たりえなかった。そもそも、辺境人を目指すという発想もない。その結果、儒教を純化した。純化した儒教に染まりすぎた。中国以上の中国になってしまった。

ともかく日本は、そういう辺境人としてのメソドロジーを、中国にも、西欧にも適用し、現代にあってもその事情は、いささかも変わらない。決して世界の中心に位置せず、辺境人としてアイデアを包摂し、改良を加えるというスタイルを崩そうとしない。

そういう辺境人の特技は、学びである。学びのプロと言ってよい。学びの方法論を純化して、道にしてしまう。武士道、剣道、柔道、棋道、空手道などである。道まで昇華された方法論は、全人格で対決することを要求する。なにしろ、純化されすぎて、方法論は見やすくない。どうなるかというと、師匠というものが存在するが、手をとって教えることがない。弟子は、師匠の周りにいて、自分で考えて、空気を読み、悟らなくてはならない。

ともかく、辺境人としての日本人は、学びのノウハウを確立していった。それは成功しすぎた帝国主義の道、戦後の高度成長にもつながった。

さて、辺境人としての日本人を支えたものに、日本語のハイブリッド性がある。日本語の起源で述べたように、最初はおそらく特定の文字をもたない、原始アルタイ語起源の原日本語は、中国から漢字を取り込み、漢字だけだと不便なので、平仮名と片仮名を発明した。なぜ、平仮名と片仮名という2種類の文字体系が案出されたのかは、学会では定説があるのかもしれないが、素人の私には分からない。しかし、江戸時代までに鍛えた辺境性は、漢字/平仮名/片仮名のトリニティで以って、明治になってブレークした。平仮名がベースにきて、漢字が、概念用語を担い、片仮名が、外来語を音読みのまま取り入れることを可能にした。まさに日本語は、万能辺境人御用達言語なのであって、平仮名と片仮名というデュアリティをもたない韓国語にも、これは真似できない。

それでは、このグローバル世界で、辺境性を特徴とする日本文化が繁栄し続けるのか、というと、それが翳ってきているのは確かである。では、西澤潤一のように、独創を目指すのかというと、辺境国家にあってそういう独創人はどうしても、人格障害扱いされ、まともに相手してもらえない。

結局、日本は、どのような時代になろうとも、辺境性を発揮しつつ、世界の趨勢に敏感で、顔色を伺いながら生きていくよりないのである。

結局、内田樹の「日本辺境論」をあまりなぞらなかった。そういえば、特許部門にあって、弁理士にもなろうともせず、正統と言われる仕事に背を向けて、電子出願システムなどマイナーなことばかりやり続けて来た私は、紛うことなき辺境人なのであって、辺境国家の中でさらに辺境をやるとは、なんと物好きなのだろう。ともかく、辺境人に幸せあれ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1761

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年4月12日 06:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人間じゃないものとの結婚」です。

次のブログ記事は「「カチンの森」追悼」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。