特許の統計2009

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近2009年の特許の統計を入手したので、その傾向をメモしてみる。

先ず、日本国内の特許公開件数であるが、ベスト10は、下記のとおりである。

順位件数出願人
110242トヨタ自動車
29917パナソニック
37699東芝
47263キヤノン
57123セイコーエプソン
64934シャープ
74807リコー
84802ソニー
94650三菱電機
104610富士フイルム

これを見て思うのは、トヨタ自動車が特許公開件数で一位になるのは、時代の流れである、ということである。一時代前は、松下電器(パナソニック)のような総合家電メーカ以外には考えられなかった。自動車技術というのが、膨大な特許に関与するという認識は弱かった。しかし、今や、自動車技術は、HEV、EVがらみでエレクトロニクスの華である。当然に、関連する特許も多い。下手な家電や情報機器では、最早、開発投資や特許件数で車に太刀打ちできない。ところで、トヨタ自動車の10242という公開件数程度で一位になるのは、不甲斐ないと私は見る。なぜなら、ずっと最近一位を続けてきた松下電器(パナソニック)は、つい2年前は、12000件を超えていた。すなわち、トヨタが増えたというよりも、パナソニックが減ったのである。ちょっと体力に翳りが見えてきたか。また、今ではベスト10の圏外もいいところだが、日本電気は、20年以上前は大量出願の常連で、1989年の公開件数はなんと、19085である。もしかしたら、これが単年度の新記録かもしれない。もちろん、実用新案はここには含まれていない。当時日本電気は、メインフレーム、パソコン、通信、半導体と、気を吐いていた。ここらあたりも、時代の趨勢を感じる。

次に、PCT公開件数を見てみる。

順位件数出願人
11901PANASONIC
21854HUAWEI TECHNOLOGIES
31587ROBERT BOSCH GMBH
41510KONINKLIJKE PHILIPS
51300QUALCOMM
61235ERICSSON
71116TOYOTA JIDOHSHA
81094LG ELECTRONICS
91065NEC
10997SHARP

パナソニックのPCT好きは業界で有名で、何も意外感はない。しかし、目を引くのは、2位のHUAWEI TECHNOLOGIESである。これは中国ベースの会社で、社名を日本語表記すると、華為技術株式会社となる。その技術は、次世代通信ネットワークソリューション関連であり、どちらかというと、通信関係のハードウェアがメインである。なぜ華為技術株式会社に注目するかというと、今まで中国の企業は、特許に関して内弁慶で、ほとんど海外出願をしてこなかった。IBMのPC部門を買収する前のレノボがそうである。ところが華為技術は一躍、PCT公開件数でパナソニックを抜いて一位になりそうな勢いである。またさらに注目すべきなのは、国内/海外出願比率で、あのトヨタですら、国内/海外出願比率は、10%程度に過ぎない。しかし、華為技術株式会社の国内出願は、中国でのトップの3841件で、その約半数を国際出願していることになる。

このような高い外国展開度は、中国で2位の3829件を出願しているZTE CORPORATION(中興通訊)にも見られる。海外特許出願では突出していないものの、中興通訊は、アフリカでの最大の携帯電話ベンダである。中興通訊は、エチオピアなどのアフリカ国内の先進国に随分と頼られている。そこまで投資してくれる海外ベンダがなかなかいないからである。しかし、中国文化を平気で持ち込み、地元の作業員と馴染もうとしない中国人従業員たちは、一発触発の気まずい雰囲気を醸しだしているとも聞く。中国の拡大が急すぎるのだろう。

他の注目株は、3位のロベルト・ボッシュである。そのカーエレクトロニクスの技術力は圧倒的で、車内ネットワーク・システムであるCANなど、根幹を牛耳っている。トヨタといえども、頭が上がらない。

ともあれ、特許情報は、一つの切り口としてトレンド解析に有効である。特許情報管理に長く関与している者としては、どうしても紺屋の白袴になりがちなのであるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1778

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年4月25日 00:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「豪農」です。

次のブログ記事は「世界研究機関ランキング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。