思考の整理学

| コメント(0) | トラックバック(0)

外山滋比古の「思考の整理学」ちくま文庫、を読んだ。「東大・京大で一番読まれた本」という帯には苦笑してしまった。なぜなら、この本は明らかに、「東大・京大の知的強者」が読む本ではなくて、知的弱者とは敢えて言わないが、ちょっと人生を斜めから見たディレッタントのような人(私だよ)に相応しいからである。

この本の最初は、「グライダー」という章から始まる。「グライダー」というのは何のことか説明を要する。すなわち、受験勉強の勝者のように、自分で飛ぶのでなく、飛ばされることに巧みである人のことである。もっと分かりやすくいうと、外的動機付けされないと勉強しない人達のことである。もしかして、東大・京大の何割かは、グライダー人間なのかもしれない。しかし、そうだったとしても、東大・京大のグライダー人間は、半端ない人達なので、司法試験、上級公務員などを動機付けの対象として、邁進できるだろう。よって、「思考の整理学」なんて縁がないのではないか。

ただもし、いままで受験勉強で邁進してきて、ふと時代の変遷で東大・京大生で立ち止まって「思考の整理学」のようなことを気に留めている人がいるなら、日本の知的エリート達もまんざらではないのかもしれない。

「グライダー」のあと、この本は、「不幸な逆説」、「朝飯前」、「醗酵」、「寝させる」、「カクテル」、「エディターシップ」、「触媒」、「アナロジー」、「セレンディピティ」、「情報のメタ化」、「スクラップ」、「カード・ノート」、「つんどく法」、「手帖とノート」、「メタ・ノート」、「整理」、「忘却のさまざま」、「時の試練」、「すてる」、「とにかく書いてみる」、「テーマと題名」、「ホメテヤラネバ」、「しゃべる」、「談笑の間」、「垣根を越えて」、「三上・三中」、「ことわざの世界」、「第一次的現実」、「既知・未知」、「拡散と収斂」、「コンピュータ」と続く。

各々が短いエッセイであるが、オリジナルなアイデアを生み出すために、実に示唆に富んでいる。明らかに、この本自体がそうした手法で書かれたものである。

それで思い出したのであるが、私は若いときから、外山滋比古の本のファンであった。なぜなら、自分を決して知的強者でないと自覚していて、すなわち、難しい資格試験など私には到底無理なのであって、それでも知的な面でこの東京で勝負するためには、オリジナリティでやっていくしかないと認識していたからである。外山滋比古の本からは、そのための手法を随分学んだ。

それなのに、一時的に外山滋比古のことを忘れていたのは、管理職としてがむしゃらに働く時期があったからである。オリジナリティ云々まで話が行かず、ともかくひたすら問題解決を図る必要があった。例えば、予算が足りないときなんの削減をするかという思考はちょっと外山滋比古的でない。

ところが人生の黄昏を意識する時期になって、ある意味魂の故郷である外山滋比古の本に還ってきたのだが、それゆえに一層、「東大・京大で最も売れた本」という帯に当惑してしまうのである。外山滋比古は言うかもしれない、君には君の読み方があり、知的強者には知的強者の読み方がある、と。

そうだねと、頷きつつ、私は自分の屈折と、発想の硬直さを見詰めるのであった。ただ、言い訳だけれども、このブログは、外山滋比古的発想法の、私なりの応用例である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1781

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年4月28日 06:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「痴漢冤罪対策」です。

次のブログ記事は「Muse細胞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。