2010年5月アーカイブ

使える経済書

| コメント(0) | トラックバック(0)

このブログで私は、ほとんど知識もないのに、分かったようなふりをして随分適当なことを書いてきた。理論的根拠は問われず、査読もないのだから気楽なものである。その分、知的権威も皆無であるが。

だから、なんだって興味があれば、失笑を買うのを臆さずどんどん書けばいいのであって、一連のスピリチュアルの言説はまさにそうであるが、興味があるのにどうも書けないのは、経済学の分野である。経済学の関連では、金融の、しかも金融工学という、数学的な分野で、多少私の興味と重なるので、いくつか書いた程度である。

だから、適当でもなんでも、その分野で苦労した時間が長ければ長いほど、ブログも書ける、ということになる。

そうやって経験も知識も薄いのに、私が経済学にしがみつこうとするのは、世界を理解するために、経済学は外せないからである。デフレがどうの、量的緩和がどうの、インフレ誘導がどうのと聞いても、私の初歩的な知識では、一片のコメントさえすることができない。

そういう経済学初心者の私にとって、最良のナビゲータは、池田信夫氏である。私が今まで読んだいくつかの経済書のほとんどは、池田信夫氏のブログで紹介されたものであるといってよい。

私が、池田信夫氏を尊敬するのは、なんと言ってもよく勉強されていることと、知的興味が広いことである。経済学だけでなく、哲学、放送分野など社会問題全般に興味があり、知的に閉じていない。そんな池田信夫氏が「使える経済書100冊」NHK出版を出したので、私は迷わず買った。

内容をちょっと紹介してみると、次のとおりである。

  1. 本の選び方・買い方・読み方
    ここでなるほどと思ったのは、ビジネス書だけでなく経済書を、というフレーズである。ソニーがどうの、サムスンがどうのとかいうビジネス書はそれなりに有用であるが、やはり、マンキューの経済学入門書のような本をきちんと抑えておくべし、というのも納得である。基本を理解しないと応用がきかないのである。
  2. 世界経済危機をどう読むか
    実は、ここにリストされているいくつかの本を、池田信夫氏の紹介で既に買っている。世界経済危機というのは、なんといっても、世界理解に本質的である。「ブラック・スワン」、「市場の変容」、「市場リスク 暴落は必然か」、「アニマルスピリッツ」、「すべての経済はバブルに通じる」。あらら、結構もっている。ところが、「すべての経済はバブルに通じる」以外はあまり読めていない。基礎力の不足である。
  3. 市場というメカニズム
    市場とは何か、という問いかけは私にも常にある。経済哲学というものがあるとしたら、そういう方面からの問いである。ここでは「経済物理学」、「行動経済学」のよい入門書もあって、私はそれらに対してもひとかたならぬ興味をもっているが、時間的にも能力的にも届いていない。
  4. グローバル資本主義の運命
    外資系で勤務する私は、グローバル資本主義に対する興味も半端ではない。幾分かの怨嗟を込めてであるが、流石にその詳細を吐露するのは、ここでは適当ではない。ともかく、グローバル資本主義にネガティブな人達を私は友人と見なそうとするが、グローバル資本主義はまたリアリティでもある。とりあえず、「暴走する資本主義」あたりから手をつけてみるか。
  5. イノベーションとは何か
    もしイノベーションが経済学の一分野であるなら、イノベーションは、私が自分の言葉で語れる数少ない、ほとんど唯一の経済学の分野である。実際、ここにリストされている「イノベーションのジレンマ」、「ビジネスインサイト」、「フリー」などかなりの本が既読である。ただどうも、イノベーションは結局、語りえぬものであるとの思いは打ち消せない。
  6. 日本型資本主義の限界
    こういう応用問題に出会うとき、一番、自分の基礎力のなさを痛感する。ただ、ここにね「さらば財務省」も入っている、ああいう本でいいなら結構読めし実際、楽しく読んだ。でも、やはり、日本型資本主義は謎である。その中にどっぷり浸かっているので、一層見えない。
  7. 自由な社会の秩序
    ここに知的財産などが入ってくるなら、私は何ほどか意見を言うことかできる。しかし、ヘーゲルの法哲学のようなことが入ってくると、お手上げである。ただ、この分野どどうしても気になるのはハイエクであり、池田信夫氏の入門書しか読んだことがないので、是非とも、彼の著書に当たることにしよう。
  8. 賢者は歴史に学ぶ
    最近になってようやく知ったのだが、オルテガの「大衆の反逆」などを読んでも、歴史に学ぶことの重要性を痛感する。同じ過ちを繰り返さないという以上のものがある。ただ、経済学の文脈での歴史書というのは、適当なものは、ここにリストされている本を見ても思い当たらない。とりあえず興味があるのは、「共産主義が見た夢」である。
  9. 教科書で理解する
    ここは私にとって一番実用的な章である。それで早速買ったのが、マンキューの「入門経済学」であるが、入門であっても大部なので、まだ読めていない。やはり私には敷居が高い。
  10. 古典に学ぶ
    ここには、アダム・スミスの国富論、マルクスの資本論、ケインズの一般理論などが並ぶが、ちょっと私には歯が立たないだろう。

以上、とてもよいガイドになっていることが分かる。私の経済学の学習は、池田信夫氏の掌から一歩も出れないだろう。これだけの広汎なガイドなら、それでも構わない。

LCF

| コメント(3) | トラックバック(0)

LCCという記事を書いて、LCFは成立しないのか、と思いを巡らしてみた。

おっと、LCFとは私の勝手な造語なので、説明を要する。すなわちそれは、Low Cost Firmのことで、格安会社、より具体的に私が想定するのは、格安特許事務所のことである。

さて、新規特許出願の費用が格安というとき、どれくらいの値段を想定するだろうか。ざっくり言って、それは10万円ではないか、と思う。この10万円という金額をみたとき、業界の人は、それは安すぎる、無理だというだろうし、一方、発明に縁のない人は、特許というのは出願するだけで1件、10万円もかかるのか、と思うだろう。

本当に10万円で特許出願して、利益が出せるのかというと、それは分からない。そもそも、特許事務所に所属したことはないし、当然に、特許事務所の経営に関与したこともない。私にあるのは、特許部門の予算と経費管理に携わった若干の経験だけである。そこで。的外れになるのを覚悟で書いてみる。

まず、特許出願の明細書を書くのにどれくらい時間がかかるのか、と考えるとこれについては若干の経験があるので多少は意味があることが言えるが、どんな簡単な発明でも、おそらく2日はかかるであろう。時間にして16時間である。格安特許明細書なのだから、それくらいの時間に収めなくては割があわない。

誰が書くかというと、一線を退いた実務家、例えば企業の特許部を停年退職した人、あるいは、まだ見習いのような人を使う。流石に、ばりばりの弁理士先生では割に合わない。払える給料は、せいぜい時給2000円程度である。すると、1件の明細書を書いて、担当者が貰う賃金は、3万2000円、安いかもしれないが、仕事難の時勢、贅沢はいえない。それでも、月5件書けば、収入は月16万円で、老後の小遣いとして悪くない。その他、中間処理もあるので、うまくいくと月25万円くらい貰えるかもしれない。

すると、10万円のうち、明細書作成担当者にかかる費用が3万2000円、それに、その他図面作成や電子出願のオペレータなどにかかる人件費を合わせると、諸経費は5万円、だから特許事務所としての利益は、1件の格安特許出願につき、5万円なのだが、実は事務所の家賃、光熱費などがあるので、5万円が丸々事務所の利益という訳でもない。

では、特許事務所は毎月どれくらい特許出願するのか。それに標準がある訳もなく、例えば、特許明細書のチェック法の著者の橘和之弁理士だと、特許データベースで見ると、月に10件程度であるようである。すると、普通に格安特許出願だけをやっていると、相当に苦しい。

そこで、LCCのひそみに習うと、格安特許出願だけでメインにやっていこうとすると、仕事の数をこなさなくてはならない。そこで、大企業に営業に行くことになるが、もし1件10万円なら、経費節減に苦しむ大企業からも仕事が貰えるかもしれない。

しかしである。格安特許出願として明細書を短期間で書くなら、比較的理解しやすい簡単な技術であるかまたは、似通った技術のものを集める必要がある。すなわち、似通った技術のものだと、明細書の記載や図面のかなりの部分が使いまわせるかもしれない。もっと言うと、多少冗長になってもいいので、記載を使いまわして明細書を書くことになる。なんとか特許法第36条第6項第2号を満たせばよいと割り切る。

でも、そんな類似発明のクラスタを都合よく受注できるのだろうか。サル弁で述べたように、法律事務所だと、例えば、債務返済手続きという括りで処理を合理化できる。個々の特段の事情も、法律関係でかなりの程度抽象化できる。ところが、特許出願の場合、ある程度建前ではあっても、個々の発明は新規なのであって、どうしても一品生産的色合いを帯びざるをえない。類似発明のクラスタがあるかどうかは相当程度運なのであって、いつもそれに依存することはできない。

だから、格安で乗客を集めて、狭い席に詰め込んで、最小サービスで目的地に飛ばすというLCCのビジネス・モデルは、なかなか特許事務所には難しい、というのが私のとりあえずの結論である。

人工細菌

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、米国の科学者のチームが、人工細菌を作ることに成功したという。以下、引用:

自己増殖をする「人工細菌」を作ることに、米のチームが初めて成功した。DNAをつないで、ゲノム(全遺伝情報)を人工的に作った。生命の設計図であるゲノムが働くことが確認でき、「人工生命」ともいえる成果だ。医薬品づくりなどに役立つ技術と期待される一方で、安全性の確保や悪用防止が課題になる。生命とは何かを問うことにもつながりそうだ。

作ったのは、人間のゲノム解読に携わったクレイグ・ベンター博士が代表を務める研究所のチーム。遺伝情報にあたる塩基配列が少なく、操作しやすい「マイコプラズマ・マイコイデス」という細菌をモデルにした。

この細菌のゲノムをまねて、ゲノムを構成するDNAの断片を化学合成した。これを大腸菌などの中で1本につなげて、人工ゲノムを作った。この人工ゲノムを、ゲノムを除いた別種の細菌の細胞膜を器にして、移植した。

人工ゲノムは14の遺伝子が欠けていたものの、「人工細菌」は、モデルにした細菌と同じたんぱく質を作り、自己増殖を繰り返すことも確認できたという。

この成果は、21日付の米科学誌サイエンス電子版で発表される。(杉本崇、福島慎吾)

これと似た記事を前に見たことがあると思い出したら、細菌ゲノムという自分のブログ記事で、そこにもクレイグ・ベンターが出てくる。どうも、この分野の権威らしい。すなわち、そこにあるように、2008年1月の時点で、ある細菌の全遺伝情報を含んだDNAを人工的に合成することに成功している。そこから、それを実際に組み込んだ細菌を作り出すまでに、2年半を要した、ということだろう。

私のコメントとしては、繰り返しになるが、これを安易に「人工生命」と呼んではいけない、ということである。すなわち、細菌の自己増殖性については、別種の細菌のそれをそのまま利用しているだけで、何もベンター博士たちが人工的に実現した訳ではない。だから、「人工生命」ともいえる成果だ。という言い方は、いかにもジャーナリスティックではあるが、不適切である。

また、安全性の確保や悪用防止が課題になる。というが、ではどうするのか。この種の研究を完全に禁止するのか。そうでもないと明らかに、この種の研究が、生物兵器の温床になることは明らかである。適切に(不適切に?)作られた細菌兵器やウィルス兵器は、人類全体を危機に陥れるポテンシャルをもつ。もしかしたら、核兵器よりも怖いかもしれない。それは人間が、とても微妙につくられた化学マシンであるからで、ほんの少し化学的擾乱を与えると、死に絶えてしまう。核兵器などで物理的に壊す必要はない。また、伝染性の生物兵器だと、被害者が増殖のための温床にもなってしまう。

だからあまりこの科学的成果に浮かれている訳にはいかないのではないだろうか。

読売新聞Webによると、幼い娘3人の点滴に水道水などを混ぜて死傷させたという事件に実刑判決が出たという。それはそうだろうと思ったらなんと、被告は、「代理ミュンヒハウゼン症候群」なのだという。それは一体なんだ?と以下、引用してみた。

幼い娘3人の点滴に水道水などを混ぜて死傷させたとして、傷害致死罪などに問われた母親の高木香織被告(37)の裁判員裁判の判決が20日、京都地裁であり、増田耕兒裁判長は、懲役10年(求刑・懲役15年)の実刑を言い渡した。

高木被告は、子どもに危害を加え、看病する自分に同情を集めようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断されていた。事件が特異なこともあり、医師4人の証人尋問が行われ、裁判の日程は、裁判員裁判では過去最長とみられる9日間に及んだ。

公判で、検察側は「完全な刑事責任能力があり、刑の軽減は必要ない」と指摘。そのうえで「満足感を得るための自己中心的な犯行。心からの反省も見られない」と主張していた。

これに対し、弁護側は「判断能力は低下しており、刑を軽くする事情になる。再犯の可能性は低く、家族も厳罰を望んでいない」と反論し、執行猶予付き判決を求めていた。

起訴状では、高木被告は2006年、病院で四女(当時8か月)の点滴に水を混ぜて死亡させ、04年に三女(当時2歳)、08年には五女(3)の点滴にスポーツドリンクなどを混ぜて重症にさせたとしている。

私は、人類の崇高さだけでなく、人類の本質的愚かさにも興味がある。その文脈で、バルンガ病アホの壁魔が差す悪魔のささやきと私なりにメモしてきたが、「代理ミュンヒハウゼン症候群」というのは、今まで見た愚かさとは微妙に違うような気がする。

「代理ミュンヒハウゼン症候群」とは、Wikiによると、「ミュンヒハウゼン症候群の一形態であって、傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。」なのだという。

一方、普通の「ミュンヒハウゼン症候群」とは、自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、病気を装ったりする症例であるという。こちらはまあ、分かるし、いかにもありそうな気がする。

ところが、「代理ミュンヒハウゼン症候群」の方は、何か自分以外に傷害を加えて自分に周囲の関心を引き寄せることで、自らの精神的満足を他者から得る、というのだから、これは相当に悪質ではあるまいか。しかしそうであっても、普通傷害は、他人に向かうのではないか。よりもよって我が子とはまたまた理解を超える。尤も、傷害が、我が子ではなくて他人に向かうと、憐憫でなくて単に非難を受ける。なんとか、憐憫を伴った関心を引き寄せたいのだろう。p>

それにしても、代理ミュンヒハウゼン症候群の原因は何なのか。アスペルガーのような器質的なものか。人格障害のような幼少時の生活歴に因るものなのか。素人考えでは、親の関心や愛情乏しく育てられた幼児体験によるような気もするが、正直なところは、さっぱり分からない。

食べ物と体

| コメント(11) | トラックバック(0)

いくらトンデモが好きな私でも、人間が生きていくためには食べ物の摂取が必要で、人体は、そうやって摂取した食べ物を消化してたんぱく質などを合成し、生きているということを疑ったことはない。

だから、コルベ神父のように、ナチスの収容所に容れられて餓死刑を受けたのに、他の死刑囚と違って、コルベ神父はなかなか死ななかったと聞いても、ああそれは、コルベ神父が肉体的に強壮な人だったのだ、と思うだけである。

ところがどうも、世間には、何も食べないで何年も生きている人が少なからず、いるらしい。「不食」というキーワードでWebを検索すると沢山ヒットする。それを嘘だと嗤うのは簡単であるが、そういうこともあるかと私に推察させるのは、前に、体重の非線形性?に書いたような観察による。

例えば、100gの板チョコをぺろりと平らげたとしよう。すると人は、ああっ太ると心配するかもしれない。実際、板チョコを毎日100g食べる生活を続けると、おそらく本当に太るのではないか。

ところが冷静に考えてみてほしい。100gの板チョコは所詮、100gなのである。しかも、100gのチョコを食べたとしても全て体に身につく訳ではないので、それによる体重増加は知れているはずである。

それでも100gのチョコを食べて、例えば何キロも目だって体重が増えたとすると、その収支を説明する私の仮説は、宇宙のエーテルの存在である。ここらあたりから、ああまたトンデモが始まったと、観客は帰り支度を始める。それでも続けると、私の仮説は、人間は食べ物だけでなく、周囲のエーテルから栄養分を取り込んで生きている。むしろ、そういうエーテルがないと生きていけないので、本質的なのはエーテルのほうである。なんと馬鹿なことをと言うかもしれないが、量子電磁力学によれば、真空は実は真空でなくて、無から忽然と電子と陽電子が発生する。ファインマン・ダイヤグラムでも描けば、より尤もらしい。すなわち、真空だと思っていたらそこにエネルギが詰まっているのである。それを改めてエーテルと呼んでも、支障はあるまい。

で、私の仮説は続くのであるが、100gのチョコを食べて、体重が例えば1kg増えるとするならそれは、チョコには、周囲のエーテル(フリー・エネルギとも呼ばれる)からエネルギを取り込むことを促す作用があるのである。そして、アインシュタインの原理によれば、エネルギと質量は等価であるので、体重が増えるのである(随所で、既存科学の権威を持ち出して尤もらしく語るのは、いかにも疑似科学といわれても反論できない)。

すると、不食で生き永らえている人がいるとすると、そういう人は、エーテルだけに依存して生きていける程度に、エーテルからのエネルギ取り込み効率を高めることができた、ということになる。

コルベ神父やその他の例をみると、宗教的信仰心は、エーテルからのエネルギ取り込み能力を高めるように思われる。逆に、金銭欲、性欲、食欲など物質的な欲望にまみれればまみれるほど、エーテルからエネルギを取り込む能力を減らして、物質により依存せざるをえない体になる、という次第である。

葉っぱビジネス

| コメント(6) | トラックバック(0)

友人から、「そうだ、葉っぱを売ろう!」横石知二著という本を借りた。これは、川上村とはまた別の農村サクセス・ストーリーであるが、ある意味、川上村より一層困難な道を切り開いたとも言える。以下、メモしてみる。

著者の横石氏は、1958年に徳島市生まれで、1979年に徳島県農業大学校を卒業すると、徳島の寒村である、上勝町農協に、営農指導員として入社した。そこで、打ちひしがれたような農民の姿を目にした。馴染めなくて、村人からの反発が強かった。なにしろ、横石氏は、村にとってよそ者だった。ここらあたりの感覚は、田舎出身の私にはよく分かる。

ところがある年、異常寒波で、みかんが全滅するという危機が村を襲った。なにしろ、みかんは上勝町の一番の農作物であった。ここでなにかしないと、村唯一の営農指導員として立場が問われると、俄然横石氏は奮起した。

そこで、ワケギや芋の栽培でつなぐことにした。必死だった。その他、野沢菜、ほうれん草など、標高の高い上勝町ならではの作物にフォーカスして、飛躍的に村の売上げを伸ばすことに貢献した。それでようやく、村人達から次第に信頼を勝ち得ていった。ワケギや芋は季節性なので、年中栽培できる椎茸の栽培も始めて、村の収入はさらに安定していった。

そんなとき、大阪に出張に行ったあるとき、難波のある寿司屋に入った。そこで、美人の女性が、出てきた料理についてきた、もみじの葉っぱをかわいいと歓声を上げていることに気付いた。そこで、料理に添える葉っぱがビジネスになるのではないかとふと、ひらめいた。

そこで村に帰って、葉っぱを集めて売りに出してみたが、散々だった。料理との対応で、勘所が全然分かっていなかった。そこで、料亭に行ってノウハウを聞くことにした。

ところが、裏口から料亭に行っても、料理人が相手にしてくれる訳がない。けんもほろろである。そこで改めて、客として料亭に行くことにした。すると当然に歓迎される。しかし、料理の費用はどこからでも出ないので、自腹である。そうやって、費用をかけつつ、料理に使う葉っぱに関するノウハウを蓄積していった。そこで得た知識を農家にフィードバックすると、農家で栽培する葉っぱのレベルがぐんぐんあがっていった。それは「彩」(いろどり)と名づけられ、1988年頃からどんどん売上げは伸びていった。

1996年頃になると、彩ビジネスが十分軌道に乗ったこともあって、横石氏は、転職を考えるようになった。その1つの理由は、結婚して子供が三人いるのだが、そろそろ子供が大きくなるのに、昇給もなかったからである。そもそも、安月給は一円も家庭に入れなかった。それでも親元で同居する奥さんは、横石氏の家からの経費でまかない、一切愚痴を言わなかった。そうはいっても、いつまでもそれに甘える訳にはいかなかった。そこで辞表を出すと、村から信じられないくらいの反応があった。辞めないでくれ、との嘆願である。それから紆余曲折あったが、結局、村に残り、第三セクターの会社を設立して、そこの取締役に就任した。

そこからさらに、横石氏の八面六臂の活躍が始まる。横石氏が川上村の藤原村長と似ているのは、ITの重視である。すなわち、合理化のため、パソコンを使ったPOSシステムを導入した。パソコンは高齢者でも使えるようにと、画面を大きくしたり、マウスでなくトラックボールにしたりと、工夫を凝らした。結局、パソコンの活用が、高齢者の活性化にもつながった。他の人の状況も見えるので、いい意味で競争心を煽った。

マスコミの視察も増え、村は次第に有名になった。しかし、2003年5月、横石氏は、過労のため、心筋梗塞で倒れた。なんと、その病気もまた、川上村の藤原村長と同じである。これは偶然ではなく、前向きで頑張るという性格の人は、心筋梗塞になりやすいのだろう。ともかく九死に一生を得た横石氏は、すぐに仕事に復帰した。御蔭で村は順調で、年収一千万の農家もザラである。たたが葉っぱと言うなかれである。

そこで、まとめとして、横石氏の言うところの成功の秘訣を列挙してみる。

  1. 現場主義
    これは、言うまでもない。特に農業だとそうであろう。
  2. 女性と高齢者を主役に
    横石氏の方針で、女性と高齢者にスポットを当てたかった。また、葉っぱの場合、女性の緻密さ、センス、及び忍耐強さが適合していた。
  3. 「気」を育てる
    すなわち、やる気にさせる、ということである。
  4. 仕組みを作る
    この場合の仕組みはITで、防災無線ファックスと、パソコンによる情報システムである。
  5. 的を射る、場面をつくる、渦を巻く
    すなわち、他の村の同じことはやらないで特徴を出す、ということである。
  6. 葵の御紋づくり
    これも、村ならではのブランドを確立させる、ということだろう。
  7. 人と人の絆
    これも然りである。

こういう話を聞くと、僻地でも、寒村でも、知恵を絞って粉骨砕身働くリーダーがいて、その人についていけば、ビジネスが起せるかもしれないという可能性を感じる。そういえば、僻地の最たる所である私の故郷の島にも、瀬戸の島いちごグループがあって、頑張っているようである。田舎のいいところは、土地が只みたいに安い。また、瀬戸内海は、天気の日が多くて、温暖な気候である。

自分に引き当てて考えると、多分私は園芸の才能はない。だから、横石氏の教えをもっと上位概念化して、自分独自に世間とポジティブに関われる道を考えてみたい。

学校教諭

| コメント(2) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、学校教諭が、同僚の女性教諭に対してセクハラして、懲戒免職処分を受けたという。以下、引用:

仙台市教委は18日、同僚の女性教諭を盗撮し、交際を迫ったとして、同市青葉区の男性中学校教諭(55)を懲戒免職処分にしたと発表した。

処分は昨年11月27日付。懲戒処分はすぐに公表するが、「被害者の要望」として半年間公表しなかった。市教委は昨年度の懲戒処分を受けた教職員が計10人(前年度比1人増)とここ5年間で最多とも公表、「教育の信頼を著しく傷つけ、深くおわびする。再発防止に努める」と釈明した。

市教委の発表では、教諭は昨年9月中旬~10月中旬、職員室の女性用トイレにビデオカメラを設置し、同僚の女性教諭を盗撮。同年10月下旬には、勤務後に女性を学校の用事で話があると車に乗せて連れ回し、「人生をかけている」などと盗撮画像を見せて交際を迫った、としている。

私は、元管理職なので、セクハラしないように人一倍気をつけてきたし、社内の事例も多少知っているが、「職員室の女性用トイレにビデオカメラを設置して盗撮」みたいな悪質なのは、知らない。また、次のような事例もあるという。

このほか、市教委は、かつて担任した児童の母親に昨年7月、性的な電話をかけたとして青葉区の男性小学校教諭(49)を停職6月の懲戒処分。今年2月に、面談時に児童の母親に2回抱きついたとして、太白区の男性小学校教諭(48)も停職6月の懲戒処分にしたと発表した。処分は昨年8月と今年3月だった。

これもまた、なんと堪え性のないことよ、と呆れてしまう。実際、企業の管理職だと、女性の部下と面談する機会はいくらでもある。その際、特にストレスが溜まっているときなど、妙な気分になることが全くないとはいいきれない。人間だもの。しかし、そこで、部下に抱きついたりしていては、クビがいくらあっても足りない。社会的規約というのは、信号で停止するのもそうであるが、我慢の体系であり、この程度が我慢できないとは、教師というのはよほど我慢の訓練ができていないのだろうか。

ただ、世の中には、教師よりも企業のサラリーマンの方が圧倒的に数が多い。すると、セクハラの数の総数は、やはり企業のサラリーマンの方が教師よりも多いはずであり、しかし、一企業のサラリーマンのセクハラ程度では、ニュース価値がない、教師は、下っ端でもニュース価値がある、だって聖職だもの、ということなのだろうか。もしそうなら、安い給料で働かされて、一挙手一投足を見張られる教師も可哀想である。そういう聖職視モードを止めた方が却ってセクハラは減るのではないだろうか。人間の自発的失敗衝動の妙である。歓楽街に出入りして発散しやすくなる、という側面もある。

それでも、「職員室の女性用トイレにビデオカメラを設置して盗撮」するような教師は、最高の教育を生徒に対して施していると思う。ほら、これも人間の本質だよ、と体を張って教えている。破廉恥教師、万歳。

パソコンの設定

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞記事によると、国土交通省が、富士通を1ヶ月の指名停止にしたという。どういうことかというと、昨年末にリース契約を更新した国土交通省の職員のパソコンが、起動するまでに最大30分もかかり業務に支障が出たのだという。

国土交通省は富士通と、約5300台のパソコンのリース契約とシステム設計契約を締結し、契約額は4年間で、総額16億9800万円になったという。しかし、一旦パソコンの電源を落とすと、立ち上げるとき30分もかかるので仕方なく職員は、帰宅時にパソコンのスイッチを切らず翌朝までつけっぱなしにしていたという。

こういう記事をみると、元シス担としては苦笑いしつつ、どうやってそういうダサイ設定が可能なのだろうと怪訝に思う。

パソコンの立ち上げ時に時間がかかる要因として、私の知る限り次のようなものがある。

  1. 長年パソコンを使っていて、ファイルを書いたり消したりを繰り返すと、ディスク領域にフラグメンテーションが増大し、ディスクアクセスに時間がかかるようになる。すると、起動時間も増大する。
  2. 初期起動アプリケーションを沢山設定すると、立ち上がりに時間がかかる。
  3. ウィルスチェック、プライバシーチェックのプログラムを起動時にフルモードで走らせるようにしたら、延々とディスクをチェックするので、確かに時間がかかる。
  4. プリンタ、ネットワーク・カードなどハードウェアの診断プログラムを起動時に走らせる。すると、ACKを待つ設定になっていてなかなか起動が先に進まない。

このうち、1.と2.を併せても.せいぜい長くても5分である。4.は普通やらない。すると、主要な原因は3.かと思われるが、わざわざ、そういう設定にするだろうか。富士通の調査によると、起動時に不必要なデータまでを読み込むようになっていたという。しかし、これが文字通りディスクにあるデータを主記憶にロードすることだとすると、延々30分もデータを読んでいたら、主記憶は一杯になってしまう。そもそも、大抵の場合、データは必要時にディスクから適宜比較的高速に読めるのだから、わざわざ主記憶にロードしておく必要はない。まさか、高速の科学計算のシミュレーションを実行するのでもなく、平凡なオフィス使用であろう。それでもいろいろ考えた見たが、おそらく、起動時にネットワーク接続して、どこかのホストから、設定を読み込むようにしているのだろう。それだと、リモート・サーバからの読み込みは遅いので、30分かかってもおかしくない。

なお、この他、プリンタの設定ミスで印刷できない事態も発生していたというのだから、よほどスキルのない担当者だったのだろう。すくなくとも、設置後、動作確認くらいやれよ、と言いたい。

こうして、決して熟練していないが経験だけはそれなりに長い元シス担の私には、原因がさっぱり理解できないのである。いくらボクでもそんな設定はしないよ、くらいのことは言っておこう。

山上たつひこ

| コメント(2) | トラックバック(0)

友人から、望外で漫画の本を貰った。「中春 こまわり君」山上たつひこ、小学館である。それを貰ったときの私の反応は、自分でも意外なほど素っ気ないものだった。どうも、「こまわり君」は、私の記憶の地層の奥底に埋もれてしまっていたようである。あと、私の認識不足で、山上たつひこがまだ現役とは知らなかった。それで、過去の「こまわり君」の再刊くらいに思っていたせいもある。

それで、自宅に帰って「中春 こまわり君」のページを開くときも、割りに醒めた気持ちだった。そもそも、8年ほど前に、少年ジャンプの購読を止めてから、コミックとはとんと無縁である。ところが、最初のページを開くと、あの懐かしい山上たつひこの世界が、ど~んと飛び込んできた。

私が「こまわり君」、すなわち、「がきデカ」を最初に知ったのは確か、大学生の頃である。受験勉強から開放されて、青春を謳歌しているとき、少年チャンピオンは愛読書の一つだった。ただ、そんな少年チャンピオンも、後発の少年ジャンプに駆逐されてしまったが。

私が「こまわり君」のファンになった理由はまず、絵のうまさである。漫画家は建前上、みんな絵がうまいが、山上たつひこのうまさは図抜けている。筆致が緻密で、特に女性を描かせたら色気横溢で、天下一品である。

それと、エロ・グロがスパイシーで、小気味よい。それだけではない、独特のナンセンスというかユーモアは、絶妙である。今でも思い出すのだが、「こまわり君」の一フレーズに、「海岸通りの糖尿病」というのがあって、どうすれば、こんな洒落た?文句が浮かぶのか、と感心した。

今では「こち亀」で大家である、秋本治は、山上たつひこの世界に魅せられ、最初は、山止たつひこと名乗っていた。しかし、流石に山上たつひこからクレームをつけられ、渋々、秋本治と名乗るようになった。そういえば、「こち亀」も、画作の筆致の緻密さと、女性を描いたときの美しさで、山上たつひこに似ていなくもない。ただ、よくも悪くも、秋本治は、山上たつひこよりも健全である。

私の大学生活に話を戻すと、留年してデカダンスの日々を送っていたとき、大学の傍に貸本屋があり、そこに、山上たつひこの「喜劇 新思想体系」があった。これには、ガガーンとショックを受けた。江戸川乱歩のようなエロ・グロの世界と、絵の巧みさと、ストーリーのナンセンスさが入り乱れて、私はすっかり山上たつひこの世界の虜になった。「こまわり君」は、薄めた水割りに過ぎなかった。それに比べると、「喜劇 新思想体系」は芳醇な原酒だった。めくるめき、という表現は、このコミックのためにあるのだろうと思った。

その「喜劇 新思想体系」のテイストを呼び覚まして「中春 こまわり君」に当たってみると、ううん、山上たつひこも枯れたね、老成したね、というのが正直な感想である。こまわり君が大人になって、妻子をもっているのだから、最早、ドタバタでもないか。それは決して貶しているのではない。寧ろ、ストーリー性が増し、推理小説仕立てでぐいぐい読ませる。哲学性・文学性が高まったともいえる。エロ・グロは、隠し味になった。それでいいのだろう。

ところで、山上たつひこって、何歳だろうと、Wikiを見てみた。すると、1947年生まれだから、私よりも7歳年上の62歳、そう考えると、「中春 こまわり君」は若い。まだまだ才能は枯渇していない。

グロタンディークの業績

| コメント(2) | トラックバック(0)

かなり前に、グロタンディークの生涯について簡単にメモした。数学セミナーの5月号に、グロタンディークの業績の紹介があったので、私に理解できるはずもないが、今後の自分の参考にするため、同様にメモしてみる。

この記事によると、グロタンディークの業績は、次のようにリストされる。

  1. 層のコホモロジー(Tohoku)
  2. スキーム(EGA)
  3. 基本群(SGA1)
  4. エタール・コホモロジー(SGA4,5)
  5. リーマン・ロッホの定理(SGA6)
  6. モノドロミー(SGA7)
  7. モチーフ
  8. 遠アーベル幾何
  9. p進コホモロジー
これで尽きている訳ではないだろうが、素人の哀しさ、私に分かりようもない。

代数幾何の分野のでのグロタンディークの先駆者に、ヴェイユ、カルタン、セールなどがいる。ヴェイユは、代数幾何的方法を数論に導入した。セールは、ヴェイユの示唆を受けて、高次元多様体の理論のためコホモロジーを導入した。

さて、上記Tohokuとは、日本の東北大学のことである。すなわち、グロタンディークの層、圏、コホモロジーという20世紀の抽象数学の華を扱う論文が、1957年に東北大学の「東北数学雑誌」に掲載された。この論文で、グロタンディークは、一般の位相空間で、層係数コホモロジーを扱うために、アーベル圏の理論を構築した。これは後のスキームの理論、エタール・コホモロジーへの道を開くものである。

次のEGAは、「代数幾何原論」である。これは、任意標数の代数閉体上の代数多様体の理論の一般化である。この本で、ブルバキ流の構造付きの集合という概念が時代遅れになった。すなわち、グロタンディークにとって、数学の対象とは、表現可能な関手を表現する圏の対象である。

SGA1では、代数的基本群とは何かということを追求する。そして、基本群とガロア群は同じである視点で、圏論的に根の置換を扱った。

SGA4,5では、エタール・コホモロジーを定義し、合同ゼータ関数の有理性と、関数等式を証明した。エタール・コホモロジーは、セールによる代数幾何におけるファイバー束の定義を拡張したものである。

SGA6では、リーマン・ロッホの定理を扱うものであり、グロタンディークの華々しいデビュー作であるが、実はボレルとセールが論文を書いた。この論文も、関手の射として書かれている。射というところに、グロタンディークの特徴がよく出ている。

SGA7は、一次のエタール・コホモロジーを調べ尽くし、局所体上のアーベル多様体について、その還元がガロア群の作用で統制されるという安定化定理を証明する。これは、後のp進コホモロジーやモチーフの発想のオリジンとなっている。

グロタンディークのスタイルというか、凄いのは、ワイルズによるフェルマーの定理の証明のような、証明の定理を追い求めるというよりも、理論を構築するうちに自然に定理が得られたというところにある。

哀しいというか仕方がないのかもしれないのは、グロタンディークが数学的に多産であった時期は、十数年しか続かなかったということである。前にも書いたが、井戸から数学的発想を汲み上げすぎたのかもしれない。ところが物理学のアインシュタインも、創造の10年と言われる。裏を返せば、その10年以降は、涸れていたということである。すると、10年間汲みに汲むと、どんな才能も涸れてしまうということなのだろうか。それなら手加減しつつ汲めば長持ちするかというと、結局、生涯を通しての業績の積分値としては、10年間集中するよりも質・量とも劣るかもしれない。私のような凡才が何を言っても意味がないが。

林葉直子の復帰

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、林葉直子がLPSA主催の棋戦に出場するという。なんとも意外である。以下、引用:

日本女子プロ将棋協会(LPSA)は14日、元女流名人の林葉直子さん(42)が6月にスタートする同協会公認棋戦「日レスインビテーションカップ・女流棋士トーナメント」に出場すると発表した。LPSAが主催者推薦で特別出場を依頼し、林葉さんが快諾したという。

LPSAは日本将棋連盟から独立した女流棋士の団体。同トーナメントは公式戦ではないが、林葉さんのほか同協会所属の女流棋士やアマチュア3人ら計17人が出場し、優勝賞金100万円を争う。

林葉さんは1980年に女流棋士となり、女流名人4期、女流王将を10期獲得するなど活躍。15歳0カ月で女流名人を獲得した年少記録を持っている。しかし95年、「勝ちたいというプロ意識がなくなった」と将棋連盟を退会した。同協会によると、女流棋士への復帰や他の棋戦への出場予定は現段階ではないという。

これを見て思うのは、もう林葉スキャンダルは時効なのか、ということである。別に刑法的な罪でもないので時効もなにも本当はないのだが、将棋界を離れて漏れ聞く林葉の行状も、どうも感心しないものばかりであった。しかし今回、林葉から出たいというのではなく、LPSAが依頼したというのだから、人気取りの苦境に喘ぐLPSAにとって、溺れる者は藁、云々なのだろうか。

LPSAといえば、北尾まどかがLPSAを離れ、どの団体にも所属しないのに、公式棋戦に出場を許されるという、まるで米長会長の切り崩しのような事件もあった。

すると、LPSAとしては、林葉を先ず復活させて、そのダーティなイメージを少しずつ希釈し、LPSA所属棋士として、プロに復帰させようとする意図なのかもしれない。

それでは、林葉はどれくらい指せるのか、というと、林葉が全盛だった頃と比べて、女流将棋は随分レベルが上がった。その象徴が、里見香奈であり、最近矢内を破って女王の位に就いた甲斐智美である。林葉はおそらく、里見にも甲斐にも勝てないだろう。

ただ、思い出すのは、林葉が小学校の時代に、私が所属していた九大将棋部に、将棋を教わりに来ていたという事実である。時期としては丁度私が卒業したのと入れ違いで、その話は後輩たちから聞いただけだが、まだ後輩たちには勝てなかったにも拘わらず、林葉は、桐の箱に入れた宝物のように、がさつな後輩たちから大事に育てられた。だから、中原スキャンダルがあっても私は、林葉に対してどうしても身内意識を払拭できない。

福岡で九大将棋部の後輩の結婚式があって出席したとき、上記の縁で、林葉とそのお父さんも招待されていた。当時、林葉は女流名人で、輝いていた。そこで、私はたまたまもっていた詰将棋創作ノートの末尾のページにサインを依頼したら、淡々とサインしてくれた。物を直ぐ遺失する私も、そのノートに、林葉のサインがあるという理由だけではなくて、詰将棋創作ノートであるという理由で今でも大事に持っているが、ときどき林葉のサインを眺めると、いろいろと思い出すこともあって感無量である。

だから、今ようやく自分の真意が分かったのだが、それは、いろいろあったけど、林葉には、将棋をまた勉強して、それをきっかけに生活を持ち直してほしい、ということである。まだ、42歳ではないか。歳は関係ないけど。

カルナップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

知性の限界の記事を書いた後、本棚の奥を覗いたら、カルナップの「意味論序説」遠藤弘訳、紀伊国屋書店という本があった。

あれれ、こんな本があったっけ、と記憶を辿ってみると、今から30年くらい前、論理実証主義に染まっていたとき、神田の古書店で、単にカルナップという著者名に惹かれて買ったのだった。何しろ未熟なものだから、「意味論」という言葉に、科学哲学的な匂いを感じたのだが、買ってみて、記号論理のような内容が淡々と書かれているだけなのでさっぱり理解てきず、失望したのだった。

それにしても、30年の間に、蔵書たちに対して私は、スペースの制限から渋々なのであるが、スターリン並みの粛清を何度も行ってきた。まさに島流しと称して、実家に送られてしまった本たちも少なくない。だから、この無味乾燥このうえないカルナップの「意味論序説」が、粛清を生き延びたことが不思議でならない。

それでも何かの縁と、カルナップの「意味論序説」をパラパラとめくっていたら、これは似たような内容をどこかで見たね、と閃いた。例えば、岩波講座、情報科学-7、「意味と論理」長尾真、淵一博著と、岩波講座、ソフトウェア科学、「プログラムの基礎理論」、佐藤雅彦、桜井貴文著である。最近、仕事の発明処理に関して、分からないという方法の一環で、読んだというより、眺めたのであった。

近代哲学史的には、ハードコアとしての論理実証主義は、すっかり下火になっていて、大学では、分析哲学と称して細々と研究がなされているに過ぎない、というのが私の勝手な理解である。ところがどっこい、コンピュータ・サイエンスに鞍替えして、論理実証主義はしたたかに生き延びているようである。こうなってくると最早、ヴィトゲンシュタインよりもアラン・チューリングの世界である。

遅まきながら、カルナップの「意味論序説」の末章から、カルナップの経歴を抜き出してみる。ルドルフ・カルナップは、1891年に、ドイツ北西部の町バルメンに生まれた。7歳で父を失い、才気煥発な母親の手で育てられた。母親は、牧師の家に生まれたことから、神に対する敬虔の念をもっていたが、それでいて教義に対する中立を保って生きた。そのことはカルナップに大きい影響を与え、寛容の原理を自己の哲学の最高の原理としたという。寛容の原理とはより具体的に何かというと、哲学的論争を仕掛けるよりも寧ろ、調停するということである。

カルナップはもともと、意味論を認めていなかったという。しかし、論理学の英才、タルスキーの影響で、科学的意味論に目覚め、フレーゲ、ラッセル、そしてヴィトゲンシュタインの影響の下でこの本を書いた。この本は1942年だから、なんと、第2次大戦の喧騒の下で書かれたことになる。カルナップは、ウィーン大学、シカゴ大学、プリンストン高級研究所、カリフォルニア大学などで教鞭をとる一方、統一科学運動の立役者として活躍し、1970年に没した。

戻って、コンピュータ・サイエンスの側面であるが、PROLOGなどの論理プログラミングは、法律解釈などにも使えるのではないかと、199O年代初頭まで有望視されていたが、今ではすっかり下火になってしまった。それでも、情報処理を学ぶ学生には依然として基礎教養として重要であるらしいが、このあたりの勘所は、まともに情報処理を学んだことのない私にはどうもピンとこないでいる。言えることは、少なくとも情報科学の文脈では、カルナップの名前は出てこないだろうということくらいである。

口蹄疫の感染ルート

| コメント(2) | トラックバック(0)

口蹄疫の続報であるが、毎日新聞Webによると、4月9日の時点で、口蹄疫の疑いがある牛が見つかっていたという。以下、引用:

1例目の感染疑い例が確認される11日前の4月9日。宮崎県都農(つの)町の農家で、口内がただれた牛1頭が見つかった。県は獣医を派遣したが、症状は軽く、他に症状のある牛もいなかったことから、口蹄疫とは考えにくいとして「経過観察」とされた。ところが、16日になって、他の牛にも症状が出始めた。検査の結果、経過観察していた牛を1例目と確認。農水省職員は「1例だけで、見抜けなくても仕方なかった」と同情するが、対策がとられないまま10日以上が経過し、初期の封じ込めに失敗した。

感染はそれ以前から広がっていた疑いもある。都農町の別の農場で3月、水牛に風邪のような症状が出た。農場側は風邪と判断したが、検体を採取して保存。口蹄疫が問題化した4月になって分析したところ、陽性と判明し、6例目の感染確認例となった。県は3月には既にウイルスが県内に侵入していたとの見方を強めている。

感染ルートは不明だが、今回のウイルスは、香港や韓国で今年発生したものと遺伝子配列が酷似している。感染力が強いとされることに加え、豚に感染が広がったことも、発生が収まらない一因とみられる。豚は牛に比べ、ウイルスの増殖が激しいとされるためだ。

すると、初期対応のまずさがあったということになる。今から10年前にも宮崎と北海道で口蹄疫が発生しているのに、そのときの教訓が活かされなかったのだろうか。読売新聞社説によると、当時は、宮崎と北海道で、740頭の牛が処分され、3か月で終息した。しかし、今回は、その100倍もの牛を処分する必要がある。2001年に口蹄疫に襲われた英国では、対応の遅れから、600万頭もの牛を処分する必要に迫られたそうである。その損害額は、計り知れない。

読売新聞社説にはさらに次のようにある。

農林水産省にも問題があった。今年に入って東アジア各地で口蹄疫感染が報告され、韓国では4月には被害が拡大していた。こうした国々からウイルスが宮崎に上陸した疑いもある。水際で防ぐ措置が必要だったのではないか。

確かに、全般的に、口蹄疫を甘くみたという謗りは免れない。ところで、気になるのは、次のようなベンジャミン・フルフォードの数年前の記事である。

08/06/2007

イギリスの口蹄疫ウイルスの発病は政府研究所からの「漏れ」だった

イギリスのTIMESや他の新聞社によると、今週イギリスで発病した口蹄疫ウイルス(Foot and mouth disease)は、イギリスの政府研究所からの漏れだったということです。

このウイルスは畜産物にしか発病しないものだが、他にも最近ではアメリカ各地にある「生物テロ」研究所からあらゆる危険な黴菌が漏れている。近年では少なくても5回、アメリカの研究所からの危険な疫病の漏れの報告があった。

すなわち、インフルエンザ疑惑に書いたようなことがあるとすると、家畜を狙った生物テロというのもありえるし、家畜の場合どうしても、人間ほどは防疫体制が厳しくならないということがある。それと、防疫体制もともかくとして、今回の口蹄疫ウイルスの感染能力が、2000年のときより段違いに強いように思われてならないのである。

組織力

| コメント(6) | トラックバック(0)

私は、「虚妄の成果主義」を読んで以来、すっかり高橋伸夫氏のファンで、「できる社員はやり過ごす」 (日経ビジネス人文庫) も読んでなるほど、と共感するところ大であった。

ところが、私がそのブログを読んで勉強させて戴いている、池田信夫氏は、高橋伸夫氏に対して、とても厳しい。すなわち、20世紀のはじめからあるような、手垢のついたような経営学を今更のように、新しい工夫のように主張している、というのである。だから、そこには何の新鮮味もない、と。

例えば、高橋氏は、「虚妄の成果主義」で、日本の企業システムの本質は、給料で報いるのでなく、次の仕事で報いるシステムであると主張する。それは、内発的動機付けの理論だという。

池田氏は、会社組織が次々に生まれは消えていく時代に、そんな組織永続性を前提とした議論は意味がないという趣旨のことを述べられている。蓋し、同感である。池田氏はまた、正社員と契約社員の境界を低くし、労働市場の流動化を図るべきだとも言う。それも同感である。私も、一個人として、どうやってサバイバルするか、どうやってスキルを高めるか、まさに池田氏の言う趣旨に沿って努力している。

しかしである。組織が組織である以上、組織としての合理性は保持されなくてはならないし、組織力は涵養されなくてはならないし、組織として人材育成もしなくてはならない。モラールの管理も重要である。高橋伸夫氏の近著、「組織力」ちくま新書は、そういう観点で書かれている。すなわち、組織では、放置すると非合理な意思決定機構が働く。といいつつ、そもそも組織おいて意思決定とは何なのか。そこで高橋氏得意の見過しややり過ごしによる意思決定というのも解かれる。それは確かに現実的にある。

また、大きい仕事は、決して一人ではできないのだから、協調の体制を用意するという意味での組織の役割もある。そこでは、個人の卓越した能力が必ずしも活きない。寧ろ、場の雰囲気を盛り上げ、組織をあるベクトルに向かわせる力をもった人が組織には必要である。そのような人材は、長く組織に留まって、文化を共有しなくてはならない。労働市場で簡単に行き来する人ではない。

池田氏に教化されつつも、高橋氏に共感するのは、私が所属する部門では、昔確かにあった高橋氏的なものが見る影もなくなり、部門は青息吐息だからである。それは確かに、コレステロールのようなものかもしれない。高すぎると組織の息が詰まる。しかし、低すぎると、免疫機能が低下して組織が癌になる。だから、組織には、高橋氏的に構成員にうざったく関与して、育成する面がどうしても必要である。

あえて物理学のアナロジでいくと、池田氏が説くのは、重力や電磁力のような遠達力である。社会や会社間の力学という意味では、まさに、生成・消滅し移ろっていくダイナミズムなのである。

一方、高橋氏が説くのは、原子核内の強い力や弱い力である。そこでは、陽子が中性子に変換され、電子やニュートリノが放出されているかもしれないが、そんな力学は大域的には無視されてしまう。しかし、原子核が原子核として存続されるこは相応の努力がなされている。原子核内の一構成員であるクォークにとっては他人事でない。

そんな意味のないアナロジでお茶を濁す私にとっても、「組織力」の最後の章である「組織化の社会心理学」のところの記述は、さっぱり理解できない。経営学の最先端の話題なのだろうか。もしそうだとして、この理論を適用すれば、組織をどう改善できるのだろうか。ともかく、純粋理論としての経営学を垣間見たような気がした。勝手な注文であるが、高橋氏にはやはり、「反成果主義」の旗手として、経営学を分かりやすく語ってほしいと思う。

将棋名人戦は、半ば予想どおり、羽生名人のストレート防衛であった。しかし、これだけ盛り上がらなかった名人戦も、近年珍しい。以下、毎日新聞Webから引用:

福岡市中央区の九電城南クラブで18日から行われた第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)は19日午後9時53分、163手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降し、4連勝で防衛した。残り時間は羽生3分、三浦1分。

羽生は94~96年に次いで2度目の3連覇を達成。名人獲得を通算7期に伸ばした。また王座・棋聖と合わせて3冠の立場を守った。名人初挑戦の三浦の奪取はならなかった。名人戦のストレート決着は、羽生が当時の森内俊之名人に4連勝した03年以来、7年ぶり10回目。【山村英樹】

盛り上がりに欠けた理由は、すぐにいくつか思いつく。

  1. 先ず、羽生対三浦の最近の対戦成績が、羽生の10連勝であったということがある。10連勝以前にも、三浦はかなり負け越している。思えば、三浦の対羽生戦の華は、羽生七冠に棋聖戦で挑戦して、羽生から棋聖位を奪取した頃であったろう。しかし、羽生大明神にしてみれば、後輩からタイトルを奪われたのは、いたくプライドが傷つくことであり、三浦、絶対に許さんとの気概をもってしまったのではあるまいか。それがその後の二人の対戦成績に尾を引いている。
  2. 羽生に比較的分がいい棋士として挙げられるのは、森内、深浦、渡辺である。三人に共通するのは序盤戦術の広さと工夫、中終盤の腰の強さ、そしてある種の明るさである。三浦も、中終盤が粘り強いと言われる。それは確かであろう。また、棋士でもトップクラスの研究量を誇り、特定の戦法の研究の深さは並ぶ者がない。ただどうしても、戦法の多彩さという面で見劣りがする。この戦型にはこれ、と決め打っているようなところがある。タレブのブラック・スワンの顰みで言えば、あくまでもブラック・スワンを極めつくそうとする。森内、深浦、渡辺は、ブラック・スワンをブラック・スワンと認めて、羽生さんあなたはどう思うの?と突き返すところがある。すると、羽生だって困るのである。
  3. また、どうも三浦は華がない。兄弟子の藤井と比べても、である。これはパーソナリティだから仕方ないが、将棋もある面人気商売であるとしたら、それは損である。
  4. あと、前から思うのだが、囲碁・将棋の数あるタイトルで、どうして将棋の名人戦だけが、有料のアカウントを申し込まないと、棋譜がリアルタイムで見れないのだろう。主催者側としては、伝統ある将棋名人戦は別格である、といいたいのかもしれないが、私は、何様?といいたい。竜王戦でも、棋聖戦その他でも、リアルタイム且つ無料で棋譜が見れるだけでなく、いろいろな棋士、あるいはコンピュータ将棋を使っての検討も入り混じって賑やかで大変興味深い。無料公開したら、有料アカウントで得べかりし利益が遺失するとでも思っているのだろうか。そう思うなら是非、「フリー」クリス・アンターソン、高橋明則訳、NHK出版でも読んで戴きたい。フリーの呼び水としてのダイナミズムを知るだろう。

ともかく、真っ先にやるべきは、将棋名人戦のWeb無料公開である。ある程度盛り上がる名人戦なら、将棋名人戦の公開を有料化してもなんとか人気を維持できるが、今回のように史上まれな地味な名人戦となると、全体の人気レベルが低くて、有料化の弊害が顕わになってしまうのである。

精神科医

| コメント(5) | トラックバック(0)

ある病院の研修医の方に話を伺ったとき、内科とか外科などの専門は、どうやって決まるのですか、と聞いた。聞きながら私は、「それは概ね、大学の医学部で、所属することになる医局の科目によるのです。」みたいな答えを期待していた。実際それは、私が学んだ物理学でもそうであった。大学四年次に、例えば、理論系の素粒子論の研究室に所属すると、大学院に行くとしたらほとんど必然的に、同じような方向の大学院に進学することになる。それとのアナロジで考えた。

ところが、研修医の方が言うには、それは研修で所属している病院に診療科目がある限り、全く自由に選べるのです、という。ええっ、と私は思った。でも、大学で特定の科目を専攻したのではないですか、と聞くと、いえ、眼科から精神科まで全て勉強しましたから、と答える。それはそうなんだけど、と何か言おうとして止めた。素人が下手なことを言うと失礼に当たる。

その研修医の方はさらに、まだ決めてないんですけど精神科もいいと思っているんです、という。また私は何か言おうとして、やっぱり止めた。もっと失礼になりそうだったからである。

というのは私はどうも、精神科の医師というのを信用していない。例えば、こんなことがあった。私の知り合いが、仕事や個人的な悩みから鬱病になった。それで病院の精神科に通ったが、一向によくならない。よくならないどころか、段々元気がなくなる。どうもよくならないので、別の精神科に行った。そして、今飲んでいる薬と量をみせて下さいというので見せたら、その医師は驚いた。ええっ、この薬をそんなに飲んでいるのですか。それをずっと飲み続けたら、確実に廃人になります、と言ったそうである。

別の知り合いは、あるきっかけで精神的な病になり、ある有名な精神科の病院に行った。そこは大変有名で、繁盛している。診察を受けるだけでも何時間も待たなくてはならない。ところが、待って診察室に入ると、医師は、ほんの一言か二言話しただけで、すぐに精神安定剤らしき薬を処方して終わりである。こんな病院がなんで流行っているのか分からないと、知り合いは言っていた。

私は昔、フロイトの本を好んで読んでいたので、精神科医というのは、連想法のような心理療法をするのかと思っていた。一人何時間もかけてである。しかし、聞く限り、えいやっと薬を処方しているだけのようである。これでは、風邪を引いたときの内科医の治療以下である。

そんなときふと、「くるい きちがい考」なだいなだ著、ちくま文庫を読んだ。紹介するまでもないが、なだいなだ氏は、精神科医兼作家である。加賀乙彦などもそうである。独特のとぼけたような文体の内容は、いかにも精神科医として自信がなさそうである。例えば、精神病という観点で、何が狂っているかどうかという基準も甚だ曖昧であるという。治療すべきかどうかも分からないことかある。ただ、明らかに治療すべきなのは、このまま放置すると生活や人格が破綻する場合。自殺の虞が高いとか。その場合は、投薬などして、なんとか食い止めなくてはならない。

精神科医としてのアイデンティティを真面目に突き詰めると、フロイトやユンクなどの心理学を突き抜けて、現象学のような哲学に行き着く。なだいなだ氏も少なくとも片足を突っ込んでいる。精神分裂病の研究から哲学の森に本格的に足を踏み入れたのは、木村敏である。「心の病理を考える」 岩波新書という本を読んだことがあるが、どうみても、心理学や精神医学というよりも、哲学の本だった。

ともかく、精神科医としてのある面を突き詰めると、哲学的人間学にたどり着く。研修医の方も、精神科医をやることで人間のある面が深く理解できると思ったろう。それは多分正しい。しかし、そこに拘ると、なだいなだ氏のように誠実に悩まなくてはならない。そんなことをしても、世間的にみて精神科医の価値は上がらない。

だから、心を物のように扱うマテリアリストの精神科医が蔓延る。心を心として扱う心理学者やカウンセラーを一段低くみて、投薬治療で業務をこなす。

それでも精神科医は、現代にあって、心の司祭なのである。いや、心の裁判官なのかもしれない。心が異常であるとの判定を下してもらえば、合理的に会社を休める。犯罪で、責任能力が欠如していると減刑してもらえる。心なんてとらえどころがなくてさっぱり分からない、正常と異常の境界は曖昧である、社会の基準は揺れている、社会の狂いと人間の狂いの間の関係も分からないなどと、心の裁判官は決してこぼすことはない。

そういえば幸いなことに私は、今まで一度も精神科医にかかったことがない。だからどうしても、真に迫っていない、遠くから見るような記述になってしまった。

野良猫訴訟

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、私のブログで、加藤一二三九段と野良猫という記事を書いたが、読売新聞Webによると、一審の地裁では、加藤九段側が破れたという。加藤九段のファンであり、また動物(特に猫)好きな私としては、残念であるが、常識に鑑み、判決は妥当であろう。以下、記事を適宜引用する。

東京都三鷹市の集合住宅の住民17人と管理組合が、同じ集合住宅に住む将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)を相手取り、野良猫への餌やりの差し止めなどを求めた地裁立川支部の民事訴訟。13日の判決は「(敷地内で)猫に餌を与えてはならない」と、管理組合の動物飼育禁止条項などを根拠に原告に軍配を上げ、加藤九段に慰謝料計204万円を支払うよう言い渡した。控訴の意向を示した加藤九段は、「敷地外ではいい、ということだ。これからも猫の命がある限り、給餌を続けたい」などと述べた。

判決などによると、加藤九段が住む集合住宅は2階建てのタウンハウス形式。壁を接して5世帯が入居する建物が2棟あり、計10世帯が住んでいる。

訴状などによると、加藤九段は1993年頃から自室の玄関先などで野良猫に餌をやり始めた。鳴き声や猫の排せつ物、悪臭に悩まされた近隣住民が、餌やりをやめるよう加藤九段に再三求めてきたが、応じなかったため、2008年11月、提訴に踏み切った。

判決では、加藤九段の餌やりによって猫が住みつき、ふん尿や鳴き声のほか、住民の自動車に傷が付くなどの被害を認定。餌やりを始めた時期についても、「02年頃」とした加藤九段の主張を認めず、原告らの訴え通り「93年頃」とした。

また、判決は加藤九段が猫への不妊去勢手術やトイレ設置などの対策を取った点について、「動物愛護の精神に基づき、少しずつ(住民らが協力して野良猫を減らす)地域猫活動の理念に沿うものになってきた」と評価。しかし、近隣住民との話し合いの場に出席せず、与え続ければ猫が寄ってくることを知りながら餌やりを続けた点などを問題視し、「限度を超え、原告らの人格権を侵害する」とした。

加藤九段といえば、将棋名人にもなったくらいなので、さぞかし豪邸に住んでいるのかもと思ったら、2階建てのタウンハウス形式の集合住宅とはちょっと驚きである。自宅が豪邸で広い庭があり、奥さんの理解があれば、野良猫たちを自宅に引き取ることも可能で、それが出来ない理由をいま了解した。

ところで、将棋というのは、番台で好好爺が気楽に冗談を言い合う風景から想像もできないくらい激しい盤上ゲームである。一介のアマチュアとして、その激しさ・厳しさについていけなくて何度も逃避した私にとって、プロ棋士の厳しさというのは、想像するだけである。そんな厳しい戦いを繰り広げる将棋指しは、日常生活では意外なほどに思いやりを示したりする。心の切っ先の厳しさを知り抜いているので、日常はそれを鞘に収めて決して抜かない剣豪のようなものである。

加藤九段にとって、野良猫に対する餌やりは、棋士としてのその種の優しさの発露であろう。あるいは、棋界でも孤立している加藤九段にとって、猫たちが唯一、気の許せる仲間なのかもしれない。

しかし、野良猫に対する餌やりは、私の周囲にいるペット好き、動物好きを自認する人達に聞いても是認しない。猫好きな私も、加藤九段の心情は分かるが、周囲の迷惑を考えると、続けることは難しいといわざるを得ない。

しかし、そこからが加藤九段の面目躍如である。将棋で、振飛車に対する棒銀戦法というのがある。かつて大山名人が全盛の頃、加藤九段は棒銀戦法をもって挑んだ。棒銀戦法は、銀を駆使して懸命に振飛車に対して攻め込む戦法で、読みを尽くせば微妙によくなる変化が当時はあった。しかし何しろ、棒銀戦法は玉形が薄い。微差でよくなっても、中終盤の折衝で誤魔化されてしまう。しかも相手は何し負う大山である。委細を尽くても棒銀戦法ではなかなか勝てないのに、懲りずに大山に挑み続けた。

その後研究が進み、振飛車対棒銀戦法は、振飛車に有利な変化が多く見出された。左金を42金などと防御に使う発想である。大山名人のような猛者でなくても、振飛車側をもって比較的楽に勝てるようになった。それで、振飛車には居飛車穴熊が多用されるようになった。振飛車破りの棒銀戦法は、ほとんど顧みられることがなくなった。それでも加藤九段は一人、他のプロ棋士が呆れているのを意に介さず、振飛車に対する棒銀戦法を指し続けて今に至っている。

だから、明らかに言えることは、加藤九段にとって、野良猫たちは、棒銀なのである。迫害されるほどいとおしくなる。クリスチャンでもある加藤九段は、猫たちの中に聖なるものを見出だしているのかもしれない。実際、猫は飼ってみると不思議な存在である。あまりにも卑俗な怠惰の中に、きらりとした神性をふと私は感じることがある。哲学者の相貌である。

ともかく、加藤九段は、この勝算のあてのない裁判を、戦いぬくだろう。見込みのない、有利になる変化を探そうと、必死で読むだろう。それがまさに、神武以来の天才、加藤一二三の生き様の人生の終盤のエポックなのであった。

トンデモの心理

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は結構相手構わず、霊だの宇宙人だのの話題をもちかけて、ごく稀に話が盛り上がることがあるが、大抵は、こいつ大丈夫かと、憐憫や軽蔑の目で見られて終るのがオチである。また、実は大学で物理学を専攻していたのだと知られると、一層呆れられる。

それでも全く懲りていないので、まさに、「いいじゃないの、幸せならば」の境地なのであるが、ふと、なぜ自分がトンデモ好きなのか、考えてみたくなった。以下、思いつくままの感想である。

先ず、私が、結構ひどい僻地である孤島、あるいは寒村の出身である、ということがある。そこでは、夜9時ともなるとみんな寝入っている。トイレはなぜか屋外にあって、子供にとって、暗闇の中を一人で夜トイレに行くというのは決死の覚悟を要する。暗闇から、どんな魔物があらわれてくるかもしれないのである(結局、現れたと思ったら、野良猫だったりした)。

また、田舎で私は、祖母に可愛がられて育った。祖母はというと、昔ながらのアニミズムというか、草木一本一本にも神が宿るという思想である。それは仏教とも神道とも違うのかもしれないが、アニミズムは、仏教や神道と渾然一体となって、周囲に漂っていた。それが私の原意識にある。そんな田舎の世界では、ときどき人魂や幽霊の話が盛り上がって、ああ出たか、と興味本位に話題が広がる。迷信だと否定する者はいない。

こうして田舎では、子供はみなアニミズムの雰囲気に包まれて育つのであり、私も例外ではなかったが、大抵の子供は学校に行き始めて、知恵というか知識がつくと、そんなの迷信だと次第に遠ざけ始める。それがマテリアリズムの洗礼というか、資本主義社会で大人になることなのだろう。私も例外ではなかった。

ただ、私の心の中に隠微なものがくすぶっていたのは、前にも書いたが、結核で3歳から親元を離れて3年も療養所で暮らしたことが大きいと思われる。そこは今でいう東広島にあってかなり開発されているが、当時は、私の生まれ故郷の孤島に劣らない田舎で、山奥にあった。そもそも、結核がうつらないように隔離する意味もあるのだから、療養所は街中にはおかない。そこでは、血を吐いて死んでいくご婦人も見かけた。恐いものみたさに病棟に言ってみると、看護婦さんに強く叱られた。そんな経験が、死を垣間見させ、私をスビリュアチズムに導いたとしても、意外ではないだろう。

そして高校生になると、ムー大陸だのUFOだのに興味をもつようになった。隠遁思想としての老荘にも惹かれた。学校の勉強がいまいちばっとせず、鬱屈の日々だったので、現実逃避したかったのかもしれない。心霊に興味をもつようになったのもその頃である。しかし、霊感はないのか、今に至るまで幽霊を見たことは一度もない。

大学で物理学を専攻した主要な理由の1つに、UFOの飛行原理を研究してみたかった、ということがある。また、物質主義の権化のような物理学を推し進めていくと、その先に隠れた次元としての心霊的なものもあるのではないか、という漠然とした観念もあった。三つ子の魂百までではないが、これらのことは、今でも私の精神の底流に流れて、通奏低音となっている。

不真面目な大学生活を、追い立てられるように終えて社会人になってみると、まあなんとも実社会とは窮屈なところであった。それで、誰が書いた本か忘れたが、またもや現実逃避で漠然と「現代思想入門」という本を眺めていたら、世界大の地図を頭の中に描こう、知識の膨大さにおののこう、という謳い文句があり、これがすっかり気に入ってしまった。それから、ぼちぼちと、読みにくさに耐えながら、比較的とっつきやすい、ニーチェやデカルトなどの書物に馴染んでいった。どこまでちゃんと読めているか今でも全く自信がないが。

ニーチェだったかを読んでいると、認識の徒という文句があり、私にはこれが、「世界大の地図を頭の中に描こう」というキャッチフレーズと一致した。そして、人生の目的は、世界に対する認識を深めることである、と安易に納得してしまった。

そのキャッチフレーズは、素朴な論理実証主義に染まることで一時駆逐されたが、結婚して新たな苦労をすることで、また、「認識の徒」の思いが蘇ってきた。苦難は思索の母なのである、いつだって。

それから、ある人の紹介で、「シルバーバーチの霊訓」を読み、スピりチュアリズムの世界を知るようになった。これで、世界大の地図の版図がさらに広がった。世界大が宇宙大になったといってもよい。

すると最早説明の要はないだろう。私が、世間にトンデモと言われるものも排除しないのは、そこに、世界の果ての知恵が隠されているかもしれないからである。騙されていることを厭わず知見を広げるために、世界中を旅行するレポーターの精神である。

果たしてこれで説明になっているだろうか、なっていないだろうなあ。

小室復活?

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、小室哲哉が復活したのかもしれない。以下、引用:

音楽プロデューサー小室哲哉(51)が16日、東京・渋谷のNHKホールで行われた男女7人組ユニット、AAA(トリプル・エー)の全国ツアー東京公演にゲスト出演した。小室は、5日に発売した同ユニットの新曲「逢いたい理由/Dream After Dream~夢から醒めた夢」の作曲を担当。同曲は、09年5月に著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺事件で執行猶予付き有罪判決後、中断していた作曲家としての活動復帰作にあたる。

小室が登場したのはライブ終盤。ピアノの前に座った小室にスポットが当たると、3500人はサプライズゲストに大歓声を上げた。「逢いたい理由」のイントロをピアノで演奏する小室を、AAAメンバーが全員で囲んだ。小室は1番を弾き終えると、小さくガッツポーズ。メンバー全員と笑顔でハイタッチを交わした。演奏はわずかな時間だったが、音楽制作に完全復帰した喜びが思わずにじみ出た瞬間だった。

作曲を手掛けた楽曲としては、8年5カ月ぶりにオリコンシングルチャート1位を獲得。小室は今回の出演について「復帰第1作がチャート1位を獲得することができたのは、何万人の方の温かい声援のおかげ」と語り、ファンへの感謝の気持ちから快諾したことを明かした。アンコールで再び登場した際には「ちょっとした自慢ですが、今回のチャート1位は43曲目なんですけど、今回の1位が正直一番うれしいです。本当にありがとう、みんな!」と深々と頭を下げた。

観客席で見守っていたエイベックスの松浦勝人社長も、メンバーの要請でステージに登場。「感無量です。1位を取れて本当に幸せ。(メンバーに対し)お前らよりも幸せだよ!」と笑顔を見せた。

いろいろな経緯を経て、小室哲哉が芸能界復帰を果たしたのは、今年の1月18日のことだった。そこに書いたように、私は小室に対してネガティブだったが、原点に還って、全国ツアーをしたことが功を奏したのだろうか。もともとヒットを連続した飛ばしていた小室である。ツアーでファンと接するうちに、どういう曲が売れそうかの感覚が蘇ったか。

上記したシーンがYouTubeにあったので、「逢いたい理由」のイントロを聞いてみた。うん、なるほど、ちょっと物悲しいが、ヒットする要素はあるね、と素人のくせに、分かったような感想をもった。

ただ、問題は復帰第二作である。今回は、あの小室が復帰したと、旧ファンが一斉に応援したのかもしれない。だから、次をみないと分からないとしか言えない。エイベックスの松浦勝人社長のような業界のプロが入れ込んでいるのだから、そこそこ見所はあるのだろう。しかし、読めないのが、昨今の世の中である。

私の予想。この復帰作がそこそこヒットして、小室哲哉は今年の紅白に出場できる。NHKにとっても、売りになる。しかし、来年は分からない。多分次第に埋没していくだろう。結局小室は、過ぎ去りし栄光のGMなのである。

英才教育

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、天才物理学者ウイッテンが、大学の歴史学部を卒業してジャーナリストをやっていた後ようやく、大学院に入りなおして物理学を勉強し始めたというその一片の事実をもって、英才教育に与しないのであるが、しかし、英才教育が無意味とは単に切り捨てられないのも現実である。

アルクの2010年6月号に各国の英才教育の特集があったので、メモしつつコメントしてみる。

先ず中国であるが、国を挙げて英才教育に取組んでいるといってよい。中国の小学校では、国語、算数、英語の三科目でそれぞれ、1時間以上かかる宿題がでる。おっと、中国では普通に小学校から密に英語を勉強しているらしい。その宿題が大変なので、「補習班」と呼ばれる塾に行かせる家庭が多いという。

それだけでなく、数学オリンピック対策、英語漬け、財テクの勉強など、さまざまな塾が百花繚乱である。

日本と同様に、より面倒見のいい私立学校が、公立学校よりも人気があったりする。ただ、人口が多いせいか国民性なのか、なにしろ競争が激しい。おそらく日本の比ではないのだろう。そういう進化論的な環境で、競争をものともしない児童が勝ち抜いていく。その裏には、ついていけないで脱落する児童も多数いるのだろうが、ここでは特に言及されない。

中国には、米国と同様、飛び級の制度があって、そのことが競争をさらに激化させる。このような教育熱心の裏には、科挙の伝統なのかもしれないが、国家の決めた重点大学に子女を入学させると非常に有利という事情がある。中国では、清華大学、北京大学などの重点大学には、国家があからさまに重視して予算を優先配分する。日本では結果的に多くの予算を東大が集めるが、中国の露骨さは、その比ではあるまい。

アルクは、このままでは能力で、日本が中国に勝てなくなると危惧するが、本当にそうだろうか。確かに囲碁では、日本は中国にすっかり差をつけられてしまった。ただ、囲碁のように、あるパラダイムの範囲で努力すればいい技芸と、科学技術や文明全般では、相当に努力する意味が異なる。日本が万全などとは到底思わないが、私は寧ろ、中国の教育加熱の方を危惧するものである。これでは、能吏としてのLearnerは育てられても、Thinkerは育ちにくい。また、競争からこぼれた多くの人達の憤懣も半端ではないだろう。<

では、インドではどうだろうか。私が知っているインド人は皆、その訛りに日本人としては聞き取りに苦労するが、ネイティブ並みの英語力をもつ人ばかりであった。しかしそれは、私が知っている人達が皆、高いカーストで上流階級の人達ばかりだからで、実はインドでは、義務教育の8年間は英語の授業がない。貧しい人達は、決して英語に堪能ではない。そこで、裕福な家庭では躊躇なく、子息を、英語の授業があるパブリック・スクール(私立学校)に送る。

中国とはニュアンスが違うかもしれないが、インドでも教育の競争は激しい。日本でも七田式などがあるが、インドでは、0歳児教育、1歳児教育など、幼児教育が盛んである。そこで、英語、数学、ITの基礎が既に教えられる。基礎というよりも動機付けなのかもしれないが。

そんな中で、インドの子供達も一流大学を目指して猛勉強を強いられる。インドもまた、峻烈な学歴社会なのである。私はインド人の秀才というのを、随所で見かける。特に、米国から来る発明の発明者に多い。すると確かに、インドの英才教育は功を奏しているのかと認めざるをえない。彼らの自己主張の強さには辟易であるが。

転じて、オランダをみると、そもそも、英才教育という概念が全くなく、オランダ人で英才教育の意味を知らない人も多数いるという。文化の成熟のせいか、オランダでは個性を伸ばすことにフォーカスされる。

これがカナダとなると、隣国アメリカ合衆国の影響か、英才教育も必要に応じて行われる。実際、カナダ出身の優れた科学者も少なくない。ただ、アメリカ合衆国よりもなんとなく、ギスギスしないでおおらかなものを感じる。

確たるエリート主義の伝統をもつフランスはどうだろうか。フランスでは、バカロレアと呼ばれる高校卒業資格を取得すると、普通の大学には自動的に入学できる。しかしエリート校であるグランゼコールはそうではない。高等専門学校進学準備学級で2年間猛勉強して、グランゼコールの入試を受ける。そうやって、明確なエリートコースを早くからもつのに、フランスでは、英才教育は意外に晩生である。英才教育のための塾のようなものが流行っているという話もあまり聞かない。

最後にフィンランド。フィンランドの教育でも述べたが、エリートを作ることより、落ちこぼれをつくらないことにフォーカスするフィンランドでは、英才教育という概念は馴染まない。オランダと同様であろうか。もしかして、福祉国家として確立されたフィンランドに、先鋭的なテクノクラートや知的エリートは必要ではないのかもしれない。それでも、潜在的に才能がある人は一定の割合いて、優れた教育システムの下で、知性を育むことが可能であろう。追いつけ追い越せの中国やインドと、ニュアンスが相当ことなることは仕方なく、どちらがよいという問題でもないのだろう。

思考の整理学のようなモードで、粉骨努力するよりもいろいろ夢想するのが好きな私はどうみても、中国やインドよりも、フィンランドのような雰囲気がしっくりくる。そんな私が脱落しないでそこそこ生きていける日本の社会は捨てたものでもないと思う。

テロ未遂

| コメント(0) | トラックバック(0)

APFのWebによると、米国でテロ未遂事件があったという。以下、引用:

【5月4日 AFP】(一部更新)米ニューヨーク(New York)のタイムズスクエア(Times Square)で1日夕方(日本時間2日午前)に爆発物を積んだ車が見つかった事件に関連し、エリック・ホルダー(Eric Holder)米司法長官は4日、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ(Dubai)行きの旅客機に乗り込もうとしていた人物を逮捕したと発表した。

同長官は「調査を進め、有益な情報を集めようとしている。多数の手がかりを追跡中だ」とした上で、「今回のテロ行為の目的が米国人の殺害であることは明らかだ」と述べた。

米国メディアによると、逮捕されたのはパキスタン系米国人だという。MSNBCテレビは逮捕ファイサル・シャザド(Faisal Shahzad)容疑者(30)で、ニューヨークのロングアイランド(Long Island)で逮捕されたと報じている。

CNNは、この男はジョン・F・ケネディ国際空港(John F. Kennedy International Airport)から航空機に搭乗しようとしたところを逮捕されたと報じた。米紙ニューヨークタイムズは、逮捕された男はコネティカット(Connecticut)州在住だと報じた。

この事件ではパキスタンの武装勢力「パキスタンのタリバン運動(Tehreek-e-Taliban Pakistan、TTP)」が犯行声明を出している。(c)AFP

これを見て私は、虚妄の?航空機テロという自分のブログ記事を思い出した。この事件との共通点は、

  1. 未遂であること
  2. 犯人が簡単に捕まること
  3. その身元が簡単に割れること
である。

更に毎日新聞の続報によれば、次のとおりである。

事件で逮捕されたのは、パキスタン系米国人のファイサル・シャザド容疑者(30)。TTPとのつながりを示す直接証拠はまだないが、パキスタンで爆弾製造の訓練を受けたことなどを供述しているという。
米国が危機感を強めているのは、TTPが従来、パキスタン国内やインドでのテロ攻撃に専念し、米国本土への攻撃能力はないとされていたためだ。
事件に関与した動機としては、オバマ政権発足後に強化された無人航空機による攻撃への報復が指摘されている。

あれっ、なんとなくニュアンスが違う。APFの記事では、パキスタンのタリバン運動(TTP)が犯行声明を出しているのに、毎日新聞の記事では、「TTPとのつながりを示す直接証拠はまだない」となっている。毎日新聞の記事の方が後なので、TTPの犯行声明は誤報だったか。

また、ここでも被疑者があっさり、「パキスタンで爆弾製造の訓練を受けたことなどを供述している」というのが気になる。訓練を受けた爆弾工作員が簡単にそのようなことをしゃべるだろうか。

また、「TTPが従来、パキスタン国内やインドでのテロ攻撃に専念し、米国本土への攻撃能力はないとされていた」というのもおかしい。米国内で小規模なテロを実行するのに大したリソースは要さない。単にそうする意図をもつかどうかの問題ではないだろうか。そういう意味で、9.11以降米国内で目立ったテロが全く起きていないのというのは単に、「国際テロリストたち」がそうする必要を全く感じなかったということに過ぎない。

そこで私は、おかしな事件だよね、米国内に実害はないし、単に米国のアフガニスタン作戦を正当化するために利用されるだけではないか、と怪訝になるばかりである。

「実害」があると、そんな悲惨なテロ被害を出すイラク・アフガニスタン戦争が悪いと、米国内の世論が沸騰する。すると、なんとしても、未遂レベルに留めなくてはならないのだろう。分からないけど。

弔い保険

| コメント(5) | トラックバック(0)

日経の記事によると、下記のとおり、ナイジェリアの大統領が病死したという。

【ラゴス(ナイジェリア南部)=共同】心臓疾患で昨年11月から療養中だったナイジェリアのウマル・ムサ・ヤラドゥア大統領が5日、首都アブジャ近郊の大統領宮殿で死去した。58歳。AP通信が伝えた。死去を受け、ジョナサン大統領代行が6日、正式に大統領に就任した。任期は来年4月までに実施予定の大統領選まで。

これを見ると、ヤラドゥア大統領は58歳、55歳である私と実質的に年齢は変わらない。すると、私もいつ死んでもおかしくない、ということになる。

それで、なぜ夫婦を続けているかという理由を実質的に考えてみると、もちろんそれだけではないとしても、家内は私の収入に頼るし、私は病気での看病、及び死亡時の葬式を頼りにしている。私が先に死ぬと仮定してだが。

ただ、私が先に死ぬという保証はない。また、死別しなくてもなにかの理由で、介護や看病をしてもらえないという可能性もある。そこは別途考えるとして、死んでも誰も葬式を出してくれないという可能性もある。

で、死んだ後なんてどうでもいいので、葬式もどうでもいいはずなのに、私が一人で行き倒れて、誰にも葬式をしてもらえないとちょっと残念だなあ、と空想してみた。そこで、あったらいいのに、と弔い保険なるものを考えた。

すなわち、私が死んで、誰も葬式を出してくれない状態で、弔い保険会社が私の身柄を引き取り、そこそこの葬式を出してくれるのである。

文字どおり終身保険で、最低のパックは100万円。最初の葬式、戒名、49日は揃っている。その後は、共同墓地に入れられて、自然に無縁仏になる。最初の葬式は、弔い保険会社の職員5人と、契約している僧侶が列席してくれる。宗派も指定できる。ただ、適当な僧侶がみつからない場合の免責もある。キリスト教やイスラム教のオプションもうったが、使う人がいないので、廃止になった。だったら加入しないと言われたら仕方ない。

これにオプションがつく。5万円払うと、登録してある親戚または友人に連絡をとってくれる。連絡がつかなかったら終りで、要はベストエフォートである。5万円で5人までで、一人増える毎に1万円かかる。

10万円払うと、1周忌と3周忌がつく。さらに5万円払うと、7周忌がつく。

さらに10万円払うと、散骨などのオプションが選べる。

契約に加入すると、抜けにくいように薄紫色の指輪が指に嵌められる。これにICチップが埋め込まれていて、行き倒れても、そのチップを警察が読み取って、弔い保険会社に連絡がいく。警察だって、行き倒れの人を抱えておくわけにはいかないのである。

指輪が外れていると、契約が確認できないと、葬式が履行されないことがある。ちゃんと、分厚い約款に書いてある。免責の嵐である。

ただ、弔い保険は、配偶者や子息親戚などがきちんと葬式の面倒を見る場合には、適用されない。すなわち、保険料は払い損であるが、それは、期限つきの死亡保険と変わらない。

それでも、険悪や疎遠な親族だと、葬式を出さないで、弔い保険会社に任せようとするかもしれない。そこで、そんなことをすると人倫に悖りますよという説得をうまくするのが、弔い保険会社の手腕である。これが成功すると、上司の評価がめでたくなり、昇進の候補となる。なにしろ、弔い保険会社は保険料只取りである。あるいは、葬式してくれる親類に、葬儀返礼金として、10万円くらい払ってもいいかもしれない。あるいは、弔い保険会社契約の僧侶を無料派遣というオプションもありえる。さらに、戒名、5割引きサービスとか。

弔い保険会社の営業マンは忙しい。契約書と合同墓地のサンプル写真をもって、今日はこちらの養老院、明日はあちらの独居老人宅である。なにしろノルマがきつい。最近では、ライバル会社も増えてきた。

こういう弔い保険会社があると、この無縁社会のご時世、そこそこ商売繁盛するのではあるまいか。

知性の限界

| コメント(0) | トラックバック(0)

高橋昌一郎氏の「理性の限界」講談社現代新書の続編で、同じく講談社現代新書の「知性の限界」を読んでみた。「理性の限界」が、ゲーム理論、科学、論理学と、遠巻きから哲学に次第に近づくように議論がなされたが、「知性の限界」は直球で、哲学の難問にずばりと切り込む。以下、私の独断と偏見のコメントを交えつつ、メモしてみる。

「知性の限界」は先ず、「言語の限界」から入る。ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」は、哲学における言語の限界にスポットをあて、形而上学的議論を、言語の不正確な使用にすぎないとずばりと切り捨てた。カントもある意味、純粋理性批判で形而上学を批判しアンチノミーを提唱したが、ウィトゲンシュタインは一層尖鋭に、言語に着目した。ウィトゲンシュタインによれば語りえるものは明晰に語ることができ、語りえないものは語ってはならないのだから、語りえるものだけを明晰に語ることにすれば、迷妄でない議論ができ、正しい世界観が打ち建てられるはずである。と、そこまでウィトゲンシュタインが言った訳ではないが、「論理哲学論考」をバイブルとして、統一科学派あるいは、論理実証主義派が興った。

論理実証主義派は、シュリック、カルナップ、ゲーデル、タルスキー、ライヘンバッハ、ラッセルなど錚々たるメンバーを集め、一時は鼻息が荒かった。ところがふとしたことから、ジョン・レノンではないが、シュリックが頭がおかしい男子学生に銃殺され、論理実証主義派は、重要な纏め役を欠いて、ちりぢりばらばらになった。

論理実証主義派そのものは、イギリスに根付き、ラッセル、ムーアなどにより、言語分析に傾倒していく。ラッセルといえば、ホワイトヘッドと「数学原理」を著したが、結局ホワイトヘッドは、結局、論理実証主義に与せず、「過程と実在」を主著とする、独自の有機体の哲学を提唱した。ホワイトヘッドは、プラトンの精神を継ぐものであるが、その点でも、論理実証主義派と袂を分かつ。ここらあたり、高橋昌一郎氏がこの本で言及している訳ではないが、自分用のメモとして、私が勝手に付け加えている。

ウィトゲンシュタインはといえば、初期の「論理哲学論考」を捨て、紆余曲折を経てイギリスのラッセルのところに身を寄せ、言語ゲームを提唱した。ここらあたり、私の拙いメモがあるにはある。

要するに、言いたいことは、「論理哲学論考」のような厳格な立場では、形而上学は否定されるが、かといって物語も語れないのである。どんなに殺菌しても腸内には細菌が棲みついているのであって、もしかして、人間の脳は、腸に腸内細菌が必要であるように、夢の揺り篭としての形而上学を欲するのかもしれない。いくら消毒しても、いつの間にか形而上学菌が発生している。それなら、形而上学菌の培土である言語そのものに取組んだ方がいい。あ、これもまた、私が勝手に挿入する口上である。

そうして言語を見詰め直すと、人間の思考そのものが、言語という培土に生えた黴のようなものである。そして言語が変われば、黴としての思考形式も変わってしまう。ここらあたり、サピア・ウォーフの仮説があり、言語オタクの文字通り末席を汚す私も、なんとなくそのあたりは、ほのかに分かる。すなわち、例えば、日本語で考えるのと、英語で考えるのは相当に思考のパラダイムが異なる。そもそもが、日本語には主語がないなどと言われる。ここに書いたような議論もある。

実を言うと、人間が自分で用語や概念を決めて、ヘーゲルやカントに代表されるような難解な哲学を、概念を定義し、言語で突き詰めていくことにどれほどの意味があるのか、と何度も素朴な疑問に駆られる。物理学ではないが、何かの観察やコンピュータ・シミュレーションをしなくていいのか。数学のように記号演算で非自明な命題を導けないのか。言語だけを駆使してどうやって豊富な成果に導くのか、その思いは消えない。しかし、際限がないので、次なるテーマの「予測の限界」に進もう。

「予測の限界」では、ヒュームの顰に倣い、帰納法のパラドックスから始められる。すなわち、昨日まで東から昇った太陽が、今日も昇るとは限らない、すなわち、何度繰りかえしても、物事の確実性は100%言い立てからないということが述べられる。そうはいっても、機械学習や統計学の世界では、明日また太陽が東から昇る、という確率が例えば、1-10兆分の1で正しいというような言い方ではいえる。リスク率や金融工学ではそれでいいのだが、科学理論の場合、例えば、ニュートン力学に従わない場合が、10兆分の1の確率で起こっても困る。困るといっても、科学理論はそうしたものであって、すると開き直って、科学理論は、実証ではなく、反証可能であることが本質的であると言ったのが、カール・ポパーである。それは一時人気を博したが、反証主義は反証可能なのかという議論もあって、再び混迷してくる。そこで、ファイアーアーベントのように、なんでもありなのだ、科学は形而上学をもつべきなのだと言い出す輩も出てきて、顰蹙を買ったりする。夢の揺り篭の復活である。ただ私はまだ、ファイアーアーベントの著書を読んだことがない。読んでみたらきっと、「なんでもありなのだ」というその真意が分かるかもしれない。

次の「思考の限界」では、なぜか「人間原理」が出てくる。「思考の限界」で私はつい、「科学の終焉」ジョン・ホーガン、徳間文庫のような議論を期待した。すなわち、典型的には物理学である科学的思考がすっかり隘路に入ってしまっているという話である。あるいは、理論物理学の5大問題のような話である。しかしここでは「人間原理」なので、そこに追随すると、「人間原理」は、人類を誕生させるように物理定数が定められているのだ、という言明である。流石に、シミュレーションのパラメータのように物理定数を誰かが決めたのなら、それは誰なのか、神なのかということになる。

ただ、私的に言うなら、宇宙論における「人間原理」というのは第一級のテーマではなくて、やはり第一級のテーマは、どうやって宇宙が開闢したのか、それはビッグバンなのか、時間の始まりは、空間の始まりは何なのか、という形而上学すれすれの問いである。もしかして、ファイアーアーベントは、そういう問いこそ発さなくては、と言いたいのかもしれない。

あと、私がときどき思うのは、スーパーストリング理論におけるM理論などを眺めていて思うのは、とても高度な理論なのに、それを記述する方程式の時空の記述がとても素朴なのではないか、ということである。素人の迷妄なのだけれども、例えば、ブルバキはその数学原論で、集合論を基礎にしたが、グロタンディークはそれに飽き足らず、代数幾何学のために、圏論という道具立てを構築した。すると、素朴に見える時空の記述にも、集合論→圏論のような拡張があってしかるべきではないだろうか、とまさに「思考の限界」に限界を重ねて、想像してみるのである。

ああ、脂汗が出てきた。高橋昌一郎氏の趣旨から随分脱線してしまったけれども、私としては、「知性の限界」は、想像を駆り立てて、もっと勉強しなくては、思索しなくてはと思わせてくれるとても刺激に満ちた本なのであった。

任天堂の苦境

| コメント(6) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、任天堂がついに苦境に陥った。以下、引用:

2004 年の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」発売以来、急成長を遂げてきた任天堂が壁にぶつかっている。6日に発表した10年3月期の連結決算は6期ぶりの最終減益となった。据え置き型ゲーム機「Wii」の販売減などで11年3月期も減収減益の見通し。株価は3万円台前半と、ピーク時(07年11月の7万 3200円)の半分以下での推移が続いている。新たな成長のけん引役は何なのか。市場はなお見極め切れないでいる。

「Wiiに続く据え置き型の次世代ハードの開発状況は」「中国をはじめとする新興市場の開拓をどう進めるのか」――。大阪証券取引所で開いた6日の記者会見では、新たな成長戦略についての質問が次々と飛んだ。岩田聡社長はいずれも「研究中」と述べるにとどめた。

任天堂については、約1年前に、不況でも好調の会社の筆頭に挙げた。そのときのキーワードは、「低価格」「独自性」「消費者の巣ごもり」である。

そのキーワードは今でもそんな変わっていないと思われるが、任天堂にとって問題なのはおそらく、精神的な飽和と、物理的な飽和である。すなわち、「ニンテンドーDS」や「Wii」がどんなに楽しいゲーム機であったとしても、人間は必然的に飽きる。その上で動くソフトも然りである。また、言うまでもないが、物理的な飽和とは、各家庭に行き渡ってしまうことである。流石に2台目、3台目を買う家庭はほとんどないだろう。

また、いまや、任天堂のゲームは、iPad、キンドルなどの電子書籍ツールに話題を奪われつつある。考えてみると、読書というのはある意味、人間本来の想像力を駆使する最高のエンターテイメントなのであり、ゲーム機の直接的視覚性に飽きたら、書籍に向かうという心理はあるだろう。DVDレンタルの「つたや」はいまだに、郊外に大型書店を出したりしている。書籍文化の根強さを示唆する。

すると、任天堂の次なる秘策は、3Dエンターテインメントなのだろうか。特殊な眼鏡をかけて体験する3Dエンターテインメントはまだまだ高価で、これをとっつきやすい価格で提供することは、任天堂といえどもチャレンジだろう。するとまたしばし、任天堂の苦境は続くことになる。

蟻駆除剤

| コメント(0) | トラックバック(0)

家人が大騒ぎしているので、なんだろうと思ったら、家に蟻が入っているのだという。元昆虫少年である私は、蟻の一匹や二匹がどうした、寧ろ、蟻がいる方が生物多様性だろうと訳の分からないことを考えていたら、蟻を駆除したいので、駆除剤を近くのドラックストアで買って来いという。益虫である蟻を殺すのは忍びないのであるが、家人がうるさいので、仕方なく買いに行った。

行く前に家人が言うには、フマキラーのように直接室内に散布するタイプではなく、蟻の巣の近くに散布するタイプのものがよいという。そこで、ドラックストアに行ってみると、「アリアトール」住友化学園芸株式会社、という製品があった。粉末タイプで、蟻の巣の付近、または蟻の通り道に置いておくと蟻が巣に持ち帰るのだという。

アリアトールの成分はというと、アセフェートと、蟻の誘引物質からなる。晴れた日の散布が有効で、うまくいくと、散布して2~3日で、蟻がいなくなるのだという。そんなに効果があるのだろうか。

散布して数時間後に、どうなっているか確認に行ったが、目だった変化はないようである。蟻達は、変わらず元気で活動している。しかし、どうでもいいけど、昆虫の活動を見ていると、自分でも何が面白いのか分からないけど、飽きない。下手したら1時間でも見ていそうである。ファーブルの気持ちが少しだけ分かるような気がする。私の別の趣味として、特許の審査経過ウォッチングがある。これと昆虫ウォッチングを合わせると、結構最強のオタク趣味である。駄目か。

ところで、アセフェートとは一体何か。Webで調べてみると、アセフェートの加水分解生成物は、なんとあの中国ギョウザ事件で有名になったメタミドホスであるという。道理で、アリアトールを散布しようとして封を切った瞬間、なんとも表現できない不快な匂いを感じたはずである。しかし、いくら蟻の誘引物質を含むとはいえ、こんな不快な匂いのするものを本当に蟻は巣に持ち帰るのだろうか。

次の日の朝、アリアトールを散布した蟻の巣の付近を観察に行ったところ、蟻達は活動しているものの、その数は激減していた。やはり効果があるようである。私は軽い後悔というか申し訳なさの念に駆られた。

このようにアリアトールのような薬剤が蟻を殲滅するのに有効だとすると、こういう薬剤を散布することを許すのは、生物多様性の概念に悖るのではないだろうか。少なくとも、クロアリは、シロアリのように直接人間に害を及ぼさない。寧ろ、昆虫や動物の死骸をスカベンジするので、人類にとっても望ましいのではないだろうか。

で結局、生物多様性というのも、二酸化炭素排出削減と同様に、体のいい建前なのではないかと疑ってしまうのである。

理性の限界

| コメント(8)

もう10年くらい前だろうか、高橋昌一郎の「ゲーデルの哲学」講談社現代新書を読み、大変面白かった。ただ、そのことを友人に話したら、どんな内容だった?と聞かれて、ええと・・と、思いっきり言いよどんでしまった。だから、まともに読めたかどうか実に怪しい。

ゲーデルに対するアプローチは普通、数学基礎論の方からなされる。それで、確か、竹内外史とか、野崎昭弘などの解説本がある。ゲーデルの不完全性定理をきちんと理解しようと、竹内外史氏の本をそのうち読もうと思ったら、どうも絶版のようである。代わりに、「ゲーデルと20世紀の論理学」東大出版会、全四巻という、私には立派すぎる本が出ているようである。そんなに立派な本で詳しく解説されると、素人としては余計に敷居が高くなる。

一方、高橋昌一郎氏は、ミシガン大学大学院哲学研究科修士課程の卒業ということで、論理学が専攻である。私は若い頃、論理学なんてアリストテレス以来進歩していないのではないかと偏見をもっていたことがあるが、とんでもない話で、その後勉強してみると、20世紀になって、タルスキー、クワイン、ラカトシュなど錚々たる論理学者がいる。

論理学というと、今の大学では文学部で専攻することになる。ところが、文学部というと文系の典型と思われるかもしれないが、ある意味論理学ほど尖鋭な理系的色合いをもつ学問もなかなかない。例えば「連続体の数理哲学」沢口昭聿、東海大学出版会という本があり、著者は当時東海大学文学部の教授であるが、これはコーエンの連続体仮説の哲学的側面を考究する書物である。ところが、連続体仮説は、ヒルベルト23の問題の筆頭を飾るほど、本質的な数学のテーマである。

随分前置きが長くなったが、そんな高橋昌一郎氏が最近、「理性の限界」講談社現代新書を出したので、迷わず買った。「理性の限界」は、「選択の限界」、「科学の限界」、「知識の限界」という3つの章からなる。

「選択の限界」は、公正な投票はありえないという、コンドルセのパラドックスから始まる。コンドルセについては、「人間精神進歩の歴史」という本を買って例によって積読しておくうちに遺失してしまった。てっきり人文学者かと思っていたら、数学者だったとは。それから、「完全に民主的な社会的決定方式が存在しない。」という「アロウの不可能性定理」に進む。ううん、民主主義が1つの便法であって、それがどこまでいっても不完全というのは私にはあまりにも当たり前であるが、それを数学的に証明するとは、畏れ入った。そこから、ナッシュ均衡などの経済学的な話に進み、ゲーム理論に達する。例の囚人のジレンマとか、フォン・ノイマン、モルゲンシュタインが出てくる話である。ゲーム理論は有利に進める方法を教示するが、どちらも最善を尽くすと、将棋でいう千日手みたいなことになりえる。あるいは、ある局面で、手番の方がどう指しても不利になるという局面がつくられる。こういうのも、一種の「選択の限界」といえないことはない。あ、将棋の話を挿入したのは、私のオリジナルである。

「科学の限界」では、例によって「ハイゼンベルクの不確定性原理」やERPパラドックスが引き合いに出されて、科学の限界が説かれるのだが、私の中ではそれはかなり手垢のついた話ではある。そもそも、科学的法則なるものはすべて近似であって、ある限定した状況でしか成立しえないものである。私はもっと卑近に科学の限界の限界を感じているのであって、例えば、ある物理的挙動をコンピュータで解こうとすると、どうしても、常微分方程式や偏微分方程式の数値解法に頼るよりない。しかし、そこで解の誤差をどう評価するか、発散しないようにするにはどうするかといつも心を砕いていなくてはならない。そういうことから、量子力学を持ち出さなくても、科学は本質的にかなり身近な限界を有しているというのが私の理解である。

「知識の限界」では、「ぬきうちテストのパラドックス」とか、「嘘つきのパラドックス」など、論理学の有名な矛盾が引き合いに出される。それらがとても新規な話という訳でもないのだが、筆致が俄然乗ってくるように感じるのは、私だけだろうか。そもそも、高橋昌一郎氏の専門中の専門なのである。思わず、アクセルが踏み込まれるはずである。こうしていよいよクライマックスのように、「ゲーデルの不完全性定理」へと進む。これによれば、数論で構成しえる数学的理論は、その内部に、真であるが、その証明を与えることができない命題を必ずもつというのだから、まさに、「知識の限界」そのものがきれいに示されたことになる。さらに意外なのは、「ゲーデルの不完全性定理」から乱数列の乱数性の判定とか、チューリングマシンの判定に話題が進むことで、コンピュータ・サイエンスも好きな私には垂涎である。普段から意識している、論理学/数学基礎論/コンピュータ・サイエンスのトリニティを改めて確認した次第である。

本音を言えば、私は、人生も理性も、自明に且つ本質的に不可解であると思っている。だから皮肉のように、人生の可解性という記事を以前書いた。そのこころは、人生の可解性なんて、実数列に埋まっている有理数列のように、測度論的に無視されてしまう程度のものだということである。しかし、酒飲み話ならあの程度でもいいが(というか、酒飲み話の話題としては普通顰蹙であるが)、人生や理性の不可解をきちんと論じようとしたら、その道具立てはとても大変なのだと、この本を読んで改めて感じた次第である。

生物多様性

| コメント(3) | トラックバック(0)

雑誌「発明」の5月号に、生物多様性の記事があったので、メモしてみる。

まず、生物多様性は、次のように定義される。

  1. 生態系の多様性:自然環境に応じて多様な生態系が存在する。
  2. 種の多様性:動物、植物、微生物など多様な種が存在する。
  3. 遺伝子の多様性:同じ種でも、個体毎に遺伝子の多様性がある。

一方、1992年に制定された生物多様性条約(Convention on Biological Diversity)とは、次のような目的を掲げている。

  1. 生物多様性の保全
  2. 生物資源の持続可能な利用
  3. 遺伝子資源の利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分

例えば、現在世界で提唱されているのは、ノーネットロスという概念で、すなわち、そこに生息している生物が再生可能な範囲で生態系を利用する、ということである。先進国では、ノーネットロスが法制化されている国が多くあるが、日本ではまだ法制化されておらず、日本は、生物多様性の後進国なのだという。その理由は、日本は高度成長の経済性が優先され、生物の多様性を保持することに配慮が届かなかったということのようである。

生物多様性が提唱される理由は、典型的には医薬品の4割が生物由来である、ということである。すなわち、微生物の多様性が維持されていないと、利用可能な生物も減ってしまう、ということがある。

実際、田舎に帰っても、昔ほどいろいろな昆虫をみかけなくなった。元昆虫少年としては少し寂しい。また、漁師の人に聞いても、採れる魚の種類が減ったという。世間で、生物多様性が減少しているのは明らかであるように思われる。

こうなった分かりやすい原因は、森林の伐採、農薬の散布、工業用排水の垂れ流し、乱獲などである。その結果、蚊や蝿、蟻などの昆虫も田舎で明らかに減った。それらは害虫だと認識されているので、そういう昆虫が減ったことを普通人は喜ぶのだが、元昆虫少年の私としては、何か違うのではないかとずっと前から考えていた。すなわち、害虫だの益虫だのというのは人間が勝手に決めたことであり、自然の中では害虫も益虫も含めて、渾然一体の生態系をなしている。だから、害虫を駆除することで、生態系がおかしくなり、より害の強い種があらわれることもある。また、抗癌剤のアナロジであるが、害虫だけを選択的に駆除することは不可能であり、どうしても益虫も死んでしまう。

ただ言えることは、人類が生きて繁栄しているということ自体が、生物多様性にとって大変迷惑な話である。言い換えると、一つの種がのさばりすぎていること自体が、生物多様性とは真逆の概念なのではなかろうか。そして、今更に生物多様性が声高に叫ばれるのも、生物を利用する側としての立場でものを言っている。ここらあたりにも人類の傲慢さをみるが、それでも、森林保全、海洋保全を考えることはとりあえず悪くはないかもしれない。

さらに言うと、生物多様性というけれども、進化論に鑑みると、種というのは、そのあるものは、どうしても滅びていく運命にある。また、交配や突然変異によって新たな種が生まれる。それは、種のダイナミズムである。だから、言うまでもないかもしれないが、生物多様性を維持するということは、自然が多様性のダイナミズムを発揮できるように、いい意味で自然を放置することである。経済学とのアナロジでいうと、自然の市場性に任せることである。例えば、絶滅寸前と言われているトキは、種として滅びる運命にあるのかもしれない。一方で、烏は、間違っても絶滅しそうもない。強かそのものである。今の時代に適応しているのだろう。

少し話題を変えて、職場で、生物多様性に対応するのは、スキル多様性である。才能多様性と言い換えてもよい。強い職場は、さまざまなスキルと才能が、互いを尊重しあって切磋琢磨している。私は管理職であった時代に、これを目指した。すなわち、法律的能力だけでなく、技術理解力、システム構築力、企画能力、経理能力、特許方式理解力など部門構成員のスキルの多様性を目指したが、結局上司に理解されないで尻つぼみになってしまった。経済合理性を追求しすぎる企業では、近視眼的になって、リストラなどでスキルの単調化が生じてしまうことがある。すなわち、目先のスキル以外の人の存在意義を認めないで、排除してしまうのである。その結果部門はより弱体化して、下降スパイラルに陥ってしまう。

さらに話題を変えて、グローバリズムというけれども、結局、アングロサクソンの思考法を押し付けているだけである。日本の言語や風習を、ガラパゴスと呼んで揶揄する輩もいる。その文化的な貧しさは憐憫に値する。文化の多様性こそが人類の知性の淵源であることをどうして理解しないのか。そういう意味で私は、ローカル言語は、自然の種と違って、自然淘汰に任せない方がいいという意見である。人種こそまさにそうで、民族浄化(ethnic cleansing)など、絶対にあってはならない。ヒットラーやミロシェビッチの気持ちが一番理解できない民族が、日本民族なのである。

かくのごとく、生物多様性に対する私の思いは複雑であって、うまく書けない。何が言いたいんだと言われそうである。世間に多様な人がいれば、分かる人には分かってもらえるかもしれないが。

川上村

| コメント(0) | トラックバック(0)

豪農に書いた長野県川上村と、藤原忠彦村長であるが、友人から借りて、「平均年収2500万円の農村―いかに寒村が豊かに生まれ変わったか― 藤原 忠彦 (著)」を読んでみたので、追加の情報を簡単にメモしてみる。

すると、川上村がレタスなどの高原野菜に特化するようになったのは、藤原氏の方針というよりも、それ以前に、朝鮮戦争で最前線となった米軍の需めに応じてであった。すなわち、川上村もまた、朝鮮戦争の特需で潤った訳である。

藤原氏の人生も平坦ではない。すなわち、藤原氏が中学2年生のとき、54歳だった父親が心筋梗塞で急死した。比較的裕福な家庭だったようだが、それで人生が一変した。藤原氏の希望は、大学に進学して、機械系のエンジニアになることだった。藤原家では、長男、長女、次男、次女、三女という構成で、次男が藤原氏だった。ところが、父親が急死してみると、長男は東京の有名私立大学に進学しており、呼び戻すのもどうかということになって、藤原氏が後継ぎということになった。

そうして、藤原氏は長野県立臼田高等学校に進学する。ところが、通学に片道3時間もかかり、男手が他にいない母親は、藤原氏に高校を中退するように懇願する。それで渋々退学したものの、鬱屈の日々で、かなりぐれていたこともあったようである。

しかし、機械が好きであることが有意義に効果を発揮した。すなわち、機械が好きなので、次々に大型特殊などの免許を取得し、村にトラクターが導入されたときは、自分以外にこれを運転できる免許をもつ者がいなかった。こうして、ひとりでいろいろな畑をトラクターで耕しているうちに、自然に人脈を築いていった。

こうして昭和57年に地元の役場で、44歳で最年少の企画課長に登用された。こういうお役所仕事が天職だったようで、水を得た魚のように活躍した。そして、企画課長として官公庁との交渉も積極的にこなした。

例えば、赤字民営バスの建て直しである。藤原氏は、バスをスクールバスとの兼用にすることを思いつき、運輸省と文部省の両方と交渉した。それは難航を極めたが、官公庁の中でも自分と似たオーラをもつ人を嗅ぎ付け、そこに食い込むことにより、要望を通してしまった。

企画課長としての仕事はそれだけではない。IT化を重視し、CATVを村に導入した。最新のIT技術は、農業にも有用であると踏んだのである。

そういう藤原氏が信任を得て、村長に推挙されるのも必然の流れだろう。結局、前村長が勇退することによって、自動的に藤原氏が村長に選ばれた。

ただ、もともと全力投球する藤原氏にとって村長職は激務で、心筋梗塞で倒れて治療を受ける状態になった。これは持病となり、いまでもニトログリセリンは手放せないという。まさに、体を張っているということである。

それでも、藤原村長は手綱を緩めない。図書館の24時間化をはかり、文化への配慮も怠らない。カリフォルニア大学と提携して、品種改良もする。

藤原村長の方針は、3コウ、すなわち、交通、高齢者対策、及び交流である。ここまで明確なポリシーというか哲学をもって政治を執り行っている人は日本にもあまり多くないのではないだろうか。

ただ、そんな藤原村長も、日本の食糧自給率の低さを憂える。農林水産省の「指導」には根深いものがある。

コンピュータ将棋選手権

| コメント(2) | トラックバック(0)

コンピュータ将棋協会のホームページによると、今年のコンピュータ将棋選手権の優勝は、激指だという。去年の雪辱である。


No. プログラム名 1234567SB MD 順位
1GPS将棋 5○ 6○ 7○ 3○ 2○ 521253
2大槻将棋 7○ 16106
3Bonanza Feliz 7○ 5○ 2○ 34315
4ボンクラーズ 5○ 2○ 7○ 1○ 3○ 521154
5芝浦将棋 2○ 16107
6激指 4○ 2○ 3○ 8○ 7○ 5○ 6117101
7YSS 5○ 16108
8習甦 2○ 4○ 3○ 1○ 5○ 7○ 6116102

ここで目を引くのは、2位に入った習甦である。去年も決勝リーグに入ったが、今一歩の成績だった。今回はブレークした。九州工業大学・情報工学部・知能情報工学科教授の竹内章さんが作ったという。ボナンザメソッドに改良を加えているという。すると、昨年優勝したGPS将棋の兄弟分なのだろうか。

また、Bonanza Felizというのは、保木邦仁さん以外にも、小幡拓弥さん、杉山卓弥さん、伊藤毅志さんが共同開発したプログラムで、1.合議法による疎結合並列思考,2.静的評価関数の大規模な機械学習,3.コンピュータチェスの探索および盤データ構造の将棋への応用という新しいテクニックを織り込んだものである。なんか凄そうであるが、今回の成績だと、新技術はちょっと未消化か。

ところで、北陸中日新聞のホームページに下記のような記事があった。

好敵手が世界一に
2010年5月9日

将棋の好敵手が世界一になった。アマ強豪の自分と腕前は同じぐらい。何十局と指しても疲れを見せず、動揺した様子もまったく見せない。

ここまで読んで、自分をアマ強豪と呼んで憚らない奴はだれ?と怪訝になった。しかも、プロ三段はあるというコンピュータ将棋と同じくらいというのか。そこで記事を読み進めてみた。

好敵手の名前は「激指(げきさし)」。コンピューター将棋のソフトだ。大型連休中に開かれた「第二十回世界コンピュータ将棋選手権」で四回目の優勝を果たした。開発チーフは、能美市の北陸先端科学技術大学院大情報科学研究科の鶴岡慶雅准教授だ。

将棋ソフトは、近い将来にプロ棋士としのぎを削るようになりそう。猛烈な開発競争の最先端で地元の研究者が頑張っていることがうれしい。 (小松支局長・白井康彦)

おお、白井康彦か、と懐かしくなった。白井康彦といえば、一橋大学出身の元学生強豪、学生名人にもなっている。実はその前年、我が九州学生棋界から、彗星の如く熊本大学松下君が学生名人になり、その翌年も前年の勢いを引き摺って、学生名人戦の決勝に進出した松下君の決勝の相手が白井康彦だった。私は当然に、会場の将棋会館に応援に駆けつけた。その将棋は、角換腰掛銀模様で、先手の松下君が右玉にしたところ、63角と、右玉の弱点である玉上の桂頭を狙われて、作戦負けから、松下君は圧敗してしまった。今にして思えば、力負けだったか。というのは、その後も白井氏は学生棋界最強を誇り、社会人になってからも、将棋ジャーナル誌で、「どこからでもかかってきなさい」という企画で気を吐いていた。

そんな白井氏が、北陸中日新聞の小松支局長になり、そのお膝元の能美市の北陸先端科学技術大学院大の准教授である鶴岡氏が作成した「激指」が第二十回世界コンピュータ将棋選手権で優勝するとは、奇遇である。ところで、鶴岡慶雅准教授は、眼鏡をかけてちょび髭を生やしたら、東京ロマンチカの鶴岡雅義とそっくりであろうと推察される。まさか息子さんじゃないよね?流石に違うか。

ともかく、新アルゴリズムを取り入れてコンピュータ将棋は確実に進化している。プロ最高峰を負かすのは、あと5年か?

口蹄疫

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本農業新聞Webによると、宮崎県で、牛や豚に口蹄(こうてい)疫の発生が拡大しているという。以下、引用:

赤松広隆農相は10日に宮崎県を訪れ、東国原英夫知事らと口蹄(こうてい)疫対策を話し合う。7日に同県を訪問した民主党の小沢一郎幹事長に引き続き、赤松農相が関係者と緊急会談に臨み、政府与党一体でまん延防止の徹底、万全の農家支援を講じる方針だ。口蹄疫対策の徹底に向け、東国原知事、JA宮崎中央会の羽田正治会長、中村幸一県議会議長らと協議する。

農水省の政務三役では、口蹄疫防疫対策本部長代理を務める山田正彦副大臣が、4月29日に同県を訪問して以来となる。

口蹄疫とは、朝日新聞掲載「キーワード」の解説によると、次のとおりである。

豚や牛などに伝染する家畜の病気。足や舌に水泡ができてえさが食べられなくなり、急激にやせ衰える。人には感染せず、感染肉を食べても人体への影響はない。感染力が強いため、家畜伝染病予防法に基づき、農場の周囲には移動制限区域が設けられ、家畜の移動が禁じられる。2000年にも、宮崎県と北海道で発生した。中国や台湾、韓国でも発生している。

すると、病気が発生した地域で、移動制限を設けて沈静化を図るよりないのか。「人には感染せず、感染肉を食べても人体への影響はない。」といっても、流石に分かっていて肉を出荷できないだろう。

Webの他の記事によると、「風によるウイルスの拡散は考えにくく、人、車両による伝播(でんぱ)を否定できない」とあるが、それはどういうことか。人には感染しないというのに、人から家畜に伝染してというのか。すると、人は、感染はしなくてもキャリアにはなりえるということか。調べてみると、人体に微妙に感染するので、人はキャリアにはなりえるようである。

また、宮崎県は、これらの農家で飼育する計1万4212頭を殺処分するというが、一頭100万円と換算しても、総額100億円であり、実際はもっとだろう。また、宮崎牛の風評が下がるのが痛い。

1例目の牛は遺伝子検査の結果、アジア地域で確認されている口蹄疫ウイルスと近縁ウイルスであることが確認された、とニュースにある。すると、中国起源なのか。更なる調査で、宮崎県で流行している牛や豚の口蹄疫のウイルスの塩基配列が、香港で今年確認されたものと99.22%一致していることが、10日までに明らかになった、という。

すると、香港に旅行した農場従事者から牛などに感染したのだろうか。しかしそれで広範囲のパンデミックになるだろうか、と疑問は続く。

動物衛生研究所のページには、中国での一連の発生状況がリストされているが、ここまで大規模ではない。何が一体ここまで被害を広げたのだろうか。インフルエンザ疑惑のような要因もつい考えてしまうが、流石にそれはないのだろう。誰が得するのかが、なかなか見えないからである。

無人爆撃機

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞によると、米軍が、イラク、アフガニスタンの武装勢力を掃討するために、無人爆撃機の使用を推し進めているという。

米軍にとっての無人爆撃機の利点は、言うまでもないが、米軍兵士が死なないということである。また、衛星通信を使って、イラク、アフガニスタンから1万キロ以上離れた米国本土で操縦できる。

実は、無人爆撃機は今に始まった話ではなく、イラク戦争の初期の2003年頃から使われている。無人爆撃機の名前は、プレデター=略奪者。あまりにもピッタリのネーミングである。兵士は自宅から、ネバダ州ネリス基地に出勤し、例えば午前中3時間アフガニスタンに飛ばし、1時間休憩して午後3時間イラクに飛ばす。そして自宅に夜、帰宅。なんと優雅な戦争なのだろう、無人爆撃機を操縦する側にとってであるが。

プレデターは、翼幅が約17m、長さ約8m、重量約512kg。大型のプラモデルのような機体である。機体価格は1機が4億3000万円程度で、F22戦闘機の約85分の1である。人間が乗らないので、安全性の仕組みも簡略化できる。時速は約130kmで、例えばイラクの現場から要請を受けると、現場に急行し、モニターに浮かぶ武装勢力の男たちに照準をあわせる。依頼を受けてから9分程度しかかからない。

無人爆撃機の操縦は、パイロット、カメラを操作するセンサー・オペレータ、情報調整官の三人一組で、12時間で交代する24時間体制である。といっても、無人爆撃機はやたらに発射するわけではない。その飛行の97%は偵察である。攻撃は、原則として現場の司令官が交戦規則に基づき判断する。その指示に従って、パイロットがミサイル発射ボタンを押す。まさにシューティング・ゲームの世界で、人を殺すという実感が湧かないだろう。蒼白いもやし青年かもしれないシューティング・ゲーム・オタクが、無人爆撃機のパイロットの適性をもつことは明らかである。新たな適性の兵士の登場である。

照準に基づくプレデターの攻撃は正確で、3m以内の正確度である。3km上空からでも車のナンバーが読取れるほどの鮮明な解像度であるという。それなのに誤射が絶えない。それは、武装勢力の兵士も、民間人も、服装で区別できないからである。すると、怪しそうな人相の奴だから、やっちまえということもありえる。2009年にアフガニスタンで戦闘に巻き込まれて死亡した民間人は2412人で、その4人に一人は、無人爆撃機を含む空爆の犠牲者であるという。

プレデターには後継機種もあって、リーパー(reaper=死神)という名前である。米軍はどうしてこんなにネーミングがうまいのだろう。感心している場合ではない。

このような誤爆による民間人巻き添えの増加で、国際人権理事会は、国際人道法に違反するのではないかと、米国政府に改善を求める方針である。しかし、一方で、無人爆撃機は自国の兵士の死亡にはつながらないので、米国内の関心は高まらないという。

昨年4月、パキスタンで、19歳の少年が、米国のスパイとしてタリバンに射殺された。それは、所定の金属片をタリバン幹部の家のそばに置くアルバイトをしていたからだという。この金属片は実は、赤外線装置で、無人爆撃機に、爆撃目標を知らせる役割を果たす。

このような無人爆撃機の操作と誤爆は、現地のイスラム原理主義者や現地の人の反感を一層煽る。自らは戦場に乗り込まないで一方的に無人的に攻撃を仕掛けるというのは、アンフェアだとの感情を一層刺激する。

無人爆撃機の使用は、テロリストを米国本土に呼び寄せる危険性を高めると指摘する人もいる。米兵が怖がって戦場だ戦わないなら、こちらから乗り込むぞ、ということである。しかし、それはちょっと当たらないだろう。もう8年以上も、アフガン・イラク戦争で、現地での反米感情は極限に達しているが、9.11以降、目だったテロは米国で行われていない。なにか私が知らない力学がそこに働いていると私は想像する。

ミラクル弁護士

| コメント(0) | トラックバック(0)

夕刊フジに、大阪の母子殺害事件で1審の無期懲役と2審の死刑判決を最高裁で覆したミラクル弁護士の記事があったので、引用しつつコメントしてみる。

最高裁が4月27日、事実誤認があるとして1審の無期懲役と2審の死刑判決を破棄し、大阪地裁に審理を差し戻した大阪市平野区の母子殺害放火事件。被告の主任弁護人を務める後藤貞人弁護士(63)、大阪弁護士会=は「大阪の刑事弁護の第一人者」といわれる。タレント・羽賀研二や検察批判を展開する三井環・元大阪高検公安部長らの弁護も担当。そのミラクルな実力ぶりは-。

後藤氏は1969年、大阪大法学部を卒業。75年に司法修習(27期)を終え、弁護士登録した。約3600人が登録する大阪弁護士会の中でも、「刑事弁護を専門とする数少ない弁護士」(司法関係者)だ。

なるほど、刑事弁護を専門とする弁護士とは珍しい。それだと、あまり稼げないのではないだろうか。民事だと、巨額の損害賠償額の1割が報酬として得られたりする。典型的には、中村教授の青色発光ダイオードの特許報奨金訴訟の升永弁護士である。

これまでに、銃刀法違反罪に問われた指定暴力団山口組の元若頭補佐、滝沢孝被告の裁判=1、2審無罪=や、牛肉偽装事件で詐欺などの罪に問われている浅田満被告の控訴審、収賄などの罪に問われた三井氏の裁判など著名事件の弁護を数多く担当。法廷取材が長いベテラン記者は「無罪を主張する被疑者や被告にとって駆け込み寺のような存在」と話す。

大阪の刑事弁護士の1人も「まさにプロ中のプロ。われわれの間では『後藤でダメならあきらめろ』と言われるほど。人権派といわれるが、頭でっかちではなく、事実を重んじるタイプ」と絶賛する。

世間の嫌われ者でも、意に介さず弁護するのは、三浦元被告の弁護を買ってでたマーク・ゲラゴスと類似するが、派手な事件を好み、辣腕として有名なゲラゴスとは異なり、有名な後藤弁護士は、玄人筋以外には有名ではない。

後藤氏は裁判員裁判が始まる前から、法廷で書面を見ずに弁論を展開する"離れ業"が注目されていた。業界誌のインタビューには《われわれは技術者です。その技術を駆使して被疑者・被告人に与えられた権利と利益を守るために全力を尽くす》と答えている。

なるほど、弁護士としての能力の高さで、マーク・ゲラゴスと似ている。結局、弁護士は人気商売ではなく実力がものをいう専門職なのである。

一方で、被害者の苦しみを理解するため、死者が出た事件の法廷では赤いネクタイはせず、絶対に笑わないとも。前出のベテラン記者は「マシンのような弁護士だと思っていたから、本人からネクタイの話を聞いたときは意外だった」と振り返る。

この自己戒律の厳しさと、裏に隠れた情の厚さが、後藤弁護士の隠し味なのだろう。

後藤氏は現在、詐欺と恐喝未遂の罪に問われ、1審で無罪となった羽賀被告の控訴審の主任弁護人を担当。昨年11月の第1回公判では改めて無罪を主張した。

やはりその実績への信頼から、有名人からの依頼が舞い込むようである。

「法廷は検察官の主張が合理的な疑いを超えて証明されたかどうかを判断する場所」と言い切る後藤氏。対する検察関係者は「(1審無罪の決め手となった)元歯科医の証言の信用性を否定できれば、逆転有罪も難しくない」と自信をみせる。

26日の次回公判では、元歯科医=偽証罪で公判中=の知人らへの証人尋問が予定されており、大阪高裁を舞台に後藤氏と検察が再び対決する。

弁護士の闘いは、終わることがない。惚けにくい職業の最右翼だろう。闘い続ける限りであるが。

惚け防止法

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前から、惚け防止法について考えてきたが、いろいろな本を眺めたり、自分で考えたりして、多少考えが纏まったので、以下に書いてみる。

すなわち、惚け防止に必要なのは、認知コストを払うことであったが、それをもう少し別の言い方で表現してみることを思いついた。

人はみな、高い地位、幸せな状態、大きい報酬を望むが、それは要するにニュートン力学でいうところの速度にすぎない。すると、どんな高速でも、速度が一定であれば、全く加速度が生じない。

こういう前提で、惚けを防止するには、速度に拘わらず、ある程度の加速度を生活に与える必要がある、という命題を唱える。すなわち、ニュートン力学のアナロジでは、生活に慣性力を与える必要がある、ということである。別の言葉でいうと、同じことをしない、工夫し続けるということである。

この際、注意を要するのは、加速度または慣性力はゼロであってはいけないが、大きすぎてもいけないということである。言うまでもないだろう。大きすぎる慣性力は、確実に生活を破壊する。例えば、リーマンブラザーズに勤務していて年収1億円あったのに、会社が破綻して突然放り出されるというのは、大きすぎる慣性力であろう。

では、妥当な加速度または慣性力はどうやって得られるのかというと、先ず、何かを創作することである。詩でも俳句でも短歌でもよい。料理でもよい。なるべく今まで使っていない頭の箇所を使うのがよい。そういう意味では、私の好みは、初心者でも料理を作ってみることである。

それ以外には、他人と交際することである。あまり社交的でない私には、他人と交際することはチャレンジなのであるが、他人と付き合うと我儘ばかりいえない。我慢しなくてはならないし、相手に気を使わなくてはならない。それが適度の慣性力になるのである。

さらに言うと、なかなか思うようにならない、ということも実は適度の慣性力になって、惚け防止になる。例えば、ある中年女性がいて、息子の嫁と同居したとする。ところが、息子の嫁がちょっと厳しい女性で、中年女性はときどきやり込められたりする。それは中年女性にとって不幸であるかもしれないが、軽度に留まっていれば、刺激になって、惚け防止にいいのである。同じ趣旨で、馬鹿な上司の下で悔しい思いをするのも、惚け防止によい(本当か?)

同じ趣旨だが、なるべく他人に依存しないという姿勢も大事である。特に会社で地位が高い人で、コピー一枚取るのも秘書に依頼する人がいるが、そういう人は、秘書がいないと、コピー機の扱いも知らなかったりする。面倒でも自分でやらないと年取って圧倒的に困る。

そうやって認知コストを払いつつ、散歩、カラオケ、適度の飲酒で血流をよくすれば、惚け防止の効果は上がる。もちろん、健康には他の因子もあるので、長生きを保証するというものではない。

あと、適度の恋愛も、惚け防止によいというが、なにか浮気賛美のようで、どうも私にはピンとこない。私には街で美人を見かけて、鼻の下を長くするくらいがせいぜいである。

以上の法則から、逆にどういう生活が惚けやすいかは自明だろうが、敢えて書いてみると、惚けやすいトップクラスは、前例主義でリスクを取らない官僚である。そういう官僚は、民間業者を「指導」するが、それは一方的で、自分は安全地帯にいる。前例主義なので、自分で工夫することはない。東大法学部卒でエリートだったとしても、それはニュートン力学的に等速直線運動であるなら加速度はかからず、そういう無加速度生活を何十年も続けると確実に惚け予備軍となる。そういえば、私の田舎では東大に進学するといえばそれこそ何十年に一人の秀才なのであるが、父とほぼ同年齢の人で東大に行って県庁に勤めてエリートだったらしいが、定年後急速に惚けた人がいるという。県庁でなく商社などの民間企業でもう少し波乱のある人生だったら、あるいは惚けなかったかもしれない。

あと、意外に惚けやすいのが学校の先生であるという。結構対人のコストを払っているようであるが、実は先生は、一方的に指導するだけで、指導されることが少ない。するとマンネリに陥りやすい。官僚と同じ構図である。

それと、文系と理系では、文系の方が圧倒的に惚けやすいという。これはしかし、多少偏見もあるかもしれない。なぜなら、惚けを研究する人は大抵医師などの理系だからである。ただ、エンジニアとして設計する方が、単純な事務作業よりも頭を使うのは確かである。そういう意味で、文系であっても、営業職は惚けにくいという。なぜなのか、最早説明の要もないだろう。

ともかく、運動と食事療法でメタボや成人病が防げる程度には、努力により惚けは防げるようである。

毎日新聞Webによると、ユナイテッド航空とコンチネンタル航空が合弁するという。以下、引用:

【ワシントン斉藤信宏】航空業界世界4位のユナイテッド航空(UA)の持ち株会社UALと同5位のコンチネンタル航空は3日、合併することで合意したと発表した。両社は「年内には統合手続きを完了する」としており、独占禁止当局の承認を得て合併が実現すれば、最大手のデルタ航空を抜き、世界最大の航空会社が誕生する。

米航空業界は燃料コスト上昇や景気低迷による利用客減などで、大手4社が10年1~3月期にそろって赤字決算となるなど厳しい経営が続いている。08年のデルタ航空とノースウエスト航空に続く大型合併で、さらに業界再編が進む可能性もある。

合併の決まった新会社名は「ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス」とし、運航航空会社は「ユナイテッド航空」の名称を存続させる。本社はUALの本拠地であるイリノイ州シカゴに置き、UALのティルトン会長兼最高経営責任者(CEO)が新会社の会長、コンチネンタルのスミセク会長兼CEOが新会社のCEOに就任する。

合併は株式交換方式を採用し、コンチネンタル株1株に対し、UAL株1・05株を割り当てる。合併費用は30億ドル(約2800億円)規模にのぼる。

ユナイテッドとコンチネンタルは、米国内の路線での重複が少なく、国際線でも、アジア路線に強いユナイテッドと中南米・欧州が主力のコンチネンタルでは補完関係が成り立つため、以前から合併効果が大きいと言われていた。08年春に交渉を加速させたが決裂。その後、08年秋の世界経済危機で両社とも経営が悪化、合併による経営効率化への機運が高まっていた。

これをみて、いよいよ航空業界は競争激化かと目を瞠る。2009年の米航空会社の売上げ(単位:億ドル)と順位は下記のとおりである。

  1. デルタ航空:280
  2. アメリカン航空:199
  3. ユナイテッド航空:163
  4. コンチネンタル航空:125
  5. USエアウェイズ:104
  6. サウスウェスト航空:103

毎日新聞のその後の記事によると、一旦は諦めたユナイテッドとコンチネンタルが合弁を決めたのは、燃料高騰や、LCCの台頭がある。まさにLCCの旗手であるサウスウェスト航空が、米国内で6位に迫っている。

ユナイテッドとコンチネンタルは、どちらも、今年の1月~3月決算で大幅赤字を出している。また、日本でJALに比べて相対的に業績のいいANAでさえ、最終赤字573億円である。一方、LCCであるサウスウェスト航空は、今年の1月~3月決算できっちり黒字を出している。すると昨今の情勢は、LCCでない航空会社が利益を上げるには相当の経費削減と体質改善を果たさなくてはならないことを示唆する。

この苦境を乗り切る当面の策は、アライアンスである。ANAはもともと、ユナイテッド及びコンチネンタルと、スターアライアンスを組んでいる。そういうANAにとって、盟友が合弁するのは、good newsだろう。この合弁に当たってユナイテッド及びコンチネンタルは、ANAとスターアライアンスを組織するために、米国独占禁止法の適用除外(ATI=Anti Trust Immumity)を申請した。

JALは、アメリカン航空とのアライアンス(ワンワールド)のために、やはりATIを申請した。しかし、もしユナイテッドとコンチネンタルの合弁でスターアライアンスが便宜を受けると、ワンワールドにとってそれは不利になる。

なお、もう一つのアライアンスは、デルタ航空を中心とする、スカイチームである。

こういう3つのアライアンスと、サウスウェスト航空などの米国LCC、その他、アジア、ヨーロッパの航空会社は、今後かつてない激しい競争に晒される。再編はまだまだ続きそうである。

おばけ病院

| コメント(2) | トラックバック(0)

医師の人と話すと大抵、何十人とか何百人の最後を看取った経験がある。臨終に立会い、死亡診断書を書くのが医師の重要な役割の一つである。すると、病院というのは、戦場を除けば、日常的に人が死んでいく数少ない場所である。

それでも、普通は、昼夜交代で、医師や看護士、検査技師などが忙しく働き、電灯が煌々としているので、寂しさ、不気味さを感じる余裕はない。

ところが、病院といえども利益に基づき活動する組織なので、経営が苦しくなれば廃業することもある。そして、廃業して誰もいなくなれば、人々の活動で覆い隠されていた不気味さが一気に噴出す。

そんな廃業された病院の一つに、厚木恵心病院がある。新聞によると、ここは、1997年に廃業されたが、例に漏れず、心霊スポットとしてテレビやインターネットで紹介され、周囲の住民から市に苦情が寄せられていたという。それだけでなく、建物に落書きがされ、ガラスが割られ、ぼやや強盗傷害事件も起きた。誰もいないはずの廃業病院で強盗傷害事件とはどういうことか。病院に忍び込む人がいたり、それを目当てに強盗を働く人がいるのか。ちょっと私の理解を超えている。

そんな厚木恵心病院の所有者はなぜか、大阪堺市にある宗教法人、世界仏教会なのだという。そこで厚木市は、その宗教法人に土地・建物の譲渡を求めたが、複数の抵当権が設定され、交渉は滞っていた。

税法はよく知らないが、その宗教法人の土地・建物の固定資産税は、堺市に払う義務があるようである。ところが、宗教法人が税を滞納したため、堺市が病院の土地・建物を公売にかけた。それを落札したのがなんと厚木市、敷地面積は2605平方メートル、建物の延べ床面積は5103平方メートルというのだから、相当な物件であるが、落札価格はなんと1263万円だという。これは格安とかいう表現を超えている。しかし、他に応札者はいなかったという。世の中に、霊などいない、あの世なんてないというマテリアリストは普通にいて、スピリチュアリストの端くれである私はとても肩身が狭いのであるが、しかし、おばけ病院なんて迷信だ、お買い得物件ではないかガハハと、厚木恵心病院に応札する物好きな人もまた、なかなかいないようである。心霊スポット云々以前に、そもそも経済的に引き合わないのだろうが。

厚木市は、厚木恵心病院を取り壊して公園にするという。着工に当たっておそらく手厚い除霊儀式が執り行われるのだろう。マテリアリストだろうがスピリチュアリストだろうが、こういう霊に対する畏れは、縄文時代から続くわれわれの文化というか深層心理の一部をなしている。

食糧自給率

| コメント(0) | トラックバック(0)

食糧危機?でみたように、私は最早、世界的な規模の食糧危機の可能性はあまり信じていない。

そして、日本国内では食糧自給率が低いが、当面、世界的には食糧生産は余り気味なのだから、外国の農業大国から輸出を差し止められるなどの困った事態にはならないだろうと考えていた。

ところが、「日本は世界第5位の農業大国」浅川芳裕著、講談社α新書によれば、日本では食糧自給率が低いとか、農業は零細産業でどんどん先細りしつつあるという前提そのものが怪しいかもしれない。同著によれば、何しろ、日本の農業生産額は年8兆円で、中国、アメリカ、インド、ブラジルに次ぐ堂々の5位である。

ではなぜ、多くの日本国民が、日本の食糧自給率が低すぎるとか、このままではなにかあると戦略的に諸外国に食糧の輸出をストップされて、国民が飢えてしまうと信じ込まされているのかというと、それは偏に農林水産省の宣伝による。

すなわち、日本の農家は零細で、生産高も低く、よって農林水産省が補助金を用意して指導・育成しなくてはならない、というストーリーにもっていきたい訳である。そのことで、農林水産省は十分な予算を確保し、農家に補助金をばらまく。ばらまくからには、農家に言うことを聞かせる。例えば、これこれの作物は減反して、こちらの作物に切り替えなさい云々である。まさに共産主義的指導体制である。こうして、農林水産省はその存在意義を主張できる。また、食糧自給率向上を叫ぶ政治家とも結託できる。食糧自給率向上は、二酸化炭素排出削減のような、誰も文句がつけられない絶対正義の命題なのである。

さて、指導により農業生産高を飛躍的に向上させようとしてた政治家に、毛沢東がいる。毛沢東は、文化大革命の一環の「大躍進」で、独自の方針で農民を指導し、国家を繁栄させようとした。その結果どうなったか。なんと数千万の餓死者を出してしまうのである。これはあまりにも極端な例であるが、下手な指導は休む以下であることは、農林水産省にもあてはまる。

実は、日本の農家は十分優秀で、したたかなのである。例えば、前に長野県川上村の例を挙げたが、そこにあるように、市場のニーズを考えて、育成種の品種改良、肥料、設備、販売路など、まさに普通の企業と同等の努力を傾注することで、農業は、下手なサラリーマンよりも稼げる。車や電子機器の使用が頭打ちになることはあっても、食べ物を摂らない時代は絶対に来ない。むしろ、栄養のあるもの、おいしいものを求める人間の欲望には限りないので、農業は実は、一番の成長産業であるといってよい。もし農業には、半導体チップや自動車のラインでの生産のようなノウハウがまだフルに活かされていないとしたら、農業にはまだまだ伸びしろがあることになる。

農林水産省は、共産主義的国家的指導で、農家の企業家精神をスポイルしていることになる。すると、農林水産省がとるべき策は、農業の市場性を高めることであるのだが、農林水産省には、そのような指導ノウハウはない。先端の農業技術についても、なにしろ役人は実際には従事していないのだから、大した知識はないだろう。

それでも、と農林水産省は、言うだろう、世界的な食糧危機あるいは、国家戦略により、意図的に日本に対する食糧輸出を絶って、日本を困窮させることがあるだろうと。そのためにも、食糧自給率は高めなくてはならないのだ、と。確かに、そうなる可能性は皆無ではないが、まず留意しなくてはならないのは、農産物は、武器のように国家が統一して扱っているわけでなく、個々の民間農業企業が輸出も含めて扱っているということである。すると、国家の意図はどうあれ、お金があり食糧がほしい日本国民がいて、買い付けたい商社があれば、喜んで食糧を輸出するであろうということである。それがグローバル市場、または国際資本主義の帰結である。

また、いくら食糧自給率だけを強調しても意味はない。なにしろ石油などのエネルギーは、ほとんどが輸入に頼っている。いくら食糧自給率が高くても、石油を絶たれたら、輸送トラックも走らない。だから世界で経済的に孤立しないようにするのが政治というか外交の一番の役割ということになる。その点の日本のソフトパワーは、とりあえずそこそこ及第点なのではあるまいか、とりあえずだが。

とはいっても、天下の農林水産省が、まるっきりでたらめ言っているだけでもないのだろうから、その政策の駄目な部分、妥当な部分を見極めなくてはと思う。ともかく今後、農場は注目である、個人的には耕作のスキルはからっきしだが。

JAL再生

| コメント(2) | トラックバック(0)

JAL崩壊の原因で、JAL内部告発のようなメモを書いたが、毎日新聞によると、JALが更なるリストラを迫られている。以下、引用しつつ、私なりにコメントしてみる。

会社更生手続き中の日本航空(JAL)は28日、国内30・国際15の計45路線からの撤退を発表した。これに伴い、グループ従業員の3分の1にあたる1万6000人超を年度内に削減する方針だ。不十分なリストラによる「2次破綻(はたん)」を懸念する融資銀行団や国土交通省に迫られ、1月の会社更生法適用申請時に打ち出した計画から撤退路線を上積み、人員削減ペースも早めることにした。ただ、銀行団には「再建はなお不透明」と、国際線からの大幅な追加撤退を求める声も出ている。【JAL取材班】

ここまで事業縮小して、どうやって利益を出すのだろうか。しかし、当然に、これだけ縮小すると従業員も要らなくなって、下記のとおり追加のリストラとなる。

今回の削減で、日航は事業規模を国際線で4割、国内線で3割縮小。グループの人員削減も規模を拡大したうえ、実施時期も従来の3年間から今年度内に前倒ししたことから、早期退職の募集を当初の2700人から7500人に大幅に広げる。早期退職対象には、これまで聖域だったパイロット775人も含む方向で、抜本リストラをアピールする。

日航は1月に国内外31路線撤退と今後3年間で約1万5700人の人員削減を柱としたリストラ計画を発表したばかりだが、わずか3カ月で修正を迫られた。

要するに、JALは銀行団や国交省から強い不信感を抱かれている。2月の実績でも、ANAに一層差をつけられている。

資金繰りを支える国の支援機構が日航の面倒を見るのは最長3年。日航は更生計画認可後に、メガ3行と日本政策投資銀行から7000億円の融資を見込んでおり、再建を円滑にスタートさせるには銀行団の支援が欠かせない。

稲盛和夫会長は当初「(1月公表の計画を)確実に実行すれば、再建は十分に可能」と一段のリストラに慎重だったが、「納得できる更生計画を」(瀬戸英雄管財人)との現実論の前に譲歩せざるを得なかった。

稲盛会長は、京セラ時代もリストラをしたことがない。その辺の感覚が掴めないのではないか。

JALは、上記45路線からの撤退に伴い、名古屋・小牧空港からの完全撤退を表明した。もともと、中部国際空港発着便の一部を小牧に振り替えることで、小牧の定期便を維持する計画だった。しかし、国交省がこれに反対した。ANAとの過当競争になるのを懼れたのである。

国交省は、JALが、誕生日にあわせて運賃を割り引く「バースデー割引」や、最大で通常の2倍のマイルを提供するキャンペーンなどで、なりふり構わず乗客を繋ぎとめようとしている姿勢に懸念を抱いている。そもそも、JAL倒産で述べた過当なキックバックもそうであるが、JALには採算を度外視して顧客を集めようとする体質がある。それは、往事は、政府が資金面をカバーしてくれた。フラッグシップ航空会社であったからである。その悪い癖がそのまま出ている。

また、日航が3月に募集を始めた早期希望退職では、計画(2700人)を上回る約3610人の応募があり、一部職場では業務に支障が出ないか懸念も浮上した。今秋にもジャンボ機を全機退役する方針だが、新しい機種に対応するには4~5カ月程度の訓練が必要。人員削減の前倒しには、労組の反発も予想され、日航役員は「難しい調整が必要」と認める。稲盛和夫会長は「(社員の)意識は変わっている」と強調するが、更生計画案作りをはじめ、再生の前途は多難だ。

こうして、沈没船からネズミが逃げ出すように、計画を上回る早期退職希望者の応募があったが、最早、手間暇かけて養成したパイロットが聖域でないとすれば、整備士も、客室乗務員もどんどん減っていって、安全性にも疑問符がつく。するといよいよ、JALを利用しようとする者が減る。

もしかしてJALが再生するには、LCCになるしかないのかもしれない。しかし、JALにはしがらみというか、負の遺産が多すぎる。歴史上、老舗会社でLCCになれたところはない。すると、JALを辞めたパイロット、整備士、客室乗務員などを集めて、誰かが新しい航空会社を立ち上げたらどうだろうか。もちろん、飛行機が好きでたまらないというホリエモンでは無理である。飛行機ビジネスを知悉し、且つビジネスセンスもある人に限られる。優秀だけれどもJALで主流でなかった経営陣の一角にそういう人材もいるのかもしれない。

ここまで書いて新聞をふと眺めると、全日空最終赤字573億円とある。原因は、長引く不況と、新型インフルエンザの影響とある。前期は42億円の赤字で、今期573億円の赤字は、過去最高であるという。赤字の原因をより具体的にみると、エコノミーでの観光客は増えたが、ビジネスクラスの低迷で、旅客単価が下がってしまったこともある。機材の小型化で1000億円のコスト削減を図ったが、利益を出すまでには至らなかった。

JALの衰退で、ANAが便宜を得そうなものだが、政府の支援のせいか、以前JALとANAが競争していた路線でANA単独になる路線は意外に多くないという。そういう意味で、もし政府がJALに支援し続けると、ANAには不公平感が募る。航空自由化が進むと、いよいよ、アジアの他の国のLCCに席巻されてしまうのではないだろうか。

知性と根気

| コメント(3) | トラックバック(0)

先日、羽生名人に爆笑問題がインタビューする番組をみていて、羽生が、故大山名人に言及していた。羽生曰く、将棋において人間は、強くなればなるほど読みを省略するが、一方コンピュータは、より沢山計算に時間をかけることによって強くなる、と。そして、故大山名人との対局を思い出して、晩年の大山名人は、対局中ほとんど考えていなかったのではないか、ともいう。

それを聞いてなるほどと思いつつも、私は敢えて、羽生は話を面白くするために、わざと半面のことしか言及していないといいたい。なぜなら私は、晩年の大山が、形勢が苦しくなって、何時間も延々と長考に沈むシーンを一度ならず知っているからである。

私の意見は実は、知性と根気をより密接に結びつけるものである。そう考えるようになったきっかけは、ミチオ・カクの超弦理論の入門書を読んだときである。ミチオ・カクは日系3世で、1968年ハーバード大学卒業後、1972年カリフォルニア大学バークレー校でドクター・コースの勉強していたときに、でかい紙に延々と、場の量子論の計算をするのが日課だったという。当時はいまのように、数式処理ソフトは簡単に入手できない。そうやって、紙に何枚も数式をびっしり書き連ねて最後に計算がびたりと合うと、おおっと感激するのだという。

これを読んだ私は私で、ああ、と嘆息である。どういうことかというと、20代の中ごろ、しがないサラリーマンで休日やることもないので、内山龍雄の「一般相対性理論」裳華房とノートとボールペンをもって、図書館に籠もるのが習慣だった。内山龍雄の「一般相対性理論」はとてもよい本で、テンソル解析も、微分幾何学も全くしらなくても、丁寧に読めば一般相対性理論の基礎が理解できる。基礎から説明してあるからである。そこで私は、ノートに、共変テンソルだの、クリストッフェルの記号だの書き写しながら、「丁寧に」勉強していった。不思議なもので、紙に式を書いていると、なんとなく分かったような気になる。ただそのとき私は、妙なオーラを発していたようで、図書館で私の隣にいた、大学受験生風の男性が、嫌がって別の席に移動してしまった。

それで内山龍雄の「一般相対性理論」を読み始めてから2ヶ月くらいは、なんとなく順調だったのだが、定常解であるシュバルツシルトの解を計算するあたりから急に苦しくなってきた。テンソル解析の計算は、添え字を取り替えていろいろな項を計算しなくてはならない。そして計算するだけでなく、それらを足さなくてはならない。そこで、砂漠に迷い込んだ軽自動車のように、アクセルを踏めども、タイヤと地面の間が空回りして、どうしようもなくなった。その理由はどうやら、計算し、あるいは数式を追っていくことの根気が続かなくなってしまったらしい。そこでその本を投げ出すのも悔しいので、一応、回転解であるカーの解も含め、通り一遍の努力で読み通してみたが、以下は全くといいほど理解できなかった。

それを私の知性と限界とみるか。そうでないとはいえない。寧ろ、それは正しいだろう。しかし私は、知性の限界より前に、根気の限界に逢着してしまったような気がする。すなわち、もし私にもう少し根気があれば、シュバルツシルトの解の計算をもう少し追うことができ、もう少しだけ理解できたであろう。

その経験から私は、「ほとんどあらゆる場合に、知性の限界よりも根気の限界が先に来る。」という定理を信じるようになった。すなわちそもそも、知性より前に根気で、私はミチオ・カクにまったく歯がたたないのである。

ところで故大山名人に戻ると、晩年は直感で指していたかもしれないが、それは、いざというときのために根気を溜めておいたのである。言い換えると、楽をするためというのは別の苦労をするためでないと正当化されない。これは、分かりにくいけれども、「知性の限界よりも根気の限界が先に来る。」という定理の系である。

このことの応用として、私は日常業務で、面倒な雑用をあえてやってみる、という時間をとるようにしている。そこで、面倒がらないで雑用が根気よくできるなら、体調もよく、仕事にそこそこの質も期待できると思うことにしている。

逆に体調が悪くて根気が続かないときは、なんとか要領よく楽してこなそうという気が先走って、結局最低限の基準をみたすレベルの仕事に達しない。例えば病気になったとき将棋を指すと、短手数で決着つけようとして余計勝てない。だから昔から運・鈍・根と言うのだろう。運・鈍・根というウドン粉または小麦粉に、才能という一つまみの香辛料を混ぜて醗酵させれば、なんとか、おいしいパンになる、という次第である。

Yukio Hatoyama

| コメント(0) | トラックバック(0)

TIMEを眺めていたら、例年どおりの、"100 MOST INFLUENCIAL PEOPLE IN THE WORLD"という特集だった。だいたい、私にはほとんど知らない人ばかりなので、適当に読み流そうと思ったら、なんと、日本の鳩山首相がリストされていた。

去年の9月の上り調子の頃ならともかく、今更、落ち目の鳩山首相が、世界を動かす人にリストされるのが妥当なのだろうか。そのタイムの記事によると、鳩山首相は、古くからの政治家の家系に生まれ、若い頃から自民党でキャリアを積んで政治家になるのはほとんど決まりのコースだったが、1993年になぜか自民党を離党して新しい党を立ち上げた。そして、米国とのより対等の関係と、政治の透明性を標榜して、自民党の寡占を打ち破ったが、その改革は遅々として進んでいない。ではあれ、日本を一党支配から真の民社主義へと国を移行させたのであって、その功績だけでも祝福に値する、というのだが、本当だろうか。ただ、TIMEに、鳩山首相をよいしょするメリットはないはずである。どういう意図なのだろう。

と思ったら、鳩山首相の前のページに、オバマ大統領の記事があり、鳩山首相の後のページに、サラ・ペイリンの記事があった。オバマ大統領は別格として、鳩山首相は、世界で"INFLUENCIAL"という意味で、流石にサラ・ペイリンよりはましなのではないだろうか。

折角なので、"100 MOST INFLUENCIAL PEOPLE IN THE WORLD"を流し見したら、他に私が知っているのは、エルトン・ジョン、スティーブ・ジョブズ、リー・クアン・ユー、ビル・クリントン、キム・ヨナ、だけである。

私に映画と音楽の趣味があれば、もう5~6人くらいは知っているかもしれないが、興味が偏りすぎているので仕方ない。ああ、そういえば、レディー・ガガは、会社の若い女性研究員が言及していた。曲を聴いたことがないので、なんともいえない。

100人をざっと眺めて、私が一番面白いと思ったのは、中国のサーチ・エンジン会社、百度の創設者、ロビン・リーである。ロビン・リーは、ニューヨーク州立大学でコンピュータ・サイエンスを学び、ダウ・ジョーンズ所有の金融データベースの会社であくせく働いた。そこでリーは、2つのことに夢中になった。その1つは検索エンジンである。もう一つは、故国である中国に帰ることである。リーは、陝西省の貧しい町の生まれだった。こうして、中国に戻り、ついに国内で、Googleを打ち負かした。快哉である。

iPS細胞研究の先端

| コメント(6) | トラックバック(0)

このブログでは、何の因果か、iPS細胞の基本特許幹細胞研究iPS細胞作製の新手法などで、iPS細胞研究の様子を眺めてきたが、読売新聞Webによると、iPS細胞の根本を問い直す研究が京大で行われているという。以下、引用:

神経や心筋など様々な細胞に変化できる人のiPS細胞(新型万能細胞)。世界中が注目した山中伸弥・京都大教授の作製発表から2年半がたった。今月には京大に国内初の専門研究機関「iPS細胞研究所」が発足した。「どうやって万能性を獲得したのか」「どんな遺伝子が働いているのか」など、未解明な部分も多いが、激しい国際競争を経て、その姿が少しずつ見えてきた。(萩原隆史)

人の体は、約250種類の体細胞からできているが、どれも元々は1個の受精卵から変化したもの。iPS細胞は、すでに皮膚などに変化している体細胞を、時計の針を戻すように様々な細胞に変化する前の受精卵に近い状態に戻す「初期化」を、強制的に行って作った。だから受精卵のようにいろんな細胞に変化できるのだ。

では、どんな体細胞も初期化をして、iPS細胞を作れるだろうか。

そうそう、それが誰もが考える素朴な疑問である。

山中教授が最初に用いたのは皮膚だった。変化する前の比較的未熟な細胞がまじっていた可能性もあるため、初期化しやすかったとも考えられ、研究者の間では「他にどんな細胞が使えるのか」に興味が集まった。

皮膚にしたのは単に、細胞を取りやすかったというだけだろう。

その後、マウス実験などで肝臓や胃、骨髄、神経などでiPS細胞ができるという報告が相次いだ。研究競争の決定打となったのは、それ以上変化できない終末分化と呼ばれる状態の成熟したBリンパ球の成功だった。京大の長船健二准教授は、「これで、どんな細胞からもiPS細胞が作れることが分かり、生物学的な結論が出た」と振り返る。

なるほど、万能細胞の万能起源性か、と洒落のようなことをつぶやいたりして。

ただ、材料として最適なものはまだわかっていない。iPS細胞は、がんになる恐れがあるうえ、1個作るのに大量の細胞が必要で効率の悪さも課題になっている。マウス実験では、胃の細胞を使えば、皮膚や肝臓よりがん化を大幅に抑えられることが報告されている。同じ皮膚でも、紫外線にさらされる頭皮と腹部の皮膚とでは遺伝子の傷や変異の程度が異なり、作製効率や安全性に差が出るとも考えられている。

長船准教授は「さい帯血は遺伝子の変異や傷がほとんどないので適している」と指摘する。「人での作製にも成功しているさい帯血や親知らずの歯の細胞など、入手しやすい医療廃棄物を利用してバンクを作るのが実用的」と話す。

そういえば、歯からiPS細胞という記事は確かにあった。

一方、簡単に採取できる髪の毛や血液からiPS細胞ができたとの報告もある。しかし、作製自体が困難なうえ、効率も極めて悪いという。1本の髪からできれば理想的だが、今のところ現実的な選択肢ではなさそうだ。

昔のある部族は、敵に、髪の毛や爪を入手されるのさえも嫌がったという。昔の高度な文明は、髪の毛や爪から、クローン人間を合成する技術をもっていたのだろうか。

山中教授は「山中4因子」と呼ばれる4種類の遺伝子を、レトロウイルスを運び役にして体細胞に入れて初期化に成功した。しかしがん遺伝子c―Mycを含むなど安全面の問題もあった。

そこで遺伝子の種類をいかに減らすか、研究が急速に進んだ。昨年2月には、独マックスプランク分子医薬研究所のグループがOct3/4という遺伝子だけで初期化に成功し、マウスのiPS細胞を作製したと報告。米ハーバード大などのグループは、4因子のうち1~2遺伝子の代わりにバルプロ酸などの化合物を用いて作製し、効率を高めることにも成功した。

山中4因子は、もともと細胞内にあるので、以前から細胞によっては四つのうちの幾つかが活発に働いているため、その遺伝子を入れなくても初期化できるとみられていた。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の丹羽仁史チームリーダーも「実際、多くの研究は、四つのうちいずれかの遺伝子がよく働いている細胞を用いている」と話す。

なるほど、すると、iPS細胞の基本特許は、実はもう基本特許ではないのか。

丹羽さんは、様々な組織の細胞になる胚(はい)性幹細胞(ES細胞)で、変化する前の未分化な状態を保つ遺伝子や、変化にかかわる遺伝子のネットワークの解明を進めてきた。

これまでの研究成果から、丹羽さんは、初期化には10種類ほどの遺伝子が連動していると考えている。山中4因子は初期化を引き起こすぎりぎりの数で、そのため、現在のiPS細胞の質や作製効率は不安定なのだとみる。「むしろ入れる遺伝子の種類を多くすることで、より確実に、高品質なものを作れるのではないか」と丹羽さんは分析している。

なるほど、すると、iPS細胞の基本特許には、改良の余地がいろいろあることになる。

一方、時事通信Webによると、iPS細胞の全身に変わる能力に疑問を付す研究もなされている。以下、引用:

身体の生殖細胞以外の細胞に4遺伝子を導入して作る「人工多能性幹(iPS)細胞」は、受精卵が成長した胚(はい)の一部を培養して作る「胚性幹(ES)細胞」に比べ、特定の遺伝子群が働いておらず、全身のあらゆる細胞に変わる能力が低い場合が多いことが分かった。米ハーバード大と日本の国立成育医療研究センター、東京農業大の研究チームがマウスで実験し、英科学誌ネイチャー電子版に26日発表した。

iPS細胞やES細胞を、別の特殊な操作をした胚に入れ、母体に戻す実験を行ったところ、ES細胞の場合は全身がES細胞に由来する子が生まれ、あらゆる細胞に変わることが証明された。しかし、iPS細胞の場合は胚の成長が途中で止まってしまうことが多かった。これは、12番染色体の特定領域にある遺伝子群が働いていないのが原因だった。

染色体は父の精子、母の卵子から1本ずつ受け継ぎ、計2本あるが、この特定領域の遺伝子群は通常、母側が働くことになっている。それが働かないのは、iPS細胞が、精子・卵子の形成や受精という過程を経ていないためと考えられる。遺伝子群の具体的な働きはまだ解明されていない。

これは、iPS細胞が結局、不完全なES細胞であることを示唆する。こうして、iPS細胞は、iN細胞Muse細胞などに取って代わられてしまうのだろうか。

Office互換ソフト

| コメント(0) | トラックバック(0)

マイクロソフトのオフィス製品である、WORD、EXCEL、POWERPOINTは、日常のビジネスに必須で、それ以外のソフトで文書を作っても、他社の人に使ってもらえないので、どうしようもなかったりする。

ところが、なにしろマイクロソフトのオフィス製品は異様に高価で、下手したらネットブックのハードウェア自体と同等以上の価格であったりする。

そこで、貧者の私は自宅では、仕方なく、フリーのOpenOfficeを使っている。とりあえずはこれで間に合っているともいえるが、会社でマイクロソフトのオフィス製品で作成したWORDやPOWERPOINTのファイルをOpenOfficeで編集すると、微妙にレイアウトがずれたり、色合いが違ったりする。

オフィス互換の別のフリーソフトとして、Lotus Symphonyがあるが、これはまだ、使い込んでいない。起動がちょっとOpenOfficeより重いような気がするのは、気のせいなのだろうか。

さらなるオプションとしては、Google Docsがある。これは、作成した文書をクラウド的にサーバに保存できる点で便利であるが、私にはどうもちょっと重いような気がする。

そこで、オフィス互換の安価な商用ソフトしてお勧めなのは、キングソフトである。キングソフト2007は、マイクロソフトのオフィス2003互換であったが、キングソフトは最近、マイクロソフトのオフィス2007互換のキングソフト2010を出した。価格は、4980円である。

ところが最近、これに対抗するように、ソースネクストが、ThinkFree Officeを出した。これは、標準価格 3,990円であるが、5月9日期限で2,970円だという。また、ThinkFree Officeも、クラウド的な文書保存をサポートしているという。時代の傾向か。

こうして、Office互換ソフト路線は、少しだけ白熱している。ただ、次のような注意は必要である。

  1. フリーや安価なOffice互換ソフトだと、完全な互換性は保証できない。なにか問題があったときのサポートがどこまで得られるか疑問である。
  2. 特に、マクロや関数の互換性は怪しい。すると、がちがちのマクロで作り込んだオフィス文書は、Office互換ソフトでは扱えないかもしれない。
  3. マイクロソフトが特許侵害で訴える可能性がある。マイクロソフトはいまや、有数の特許出願企業である。当然に、オフィス製品をカバーする特許もある。あるOffice互換ソフト企業のホームページに、弁理士や弁護士に調べてもらって特許侵害の可能性のリスクはないことを見てもらったというコメントがあったが、弁理士だろうと弁護士だろうと、マイクロソフトの特許の全貌を見渡すことは無理である。特許侵害性を確認するための技術的細部は、専門のエンジニアでないと理解できない。

ただ、マイクロソフトがOffice互換ソフトを特許侵害で訴える可能性は低いとみる。というのは、ソフトウェアの業界では、ソフトIPオープン・イノベーションなど、過度の特許権利行使を抑える風潮があり、下手に特許侵害訴訟を起すと、ユーザにそっぽを向かれる可能性がある。

こうして、マイクロソフトの純正オフィス製品は、次第にシェアを失うだろう。マクロの互換性にこだわるようなごく一部のマニアだけが最後のユーザとして残るだろう。といわれて、何年もたつが、結構マイクロソフトの牙城は揺るがない。人間の保守性か、ベンダーロックインなのか。

操作人間

| コメント(0) | トラックバック(0)

小此木啓吾といえば、モラトリアム人間、シゾイド人間、自己愛人間など、現代に特徴的な心理を平易に記述して、精神科医として、静かに人気を博してきた。学生時代、モラトリアム人間というか、怠惰なスチューデント・アパシーであった私は、『モラトリアム人間の時代』という著書の熱心な読者であった。

最近ではすっかり、小此木啓吾に興味は失っていたのだが、古書店の店頭で、「こころの進化-操作人間の誕生」三笠書房をみつけて、思わず買ってしまった。どうも、「操作人間」というキーワードが琴線に触れたらしい。ところがこれは、1985年刊と、随分古い本で、今更読む本なのかと思いつつページをめくってみると、「操作人間」というのは、当たり前のようでいて、それなりに興味深い概念だと思ったので、自分なりにメモしてみることにした。

といいつつ、先ず私自身のことから始めると、私は1954年生まれで、戦争が終わって9年しか経たない頃に生まれた。その頃は大抵の日本人が貧しく、私の生家も例外でなかった。その頃は遊ぶといえば、畑や山をうろついたり、海で遊んだり、ともかく自然と触れ合うしかなかった。そんななかで私は子供ながら運悪く、結核という、当時の死に至る病に罹った。両親は運命を嘆いたかもしれないが、どうしようもないと思ったことだろう。戦中派の両親は少なくとも、どうしようもないことはどうしようもないと嘆きつつ、諦めるだけの覚悟は、できていた。

幸い、ストレプトマイシンという特効薬で助かったのだが、そんな過去がある私ですら、どうも、小此木啓吾のいう「操作人間」に片足を突っ込んでいるようである。

では、「操作人間」とは何か。典型的にはコンピュータ・ゲームを考えてみる。すると、あるアイテムを手に入れて、それで闘うと、必ず敵キャラをやっつけられる。洗濯をするというとき、洗濯物を放り込んで、ボタンを押すと、あとは自動的に洗濯が始まり、終わる。このように、きまりきったインターフェースで操作することで生きている度合いの高い人間が、操作人間である。

人間は本能が壊れているので、どうしても操作的になる。すなわち、本能で直感でアプローチする代替として、自然や他人とインターフェースするのに、こうすればああなるという、操作の体系をもっている。ただ、普通はそういう操作の効果は、非常に限定されたものであり、分かりやすい因果律に乗らないことを人間はよく知っている。操作に乗らない不合理、不条理を仕方なく受け入れる用意がある。

ところが操作人間は、操作に依存する度合いが非常に高い。例えば、これこれの大学に行くと就職に強い。これこれの場所でデートするとうまくいく。これこれのアクセサリをつけると注目される。そういう操作の体系からなっており、ほとんどそれだけに依存する。自分で新たな体系を考え出したりしない。また、なぜそうなのか考えてみることもない。

それを、ミーハー系女子や現代の若者の思考停止に過ぎないと言いなすことはできない。例えば、現代の医師は最早、聴診器を当てないで、膨大な検査数値を眺めて病状を判断したりする。CTやMRIもまた、巨大な「操作」のツールである。

すると、小此木啓吾氏が「操作人間」を提唱した後も、人間の操作性は高まるばかりである。インターネットの隆盛という仮想現実の広がりも、操作性に貢献する。

さらに、操作性の高さと知性の高さも相関はない。その高い知性をひたすら、操作性を高めることに費やし、且つ、世間で成功を収めた人をオルテガは、その「大衆の反逆」で、「大衆」と呼んで憚らない。また、「専門主義」の野蛮性を指摘する。

脱操作主義の思考は、哲学に期待されるのだろうが、哲学は能くそれに応えているのか、そういうオープン・クエスチョンでとりあえず一旦締めくくることにする。

分からないという方法

| コメント(3) | トラックバック(0)

昔、橋本治の「分からない」という方法、集英社新書を読んだことがある。それなりに面白かったと思ったが、何が書いてあったかさっぱり憶えていない。そこで、その橋本治の趣旨を全く無視して、私なりの、「分からないという方法」を書いてみる。

その前置きではないが、最近、弟に、病院の先生の送別会に招待してもらったり、父親の病気見舞いに病院に行ったりして、医師や看護士の働きぶりを見聞きしていると、実に大変だなあと思う。私がいうところの鍋型ポテンシャルで、どうみても端の屈曲点に位置する。私なんぞ、平坦なところに位置して、のうのうと仕事している。

とはいえ、どんな仕事でも大変な面は多少はあるが、呑気な私といえども、ちょっとだけ大変さはある。それは、研究所から出た、どう見てもさっぱり理解できない発明について、特許明細書を書くことである。例えば、ヘーゲルの「精神現象学」を買って、さっぱり理解できないとしても、そっとそれを、何事もなかったかのように本棚に並べておけばよい。

しかし、これが担当の発明だと、理解できません、明細書書けません、さようなら、とは口が裂けてもいえない。そこで、脂汗を流しながら、私が編み出した方法が、「分からないという方法」である。

そこで、ちょっとそこのお兄さん、それはどんな凄いノウハウなのか、誰か聞いてほしい。そう呼びかけても、関心なさそうに人々は通り過ぎていく。そこで、モノローグであるが、私の「分からないという方法」は、只管打坐、発明の記述を読んで、ただ素朴な疑問を書き連ねることから始まる。その疑問は、素朴であればあるほど、よい。まだ誰にも見せていないのだから、質問は支離滅裂なものもあってよい。

ところがである、素朴な疑問でさえも全く浮かばないことがある。初歩的な専門用語さえ知らない、という状態である。そういう場合どうするか、というと、先ず書店に出かける。出来るだけ大型の書店がいい。そうして、予算が許す限り、関連の本を買う。少なくとも一冊は初心者向けであるが、情報処理の専門分野だと、そもそも初心者向けの本がない。それで、さっぱり理解できない専門書を買い込むことになる。相当空しいが仕方ない。

そこで仕方なく買い込んだ専門書を眺めていると、次第に分かってくることがある。それは、何が分からないか、ということである。最初は、何が分からないかも分からないのだから、質問のしようもなかった訳である。こうして支離滅裂ながら、ようやく質問ができる状態になる。

そうやって質問を書いていると、あら不思議、問うことで自然に回答が分かってしまう質問もある。そういう質問はあえて外さないで、こういうことですよね?と理解を確認する質問にする。

こうしてある程度整理して、メールで、質問を発明者に送る。面談するのでなく、メールで送るのがミソである。特許明細書なるものは結局書面なのである。面談すると、いちいちメモしなくてはならない。面談が向いているのは、簡単な疑問に即時に応えてほしいときだけである。そもそも面談だと、よほどきちんと準備しないと、系統的に纏まった問いかけができない。下手したら雑談で終わる。面談できちんと理解しようとすると、野村進の「調べる技術・書く技術」(講談社現代新書)に書かれているような周到な準備が必要である。メールで聞けないなら、私もその本の教えに従うことだろう。

最初のメールの出来ががよくなくて、追加の質問を要することがある。そのときも、臆さず質問する。よい特許明細書を書くことへの道は厳しいのである。質問に回答を渋る発明者だと苦労する。その場合は仕方なく、出来る範囲で、ベストエフォートにする。すると多分、よい明細書にならない。

こうしておおまかな理解が得られると、次のステップは、私なりの発明の理解を書いてみることである。かなり緻密に記述する。それを発明者に送ると、大抵訂正を入れられる。しかし、他人が書いたものを訂正するのは、比較的容易である。ましてや自分の発明なのである。それを嫌がる発明者は、あまりいない。こうして発明者が訂正した発明の記述が得られるが、これは、うまくいくと、特許明細書の【課題を解決するための手段】に、若干の訂正で記述できる。

特許明細書のチェック法に書いたように、【課題を解決するための手段】は、特許明細書の骨子なのであって、【課題を解決するための手段】を抽象化することで特許請求の範囲になり、【課題を解決するための手段】を具体化することで、【発明を実施するための形態】になる。

ただ、ここからさらに一苦労なのは、【課題を解決するための手段】を、【発明を実施するための形態】で具体化していく場合である。ほとんど毎回、ここで、具体化していくには知識が不足しすぎていることを感じる。抽象的な議論だけでは済まず、また発明者に質問して、そろそろうんざりさせることにもなる。

【課題を解決するための手段】を抽象化して特許請求の範囲を作成することも結構大変であるが、【発明を実施するための形態】をきちんと書くことの比ではない。私は、明細書で本当に大事なのは、特許請求の範囲よりも【発明を実施するための形態】なのだと公言して、他の実務者から呆れられてしまう、これだから素人は困ると。しかし実務上、一旦出願すると【発明を実施するための形態】は、ほとんど補正できない。特許請求の範囲は、【発明を実施するための形態】の範囲で、自由自在ではないにしても、かなり補正できる。分割出願もできる。

質問の弾が尽きると、いよいよ奥の手である。それは、括弧入れである。フッサールの現象学に括弧入れというのが出てくるが、ここではそういう高尚なことを言うつもりはない。すなわち、括弧入れとは、発明者が書いたそのまま、あるいは、専門書に書いてあることをそのまま、全く理解できないで、ポンと特許明細書に挿入することである。ここで保険を懸けるために、何かの専門書や先行特許のタイトルやページを典拠として引用しておく。括弧入れを多用すると、特許法第36条第4項の要件を満たさなくなる懼れが出てくるが、能力の限界に達して軋んでいるので、仕方ない。なんとしても、期限までに特許明細書を仕上げなくてはならないのである。私は精一杯誠実にやっているつもりだが、こういう言い方が不誠実に響くなら、私の能力の低さによるのだろう。

こうして書いてみると、もともと、知識工学的な一般技法として書いてみるつもりだっのに、特許実務specificな議論になってしまった。哲学書や理学書を理解するためにもこの方法が使えないかと思ったのだが、哲学書や理学書の場合、発明者に質問するような素朴な方法がそもそも使えない。ということでいよいよ、単に特殊な議論になってしまった。「発明者に質問する」ところを弱めて、あるいは、別の方法で置き買えば成立するのかもしれないが、そもそもが【課題を解決するための手段】から、拡大と緊縮という両側に展開するという議論が特許臭すぎて、到底一般には使えないのであった。

見果てぬ夢

| コメント(2) | トラックバック(0)

人間はどうも、見果てぬ夢をみるようにできているらしい。例えば、田舎の貧しい少女が、どこかの王子様に見初められて、王宮に嫁ぐような非現実なことを夢想したりする(流石に、それは、物語のなかだけか)。

私は仕事柄、弁理士という人達に囲まれているので、そういう人達の見果てぬ夢というものを漏れ聞いたりする。すると、弁理士の見果てぬ夢というのは、どうも、国際特許弁護士であるパターンが多いようである。すなわち、私のようになんの資格もない者からみて、弁理士であることだけでも十分なような気がするのだが、限りないもの、それが欲望、夢は果てることはない。

その夢はどんなものか、私なりに想像してみると、先ず、弁理士として実務をやる合間で、日本の夜間のロースクールに行く。そうして弁護士になると、弁護士・弁理士なのであるが、今の弁護士法によると、弁護士になると、機械的に弁理士にも登録することができる。しかし、自力で弁理士試験にも予め受かって、且つ、弁理士としての実務経験もあるので、特許実務も分かる、というのが売りである。

しかし、夢はそこで終わらない。弁護士登録すると、国際法律特許事務所に入って、特許侵害訴訟の処理を始める。そこで実績を積んで認められると、例えば、ニューヨークの法律事務所で研鑽することが許される。ニューヨークに滞在している間に、ロースクールに通い、ニューヨーク州の弁護士資格を取得する。行きがけの駄賃で、patent agentの試験にも受かり、patent attorneyとなる。そうしているうちに、米国の有名ローファームから認められて、引き抜かれる。元在籍していた国際法律特許事務所とは、それでも良好な関係を維持する。

そうしているうちに、ローファームにいるパラリーガルの金髪女性と恋に落ち、結婚してニューヨークの郊外に居を構える。そして、日米を股にかけて多忙な日々を送る。年収何千万で、国際的な特許侵害訴訟が起きると、新聞やテレビからコメントを求められる。既に何冊かの著書もあり、今やすっかり、業界の有名人である。

という見果てぬ夢をみながら、地道に実務をやっている弁理士はいるに違いない。しかし、そういう弁理士に限って、日々の実務はいまいち疎かで、所属する特許事務所の所長から、困ったもんだ、と手を焼かれていたりする。

それは、天津という詩吟的芸人の言い方で、「あるとおもいます」。

でも、私の見果てぬ夢というのは、稀有壮大さで、それと比べてもひけをとらない。恥を忍んで少しだけ書いてみる。それは、現代物理学の概要を理解して、それに対して、なにかしら哲学的解釈をほどこすことである。それは昔読もうとして挫折した、ホワイトヘッドの著書からの影響をどこかで、ずっと引き摺っているのかもしれない。

ホワイトヘッドといえば最近、 「ホワイトヘッドの哲学 (講談社選書メチエ)中村 昇著」を読んでみた。少しだけホワイトヘッドの思想の概要が見えたような気がしたが、まだ雲を掴むようで、メモをとりながら再読してみようと思う。「過程と実在」はあまりにも遠い。

LCC

| コメント(0) | トラックバック(0)

LCCというのは、LCDの間違いではない。Low Cost Carrier、すなわち、格安航空会社のことである。崩壊したJALの復活にも大いなる影響を与えるLCCについて、「エアライン敗戦」杉浦一機著、中公新書ラクレ、に基づきメモしてみる。

もともと民間航空会社というのは、戦後になっても、どの国でも設立するのに政府の認可が必要で、しかも、おいそれと認可されなかった。すなわち、政府の厳密なコントロール下にあったのである。その理由は、例えば米国だと、戦争になったとき、民間航空機を軍事用に転用しようとする意図があった。民間航空機が爆弾を落とす訳ではないが、少なくとも、大量に兵士を輸送するのに使える。

日本などの世界各国でも、必ずしも米国のような軍事転用を意図していた訳ではないにしても、やはり厳密な政府の認可制であり、日本においては、運輸省(当時)が、強大な許認可権限、指導権限を発揮した。それが強すぎて、後々祟るのである。

こうして、例えば米国では、国際航空としてのパンナムとTWA、南北アメリカ大陸内の主要路線を運航するメジャーとしての、アメリカン、ユナイテッド、TWA、デルタ、イースタン、ウェスタン、ナショナル、コンチネンタル、ブラニフ、ノースウェストの10社があり、その他、地域内の路線をもつリージョナルな航空会社、及び州内のローカルな航空会社があり、棲み分けていた。

ところが米国政府は、1970年代の後半になって、最早軍事転用を考慮する必要もあるまい、それよりも、規制緩和して航空会社を競争に晒し、行政を身軽にするとともに、競争により経済を活性化させようと意図した。

そこで米国政府は、1982年の新路線許認可権の廃止、1983年の航空運賃、航空会社合弁・買収の規制の廃止(もちろん、独禁法は依然として考慮されるが)、1985年に国際航空運輸協会(IATA)などの国際協定を含む全権限をなくすとともに、民間航空委員会を廃止した。流石米国、思い切ったことをするものである。

その結果、フロンティア精神溢れる米国で起きたことは、すさまじい航空会社の新規参入であった。規制が全廃されてからの10年でなんと233社が参入したが、1988年までに196社が消滅した。そのすさまじい競争の結果、1989年にはブラニフ、1990年にはコンチネンタルにはコンチネンタル、1991年にはイースタンとパンナムが倒産した。フラグシップのようなパンナムの倒産は、それなりに衝撃だっただろう。

その激戦を生き残ったメジャーたちは、収益性の低い路線は廃止し、ハブ空港に路線を集結して、高い収益性を出すビジネス・モデルを採った。そこでは確かに、激戦の後の栄華であった。

しかし、祇園精舎の鐘の音、栄華は続かない。そこにニッチを狙って決然と挑んだのが、LCCたちであった。LCCは主として短距離路線にフォーカスし、サービスを切り詰めることにより、場合によっては従来の10分の1程度と、バス並みの低運賃を実現した。LCCのシェアは、2000年に20%、2003年に33%と着実に伸びている。

ヨーロッパでは、英国が1969年頃から独自に航空自由化を企画していた。これがヨーロッパ全土に波及しついにヨーロッパでも、1997年に航空前面自由化が達成され、ここでもLCCが跳梁することとなった。

このような自由化の方針を米国は、オープンスカイ政策と呼び、積極的に世界に広めていった。アジアでもシンガホールが1997年にオープンスカイを締結し、韓国も1998年に締結した。

日本はようやく、2000年になって国内だけ自由化した。この結果、スカイマークと、エアドゥが設立された。

さて、LCCの実態はどうか。例えば、シンガポールのタイガー航空は、シンガポール・マニラ便を、なんと2800円で実現している。どうやってこういう低価格で採算をとっているのか。LCCのビジネスモデルを見てみよう。

さまざまなLCCが試行錯誤しては消えていった。それらを学習して、LCCのビジネスモデルを確立したのは、米国のサウスウェスト航空である。その特徴を列挙してみる。

  1. ノン・フリル・サービス
    すなわち、コストをカットするために、サービスは極力カットする。以前、1995年頃私はJALで米国出張に行ったが、アルコールを含めすべての飲み物が飲み放題だった。LCCではありえない。サウスウェストでは、ソフトドリンクとナッツだけを最初だけ無料提供する。飲み物を減らすと、厨房がいらなくなってその分席を増やせる。
  2. 機種を統一
    すると、部品の統一、パイロットの訓練の簡素化、整備マニュアルの統一など、コスト削減のメリットが大きい。
  3. モノ・クラス
    すなわち、すべて普通席にする。すると機内の単純化、チェックインの簡素化が可能となる。特に座席に予約もない。搭乗順に好きな席に座る。
  4. ポイント・ツー・ポイント運航
    ハブ・アンド・スポークの方式をとらず、ポイント・ツー・ポイントだけで折り返す。すると、遅延便を待たないので、定時運航しやすい。小型機による多頻度運航なので、一便乗り遅れても、すぐに次がある。
  5. 短時間での折り返し運航
    このため、航空機が到着すると、乗客が残っているのに後方から掃除を始めるなど、サウスウェストは、合理化して、15分から20分程度で、次のフライトの準備を完了してしまう。普通は、どうしても45分程度はかかってしまう。
  6. 高い搭乗率
    薄利多売なので、座席数を増やし、なんとか一度に多数の乗客を乗せる。
  7. 変動運賃制
    早期割引、閑散期の値引きなど、少しでも空席を埋めようとする。
  8. チケットの直接販売
    旅行代理店にマージンを払っている余裕はない。よって、インターネットやコンビニなどで直接販売する。
  9. 人気のない空港や格安ターミナルを利用する。
    すると航空使用料の節約になるし、不人気の空港は、繁忙でないので、時間枠の自由度も高い。日本では、成田や羽田は、世界一航空使用料が高いし、混んでいるので、LCCが使うのはいかにも不向きである。そういう意味で、静岡空港、神戸空港、茨城空港など、なんでそんなところに作るの?というマイナー空港も、LCCの誘致を狙えば、存在価値を見出せるかもしれない。

ところで、JALはどうやってもLCCになれないので、ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームなどのアライアンスを組んで、LCCが苦手な長距離便に特化するよりないのではないだろうか。するといよいよ、多数の社員を抱えることの正当化はできにくくなる。更なるリストラは必然である。

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。