山上たつひこ

| コメント(2) | トラックバック(0)

友人から、望外で漫画の本を貰った。「中春 こまわり君」山上たつひこ、小学館である。それを貰ったときの私の反応は、自分でも意外なほど素っ気ないものだった。どうも、「こまわり君」は、私の記憶の地層の奥底に埋もれてしまっていたようである。あと、私の認識不足で、山上たつひこがまだ現役とは知らなかった。それで、過去の「こまわり君」の再刊くらいに思っていたせいもある。

それで、自宅に帰って「中春 こまわり君」のページを開くときも、割りに醒めた気持ちだった。そもそも、8年ほど前に、少年ジャンプの購読を止めてから、コミックとはとんと無縁である。ところが、最初のページを開くと、あの懐かしい山上たつひこの世界が、ど~んと飛び込んできた。

私が「こまわり君」、すなわち、「がきデカ」を最初に知ったのは確か、大学生の頃である。受験勉強から開放されて、青春を謳歌しているとき、少年チャンピオンは愛読書の一つだった。ただ、そんな少年チャンピオンも、後発の少年ジャンプに駆逐されてしまったが。

私が「こまわり君」のファンになった理由はまず、絵のうまさである。漫画家は建前上、みんな絵がうまいが、山上たつひこのうまさは図抜けている。筆致が緻密で、特に女性を描かせたら色気横溢で、天下一品である。

それと、エロ・グロがスパイシーで、小気味よい。それだけではない、独特のナンセンスというかユーモアは、絶妙である。今でも思い出すのだが、「こまわり君」の一フレーズに、「海岸通りの糖尿病」というのがあって、どうすれば、こんな洒落た?文句が浮かぶのか、と感心した。

今では「こち亀」で大家である、秋本治は、山上たつひこの世界に魅せられ、最初は、山止たつひこと名乗っていた。しかし、流石に山上たつひこからクレームをつけられ、渋々、秋本治と名乗るようになった。そういえば、「こち亀」も、画作の筆致の緻密さと、女性を描いたときの美しさで、山上たつひこに似ていなくもない。ただ、よくも悪くも、秋本治は、山上たつひこよりも健全である。

私の大学生活に話を戻すと、留年してデカダンスの日々を送っていたとき、大学の傍に貸本屋があり、そこに、山上たつひこの「喜劇 新思想体系」があった。これには、ガガーンとショックを受けた。江戸川乱歩のようなエロ・グロの世界と、絵の巧みさと、ストーリーのナンセンスさが入り乱れて、私はすっかり山上たつひこの世界の虜になった。「こまわり君」は、薄めた水割りに過ぎなかった。それに比べると、「喜劇 新思想体系」は芳醇な原酒だった。めくるめき、という表現は、このコミックのためにあるのだろうと思った。

その「喜劇 新思想体系」のテイストを呼び覚まして「中春 こまわり君」に当たってみると、ううん、山上たつひこも枯れたね、老成したね、というのが正直な感想である。こまわり君が大人になって、妻子をもっているのだから、最早、ドタバタでもないか。それは決して貶しているのではない。寧ろ、ストーリー性が増し、推理小説仕立てでぐいぐい読ませる。哲学性・文学性が高まったともいえる。エロ・グロは、隠し味になった。それでいいのだろう。

ところで、山上たつひこって、何歳だろうと、Wikiを見てみた。すると、1947年生まれだから、私よりも7歳年上の62歳、そう考えると、「中春 こまわり君」は若い。まだまだ才能は枯渇していない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1820

コメント(2)

↓かれの小説も漫画と同様な感じで、正常のようで異常で、微妙にゆがんでよれています。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8ER%8F%E3%97%B4%95F&x=18&y=19
絶版が多いみたいですが、図書館で読めます。

> 絶版が多いみたいですが、図書館で読めます。

もともと小説はあまり読んでいないので、文学は詳しくないですが、それにしても、山上たつひこに、こんなに小説の作品があるとは知りませんでした。ある人から、漫画を一旦絶筆して小説に転向し、それからまた、漫画に復帰したとも聞きました。逆はともかく、小説から漫画に転向するのは、相当不可逆過程のような気がします。どんな決断があったのか、知りたいところです。そのうち、自伝、書かないかな。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年5月24日 07:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グロタンディークの業績」です。

次のブログ記事は「パソコンの設定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。