2010年6月アーカイブ

宇宙人

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、物心ついてからずっと、地球には、何らかのかたちで宇宙人が来ているに違いないと夢想していた。宇宙は無限に広く、すると地球のように生物がいる惑星は数え切れないほどあり、そのような中で、科学技術を発達させて、銀河間旅行を実現している宇宙人は当然にいるに違いないという思いである。

そういう思いがずっと根底にあるので、UFOの対策にも書いたように、大学で物理学を専攻したのも、UFOの飛行原理を研究してみたかった、という理由もあったりした。

そんな私だから、ロズウェル事件や、エリア51や、アポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏の告白にも興味深く耳を傾けてきたが、最近読んだ幾つかの著作の示唆に従い、現時点の私の宇宙人に関する概念を粗く纏めてみる。

先ず、アセンションに書いたように、ゼカリヤ・シッチンは、ニビルという太陽系内惑星を想定し、人類最古の文明とされるシュメール文明が、実は、ニビルから渡来したエイリアンの教えに従い構築されたものであることを、そのシュメール考古学の知識に基づき示唆する。

シッチンによれば、現人類の発祥自体が、エイリアンが原人に対して遺伝子工学的操作を施して生み出されたものである。なにしろ、現人類の発祥はあまりにも唐突なのである。

私の更なる空想によれば、プレソクラチカとも呼ばれるギリシャ古代哲学者などの思想や、古代ギリシャの神々にも、もしかしてニビル星からのエイリアンかもしれない姿がちらついている。野望と我儘さを備えた、人間臭い神々である。

人間臭いといえば、旧約聖書に出てくる神ほど、独裁者的な神はいない。なにしろ、生贄を要求し、過大な試練を課し、気に入らないと村全体を焼き払ってしまう、おそろしく残虐な神である。それは、映画で言えば、インデペンデンス・デイに出てくる宇宙人である。

一方、最近読んだ「銀河系トラベラー『アプ星人』との170時間」ヴラト・カペタノビッチ著、徳間書店や、「宇宙人ユミットからの手紙」ジャン・ピエール・プチ著、徳間書店や、スピリチュアルの本でみた「エササニ星人」、またアフリカのゴドン族の言い伝えにあるシリウスからきた宇宙人などの話を総合すると、銀河外から高度な技術でやってきている宇宙人もいるらしい。

そこで、私の勝手な粗い仮説というか考察を書き連ねてみると、以下のとおりである。

  1. 少なくとも1万年前の段階で、発達した科学はもつけれども、人間臭く、独裁者的な面をもつ宇宙人が地球を訪れていて、それを古代人は、「神」と読んだ。しかし、生憎、道徳的には神と呼ばれるにはほど遠い宇宙人だった。もしそういう「神々」の品性というか排他的側面が、現代のいくつかの宗教に反映されているとしたら、とても嘆かわしいことである。
  2. 遠銀河宇宙人は、一様に博愛と利他性を解く。例えば、アプ星人の挨拶は、「すべては他者のために」で始まる。もしかしたら、遠銀河宇宙人は、独裁者的な太陽系内?宇宙人の跳梁を嘆かわしく思っていたのかもしれない。
  3. アプ星人や宇宙人ユミットなど、遠銀河宇宙人が一様に解くのは、重力の操作性である。すなわち、重力をゼロにすることにより、超高速で銀河間を航行することができる。ただ、銀河間航行は、銀河間宇宙のある種の状態を利用するので、その状態がよくないと、地球に来ることがてきない。だから、アプ星人は、何億年も昔から地球に来ていたのであるが、どうしても地球を訪れられない長い時期もあったという。ここらあたり、ダークマターに関連する、非常に深遠な未知の物理現象を示唆する。
  4. アプ星人は、地球人も、初歩的であるが既にUFOを完成していると指摘する。部分的であるが、重力を操作する技術も駆使しているという。フィラデルフィア実験はそのような実験の嚆矢なのかもしれない。
  5. さて、遠銀河宇宙人もアンドロイド型なのだろうか。私が前に書いたウィルスの飛来暗黒星雲によれば、DNAのコード体系の遠銀河普遍性も示唆されるので、それもありえる。実際、宇宙人ユミットも、ほとんどの宇宙人はそうだと断言する。しかし、私は依然として、想像もつかない姿の宇宙人もいる、という古代霊シルバーバーチの示唆も信じる。宇宙がそんなに斉一なわけないのである。
  6. これも決して私のオリジナルでないが、仏陀の教えには、遠銀河的な趣がある。すなわち、利他性と、生きとし生けるものの平等である。仏教の派生である密教となると、宇宙神たる大日如来を最高神として奉ることによって、その宇宙性は至高となる。すると、仏教なり密教なりは、太陽系内または近銀河宇宙人によって導入された独善的宗教に対する、ささやかな挑戦ということになる。実は、イエス・キリストは実はアプ星人であったとする、マイナーな説もある。確かに、イエス・キリストの説く博愛主義はまさに、遠銀河のそれであり、イエス・キリストが磔に遭ったのも、結局遠銀河的思想が、民衆によって受け入れられなかったことを意味する。
  7. してみると、月の不思議に書いた、宇宙人の基地としての月は、遠銀河宇宙人の基地なのだろうか。もしそうだとすると、どうして一惑星である地球というのは、それほど「監視」に値するのだろうか。

という一連の思いつきであるが、私のいつくかのスピリチュアルな命題と同様に、話半分に読んで戴ければ幸いである。

ルベーグ積分

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学に入学したとき、一般教養の数学の教授が、高木貞治の「解析概論」がとてもためになる、と勧めていた。寝転がって読めるような本じゃないけどね、と。

学問に燃えていた私は、高木貞治の「解析概論」を早速買って、夏休みに、それこそ寝転がって、計算もしながら読んだ。結局粗くではあるが、半年くらいかかって読了しようとしたら、最後の章が「ルベーグ積分」だった。へぇ、どんな積分の計算なんだろうとページをめくると、なんと、抽象的な集合演算しか出てこない。ブルバキ数学原論で集合演算の修行をした後ならともかく、当時の私にはまったく歯が立たず、ほうほうの体でページを閉じた。前の方の章のルジャンドルの多項式などの話にはまったくついていけなくもなかったのに、である。

それから幾十年が過ぎ、最近自分の部屋の中で、吉田洋一「ルベク積分」培風館新数学シリーズをふと眺めてみることにした。以下、それのメモである。

abf(x)dxのような定積分がどうやって定義されるかは自明である。すなわち、a = x1< x2<...xi< xi+1<... < xn< = b であるようなxi i = 1,...nを選ぶことができて、それによって区間Δ : [x1,x2],[x2,x3],...,[xi,xi+1],...,[xn-1,xn]が決まる。

そこで、ξi∈[xi,xi+1]のような取り方は、区間[xi,xi+1]内で自由度があるけれども、ともかく、 SΔ = ∑i=1n-1f(ξi)[xi,xi+1]という和を考える。

次に、ρ = maxi(xi+1 - xi)で、ρ→0という極限を考えると、それは、区間Δを無限に細分化していくことを意味する。そのとき、SΔが、区間内のξiの取り方によらず一定のIに収束するとき、∫abf(x)dxをリーマン積分可能である、という。

これは、高校から習う積分の定義そのものであって、この定義だけで何も不自由はないように思われる。ところが、まるでわざと病的な例を挙げるようであるが、直感的に何が問題があるのか、というような普通の場合に、リーマン積分は破綻してしまう。すなわち、F'(x) = f(x)のような関数F(x)は、fの原始関数と呼ばれるが、なんと、f(x)が原始関数をもち、且つ、f(x)が[a,b]で有界であっても、f(x)が[a,b]でリーマン積分可能でないような反例が存在する。また、収束する関数列が個別にリーマン積分可能であっても、極限の関数がリーマン積分可能でない反例が存在する。ただ、f(x)が[a,b]で有界であっても、f(x)が[a,b]でリーマン積分可能でないような反例というのは、解析学の泰斗であるヴォルテラによって用意されたヴォルテラの反例と呼ばれるが、非常に複雑で、無理やり作った反例としか思えない。とはいえ数学において、反例とは無理やりつくるものなのであった。

そこで、このような扱いにくさを解消するために、ルベーグが考えだしたのが、ルベーグ積分である。リーマン積分では、定義域を区間に細分化したが、逆転の発想で、ルベーグ積分では、f(x)の[a,b]でとりえる値の範囲l < f(x) < Lを考え、[l,L]という値域を次のように細分化する。

l = y1< y2<...yi< yi+1<... < yn< = L

そこで、区間Δ : [y1,y2],[y2,y3],...,[yi,yi+1],...,[yn-1,yn]を選び、μi∈[yi,yi+1]によって、μiを選ぶと、SΔ = ∑i=1n-1μim(Ai)という和を、ρ = maxi(yi+1 - yi)で、ρ→0という極限を考える。そして、SΔが、その極限である値Iに収束するとき、ルベーグ積分可能という。ただ、ここで、Aiと、m()がまだ未定義であった。すなわち、Aiは、区間[yi,yi+1]の点集合、m(Ai)は、点集合Aiの測度、すなわち、大きさの抽象化された概念である。このようなルベーグ積分を以ってすれば、ヴォルテラの反例は最早起こらないし、収束する関数列が個別にルベーグ積分可能であれば、極限の関数がルベーグ積分可能であるといえるようになる。

しかし、点集合から実数への写像である測度の定義はまだ与えられていないし、なぜヴォルテラの反例がルベーグ積分では解消されているかという証明も非常に難しい。

ところがなんと、あのグロタンディークが大学生の時代に、積分の不備に気付き、独力で編みたしたのが、ルベーグ積分と同一の概念だった。そもそも、普通のリーマン積分の不備に気付くことすら、常人には難しい。もちろん既にルベーグが構築した後なので、何ら業績にはならないが、それでも、グロタンディークの天才性は彷彿とさせる。

以上、ルベーグ積分入門のための自己メモであった。

性同一性障害

| コメント(3) | トラックバック(0)

人間は、幼い頃は性差がほとんどないが、成長するにつれて、男性は精子がつくれるようになり、女性は胸が次第にふくらんできて、異性に対する関心が強まり、青春時代は、異性に対する想いで、胸が張り裂けそうになる、というのが、普通の観念である。

髭が薄く、色も比較的白くて筋肉質でもない、しかしそれでいて特にニューハーフ的でもない、どちらかというと中性的な私ですら、それは例外ではなかった。

すなわち、世の中には、性同一性障害という人々が、ある割合でいるらしい。私が子供の頃、田舎で、散髪屋をしていたお兄さんがそうだった。歩く姿や挙動が、明らかに女性っぽいのである。どうみても女性に興味があるという風ではない。それでは男性に興味があるのかというと、少なくとも子供には、そういう様子は窺われなかった。田舎のこととて、そういうそぶりは、大層な噂になるので、必死に想いを抑えていたのかもしれない。しかし、好きな人に想いを寄せることが不自然に見られてしまうとしたら、なんと辛いのたろう、と今にして思う。

しかし、性同一性障害の悩みはもっと根源的である。女性の体をもって生まれてきたのに、心は男性で、子供のときは男っぽい女の子程度で済むのだが、成長するにつれ、月経が始まったりして、心と肉体の乖離が激しくなり、その嫌悪感から自殺を試みる人もいるらしい。もちろん、その逆もある。

そんな肉体に原因がある症状なのに、なぜか担当医療科目は、精神科なのだという。そして日本精神神経科学会のガイドラインでは、性同一性障害の原因である性差の発現を抑えるホルモン療法は、18歳以上でないと認められない。ではどうするか、18歳になるまでは単にカウンセリングで済ませるのかというと、それでは限界がある場合に、体が女性である場合に女性ホルモンの分泌を止めてしまう、ブロックと呼ばれる治療法がある。しかし、それはガイドラインに規定されていない。

では、18歳を過ぎたら大手を振ってホルモン療法を受けられるのかというと、男性である体に女性ホルモンを投与して女性化させること、あるいは、女性である体に男性ホルモンを投与して男性化されること、というのは、生理学的にかなり無理があって、精神的に不安定になりやすいばかりではなく、男性である体に女性ホルモンを投与して女性化させると血栓症の発生率が一般の人の20倍もの確率になり、一方、女性である体に男性ホルモンを投与して男性化されると、動脈硬化の危険性が高まるそうである。丁度スポーツのドーピングに使われる筋肉増強剤が、男性ホルモンの過剰投与の危険性をもたらすのと似た効果を生じる。

ところで、精神科医のカウンセリングを第一段階、ホルモン療法を第二段階とすると、性器の手術は第三段階と呼ばれ、20歳以上になると許可されるが、しかし、肉体の性を、精神の性にそこまで一致させることの要望というのは、一見中性的とはいえ、一応男性の精神と肉体をもつ私には、理解の範囲を超えている。

そもそも、男性性、女性性は、染色体で細胞の一つ一つにコーディングされ、性器の手術を施して自らの肉体の男性性、女性性を消し去っても、根源で消しきれないものがあり、深い葛藤は残るだろう。また、女性が手術で男性になっても、精子をつくる睾丸をもつことはできないし、男性が手術で女性になっても、懐妊しえる子宮をもつこともできない。肉体の性の異なる性同一性障害のペアがみつかったとき、肉体のパーツをスワップするということも、流石に無理なのだろう。

こうして、ここにも人生の鋭い不条理が潜んでいる。さらによく分からないのは、肉体を異性化するところまでには至らず、単になんとなく男っぽい女性、女っぽい男性として、見かけ上独身で一生を過ごす人達も少なくない。なんでそういう人達は、肉体の異性化までを渇望しないのだろう、というのも深い疑問である。フロイトのリビドーで説明できるのだろうか。

そういえば、私は大学生の頃、ジャン・ジュネの小説を好んで読んでいたことがある。ジャン・ジュネは、男娼を経験したというが、そういう世界への憧れもあったのだろうか。

ともかく、性の倒錯というのは、なかなか深く、多くの人の関心事であり続けるが、性同一性障害で苦しむ一群の人々がいるということに対する理解をいくら強調してもしすぎることはないであろう。

酸化マグネシウム

| コメント(2) | トラックバック(0)

酸化マグネシウムといえば、極めて平凡な物質である。例えば、身近には、便通を改善する薬として使われていたりする。ところが、そんな平凡な物質が、画期的な磁気抵抗素子として使用されているというのだから、意外である。

新聞によると、酸化マグネシウムを磁気抵抗素子として実現する研究で貢献したのは、産業技術総合研究所の湯浅新治氏。2001年に、米国の理論物理学者が書いた記事に目をつけた。酸化マグネシウムを使えば、トンネル磁気抵抗(TMR)が高まる、と予想するものである。

従来、ハードディスクの磁気抵抗材料として使われていたのは、酸化アルミニウムだった。そこで、この酸化アルミニウムの代わりに酸化マグネシウムを使用しようと、背水の陣で、科学技術振興機構の公募研究「さきがけ」に応募し、採用された。

2002年秋から、酸化マグネシウムの薄膜を作る実験装置の製作に専念した。そして、2003年の暮れにやっと試作品ができると、早速、磁気抵抗比を測定してみた。すると、磁気抵抗比は、酸化アルミニウムの70を超える88で、有意義な値であった。さらなる改良で、磁気抵抗比を188まで向上させ、企業との共同研究で、量産技術を確立し、それが世界標準になった。

その特許出願は、平成16年9月7日出願の特願2004-259280で、出願人は、キヤノンアネルバ株式会社と、独立行政法人産業技術総合研究所、すなわち、共同研究の会社とは、キヤノンアネルバであった。発明者は七人いるが、湯浅新治氏以外はすべて、キヤノンアネルバの社員である。

その特許は、平成21年4月10日に特許第4292128号として成立した。特許請求の範囲の請求項は、下記の2つだけだが、相当広い権利の記載で、基本特許の様相を呈している。

【請求項1】
強磁性層と該強磁性層上のバリア層とから成る積層構造を含む磁気抵抗効果素子の製造方法であって、
少なくとも表面がアモルファス状態である強磁性層を成膜し、スパッタリング法を用いて、該強磁性層との界面から該強磁性層とは反対側の界面まで厚さ方向において、(001)面が界面に平行に配向した単結晶構造の酸化マグネシウムを有するバリア層を成膜する工程を有する、ことを特徴とする磁気抵抗効果素子の製造方法。
【請求項2】
前記強磁性層は、CoFeBを含有する、ことを特徴とする請求項1に記載の磁気抵抗効果素子の製造方法。

ともかく、身近な材料が、意外に特異な効果を奏するのだ、と感心した次第である。

クレイグ・ベンター

| コメント(0) | トラックバック(0)

人工細菌の記事で取り上げたクレイグ・ベンター(Craig Venter)博士であるが、新聞に追加の情報が掲載されていたので、メモしてみる。

クレイグ・ベンターは、カリフォルニア州出身で、現在63歳。ベトナム戦争に、衛生兵として従軍した。そのとき、多くの若者の死を目の当たりにしたことから、生命の最も本質的で詳細な部分を理解したいと思うようになったという。ここらあたりの感覚はちょっと理解できない。私だったら、多くの若者の死を目の当たりにしたら、関心は、非物質的なこと、宗教的なことに向かうであろう。

ベンター博士は、ゲノムを細分化してそれぞれの塩基配列を解読した後、コンピュータで組み立て直す独自の「全ショットガン法」を開発し、それによって1995年に、生物種として初めてインフルエンザ・ウィルスの全ゲノム配列を決定した。その勢いで、1998年にバイオベンチャーの「セレラ・ジェノミックス」を設立し、ヒトゲノム解析では、公的研究機関による国際共同チームと成果の達成を競った。また、解読したゲノム配列を有料で公開するなど、物議を醸した。

ベンター博士は現在、クレイグ・ベンター研究所の所長を務め、この分野では民間として世界最大規模の400人ものスタッフを抱える。

ベンター博士は、1995年に、生物種として初めてインフルエンザ・ウィルスの全ゲノム配列を決定したときから、生命維持に必要な最小ゲノムをもつ生物を創り出すことを目標の1つに掲げていた。よって、人工細菌は、15年来の研究の集大成なのである。このための研究開発費用の合計は、約40億円になるという。この費用は、ゲノムに関する特許料で稼いだのだろうか。

実際、ベンター博士は、発明者として、1976年に特許されたUS Patent 4,116,949を嚆矢として、15件の米国特許に関与している。

ところで、人工細菌と一口に言うが、self-containedなDNAはどうしても相当な長さが必要である。ところが、DNAは切れやすく、今までは数万塩基が限度だった。ベンター博士のブレイクスルーは、(1) コンピュータによるゲノムの設計技術と、(2) DNAの塩基対の断片を、大腸菌と酵母の働きでつなぐ技術とを開発したことにある。すなわち、人口DNAを作成する企業に発注して、約1000塩基ずつの断片をつくらせ、これをその技術で接合して、self-containedとしては十分な長さの108万塩基のDNAをつくった。そうして、本来のゲノムを抜き取った近縁種の細菌に、この人工ゲノムを移植した。

一方で、ベンター博士は2004年、多様な微生物の集団をそのままゲノム解析する手法を開発した。これによって、海水200リットルに含まれる1800種類の微生物から、約120万の未知の遺伝子をみつけた。

ベンター博士は一体何を目論むのか。例えば、「小事典・微生物の手帖」講談社ブルーバックスをみてみよう。すると、鉄を酸化させる微生物、メタンからタンパク質をつくりだす微生物、ナトリウムイオンでエネルギーをつくりだす微生物、ポリエステルを分解する微生物など、多種多様であり、エネルギー、環境、医薬など膨大な応用が見込める。しかし、そのような微生物は、培養が極めて難しいものもある。そこでベンダー博士は、そのような有用な微生物を人工的に作ってしまおう、というのである。

ただ、当然に、ベンター博士の研究は、生物兵器に応用できてしまう。かりに有害な作用をもたらさないとしても、人工的につくられた微生物は、生態系を乱してしまうおそれがある。自然は、進化論的な、ある意味ハイエク的な平衡状態にあるからである。

そんな懸念をよそに、人工微生物の研究は、山本リンダではないが、もう「どうにも止まらない」だろう。それが大脳前頭葉の哀しい性なのである。

集合知の限界

| コメント(1)

オープンソースの思想の原典として、「伽藍とバザール」エリック・レイモンド著、山形裕生訳、光芒社がある。一言で言えば、集合知的なソフトウェア開発手法を正当化した論文であるといえる。

伝統的に、ソフトウェアというものは、労働集約的に技能を集積して開発するものであった。例えば、IBMのシステム360のオペレーティング・システムがそうである。ところが、意外にも、「伽藍とバザール」によれば、いろいろな人がインターネットで緩く結合されてコードを書くモードがソフトウェア開発で有効であることが分かったということで、オープンソース・ソフトウェアが雨後の筍のように世に出るきっかけとなった。いまや、無料のオープンソース・ソフトウェアは、質・量とも商用ソフトを凌ぐほどである。

さらには、オープンソース・ソフトウェアやウィキペディアの成功に鼓吹されて、クラウド・ソーシングという概念が主流になってきた。「クラウド・ソーシング」ジェフ・ハウ、中島由華訳、ハヤカワ新書juiceによれば、「少数の専門家集団よりも雑多なアマチュア集団の方が賢くて創造的で、効率よく物事を進められる」というのである。

専門家というよりも一介のアマチュアに過ぎない私は、クラウド・ソーシング党というのがあったら一票を投じたいところである、頑張れと。

ところが、例えば、こんなことがある。1996年にMochaというJavaデコンパイラが書かれた。要するに、JVMによって解釈されるJavaバイトコードを、Javaソースコードに変換するソフトウェアである。当時の著作権の気風から、デコンパイラは罪悪視されたが、ともかくも、Mochaは当時注目された。ところが悲劇が起こった。作者のHanpeter van Vlietは、34歳の若さで、癌でなくなってしまう。すると、Mochaのコードは、誰も手を付けることができなくなった。あるいは著作権の問題があったのかもしれない。配偶者に著作権が渡ったということである。しかし、そもそもが、一人の人が集中して書いたソースコードを他人が、一貫性を維持しつつ手を入れることは極めて難しい。

そこで、「伽藍とバザール」に戻ると、あらっ、いろいろな人がインターネットで緩く結合されてコードを書く方式がソフトウェア開発に有効なのでなかったのか、ということになる。

そこで改めて、一番成功したオープンソース・ソフトウェアの例を思い起こしてほしい。そう、Linuxである。リーナス・トルバースが書いたカーネルのプログラムに、ドライバ、モニタ、その他ツールなど、多くの人がコードを書き足し、あるいき書き換えていったのが、Linuxである。例えば、今Windowsのパソコンを使っているなら、c:\windows\system32のフォルダを覗いてみてほしい。なんと、そこには1000個以上のDLLがある。それは、一個一個が、独立して呼ばれるライブラリなのであり、あるインターフェースの規約を守れば、一人一人が個別にコードを書くことができる。まさに、バザール・モデルが功を奏する。

では、コンパイラにこれが適用可能というと、nonである。オープンソースでは、gccというコンパイラが有名だが、これはほとんどの部分が、Free Software Foundationのリチャード・ストールマンによって書かれたものである。バザール・モデルで書かれたものではない。

同様に、クラウド・ソーシングが有効に働く典型的な例は、○○が得意な人は誰かいませんか、という問いかけである。10万人の中に一人でもいればいい。すなわち、論理和の世界である。論理積で緻密に構築する必要があるものには、バザール・モデルやクラウド・ソーシングは適用できない。

それでも怪訝な人がいたら、次の例を考えてみよう。すなわち、羽生名人と、インターネットを通じて、将棋の対戦をするとする。羽生は一人だけ。こちらは、私程度、すなわちアマ四段程度の将棋指しが1000人いたとする。もし、クラウド・ソーシングが有効に働くなら、1000人が協調して考えることにより、いい手が浮かんで、羽生を負かすことができるはずである。しかし、果たしてそうか。ちょっと考えれば分かるが、それは先ず起きない。下手したら、1000人の私は、たった一人の私よりも更に弱いかもしれない。そもそも、どうやって協調して考えるのか、ということである。確かに、1000人もいれば、数十通りの手が浮かぶかもしれない。しかし、その中でどれが最善か、私程度の将棋指しに何が分かろう。

同様の例は、長編小説を書くこと、スーパーストリングのような物理理論を構築すること、リーマン予想を解くこと、などいくらでも例が挙げられる。すなわち、離散したアマチュアの集合知では、そういう作品を仕上げるための、必要な高度な知性にはならないのである。

そういえば、はやぶさも、そのコアのところの設計は、たった一人の人によってなされたと聞いた。だからこそ、統一がとれたデザインになったのだと。そう、一人の頭の中でこそ、strongly coupled computing, strongly harmonized designが可能になるのである。よく若者が、「あの人は神だね」という言い方で賞賛するが、まさにそこに、神からの準同型写像が成立している。

そう、真に偉大なものは、いかにP2PなどのITツールを駆使しようと、大衆の烏合によっては決してもたらされないのである。もちろん、クラウド・ソーシングは、世間の多くの問題を解くことができる。多少楽観的に、大抵解けるといってもよいかもしれない。しかし、真に偉大な問題は、天才たちのために、精神の高峰の傍らに埋められた金庫に、そっと納められるのである。

潔さ

| コメント(7) | トラックバック(0)

小学生の頃から、今に至るまで、ある程度熱心に将棋をやってきて、よかったと思うこともあるし、将棋なんてやらなければよかったと思うこともある。その収支は、渾然として分からない。そもそも、会計のように収支が計算できるものである、という発想がおかしい。

ただ、間違いなく将棋をやっててよかったと思うことは、潔さの感覚が身についたことである。すなわち、将棋を指していて、どうしようもなくなったら、自分の判断で投了するよりない。ただ、どちらかというと淡白な性格の私は、あっさり投了しすぎるというきらいはある。

もっと重要な潔さのセンスは、彼我の実力の違いを比較して客観視することである。例えば、どうしてもいけすかない人物がいたとして、しかし、何度そいつと将棋を指しても分が悪いということは、私にはよくある。これが将棋じゃなければ、適当に誤魔化して、俺の方が実力が上だと嘯けるのであるが、将棋で負け越す、あるいはほとんど勝てないという事実を受け入れらないなら、将棋という勝負の世界から足を洗うべきである。

こうして私は、将棋的価値観を敷衍して、人生全般に様々な能力について、彼我の実力の違いを比較し、自分がどうも勝てないと認識したら恭順を示すように努力した。相手の年齢、地位、学歴、性別などに拘らずである。その逆もあるが、それは後述する。

その価値観は、大学生活では問題にならなかった。将棋部でも、授業でも、私より優れた人は沢山いて、私はそこそこ謙虚さを発揮できていた。

ところが、ふとした間違いから、大阪の郊外の中小企業に就職したことから、私の蹉跌が始まった。世間にはもちろん、中小企業であっても、技術オリエンテッドな優れた会社はある。しかし、私が最初に入った会社は、町工場に毛が生えたようなところで、私が、大した人はいないな、と見切るまでにあまり時間はかかならなった。ところが、その私の魂胆を見透かすように、技術部門の責任者は、私を、同期入社の中でも特に雑用のような仕事に押し込んだのである。おっと、それが今に特許の仕事につながっているのだから、天に唾しているか。

すなわち、将棋的価値観では、彼我の実力の違いを比較して、自分の方が優れていると見切ったら、相手の年齢、地位、学歴、性別などに拘らず威張ってよいのである。社会人の初心者なのに、そんな価値観を生のまま発揮してしまった私がどんな目に遭ったか想像に難くないたろう。

普通だったら、そうやって虐められれば、いい大人なんだから、もっと周囲に妥協してやっていこうとするだろう。それが世間知というものである。ところが私は、どんな目にあっても突っ張りを貫いた。それを見て、よっ、武士の心意気だね、と半分揶揄して言ってくれる人も少しだけいたが、そのときは、自分に、赤松満祐の家臣の血が流れているという可能性を考えたこともなかった。

当然のようにその会社は辞め、やはり東京の郊外に会社に入社したからも、その傾向は続いた。周囲よりも自分の方がましではないかと見切るのにあまり時間はかからなかった。

が、なにかの縁で今勤務している外資系の会社に入ったからは、私は落ち着いた。どうみても私よりポテンシャルがある人々が多くいることが認められたからである。そう、私はなにも好き好んで、周囲に対して見切りたい訳ではないのである。私を打ち負かしてくれる能力のある人を待望している。それを理解しないで、私のことを傲慢な奴だと、一面しか見ない人がいて、私は困る。

それでも、このような自分の性格に嫌悪を感じたことは一度ではなかった。なにしろ謙虚でない。無駄な軋轢も引き起こす。しかし、この歳になって自信をもっていえることは、そういう矜持というか、実力主義的潔さのセンスはまんざらでもなかったかな、ということである。

というのは、改めて周囲を見渡すと、自分の実力を正視しない人がいかに多いか。そういう人はまた、実力のない人をむやみに引き上げたりする。それでいて、上位管理職には阿る。そういう生き方は、実力主義を標榜する外資系にあっても、なかなか「美味い」生き方であって、それで成功を収めて高い地位のまま会社生活を終えることができる例も少なくない。

しかし、それで失うものは一体なんだろうか。物事の本質を見通すセンス、ただそれだけである。それを失うことが昇進につながることがある、というのも人生の皮肉であるが、将棋的潔さを貫くのもまんざらではない。なぜなら、どうしても自分の腕を磨き続けることになるので、ある種の職人としては最低限やっていける。何事にもやましいことはないと、プライドをもてる。また、下手に阿ったり追従することがないと、一部の人の人望は得ることもある。わからないけど。すると、将棋的価値観を貫くのもまんざらではなかったか、と今更のように自己弁護している次第である。

エボラ出血熱の治療

| コメント(10) | トラックバック(0)

ナショナルジオグラフィックによると、ボストン大学のウイルス学者トーマス・ガイスバート氏らのチームが、致死率が高く感染性も強いエボラ出血熱に罹ったサルの治療に成功したという。以下、引用しつつコメントする。

研究チームは、致死量のザイール型のエボラウイルスに感染した中国のアカゲザルの特定のウイスルタンパクのみを"ノックアウト"するために、遺伝子の働きを抑制する特別な薬を使用した。ザイール型はエボラウイルスの中でヒトに対する病原性が最も強く、感染が広がると致死率は90%に達する。

エボラウイルスは接触感染性が高く、ヒトの体液や、ウイルスに汚染された注射針やカミソリなどを通じて広がる。ヒトなどの霊長類が感染した場合の典型的な症状として、高熱と激しい頭痛に続き全身から出血が止まらなくなる。体内外の大量出血によるショックが死因となることが多い。

エボラ出血熱が1970年代後半に中央アフリカで発生して以来、その予防と治療法が探られてきた。今回の研究を率いたボストン大学のウイルス学者トーマス・ガイスバート氏は、「エボラへの関心が高いのは、致死率が高いだけでなく、バイオテロの兵器となり得るからだ。予防ワクチン開発の取り組みは盛んだが、感染後の治療法が開発されたのはこれが初めてだ」と背景を語る。

以前に、ウィルスの働きに書いたように、要するに、どんなウィルスも、生物が本来もっている機能を利用して仇をなす。別の観点から言うと、化学マシンとしての人間における、c-machineよりも寧ろ、i-machineとしての欠点を衝くのである。だから、問題となるウィルスが利用する生物機能を解析して、その特定の機能を「ノックアウト」することが、ウィルス感染症に有効である、という概念はよく理解できる。具体的には、次のようにする。

ガイスバート氏のチームは、人工的に生成した低分子干渉RNA(siRNA)を基に作られた薬剤を使用した。siRNAは体内に存在する生体高分子の一種で、特定の遺伝子の発現を妨げる。

遺伝子は体がタンパク質を作る際に用いる情報であるため、ウイルスの特定の遺伝子の発現を抑制すればエボラウイルスが生き続けるために必要なタンパク質の生成を止めることができる。ガイスバート氏はこう説明する。「今回の研究では、ウイルスの自己複製を促進するLタンパクを標的にした。このタンパク質を不活性化すればウイルスの自己複製能力を抑制することができるからだ」。研究チームでは、感染した宿主の免疫反応の無力化に関わるVP24とVP35というタンパク質も同様に標的とした。

細かいことは理解できないが、大枠ではわかる。実際、下記のように、効果も著しい。

実験に使用したサルは9匹で、そのうち7匹は6日間にわたって同じ量の薬剤の投与を受けた。7匹中3匹は1日おき、4匹は毎日薬剤を摂取した。それぞれのグループで1匹ずつは対照群として薬剤を投与されなかった。

薬剤を投与されたサルを分析した結果、エボラウイルスに感染して10日後、1日おきに投与されたサルの血中のウイルス濃度は非常に低かった。また、毎日投与されたグループからはウイルスがまったく検知されなかった。ガイスバート氏は「siRNAはウイルスの自己複製を阻止し、出血熱による死から完璧にサルを守った。これは今までにない成果だ」と述べる。

実は、有効だった理由は、特定の遺伝子を同定してその機能をブロックしたせいだけではない。いわゆる、drug delivery system(DDS)を利用できた、ということもある。

今回の研究で画期的な点は、感染した細胞に薬剤を直接届けられたことだとガイスバート氏は考えている。人工のsiRNAを投与すると体の免疫システムを活性化させ炎症を引き起こす可能性があるため、薬剤を細胞に直接届けるのは困難を伴う。そこで、好ましくない副作用を防ぎつつ薬剤を細胞まで運ぶために、薬剤を脂肪分子で包むという手法がとられたのだ。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)でエボラウイルスを研究するアンソニー・サンチェス氏は、「薬剤を細胞に直接届けることが可能になったことで、感染による致死率が非常に高い数種類の出血熱ウイルスの治療に新たな選択肢が生まれた」と話す。同氏は、ヒト以外の霊長類を対象とする数種類のエボラワクチンの開発に成功した研究チームの一員で、現在はワクチンのヒトへの応用を試みている。

ただ、そうは言っても、ウィルスの変種に対する対応という問題がある。典型的には、インフルエンザのそれである。ところが、この手法は、特定の型のエボラウイルスに短時間で対応できる点で優れている。

「この技術で興味深いのは、このsiRNA剤が特定の型のエボラウイルスに合わせて短時間で人工的に生成することが可能な点だ。アフリカに限らず世界のどこで突然新しい型のエボラウイルスが現れたとしても、その型に適した薬剤をすぐに作り実用配備することができる」とサンチェス氏は期待を込める。

とはいえ、この手法が、ウィルス全般に使えるほどは一般的ではないだろう。ただ、エボラウイルスが属するフィロウイルス科には有効であるのかもしれない。

アイオワ州立大学の生化学者ガヤ・アマラシンゲ氏は、今回の研究結果を「大いに期待が持てる」ものだと評する。その理由として同氏は、このsiRNA剤とそれを細胞に直接届ける手法が、激しい出血熱の症状を引き起こすフィロウイルス科に属するエボラウイルス以外のウイルスにも適用可能な点を挙げる。アマラシンゲ氏は、今回の研究で不活性化したタンパク質の1つであるVP35の化学構造を特定した研究を率いていた。

そこでふと思ったことがある。それは、今回、エボラウイルスに対して極めて有効な治療法が見つかったのは、エボラウイルスの病理作用が激しすぎるからではないか、ということである。将棋で言えば、一発必殺のハメ手なのである。しかし、一発必殺のハメ手には必ず、絶妙の受けの手がみつかって、結局ハメ手は廃れてしまう。そういう意味で、長い目でみれば(in the end)、フィロウイルスたちは、もっと日和見のウィルス達に席を譲ってしまうのかもしれない。してみると、長い目でみれば(in the end)人類が滅びてしまうというのは法則のようなものであるが、それはもしかして、ウィルスのせいではないのかもしれない。実はウィルス達にはあれでいて、免疫を鼓吹させて、人類を生存させようと必死で頑張っているのである。ううん、そのストーリーは流石に無理があるか。

はやぶさ2

| コメント(2) | トラックバック(0)

時事通信Webによると、はやぶさの成功を受け、宇宙航空研究開発機構は、はやぶさ2の開発を目指しているという。

小惑星「イトカワ」まで往復7年、60億キロを旅した探査機「はやぶさ」が帰還し、オーストラリアの砂漠に落ちたカプセルが回収された。小惑星の微粒子が入っていれば史上初で、太陽系の進化解明が期待される。宇宙航空研究開発機構の吉川真准教授らは、次は有機物や水を含む鉱物が多い小惑星の岩石を採取する「はやぶさ2」を開発、生命や地球の海の起源に迫ることを目指している。

なるほど、太陽系に小惑星は数限りなくあり、その種類も豊富なので、探求すべき対象には事欠かない。

はやぶさ2では、変質していない小惑星内部の岩石を採取するため、爆薬を詰めた「衝突体」(直径約20センチ、重さ約10キロ)を突入させ、直径2~7メートルの小クレーターを作る。米国が月や彗星(すいせい)で行ったことがあるが、小惑星では初めて。イトカワで投下に失敗したミニ探査ロボットも再挑戦。故障した姿勢制御装置などは改良する。

なるほど、衝突体を打ち込むとは。しかし、イトカワで、ミニ探査ロボットを投入する計画があったとは知らなかった。私が新聞を注意深く読んで書いたメモにも、それは書かれていなかった。重力が極めて弱い状態で、ミニ探査ロボットは、どう小惑星にしがみつくのだろう。

目標の小惑星「1999JU3」は、イトカワ同様に地球と火星の間にあり、長さは約920メートルと一回り大きい。2号機を2014年か15年にH2Aロケットで打ち上げれば、18年6月に到着して観測と岩石採取を1年半行い、20年12月の地球帰還を見込める。その次の打ち上げ機会は24~25年になるため、早急に開発に着手する必要がある。

なるほど、ターゲットは、イトカワと似たパラダイムの小惑星か。火星よりも更に遠くの小惑星、例えば、木星の衛星の探索などとなると、また全く異なる技術が必要になるのだろう。

懸案は予算の確保だ。はやぶさ2の製造費は1号機の127億円を上回る160億円程度だが、今年度予算は3000万円にとどまった。宇宙機構の予算には余裕がないのに、政府の宇宙開発戦略本部の懇談会は、15年に月面に探査ロボットを着陸させる「かぐや」後継機に600億~700億円掛ける計画を提言しており、楽観できない。

あれれ、すると、予算はどう工面されるのだろう。もしかして、はやぶさ2より、かぐやの方が優先されてしまうかもしれない。月と小惑星では、そこから得られる情報量が違いすぎるのである。すると、下手したら、はやぶさは、打ち上げ花火だったことになる。なぜか、「君がいた夏は遠い夢の中♪」という夏祭りの一節が流れる。はやぶさが持ち帰ったカプセルには何もなかった可能性も示唆されつつあるし。

数学の応用

| コメント(8) | トラックバック(0)

ラマヌジャンを「発掘」したイギリスのハーディだったかが、数学というのは、全く応用の利かないものほど美しく高貴である、という意味のことを書いていた。例えば、ハーディの専門であった数論など、まさに当時そうであった。公開鍵暗号方式に数論が応用されるに及んで、ハーディの言説も怪しくなってきたが、そうやって純粋数学者が粋がる気持ちは分からないではない。

しかし、超俗の権化の数学者である岡潔でさえも、数学というものが科学の道具として発達してきたものであるということを認めており、どんなにあがいても、数学は科学に使いまわされる運命から逃れられない。

それでは、一番使いまわされて疲弊しきった数学とは何だろうかと考えると、それはおそらく常微分方程式ではないだろうか。なぜなら、それはまるで、細胞に寄生するミトコンドリアのように、ニュートン力学の方程式と渾然一体となって、二人三脚のように発展してきたからである。力学の方程式は、ラグランジュ形式、ハミルトン形式と発達して、場の量子論の枠組みを支えるが、一方で、リー代数の応用分野をなす。

その文脈では、リーマン幾何学の、一般相対性理論への応用がある。リーマン幾何学を出すなら、フーリエ解析にも、超関数の理論にも言及しなくてはならない。尤もフーリエ解析も、超関数も、祖国は物理学なのであった。

それから時代が少し下ると、断然酷使された数学として、偏微分方程式と、複素関数論があらわれてくる。例えば、船や飛行機を設計することを考える。すると、それは、流体の中を動く乗り物なので、流体の運動方程式たる、ナビエ・ストークスの方程式を解かざるを得ないが、それはまさに、がりがりの偏微分方程式である。また、構造体の設計には、複素関数論も欠かせない。

しかし実は、応用数学のチャンピオンは、線形代数なのである。典型的には行列代数である。行列代数はもともと、ハイゼンベルグが量子力学の現象を解くために定式化した。しかし、それは無限次元の線形空間であるヒルベルト空間に関するものなので、普通の線形代数とは呼ばれないかもしれない。むしろ、関数解析の方に近い。

ともかく行列代数は、建築などの構造計算、統計数学、機械学習、経済数学、数理計画法、自動制御理論など、ありとあらゆる局面に顔を出し、誰もその全貌は知らない。

別の応用としては、数理論理学のコンピュータ・サイエンスへの応用がある。忘れてはならないのは、暗号理論に対する、数論の寄与である。最近の暗号理論は、楕円曲線論も取り入れているので、一部の代数幾何も応用分野に入りつつある。

ここまではまあ自明であるが、他に何かあるだろうか。そう、忘れてはならないのは、伊藤清が打建てた確率微分方程式の金融工学への応用である。

しかし、例えば、トポロジーがどう応用されているか、というのは、私が知らないだけかもしれないが、あまり自明ではない。例えばかつて、ルネ・トムが、トポロジーの1つの応用であるカタストロフィーの理論を展開したが、その後実際に応用されているという話は聞いたことがない。私が微かに知るのは、微分トポロジーが、場の量子論に応用されるるあるのではないかということである。おっと、忘れてはならないのは、理論物理学の権化、スーパーストリング理論で、最早それ自体が、巨大な数学、特に幾何学の一分野のようである。ヴェネチアーノ代数とか、タイヒミュラー空間って、なんだっけ、ということになる。天才物理学者、ウイッテンが、ノーベル賞でなくて、フィールズ賞を受賞したのも記憶に新しい。

もっと進むと、志村・谷山予想とか、グロタンディークのスキームの理論とか、数論幾何とか、果たして応用されているのだろうか。また、今は応用されていなくても、時代が下ると応用されることがあるのだろうか。

そう考えていたら、ある数学者が、ホモロジー代数を応用したら何か面白いものが実現できるかもしれないと、何かの雑誌に書いていた。ホモロジー代数は私にとって、「そのうち勉強しようリスト」の下の方にある題目で、どう応用されるのか皆目見当がつかない。ここにきて、本当はとても奥の深い問題を随分適当に流して書いたことに、ようやく気付くのであった。

毎日新聞Webによると、脂肪の塊を溶かす働きを持ったたんぱく質が発見されたという。以下、引用:

脂肪の塊を溶かす働きを持ったたんぱく質を、宮崎徹・東京大教授(疾患生命科学)らが発見し、9日付の米医学誌セル・メタボリズムに発表した。このたんぱく質を接種したマウスの体重は減った。研究チームは、肥満を抑えるやせ薬の候補として、新薬の開発に乗り出した。

研究チームは99年、白血球の仲間であるマクロファージで作られているたんぱく質「AIM」を見つけた。その作用を調べようと、AIMを作れないように操作したマウスを観察すると、同じ量の餌を与えても通常のマウスより太ることに気付いた。

そこで脂肪の貯蔵庫となる「脂肪細胞」にAIMを加えると、72時間後に脂肪の塊が溶けて4分の1の大きさになった。毎週1回0・1ミリグラムを接種した太めのマウス(体重40グラム)は、高カロリーの餌を食べても4週間後の体重は5グラム減ったが、未接種のマウスでは50グラムに増えた。AIMは、脂肪細胞の表面にある別のたんぱく質の力を借り細胞内に入り、脂肪細胞自体もできないように作用していたという。

脂肪の塊を溶かす薬剤はすでに開発されているが、脳への悪影響が課題になっている。AIMは脂肪細胞とマクロファージのみに作用し、体内で作り出されるので副作用の心配もないとしている。

宮崎教授は「脂肪細胞はエネルギーを貯蔵する役割もある。人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。【斎藤広子】

AIMと呼ばれるたんぱく質は、たった72時間で塊が溶けて4分の1の大きさにするというが、なんとも凄い効果である。また、毎週1回0・1ミリグラムを体重40グラムのマウスに与えると、4週間後の体重は5グラム減ったというのは、体重約80キロの人間(例えば、私)に当て嵌めると、毎週1回0・02グラムのAIMを摂取すると、ステーキなどの高カロリー食の食事でも、4週間で体重が10キロ減ることを意味する。生理作用なので、そんな素朴な線形性を期待したら変であるが、それでも相当な効果がありそうである。

ただ気になるのは当然に副作用で、癌についてに書いたように、コレステロールと免疫作用との間には深い因果関係がありそうで、すると、安易に脂質を減らすことは、免疫機能にも悪影響を及ぼすのではないかと推察される。

すると、AIMは、病的な肥満症に限定して使用されるべきと思われるのだが、いかがなものだろうか。

上司の恨まれ方

| コメント(0) | トラックバック(0)

管理職から降りてもう4年になり、当時を、ある程度客観的に振り返ることができるようになったと自分では思う。私が管理職に就いた当初は、会社の景気がそんなに悪くなく、予算も潤沢だったので、部下にあまり厳しく接する必要もなかった。すると多分管理職として欠点になるべき、妥協しやすい性格がいい方に作用して、サーベイなどでは、比較的いい評価を部下から貰っていた。

当時は、いまよりも人生経験も薄かったので、そうやってサーベイでいい評価を部下から貰うと、俺はもしかして管理職として向いているのかと、錯覚したとしても、仕方がないところだろう。当時、本当に管理職業に慣れないで要領が悪く、上位管理職からはどやされて、毎日夜11時、12時残業の日々だったからである。ある程度自分を励ます材料がないと、やっていけない。

しかし、長年管理職をやっていると、部下の間の対立にも巻き込まれる。典型的には、お局さまに書いたとおりである。私なりになんとか公平にやっているつもりでも、肩入れしている、と双方から非難される。どうしようもない、と諦めるより私には方法がなかった。

予算管理の責任者であった私は、権限の及ぶ範囲で、部内の人からの要望を聞き入れ、必要とあれが管理部門との面倒な交渉も、渋々であるが行った。大変面倒な例外申請が関与することがあった。それでも、景気のいいうちはいいが、景気が悪化して部門の予算が逼迫してくれると、物品の購入など、部内の人からの要望を一々聞き入れることもできなくなった。そうして、次第に予算面でも、部門内の人の非難を浴びるようになり、私に対する部下からのサーベイでの評価は、じりっじりっと下がっていった。

多分その時点で、私のことを、よい管理職だと内心思っている人は、誰一人いなくなっていたと思われる。予算面で何を言っても聞き入れない、お局さまには頭が上がらずどちらが上司か分からない、きちんとやっていない部下がいても放任している、何をしているのか分からないけれども雑用を一人で抱え込み、部下から緊急で大事な相談があっても対応できない、外部委員会にはよく行くが、何一つフィードバックがない、などいろいろな声が聞こえてきた。

それで先ず、一番やりやすい対応として、知的財産協会の外部委員会は降りることにした。管理業務が増えて、やってられないというのもあった。ただ、長年の努力で外部委員会では重鎮になり、次は委員長をやってくれと依頼された。そういう方面の野心は全くないので、ともかく断った。

それでも、アジアの他部門の面倒をみる仕事が増え、いよいよ廻らなくなった。それでよく人に、どうして雑用を部下に廻さないのかと言われたが、やってもなんのスキルにもならないような雑用を部下にそのまま降ろす気にはどうしてもならなかった。私は、もっと付加価値の高い仕事を部下にしてほしかったのである。幸い私は、多少ITスキルがあるので、可能な限り、ツールを作って雑用処理を合理化した。そうやって部下に雑用を任せることを最小限にしたのだが、今にして思えば、私は部下をきちんと育てられなかった。やはり雑用も含めて仕事だと、やらせてみるべきだったか。

そうやって余裕がなく、きりきりとやっているうちに、鳩山前首相の支持率ではないが、さらに部下からの評判は下がってきた。私と同列の管理職が数人いたが、昔は私が一番支持率が高かったのが、はっと気付くと、圧倒的大差というわけでもないのだが、私が最低になっていた。ただ、その後は下げ止まったようである。その理由は、私の態度が改善したというのではない。もう嫌気がさしてきて、管理職から降りたくなったのである。私の悪い面なのであるが、ついそういう愚痴も、部下に対してときどき洩らした。すると、部下の人達は慌てた。ここであいつに降りられたらどうする、あの雑用は誰が担うのだ、と。部下の本音は、決していい上司ではないが、ともかくいろいろやってくれるので、あのままやらせておきたいということのようだった。

そう部下に思わせたというのが、私の管理職としてのボトムラインというか、最低限の矜持であった。というのは、私は管理職をやりながら、ともかく自分のことよりも部門のことを先に考えようと努力した。やりたい仕事よりもやらなくてはならない仕事を優先しようと努力した。本当は人の好き嫌いは結構激しいのだけれども、可能な限り部下の扱いを公平にしようと努力した。

結果的にそうなったかというと全然なっていなかったかもしれないけれども、ともかく私は努力したのである。デカルトの我疑うが故に我あり、に倣うと、我努力するが故に我あり、なのである。結果が全てという結果主義の下では、私の努力なんて無かもしれない、しかし私は部門を廻そうと努力した、そして部下には少なくとも、その努力の舞台裏は見えたので、私に対する評価も下げ止まったと信じる。そういえば、部下からの私に対するコメントはこう始まるのが常だった、「頑張っているのは分かるんですが、云々」。

今世間に管理職は沢山いて、大抵は、私がそうだったよりもいい評判を得ているに違いないが、それでも中には部下からの評判が悪くて悩んでいる管理職はいるだろう。で、私が言いたいのは、ともかくも、なんとか廻すように、無私の精神で努力したらどうか、ということである。それが功を奏するという保証は全くないが、少なくとも、努力しているということは部下に通じる。その後は、運命に身を委ねればいい。努力しないで運命に身を委ねるとのは、少しだけ違ってくると、私は信じている。

医薬品特許切れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

医薬品の問題の問題で論じた、医薬品特許切れであるが、各社対応しつつある。以下、ダイヤモンドオンラインからの引用:

5月28日、仏サノフィ・アベンティスグループと、国内後発医薬品大手の日医工が、共同出資会社を設立すると発表した。新会社は6月中に立ち上げられ、サノフィから睡眠障害改善薬「アモバン」など、同社がもつ長期収載品や海外後発品の導入、原料の供給を受けるほか、バイオ後発品の共同開発も模索するという。

昨年以降、同様に特許切れ薬市場への本格参入・強化を表明する企業が続いた。新薬最大手の米ファイザー、国内の第一三共、田辺三菱製薬などである。後発薬世界最大手のテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ(イスラエル)は一歩先んじて、興和と2008年に設立した合弁会社で今年から後発薬を販売し始めた。医薬業界への本格参入を狙う富士フイルムホールディングスも新会社を設立して、営業を開始している。

各社がこぞって強化するのは、日本においても特許切れ薬の市場拡大が見込まれるためだ。現在、後発薬市場は、医療用医薬品市場約9兆円の20%程度。厚生労働省はこれを、2012年度までに30%に引き上げる計画でいる。10~12年はファイザーの高脂血症薬「リピトール」をはじめ、年間9000 億円近い新薬の特許が切れるため、長期収載品が増え後発品市場が拡大することは間違いない。

なるほど、当然ながら、後発メーカーにとって、特許切れはビジネス・チャンスである。このとき参入方式は、サノフィ・日医工のように特許切れ薬専用の別会社を設立する方式と、ファイザーのように本体の一部門として展開する方式の2つがあるという。そして主流は当然ながら、製造・流通コストを抑えやすい前者の別会社方式である。しかし、ファイザーにも言い分はある。

ファイザーのエスタブリッシュ製品事業部門責任者のデビッド・シモンズ氏は、この疑問に反論する。

「"ワン・ファイザー"としてブランドを前面に出して取り組むことに意義がある。それに一部門で取り組むことは、コスト競争力の無さに直結しない。我々は、後発薬との競争が激しく難しい米国市場で、抗てんかん薬ニューロンチンの成功事例もすでに得ている。一時、後発薬の価格のほうが我々の原価より安かったが、供給経路を変えるなどの工夫で品質を維持しながら価格を抑えてシェアを取り戻したのだ。2008年に米国内のシェアは10%から60%まで回復した」。

なるほどそうなのか、というよりない。

670~690億ドルに対し、特許切れ薬の売上げ規模は100億ドル以上(新興国部門の特許切れ薬分も含む)にのぼるとみられ、後発薬を含む特許切れ薬の市場でも存在感を強めそうだ。

ところで、日本のジェネリック薬品メーカーといえば、日医工、沢井薬品、大洋薬品工業、そして東和薬品。一番大手の日医工といえども、日本で最大手の武田薬品の30分の1程度に過ぎない。しかし、沢井薬品など好調に推移している。そこで、武田薬品、アステラス製薬など大手は、米国のバイオベンチャーを買収して、新薬への準備に余念がない。ユーザーとしては、安いジェネリック薬品が出回るのは歓迎だが、メーカーは大変である。ここでも、LCC現象が起きているといえる。

従来技術としてのOSS

| コメント(0) | トラックバック(0)

普段、コンピュータ関係の発明を扱っていて、どうみても普通のプログラミング・テクニック程度であるとしか思えない発明が出てくることがある。ところが、いくら特許文献を探しても、関連の特許公報は見つからない。グーグル・スカラーなどで、論文をキーワード検索しても、なかなかヒットしない。

それで、その発明者以外の研究者に聞くと、そんなの当たり前の技術で、昔からみんなやっているという。そのことを発明者に伝えると、発明者は不愉快になる。そんなことを言うなら、ちゃんと文献を示せ、と。

ところが、探せども、依然として、その当たり前であるはずの発明の内容を示唆する文献がみつからない。そこで思い出すのは、数年前になされていた、Web上のオープンソースソフトウェアを、コンピュータ関連の従来技術として検索する、という話である。

すなわち、典型的にはGPLなどのオープンソースソフトウェアは、ソースコードを入手可能にすることをライセンス条件に謳うものであり、その利便性から、ソースコードは、Web上でダウンロード可能にするのが慣例なので、あるプログラミング、あるいはアルゴリズム的な特徴を探して、Webをクロールすれば、オープンソースソフトウェアの従来技術を検索できる、という次第である。

しかし、これがどこかの国の特許庁で試みられて成功を収めているという話は聞かない。なぜなのか、Web技術を駆使すればなんとかなりそうなのに。

その理由を推察すると、以下のとおりである。

  1. 大抵のオープンソースのソースコードは、Web上で、zip、tarなどの形式で圧縮されて保存されていて、クローラーが中身を簡単に検索できるようになっていない。
  2. もし、ソースコードが直接読める形式で存在していても、ifだの、whileだののようなステートメントが延々と続くとき、それが何の処理を表しているか自明ではない。
  3. そこで、ソースコードに挿入されているコメントに頼ることになるが、コメントの書き方は実に恣意的で、アルゴリズムの詳細を示唆するものであることは、必ずしも期待できない。
  4. 幸いにソースコードに挿入されているコメントから、何のアルゴリズムであるかが示唆されたとして、特許の従来技術の観点から、問題は、それが書かれた日付を確定することである。すなわち、もしコメントに日付けが入れられていたとしても、それが、コードが書かれた正しい日であると直ちに推定することはできない。なぜなら、最初に書いたバージョンに対して、コメントに手を加えず、コードが修正されたかもしれないからである。
  5. ファイル・システムが、ソースコードのファイルに与えた日付もあてにならない。システム管理者が変更可能である。

このような理由から、オープンソースのソースコードが、特許の先行文献として引かれることはまずないはずである。このため、プログラマの頭に昔から暗黙知のように存在するようなアイデアが忽然として特許出願され、審査官は拒絶するのに困ることになる。

それを少しでも改善しようと、日本の特許庁が採った施策は、CSDBである。これには私も委員として一時参加していたことかあるが、要するに、コンピュータ関連の膨大なマニュアル、雑誌、論文などを電子化し、審査官が検索できるようにしようとするものである。これは、著作権の縛りがあって、一般に公開されるには至っていないが、情報処理関係の特許出願に対する拒絶理由通知で、非特許文献を多く見かけ、その中にはなかなか痛い内容のものも時々あるので、CSDBはある程度は功を奏しているようである。

しかし、小手先のプログラミング・テクニックのようなものはそもそも記事化されないことが多く、依然としてオープンソースのソースコードを特許の先行文献を使えるようにすることに対する要望は、なくならないだろう。

常岡浩介

| コメント(0) | トラックバック(0)

戦争ジャーナリストで、タリバンに拘束されていると書いた、常岡浩介氏であるが、無事であるものの、毎日新聞Webによると、依然としてタリバンが拘束しているようである。

【カブール栗田慎一】アフガニスタン北部で取材中のフリージャーナリスト、常岡浩介さん(40)が3月下旬に消息不明となった問題で同国の旧支配勢力タリバンのザビウラ・ムジャヒド報道官(北、中部各州担当)は「タリバンの地方組織が(常岡さんの)身柄を預かっている」と述べ、タリバンによる拉致・監禁事件であることを認めた。この組織は毎日新聞に常岡さんとの電話インタビューを認めた。常岡さんは民家の小部屋に監禁されていると明かし「健康状態はよく、けがもない」と述べた。

通話は日本語で約30分。途中、監視役とみられる男が常岡さんに数回何かを指示するような声が聞こえた。

常岡さんは落ち着いた口調だった。中庭のある民家の6畳程度の小部屋に監禁され、部屋の中では銃を持った男が24時間態勢で監視している。食事はナン(パンの一種)とイモのスープ1杯だけだが、「おなかを壊すこともなく、暴力を振るわれたこともない」という。

一体、拘束の目的は、と誰もが考えるが、意外にも、身代金の要求のようである。

拉致した組織はクンドゥズ州のタジキスタン国境付近を拠点にしている軍閥組織で、常岡さんは「約100人規模で、拉致事件を起こすのは初めて」との見方を示した。監禁場所は、国境付近の町イマム・サヒブの「南東方面の場所」と述べた。

犯人側メンバーとの会話の中で「新たな解放条件として100万ドルを求めているとの話を聞いた」と語り、「応じれば再び同じ事件が繰り返される」と、いかなる要求にも応じないよう訴えた。

要求を拒否することは、かなりの確率で死を意味するが、「いかなる要求にも応じないよう訴え」るとは、流石に、チェチェンなどで死線を彷徨った常岡氏ならではの覚悟である。しかし、一体、身代金を日本政府が拒否し続けたら、それ以外にどんな交渉がありえるのか。

一方、拉致した組織の司令官を名乗る人物は毎日新聞の電話取材に「服役中の仲間の釈放を日本の大使館に求めたが、『権限が及ばない』と拒否された」と述べ、現金の要求に切り替える考えを示唆。タリバンのザビウラ報道官は「何を条件にするのか検討中」と話した。在アフガニスタン日本大使館は「一切ノーコメント」としている。

なるほど、本来の目的は、服役中のタリバンのメンバーの解放要求だったか。日本の大使館にそれを求めても、確かに権限が及ぶはずはない。その代わりの要求が身代金だったか。100万ドルというのは一億円で、この状況では大金とはいえない。ただ、それに応じると「癖になる」という常岡氏のコメントも、理解はできる。しかし、返す返すも、自分の命が懸かっているので、流石に腹が据わったコメントではある。ともかく、推移を見守るよりない。日本の外務省は、往々にして「金で解決」したがるので、常岡氏の意に反して、100万ドルを払うという可能性もありえる。

毎日新聞のWebによると、JALが、パイロットの自宅と空港間をタクシーで送迎する待遇を打ち切ることにしたという。以下、引用:

会社更生手続き中の日本航空は7日、パイロットの自宅と空港間をタクシーで送迎する待遇を打ち切る方針を明らかにした。金融機関などから批判の強いパイロットの厚遇を薄めることで、コスト削減を図るとともに、金融支援への理解を求めたい考えだ。

日航は労働組合との取り決めで、自宅から空港間のタクシー利用を一定額に限って認めている。早朝の出勤だと公共交通機関を利用しづらいことや、欧米路線など長時間の乗務前に疲れないことに配慮した措置で、全日本空輸も早朝や一定以上の乗務時間ならタクシー利用を認めている。だが日航への金融支援を迫られ、株主からの批判をかわしたい金融機関からは、「パイロットの厚遇は、高コスト体質の象徴だ」(メガバンク幹部)との声が出ていた。

このため日航は、パイロットの出勤は公共交通機関やマイカーの利用に切り替える意向を労組に提案。出勤時は疲れないために自宅から最寄りの空港行きバスターミナルなどへのタクシー利用は認めるが、帰りは公共交通機関などに限る方針。労組の同意を得て8月末までに実施する方針だ。

これは、JAL客室乗務員の内部告発である、JAL崩壊の原因でも指摘されていた問題の1つである。パイロットのタクシー送迎中止など、やろうと思えば直ちにできて、コスト削減効果もあると思われるのに、関連金融機関に指摘されるまで放置するとは、「流石」JALである。

しかし、パイロットのタクシー送迎問題は氷山の一角であって、より本質的なのは、組合の乱立、管理職である機長専用の組合がある、パイロットの異様な高給、非番移動のフィーストクラス利用など、よりコストに響き、本質的な問題は多々あるのに、どうもそれらは一見目立たないか、手を付けにくいなどの理由で、放置されている可能性が高い。

だが、一番深刻なのは、強すぎる労組なのかもしれない。というのは、パイロットのタクシー送迎も、労組の同意を得ないと実施できないからである。するとどうも、JALの労組は、JALの経営状態がどうあれ、社員の厚遇を続けさせ、経費を垂れ流すことに力を注ぐらしい。そんな労組は、きょうび流行らない。GMが苦境に陥ったのもやはり、労組が大きな軛となった。稲盛会長も、どうしようもないのか。

そういう内部体質を改善することなく放置して、政府融資の資金で路線を確保し打って出ようとするなら、ANAが怒るのも、無理はない。

特許の進歩性

| コメント(2) | トラックバック(0)

ある研究者の人から、特許の進歩性とは何かと聞かれて困った。普段から、特許庁からの拒絶理由通知に対して意見書を書くうちに、進歩性に思いを馳せているに違いないのだが、改めて特許の進歩性とは、と聞かれると、説明は難しい。

特許の進歩性とは何か、ということについて、特許法の解説本など、さまざまな文献に解説がある。しかし、弁理士試験の勉強をしたことがないし、特許法を系統的に勉強したこともない私には、進歩性についての講学的解説を与えることはできない。

そこで、決して私のオリジナルな議論という訳でもないが、いささかの記号を使って、実務経験をもとに、特許の進歩性について論じてみる。

先ず、発明をIとする。これは単に頭の中にあるアイデアであって、書類に書き出されたものとは限らない。しかし、いくらアイデアがあっても、語られ、あるいは文書として記述されないと、第三者には分からない。そこで便宜上、単に頭の中にあるアイデアと、文書として記述された発明を、特に区別せず同一視して、Iと書くことにする。ここで補足すると、発明Iとは、特許請求の範囲と、それをサポートする明細書の記載の組み合わせである。ここでは、記載要件である、特許法36条の充足性は無条件に仮定するとする。

さて、発明Iが与えられたとき、その記述に基づき、先行技術を調査することができる。先行技術の調査は、特許庁の電子図書館、発明通信社や日本パテントデータサービスなどの商用特許データベース、USPTOの検索サイト、欧州特許庁のサイトなどで検索することがてきる。それは特許文献であるが、グーグルなどの検索エンジン、学術論文データベースなどで、非特許文献も検索される。

そういう先行技術調査の完全網羅性は、誰一人言い立てることはできない。それで、検索式や範囲から、とりあえずベストエフォートが想定できれはよいとする。そうして得られた検索結果をPとする。

すると、I⊂Pであると、何も新しい点がないので、話にならない。特許出願は諦めるべきである。

そうでなく、¬ (I⊂P)であるとしよう。すると、F = I-Pである、空でない集合Fがとれる。このとき、発明Iは、特徴Fにおいて、新規性を有する、という。

しかし、新規性だけでは、特許出願は正当化されない。FがPから自明に思いつくことができないという、進歩性が必要である。ところが、「自明に思いつけない」ことを直接証明することは難しい。そこで次のような論理を使う。

先ず、何か、Iが奏する効果Aを見出す。そして、その効果Aが、Fから自明に導き出されるものでないことを説明する。例えば、ある形状の真ん中をくりぬいたら、軽くなったという効果は自明にすぎない。暗号キーのビット数を、64ビットから128ビットにしたら、解読しにくくなったというのも自明である。そのようでない非自明な効果を見出だすことができれば、進歩性ありと、とりあえず想定される。このような進歩性主張のためのステートメントをSとする。すると、特許出願は、PとFとSの三つ組で、(P,F,S)と記述される。尚、発明Iも含めて、(I,P,F,S)の四つ組でもよい。

特許出願は、このような三つ組を含むことが期待される。一方、特許庁の審査官は通常、新たなP'を見つけることで、反論Tを構成し、拒絶してくる。PがP'になったことで、F' = I-P'と、FもF'になる。一般的に、F'⊂Fと縮退する。そこで審査官の反論は、このような縮退したF'では、最早進歩性ステートメントSは維持できない、というものである。

そこで特許出願人がすることは先ず、F'の下でもステートメントSが成立するかどうか検討する、ということであり、それが成立しないなら、新たな進歩性ステートメントS'を考え出す。

ところで、審査官がよく使う論法は、P1 ∈ P'とP2 ∈ P'の個々では、進歩性ステートメントSを切り崩せないとき、P1 ∪ P2の組み合わせで、進歩性ステートメントSを否定するものである。

これに対する特許出願人の有力な反論は、P1 ∪ P2の組み合わせに阻害要因を指摘するものである。すなわち、慣用技術に鑑みると、P1 ∪ P2の組み合わせが不都合をもたらすと主張したり、慣用技術に従うと、P1 ∪ P2でなくP1 ∪ P3の方に偏移して教示される(teach away)と主張する。

その議論を補強するために、多くの場合、IをI'に変え、F'' = I'-P'のような新たなF''を見出して主張を刷新する。いわゆる、特許請求の範囲の補正である。

こうして、¬T∧S'という論理式が真になると、特許出願が晴れて特許査定になる。

このようにして審査の彫琢を受けて特許査定に導けたステートメントS'が進歩性である、というのが私の言いたいことである。すなわち、進歩性とは審査官との対話によってしか確定できず、特許出願人が想定する初期値Sは一般的に、あまり精度のよいものではない、ということである。

なんだ、却って分かりにくくなってしまった。困ったものである。

経済学の十大原理

| コメント(0) | トラックバック(0)

マンキューの「入門経済学」東洋経済新報社を折に触れて読んでいるが、基礎の知識を確認するために、その「経済学の十大原理」のところを、自分なりに簡単にまとめてみよう。

  1. 第1原理:人々はトレードオフに直面している
    要するに、何かを得るためには、何かを犠牲にしなくてはならないという当たり前のことを言っているのだが、これが往々にして世間では無視、または軽視されている。本来はトレードオフの関係にあるようなものを一挙に得る方法があるとする甘言に、人は易々と乗ってすべてを失うことがある。当たり前なのに、往々にして忘れられてしまう原則である。
  2. 第2原理:あるものの費用は、それを得るために放棄したものの価値である
    これは、第1原理の言い換えかもしれないが、より非自明である。すなわち、どうしてもあるものの費用をもそれに費やした労力に置き、それを得るために放棄したもので測るという発想はなかなか出てこない。例えば、大学に行くことは無条件でよいとされるが、それと引換えに失う価値はなかなか気付かれない。
  3. 第3原理:合理的な人々は限界的な部分で考える
    ここで限界的というのは、費用と価値の曲線の上での微分を考えることである。すなわち、ΔV=η・Δtのような、Δtだけの変化が、どれだけのΔVの変化になるかで考える。ここでは、あまり大域的に考えない。
  4. 第4原理:人々はさまざまなインセンティブに反応する
    インセンティブとは例えば、ガソリンの値段を下げるようなことである。ガソリンの値段が少し上がっただけで、世間全体でみると、随分と交通量が増えるだろう。別の例では、ある組織で、○○の仕事をしなさいと号令をかけても、なかなか人は動かない。それよりも、○○の仕事を担当することが高い評価を得るような評価システムにすると、こぞってみんな、○○の仕事を担当するようになる。これは下手したら、他の仕事が等閑になるので、怖いほどである。
  5. 第5原理:交易はすべての人々を豊かにする
    これはちょっと分かりにくい。というのは、一方的に簒奪するような交易もあり得るからである。ただ、一般原則として、交易なしでは、孤立した経済が成立することは、昨今では難しい。よって、公平且つ効率的な交易を実現するように努力することは必要である。
  6. 第6原理:市場は経済活動を組織する良策である
    アダム・スミス以来の伝統で、市場の調整作用は重要である。それが故に、どの資本主義の国にも、独占禁止法がある。市場を乱す者を、コストをかけて取り締まるのである。ただ、最近では、過度に市場に介入する傾向がみてとれる。最近では、金融恐慌に対処するための、金融救済(bail out)措置があった。議論はあるが、ハイエクが説くように、どこてが市場の健全性を信じるよりない。
  7. 第7原理:政府は市場のもたらす成果を改善できることもある
    なんと控え目な命題なのだろう。大抵は改善できないが、場合により改善できるということなのだろう。例えば、一人の人が無関係な人の経済的福祉に影響を及ぼす市場の外部性、あるいは市場支配力である。そのようなとき、政府は事態を改善する施策を採ることができる。常にそういう施策があるとは限らないが。
  8. 第8原理:一国の生活水準は、財・サービスの生産能力に依存している
    これは意外に自明ではない。だから人々は、日々の労働生産性が、生活水準に直接関わっていることに関知しないので、仕事の効率を改善もしないで政府に景気対策を要求する。そうではなくて、まず魁より始めよ、なのである。
  9. 第9原理:政府が紙幣を印刷しすぎると、物価が上がる
    これは一見自明であるが、その証明は大変なのだろう。とりあえず、そういうものだと理解しておく。
  10. 第10原理:社会は、インフレ率と失業率の短期的トレードオフに直面している
    これはかなり本格的な経済学の命題で、ちょっと根拠は理解できない。ただ、第9原理を第10原理に適用すると、政府が紙幣を印刷する→物価が上がる→インフレになって失業率が下がる、ということが短期的に言える。これは、その現象を調べた経済学者の名前にちなんで、フィリップ曲線と呼ばれる。ともかく、この原理は、政府が経済をコントロールするための重要な根拠である。例えば、高橋洋一「この金融政策が日本経済を救う」光文社新書に書かれていることは、第10原理の委細化だろう。市場は生き物であり、尚且つ、第7原理により、何ほどかコントロール可能である。

はやぶさの軌跡

| コメント(17) | トラックバック(0)

小惑星探査機はやぶさ、帰還確定と、はやぶさの動向についてメモしてきたが、その帰還をきっかけに、毎日新聞に記事があったので、今まで書いたこととの重複を懼れず、はやぶさの軌跡(奇跡?)をメモしてみる。

まず、はやぶさは、2003年5月9日に、鹿児島県宇宙観測所(鹿児島県内之浦町)から、M5ロケット5号機で打ち上げられた。そして、イオン・エンジンに点火されたのが、同27日である。

はやぶさのイオン・エンジンとは、キセノンガスに電気を帯びさせ、静電気の力で噴射させ、その反動で加速させるものである。その加速度は、地球上では一円玉をやっと持ち上げる程度だが、それでも、空気抵抗のない宇宙空間では、時速5000キロまで加速できるという。ただ、私は、はやぶさ、帰還確定では、「約2ヶ月前は、地球から約2700万キロの地点にいて、ほぼ60日で地球に接近した訳であるから、一日に約45万キロを航行したことになる。それは時速では1.8万キロで、」と書いた。なにか計算間違いをしているのだろうか。なお、手許にある「はじめての宇宙工学」鈴木弘一著、森北出版2007年4月25日刊には、イオン・エンジンについては言及されていない。かなり特殊な技術のようである。

はやぶさの動力はイオン・エンジンだけではない。2004年5月19日に、はやぶさは、地球スイングバイという航法で、イトカワに向けて旅たった。地球スイングバイとは、地球の重力を利用して、探索機の燃料を使用しないで軌道や速度を変化させる技術である。宇宙に飛び立って約1年は地球の重力圏内にあったようである。そして、地球から約3700キロまで近づいて重力の力を借りて加速した。

こうして、はやぶさは、早くも2005年7月29日は、イトカワの姿をカメラに捉えた。同年9月12日にはイトカワから20キロの距離に到着した。宇宙レベルではとても至近距離である。それでも着陸となると容易てはない。着陸は、11月20日と、そこから約2ヶ月がかかった。ところがなぜか直ぐにイトカワを離れた。着陸時に、姿勢制御装置3台中の2台が故障したというが、そのこその影響だろうか。ともかく、11月28日に二度目の着陸をした。そこで岩石を採取して(というが、カプセルを回収してみるまでは本当のことは分からない。観測していると砂が舞い上がったので、砂が採取できたと想定されている)、あとは帰還するだけだったのだが、同年12月8日に、イオン・エンジンとは別の化学エンジンの燃料が漏れて、搭載している太陽電池が、太陽とは別の方向を向いてしまったようである。そこで電池切れとなり、地球との音信が途絶えた。

それから、音信の途絶は、7週間にも及んだ。その間も、地球からの電波による呼びかけは続いたが、イトカワ上のはやぶさからの電波が回復していることに気づいたのは、長野県佐久市にある、臼田宇宙空間観測所のアンテナであった。イトカワが移動して、太陽からの光が太陽電池に当たるようになったらしい。

本来ははやぶさは、2005年の末には、地球に向けて帰還を開始できるはずであった。しかし、このトラブルで、帰還は、2007年にずれ込んだ。2007年の1月18日にカプセルの蓋を閉め、同年の4月25日に、ようやく、はやぶさは、イトカワから出発した。

ところが2009年11月4日に、イオン・エンジンに異常が発生してしまう。そこで、JAXAのチームは、遠隔で2台のイオン・エンジンの部品を組み合わせ、エンジン再開に成功した。こうやって書くとどうってことないようであるが、何千万キロも遠方を航行している探索機に対して、遠隔で電波で修理というのは、どれほど困難なことなのか。ちょっと想像もつかない。もちろんそれは、探索機を、遠隔修理可能に冗長に作っておくということでもある。

こうして2010年3月27日には地球に接近したので、イオン・エンジンの連続運転を終了して、4月~6月と、地球帰還に向けた軌道修正を行った。

こうして淡々と書くと平凡なようであるが、はやぶさは、次のとおり、世界初の特徴が沢山ある。

  1. イオン・エンジンによる航行
  2. イオン・エンジンと、スイングバイの組み合わせ
  3. カメラを使った、自律航行と、目的惑星への接近・着陸の制御
  4. ほとんど重力がない環境での試料採取。実は、重力が極めて小さい環境では、シャベルなどで掬う動作をすると、反動で宇宙へ放り出されてしまうおそれがある。
  5. 密閉したカプセルを大気圏に突入させての試料回収。なにしろ、大気圏に突入すると、一万度もの温度に晒される。

次なる期待は、回収されたカプセルの内容である。ウィルスの飛来のフレッド・ホイルの説によると、有機物と、細菌の前駆体のようなものが見つかるはずなのであるが、果たしてどうであろうか。

王様症候群

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、代理ミュンヒハウゼン症候群についてブログに書いたら、何人かの人から、いかにもインチキくさいと評判がよくなかった。しかし、それが精神医学の正式な病名であることは確かである。

これとは全く関係がない文脈で友人と話していて、とても自分勝手な人のことが話題になって、私が思わず、「それは、王様症候群」だね、と言ったら、うん、ぴったしのネーミングだと評判がよかった。そこで、自明かもしれないが、また、学術的でもなんでもないが、先ず王様症候群の症状を記述してみる。

  1. 王様症候群では先ず、ある組織内で自分がトップであるという自負がある。地位である場合もあれば、何かの能力である場合もある。
  2. それだけなら、単なる勘違いのおじさんで、周囲からのけ者にされて終わりであるが、王様症候群にあっては少なくとも、地位、あるいは過去の栄光があって、強引な性格など、カリスマもあるので、周囲の人々を従わせる力をもつ。
  3. そのトップ性はしかし、決してチャレンジされることはない。その自慢の能力はもしかして、最早時代遅れであったり錆び付いているのかもしれないが、チャレンジしてくる者に対しては、容赦ない仕打ちが浴びせられる。
  4. その組織内で、自分の判断が関与していない決定は、そもそも顧るに値しない。判断が妥当かどうかは、自分の意見がどれだけ入っているかで決まる。
  5. それでも、組織なので、反抗してくる者はいる。それに対して、妥当性など全く考えないで、意見を圧殺するためだけに全てのエネルギを費やす。
  6. それでも、恭順を示す者は、見かけ上大事にする。イエスマンたちが、王国の構成員なのである。
  7. そんな不合理な組織内王国が、いつまでも存続するはずがない。ところが、王様症候群とは特殊なスキルを現出させるらしい。非難を浴びても、意外に生き永らえる。その秘訣はどうも、上位マネジメントの心を掴む術を心得ているかららしい。すなわち、そこでは意外なイエスマンだったりする。内心は面従腹背なのであるが。

こうして、ベースとして王様症候群が記述されると、オブジェクト指向プログラミングのクラスではないが、王様症候群からの継承として、女王様症候群が記述される。女王様症候群の振る舞いは一部、バルンガ病に記述したが、女王様症候群が王様症候群と異なるのは、単に本人が女性である、というそれだけのことである。ただ、一見、王様症候群よりも高貴な風情を湛えていることもあるかもしれないが、それは結局みかけだけである。

ところが、友人は、裸の王様症候群というのもあって、それは、王様症候群クラスからの継承としては記述できないのではないか、と示唆する。そこで、裸の王様症候群の属性及び症状を記述してみる。

  1. 裸の王様症候群の場合、王様症候群とは異なって、ある程度の地位が必須である。
  2. カリスマ性は低くてよい。あるいはなくてもよい。専門性も低くてよい。そこで既に、アトリビュートとして王様症候群とは乖離する。
  3. 追従に弱いという点では、王様症候群と似ているが、追従されやすさは、本質的な属性である。
  4. 追従される、ということは、その地位にまつわる権力はある、ということである。
  5. しかし、変な頑固さがあって、追従者でない人からの妥当な意見を頑なに退ける。要するに、馬鹿なのである。

ところで、Javaでは多重継承は許されていないが、C++では許されている。そこで、裸の王様症候群を、王様症候群から継承してクラスを構成できないにしても、裸の王様症候群と王様症候群を多重継承した、馬鹿殿王様症候群のクラスを構成することができる。これは相当始末に困る。なぜなら、本質的な馬鹿なのに、自分は天才であると勘違いしているからである。

さらに、裸の王様症候群から継承して、裸の女王様症候群のクラスを構成することができる。単に属性が女性になっただけなのに、裸の女王様症候群では、妖しさが漂う。

もともとこんな趣旨で書くつもりでなかったトピックなのに、最近Javaを勉強しなおしているのでそれに引きずられて、普段にも増して意味のない内容になってしまった。

UFO対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

AERAによると、英国防省が、UFO対策を止めるのだという。それはどういうことかというと、UFOに関する目撃情報を受け取っても、30日保管した後は、一般人の目に触れさせることもないまま今後はすべて破棄するのだという。すなわち、UFO情報を保存すると、いちいち英国立公文書館に納めたり、情報公開法によって公開したりする義務が生じるので、その義務を回避する意図なのだという。

実は、英国防省がUFO問題から撤退し始める傾向は、突然ではなく、昨年末からで、目撃情報専用のホットラインや、情報受付専門のメールアドレスがそのとき廃止された。

なぜ止めたか。1つの理由は、経済的なもので、UFO関連の情報収集とその整理・保管などにかかる費用は年4万4千ポンド(約600万円)なのだという。それくらいなら、下手したら一個人でも賄える。大したことないではないか。

実は、英国防省自ら語っているのだが、「50年以上UFO情報を集めても、そのうちの一件も防衛上の脅威となるような事例はなかった」というのが本当の理由だという。ああ、安心した、あんなものはインチキだ、擬似科学だというのでなかった。

一方米国も、空飛ぶ円盤騒ぎが始まった1947年に、空軍内にUFO情報を専門に扱う部署を設置した。だが「UFOは防衛上、何の脅威もない」という決断を69年に下し、それ以後は、UFOに関するすべての事柄から手を引いている。23年であきらめた米国に比べれば、何の見返りもないままに、UFO情報を50年以上も収集し続けた英国は、よく頑張ったほうだといえるのかもしれない。

ところで、米中央情報局(CIA)の文書公開サイトで、国民に最も検索されている単語が「UFO」なのだという。すると、UFOはまさに現代の、大人の玩具ならぬ、大人の童話である。

そういえば、1940代や1950年代は、ロズウェル事件など、刺激に満ちたUFO事件が多かったが、最近すっかり鳴りを潜めてしまった。トンデモの心理に書いたように、UFOの飛行原理を理解したくて物理学を専攻した私には、とても残念である。

ただ、UFOの認知にも書いたように、それでもUFOは、いまでもあちこちに出現している。ただ、単に物珍しさが減ったことと、UFOが人類に実害をもたらした事件が知られていないことから、戦略的な配慮が不要だと、米英国防省が判断しただけである。繰り返すが、米英国防省は、UFOがインチキだなんて一言も言っていない。

それで、これは2012と呼応しているのかと私はつい呟くのだが、するとまた、ああトンデモが始まった、と呆れられてしまうのだろう。

藤沢里菜初段、初勝利

| コメント(3) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、最年少でプロの囲碁棋士になった藤沢里菜初段は、デビュー戦では、堀本満成二段(20)に敗れたものの、第2戦では、見事に勝った。

史上最年少でプロの囲碁棋士となった小学6年生、藤沢里菜初段(11)が10日、東京・市ヶ谷の日本棋院で行われた第36期棋聖戦予選で神田英九段(48)を破り、デビュー2戦目で初勝利。

しかも、勝った相手が、女流でも低段者でもなく、男性の九段というのだから、凄い。まあたしかに、神田英九段というのは、高尾紳路九段などのような一流棋士ではない。それでも、デビュー2戦目で男性の九段に勝つというのは半端でない才能である。

深読みすると、神田英九段は、日本棋院常務理事なので、ここは藤沢里菜初段に花をもたせて、棋界の話題づくりを狙ったかとも考えられないことはないが、流石に勝負師はそこまではやらないか。しかし、本気で負かせにいったのではないと私は信じる。

ということで、藤沢里菜初段の今後の戦いを見守ることにしよう。故藤沢名誉棋聖の後光は、やはりあると思う。

iPS細胞による抗がん

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPS細胞研究の先端でも述べたように、iPS細胞といえば、がん化の危険性が高いというのが相場で、研究者は、いかにがん化を抑えるかで腐心している。ところがなんと、理化研によれば、iPS細胞を使って抗がん効果を得る実験に成功したという。以下、引用:

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、抗がん効果を発揮することも確かめた。がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)で発表した。

リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

なるほど、ナチュラルキラー細胞を使うのか、と分かってないのに、訳知りに頷く。

理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの渡会(わたらい)浩志・上級研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせてNKT細胞由来のiPS細胞を作った。これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

あれ、ここのところは、ちょっとおかしくないか。これは要するに、NKT細胞からNKT細胞を得たということにすぎない。何もiPS細胞の技術を使わずとも、単にNKT細胞を増殖させればいいのではないか。それとも、NKT細胞自体は、最早分裂増殖する能力をもたないのか。すると、NKT細胞に例の4種類の遺伝子Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を導入することで何かをリセットして、それからリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になったというが、するとリセットされないで、しっかりもとの細胞の性質を継承しているではないか、ということになる。

生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、がん移植後平均約1カ月で死んだ。

ここもよく分からないのは、「続いて作成したNKT細胞」とあるが、それは他のマウス由来なのだろうか。もしそうなら、免疫反応の問題は出てこないのか。このあたりがどうも不明確である。

チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させてがん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、従来の治療法より高い効果を確認しているが、もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

なるほど、ともかく、NKT細胞はそれ自体は増えないが、例の4種類の遺伝子を使って一旦リンパ細胞に分化させると、増殖したNKT細胞になり、それらががん細胞を攻撃し得ることが分かった。

渡会上級研究員は「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。【須田桃子】

確かに、NKT細胞をそうやって合理的に増やすことができれば効果があるだろう。もともと、多くのかんの民間療法も、珪藻類、菌類などで人体の免疫機構を活性化しようとするものがほとんどである。がんの多様性により、すべてのがんにこの方法が効くとは限らないが、一つの福音であることは確かで、実験的段階に留まっていたiPS細胞研究の実用性が大きく見えてきたといえるのではないだろうか。

弁護士トラブル

| コメント(2) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、横浜みらい法律事務所の弁護士が、オフィスで何者かに殺害された。以下、引用:

横浜市中区太田町の法律事務所で2日午後、刺殺された弁護士の前野義広さん(42)は、まじめで温厚な人柄で、消費者問題などに精力的に取り組んでいた。突然、凶刃に倒れたことに、関係者は驚がくの表情を浮かべ、弁護士会は「弁護士業務への重大な挑戦。毅然(きぜん)と対処する覚悟だ」との声明を出した。

「警察を呼んで」。午後2時半頃、横浜みらい法律事務所で働く女性事務員が、隣接するホテルのフロントに駆け込んだ。ホテルの従業員が110番し、女性に受話器を渡すと、女性は「刃物を持った男が事務所に入ってきた。助けて」と叫んだ。

横浜弁護士会などによると、殺害された前野さんは07年9月から同会に所属し、消費者問題対策委員を務めていた。多重債務に苦しむ人などの相談を多く受けていたといい、同じ事務所の弁護士影山秀人さん(52)は「トラブルなどの心当たりは全くない。すごくまじめで温厚な人柄で、電話の応対も丁寧。人を怒らせるような人間ではない」と話した。

横浜弁護士会所属の弁護士が犯罪被害で死傷するのは、1989年11月に起きたオウム真理教による坂本堤弁護士(当時33歳)一家殺害事件以来というから、かなり久しぶりである。この事件はとても遺憾であるが、それでも私は寧ろ、この種の事件はとても少ないので、日本の治安のよさに感心したりする。不謹慎だろうか。

というのは、数年前に、ある年配弁護士と話をしたとき、若い頃、ある訴訟の弁護を担当したとき、相手方がやくざで、自宅に電話がかかってきて、「この事件の弁護から手を引け、さもないと、家族に何があっても知らんぞ」と脅されたという話を聞いた。しかし、脅しに負けたらいけないと、職業的責任感から、必死で耐えて今があるという。幸いにも、本人にも家族に危害は加えられなかったようである。

ここらあたり、やくざの任侠道というか、最低限、素人さんは脅しても手は出さないというけじめなのではあるまいか。実際、最近では、きゃしゃな女性も弁護士になり、やくざ関係の事件に関与してしまうことがある。そういう女性弁護士に危害を加えようと本気で思ったら、暴力団関係者にとって赤子の手を捻るより易しいことだろう。

それは、刑事事件を扱う検事や裁判官にも言えることで、暴力団関係者にとって、担当の裁判官や検事は目の上のたんこぶで、どうにか暴力に訴えたいと、歯軋りすることもあろう。実際、米国では、裁判中に、隠し持った銃で、裁判官や検事が射殺される事件は珍しくない。しかし幸い、日本ではそのようなことはほとんどない。

すなわち、日本は独特の法治国家というか、緊密な空気に縛られた国なので、特にSPなどつけなくても、法曹関係者に危害が及ぶことはほとんどない。それは今後も変わらないと思うが、暴力団でも仁義を弁えない末端の人や、変な狂信的宗教団体によるスカーミッシュはときどきありえる、ということだけのことではないか。「弁護士業務への重大な挑戦」と息巻いても仕方ない。人生のバックグラウンド・リスクである。そんな意気込みよりも、被害に遭いたくなかったら、セキュリティを強化し警戒する、ただそれだけのことである。

データ改竄事件の続報

| コメント(0) | トラックバック(0)

知らなかったのだが、産経新聞によると、筑波大学データ改竄事件の続報として、筑波大大学院の長照二元教授の一審判決が水戸地裁土浦支部であり、地裁は、長照二元教授の訴えを棄却したという。以下、引用:

研究論文の実験データ改竄(かいざん)を理由に懲戒解雇されたのは無効として、筑波大大学院の長照二元教授(56)が大学などに地位確認と2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、水戸地裁土浦支部であり、犬飼真二裁判長は長元教授の訴えを棄却した。長元教授は控訴する方針。

訴状などによると、長元教授は平成18年8月、高温プラズマを一定時間維持する実験を米国物理学会誌に発表したが、大学院生が実験データに不自然な点があるとして大学に告発。大学は実験データに改竄があったとして、20年8月、長元教授を懲戒解雇した。長元教授は処分を不服として同年10月、提訴した。

犬飼裁判長は判決理由で「科学的でない恣意(しい)的で不正なデータ解析などを実行した」と指摘した。

記者会見した長元教授は「補正がないデータを出しても結論は同じ。正しいものを一番合理的な方法でやるのが科学の大事な点」と反論した。

筑波大は「大学側の主張が全面的に認められた妥当な判決」とコメントした。

この一審判決では、おそらく、裁判官は、形式的にしか判断していないと思われる。すなわち、科学的な背景を理解しようともせず、訴状を形式的に読むから、筑波大という権威ある組織の、データ改竄という判断に寄りかかってしまう。

科学的な事実認定が必要な案件なのに、その種の証人を喚問した様子もない。失礼ながら、長元教授側の弁護士の手腕を疑う。民事事件であるが、ミラクル弁護士である、後藤貞人弁護士に依頼してはどうか。しかし、後藤弁護士は刑事専門であるし、こういう科学系の民事訴訟はやはり、勝手が違うか。

しかし、裁判所は、プリンストン大学プラズマ物理の専門家、Thomas C. Simonen博士他、ロシア、ウクライナ、スウェーデン、京都大学など斯界における世界の権威が、文書を以って、筑波大学に抗議しているという事実を重く見るべきである。権威の人達は、インチキなものを擁護すると自らの権威も毀損するリスクがあるので、安易にはサポートしないはずである。だから、そういうサポートをより重視してほしいと思うものである。

ところで、産経新聞Webによると、論文不正で取り上げた東北大大学院歯学研究科の論文の不正疑惑事件であるが、こちらは、一審の仙台地裁で、解雇を無効とする判決があったという。以下、引用:

東北大大学院歯学研究科のグループが発表した論文の不正疑惑問題で、実験結果を捏造したとして懲戒解雇された同研究科元助教、上原亜希子さん(41)が地位保全と未払い賃金の支払いを求めた仮処分申請で、仙台地裁は17日までに、解雇を無効とし、賃金の一部支払いを命じる決定をした。決定は14日付。

本多哲哉裁判官は決定理由で、大学側は学会から上原さんの実験で捏造が疑われると指摘を受けたが、予備調査や再実験をしないなど懲戒処分の手続きに問題があったと指摘。「解雇は客観的に合理的な理由がなく無効だ」としている。

東北大などによると、上原さんは平成13~19年に発表された口内の免疫に関する論文11本で、一つの実験で得たデータや画像を加工し、別の実験結果として流用していたなどとして、昨年12月に同大を懲戒解雇された。

こちらは、解雇に至る事実調査の手続の妥当性が問題とされている。蓋し、尤もである。さらにおかしいのは、東北大学井上総長自身に、論文捏造の疑いがあることである。以下、産経新聞Webからの2009年11月21日の記事からの引用:

東北大の井上明久学長らが執筆した論文に捏造(ねつぞう)や改ざんがあるとして、大村泉東北大教授らが大学に提出した告発書について、東北大は20日、「不正行為があったとする科学的合理的理由は認められない。告発を受け付けない」と発表した。

東北大は告発書の提出を受けて、外部の専門家を含めた対応委員会で検討していた。

大村教授は「一方の当事者の意見だけで結論を出しており、納得できない」と批判した。

これらから、大学当局は、主流の身内に甘く、傍流の職員に厳しいという体質が明るみにされた。民間企業だってスキャンダルはあるが、どうも大学は、はるかに体質が甘いような気がしてならない。笑ってしまう、アニリール・セルカンの事件は東大であった。すると、どの大学でも叩けば埃が出るのかも。

ベータ読み

| コメント(2) | トラックバック(0)

外山滋比古の「思考の整理学」と同じシリーズで、ちくま文庫の「読みの整理学」を読んでみた。

どう考えてもこれは一度読んだことがあるよね、と思っていたら、「読書の方法」講談社現代新書に加筆して再刊したものだという。すると私は、かなり昔に、「読書の方法」の方を読んだらしい。

「読書の方法」を特徴づけるのは、「アルファ読み」と「ベータ読み」という用語である。「アルファ読み」とは、既知のことをなぞり、確かめるような読書である。例えば、昨日テレビで観た野球の試合の結果を、次の日の新聞で読むようなものである。巨人ファンが、巨人が勝った次の日に、その内容をスポーツ新聞などで読むのは至極楽しい。何の違和感もない。もう少し広げて、馴染みの作家の推理小説の新刊を読むとする。ちょっとマンネリの気味はあるが、お決まりの警部が出てきて、ベタな安心感がある。

一方、「ベータ読み」とは、未知を読む読書である。その極北にあるのは、カントの「純粋理性批判」だったりする。一字一句に全く「既知」が使えない。仕方がないので、潤滑油としての解説本を予め読むのだが、それでも、結局、職業哲学者以外には、最後まで読み通すことすら難しいだろう。少し別の意味で、ある意味もっと難解なのは、グロタンディークのElements de geometrie algebrique(EGA)などの数学書であるが、この文脈でそういう本を持ち出すこと自体、頭がおかしいかもしれない。

わざと極端な例を挙げたのは、大抵の読書が何ほどかアルファ読みで、何ほどかベータ読みであることが言いたいがためである。

私のような無節操な多読家が陥りやすい欠点は、ベータ読みでじっくり読むべき本までも、アルファ読みで流してしまうことである。例えば、あるとき、岩波文庫で、ルソーの「エミール」を読んだ。一種の教育論で、ただ私としては新鮮味もなく、ちょっと特異な幼児教育論が気になっただけである。それでも、プラトンの「国家」にあるような過激さはない。そのように曖昧な感想をもっていたら、同じく岩波文庫で、「エミール」を読んだ友人と話したとき。愕然とした。その友人は翻訳のまずさとか、私があまり気付かなかった多くの点を指摘したからである。率直に言って私は、「エミール」が読めていなかった。アルファ読みで流してしまったのである。さらに別の古典のアルファ読みの経験は、大学の教養課程で、西洋文学の授業を受けたときである。そのとき、ゲーテの「ファウスト」を読んで感想を書きなさいという課題があった。ところが私はなんと、ゲゲゲの鬼太郎でも読むモードで、単なる怪奇物語として「ファウスト」を読んでしまい、楽しかった、みたいなふざけた感想文を書いた記憶がある。

それで今更分かったのだが、私が数だけはそれなりに哲学書を読んだことがあるのに、その理解が哀しいほど浅いのは、ついアルファ読みしていたせいのようである。

そんな私が自信をもってベータ読みしたといえるのは、ブルバキの数学原論「集合」の巻を読んだときである。無愛想といえば、これほど無愛想な本もちょっとない。若干の歴史的記述はあるものの、ほとんどが定理と証明、そして演習問題の羅列である。演習問題には見事に、一片の解答もない。これをノートを取りながら、自分で意味を考えつつ考えたことをメモして、可能限り、すべての演習問題も解いた。もちろん読みながら考えつつ、既存の知識に当て嵌めていったので何ほどかアルファ読みも入っているが、これは流石に胸を張ってベータ読みだったといいたい。

それでまた私の偏見に思い至った。私は哲学者なるものがどうしてあんなに既存の哲学書を読んで、意味を見出そうと奮闘努力しているのか、という疑問をもっていた。例えば、カントだの、ヘーゲルだのである。それは単に既存の思想をなぞるだけではないか、オリジナリティは何なのか、という疑問をいまいち払拭できなかったが、そこでもベータ読みの概念を持ち出すと納得がいく。すなわち、哲学者は、カントの純粋理性批判を読みつつ再解釈して、そのうえで自分のオリジナルの思想を展開していく。だから、それがまた一つのオリジナルな思想になる。私は少なくともブルバキの数学原論に適用したのと同程度のベータ読みを、哲学書にも適用すべきだったのである。

という舌の根が乾かないうちに、再びアルファ読みに思考が戻った。すなわち、例えば今手許に、「抽象代数幾何学」永田雅宣、宮西正宣、丸山正樹、共立出版がある。これは、グロタンディークがEGAで展開したスキームの理論が解説されていて、とても格調が高いのであるが、その難解さはブルバキの数学原論「集合」の比ではない。安易な私のベータ読みを峻拒するものがある。そこで思ったのは、ベータ読みが拒絶されるなら、いっそ開き直ってアルファ読みができないか、ということである。すなわち、何かの物語を読むように「抽象代数幾何学」が読めたらな、ということである。そういう読み方に何の意味があるの、という問いかけもしない。それは決して容易ではない。しかしよく考えてみたら、難解な、ベータ読みしか許されないような本の上にアルファ読みの視点を確立することもまた、巡り巡ってベータ読みなのであった。

一方で、既知の、とても易しい本においてなんとか非自明な観点を確立するという意味で、アルファ読みからベータ読みという方向もあろう。

よって、言えることは、読書は、アルファ読みとベータ読みの弁証法で、その正反合の織り成す綾の中に読書の醍醐味があるということになる。そして、何にしても創造的読書は大変である、という当たり前の結論に行き着くのであった。

離婚率

| コメント(13) | トラックバック(0)

以前のブログで、独身生活について書いたが、週刊朝日の6月4日号に、離婚に関する記事があったので、それからメモしてみる。

先ず、3月25日に発表となった厚生労働省の2009年度「離婚に関する統計」によると、結婚したカップルのうち、離婚するのは約30%にもなるという。最早、離婚するのも普通である。しかも、これは40年前に比べて4.5倍だそうだが、これは多分、決して今の夫婦が昔に比べて特に仲が悪いのではなく、昔は、離婚そのものが世間体が悪かったのだろう。

それでは県民別はというと、日本で一番離婚率が低いのは、新潟県で、2008年に限って言うと、1000人当たり1.48人、一方一番高いのは、沖縄県で、1000人当たり2.60人、なんと新潟の約2倍である。

その他、島根、富山などでも相対的に離婚率が低いという。すると、雪国の人は保守的で我慢づよいから、ということになる。これはあまり意外ではない。

ただ、新潟で離婚率が低いのはそれだけではない。新潟では男性がとても大事にされ、女性は男性に尽くすものという気風が強いのだという。すると、男性が少々我儘なことをしても、女性は耐えるものだ、と教えられて育っている。だから、結婚するなら越後女という諺もあるという。私は高校のとき北陸に修学旅行したとき、そこの気風が心地よく、北陸の女性と結婚するんだと根拠もなく誓った。その直感を大事にすべきだったか。

一方、沖縄で離婚率が高いのは、沖縄では女性の立場が強いせいだという。男性はというと、酒を飲んでのんびり遊興する人が少なくない。甲斐性のない亭主はいらない、ということか。また、他人におおらかな県民性で、離婚しても世間体はあまり悪くないようである。

その他の地域で、2008年の1000人当たりの離婚率が高いのは、北海道の2.30、東京の2.10、大阪の2.37、高知の2.17、福岡の2.20などである。

ここから、独断で離婚率を上げる要因を列挙してみる。

  1. 都会であること。例えば、東京、大阪。
  2. 伝統がないこと。例えば、北海道。
  3. 遊興好きな県民性であること。例えば、福岡。
  4. 女性の立場が強いこと。例えば、高知、沖縄。

逆に、離婚率を下げる要因は、次のとおりか。

  1. 田舎であること。
  2. 男性の立場が強いこと。
  3. 保守的であること。
  4. 雪国であること。
  5. 勤勉な県民性であること。

ここからして、女性の立場が強く、伝統が乏しいアメリカ合衆国で、離婚率が高いのは至極当然なのであった。

はやぶさ、帰還確定

| コメント(2) | トラックバック(0)

小惑星探査機に書いた、はやぶさであるが、毎日新聞Webによると、ついに帰還確定の航路に入ったという。以下、引用:

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、人類初の小惑星の岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」が、落下目標地点のオーストラリア南部・ウーメラ砂漠に達する軌道に入ったと発表した。13日深夜の帰還が確定し、7年に及んだ小惑星イトカワへの往復飛行を達成することになった。

JAXAによると、豪州政府の許可が出たため、3日からエンジン噴射を実施。5日午後、予定軌道に到達し、地球から約360万キロを飛行している。9日、落下範囲をさらに狭める最終の軌道修正をする。13日午後11時ごろ(日本時間)、はやぶさと、切り離されたカプセルが大気圏に突入、カプセルだけが約1時間後に落下し、はやぶさ本体は燃え尽きる。

カプセル回収に成功し、中にイトカワの岩石などが入っていれば、人類初の快挙となる。

川口淳一郎・はやぶさプロジェクトマネジャーは「地球帰還が決まり感無量だ。往復飛行という大きな目標が達成できたのは、はやぶさ自体に助けられたようにも思える。カプセル回収も、ぜひやりとげたい」と話した。【永山悦子】

約2ヶ月前は、地球から約2700万キロの地点にいて、ほぼ60日で地球に接近した訳であるから、一日に約45万キロを航行したことになる。それは時速では1.8万キロで、旅客機の20倍もの速さである。抵抗のない宇宙空間では、その程度の速さは、大した動力もなく達成できるのだろうか。

そういえば、昔見た映画の「アルマケドン」では、地球に衝突する軌道にある彗星に対して、衝突回避の核弾頭設置の任務についた石油採掘のスペシャリスト達が、宇宙に飛び立ち、見事彗星を破壊する、というものであったが、現実問題とし考えると、「はやぶさ」の技術をもってすれば、彗星に、探査機を着陸させることは可能だろう。しかし、彗星を破壊可能な爆薬まで搭載できるかどうかは、分からないし、彗星の大きさや材質によっては、破壊は極めて困難であることもあろう。

更なる問題は、小惑星の軌道同定の難しさである。小惑星衝突に書いたように、ある彗星が火星に衝突する確率は、75分の1などのように、とても曖昧にしか計算できない。よって、回避策をとることが間に合わないほど接近しないと、衝突することを検出できない、という悲観的なストーリーになる。

それにつけても、直径330mしかなく、平均秒速25.37kmで移動し、且つ地球から23億キロ離れた小惑星に、無事辿り着けるというのは非常に驚異である。というのは、ポアンカレの定理により、ニュートン方程式の三体問題の解は、一般に厳密には解けず、予測不可能なカオスのような軌道になるからである。しかし、考えてみると、無人爆撃機と同様の原理で、目標の位置を常に確認して、人間による遠隔操作で探索機の軌道を修正できれば、カオス的軌道であっても、なんとかその軌道に近づき、ランディングできる、ということなのだろう。

世界卓球選手権

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、世界卓球選手権の準決勝を見ていて唸ってしまった。男女とも、準決勝まで進出し、最低でも銅メダルが確定。ところが、男女とも、相手に立ちふさがるは、卓球王国中国である。

男子の水谷であれ、岸川であれ、女子の福原愛、平野、石川であれ、部分的には押す局面もあるのだが、大局で見ると大差になっている。あの強気の日本チャンピオン、世界ランク11位の水谷でさえ、完敗であることを認めざるをえなかった。

中国が強いというよりも凄いのは、勝ち続けているからである。将棋の大山は言う。優勝することはそれほど難しくない。普通の力があれば、勢いがあれば優勝できることもある。しかし、人間には調子の波がある。絶不調になることもある。すなわち、勝つためには、才能・努力・運の三位一体が必要であるが、どんな才能があっても、死に物狂いで努力しても、運のところで大きくぶれる。個人生活の都合や体調が運に依存する。

中国の卓球はどうか。何しろ卓球は、建国以来の国技である。あれほど広い国土で、ある意味これほど狭くてせせこましいスポーツが国技というのも意外な気がするが、経緯は知らない。ともかく、中国でのし上がるには、卓球で秀でるのはとても有利である。こうして才能のある子供たちが、こぞって卓球に群がる。13億も人口がいれば、それは凄い才能がある子供が沢山いるだろう。こうして中国は、卓球の才能に全く不自由しない。また、努力はどうか。必死で勝ちあがろうとする中国の卓球選手に、努力が不足するわけがない。それでは運は?

それは個人でみれば、運不運は当然ある。しかし中国はなにしろ層が厚い。日本チャンピオンになって水谷が、中国に卓球の武者修行に行ったことがあった。しかし、まるで練習生のように一蹴されてしまった。それは数年前のことなので、水谷はその頃よりは確実に強くなっている。しかし、水谷レベルの選手はおそらく、中国に数百人はいるだろう。そういう数百人の運の確率分布を重畳すると、集合的にみて中国に運の変動は無視できる。少しでも調子が悪いと、直ぐに交代させられる。それが中国卓球常勝の秘訣である。

そう考えると、日本が卓球で中国に勝つのは至難である。というのは、水谷がさらに努力して、中国のトップクラスに食い込む力をもつことは可能であろう。ところが、それでも水谷は中国の数十人のうちの一人程度の実力にすぎないのに、日本に水谷に匹敵する選手はいない。岸川も、勝負強さで水谷にあと一歩及ばない。すると、いくら才能と努力を積み上げても、個人の運のぶれで中国に勝つことはなかなかできない。確率的に下手したら、団体で勝てるのは数十分の一にすぎず、10年間に一度勝てるかどうか、というレベルだったりする。そのうち水谷も一線の力ではなくなる。女子の福原や石川も事情は同様である。なにしろ層が薄すぎる。日本が中国に匹敵するためには、卓球が国民第一のスポーツにならなくてはならない。野球やゴルフ、サッカーなどに進むべき逸材が全て卓球に打ち込む。そんな仮定が日本でいかな非現実であることか。

ところで、思ったのは、ナンバーワンを目指すというのは、なんとおぞましいことかということである。水谷も、岸川も、銅では満足できない、金でなくては意味がないと呻いた。その顔は、私が見るところ修羅だった。全てを勝つことに投入する生活を、マスコミは賞賛する。ところが、勝ちに拘ると、人生が縮退してしまう。色合いがなくなる。パターンが乏しくなる。世界卓球選手権をずっと眺めていて思ったのは、みんなシェークハンドで攻撃型、細かくみればスタイルの違いはあるものの、パターンに大差はない。それは、将棋で言えば、角換腰掛銀の同型で、深い研究が微妙な勝敗を分けるようでなものである。その結果、プロレベルでは綾があるものの、勝ちに拘りすぎて、卓球が傍目に単純化してしまっている。言い換えると、下手な個性が邪魔になっている。

こういうナンバーワン追求に対するおぞましさの感覚は、私が歳をとって人生から引退しかかっているからだろうか。どうしても違和感を感じてしまうのであった。

これを書いたあと、世界卓球選手権の最終結果を見たら、男子は順当に中国が優勝したが、女子はなんとシンガポールが優勝したという。そのからくりは、シンガポールの選手は実は、中国からの帰化組らしい。ううん、その手があったか。すると日本チームだって、馬龍など、中国の有力選手を多数取り込めば、優勝も夢ではないが、すると、私の勝利に対するおぞましさの感覚は、一層昂じるだけである。

羽田空港に今年10月から国際線定期便が就航することになったが、毎日新聞Webによると、この発着枠配分について、JALとANAが争っているという。以下、引用:

羽田空港に10月末、国際線定期便が就航するのを前に、米国路線の発着枠配分を巡る全日本空輸と日本航空のさや当てが起きている。日系航空会社の割り当ては1日4便で、これまでなら日航と全日空が2便ずつ分け合うのが普通だったが、全日空は「日航の経営悪化の元凶は国際線」と全4便の割り当てを求めている。全日空は公的資金を投入された日航への批判を強めており、2社のバトルは当分続きそうだ。【寺田剛】

確かに、何も前提がなければ、1日4便の枠を、JALとANAで2便ずつ分けるのが妥当だろう。しかし、ANAの伊東信一郎社長は、これに以下のよう異議を申し立てた。

全日空の伊東信一郎社長は26日の定例会見で「(米国路線の)羽田枠はすべてやりたい。(会社更生手続き中の)日航が展開することへの異議、航空連合のバランスをかんがみて要請した」と述べ、国土交通省に4便すべての割り当てを求めたことを明らかにした。このほか、シンガポール便などの開設も検討する。

ANAの伊東社長が、JALの再建計画が発表されてからずっと抗議しているのは、政府から巨額の支援を受けているJALに、独自運営で廻しているANAと同じ運行条件を許してはフェアではないだろう、ということで、それは確かに理解できる。

今まで羽田の国際線は、アジア向けに限られていたのだが、滑走路増設に従い、1日80便の国際線定期便枠が設けられることになった。このうち、米国路線は8枠で、それを日系と米系が二分するので、日系は4枠、そしてそのうちの2枠として当然のようにJALが、サンフランシスコ便とホノルル便の開設を表明したことに、ANAの伊東社長が異議を申し立てた。但し、その理由は、JALが支援を受けている、というだけではない。ユナイテッド・コンチネンタルでも述べた、アライアンスに関連することがある。

すなわち、米系の4便枠は、JALが所属するワンワールドのメンバーである、アメリカン航空(1便)など計3社が米航空当局から認可されており、ANAが所属するスターアライアンスのユナイテッド航空は外されてた、という現実がある。最近では多くの便がコードシェアで運行されることから、これでは実質、ANAに不利である、ということも、ANAの伊東社長の異議の大きな理由の一つである。

もちろんJALの方にも言い分はある。JALの大西賢社長は25日の会見で、今の割当ては、グループ再生に必要だ、と主張する。結局、国土交通省は、両社に2便ずつ割り当てる方針である。それが見かけ上、平等ではある。ここらあたり、JALの経営力はともかく、政治力がANAに優ったか。しかし、JALの経営手腕を狂わせてしまったのもまた、その政治主導というか政府に寄りかかった経営方針なのであった。

独占禁止法には、公的資金を受けている会社の競争力向上を抑制すべきである、という規定はない(多分)。それは寧ろ、競合会社である、ANAから見た論理で、一般ユーザからはなかなか理解されないだろう。ただ、私は、公的資金の使途は路線維持などに限り、競争力向上につながる機材更新は抑制すべきだとの、ANA伊東社長の言い分はとてもよく理解できる。すなわち、自らの落ち度でJALは苦境に陥ったのに、競争力の強化を、投入された公的資金で行うというのはどうしてもおかしい。資本主義なのだから、自らの落ち度は、自ら解決しようと努力すべきであり、それがままならないなら、JALは、退場すべきではあるまいか。そうしないと、JAL崩壊の原因で書いたような退嬰体質がズルズル続くだけということになる。

哲学の効用

| コメント(0) | トラックバック(0)

哲学というのは、私に限って言えば、衒学にすぎないのかもしれない。現実からの逃避だったり、会話に有名な哲学者の名前や学説をちょっと挟んで、格好つける程度である。さっぱり理解できない文章を、ああでもない、こうでもないと線を引きながら読んだ経験もほとんどない。

ところが、ヒューレット・パッカードで女性CEOだったカーリー・フィオリナは、スタンフォードの大学時代、哲学と中世史を専攻し、特にヘーゲルにのめりこんで、毎週2000ページもの専門文献を目を通す学生生活だったそうである。

そのことが何ほどの教養になっているか、よく分からないが、ともかく知的体力を養成するには効果があったであろう。また、ある意味ヘーゲルの本ほど読みにくい文献もなく、その後の人生で、どんな難解な本に出会っても、物怖じしないで済むだけの根性を養う効果があったと思われる。

そういう経歴に鑑みると、大学時代に、あまり実用的な学問を専攻するのもどうか、と思われる。私が実用的だと思う学問は、工学、医学、薬学、経営学などである。法律学も、もし司法試験や公務員試験の準備として捉えられるなら、これほど実用的な学問もない。経営学は、意外に私の好きな学問の分野の一つなのだが、私の知る限り、会社組織や経営理論を学ぶわけで、大学で経営学を学び、そのままサラリーマンになると、頭は経営学だけなのか、と私は暗澹としてた気持ちになる。それでそのまま経営者になるなよ、と勝手に心の中でつぶやいたりする。余計なお世話である。

そうやって実用的な学問の専攻だけで突き進むのがなぜまずいかというと、多面的なパラダイムに思いを馳せないからである。一方、哲学を専攻するという意味は、フィオリナのように知的体力を養うという以外に、常に脱構築していく発想をもつということがある。ギリシャの伝統によれば、哲学とは驚くことであり、平凡な中に驚きを見出すことができれば、それは立派な哲学的態度ということになる。

しかし、カーリー・フィオリナがどれだけ哲学的であるのかは分からない。スタンフォードで哲学を専攻した後はMITでMBAを取得し、実業界に入った。その後CEOに昇り詰め、今年は共和党から、上院カリフォルニア州選に出馬する。なんとなく、ヒラリーの後を追っているようではないか。結局、専攻など関係ないのか。もちろん、ヒラリーでいけなくない。個人的に好きになれないだけである。

ところで、もう2年以上前に書いた内容だが、東芝の西田厚聰社長は、ドイツの政治思想史を学び、イランの関連会社を通じて東芝に入社したという異色の経歴をもつ。東芝の地味ながら意外に着実な戦略を見るにつけ、西田社長については、その経営方針に、どことなく専攻したことのユニークさが滲み出ている。

私自身のことを引き合いに出させてもらうと、大学で専攻した物理学は、高嶺の花のお嬢さんで、完全に振られてしまった。しかし、未だに恋々と気持ちを引きずって、未練一杯片想いである。物理的、数学的、そして将棋的価値観がなんと大きく人生に影を落としていることか。

だから、なんとなく大学の専門の影をいつまでも引きずっている人をみると、気恥ずかしくなると同時に、共感してしまうのである。少なくとも、カーリー・フィオリナはそうではない。まさに、だからどうしたであるが。

結局、哲学の効用なんてない、全くない、ただそれだけのことである。

最新の無人爆撃機

| コメント(2) | トラックバック(0)

無人爆撃機に関連して、友人から紹介された記事であるが、産経新聞Webによると、最新鋭の無人爆撃機を空軍や米ボーイング社などが共同開発しているという。以下、引用:

米空軍は26日、地球のどこであっても1時間以内に攻撃できる通常兵器の開発に向け、超音速無人機「X51Aウエーブライダー」(全長4・2メートル)の飛行実験を西部カリフォルニア沖で実施、成功したと発表した。

空軍によると、X51Aは同日午前、B52戦略爆撃機で上空約1万5千メートルまで運ばれ、加速用のロケットを分離した後の約3分間の飛行中に最高で音速の6倍(マッハ6)を記録した。空軍や米ボーイング社などが共同開発している。

オバマ政権は核兵器削減を進める一方で、アフガニスタンの洞窟(どうくつ)に潜むテロリストでも1時間以内に狙い撃ちできる新たな通常兵器「通常型即応グローバルストライク(CPGS)」の開発で抑止力を維持する戦略を構想している。(共同)

これは、無人爆撃機の凄い技術革新で、今までの無人爆撃機はたった時速130kmなので、現場近くに配備されていないと、駆けつけられない。それが、上空からのロケット加速降下し、地球上のどこでも1時間以内に到着するとは、凄い。米ボーイング社にしてみれば、何しろ無人なので、加速度をあまり気にしなくていいのが有利である。人体なら押しつぶされてしまうような加速度も許容される。

急降下ロケット加速無人爆撃機が可能なら、リモコン操縦のミサイルというのも当然ありで、米軍なら当然もっているだろう。ただ、軍事的な意味であまり発表しないだけだと思われる。

このような無人爆撃機が配備されると、どことは敢えて言わないが、米国と敵対する国の要人は、おちおちと出歩けない。観測衛星などによって居場所を知られると、米国の基地に無線連絡され、1時間以内に無人爆撃機が駆けつける。熟練したオペレータが操作すると、一発必中である。このようなピンポイント攻撃能力は、相当な脅威であるが、国際世論の反発も大きいだろう。

ウインドウズ禁止

| コメント(4) | トラックバック(1)

プレジデントロイターのWebページによると、グーグルが、ウインドウズの社内使用を禁止しつつあるという。以下、引用:

[ロンドン 1日 ロイター] 米ネット検索大手のグーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)が、米マイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報, レポート)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の社内利用を段階的に縮小・停止していると、1日付の英フィナンシャル・タイムズが報じた。中国でのサイバー攻撃を受け、セキュリティ上の懸念があると判断したためという。

記事が複数のグーグル社員の話として伝えたところでは、同社では今年1月から米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の「Mac OS」やオープンソースの「リナックス」にOSを移行している。

米セキュリティソフト会社マカフィー(MFE.N: 株価, 企業情報, レポート)は、中国で起きたグーグルなどへのサイバー攻撃が、最近のバージョンのウィンドウズの脆弱性を突いて行われたと明かしていた。

最初にこの記事をみたとき、これはグーグルのアンチ・マイクロソフト的な施策なのかと思った。というのは、もともと、グーグルは、アンチというか非マイクロソフト的なパラダイムから出発した会社である。ところがその理由は、建前なのかもしれないが、セキュリティ的なものだという。

確かに、ウインドウズのセキュリティ的な脆弱性は昔から指摘されていて、それを補うかのように、毎週のようにMSのサイトから、セキュリティ・パッチが発行される。それはみんな周知なのだけれども、大抵の企業は、ウインドウズから離れようとしないし、現実問題離れられられない。というのは、ほとんどの業務アプリがウインドウズのプラットフォームの上で作られているからで、コストの面でリナックスなどのオープンソースOSに移行したいのは山々なれど、結局使えるアプリが限られていて仕事にならない。また、企業は普通、IT初心者を多く抱えるので、リナックスのそっけないインターフェースにはついていけないだろう。分かる人が多くないので、ITサポートもままならない。

そこいくと、グーグルはクラウドのご本家であるし、おそらく今でも、ほとんど社内アプリはクラウド化されているのであろう。それで想像であるが、グーグルで、ウインドウズの上でMSワードで文章を作成していたら、だっせー、と馬鹿にされるのではあるまいか。

そんなグーグルでは、ウインドウズから脱却するのに、ほとんどためらいはないのではあるまいか。そこでどうせウインドウズを捨てるなら、これをアンチ・マイクロソフト・キャンペーンにしようぜ、とマスコミに洩らしたのではあるまいか。理由にしている中国でのサイバー攻撃であるが、それを受けるのは大抵Webサーバではないか。個々のクライアントではあるまい。そして大抵Webサーバは、リナックス+アパッチだったりするので、ウインドウズがどうのということはないのではないか。

というのが私の読みなのであるが、いかがだろうか。少なくとも私は、普段ウインドウズのクラアイントPC使っていて、サイバー攻撃なるものを意識したことはない。顧みると確かに、意味不明のシステム・フリーズや怪しい挙動に遭うことがあるが、そんなものはもともとのウインドウズの不安定性だよねと、サイバー攻撃ではないかと疑ったことはない。実はそれはサイバー攻撃なのだよというなら、グーグルさん、是非とも事例と証拠をみせてほしいものである。

癌について

| コメント(5) | トラックバック(0)

もう10年以上も前、「患者よ、がんと闘うな」近藤誠という本が出て、物議をかもしたことがあった。その趣旨は、癌検診は役に立たない、癌の手術は有効でない場合もある、癌はそもそも性質がいい癌と、性質が悪い癌があって、後者は結局、治療しても治らないことが多い、というような趣旨であった。

論理的に無理な面と、妥当な面が入り混じっていると思ったが、医学界からの反対がz強く、全体的に無視されてしまっているように思われる。

しかし、少なくとも、癌には性質がいい癌と性質が悪い癌がある、というのは確かであるような気がする。すなわち、知り合いで、「癌の大手術をして胃を全摘した、10年後の今でも生きている、医者が名医だった。」という話も聞くし、一方で、手術の甲斐もなく転移して、2~3年で亡くなる例もある。

上記近藤理論によれば、転移するという性質そのものが、癌が悪性であることを示唆している。すると、癌が発見されたとき、細胞診などで、性質がいい癌と性質が悪い癌かを見極めることができれば、治療方針も変わってくるのではないだろうか。しかし、医療の現場で、良性腫瘍と悪性腫瘍の判定はしても、癌の性質自体を判定しているとは聞かない。私が知らないだけだろうか。

少し話題を変えて、コレステロールと癌について述べる。健康診断などでは、コレステロールが少しでも高いと、それを下げる薬を飲みなさいと医師が示唆する。放置すると動脈効果、心筋梗塞などで、健康に問題が生じるというものである。

しかし、沢山の例をみた訳ではないが、癌に罹る人は大抵、コレステロールが基準値より低いようである。例えば、私の親戚で癌で亡くなった人は今のところ知らない。そして、私の家系は遺伝的にコレステロールが高く、相対的に長寿である。ここにあるようなデータもある。素人考えでは、コレステロールは免疫機構を担う重要な成分なので、コレステロールが低いと、免疫機構がうまく働かないで癌細胞が見逃されるのだろうか。

もしそれが事実であるとしても、低すぎるコレステロールの弊害は喧伝されない。スタチン系のコレステロール低下剤は、巨大市場であり、薬品会社の利益の温床である。薬品会社からバイアスされた医師は、コレステロールを下げることの弊害に言及しないだろう。

癌の研究には何十年という長い歴史があるが、傍目には、遅々として進んでいないように思われる。それが正しいとしたら、癌のというのは、発生する部位に応じて、著しく性質が異なるからであると思われる。さらに上記、性質のよさと悪さみたいな側面もある。ふと思いついたのだが、癌というのは、代数幾何の関数で記述できないだろうか。すなわち、場所依存性の側面があり、性質のよさは多様体として記述され、性質の悪さは特異点として記述できないだろうか。もっと進めると、トポロジーを導入してカタストロフィーの対象として研究できるかもしれない。机上の空論でないようにするためにはどうすればいいか、私には分からないが。

ともかく、ある年齢になって癌で亡くなるというのは仕方がない。コレステロールが相対的に高いからといって私が癌にならないなんていえる訳もない。しかし、あらゆる病気で、なぜその病気が発生したか原因が言い当てられることはまずない。例えば、巨人のコーチだった木村拓也がなぜ若くしてクモ膜下出血に倒れたか確たる説明は誰もできない。大抵の癌もそうである。そうして、病気は、無明と不条理の温床なのだが、誰もそのことに目を向けず、医学の進歩を喧伝する。それもまた、現代社会の一側面なのであろう。

独習本

| コメント(6) | トラックバック(0)

私は新聞を読むとき必ず書籍の広告も眺めるのであるが、ある本の広告を見て、ああっと思った。ここで、「ああっ」というのは、残念がっているのである。

それでは、私が残念がった本とは何かということであるが、それは、「基幹物理学」てらぺいあ刊、星崎憲夫、町田茂著である。「基幹物理学」は、1162ページもあって、力学、熱学、振動・波動、電磁気学、相対性理論・量子物理学入門という章からなる。

なんで「ああっ」なのかというと、別に理系でなくても、大卒でなくても、物理学をきちんと理解してみたいという人が、1年くらいかけてこつこつとこの本を丁寧に読むと、物理の駄目学生だった私の物理学のスキルを凌駕してしまうということに気付いたからである。

言い換えると、私の物理学のスキルはその程度の吹けば飛ぶよなものにすぎないと分かって、情けなさに涙がでそうになった。すると、俺の5年間(1年間は留年だから余計)は何だったのか、ということにもなる。

そうやって落胆ばかりしていられないので、最近買った、マンキュー「入門経済学」を読むことにした。これはかなり初歩の入門書で、おそらく、上記「基幹物理学」ほどは内容は濃くない。それでも、「経済学の十大原理」、「経済学者らしく考える」、「相互依存と交易からの利益」、(ここからがミクロ経済学)「市場における需要と供給の作用」、「需要、供給、および政府の政策」、「消費者、生産者、市場の効率性」、「外部性」、(ここからがマクロ経済学)「国民所得の測定」、「生産費の測定」、「生産と成長」、「貯蓄、投資と金融システム」、「総需要と総供給」から構成されていて、ここでピンときたのは、平均的な経済学部の学生だと、もしかして、これらをきちんと理解していないのではないか、ということである。

これは全く根拠がないことでもなくて、友人で経済学部を卒業した人は少なくないが、景気のこと、インフレのことなど、納得がいく程度にきちんと説明してくれた人を知らない。それはたまたま私の友人は駄目学生だったのかもしれないが。

そこで仮説:「大学の任意の学部で、その一冊をきちんと丁寧に読んで理解すれば、四年間あまり真面目でもなく学んだ学生の知識を凌駕できるような教科書が存在する。」但し、医学部、薬学部のように、卒業時の国家試験が条件になるような学部を除くとする。音楽・デザインなどの芸術系、設計・製図などの技能系も例外であろう(例外が多すぎるぞ)。

この仮説に同意する人は少ないかもしれないが、一方で、適当に遊び呆けて単位だけ取得して卒業した勉強のレベルが、学問的には吹けば飛ぶよなものであることを否定できる人も少ないだろう。

もちろん大学の価値はそういうコツコツ勉強だけではない。有り余る暇で趣味やスポーツ、旅行などに打ち込んで、人生の肥やしにするというのは有意義である。しかし、それが大学に行かなくては得られないものか。それもまた、分からない。

ともかく世間には、「基幹物理学」、マンキュー「入門経済学」など、その分野の学問の基礎が独習で学べる良書はいくらでもあって、何大学卒だろうと、何学部卒だろうと、卒業後意欲があれば学部レベルの知識は身に付けられるので、専門でないから知りません、という言い訳は場合により恥ずかしいことになる。意欲さえあれば、であるが。

私はあえて、意欲をもつことの難しさを無視した。それは私が名にし負う意志薄弱人間だからである。で結局最初の、ああっという嘆きに戻るのであった。

羽賀研二被告

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、羽賀研二被告が、控訴審公判で供述拒否したという。以下、引用:

未公開株の売買で3億7000万円をだまし取ったなどとして、詐欺と恐喝未遂の罪に問われ、1審・大阪地裁で無罪を言い渡されたタレント・羽賀研二(本名・當真(とうま)美喜男)被告(48)の控訴審の公判が26日、大阪高裁であった。

被告人質問が行われる予定だったが、羽賀被告は「黙秘します」と供述を拒否した。被告が被告人質問を拒否するのは異例。

弁護側は拒否の理由として、検察側の証人尋問などで公判が長期化していることを挙げ、「羽賀被告が際限ない(検察側の)攻撃にさらされている」などと主張した。

そういえば、羽賀被告の弁護を担当しているのは、ミラクル弁護士に書いた後藤貞人弁護士なのだった。

ところで、被告が被告人質問を拒否するのは異例というけれども、刑事訴訟法第291条2項に、黙秘権の告知が定められていて、裁判官はまず、被告に、「あなたには黙秘権があります。あなだがしゃべったことは、不利なことでも有利なことでもすべて証拠として採用されることがあるから注意して下さい。」という趣旨のことを伝える義務がある。だから、当然に羽賀被告だって、黙秘権を行使してもいいのだが、滅多に行使されない黙秘権をあえて行使するように指示したであろうミラクル弁護士、後藤貞人には、彼一流の戦略があるのだろうか。

さらにものの本によると、黙秘権の淵源は、憲法第38条1項の「何人も、自己に不利益な供述を強制されない。」にある。なるほど、そこまで根本的なことなのかと改めて感心する。

また、刑事訴訟法は、黙秘権侵害により得られた供述を証拠として採用することを禁止する、というが、そもそも、黙秘権侵害とは何か。取調官が暴力、薬物その他の手段で強制的に供述をとることなのか。それなら実際上、ほとんど違反なのではあるまいか。

さらに、刑事訴訟法によれば、黙秘したことを不利益に推定することの禁止を規定するが、黙秘したことを量刑上不利益な資料として考慮してよいかどうかについては、争いがあるという。それゆえに、大抵の刑事弁護士は、実際に法廷で黙秘権を行使することをためらうのかもしれない。

それでも敢えて黙秘権行使を選んだということは、後藤貞人弁護士は、法廷の慣習を敢えて離れて、根源的に刑事訴訟法を読み直し、作戦を練って、黙秘権行使を決定したのだろうか。それが裁判テクニックの深い読みであるなら、私のような素人には到底窺いしれないことである。

新光記録材料

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、東大の大越教授らのチームが、新光記録材料を発見したという。以下、引用:

光を当てるだけで、電気を通しやすい状態と通しにくい状態を行ったり来たりする金属酸化物を、大越慎一・東京大教授(物性化学)らのチームが発見した。光を使って情報を記録するDVDやブルーレイディスクの材料に比べ、格安で大量生産でき、記録密度もはるかに高いという。次世代の光記録材料として注目されそうだ。23日付の科学誌「ネイチャー・ケミストリー」(電子版)に掲載された。

大越教授らは、おしろいの原料や光触媒として広く使われている酸化チタン類に着目。チタン原子3個と酸素原子5個が結合した「五酸化三チタン」のナノ結晶(粒径8~20ナノメートル、ナノは10億分の1)を作り、性質を調べた。この結晶は、電気を通しやすい黒色の粒子で、紫外線-近赤外線に相当する波長のレーザー光を当てたところ、結晶構造が変化し、電気を通しにくい半導体的な性質に変わった。その逆の変化が起きることも確かめた。最も一般的な「二酸化チタン」のナノ粒子を、炉内に水素を吹き込みながら加熱することで、この結晶を簡単に作る方法も開発した。

DVDやブルーレイディスクには、ゲルマニウムなどレアメタル(希少金属)の合金が使われている。今回発見した金属酸化物は、価格が約100分の1で安全性も高い。光記録材料として使えば、ほぼ同じ強さの光でブルーレイディスクの約200倍の情報を記録できるという。

大越教授は「今後、実用化に向けて企業と共同研究していきたい」と話している。【須田桃子】

周知技術では、DVDは、ZnS,SiO2、AlN. SiNのような誘電体と、GeSbTe, InSbTe, AgInSbTe,などからなる記録層と、Au,Ta,Agなどからなる反射層で構成される。すると、一見、大越教授ら提案の五酸化三チタンというのは、従来の記録層と構成と、周期律表的らには近いところがあるように思われるが、チタン原子3個と酸素原子5個のナノ結晶というのはやはり新しいのだろう。

ほぼ同じ強さの光でブルーレイディスクの約200倍情報を記録できるという性質は、ムーアの法則が光学記録媒体の分野で今後も続くことを示唆する。

ただ、水をさすようであるが、今後、光学記録媒体に要求されるのは、記録密度よりも寧ろ、記録情報の安定性ではないだろうか。すなわち、安いビット単価で、何十年にも亘って記録できる媒体である。すると、意外にDVDなどの高密度記録媒体の出番はなくて、大容量記録のバックアップはテープでよい、その他は、RAIDなどのディスクでカバーする、というスキームになるのかもしれない。クラウドコンピューティングの隆盛が、この気風に拍車をかけている。すなわち、データ保存は、遠隔サーバのディスクでいいなら、個別のDVDのような媒体の値打ちは下がる。レンタルビデオも、そのうちネット配信になるだろう。すると、期限付きでみれるコンテンツにすればいいので、返却する必要もない。もっと言うと、レンタルビデオ屋に行く必要もない。意地悪ではないが、すると、この発明もどうか、ということになる。発明は、市場動向に依存してしまうのである。

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。