ベータ読み

| コメント(2) | トラックバック(0)

外山滋比古の「思考の整理学」と同じシリーズで、ちくま文庫の「読みの整理学」を読んでみた。

どう考えてもこれは一度読んだことがあるよね、と思っていたら、「読書の方法」講談社現代新書に加筆して再刊したものだという。すると私は、かなり昔に、「読書の方法」の方を読んだらしい。

「読書の方法」を特徴づけるのは、「アルファ読み」と「ベータ読み」という用語である。「アルファ読み」とは、既知のことをなぞり、確かめるような読書である。例えば、昨日テレビで観た野球の試合の結果を、次の日の新聞で読むようなものである。巨人ファンが、巨人が勝った次の日に、その内容をスポーツ新聞などで読むのは至極楽しい。何の違和感もない。もう少し広げて、馴染みの作家の推理小説の新刊を読むとする。ちょっとマンネリの気味はあるが、お決まりの警部が出てきて、ベタな安心感がある。

一方、「ベータ読み」とは、未知を読む読書である。その極北にあるのは、カントの「純粋理性批判」だったりする。一字一句に全く「既知」が使えない。仕方がないので、潤滑油としての解説本を予め読むのだが、それでも、結局、職業哲学者以外には、最後まで読み通すことすら難しいだろう。少し別の意味で、ある意味もっと難解なのは、グロタンディークのElements de geometrie algebrique(EGA)などの数学書であるが、この文脈でそういう本を持ち出すこと自体、頭がおかしいかもしれない。

わざと極端な例を挙げたのは、大抵の読書が何ほどかアルファ読みで、何ほどかベータ読みであることが言いたいがためである。

私のような無節操な多読家が陥りやすい欠点は、ベータ読みでじっくり読むべき本までも、アルファ読みで流してしまうことである。例えば、あるとき、岩波文庫で、ルソーの「エミール」を読んだ。一種の教育論で、ただ私としては新鮮味もなく、ちょっと特異な幼児教育論が気になっただけである。それでも、プラトンの「国家」にあるような過激さはない。そのように曖昧な感想をもっていたら、同じく岩波文庫で、「エミール」を読んだ友人と話したとき。愕然とした。その友人は翻訳のまずさとか、私があまり気付かなかった多くの点を指摘したからである。率直に言って私は、「エミール」が読めていなかった。アルファ読みで流してしまったのである。さらに別の古典のアルファ読みの経験は、大学の教養課程で、西洋文学の授業を受けたときである。そのとき、ゲーテの「ファウスト」を読んで感想を書きなさいという課題があった。ところが私はなんと、ゲゲゲの鬼太郎でも読むモードで、単なる怪奇物語として「ファウスト」を読んでしまい、楽しかった、みたいなふざけた感想文を書いた記憶がある。

それで今更分かったのだが、私が数だけはそれなりに哲学書を読んだことがあるのに、その理解が哀しいほど浅いのは、ついアルファ読みしていたせいのようである。

そんな私が自信をもってベータ読みしたといえるのは、ブルバキの数学原論「集合」の巻を読んだときである。無愛想といえば、これほど無愛想な本もちょっとない。若干の歴史的記述はあるものの、ほとんどが定理と証明、そして演習問題の羅列である。演習問題には見事に、一片の解答もない。これをノートを取りながら、自分で意味を考えつつ考えたことをメモして、可能限り、すべての演習問題も解いた。もちろん読みながら考えつつ、既存の知識に当て嵌めていったので何ほどかアルファ読みも入っているが、これは流石に胸を張ってベータ読みだったといいたい。

それでまた私の偏見に思い至った。私は哲学者なるものがどうしてあんなに既存の哲学書を読んで、意味を見出そうと奮闘努力しているのか、という疑問をもっていた。例えば、カントだの、ヘーゲルだのである。それは単に既存の思想をなぞるだけではないか、オリジナリティは何なのか、という疑問をいまいち払拭できなかったが、そこでもベータ読みの概念を持ち出すと納得がいく。すなわち、哲学者は、カントの純粋理性批判を読みつつ再解釈して、そのうえで自分のオリジナルの思想を展開していく。だから、それがまた一つのオリジナルな思想になる。私は少なくともブルバキの数学原論に適用したのと同程度のベータ読みを、哲学書にも適用すべきだったのである。

という舌の根が乾かないうちに、再びアルファ読みに思考が戻った。すなわち、例えば今手許に、「抽象代数幾何学」永田雅宣、宮西正宣、丸山正樹、共立出版がある。これは、グロタンディークがEGAで展開したスキームの理論が解説されていて、とても格調が高いのであるが、その難解さはブルバキの数学原論「集合」の比ではない。安易な私のベータ読みを峻拒するものがある。そこで思ったのは、ベータ読みが拒絶されるなら、いっそ開き直ってアルファ読みができないか、ということである。すなわち、何かの物語を読むように「抽象代数幾何学」が読めたらな、ということである。そういう読み方に何の意味があるの、という問いかけもしない。それは決して容易ではない。しかしよく考えてみたら、難解な、ベータ読みしか許されないような本の上にアルファ読みの視点を確立することもまた、巡り巡ってベータ読みなのであった。

一方で、既知の、とても易しい本においてなんとか非自明な観点を確立するという意味で、アルファ読みからベータ読みという方向もあろう。

よって、言えることは、読書は、アルファ読みとベータ読みの弁証法で、その正反合の織り成す綾の中に読書の醍醐味があるということになる。そして、何にしても創造的読書は大変である、という当たり前の結論に行き着くのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1840

コメント(2)

α読みというのはあやたろう様のように年間読書数が相当な方が言及できるものでしょう。性質上それまでの読破数に比例してα読みできる比率が上がるものと思われます。どのような本でも必ず引っかかり多くの時間をそこで費やす私は殆どβ読みです。上で言われている数学の演習問題と言えども解法がイメージできるまで上達していればβに対するαの比率は半々ぐらいいきそうな気がします。ただ何気にすっとばす癖がついたりした場合にはβ読みそのものができなくなる可能性がありますので、そちらの方に注意したいですね。

> 性質上それまでの読破数に比例してα読みできる比率が上がるものと思われます。

いえ、週刊誌しか読まないとか、将棋の好きな人が将棋の本しか読まないとか、結構アルファ読みで閉じることはできます。それはそれで幸せなのてす。違和感ないですし。ベータ読みに一歩踏み出すには、少しだけ勇気が必要なのです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年6月 8日 06:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「離婚率」です。

次のブログ記事は「データ改竄事件の続報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。