2010年7月アーカイブ

数楽者の限界

| コメント(4) | トラックバック(0)

道を歩いていて、「数楽者の限界」というテーマが頭に浮かび、つい笑ってしまった。なぜなら、数楽者ほど限界に満ちた、あるいは、日々限界に直面する存在もなかなかいないからである。ここでいう数楽者とは、説明の要もないだろう。すなわち、専ら楽しみのために数学について考え、あるいは勉強する人のことである。そのレベルは全く問われない。中学レベルであってもよいし、ほとんど玄人はだしであってもよい。条件は、自分を数楽者であると認めることだけであり、一旦本人が認めると、他人はそうでないと、誰一人否定できない。

何度も書いたが、私は大学で一応物理を専攻した。数学は、子供のとき以来、得意だったことは一度もなく、大学に入ってからも、数学は所詮、物理学のための道具に過ぎなかった。ともかく、自堕落な日々のあと、仕方なく大阪の会社に就職してから、今更のように急に、理論物理を勉強したくなった。阪大または大阪市大なのかもしれないが、どこか大阪の大学の大学院で改めて理論物理を専攻してみたくなったが、何しろ、安月給で、日々の暮らしを凌ぐのが精一杯である。仕事だってろくにまだ覚えていないし、会社ではいろいろとしごかれている日々で、精神的にも余裕がない。しかも、試験が大の苦手な私が、少々の勉強でまともな大学の大学院に受かるものだろうか。それにである、万が一大学院に受かったからといって、理論物理を専攻して何の保証があろう。もし頑張ってドクターの学位をとっても結局、予備校の数学の講師になるのが関の山ではないか、などと考えていたら、まったく踏ん切りがつかなかった。私は生意気な口ぶりとは裏腹に、実に臆病でコンサーバティブな、弱気な人間なのであった。

そういう鬱屈の日々を送っていたら、その大阪の会社の研究部門に、妙な人がいるのに気付いた。がっしりした体格なのに、部屋の隅で何か本を読んでいる。その本が、数学の本であることに気付いて、声をかけた。するとにこやかに応じてくれて、会話がはずんだ。その人は、大学では冶金工学を専攻したのだが、本当は数学が好きで、工学部の中で一番数学を駆使すると思われる航空工学を受験したのだが、なにしろ、数学以外の受験科目が得意でないので、ボーダーラインに達せず、仕方なく第2志望の冶金工学に進んだというのだが、手に持っている数学は、純粋数学の本で、どうみても研究と関係がありそうもない。それが人生における初めての数楽者との出会いであった。

その人とは妙にウマがあい、暇さえあれば、一緒に会話した。いつも数学の本を読んでいるのに、なぜか、あまりまともに数学を勉強したことがない私よりも、数学の知識が少ない。それで、からかっていたら反論された。私も不勉強なので、反論に数学的にまともに答えられなかった。そこで、くやしいので私も自宅(といっても当時は会社の寮にいたのだが)で数学を勉強しているうちに、私もすっかり、数楽者の道に嵌ってしまった。

私は、ウマが合う異性というのに出会ったことがないが、その友人が異性だったら、多分結婚していただろう。といはえ、いかなる意味でもホモセクシュアルな気持ちはなく、純粋に精神的なものだった。

そうやって、その友人を含め仲のよい友達は多少いたけれども、その大阪の会社があまりにも嫌で、結局東京に出てきたので、別に喧嘩別れした訳でもないのにその友人とは疎遠になってしまった。しかし、一旦呼び覚まされた数楽者の血は鎮まらず、今度は数学を基礎から大学で勉強してみたくなった。それで調べてみると、東京理科大の理学部に二部があるらしい。試験の苦手な私も二部なら少し勉強すれば受かるのではないかと安易に考えたのだが、そこでも差し当たっての限界はお金であった。なにしろ、ここでも安月給で、呑み代と本代とその他アパート代、光熱費で全く残らず、学費を捻出する余地は全くない。

それでも、ある友人に相談したら、そんなに数学を勉強したいたら、夢を追いなよ、と言ってくれた。すなわち、呑み代を削ればぎりぎりなんとかなるのではないか、と。しかし、そこでも私のコンサバの性格がもたげてきた。そもそも、法律を勉強して弁護士を目指すとか、特許法を勉強して弁理士を目指すなど、目標達成後に目に見える成果が期待できるならともかく、食べていく手段として、数学というのはあまりに迂遠である。仮令頑張って東京理科大の理学部夜間の数学科を卒業したとして、一体どんな未来があるというのか、というと何も見えないのである。

こうして私は、暇をみて、ただ数学の本を眺めるだけの地味な数楽者に戻った。ここまで書いてきたことから、自明とも言える数楽者の限界を書き下してみると、次のとおりである。

まず、数学というのは、法律のような稼げる技芸とは全く異なるので、生活費がないと勉強できない。それが最初の限界である。

次に、数学は、十分時間をかけて勉強しないと理解できない。薄い一冊の本をちゃんと理解するのに1年もかかったりする。だから、ガウスは、何よりも時間を大事にし、大した俸給でもないのに、暇がたっぷりある天文台の仕事を好んだのである。あ、ガウスは数楽者ではないではないかと言われるかもしれない。それはそうなのだが、どうみても、その経歴をみると、数楽者兼数学者であるとしか思えない。すなわち、次は時間の限界である。

ところが、数楽者と数学者を分ける最大のものは、いうまでもなく、才能なのであった。だから、数楽者には誰でもなれるが、そのうちの限られた人だけが、数学者と呼ばれるに値する。数学者になるためには普通、大学で数学を学ぶなどの教育機会をもつ必要があるかもしれないが、それは必須ではない。才能さえあれば、独学でも、ラマヌジャンのように、数学者になれる。ただ、才能は誰も否定しないが、ハーディーに見出される前のラマヌジャンが数学者と呼ばれ得るかは微妙である。よって、数学者と呼ばれるには、世間に受け入れられる形式で、論文を書けるスキルというのが望ましいということになる。

最後に、数楽者として一応の見易い目標として、私は次のようなものを設定している。すなわち、代数なら、ガロア理論をある程度理解でき、解析なら、測度論とルベーグ積分そして関数解析がある程度理解でき、幾何なら、トポロジのマイヤービートリス完全系列あたりまでが理解できる、とこれくらいまでくれば、数楽者としては上出来なのてはないかと思い、死ぬまでにその辺まで勉強できれば、と最近こつこつ勉強している次第である。それでも、志村・谷山予想レベルは絶対に理解できないであろう、ということくらいは分かっているつもりである。多少なりとも人生のロマンということを理解できる人なら、なんと無意味な、と哄笑することはないと信じる。

従軍看護婦

| コメント(0) | トラックバック(0)

今でこそ、米軍は、イラクなどに女性兵士を送り込む。しかし、少なくとも第2次大戦の頃は、女性が召集令状を受けることはまさかないと思っていた。すなわち、前線で戦い死んでいくのは、よくもわるくも(よくも、というのは考えにくいが)男達なのだと。

戦うという意味では、そうだったのかもしれないが、戦争に召集され、兵士たちと変わらぬ辛酸を舐め、命を危険に晒した女性たちがいる。それが赤十字看護婦である。その艱難辛苦の有様を、「従軍看護婦の大東亜戦争」祥伝社に従い、メモしてみる。

赤十字は、1863年、戦場において、敵・味方の区別なく傷病者を救護する、という目的で、ジュネーブで創設された。日本赤十字社の前身である博愛社が創設されたのは1877年で、戦争や自然災害の犠牲者の援護と救援に、今に至るまで関わり続けている。

そもそも、日本赤十字社は、日本赤十字社法により、国が行う救護活動に協力することを義務付けられており、特にその第27条には、次のとおりある。
第27条 日本赤十字社は、第1条の目的を達成するため、左に掲げる業務を行う。
  1. 赤十字に関する諸条約に基く業務に従事すること。
  2. 非常災害時又は伝染病流行時において、傷病その他の災やくを受けた者の救護を行うこと。
  3. 常時、健康の増進、疾病の予防、苦痛の軽減その他社会奉仕のために必要な事業を行うこと。
  4. 前各号に掲げる業務のほか、第1条の目的を達成するために必要な業務
2 前項第1号及び第2号に掲げる業務には、第33条第1項の規定により国の委託を受けて行うものを含むものとする。

日本赤十字社の前身である博愛社は、西南の役で負傷者を救護したのが最初だった。濃尾大地震の救護活動に当たった看護婦に、日本赤十字社の創設者の佐野常民は、次の言葉を送った。

一、至誠以テ救護ニ従事スヘキコト
一、奮勉以テ艱苦ニ堪ヘキコト
一、節操以テ品行ヲ慎ムヘキコト

これは文字通り、従軍看護婦の重い指針となった。元従軍看護婦の手記を読むと、あまりにもこの指針どおりなので、涙なしでは読めないものもあった。

西南の役に始まる日本赤十字社の看護婦の救護活動は、北清事変、日露戦争、第1次世界大戦、シベリア事変、満州事変、第2次世界大戦とあらゆる戦争に及んだ。第2次世界大戦で派遣された日本赤十字社の社員は、35785人であったが、そのうちの殉職者は1187人、特に従軍看護婦の殉職者は1120人であった。戦死者に比べると相対的に少ないようであるが、もともとジュネーブ協定で厚く保護された非戦闘員であるので、決して少ないとはいえない。死因も、輸送船の撃沈、敵または味方による誤射、病気などである。

日本赤十字社の看護婦は、突然「赤紙」を受け取る。幼い子供がいようと、老いた両親を抱えようと、夫が出征しようと容赦ない。看護学校を卒業したばかりの新米にも召集は来る。国家の要請は非情である。

行き先は、満州、上海、徐州、サイゴン、ビルマ、フィリピンなど。終戦後、シベリアに抑留された看護婦もいた。流石に、硫黄島、ペリリュー島、ガダルカナルなどのdead endの地には派遣されなかったようである。

とはいえ、従軍看護婦は、衛生兵の厳しい監督下におかれ、一切の自由行動はない。そもそも、戦場にあって、負傷者の数は限りないが、従軍看護婦の数は限られており、必然的に一人で多数の負傷者を看護しなくてはならない。それは想像を絶する激務であり、医師や薬物が決定的に不足する中で、本来は助かるはずの者もどうしようもなくて死んでいくケースも少なくない。また、ジャングルの中を進む軍隊とともに行軍すると、まかり間違えると、女ひとりでジャングルに取り残されることもある。その心細さは想像を超えている。当然に、マラリアなどの風土病に罹ることもある。敵の一斉攻撃で、共に全滅することもある。

それにしても、従軍看護婦の責務が重いのは、
一、至誠以テ救護ニ従事スヘキコト
一、奮勉以テ艱苦ニ堪ヘキコト
も然ることながら、
一、節操以テ品行ヲ慎ムヘキコト
がずっしり重く圧し掛かる場面があるということである。例えば、敗戦後、満州の地に残された従軍看護婦の一行は、ソ連軍が襲来することが確実になったとき、自らの心臓を刃物で突いて自害した。なぜなら、徒に佇んでいると、従軍看護婦といえども一介の女性なので、性的陵辱の対象にされてしまう虞が大である。そうなってしまうと、節操も品行も保てない。そこで、大和魂の従軍看護婦達は、従容と死を選んだのである。まさに武士の心意気である。推察するに、従軍看護婦にとって節操と品行が重要なのは、例えば、特定の兵士と恋愛関係になってしまうと、分け隔てのない看護に重大な支障が生じてしまうからであろう。だから、心を鬼にして、私情というか、恋心を封止しなくてはならないのである。そして、意図とは反することではあれ、陵辱されるなど、とんでもないことである。

そうやって心を鬼にしながら、看護する傷病兵達には誠意をもって優しく接し、できるだけ安静と慰安を与えなくてはならない。すると、傷病兵の中には、感極まって男泣きする者もでてくる。こんな優しい対応は、母親さえもしてくれなかった、と。看護婦は、涙を見て見ぬふりをしつつ、看護を続ける。ううん、なんと困難な職業なのだろうか。

そういえば、先日、病院に父の見舞いに行ったとき、看護婦さん(今は、正式には看護師と呼ぶようである)が実に甲斐甲斐しく面倒を見てくれる場面に何度も接した。そして、偏見かもしれないが、会社のOLよりもなんと大変な仕事なのだろう、何しろ、知らない老人の下の世話までしなくてはならない、でも、その責任の割には高給でもないのだよね、とつい考えこんでしまった。目先の損得を言うなら、夜勤もあるし、絶対にOLより損である。それでも、一種使命感に燃えて、看護師になるのだろうか。もしそうなら、銃弾が飛び交う中で看護するわけではないにせよ、何ほどか、従軍看護婦の伝統がそこに繋がっているのかもしれない。

育児ノイローゼ

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本テレビの山本真純アナウンサーが自殺したとみられる事件で、スポニチWebによると、原因は育児ノイローゼにあったのではないかという。以下、引用:

日本テレビの山本真純アナウンサー(34)が27日、仙台市青葉区の高層マンションから転落し、死亡した。午前4時45分ごろ、通行人が倒れている山本アナを発見し警察に通報。仙台北署は飛び降り自殺とみて調べている。

山本アナは昨年3月、水中リポートの仕事で知り合ったスキューバダイビングのインストラクター(33)と結婚。今年2月に第1子となる男児を出産し、現在、育児休暇中だった。関係者は「明るくてさっぱりした女性なのになぜそんなことに」と衝撃を受けている。

午前4時45分ごろ、マンション前で人が倒れていると通行人が119番。仙台北署員らが駆けつけたところ山本アナが倒れており、すでに死亡していた。仙台北署は「事件性はない」としており、現場の状況などから自殺とみて調べている。捜査関係者によると遺書のようなものがあるという。

「明るくてさっぱりした女性なのになぜそんなことに」とは誰もが思うことであるが、私が見るところ、そのことが寧ろ陥穽となっている。

あと、経歴をみてみると、当然かもしれないが、結構華やかである。

◆山本 真純(やまもと・ますみ)1976年(昭51)6月11日、東京都生まれ。学習院大理学部を卒業後、99年に日本テレビにアナウンサーとして入局。「ニュースプラス1」で03年10月~06年3月、「Newsリアルタイム」で06年4月~07年3月にサブキャスターを務めるなど夕方のニュース番組で活躍。08年8月の開局55周年ドラマ「ヒットメーカー 阿久悠物語」にはアナウンサー役で出演した。

そういえば、頭もよく容姿も優れる、マドンナのような女性が高校時代に同じクラスにいたという話を誰かから聞いたことがある。特に好きだとかいうより寧ろ、憧れの対象だったらしいが、同窓会に行って噂で聞くところによると、大学を卒業してある一流企業に就職し、結婚したのに、子供ができて育児するうちに、やはり育児ノイローゼで自殺したということで、ショックだったという。

すると、華やかな経歴の女性で、ある割合で育児ノイローゼになる人がいて、さらにその一部の人が自殺してしまう、ということである。

なぜなのか、というのは説明の要もあるまい。すなわち、頭がよく、容姿も優れる女性は、子供の頃からちやほやされ、勉強だってちょっと努力すれば他人よりできてまうので、艱難辛苦で努力して克服すべき困難というのがほとんどない。すると、忍耐の訓練ができないのである。

一方、育児はというと、産まれた子供は、確かに可愛いが、我欲の塊で、育児する側は、場合により異様な忍耐を強いられる。それでも、大抵の女性は、文句いいながら、夫に当たったりしながらなんとか子供を育てるが、どうも生まれつき育児の苦手な女性というのがいるらしくて、それでいて、子供の頃から才色兼備で育つと、もともと育児が苦手であるところ、忍耐力も涵養されないので、いよいよ育児に向かない女性ができることになる。

女性なのに育児が苦手というのはありえない、という程楽観的に生きている人はいるだろうか。しかし、女性でも炊事が苦手、女性でも子供に愛情を感じないなど、多種多様で、そういう人がいるのは考えてみたら当然である。

ところが、育児が苦手であっても、あるいは、それだからこそ容姿が魅力的で男性を惹きつけたりする。理想の女性に見えたりするのである。こうして誤解が虚像をつくる。そのギャップは、ある状況下で、この例のようなカタストロフになる。人は虚像を見続けているので、なんと意外な、と思う。

もしかして、カタストロフを防ぐ有効な方法は、本人が、虚像の虚像性に気付くことであろう。しかし、華やかなマスコミでの成功が、虚像性を覆い隠す。

成功しなければいいのである。ひっそりと生きていけばいいのである。しかし、容姿が、経歴が、オートノミックに、人生を突き動かす。成功しないことも、それに引き続いて破滅しないことも、許されないのである。人生の岐路は多様なので、何かに逃げ道はありそうなものだが。

多読術

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にこのブログにも書いたように、私は基本的に速読法なるものを信じないというか、心を動かされない。しかし、多読法となると、ちょっと心が動く。私が普段やっていことが、なるべくジャンルを手広く読むことだからである。

一方で、私は、成毛眞氏のファンである。成毛氏は、私とは人間のタイプは全くことなるし、なぜなのか、と考えてみると、大の読書好きで、「本を読まない奴は猿だ。」とか、公言してはばからないからである。私は、成毛氏ほど読書の効用にポジティブになれない。そこから得られるものは所詮限られているという思いはいつもどこかにある。それでも、暇さえあれば何か読んでいるのは、単なる偏執狂としかいえない。それで、本ばっかり読んでいていいのかという不安を、成毛氏の著書は和らげてくれるのである。

そんな成毛氏が、「実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)」を出した。正直言って、そんな薀蓄の詰まった本とは期待したわけではないが、何しろファンなので、いい歳してミーハーに買ってしまうのである。成毛氏の別の著書である、大人げない大人だろうか。

では、成毛流の多読術はというと、ともかく先ず多数の本を手に取る。月に200冊というから、あまりにも半端ではない。私は果たして年に200冊も手にするだろうか。ううん、年なら、なんとかそうか。ただ、成毛氏は、月に200冊完読するわけではない。実際に読み通すのは、10冊か20冊。それも、同時並行的に併読する。しかも、トイレの中とか、書斎とかあちこちに本が置いてあるという。これ、結婚していたら、相当家人に理解がないと難しいスキームだろう。ただ、私は、貧乏性で買った以上はとつまらなくても完読しようとするし、どうも抵抗があって、2冊以上併読する気がしない。要するにいろいろな本から何か情報を得ればいいのだ、という成毛氏のドライさは参考になる。

ただ、絶対真似できないのは、成毛氏が巨大な書庫をもっていて、買った本は原則捨てないで、そこに何千冊も蓄積されていることである。本当は私も真似したいけど、財力が許さない。ここらあたりが、元マイクロソフトの社長と、一介のサラリーマンの差である。

では、成毛流はどんな本を読んでいるのだろうか。これに対する答えは多分、全ジャンルである。というのはあるとき、成毛氏は、ジュンク堂などの大型書店を、隅すら隅まで歩いて、全ての本を眺めると言っていた。そうは言っても、私のみるところ、成毛氏の読書は、情報効率的なところがあるので、ストーリーを楽しむような文学はあまり読まれないようである。また、古典もあまり読まないようである。ここらあたり、立花隆氏とか、池田信夫氏もどちらかというとその傾向にある。確かに、情報を得るという意味だと、文学や古典は、効率が悪い。最も効率が悪いのは、マルクスの資本論をじっくり読んで、経済学を学ぶことであろう。

すなわち、成毛氏が好む分野は、ノンフィクション、軍事もの、科学、歴史などである。多読だからといってハウツーものには流れない。間違っても勝間和代は読まないだろう。経済の分野も、本格的な経済学書を読むべしという。同感であるので、私は遅々としてマンキューを読んでいる。

ただ、割り切れないというか、どうしても同意できないのは、古典に対する態度で、古典をじっくり読むことの意義をあまり認めないし、それがオーバーランして、紫式部は果たして文章がうまかったのかとさえ疑う。こういう非権威主義は私は実は好きだが、紫式部が悪文家というのは流石にないのではないか。

古典に対する私の態度は相当保守的であって、今でも、時間ができたらじっくり読みたいのは、プラトンとかヘロドトスなどのギリシャもの、それと、正法眼蔵、徒然草などの日本の古典である。あと、中国の老子、荘子など。今だって、自宅の机の傍らに置かれているのは、なぜか宇治拾遺物語だったりする。

ただ、そういう細かい見解の相違は、誤差の範囲であって、成毛氏の読書の効用に対する手放しの賞賛は、本を読むこと(理解度ではなく、読んだ冊数でもなく、単に、本を読むことに費やした時間)くらいしか取りえがない私にとっての最大の慰みである。だから、成毛氏が次になにか本を出したらまた、大人げなく買うに違いないのである。

重点校指定

| コメント(4) | トラックバック(0)

東京では、私立の有名進学校が台頭する前は、東大に沢山入る高校といえば、日比谷高校、新宿高校、西高校、上野高校などの旧制中学の流れを汲む、都立の伝統校であったが、それが、筑波大付属、開成、麻布など、リストするのも大変なくらい、いろいろな有名私立にとって変わられたのは、いつの頃か思い出せないくらい昔の話である。日比谷高校といえども、毎年、東大に数人しか入れないと嘆く話も聞いたが、秀才が、開成などに取られているのだから、仕方ない。それはそれで別にいいではないかと思うのは、第三者の無責任さであろうか。

ところが、旧名門都立高校は、それが悔しくて、なんとか復権を図っているそうである。その取り組みの一つが、教育委員会による重点校指定で、どうするかというと、特別予算をつけて、教員が、予備校の講師に受験指導を教わったりする。

東京都教育委員会は、ベネッセ、河合塾、駿台、代ゼミなどと契約し、高校の教師が、予備校の講師に指導を受ける。例えば、授業を聞いていた予備校の講師が、「ここはもっと簡潔に。」、「解法は1とおり教えればいい。」、「ポイントを明確に。」とかアドバイスする。それは端的に言って、都立高校の予備校化であるが、それでいけないという発想は意外にも都立高校側にはなく、なんとか進学実績を上げなくては、と躍起である。物事を表面的にしか考えず、哲学がないような気がするが、それが思考停止時代の風潮であろう。

その進学実績を測るための指標というのが、なんともドライだと苦笑するのは、国立の最難関四大学(東大、京大、東工大、一橋大)と国公立医学部の合格人数なのだという。分かり易すぎる。ただ、世界大学ランキングだと、東工大より寧ろ、阪大が入ってくる。そういう複合的な要素は一々考えないのたろう。そもそもが、有名大学に入りさえすればいい、という発想がベタすぎる。just another有名私立高校風になろうとしているようにしか、思えない。

ところが、この流れに沿っている県として、東京都以外に、神奈川県、千葉県、そして広島県がある。神奈川県、千葉県はいいけど、なぜ広島県なのか、という疑問があるかもしれない。実は広島県の地元の広島大学は、旧広島文理大学で、教員養成課程の勢力を、東京教育大(現筑波大)と二分した西の雄であった。

そういいつつ、広島県には、有名校への進学実績で卓越した高校は少ない。旧広島文理大学の意地で、あまり受験に偏った教育はしたくないということだったのかもしれない。そういう教育委員会の方針か、私が通った、尾道では一応進学校ということになっている県立の尾道北高校でも、大した進学指導はしなかった。

ところが、数年前に母校のホームページをみて驚いた。なんと一学年300人の半分くらいが現役で国立大学に受かり、上位は、上記の国立の最難関四大学にもそこそこ受かっている。私の在籍時代よりもはっきりレベルが上がっている。聞くところによると、尾道市の教育委員会の委員長がやり手で、地元の土堂小学校の校長に、カリスマ教員として有名な陰山英男氏を充て、小学校レベルから育成を図った。こうして、然したる産業に恵まれない尾道市は、受験という意味の投資に走った次第である。

私の母校は、昔から、面白くもなんともない無味乾燥な進学校として有名であった。それでいて、全然進学実績大したことないよね、と我々は自嘲していたものである。最近では、そこそこ進学実績は上がったようであるが、噂によると、無味乾燥さに拍車がかかっていると聞く。それでドロップアウトしている者も結構いるらしい。

だから、重点校などと聞くと、一層つまらなくなっているのかもしれない母校のイメージがダブる。母校はなぜか、広島県内の重点県立五校のうちの1つに指定されているのである。造船業も観光も振るわない尾道市だから、せめてそれくらい、ということだろうか。OBとしては気持ちは複雑である。

ファンタジー営業部

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、前田建設に、ファンタジー営業部というのがあるそうである。ディズニーランドなどの建設を手がけるのかと思ったら、全く違う。

そこで、前田建設ファンタジー営業部のホームページから引用してみる。

「ファンタジー営業部」は、アニメ、マンガ、ゲームといった空想世界に存在する、特徴ある建造物を当社が本当に受注し現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるか、について工期、工費を含め原則月一回の連載形式で公開するコンテンツです。

なるほど、空想の建造物を、どう建造するか検討するのか。ただ、私の思い込みでは、アニメなどの建造物は、文字通り現実離れしているので、どう建造するもなにないような気がするが、実例をみてみると、次のとおりである。

  1. Project 01:マジンガーZ編
    これは、「予算72億円、工期6年5ヶ月(ただし機械獣の襲撃期間を除く)で引き受けます!!」とのこと。
  2. Project 02:銀河鉄道999編
    「高架橋一式を工費37億円、工期3年3カ月で本当に引き受けます。」とのこと。
  3. Project 03:GRAN TRISMO編
    「依頼内容は「PlayStation2」の人気ソフト「GRAN TURISMO4」のオリジナルサーキット、「グランバレースピードウェイ」一式工事であった!
    湖や地形から、トンネル・アーチ橋・サーキット対応の舗装・上下水道に至るまでこれまで以上に詳細な検証を重ね、ファンタジー営業部が出したお見積もりとは!」というもの。
  4. Project 04:世界初、民間国際ロボット救助隊を創ろう!編
    「民間の国際救助隊を組織したいので、その初期費用とランニングコストを算出してほしい」という内容であった!
    実は災害救助とかなり縁が深い建設業。「災害救助とは何か」から考え、救助隊の移動手段、作業服、救助作業車やその他機器、そして救助用ロボットによる救助隊の実現にファンタジー営業部が挑む!」というもの。

結構ベタな企画だが、それなりに面白い。が、私の素朴な疑問は、前田建設ファンタジー営業部の人達は、これが専業なのか、ということである。もしそうなら、優雅なような、厳しいような。なぜ厳しいのかというと、下手したら、気の荒い建設業界にあって、あいつら何やっているんだと言われかねないからである。

ただ、時代は変わったのかもしれない。「気の荒い建設業界」という表現自体が、私のサラリーマン生活の黄昏を示唆する。しかし、人生はなんと短いのだろう。そして、おっさんは老い易し。

タキオン

| コメント(0) | トラックバック(0)

動物の超能力のところで、ちらっと冗談のように言及したタキオンであるが、もうちょっとまともに議論してみたくて、アマゾンで参考書を調べた。すると、なんと、「超光速粒子タキオン」本間三郎著、講談社ブルーバックスしかない。この本は随分昔から知っている。なにしろ、昭和57年刊なのである。気軽に読めるはずのこの本を、暇をもてあましていた当時の私がなぜ手に取らなかったのか、自分でもよく分からない。

この本間三郎氏には、「幻の素粒子」という本もあって、そこには、クォーク、モノポールなどのことが書かれていた。なにしろ、その本では、クォーク模型がまだ仮説として述べられていて、今にして思えば時代を感じるが、この本は、鬱屈していた当時の私の物理学に対する興味を呼び覚ましてくれる効果があった。

さて、タキオンであるが、単に超光速粒子というだけでは、SFから一歩も出ることができない。そこで、「超光速粒子タキオン」の本では、特殊相対論の自然な拡張として、タキオンを記述する。すなわち、光速cよりも速く動く粒子はない、という仮定だけを取り外す。

すると、特殊相対論によると、速度vで動く粒子の質量は、静止質量をmとすると、m/(1-(v/c)2)1/2だから、タキオンが超光速粒子であるなら、v > cなので、分母は虚数になってしまう。言い換えると、特殊相対論の枠組みでは、タキオンは虚の質量をもつ、ということになる。i・m* = mとおくと、タキオンの虚質量は、m*/((v/c)2-1)1/2であらわされる。虚質量の絶対値を、タキオンの粒子がもつエネルギーに関連付けると、タキオンは、光に近い速度が動くほどエネルギーが大きく、エネルギーを放出すると、速度は無限大になりえる。速度が無限大ということは、宇宙の大きさが何百億光年だろうと、タキオンにとって、そんなの関係ねぇ、ということになる。この広大な宇宙にあって、1個のタキオンの存在確率は、アンドロメダ大星雲だろうと、月の裏側だろうと、斉一である。

さて、特殊相対論にあって、光子は別格で、どの座標系から眺めても、真空中の速度は一定のcである。いわば、皇族である。一方、陽子であれ、そういう枠組みからみると、「庶民」で、光速以下の速度しかとることができない。そこで、光速以下の速度しかとることができない粒子をタイプI、一定の光速の粒子をタイプⅡと呼ぶことにする。すると、タキオンは、どうあがいても光速以下で走ることができないというまさに馬車馬の粒子であり、これをタイプⅢと呼ぶ。タイプIの双対であると言ってもよい。これは庶民なのか、あるいは超貴族であるのか、私にはわからない。

すると、タイプⅢのタキオンは、タイプIの通常粒子と同様に、相対性に晒される。座標変換で異なる様相を呈する、ということである。

ところで、特殊相対論によれば、光速以上で走る粒子は、時間を遡る。過去に行けるのである。これによって、もし、タキオンが、情報を含むように変調可能であるなら、タキオンにメッセージを乗せて、自分を含む過去の人達に送ることができる。すると例えば、私が部屋にいると、タキオン受信機がピッとなって、○○社の株が高騰する予定、とある。私はすかさず○○社の株を買い集め、高騰したら売りぬけて、巨額の儲けを手にすることができる。なんともベタな話であるが、ちょっと考えれば分かるように、タキオン波が変調可能であるとすると、因果関係が破れてしまう。゜パリティ非保存のように、絶対と思っていた物理的法則が破れるということはよくあるが、流石に因果律とエネルギー保存の法則は、物理学最後の砦である。これを手放すときは、巨大なるパラダイムのシフトであるが、今はまだその準備ができていないので、物理学者は、タキオン粒子の吸収を、反タキオン粒子の放出と解釈して乗り切ろうとした。ここらあたりは、難しくて私もよく理解できていない。

さて、タキオンは決してSF作家だけのものではなく、真面目に存在を検出しようとした物理学者もいる。そのとき、タキオンは、超光速で、虚質量である以外は、タイプⅠの粒子と何も変わらないのだよ、と仮定する。どうみてもヤクザだけど、中身はあんたと同じ堅気だ、信じておくれ、というところだろうか。すなわち、電荷があるし、反粒子もあるし、スピンだってあるもしれない。もし電荷があって超光速なら、真空中でチェレンコフ光を出すはずであるというところに目をつけて、1968年、スウェーデンの物理学者、アルベーガー達は、コバルトのアイソトープから出るガンマー線を、高圧電源をかけた電極間に打ち込んだ。ガンマー線が、タキオンと反タキオンを対生成されて、チェレンコフ光が観察されるかもしれないと踏んだのである。結果は、チェレンコフ光らしきものは真空中で見えなかった。ただ、これは電荷をもつタキオンの話である。この実験から、電荷をもつタキオンは存在しないと信じられるようになった。

別の実験として、米国の物理学者、バルタイ達が1970年に行ったものがある。粒子を霧箱内に発生させて、軌跡をみるのであるが、この実験では、質量の2乗が測定できる。タキオンは、虚質量をもつので、質量の2乗は負の値をとる。そのような負の値は、タイプⅠの粒子と全く異なる挙動として観察されるはずであるという仮定の下に行われた実験はやはり、タキオンの存在を示すものではなかった。こうして、次第に物理学者は、実在としてタキオンの存在検出に興味を失っていく。

「超光速粒子タキオン」の類書が、昭和57年(1982年)から今に至るまで全く出ていないという事実がそれを物語っている。ところが、タキオンは、スーパートスリング理論などの枠組みで、俄然主役に躍り出る。例えば、Dブレーンに関して、タキオン場とか、タキオン凝縮という用語がどんどん出てくる。確かに、10次元宇宙だのと言っているスーパートスリングの世界では、超光速のタキオンなど、極々普通の住人だろう。そこで、次にはそのうち、Dブレーンについて、見ていきたい。

物質のオートノミシティ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイエットしていると私は、基本的に酒は一滴も飲まない。そうはいっても、付き合いがあったり、ふと欲しくなることがある。酒はあまり強くないが、基本的に嫌いではない。

それで昨日、たまたま酒をちょっと、久しぶりに飲んだら、うまいこと、ぐっときた。流石、山田錦の吟醸酒である。私は酒を飲むと必ず、つまみも相応に摂るタイプなので、結構な量を食べた。相乗的に酒も進む。

はっとわれに返り、懸命の思いで、酒瓶に封をして冷蔵庫に戻した。体重計に乗ってみると、700g増えていた。油断も隙もない。

それでふと気づいたことがある。それは、物質というのは、嵩にかかってくる、ということである。酒を飲むというとき、体は、単に酒のいいなりになっているにすぎない。主役は酒なのである。

もう少し思索を進めると、物には物神性があると認識した。それはいかなる意味でも、マルクスが資本論で展開したそれではない。そもそも私は資本論を読んだことはないし、おそらく読んでも理解できないであろう。

私のいう物神性とは、物自体が、自分を最適化するように人間を操るということである。すなわち、物は一旦物神になると、人間を操作して、自らの繁栄を画策する。そこでは人間は道具にすぎない。

物神性はどうやって始まるのか。それは、人間が、あることの欲望的価値を認めることである。そういう意味では、物神性の対象は、物でなく、典型的にはお金でもよい。人間からの思い入れによって物神性を帯びた対象は、ロボットと言ってもよいし、オートマトンと言ってもよいが、人間の思惑とは独立に、動き出す。それはまさに、オートノミシティである。問題は、人間の思惑から生まれたのに、人間の利害なんて知ったことではないことである。

そんな仮説があるかどうか知らないが、もしウィルスが、生物の遺伝子が剥離して塊になったものだとすると、物神は、人間の欲望の射影である。それが酒や食べ物、車のように、物理的実体を帯びているか、お金のように、実体のないものであるかどうか、それは本質的でない。尤も、お金は、札束やコインのかたちで化体しているので、物理的実体を帯びてないともいえないかもしれない。

そういう物神仮説に立つと、金融危機を起こしたのは、人間ではなく、お金そのものなのである。ロスチャイルドの陰謀とか、ロックフェラーがどうのというが、彼らは単に、お金の忠臣にすぎない。所詮、手先なのである。道具ともいえる。そういう意味では、金融危機を、ロックフェラーやロスチャイルドのせいにしても仕方ない。敵は本能寺なのである。

それではどうするか、どうやって物神に対応するかというと、対応は簡単であり難しい。欲望の対象を、敬して(敬さなくてもよいが)遠ざけるのである。例えば、食べ物でいうなら、ダイエットである。ただ、難しいのは、遠ざけすぎることもできない。100%何も食べないと、余程の超能力者でないと、100%死んでしまう。すると、物神との付き合いは、芸能プロダクションの、ヤクザとの付き合いのようなものになる。どっふり浸かってはいけないが、無視したら興行がなりたたない。そうだよね、相撲協会?

ここまで書いて、物神から抗議のメールが来たような気がした。それは次のような内容である。「君の指摘は、まあ妥当であるが、私に何も非はない。なぜなら、私、物神は、この世にビルトインされた仕組みで、この世に顕現しているに過ぎない。すなわち、この世にいる生物が何かを希求すると、その対象が物神化する。君が多少知っているコンピュータのAPIのアナロジなのである。もっと言うと、class Bussin{}が定義され、コンストラクタがBussin(A)である。Aには、好きな引数を入れてほしい。なんでもありだ。酒だって、お金だって、恋愛だって、Bussinクラスのインスタンスに過ぎない。実は、いろいろな物神クラスには継承関係があるが、細かすぎるので、君はそこまで興味をもてないだろう。」

そこで、クラスの継承関係なんてどうでもいいけど、誰がそんな仕組みを作ったんだと問おうとして、目が覚めた。どうも、久々に酒を飲んだので、酔っ払って仮眠してしまったらしい。傍らには、 パーフェクトJava (PERFECT SERIES) 技術評論社、井上 誠一郎, 永井 雅人, 松山 智大著の本が転がっている。 どうも中途半端なダイエットはよくない。これも物神からの反撃らしい。

カリスマ弁理士

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞の書籍広告をみていたら、「新しい理系キャリアの教科書」幻冬舎刊として、廣田浩一という弁理士の方が本を書いていた。趣旨はというと、「好きな研究をして、一生理系として働きたい。でも、自分に才能があるのかわからない・・・。」ではじまり、どうも、30代で理系として限界を感じた人は、知財の世界に移って、そこで、最終的には弁理士になり、活躍すればいい、ということらしい。

確かに、知財の世界において、元エンジニアという人は多い。特許実務として、明細書を書いたりするためにはやはり、エンジニアとして開発したり、研究者としてある先端分野の研究を担当した経験というのがないと難しい。私は、エンジニア経験がないので、人並みに仕事するために、専門書を読むなどして、過大な努力を強いられているのは確かである。

ただ、素朴に廣田浩一氏に聞きたいのは、エンジニアとして自分に才能があるのかわからないと悩む人が知財にくればいいというが、知財にくれば、自分に才能があるのかわからないと悩む必要は最早なくなるのだろうか。そうではあるまい。

言うまでもなく、知財には知財の仕事の才能とセンスが必要なのであって、エンジニアとして挫折した人がここにくれば楽しくやっていけるオアシスでは決してない。まず明確に知財で必要な能力は、文章を分かりやすく書く能力であって、エンジニアとしてさっぱり読んでも理解できない仕様書を書いていたり、研究者として何がいいたいか分からないような論文を書いていると、知財の分野で成功する確率は高くないのではないだろうか。

あと、知財の仕事をやっていると、いろいろな分野の技術を担当しなくてはならない。そうやって分野を広くすると、どうしても広く浅くになってしまうが、それでもなんとかある基準のレベルを満たして特許明細書を仕上げなくてはならない。その辺にも独特のセンスを要する。

さらに、どんなにプロパテントと喧伝されようと、基本的に知財の仕事は地味である。弁理士の資格をとって開業してもそうであろう。こつこつと実務に徹しなくてきならない。クライアントであるエンジニアや研究者から、理不尽なことを言われても、耐えなくてはならない。それでもいいです、頑張ります、という理系人だけが、知財の仕事に向くだろう。

私は、なにか開発の仕事がしたかったのに、最初から知財の仕事に配属されて、どうしても馴染めず、それでいて、他の仕事に変わるふんぎりもつかず未だにダラダラやっているという情けない状況なので、かなり屈折したメッセージになってしまった。ただ、私のようなはみ出し者でなく、成功した弁理士であっても、理系として知財の仕事に専念するということに、多少の複雑な感情はあるのではないだろうか。

それなのに、廣田浩一氏は、自らカリスマ弁理士と称してはばからない。その理由は、富士通、富士フィルム、リコーなどの大手クライアントを抱えているということであるが、名前を挙げないが大手の特許事務所で、それこそ大企業の特許出願を担当して、公開公報をみると顔を顰めるような質の仕事をしているところもある。だから、クライアントの名前を挙げることでは、弁理士のカリスマ性は証明できないはずである。

カリスマ性を敢えて言いたいなら、自分が明細書を書いて意見書も書いた案件は、9割以上特許査定になったとか、300ページもあるような複雑な案件の明細書を書き上げ、首尾よく特許査定になり、その技術は、競合他社からも注目されている、というようなものであってほしいと願う。そうであるなら、一介の特許実務屋として、私は尊敬の念を惜しまないであろう。

サイボウズ

| コメント(3) | トラックバック(0)

ネットの書評かなにかを見て、青野慶久氏の「ちょいデキ!」文春新書を買った。青野慶久氏とは、グループウェアのサイボウズの社長である。

それでどんな生い立ちかと思ったら、1971年に愛媛県に生まれ、コンピュータ少年として育ち、地元の名門(野球も強い)今治西から、大阪大学工学部情報工学科卒。なんだ、そこそこエリートじゃん。

ところが、コンピュータのプログラミングにそれなりの自負があったのに、先輩の凄いコードをみて愕然とし、プログラマの道を諦めてしまう。これも謙遜のようだが、自分の能力をあっさり見切るというのは、できそうでできないことである。

大学を卒業すると、松下電工に入社し、なぜかエンジニアでなくて、営業企画部に配属された。そこでITオタクとして、コンピュータの導入を訴えるものの、伝統的な日本の会社である松下電工では、どうもなじめず、社内起業に応募して、ITカンパニーの走りのようなことをやったのが、後のサイボウズの原点となった。

で、いろいろな経緯があって、松下電工をスピンアウトし、同僚の一人だった高須賀氏を社長として、1997年に、サイボウズが発足した。結構若い会社である。因みに、大阪大学時代に、凄いと感心した先輩である畑慎也氏は、サイボウズの仲間となる。これも、なにかの縁である。

こうして努力の甲斐あって、2006年には、サイボウズは、東証一部上場に漕ぎ付けた。そんな経歴を青野氏は、謙遜を込めて、「北斗神拳」よりも「太極拳」と、訳のわからない言い方で表現する。それを、ちょっと仕事ができるという意味の、「ちょいデキ!」とも表現する。

それは一体どんな内容なのか。例えば、「大きな目標よりも小さな目標。」「事実をそのまま冷静に受け止めよ。」「準備を頑張らなくていい。」「すぐやらなくても、できるときちょっとずつやればいい。」「モチベーションなくても、こつこつやっていこう。」「言いたいことは、礼儀を保ってきちんと言おう。」「仕事とプライベートを無理してわけなくていいじゃん」。こういう調子で、いろいろなヒントが続く。

すると、思ったのは、一つ一つは「ちょいデキ!」で、少し気の利いた人なら誰でもできるのかもしれないが、青野氏の凄いところは、こういう細かい努力のベクトルを揃えて、大きい流れにすることができることである。すると、「ちょいデキ!」の積分は、最早「ちょいデキ!」ではなく、「スゴデキ!」である。私だったら、一つ一つはできることもあるし、ほんの部分で、青野氏よりもできるところもあるかもしれないが、ベクトルが揃わないので、積分するとゼロになってしまいそうである。

あと、ちょっとベタだなあ、と思うのは、松下幸之助氏に入れ込んでいることである。少しでも松下電工にいたせいだろうか。私は個人的には、松下幸之助氏は偉いとは思うが、どうもあのおっさん、苦手である。なぜかと聞かれたら、偉そうにいうけど、結局ネポティズムに染まっているではないか、ということである。

もどって、他のページも、「部下を自由に働かせていませんか。」「失敗を深く考えていませんか。」など、部分的に深い内容の章もあるけれども、ずっと軽い乗りが続く。

こうして読み終わっても、結構印象薄かったりする。自分で凄いとアピールしないのがいい。元プログラマ指向で、実は経営者としてより才能があるというのは、ビル・ゲイツと同型であるが、ビル・ゲイツほどのインパクトは全くなくて、普通っぽい。なるほど、これが「北斗神拳」でなく「太極拳」なのか。自然体だけど、サイボウズ、やるじゃん、という感じである。

能力の遺伝

| コメント(2) | トラックバック(0)

ある人から、中国で、遺伝子によって潜在能力を判定するビジネスが流行っていると聞いた。例えば、どこそこの遺伝子がこうだから、数学の才能がある、と判定するものである。1回50万円くらいだそうだから、大層な値段であるが、教育熱心な中国では、流行っているそうである。

これに対する私の反応は明確で、なんともトンデモなビジネスであることよ、である。トンデモ好きな私が言うのだから、間違いない(?)。

先ず第一に言えることは、遺伝子を判定してようやく言えることは、もしかして、ある遺伝子的な病気が発生する可能性がある、ということくらいである。例えば、ある種の酵素が作れなくて、機能不全になる、などである。そういう意味では、酒に強いか弱いかも、アルコールを分解する酵素の多寡によるので、酒の強さというのも、遺伝子判定で分かるかもしれない。それでも、どの遺伝子がアルコール分解酵素の産生に寄与しているのか、突き止めるのは大変だろう。

ましてや、数学の才能、音楽の才能、文学の才能などになってくると、純粋の生理的なものでないので、いよいよ、遺伝子から判定できるわけがないのである。

無理やり遺伝子と能力の相関を対応づけようとしたら、何百万人もの遺伝子のパターンと、その得意な能力をディジタル的に記述して、機械学習のプログラムにかけるよりない。しかし、これが発散することが目に見えているのは、遺伝子のパターンが、多すぎて、コンサイスなモデルに納まらないからである。例えば、人間の才能の類型は、どう緻密に考えても1000くらいであろう。ところが、遺伝子のパターンの類型は、それこそ、順列組み合わせにより、超天文学的数字になる。これらの間に、うまい対応をつけることは困難であろう。

よって、そういうミクロレベルでの遺伝子の寄与を見出すことは極めて困難であることは示されたと思うが、私の推察ではそもそも、精神的能力は遺伝しない。遺伝するのは身体的能力だけである。

例えば、私のある友人は、学校時代から、走るといつも学年トップで、特に修練をしたことがないという。その友人のお姉さんも、足が速かったという。

ところが、精神能力となると、どうも勝手が違う。例えば、数学的に多産な天才数学者オイラーの親族に数学的才能がある者は他にまったくおらず、オイラーは身体的にも子沢山で、10人もの子供があったが、誰一人としてオイラーの数学的才能を継ぐ者はいなかった。ガウスしかり、ヒルベルトしかりである。例外は、ベルヌーイ一家であろうか。

ところで、身体能力の遺伝といったが、どうも、音楽、絵画、などの能力も、身体能力とみなすことができるようで、遺伝の要素が大きい。例えば、私の親族で、大学に行ったものすらほとんどいないが、ほとんどの親族は歌が好きで、カラオケも上手い。私は親族の中では下の方であるが、何ほどか音楽の才能の恩恵は得ていると思っている。

そんな私は、だから、幼児教育に不賛成である。すなわち、才能もないのに、がちがちに鍛えても、伸びるわけがないのである。伸びないどころか、下手したら精神的におかしくなってしまう。

私の理解では、遺伝しない精神能力には、数学の能力、囲碁の能力、将棋の能力、文学の能力など、枚挙できないくらい沢山ある。受験の能力もそうである。

遺伝する身体能力には、運動能力、音楽の能力、絵画の能力、会話能力など、肉体の器官と密接に結びつけられた能力がある。今考えたら、医者の能力も、特に外科など、案外身体的なもので、遺伝するかもしれない。

さらに言うと、音楽の才能は遺伝するとはいえ、それは楽器を巧みに演奏する能力であって、例えば、誰それは、素晴らしいテクニックをもつが、音楽の心がないという評価を得たりする。そのテクニックのところは身体的遺伝であって、音楽の心は精神能力である、という説もありえる。だから、真の音楽家は、稀なのである。

という、いかにも場当たり的な、いい加減な説なのであった。

タコのスカウト

| コメント(0) | トラックバック(0)

CNNニュースによると、動物の超能力で述べたように、ドイツ戦を含め、8試合の勝敗の予想にすべて正解した予言タコ「パウル君」は、早速、資本主義の論理に晒され、世界中から文字通り引っ張りだこである。以下、引用:

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でドイツ代表の全7試合や決勝戦の勝敗結果をすべて的中させ一躍人気者になった予言タコの「パウル」を買い取りたいとの申し出が、世界各国から相次いでいる。W杯優勝国スペインの水族館に続き、今度はロシアの賭け業者が10万ユーロ(約1100万円)の価格を提示した。

買い取りを希望しているのはロシアの賭け業者リガ・スタボクで、同社の経営者は「10万ユーロは交渉開始の値段だ」と話し、必要があればさらに価格を引き揚げる意向を示した。現在パウルを飼育しているドイツの水族館からは、広報会社を通して、申し出を検討中との返答があったとしている。

一方、この広報会社では、ロシアからの申し出は断ったと述べ、パウルは誰にも売らないと断言した。

それはそうだろう、私の見るところ、パウル君の神通力は、ドイツのオーバーハウゼン水族館にあって、そこの飼育係との連携で達成されたものである。一種のテレパシーというか、精神の輻輳作用を想定したい。すなわち、オーバーハウゼン水族館を離れるや否や、パウル君の神通力は完璧に消えうせるだろう。それでも、ラブコールは続く。

リガ・スタボクはパウルを同社のマスコットにして「最高の餌」を与え、ロシア国内のサッカー試合の結果を予言してもらいたい意向。もし条件として提示されればモスクワ市の水族館で飼育してもいいとして、「世界中のどんな動物よりも有名な彼に、ぜひロシアに来てほしい」とラブコールを送った。

ところがどっこい、オーバーハウゼン水族館は、しっかり皮算用しているようなのである。

パウルをめぐっては、スペインの首都マドリードにある水族館も移籍交渉開始を宣言している。ドイツの水族館は先にパウルを引退させると発表していたが、「世界中から寄せられた一連のオファー」について検討中だとも語った。業界では、パウルが世界初の億万長者タコになるかもしれないとの観測も出ている。

私はもう沢山だと思う。パウル君を普通のタコに戻してあげて、下手な予想もさせないで、のびのびと泳がせてあげればいい。ワールドカップの予想は、単なる真夏の夜の夢だったと。

イ・セドル

| コメント(4) | トラックバック(0)

ケーブル・テレビの囲碁・将棋チャンネルは、ほっとくといつまでたっても観続けるので、まずいと思いつつ、きりがないのでテレビのスイッチを切るのであるが、それでも私にとって格好の暇つぶしであることは確かである。

暇つぶしというのは実は正確ではなくて、ながら派の私にとって、休日自宅で仕事をするときの、格好の肴なのである。

前置きはどうでもよくて、先日、囲碁・将棋チャンネルを観ていて、これは面白いと思ったのは、韓国の囲碁棋士、イ・セドルへのインタビューであった。富士通杯で日本に来たとき、ロングインタビューをしたものである。実は何年か前、韓国ナンバーワンというか、世界最強なのは、イ・チャンホではないかと言われていた。しかし、それは最早イ・セドルではないかと言われている。世代交代である。以下、私なりのメモに従い、イ・セドルの発言を記してみる。

先ず、進境著しい中国の囲碁棋士をどうみているか、という質問に対する回答は実に意外であって、1999年から中国棋士は、急成長してきた。しかし、今は足踏み状態ではないか、という。そして、緩慢ながらも成長を続けるのか、あるいは次第に下がってくるのか、寧ろ中国にとってある意味危機の状態ではないか、とまでいう。そして、韓国はまだ世界一だし、伸びしろもある、と臆面もなく言う。

本当か。なぜなら、先日の富士通杯で、韓国の棋士は、イ・チャンホも含め、ばったばったと中国棋士に討ち取られた。唯一残ったのは、イ・セドルだったが、そのイ・セドルも、決勝で、中国の孔傑に、華麗に捌かれて破れた。今や世界ランク・ナンバーワンは、イ・セドルでなく、中国の孔傑である。

だから、イ・セドルの発言は、負け惜しみのようにしか聞こえないが、名にし負う正直者のイ・セドルだから、本音なのだろうか。ただ、イ・セドルは、中国の育成システムを褒める。育成システムの徹底という意味で、中国は、韓国と同レベルにある。韓国は昔は、個性にあった自由な育成システムをとってきた。自分もそういう自由な方式で育てられた。しかし、今は、組織的な育成システムを韓国は採用し、それに中国もキャッチアップしてきたという。

では日本はどうか、というと、イ・セドルは、日本の囲碁界に、育成システムと呼べるものはあるのか、と手厳しい。すなわち、日本が育成システムで立ち遅れているのは事実であり、特に、子供達をきちんと育成する体制がない、という。確かに、韓国は、学習塾のような立派な子供向けの道場がある。日本は各自が自分で勝手に修行するというイメージがある。しかし、韓国では、みんなでわいわいガヤガヤ集まって勉強する。密度が濃い。

国際大会で、日本と当たると、韓国棋士は喜ぶというという声を聞くが、という意地悪な質問に対して、イ・セドルは、自分は、相手が誰であれ、気を緩めたり喜んだりすものはよくないと思うが、そう思わせる日本の棋士にも責任がある、なにしろ結果が出せていない、とこれも手厳しい。

日本の棋士は国内で長時間の持ち時間に慣れているので、国際戦の時間の短い戦いには慣れていないという意見もある。しかし、それは是非とも慣れるべきたと言ってはばからない。

それでも、日本の棋士で、これは強いと思うのは、張栩である、という。中盤と寄せが強いという。日本の棋士は一般に中盤が強くない。張栩はそうではなく、本当に手強いと思う。

他に印象深いのは、依田九段である。棋譜をみると、強くは見えない。ところが実際に対戦してみると、本当に強いと思う。自分より上かと感じる。スタイルがあるようでないようで、韓国にいないタイプである。つかみどころがない。

日本のタイトルで意外なのは、持ち時間8時間の二日制のタイトルである。韓国にはそれはない。二日制だと、一日目の夜に、誰かと相談して研究できるのではないか、公平さが保てるのか、と怪訝である。ただ、そういう二日制のタイトルに参加できるものならしてみたい。国際戦では日本棋士によく勝っているけれども、果たして持ち時間8時間の二日制で日本の棋士に勝てるか自信はない。われわれは、短時間の対局に適応しているからである。

という、イ・セドルの正直なコメントであった。

インドの数学

| コメント(4) | トラックバック(0)

インドの数学というと、ラマヌジャンと言いたいところだが、ここでは、古代インドの数学を、数学セミナーの記事に従ってメモしてみる。

古代インドといえば、まずインダス文明である。日本人のルーツで述べたように、インダス文明は、シュメール文明との関連性が推察されている。そのシュメール文明からの継承なのか、インダス文明では、十進法、おもりの正確さ、長さの正確さなどの特性を備えていた。

ところが、高い文明をもっていたインダス文明は、侵入してきたアーリア民族にあっさり殲滅されてしまう。そのアーリア民族も高い数学的レベルを誇った。何ほどか、インダス文明から継承したに違いない。すなわち、紀元前7世紀から紀元前5世紀頃、犠牲の儀式の祭壇を細かく定めたシュルパ・ストーラ(縄の規則)には高度な幾何学的知識が使われている。例えば、ピタゴラスの定理に相当する記述もある。さらには、円や長方形と等しい面積の正方形を作るという古代ギリシャと似た問題も扱われている。その時代は、円周率は、3.088と計算されていた。

ところで、ピタゴラスは、紀元前572年頃に生まれたと言われている。すると、アーリア民族の数学的知識は、ピタゴラス一派から伝来したというよりも、なにかある共通の文化の祖先があって、そこから、ギリシャとアーリア民族の両方に伝播したと考えるのが相当であろう。その文化の祖先としては、私は、どうしてもシュメールを想定したくなる。

紀元前500年頃、バラモン教への批判から、ジャイナ教や仏教が興った。そして、ジャイナ教では、どういう宗教上の理由か知らないが、順列・組み合わせの計算が研究された。それは後に、パスカルの三角形として知られるものにまで発展した。そういえば、仏教では、とても非現実的な、超天文学的とでもいうべき数字が出てくる。あれもなにかの数学に関係があるのだろうか。

実は現在、世界で使われている位取り10進表記は、インドで興り、アラビアで育って全世界に広まったものである。これに関して、インド人は、位取り記法としての数字の0を使ったが、それは別にインドのオリジナルではなかった。それはおそらく、紀元前のバビロニアであろうと言われている。プトレマイオス朝のエジプトでも使われたという。

ところで、古代インド数学の傑人といえば、紀元後476年に生まれたアールヤバタ、紀元後596年に生まれたブラフマーグプタ、紀元後1114年に生まれたバースカラ2世などである。そして、いわゆるインド数学のゼロの発見というのは、ブラフマーグプタあたりの功績らしい。その天文学書「ブラフマー・スプタ・シッダーンタ」(628年)には、下記のような計算の例がある。

a±0 = a, 0±0 = 0, a+(-a) = 0
a・0 = 0・a = 0, 0・0 = 0
a/0 = ゼロ分母, 0/a = 0, 0/0 = 0
02 = 0, 0の平方根 = 0

0/0 = 0はフライングであるが、当時としては、0を独立の数として扱うこと自体が画期的であった。また、ゼロ分母というのは、∞のことだろうか。

アールヤバタは、「アールヤバティーヤ」という著書で、古い天文学・暦法書を体系化した。ここで、正弦の概念、円周率の計算、などを論じた。

ブラフマーグプタは、上記0の算法以外に、一次と二次の不定方程式の整数解を論じた。これは、ディオファントスの流れを汲むものであるが、Ax2+t=y2という形を一般的に扱ったのは、ブラフマーグプタが最初である。11x2+t=y2は、オイラーが18世紀に解いて快哉を叫んだ不定方程式であるが、ブラフマーグプタはそれを1000年以上も先んじたことになる。

バースカラ2世は、「ビージャ・ガニタ」で、61x2+t=y2を解いてみせたが、その解はなんと、(x,y) = (226153980,1766319049)で、これは、18世紀にラグランジュがようやく解いたものであった。私は、社交数の計算を通じて、このような巨大な整数解を求めることがいかに困難か、身に沁みて知っている。なお、バースカラ2世の「リーラーヴァティー」は、アラビア語に訳され、アラビア世界に影響を与えた。そして、アラビアからヨーロッパにも流入した。

ところが、インドでは、12世紀のバースカラ2世以降、数学者の輩出がなぜかバタッと途絶えてしまう。忽然とラマヌジャンがこの世に現れたのは、なんと1913年なのであった。

経済学の十大原理で言及した、マンキューの「入門経済学」東洋経済新報社をぼつぼつと読み進めているが、そこから、自明とはいえ、ミクロ経済学とマクロ経済学の定義を引用してみる。

すると、ミクロ経済学とは、家計や企業の意思決定と、特定の市場におけるそれらの相互関係を研究するものである。企業の意思決定ということになると、経営学や会計学とも関係があるような気がするが、その方面は疎くて、意味があることは言えない。ミクロ経済学の研究のテーマとは例えば、特定の地方における家賃規制の効果や、義務教育が労働者の賃金に与える影響、国際競争が特定の国のIT産業に与える影響などである。

一方、マクロ経済学とは、経済全体に関わる現象を研究するものであって、例えば、中央政府における借り入れの影響、失業率の変遷、貨幣増刷のインフレ率に対する影響、などが研究対象である。ところで、知的財産政策が産業を育成する効果が本当にあるのかという疑問がときどき経済学者から提示されていて、特にIT産業においては一部それが真面目に議論されたりする。そのことが、オープン・イノベーション促進などの1つの根拠付けになっているのだけれども、こういう経済学的分析を行うのも、おそらく、マクロ経済学者なのだろう。

経済学においては、ミクロ経済学とマクロ経済学は、大学の授業では別個に教えられ、学者の専門としても別であるが、もちろんそれらが互いに独立という訳ではなく、マクロ経済学といえども、家計、企業ほどのミクロな経済的エンティティの意思決定を離れては成立せず、逆に、中央政府によってなされる減税などのマクロ的な経済政策を離れては、ミクロ経済学は成立しない。するとおそらく、ミクロ経済学は、マクロ経済学の研究成果はそのまま利用して、ミクロな対象を研究し、一方、マクロ経済学は、ミクロな挙動に関する知見は、ミクロ経済学から得て、国家政策的なところを研究対象にするのだろう。

さて、ミクロ経済学とマクロ経済学と、当たり前のように書き下してみたが、1つの学問領域の中で、ミクロとマクロがこのように明確に分かれている他の学問といえば、真っ先に、物理学が挙げられる。なぜなら、物理学は、ミクロ中のミクロともいえる素粒子論や場の量子論をもち、片や、マクロ中のマクロともいえる一般相対論や宇宙論をもつ。ここにきて気付くのは、経済学とはまさに、物理学に似せて、知識の海岸に掘られた穴なのであった。物理学者の蟹が、比較的堅牢な(本当はそうでもないのだが)穴を掘るのをみて、経済学者の蟹は、必死で似たように、マクロとミクロの構造をもつ穴を掘る。それは、頻繁に打ち寄せる波にさらわれて形が変わるのだけれども、営々たる穴掘りによって、流石にそれなりに立派な伽藍が完成しつつある。

それでは、経済学におけるミクロ/マクロ構造は必然であったのかと自問してみるに、やはりそれはある程度必然であると考えざるをえない。すなわち、現実の経済現象を扱う経済学が、どう転んでも、数学のように所与の公理からこつこつと定理や概念を組み立てていく数学に似せて構築できるわけがない。神学しかりである(神学的経済学というものがあったら、それはどんなものかと想像してみるのは面白い)。してみると、経済学に対して、実現象を数理的に解析する学問である物理学からの準同型写像が与えられるのも必然で、すると、物理学からの射影で、ミクロ/マクロ構造が導入されるのも必然ということになる。

物理学/経済学以外に、ミクロ/マクロ構造をもつ学問といえば、心理学、生物学が挙げられる。例えば、心理学にも、臨床心理学と社会心理学があり、生物学にも分子生物学と生態学がある。しかし、どうみてもそれにら対して、物理学/経済学からの準同型写像のようなものは考えることができず、心理学、生物学は、全く異なる学問体系ということになる。

以上の議論は、学の学という意味での試論である。私は、学の学もまた、ギリシャ哲学からの伝統で、哲学の一分野だと思うのだけれども、意味のある議論をみたことがない。もちろん、私の上記の議論もその例に漏れない。単に本質的に不毛なのだろうか。

プロのメンテ

| コメント(0) | トラックバック(0)

プロというのは、一番広い定義だと、あることをしてお金を稼いでいるとき、そのことのプロである、というものである。すると私は、特許実務を通じて給料をもらっているので、一番広い定義では、特許実務のプロである、ということになる。

そんな定義で私が満足しているかというと、勿論否である。私は将棋という趣味を通じて、プロというのは、どうしても将棋のプロを想定してしまう。将棋のプロが典型的なプロだとみなすと、私の特許実務は突然、吹けば飛ぶよな程度のものとなってしまう。世間でみれば、弁理士であれ、資格をもたない特許技術者であれ、私以上のスキルの者はゴマンといる。

それでも、空しく高みを見つめて努力するのが、私の諦めの悪いところである。そういう観点で、将棋のプロを見たとき、彼らは、スキルを維持すめために、どんな努力をしているだろうか。

意外に知られていないのが、基礎訓練である。例えば、将棋のプロは、暇をみて簡単な詰将棋を沢山解く。10分で2級、7手詰みたいなのを電光石火で、次々に解いていく。野球のプロで言えば、素振りや走り込みのようなものか。こういう基礎訓練はおそらく、どんなレベルになっても必要である。

次が、研究である。この研究というのは、既存の研究に自分のオリジナルを重ねるとか、全く知らない定跡を学ぶために他人の棋譜を並べる、などである。

そして、実戦である。現役のプロなら自然に対局がつくが、気のあった仲間と、練習将棋を指すというのもある。

すなわち、要約すると、プロがそのスキルを維持するためには、基礎訓練/研究/実戦という3要素が必須で、どれを欠いてもプロたりえなくなってしまう。

私の特許実務の仕事では、基礎訓練は、発明の内容をみてそれを特許請求の範囲に書き起こす処理である。プロが10分で2級、7手詰みたいな詰将棋を解くのよりは少し重いが、その修練は欠かせない。研究は、法改正に従う実務対応を調べることである。あるいは、新しい判例を読む。最近ホットなのは、米国最高裁で判決が出たBilskiだろうか。実戦とはまさに、意見書や特許明細書作成の実務である。これを日々やったからといってスキルは伸びないかもしれない。ただ、スキルが維持できるだけである。

医師、特に外科医だと、メスを扱ったり、手術後の縫合の訓練が基礎訓練である。研究は、学会に出たりして、新しい治療方法などを学ぶことである。実戦はまさに実際の手術である。

こうして、プロと呼ばれるどんな職業でも、スキルを維持するために、基礎訓練/研究/実戦が必要である、と私は考えるものであるが、妥当性はいかがであろうか。

仲のよい親子

| コメント(0) | トラックバック(0)

何の根拠もない、私の相性の理論によれば、仲のよい夫婦というのは、せいぜい全体の五分の一である。ただ、それほど珍しい訳でもない。それでも、ある人が定年で会社を辞めるとして、まだ働けるのに、会社を辞めたら特に仕事せず、家内と仲良く旅行でもして楽しく暮らしたいというのを聞くと、ほぅ~と違和感を感じてしまう私は変だろうか。

でも、夫婦ならまだよい。ある知り合いの男性は結婚して子供が二人いるのだが、なんと、家族を置いて、実の母親と二人でハワイ旅行に行くのだという。これは、論語の文脈で、とても親孝行な息子なのだろうか。いつも親不幸と言われ続けている私の僻みかもしれないが、論語がどうあれ、自分の奥さんと子供を置いて母親と二人で海外旅行に行くというのは、強い違和感を感じざるを得ない。

ただ、考えようによっては、親子関係、夫婦関係を離れて、人間には相性というものがある。私の観察するところ、この相性が、友人関係、恋人関係、夫婦関係を強く支配している。そこでよく勘違いされるのは、友人関係、恋人関係、夫婦関係は一種偶然的で移ろいやすいが、親子や兄弟などの血縁関係は、DNAで結び付られているので、とても恒久的で切れない、というものである。

ところが、DNAなるものは、DNAそのものか信じているほど大したものではなく、それよりもむしろ、見えない相性の方が実は、電磁力のように遠距離力で、人生を支配する力が強いということに人は気付くことになる。余計なことを言えば、仏教における縁であり、スピリチュアリズムにおける類魂である。親子でも、相性が悪いと、最悪、殺しあうことにもなるのである。

すると、親子でありながら、同時に相性もよい一対の人間というのがいれば、他の家族を差し置いて一緒に海外旅行にいっても何も不思議ではない、ということになる。

ところで先日、ある友人が嘆いていた。どうして気の合う人達だけで楽しく仕事できないのだろう、と。しかし、それは無理な注文である。この世は、ヤスリのように心をすりつぶす、修行の場なのである。右を向いても左をみても、稠密に嫌な奴がいて、相性のいい人は点在しているに過ぎないことを悟るのに時間はいらないだろう。親子、夫婦、家族とて例外ではない。むしろ、夫婦、家族だと、相性の悪さがむき出しのまま襲ってくるので、耐え難いことになる。それが故に、敵は本能寺でなく、家庭なのである。

それなら、仲のよい夫婦、仲のよい親子を眺めて、動物園のパンダでも見るように目を細めていればいいではないか。そして君は、なんとか君自身とこの世で折り合いをつけなくては。そう、少なくとも、自分自身とは相性よく生きなさいというのが、ショーペンハウアーの教えなのであった。そんな話は聞いたことがないか。

安全なiPSによる治療

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊工業新聞Webによると、慶応義塾大学の岡野栄之教授や京都大学の山中伸弥教授らの共同研究チームが、安全なiPSによる治療による実験に成功したという。以下、引用:

慶応義塾大学の岡野栄之教授や京都大学の山中伸弥教授らの共同研究チームは、腫瘍(しゅよう)を作らない"安全な"iPS細胞(万能細胞)を選び出し、それを移植することで脊髄(せきずい)損傷のマウスの機能を回復させることに成功した。

"安全でない"iPS細胞では一時的に機能が回復するものの、腫瘍が大きくなり機能が再び落ちることがわかった。ヒトへの移植療法に使う前に、iPS細胞の厳密な安全性評価が重要であることを示した。成果は米科学アカデミー紀要電子版に7日掲載される。

免疫機能を失ったマウスの大脳にさまざまな体細胞由来のiPS細胞を移植し、6カ月たっても腫瘍を作らない安全なiPS細胞のクローンを使用。独自の培養方法で神経幹細胞を作製した。マウス胎児が持つ線維芽細胞で作ったiPS細胞のクローン「38C2クローン」からこの神経幹細胞を作製。

ここで先ず、何が"安全な"iPS細胞であるのか、ということであるが、独自の培養方法で神経幹細胞を作製した。マウス胎児が持つ線維芽細胞で作ったiPS細胞のクローン「38C2クローン」がそれであるようである。

ここにきて、iPS細胞による治療の実用性がかなり見えてきたような気がする。特に神経の損傷の治療などが有効であるのかもしれない。

今までのiPS細胞に関する記事は、iPS細胞研究の先端に纏めたので、必要に応じて参照戴ければ幸いである。

また、慶応大医学部の福田恵一教授らによる、血液からiPS細胞を作製する技法の記事も最近あった。こうみると、日本のiPS細胞研究の拠点は、俄然慶応大に移ってしまったように思われる。

ゆかしメディアに、マイクロソフトの天才少年の記事があった、もちろん、ビル・ゲイツの生い立ちの話ではない。以下、引用:

世界最年少のマイクロソフトのシステムエンジニア、9歳のマルコ・カラサンくんが注目を集めている。

海外メディアによると、マルコくんはマケドニアに住む小学生で、コンピューターの天才と言われている。マイクロソフトの4種の認定証明書を保持し、すでにWindows7についての312 ページにおよぶ著書も出版している。天才ぶりはコンピューターに止まらず、3ヶ国語を流暢に話し、現在4つめとなる言語を習得中だという。

マルコくんは7歳の時に研究機関で脳の検査を受けたが、その時点で彼の脳は12歳以上の知能レベルに達していた。また特定分野に卓越した才能がある「天才」と呼ばれる人々は、得てして社会的協調性やコミュニケーション能力が低い傾向にあるが、マルコくんはオープンな性格で、高い社交性を持ちあわせているという。

マケドニア出身とは、アレクサンダー大王の血筋かい、と寒い冗談を言いたくなる。

ところで、どうしてこの子が天才なのか、私は理解に苦しむ。例えば、ニコラ・テスラと比べたとき、テスラは5歳にして明確に、創造への志向を示していた。

ところが、マルコくんがやっていることといえば、マイクロソフトの4種の認定証明書を取得したり、3ヶ国語をマスターしたり、と既存のパラダイムの範囲内をなぞっているだけである。それはいかなる定義をもってしても、超秀才かもしれないが、天才ではない。パラダイムに対する「破」がみえないのである。

また、高い社交性も、天才でなく、超秀才であることを示唆する。あるいは、マルコくんは本当に天才なのかもしれない。もしそうだとしても、天才を喧伝するのは、ダイクストラの構造プログラミングや、オブジェクト指向プログラミングに匹敵するような画期的なプログラミング・パラダイムを提唱してからでも遅くあるまい。

そういえば、別のニュースで、日本のマイクロソフトの法人が、日本マイクロソフトと社名を変更するとあったが、どうしてそんなことがニュースになるのか理解できない。マイクロソフトがメガソフトと社名を変更するなら分かるが。おっと、メガソフトは本当にあるソフトウェア会社だった。失礼。

ということで、マルコくんを天才として持ち上げるのは、マイクロソフト、余程話題にこと欠いているとみた。

白鵬が相撲の将来を案じて、「自分たちの手で国技をつぶす気なのか」と発言したことに関して、夕刊フジの記事があった。以下、引用しつつコメントする。

「自分たちの手で国技をつぶす気なのか」

野球賭博問題を受けて力士らに厳罰を下し、天皇賜杯の授与を含むすべての表彰を辞退した日本相撲協会に対する横綱白鵬の発言は話題を呼んだ。

この発言は協会批判とも報じられたが、同協会の友綱理事(元関脇魁輝)は9日、逆に評価する姿勢を示した。「それだけ国技に対する気持ちが熱いのだろう」と友綱理事。ただ同理事は白鵬と同じ立浪一門だ。

私は、この白鵬の発言は、蓋し当然だと思う、寧ろ、いまや唯一の横綱となった白鵬にとって、そこまで言う義務があるといいたい。なぜなら、白鵬以外の人がいっても響かない。何を言っているのかと、圧殺される。

私は、決して相撲ファンではない。しかし、一連の報道をみていて、マスコミは、揚げ足取りすぎではないか。自分のことを棚に上げて、非難しすぎではないか。

確かに、博打はよくない。ヤクザとの関与も褒められたものではないだろう。しかし、相撲とは一種の芸能であり、芸能の興行である以上、どうしてもヤクザとの付き合いは生じるし、気分転換に博打の1つも打つだろう。力士というのは多少なりともそういう山っ気があるものである。多少ならそれも華である。

そもそも、政治家を見るがいい。右翼大物と付き合っていないか。ヤクザとの関係は公然ではないか。それはどんなドキュメンタリーにも書かれており、否定しきれないだろう。私はそれが悪いとは言わない、政治というものは、清濁併せ呑むところが必要だろう。では、なぜ力士ばかりが責められなくてはならないのか。

「全力士は賜杯を頂くため、一生懸命けいこに励んでいる。あまりにもやりすぎではないかと思う。自分たちの手で国技をつぶしてしまうのではないかという気がします」。

そう、白鵬、よく言った。こんなことで相撲を潰してはいけない。日本の文化である。日本文化の多様性に欠くべからざるである。

しかし、その認識で相撲界に巣くった暗闇を晴らすことができるかどうか。相撲ファンの悲鳴が聞こえる。しかし、つぶしてゼロからスタートするくらいの覚悟がなければ、相撲界の体質を変えることはできない事態ではないか。

何がそんなに問題なのか。相撲界の体質は、今も昔も変わらない。伝統芸として、あまり大きくも変われない。変わったら、相撲でなくなってしまう。

大相撲名古屋場所の先発事務所は9日、この日受け付けた観戦チケット払い戻しの申請は187件と発表した。8日は153件。開始した7日は72件だった。

賜杯についても、ある親方は、「白鵬の気持ちはわかるが...。さすがに今回ばかりは授与を辞退するべき」と話している。

白鵬自身も花札賭博を行ったとする上申書を提出していたことが明らかになっている。今の白鵬にできるのは、土俵上でファンを喜ばせる取り組みを見せることしかないはずだ。(塚沢健太郎)

私は、この相撲バッシングに、姉歯事件から顕わになってきた思考停止の流れを見て取る。すなわちマスコミと世論は、特定の対象をサンドバックにすることにより、自分を棚に上げて、溜飲を下げる。あいつらは駄目だと決め付け、自らいささかも反省することがない。

こういう手法は、全体主義のそれである。典型的には、ヒットラーのユダヤ人攻撃である。もっと言うと、米国の一連の反テロの動きと相似である。すなわち、9.11の後、忽然と施行された愛国者法により、米国民の自由は、フラッシュされてしまった。

多分、多少の賭博も、多少のヤクザとの関与も、大きい組織の運営の中で避けられないことだろう。私はそれらを厳密に取り締まることによる自由の遺失の方を遥かに怖れる。しかも取り締まる側の無謬性、それが私にはあまりにも痛々しいのである。

アマが指さない戦法

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近アマチュアのレベルが上がったと言われているが、7月3日の朝日アマ予選、プロ・アマ一斉対局はなんと、プロ側の10戦全勝であった。これは、朝日アマ予選にアマチュアが参加するようになって、初めてではないだろうか。かつてはアマが勝ち越したこともあったし、平均的にはアマの3勝7敗というところか。ただ、私はこれはたまたまであって、特にプロのレベルが上がったとも、アマのレベルが下がったとも思っていない。勝負には、そういうこともあるというだけの話である。

そうやって、プロ側の10戦全勝だろうと、アマトップの人達が、私から見て雲の上の棋力であることにかわりはない。

一方で、アマトップの人達が、私から見て雲の上の棋力であるといっても、所詮アマチュアだよね、と感じるのは、戦法の選択である。

例えば、中座流が得意なアマチュア棋士というのを私は知らない(実は、奇特にも、上記10戦のうちの1戦だけ、アマチュアに中座流がいて、しかもプロも知らない凄い新手を指していた。敬服するのみである)。一アマチュアとして、棋書を読み、中座流を試してみたことがあるが、どっちをもっても、狙いも受け方もさっぱり分からない。私だけがそうなのでなく、どうもアマトップにとって、中座流を使いこなすのは相当難事のようなのである。

次にアマチュアで見ないのは、一手損角換。これは、中座流ほどではないと思うのだが、やはりアマチュアではほとんど見かけない。思うに、アマチュアにとって狙いが茫漠すぎるのである。

もしかしてもっと見かけないのは、角換腰掛銀同型の攻防である。これは、プロ同士が戦ってもぎりぎりで難解である。私はアマチュアには変化が微妙すぎる、ような気がする。攻めも受けも寸分の隙も許されない。

あと、最早廃れてしまったが、藤井システムもアマチュアによって指されることが少なかった。私もやってみたことがあるが、どっちをもっても、狙いも受け方もさっぱり分からないという意味では、中座流と変わらないような気がした。

こうして並べてみると、アマチュアが指さない戦法というのは、次のような特徴がある。

  1. 玉の囲いが薄い。
  2. ちょっとした変化手順が、急激な局面と形勢の変化をもたらす。すなわち、カオス的である。
  3. 矛盾するようであるが、カオス的であるにも拘らず、プロが寄ってたかって、隅々まで定跡化している。そういう状況で、意味がある新手を指すことは、トッププロにしかできない。

では、アマチュアが好んで指す戦法というと、その丁度逆で、次のとおりである。

  1. 玉の囲いが堅い。
  2. 一手の緩手がそれほど局面を悪化させない。
  3. 緻密な研究があまり意味をなさない。

この典型は、例えば、矢倉、四間飛車、角換棒銀戦法、などであろうか。特に四間飛車は、今ではプロは、櫛田六段、西川和宏四段くらいしか指さないが、アマチュア間では隆盛を極めていて、衰える気配はない。そういえば、昔は四間飛車穴熊は、プロもアマも流行していたが、今ではプロでは、広瀬六段くらいしか指さない。広瀬六段は、独特の感覚で、羽生などにも勝っている。大したものである。

では、プロ・アマ共通に人気の戦法はというと、玉の堅さを活かした相穴熊などである。矢倉もそうである。またなぜか、ごきげん中飛車もそうである。ごきげん中飛車も場合によってはカオス的微妙な変化もあるが、アマはそういうカオス的な変化を避けてまったりした手順を選ぶ。そういうまったりした変化を多く含むのも、ごきげん中飛車の特徴である。ごきげん中飛車と似た意味で、角交換振飛車全般も、プロ・アマ共通に人気である。角交換振飛車なんて、滋味はないような気もするが、なかなかどうして意外な味わいもある。ただ、プロは、やりすぎはよくないようで、佐藤康光は、角交換振飛車のやりすぎで、A級から陥落してしまった。

ということで、立石流などのように、ときたまアマからプロに還流する戦法もあるが、大抵はプロ由来であって、アマが喜んで取り入れることのできる戦法は意外に多くない。だから、深浦王位が書く「最前線物語」をみても、トップアマを含む大抵のアマチュアは、大部分の戦法や変化は、鑑賞に留まるのである。こういうのも、ウィンドウ・ショッピングというのだろうか。

と、ここでこの稿を終わろうと思ってネットをみると、王位戦の第1局で、広瀬六段が深浦王位に、相穴熊で圧勝していた。広瀬六段の先手四間飛車穴熊であるが、棋譜をみると、四間飛車穴熊と言っても、アマチュアが指すそれとは全くセンスが異なる。すなわち、美馬氏の穴熊のように、やたら固めるのでなく、どちらかというと遠藤氏の穴熊のように、ぎりぎりの一手勝ちを目指すのであるが、その踏み込みのタイミングが意表をつく。すなわち、本来はアマチュアでも指せる、まったりした戦法であるはずの四間飛車穴熊が、広瀬六段にかかると、切り立ったヒマラヤ山脈になってしまう。到底アマチュアの及ぶところではなくなってしまう。アマチュアどころか、万能の羽生でさえ、広瀬の四間飛車穴熊は、想像の圏外である。以前、「とっておきの相穴熊」広瀬章人、遠藤正樹共著で、穴熊の達人と呼ばれる遠藤をもってしても、広瀬のセンスの前にはたじたじであるということを書いたことがあるが、それは実は、広瀬がプロだからなのではなかった。広瀬が広瀬であるからなのであった。こうして、アマが指さない戦法に、広瀬流四間飛車穴熊を加えるべき、ということになった次第である。

若年性アルツハイマー病で述べたアルツハイマー型認知症であるが、2008年に国内で約225万人、2035年には、445万人になると予想されている。週刊東洋経済の5月1-8日号にクスリ特集があったので、アルツハイマー型認知症の治療薬についてメモしてみる。

アルツハイマーの主要な原因は、神経伝達物質であるアセチルコリンが減少することである。1999年に承認された、エーザイから発売されているアリセプトは、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害することで、アセチルコリンの減少を間接的に防ぐ。これが現時点で、国内で唯一の承認されたアルツハイマー治療薬である。

一方、米国ヤンセンによって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したガランタミンと、スイス・ノバルティスと小野薬品によって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したリバスチグリンも、同様にアセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害する働きを有する。

一方、アスピオファーマによって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したメンマチンは、神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体の1つに作用し、部分的に働きを抑える。受容体が刺激されすぎると、神経細胞がダメージを受ける。

しかし、これら既存の医薬もまだ、アルツハイマー型認知症に対する決め手になっていない。薬を服用している人は、飲み続けても症状は改善されているように感じないともいう。一方、アルツハイマーの予測に書いたように、アルツハイマー型認知症の原因は、「ベータアミロイド」(Aβ)が脳に蓄積して発症すると言われている。そこで各社が鎬を削っているのは、ベータアミロイドの生成阻止である。ベータアミロイドは、βセクレターゼ及びγセクレターゼという酵素によって生成されるが、これらの酵素の働きを阻害することを意図する。

別のアプローチは、ベータアミロイドに対する抗体を投与し、免疫によって、ベータアミロイドを取り除くことである。

しかし、ベータアミロイドを取り除いたら、アルツハイマー型認知症の症状が改善されるどうかということも分かっていない。

ともかく、イーライリリー、ワイス、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、富山化学工業、エーザイ、武田薬品工業が、次世代のベータアミロイド阻止型アルツハイマー治療薬の開発中である。

ただ、アルツハイマーの症状が出る前からベータアミロイドの蓄積や、神経細胞の死滅が始まっており、ベータアミロイドは、アルツハイマーの原因というよりも、結果に過ぎない可能性もある。こうして、まだアルツハイマー型認知症には決め手は見つかっていない。

動物の超能力

| コメント(4) | トラックバック(0)

数日前に、タコの予想で述べた、オーバーハウゼン水族館のタコ、パウル君によるワールドカップの予想であるが、別途コメントでも述べたように、パウル君の完全正解に終った。これは、8問全問正解なので、数学的にもいよいよ、かなり有意な結果であると言わざるをえない。

するとまた、どうしても、私の文脈だと、動物の超能力という話題になる。卑近な例では、人間が嗅ぐことができない微妙な臭いを犬が嗅ぐことができ、人間が感じることができない微妙な超音波を蝙蝠が聴くことができ、人間が見ることができない暗視野を猫がもっている、などである。

さらに微妙なところで、準静電界を感知する器官を鮫がもっている、ということがある。

すると、動物(植物もであろう)は、人間が感知できないさまざまな現象を感知できて、独自のLebensweltを構築しており、すると、犬には犬の、猫には猫の独自の世界観というか哲学世界があるに違いないのである。ハイデガーもそのようなことを言っていたような気がする。

そこまでは、通常の発想の範囲だが、因果の感知すらも動物なら人間を超越しているのではないかという期待が古来より人類にあって、例えば、地震の予知にナマズが駆り出されたりする。物理学的にというと、ナマズの心象世界に、ファインマン・ダイヤグラムが描かれているという訳である。すなわち、ナマズは、未来からやってくるタキオン(そんなこと、ファインマンも言ってないぞ!)を感知して、未来の、特に地震事象を言い当てることができる。

ネズミが難破船から事前に逃げ出すのもよく知られた事実である。そういうナマズやネズミが、何らかの予知能力があると言い出すと、当然に、非難されるか無視される。あるいは、ナマズやネズミは、人間が感知できない物理的予兆を、密かに感知しているのだという説明もありえる。

そういう自然現象が絡むなら、既存の説明もつくだろう。しかし、サッカーの試合だと、そういう微妙な物理的予兆も考えにくい。

それで1つの解釈は、水族館の館員に、異様にサッカーに詳しい人がいて、その予想を、タコに託しているという次第である。エサをセットするなどすれば、タコの挙動をコントロールすることは容易である。ただ、異様にサッカーに詳しいからといって、8連続で勝敗の正解を言い当てられるだろうか。そもそも、勝敗には運の要素が大きく、実力差や戦力比較だけでは、正しい勝敗を言い当てるのは極めて困難なはずである。

それで私は一応、タコの超自然的な予知能力を括弧いれしておきたい。また、タコの能力を見抜いた水族館の慧眼をも、である。

ところで、知り合いのお坊さんは、霊能力があるそうで、普段でもいろいろな霊が見えるそうだが、若い頃、比叡山で修行していたときに、この世のものと思われない光景を目にしたそうである。すなわち、天狗のように空を舞う僧がいたり、睨んで飛ぶ鳥を落としたりなどである。

そういう文脈からいくと、サッカーの試合を正しく予想するタコくらいいるわいな、とドサクサに紛れて適当なことを言って、この稿を終えておく。

藤原氏の血脈

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずっと前に、藤原道長についてメモしていらい、どうやって藤原家が発祥したのだろう、と興味はもっていたが、何しろ、歴史音痴なので、手ががりとなる知識もなく、困っていた。

するとたまたま、古書店の100円均一コーナーで、「藤原氏の謎」邦光史郎、カッパ・ノベルズをみつけた。そこで、この本に基づき、藤原氏の由来について記述してみる。

歴史上の藤原氏の明確な始祖は、大化の改新で活躍した中臣鎌足である。すなわち、中臣鎌足は、親戚であるにも拘わらず蘇我氏に恨みを抱き、このままだと、蘇我氏の推す古人大兄皇子が皇位に就くと懸念して、中大兄皇子に近づいた。そして、中大兄皇子、石川麻呂などとクーデターを共謀した。

その結果、紆余曲折を経て皇位に就いた中大兄皇子、すなわち、天智天皇から藤原姓を賜った。しかし、その直後、藤原鎌足は、当時として特に早世という訳でもないが、56歳にして病死してしまう。

亡き後、藤原鎌足を継いだのは、次子、不比等だった。そして、例の壬申の乱があったとき、藤原不比等はまだ11歳で、藤原氏の親戚の有力者は、結局負けた大友皇子の方に就いたので、不比等は難を逃れるため、それから20年も京都に潜んでいた。

壬申の乱の勝者である大海人皇子が天武天皇に即位しても、不比等は雌伏し続けた。そのあと、持統女帝の時代になって、運が廻ってきた。すなわち、持統女帝は、天智天皇の娘なので、天智天皇の忠臣であり功労者であった藤原鎌足の息子である不比等を重用するというのは自然の成り行きである。

結局、不比等は、持統、元明、元正と、三人の女帝に仕え、執政することで権力基盤を固めていった。ここに、その後長く続く藤原氏の基礎が完成されたといってよい。不比等の戦略は、我が子を皇室に送り込んで婚姻関係を結ぶものである。この技法は、その後も洗練されていった。

不比等には少なくとも六人の妻がおり、その間に四男五女がいた。そうして、長男の武智麻呂が南家、次男の房前が北家、三男の宇合が式家、四男の麻呂が京家と呼ばれた。

ところがなんと、天平九年(718年)に天然痘が流行し、四兄弟が相次いで病死してしまう。藤原家の危機である。そこで救世主となったのが、不比等の五女の一人、光明皇后で、四兄弟が病死した後、藤原一族を支えて、甥たちが成長するのを待った。

その後、藤原一族で台頭してきたのは、南家の藤原仲麻呂であった。仲麻呂は、光明皇后に近づき、出世していった。

問題を起したのは、式家の藤原広嗣である。藤原広嗣は九州に赴任したとき、中国留学から帰った吉備真備と、僧弦肪に不満を抱き、反乱を起して没落した。

一時隆盛を極めた道鏡一族が没落すると、力をつけてきたのは、式家の藤原百川であった。そして、長岡京遷都の頃は、式家が優勢であったが、百川、種継と死去して、式家が没落すると、台頭してきたのは、北家だった。平安時代の藤原一族の繁栄は、北家によるものである。北家の繁栄は、821年に、冬嗣が右大臣になったときに始まる。このときからまた、藤原家は、天皇の外戚となる道を掴んだ。冬嗣の後、北家は、基経、時平と続いた。基経の時代に、宇多天皇は、藤原氏の時代に倦み、新風を吹き込むために、菅原道真を重用した。そしてついに、時平と菅原道真がぶつかった。権謀に長ける時平は、能く道真を大宰府に追放したが、道真の祟りか、時平は亡くなり、その弟の忠平が大臣になった。

藤原氏が最高の隆盛を迎えたのは、藤原兼家の五男であった、藤原道長のときである。その詳細は、上記藤原道長の記述に譲る。

藤原道長から三代目の忠通の子の基実が近衛家の、次男兼実が九条家の、初代となった。近衛家とはまさに、終戦前の総理大臣、近衛文麿の当家である。兼実の孫の次男良実が二条家を、三男実経が一条家を開き、さらに三条家、西園寺家、徳大寺家が分かれていった。

鎌倉、室町、安土桃山、江戸と、藤原氏が滅びることなくどう生き延びたのかこの本では記述がないが、おそらく、DNAの二重螺旋のように、天皇家の血脈に絡むことにより、主要親族として子孫を維持したのではないかと思われる。

このように、日本の貴族は、そのほとんどが、藤原氏に源を有する、と言ってよい。

貴族だけでなく、十六藤、三十二藤などといわれる、近藤、斉藤、遠藤、佐藤、工藤、安藤、後藤、進藤、江藤、加藤、武藤、首藤、尾藤など枚挙のいとまがないほとの姓が、藤原氏に関連すると言われている。尤も、そこには、単に末端の家臣の一族だった者もあろう。

こうして、日本に藤原氏の息のかかっていない者はほとんどいないということになり、大化の改新の中臣鎌足の遺伝子は、遍く日本国民に広がっている、ということになる。

フリーライダーの類型

| コメント(4) | トラックバック(0)

ちょっと前にブログで触れたフリーライダーであるが、「フリーライダー」あなたの隣のただのり社員、河合太介+渡部幹著、講談社現代新書は、よくまとまっており、対策も書かれている。

この本によれば、4分法により、フリーライダーが分類される。その第一の軸は、フリーライドの仕方による軸である。その軸の一方の極限は、「さぼり系」で、要するに、朝来て夕方帰るまで、何をしているか分からないというものである。

第一の軸の他方の極限は「略奪系」で、本人はそこそこ忙しく働いているのかもしれないが、他人の成果を略奪することにより、実働よりもはるかに大きな成果を得ようとする、というものである。

第二の軸は、職場に対する負担の与え方での分類である。その軸の一方の極限は、「実務的負担系」で、要するに、本人が仕事しないものだから、周りが実務の負担を被る、というものである。それは困ったことであるが、本人は、周りに負担を与えていることをある程度理解しており、ひどい悪意はない場合が多い。

ところが、第二の軸の他方の極限である「精神的負担系」では、実務の負担より寧ろ精神的負担を周囲にかけて、迷惑をかける。私が経験をした例だと、自分のことを棚に上げていうと、管理職だったときの同僚管理職で、本当に何もしない人がいて、私が人事的な雑用を被らされたので、まさに多大なる実務的負担を感じた。

その後、相対的に若い人が管理職になって、私の実務的負担は軽減されるかと期待した。ところが実務的負担が減らないばかりではなく、精神的負担がとてつもなく増大した。なぜなら、いくら私が雑用を被っても、これでもかと新しい要求を考え出し、私に押し付けてきたからである。際限がない。それは最早、実務的でなく、精神的負担であった。しかも、要求する内容が全く実質に結びつかず、趣味のようなことなので、暗澹とした気持ちになった。

ともかく、以上の2つの軸を使って、フリーライダーの4分法を構成する。その第1象限は、「サボリ系」+「実務負担系」で、この本で、「アガリ系」と呼ばれる。すなわち、典型的には、もう定年まで長くないので、せいぜい気楽に会社生活を送るぜよ、と開き直っている輩である。私の周りに以前、毎日定時までどうやって時間を潰すのか困るよ、と平気で公言している輩がいた。結構な給料貰っているのに、である。他の人の仕事が溢れていたも手伝おうとしない。いや、もっと言うとスキルがないので、手伝えないのである。

その第2象限は、「略奪系」+「実務負担系」で、「成果・アイデア泥棒型」と、この本では呼ばれる。これは、平気で他人の成果を横取りする社員であって、偉そうに他人に説教するが、実労を厭い、上には弱く、下には威張る。これも、結構いるタイプである。

その第3象限は、「略奪系」+「精神負担系」で、この本では「クラッシャー型」と呼ばれる。自己欺瞞と言い訳に溢れ、問題を解決しようと付き合うほど、管理職や周囲は、消耗してしまう。その感情は最早怒りではない。深い海に沈められるような気持ちである。私は管理職として少なくない経験を有するが、流石にパーソナル過ぎて、何も書けない。

その第4象限は、「サボリ系」+「精神負担系」で、この本では「暗黒フォース型」と呼ばれる。あら探しが得意で、改善案に消極的。仕事は最低限しかこなさないことを目指す。得意な言い方は、「それは俺の仕事ではない。」である。

これだけ類型化されるということは、会社にはフリーライダーが溢れている、ということである。また、自分はフリーライダーにならないと言い切ることも難しい。それでは、会社の対策はどうか。

これは一言で言うと、フリーライダーが得にならない組織風土を作るしかない。それための1つの方策は、結果重視でなく、プロセス重視にしたり、他の人を助けているという要素を評価することである。いずれにしても、評価する者としての管理職の役割は重要である。また、会社組織として、地位に応じた責任をきちんと求める必要がある。

また、個人としても、フリーライダーにならないように努力しなくてはならない。そのためには、個人として常に成長努力を怠らない、ということが重要である。過去の栄光にしがみつくことは、成長努力を怠るところから始まる。次は、巻き込まれ力、頼まれ力をつけることである。

ただ、個人の集積が組織文化であるといっても、組織風土の根は深い。フリーライダーにはならないぞと自負している私も、蟻地獄に吸いこまれていきそうである。

高脂血症

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、コレステロール値がかなり高く、健康診断でいつもひっかかってしまう。それで気にはしているのだが、家系的なものであること、家系は平均長生きであること、コレステロール値が高いと癌になりにくく、ボケにくいという説があること、などに依拠して、特にコレステロール値を下げる努力はしていない。ところが、毎日新聞の記事によると、高脂血症の人は、脳卒中の死亡率が半分というので、流石に意外である。以下、引用:

コレステロール値が高く「高脂血症」と診断された人は、高脂血症ではない人に比べ、脳卒中で入院した際の死亡率が約半分と低かったとの分析結果を大櫛陽一・東海大医学部教授(医療統計学)らがまとめ、28日発表した。日本脳卒中学会の機関誌に論文が掲載された。

社団法人「日本脳卒中協会」のデータを利用。98年から07年までに脳卒中で入院した患者約4万8000人について、高脂血症の有無と入院中の死亡率を分析した。

脳卒中の一種の脳梗塞(こうそく)では、高脂血症のない約9900人の約5・5%が死亡した一方、入院時に高脂血症と診断されていた約2300人の死亡率は約2・4%だった。

脳内出血では高脂血症のない約2800人の死亡率13・4%に対し、高脂血症の約440人は6・3%。クモ膜下出血では高脂血症のない約1300人の死亡率は約17・3%で、高脂血症の約110人は6・3%と約3分の1だった。

日本動脈硬化学会の高脂血症の診断基準は「LDLコレステロールが血液1デシリットル中140ミリグラム以上」など。大櫛教授は「コレステロールは血管の材料になるので、高い方が血管の状態がよかったのだろう」と話している。【高木昭午】

私が健康診断で、高脂血症であると判定されたのはもう、20年くらい前のことである。そのとき、このまま放置すると、血液にコレステロールが沈殿して、血管が狭窄し、重篤な心臓系の病気に罹る可能性が高まる、と脅された。そして、メバロチンという、コレステロール低下剤を処方された。さらに、今度踵にどれくらいコレステロールが沈殿しているか検査してみましょうとも言われた。

そこで私が指摘したのは、うちの家系はみなコレステロールが高めで、且つ長生きである、という事実である。戦死した母方の祖父、酒を飲みすぎて50代で急逝した父方の祖父を除けば、ほとんどが80歳以上まで生きている。

それを聞いた医師は、ああそうですか、確かに家系的に高い人というのもいるそうてすね、と言いつつ、あるコレステロールの数値以上の高脂血症には、コレステロール低下剤を処方することになっていると、まげない。

そこで仕方なく、メバロチンを飲んでみると、なぜか、意欲全般が急速に低下していった。仕事のやる気がなくなり、街で美人を見ても全くときめかない。それを医師に話したら、苦笑いしながら、ジンデスタールという薬に換えてくれた。この薬だと、意欲の低下はあまり起きなくなったが、面倒になって、服用を止めてしまった。

その後、ストレスからか肥満気味になり、コレステロールの数値がいままでよりもかなり高くなったので、リポバスという薬を処方されたことがあったが、やはり急激な意欲低下がおき、服用を止めた。

それからは、体重のコントロールと、コレステサポートというファンケルのサプリメントで、コレステロールの数値に対処することにした。サプリメントは薬ではないので、効き目も大したことはないが、少なくとも意欲の低下にはならない。その甲斐あって、今回の健康診断では、基準より高めであるが、問題がないレベルまで、コレステロールの数値が下がった。

それでも、今回の記事は、別にコレステロールの数値くらい気にしなくていいのではないか、という私の気持ちをサポートする。この記事は、世間一般のコレステロールに対する認識を変えるのだろうか。おそらく、何も変えないだろう、なぜなら、少なくとも日本では、いかにも怪しい地球温暖化二酸化炭素説は、クライメートゲートに微動だにしていないからである。

こうして、さしたる効果がないのに、コレステロール低下剤は、薬品会社の巨大なる利益の源であり続けるだろう。

タコの予想

| コメント(4) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、ワールドカップの対独戦の予想をしているオーバーハウゼン水族館のタコ「パウル君」が、ドイツ国民から非難されているという。なぜなら、対スペイン戦の敗北を予想し、しかも当たったからである。以下、引用:

W杯南ア大会でドイツの試合結果をすべて的中させている独西部オーバーハウゼン水族館のタコ「パウル君」の予言が、また当たった。

2年前の欧州選手権は、スペイン戦の予言を外した前例があっただけに、ドイツ国民はその再現に望みをかけていたが、パウル君の6連勝に終わった。

AFP通信によると、地元報道などではスペイン勝利のお告げに対しては反発も多く、「パウルをシーフードサラダかパエリアにしろ」「サメが入った水槽に送れ」などのコメントがネットなどに現れ、ベルリンではタコに反対する歌も歌われたという。パウル君の運命やいかに......。

予想の方法は、対戦する1つのチーム国旗がそれぞれ付けられた台を2つ水槽に入れ、タコのパウル君がどちらの台に乗るかで、勝利を占うものである。

今回のワールドカップの対独戦6戦全てを正しく言い当てたというのは、推計学的にみてもかなり有意である。というのは、推計学的常識では、までれで正解する確率が3%以上なら、偶然かもしれないと判断するが、6連続で正解を偶然に出す確率は、1.6%であって、偶然でない可能性を示唆する。

ここで、偶然でないとはどういうことかというと、要するにタコに超能力があるか、水族核の係員が何か操作していたかのどちらかである。こういう単純な予想だと、係員の操作の線も捨てきれない。ただ、どうやって?という疑問は残る。

水族館に言いたいのだが、このような予想を公表することはとても味が悪い。なぜなら、パウル君がドイツの勝利を予想してドイツが敗れると、なんいいい加減な予想だと非難され、一方、パウル君がドイツの敗北を予想した時点で既にドイツ国民からブーイングを浴び、本当に予想どおりドイツが敗れても、腹いせにさらにパウル君は非難轟々となる。

ドイツチームの選手にとっても、試合前に余計な「雑音」を注入されることは集中力を削ぐ。

こうして、オーバーハウゼン水族館にとって何一ついいことはないように思われるのだが、それでも水族館の館長は、有名になったからいいのだ、と開き直るのだろうか。確かに、「ほらほら。あのタコよ。」と家族連れが押しかけるシーンは予想がつく。

イタリアかどこか知らないが、もっといい加減な国民なら、こういう余興もいいだろうが、名にし負う真面目なドイツ国民には、こういう余興を笑いとばす余裕はない。もっとも、ワールドカップの予想、特に自国チームの予想となると、どんな国民も、いい加減にスルーできないか。

前向き

| コメント(0) | トラックバック(0)

私はよく、前向きでないと言われる。言われてみるとご尤もで、休日も出歩かないで、家に籠もっているし、あまり付き合いも好まない。口を開くと会社の愚痴だったり、結婚否定論だったり、霊だの宇宙だのと訳のわからないことを言い出して、根暗絶頂である。

「でも、」と力なく反論しようとするのだが、根暗の発言は聞くに値しないと封殺され、そこで、渋々であれ引き下がってしまうのが、まさに前向きでない私の真骨頂である。

そこで改めて、前向きとは何か、考えてみよう。すると、典型的には、出来るだけ沢山の友達を作ろうとか、事業ならできるだけ稼ごうとか、客商売なら、なるべくお客さんに喜んでもらおうとか、結構分かりやすい。いくら根性がひねくれた私でも、この前向きの定義は否定しない。

それでは次のような例はどうか。ある病気になって静養を医師に勧められるとする。しかし、ここで頑張っておくと、事業に更なる発展が期待できる。ここで前向きとはどういうことか。今は体調が悪いが、ええいと頑張るのが前向きか。それでも、目先の事業があっても、ここは体調重視とあえて静養するのが前向きか。それはおそらく、結果的に長期での事業の成功を願うなら、どちらも前向きであろう。しかし寧ろ、静養の方が前向きである可能性が高い。

それでは、事業から撤退することが直ちに後ろ向きなのか、というとそうもいえない。というのは、考えた結果、どう工夫しても成功が見込めないとき、傷を深めないうちに事業をたたむこともやはり、前向きであろう。

こうして、前向きかどうかの判断は、表面的なことに拘っていることができず、次第に錯綜してくる。ここで突然、マイケル・サンデルの「正義」の話に例をとる。その話だと、5人のグループがあって、一人だけ犠牲になれば、他の4人が助かる。一人も犠牲にならなければ、5人全員が助からない。典型的には、遭難時の4人乗りの救命ボートを考えればよい。そういう場に居合わせたとき、どういうのが前向きな生き方か。オールで一人を叩きのめし、海に落として、残りの4人が助かるのが前向きか。それとも、ここは神の試練です、5人とも神に召されましょう、と聖書を読みながら説くのが前向きか。それとも、私一人が難破船に残ります、あなたたちはボートで逃げて下さい、というのが前向きか。私は、最後のが、コルベ神父的で一番前向きだと思うが、多分私は、それを採る勇気はない。

ともかく、前向きの概念を推し進めると、現代倫理学の先端にも行き着いてしまうのである。そういうことを言っていると当然に、お前は根暗だ、後ろ向きだと非難される。

そこでようやく、私の前向きの定義を述べさせていただきたい。私の定義による前向きは、変化を求め、できれば、自分の中の既存のパラダイムを少しだけ変更することである。その私の定義だと、一日中部屋に籠もって、誰とも会わなくても前向きでありえる。例えば、読んだことがない(例えば、ヴィーコなど)本を読み、いろいろ考えてみる。そして新しい知見を探る。それは、世間でいう、前向きの1つの定義、すなわち、友人と楽しく酒を飲み語るということにひけをとらない前向きさである。

また私は一人でいて、いろいろ工夫をする。典型的には、仕事のために、スクリプト言語処理系でツールを書く。その分野の本を読んで、専門家に話を聞く。ううん、それくらいか。

ともかく、言い訳であるが、私は私で、前向きであるつもりである。ただ、その外観があまりにもスタティックであるだけである。地味すぎるだけである。

私の定義が受けなければ、私は後ろ向きの人間であるということになっても構わない。ただ、ボトムラインとして、「万物は流転するということを心で納得して生きていきたい。そうであるなら、私は、自分で前向きであると自負できる。それでなんの不都合があろうか。

iPS細胞の新手法

| コメント(0) | トラックバック(0)

iPS細胞の手法に関する最近のニュースとしては、つい先月にピックアップした、iPS細胞による抗がんの記事がある。それは、iPS細胞から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成する技法であったが、今回、慶応大学が、血液からiPS細胞を作製する技法を開発した。これはかなり実用的であるように思われる。以下、朝日新聞の記事からの引用である。

体のいろいろな細胞に変化するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を従来より簡単で早く安全に作る技術を、慶応大医学部の福田恵一教授らが開発した。1滴の血液からも作れ、必要な期間も3分の1程度に短縮できるといい、医療への実用化に一歩近づいた。

今回の方法ではまず、人から血液を採取して、リンパ球の一種、T細胞を活性化させて培養する。そこに4種の遺伝子を一時的に入れて、iPS細胞を作った。1滴の血液でも十分だった。

これまでの一般的な方法では、iPS細胞をつくるもとの細胞を得るために皮膚を1センチ弱切る必要があり、小児などでは採取が難しかった。また、皮膚の細胞を取ってからiPS細胞になるまでに約2カ月半かかったが、今回は25日程度に短縮できた。

さらに、従来の方法では、導入した4種の遺伝子が本来の人の遺伝子の間に組み込まれてずっと残り、将来がんができるなどの心配が指摘されていた。今回、特殊なウイルスを使い、4種の遺伝子を一時的に細胞の中に入れるものの、ずっと残らないようにした。入れた遺伝子でがんがおきる心配を解消し安全性を向上させた。

福田教授らは、この新技術によるiPSから心筋細胞ができることを確認した。作り方が簡単になったことによって、再生医療への応用や病気の研究が進むとみている。

この成果は、1日付の米科学誌セル・ステムセル電子版に発表する。(編集委員・浅井文和)

この技法があると、最早、皮膚などの細胞を切除してサンプル必要はなく、血液で足りるということもありえる。そもそも、採血は、一般的に行われており、比較的容易である。これは、コンパイラ技法でよれば、字句解析、構文解析といったところだろうか。

もしこの技法が、iPS細胞作製の標準として確立されると、次なるチャレンジは、作製されたiPS細胞から、目的の細胞に分化させる技術である。それは、プログラミングでいえば、目的のアプリケーション・ソフトの開発環境を整えることであるが、まだ決定的に、APIに相当するものが確立されていない。それには細胞発現のメカニズムを明らかにする必要があるが、タンパク質化学、細胞生理学、遺伝子工学を駆使した総合学になる必要がある。かなりのチャレンジだと思われる。とりあえず、歯などの身近な応用から始めるのだろうか。そういえば、この記事によれば、iPS細胞関連の血液の研究の拠点は東大であるはずなのに、いつの間にか慶応になっている。

ダイエット

| コメント(4) | トラックバック(0)

何回目かのダイエットをして、体重を85.6kgから、79.0kgくらいまでなんとか下げたのだが、それで、何一つ新規ではないけれども、感じたことをメモしてみる。

まず第一に思ったのは、ダイエットをするためには、食べる楽しみを滅却しなくてはならない、ということである。書くと当たり前であるが、実は、人間の文化で、食文化というのは、非常に大きい比率を占める。そして、食べる楽しみは、友人や恋人と楽しいときを過ごす楽しみと分かちがたく結び付けられており、そこをかなりトーンダウンしないと、ダイエットには相当な技巧が必要になる。例えば、いくら食べても太らない海草や野菜に限定するとか、低カロリーのドレッシングを使うとかである。

世のダイエット本は、どうしても、そういうエピキュリアン的、審美的側面を帯びており、それがゆえに若い女性にも人気を博すのであるが、一番手っ取り早いのは、気持ちを修行僧に切り換えることである。心の中で、作務衣でも着ていると思えばいい。

そうやってマイブームならぬ、マイ世捨て人のようなメンタリティになると、食べることへの欲望というか執着がかなり減った。例えば、先日新幹線に乗って実家に帰ったのだが、朝は納豆と小さいパンを食べただけで、昼の1時になっても全く空腹を感じない。

尾道の駅について、それでも、つい駅前のミスタードーナッツの店に入った。ドーナツ2つとコーヒーだったが、これでも体は、多すぎると訴えていた。

そして夕方5時になっても、全く空腹を感じない。夕食をとる必然性さえ覚えない。それでも夜10時過ぎに軽い食事をしたが、これも余計であった。

そうすると、カロリー的には不足するので、体重は減りそうなものであるが、79.0kgで上下するだけである。どうも、食べ物と体にあるように、エーテルからエネルギを摂取する機構が働き始めたのかもしれない。

すると、体は、エネルギー平衡状態に落ち着いたので、具体的に体重の数値には最早一喜一憂せず、精神的な無欲さを維持すればいいのかもしれない。

ところが、そういうアタラクシアを破壊して、非定常状態に陥れるのはストレスである。心が千々に乱れると、エーテルからのエネルギが途絶する。すると、肉体は、過度の食糧で補おうとするので、カロリーのバランスが崩れ、肥ることになる。実は、酒が、飲めば飲むほど欲しくなるように、食べ物も、食べれば食べるほど、肉体を鼓吹する。だから、肥満の原因は、純粋に生理的にものはほとんどなく、その99%は精神的なものであるに違いない。言い換えると、心の何かの不足を、肉体が食べ物で補おうとする。そのとき、スパイシーであることは、肉体を刺激する。それもまた、心からの要求なのである。

そこで思ったのは、食文化は、実は資本主義の尖兵である、ということである。資本主義は欲望の動力学なのであるが、その尖兵に食文化があり、その先に、金融などのありとあらゆる物欲の権化がおわすのである。

してみると、気軽な人生の降り方は、芸のないダイエットに染まることである。そういう意味では、毒を盛られるからとの警戒から、食を絶って餓死したゲーデルまでの距離はもう一歩である。いかにも、論理学者ゲーデルらしい死に方といえよう。

機長のリストラ

| コメント(2) | トラックバック(0)

プレジデントロイターによると、いよいよ、航空業界の聖域である、パイロットにもリストラが及びつつある。以下、引用:

人件費という意味では、平均年収約2000万円、生涯年収は9億円ともいわれる高給を得ていたのが運航乗務員(パイロット)である。聖域扱いされていた彼らの職域にもついにリストラの手が伸びた。これまでJAL機長組合では、経営の詳細を組合に説明しない経営陣の安易な姿勢を批判。昨年末頃まで、人件費カットに強硬に反対してきた経緯がある。

だが今回の大幅な賃金カットを含む人事賃金施策には、強硬にこれに反対すると思いきや、一転してこれを受け入れる方針を取っている。「我々は比較的冷静に受け止めていますし、現時点では退職勧告されることもありません」と組合員の一人である現役機長は淡々と語る。

当然である。パイロットが余ってきているのに、特権意識をふりかさがして、機長だけが優遇され続けることはできない。

かつて、彼らには「我々がいないと航空会社は存立しえない」という特権意識があった。しかし、今、その声には迫力がなくなってきている。飛行機の小型化も進み、12路線で機材変更を予定。写真奥のB747-400から、より小型のB777やB767へ変更する。

「3、4年前から事態は大きく変わりました。不況でパイロットが供給過多になっていて、年収を下げても容易に転職ができる状態ではなくなっています」と語るのは、今年10月に退役が予定されている旧ジャンボ機B747-400の航空免許(ライセンス)を持つ50代の機長Eさん。5月末で退職予定だったが、一斉退職で運航に支障が出る可能性が浮上したため、9月末まで勤務が延長された。

この機会に、年配の機長は、退職を考える。

「でも、辞めることを決めたらほっとした自分がいた。今まで、凄いストレスの中で仕事していたんだなと思います」

そう語るEさんは今後、再就職などは考えていないという。

「何かほかの仕事ができるわけではないし、何をしていいかもわかりません......」

もはや、航空業界のコスト構造は、下記のとおり変わった。

新規参入航空会社の資料によると、現在、世界の空を飛ぶ場合、1時間の移動距離で運賃は平均5000円という。ところがJALをはじめとする日本の大手航空会社は、1万5000円。アジアのローコスト・キャリア(LCC)では、クアラルンプール/シンガポール間が2700円となっている。こうした「航空運賃のデフレ化」が進むなかで、コスト削減に協力するとはいえ、「好待遇」を甘受し続けたJALの機長は、やはり「絶滅危惧人種」に属すると言わざるをえない。

日本の新規参入航空会社の一座席あたりの運賃コストは、キロあたり9.4円。これに対して、JALなどの日本の大手は、13~14円。ライアン・エアをはじめとする欧米のLCCでは、6~7円。エア・アジアなどアジアのLCCでは、3~4円という数字がある。

「今回の再生計画では国際線、国内線合わせて、座席供給ベースで30%ぐらいのパイロットがカットされる。それだけ路線と便数が少なくなるわけです」と、組合は危機感を募らせる。

航空会社の機長が世の中で最もプレステージの高い職業ということはないが、この分でいくと、弁護士も公認会計士も聖域ではなくなる。医師、然り。世の中に、聖域の職業など、とっくになくなっているのかもしれない。

一方で、逆説的であるが、誰もやりたがらない、一見地味な職業が意外に稼げるという話もある。例えば、広島県福山市にあるエフピコという会社は、食品トレーを再生するという、一見地味な事業から一躍伸びた会社である。食品トレーは、使い捨てが当たり前の時代に、回収して再生させることに目をつけ、環境保護の時代に後押しされて、毎年、利益が右肩上りとなっている。この不景気の時代、過去の栄光や、下手なプライドは却って邪魔になるのかもしれない。

結婚相手の条件

| コメント(2) | トラックバック(0)

All Aboutによると、「現代の20代男子が結婚相手の女性に求める条件」として[5K]があるという。その5Kとは:

1.可愛い
2.賢い
3.家庭的
4.軽い(体重が)
 この4つに加えて、最近増えたという5つ目は......ナント! これ!
5.経済力

ううん、なんと男性が女性の方に経済力を求めるとは。私からするとしかし、相手に条件をつけることなんてできない。私が選ばれないのだから、意味がないのである。ただ、強いて言うなら、私は、相手を立てる性格というのをあげたい。

ところで、ある将棋番組をみていたら、将棋の泉正樹七段が出演していて、泉七段は野獣と呼ばれるほどに粗野な風貌である。それで40過ぎてもまだ独身だよね、と思っていたら、なんと最近結婚し、相手は女医であるという。へぇ~、とちょっと驚いた。インタービューに応えて、泉七段は、自分は暇だけど、家内は仕事で忙しくてほとんど会えないとこぼしていた。すると、女性の経済力というキーワードがなんとなくしっくりくる。

ただ、話はこれで終わらない。離婚率で述べたように、最近では離婚率は上がっており、女性に経済力を要求すると、単に離婚率が上がるだけである。しかし、女性にも経済力が要求されるとは、なんと世知辛い世の中なのだろう。

タダ乗り問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイヤモンド・オンラインに組織における「タダ乗り」の問題が論じられていた。以下、私なにり纏めつつ、コメントする。

前回は、「タダ乗り」という現象が今の日本の会社組織に深刻な問題を引き起こしていることを述べた。お蔭様で、記事の反響は私たちの予想をはるかに上回った。新連載としては異例の35万PV(ページ・ビュー)を記録し、読者の皆様からのメールも多数いただいた。

これだけ大きな反響を呼んだのは、まさに日本の多くの職場で「タダ乗り問題」が発生しており、皆がそれに不満を感じているからに他ならないだろう。そして、この問題が会社の存続を左右するほど深刻になってきていることの表れでもあるだろう。

タダ乗り問題は、日常業務でよく感じる。自分が苦労したことがいつの間にか他人の業績になっており、私の名前すらクレジットされない。それは、私が所属する部門だけの問題かと思っていたら、そうか、普遍的なのか。

問題の解決のためには、まず「なぜタダ乗り問題が起こるのか」「職場にはどんなタダ乗り社員がいるのか」を知らなくてはならない。今回は、タダ乗り問題を解決するために必要な予備知識として、社会心理学を中心とした研究成果をわかりやすく解説したい。

結論から言うならば、あらゆる会社組織は放っておくとタダ乗り問題を生む構造になっている。いや、会社組織だけではなく、皆で協力し合うことが必要な全ての集団――国、地域社会、家庭、そして地球全体――は、タダ乗り問題を潜在的に抱えている。

以下、学校での掃除の例が挙げられるが、冗長なので、私なりに整理してみる。すなわち、学校での掃除は、「気持ちよく学校生活を送ることができる」という効用を与える。また普通、クラスの全員参加で行われるものであり、先生はそう指示する。

ところが、仮に先生の指導が一切なく、「掃除をするかしないか」を生徒が自由に選択できる状況にしたらどうなるかというと、間違いなく、サボる者が多数出てくる。そして、サボる者は、真面目に掃除する者にタダ乗りするのである。

これが、「タダ乗り」学の基本である。以下、引用に戻る。

この構造は、会社組織のそれと基本的に同じである。会社組織では、各社員がコストを負って労働を行ない、その結果会社は利潤を得て、それを社員に分配する。分配は主に給与と福利厚生という形でなされる。

それには、役職や勤続年数に応じて差があるため、教室掃除の効用とは少し異なるものの、分配によって社員が効用を得るという点で、基本構造は同じである。

では、上記と同じように、上司や人事部の指導が一切なく、勤続時間も仕事内容も社員が自由に選べ、かつ給料は現在と変わらないといった状況なら、どうだろうか? きっと、今よりももっと働かない人が増えるに違いない。つまり「タダ乗りしよう」とする社員は増えるに違いないだろう。

それがまさに、私が所属する組織で起こっていることである。そこでは、社員を大人とみなして、自由放任の自主性に任されている。みんな大人なんだから、何も管理しなくても、組織コストを互いに担うだろう、と期待されている。

しかし、その期待はあっさり裏切られる。部門内の面倒で評価されないこと、いわゆる雑用は、一部の奇特な社員に委ねられる。他の社員は平気でタダ乗りするだけではない。まるで、当然のサービス需給権利者であるかのように、一部の奇特な社員にケチがつけられる。典型的には、シス担を雑用係と呼ばないでに書いたとおりである。

前述の掃除の例では、現実には生徒がサボらないように先生が指導する。会社組織でも同様に、タダ乗りが起こらないように上司や人事が方策を講じなくてはならない。放っておけばタダ乗り問題は必ず深刻化する。

そう、タダ乗りを防ぐためには、管理者の役割は重大である。ところが、往々にして、管理者の役割は機能していない。

しかしながら、私たちが行なった企業への取材では、うまくタダ乗り問題を解決できているところは少数だった。多くの企業では、タダ乗りを認識はしているものの、問題に対して効果的な対策を取れないでいた。なぜだろうか?

それには色々な理由があるが、共通しているのは「タダ乗り問題についての基礎的な知識が整理されていない」というものであった。

なるほど、タダ乗り問題の基礎的な知識を先ず整理することが先決なのか。で、以下また、私なりに記事を整理してみると、タダ乗り社員は、確信犯の「ハードコア・フリーライダー」と、「会社のために協力したくてもできない」、あるいは「他のタダ乗り社員につけ込まれたくない」という理由で、自らもタダ乗り社員となっている、消極的タダ乗り社員がいるようである。

たぶん、ほとんどの社会人は、程度の差こそあれ、「楽をして高い給料をもらえるのに越したことはない」と考えているだろう。「積極的にフリーライドする気はなくても、もしチャンスがあったら少しは考えてしまうかも」と思っているだろう。

それは、そう考える人のモラルが低いというより、社会的ジレンマの構造が人をそう思わせてしまう類のものだからである。

ちょっと待て、そんなに安易に社会的ジレンマのせいにしていいのか。各人の意識の問題はないのか。

特に、この稿では、もっと働けるのりしろがあるのに、何かと理由をつけてやらない、他人に押し付ける、ひどい場合には企画そのものを潰す、といった行為を行なう人たちが、「ハードコア・フリーライダー」と呼ばれる。

当然のことながら、そんな彼らに対して、まじめに働く社員は不公平感や無力感など、負の感情を抱く。私たちの行なったインタビューでも、彼らに対するフラストレーションは相当なものだった。

しかし、ここで気をつけねばならないことがある。自分が目にしているフリーライダーは本当に「ハードコア」かどうかである。

たとえば、皆が残業で忙しいのに、いつも定時で帰る部長がいるとする。定年まで間もないから、タダ乗りを決め込んでいるに違いないと思われている。

以下の趣旨は、フリーライダーにも、非ハードコアのフリーライダーがいる、ということである。そして、非ハードコアのフリーライダーは大目にみなさいというが、それは少しおかしい。すなわち、定時で帰る部長は、実は介護が必要な父親と認知症の母親を抱えていて、定時に帰っているが、本人にはタダ乗りする意図はなく、止むを得ずやっているのかもしれない。それでも、自分の家庭内の問題をいちいち部下に説明するのは気が引けるというが、説明するべきである。また、なにか家庭の事情があって部長として責任をまっとうできないかもしれないのに、その地位にしがみつくのはおかしい。責任ある地位から降りるべきである。場合によって減給にも甘んじるべきである。

私の意見では、どういう理由であれ、事情であれ、タダ乗りであるなら、それ相応の処遇に甘んじるしかないということである。

ただ、申し訳ないと思いつつ結果的にタダ乗りになっているのは、まあ許せるともいえる。この稿が指摘する本当に厄介で深刻なのは、「無邪気なフリーライダー」である。

一方、自分がタダ乗りしていることで皆に迷惑をかけていることに、本当に気付いていない「無邪気なフリーライダー」もいる。この手の社員はかなり厄介だ。

無邪気なフリーライダーは、言い換えると、他人の感情を読み取ることのできない「感情音痴」な人だ。一見すると、これもタダ乗りの理由は「能力」だと思えるかも知れない。

しかし、感情音痴が問題なのは、環境が変わっても本人がタダ乗りを止める可能性が低いことにある。他者の感情に鈍感なため、フリーライドできる状況では常にタダ乗りしてしまう。そういう意味では、彼らも「ハードコア・フリーライダー」である。

そうなのである。最大の問題を引き起こすフリーライダーは、他人の迷惑に鈍感な人達なのである。私も経験があるが、そういう人が近くにいると、異様に疲れる。それで成果が上がっていればいいが、単に手間を浪費しているだけだったりする。

そしてフリーライダーの最大の問題は、「腐ったリンゴ効果」である。すなわち、今まではミクロな効果だったが、「腐ったリンゴ効果」によって、フリーライダーが組織全体に及ぶ。

ハードコアにせよそうでないにせよ、フリーライダー問題の一番厄介な点は、その「伝染力」にある。社会心理学者や実験経済学者は、上記で述べた社会的ジレンマの状況をリサーチする実験室を作って多くの実験を行ない、「人々がフリーライダー問題にどう対処するか」を研究してきた。

具体的には、実験参加者に金銭の取引を行なわせて、他の参加者を出し抜けば多くの利益を得られるような状況を作り、そこでの人々の行動を調べるのだ。

これまでに多くの研究が行なわれているが、はっきりわかったことは、「どんなに士気の高い集団でも、ひとたびフリーライダーが現れると、やがて皆がフリーライダーになる」という点である。

多分問題は、フリーライダーになっても高い評価を組織から受けることである。他人の実績を借りてみかけの業績を作っても評価されるなら、汗水たらして働く人はいなくなる。経済学の法則によれば、人は、インセンティブに敏感なのである。

フリーライダーが蔓延しないようにするには、組織の風土を、真の意味の実力主義、自前主義にしなくてはならない。しかし、一旦フリーライダー体質になると元に戻すのは、信じられないくらい大変である。そんなことが本当に可能なのだろうか。

評価基準

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう何度も書いたような気がするが、成果主義は、ある客観的な評価がある、という前提に立っており、そこのところが難しくて、見かけ上の成果に走る者が出てきて、破綻する。私は、元管理職として、そこのところをかなり肌で知っているつもりである。

ところが、最近ふと、それでも、評価する者は、客観的な評価に対する模索というか努力を止めてはいけないと思うようになった。そのきっかけは、毎週、特許庁から来る特許査定を眺めていたときである。

私は、特許庁から来る、拒絶理由通知だの、拒絶査定だの、特許査定だのをとても気にする。というのは、それが自分がした仕事の典型的な結果であるからである。われわれの仕事は営業のように、日々刻々と数値が動くダイナミックなものではない。開発部門のように、何かプロトタイプを作って、実験してみることもない。すると、苦労して書いた意見書の結果特許査定になる、というのは、それなりに達成感を感じる事象である。

そして、特許査定の件数、特許査定率の指標は、スキルや仕事量のよい指標であると感じた。なぜなら、もし意見書の件数だけで評価されるなら、流すようにいくらでも意見書を書けばいいので、あまり意味がない。やはり、審査官にきっちり審査したもらった結果である必要がある。審査官はその道の専門家なので、誤魔化しのような論理がいつも通用する訳ではない。それは、営業で、きちんと成約をとること、開発部門できちんと性能を出す製品を開発することに対応する。

だから、評価する立場にある者は、自分とは全く独立の部門、機関によってなされる、被評価者(典型的には部下)の数値化される成果指標を先ず見出すべきである。特許部門の場合、例えば、特許査定の件数、特許査定率がそれに該当する。

そうやって、他者によってなされる、数値化される成果指標が見つかったら、次に、他者によってなされる非数値的な評価を集める。ここは、数値化される成果指標の場合とは異なり、客観性の基準はやや緩くていい。例えば、事務担当者の意見、派遣社員の意見、他部門の担当者の意見など、できるだけ沢山集める。

ここまで、私情は最小限にして、客観的であることに徹する。すると、数値化される成果指標を骨組みとし、非数値的な評価を壁面とする、評価基準のハウジングが出来上がる。ここでやっと、評価する立場にある者は、ドアを開けて、評価基準のハウジングに入ってみて、内部を眺める。すると、感じてくるものがあるはずである。それに応じて、骨組みや壁面のレイアウトに敬意を表しつつ、壁に彩色する。こうして完成したのが最終の評価結果である。

評価基準のハウジングが大変であるのは、原則として、前に作った評価基準のハウジングは再利用しないで、その都度スクラップ&ビルドしなくてはならないということである。

どうして必死で評価基準を構築しなくてはならないかというと、機能集団だからである。機能に応じて資源を分配しなくてはならないからである。大学のサークルや家庭のような仲良しクラブであるなら、資源は均等に配ればよい。しかし、いやしくも機能集団であるなら、可能な限り客観的な評価基準で、資源の配分のダイナミズムを決定しないと、あっという間に機能集団でなくなってしまう。打率やホームラン数でなく、監督との友好関係で打順が決まるような野球チームが勝ち進むということは考えにくい。そして、評価するからには納得性、客観性を帯びなくてはならないが、そこで、骨組みとしての数値基準が活きる。

そんな評価が先立つような組織はおぞましいと言う人は少なくないだろう。それに私は同意する。実際、気が弱い私は、過度の成果主義にめげそうになったことはあった。しかし、それは、機能集団にあって必要悪なのである。なぜなら、いくら努力して数値化される客観的な成果指標を積み上げても、一顧だにされず、ずっと冷遇され続ける組織があったとしたら、評価先行の組織よりもおぞましさは数倍になる。

また、組織にあって、評価先行の弊害を緩和する方法はある。それは、配分するリソースを、給与よりも寧ろ、やりがいのある仕事のアサインに向けることである。それは、高橋伸夫氏の示唆による。

以上は、組織運営の初歩であって、組織運営というものは、実に難しい。それにしても、管理職を降りて、一実務家にすぎないのに、岡目八目みたいなことを今更言ってどうする、という批判があるなら、甘受するよりないだろう。

心と精神

| コメント(2) | トラックバック(0)

ある友人が、精神科医の講演会なるものに出かけた。それは、統合失調症に関する講演だった。そこで、友人から又聞きした一番興味深いステートメントは、「心と精神は違う。」である。

すなわち、心身二元論というのは哲学の古典的命題であり、私もこのような拙文を書いた。しかし、これは哲学というよりも、スピリチュアル的な戯文に過ぎないのかもしれない。

そんな私でも、心をさらに細分化することはあまり意図したことはない。実はそのうち読もうと思っている本に、ミンスキーの「心の社会」安西 祐一郎訳、産業図書がある。これは、オペレーティング・システムのような、エージェントやデーモンの集まりとして、心を理解しようとしているようだが、それでも、心は心であって、精神と別扱いしようとはしていない。

そこで精神科医のステートメントについて考慮してみると、そこでいう精神とは、脳内物質で操作された結果であるところの、脳内器質的生理現象である、と精神科医は言いたいようである。もっと言うと、統合失調症というのは、「純粋に」ドーパミン、セトロニンなどの脳内物質の分泌異常に起因し、それ以上でも以下でもない、ということになる。何か安物の哲学概念のような気もしないではないが、ともかく、全く無関係ではないにせよ、基本的には、幼児体験、遺伝などに依存しない(ただ、遺伝については、多少諸説あるようである)。だから、治癒には、脳内物質の分泌を制御する薬物を投与することになる。

そんな割り切り方は、物事を曖昧に捉えることの好きな私には耐え難く、つい、「それなら、アルコールという化学物質で酔うのは、心ではなく精神なのか。」と皮肉を言いたくなる。でもきっと、精神科医は真顔で答えるだろう、「はい、そうです。私の言いたい趣旨をよく理解されていますね。」と。

すなわち、精神科医の言いたいことは、統合失調症は、精神の病であって、心の病ではない、ということなのであるが、それでは、心の病とは何か、という問いは当然に出てくる。

すると、ある意味自明な回答なのであるが、心の病とは、mental diseaseと呼ばれるもののなかで、精神の病の呼ばれるものの補集合である、ということになる。

そういう外延的な定義はつまらないので、もう少し内包的に述べるなら、心の病とは、家庭生活、会社生活などの心的履歴からもたらされるもので、典型的には人格障害、事故や犯罪によるトラウマ、などが挙げられる。

精神科医のコメントで興味深いのは、精神の病は治療可能であり、心の病は治療困難である、というものである。本当か、と思わず問いたくなるが、ここでいう治療とは、薬物による治療をさしているらしい。すると、鬱病はどうなのか、やはり薬物で治療するではないか、鬱病は心の病ではなく、精神の病なのか、という問いかけにきちんと答えられる精神科医はいるのだろうか。

精神科医はさらに、統合失調症は、基本的に治癒しない、よってこれに罹った人は一生付き合うことになる、という。そういえば、統合失調症に罹った有名な数学者に、ナッシュがいる。ゲーム理論のナッシュ均衡で知られている。彼は統合失調症による長い暗黒生活の後、光を取り戻した。それは、自然に治癒したのではなかったか。

そして、精神科医のラスト・コメントが印象的である。すなわち、「統合失調症がどんな脳内物質の異常で起きるかはある程度分かっている。しかし、なぜ統合失調症になるか、誰にも分からない。それは、なぜ癌になるかだれも分からないのと同じである。」というものである。これは私の好きな言いかたである。なんでも無明のと運命のせいにしてしまう。それでも、原因が分からない心の病気が精神病で、ある程度目途がつくのが、いわゆる心の病気か、と問いたくなった。多分、何も答えてもらえないだろう。

崖っぷち芸人

| コメント(2) | トラックバック(0)

一時期、「右から左へ受け流す歌」でブレイクしたムーディ勝山であるが、当然のように、人気の凋落の今は、見る影もない。全盛期には、1ヶ月の予定表がほとんど真っ黒で、1日に何件もの仕事があったが、今では、1か月に4件程度しか仕事がない。それでも、6月10日には、土壇場に立たされながらも復活を遂げたタレント・加護亜依とともに映画『レスラー』の試写会イベントに登場したという。しかし、傍目には、その「崖っぷち性」はいささかも改善されそうにない。

そういえば、「そんなの関係ねぇ」の小島よしおも、全くテレビで見かけない。

以前に、お笑い芸人の典型的パターンを類型化しようとしたことがあるが、それは所詮、共時お笑い芸人論であって、通事的ではない。

それでは、通事的にみて、なぜお笑い芸人の人気は急速に収束してしまうのか、という問いは愚かである。それは、なぜ地上に重力があるかという問いかけと同じくらい当たり前であって、よほど哲学的準備を経ないと有意義に回答できないので、通常は問うてはならない。

寧ろ問われるべきなのは、どういうお笑い芸人が結局生き残れるのか、また、生き残り性という観点での、お笑い芸人の分類論である。

まず、一番多いと思われるお笑い芸人は、一度もブレイクせず、消えていく人達である。普通の会社では、忘年会で笑いをとる程度のスキルはある。そこで、玄人はだしだね、と周囲をうならせる。しかし、それでは、全くブレイクすることはできない。おそらく、早々に芸能界から消え去り、他の手堅い職業に(可能なら)転職していくだろう。そういう人達を、泡沫芸人と呼ぶ。

ところが、真性本来泡沫芸人であったはずなのに、確率論的偶然で、ブレイクする人達がいる。上記のムーディ勝山、小島よしお、ギター侍、小梅太夫など挙げると結構いる。そもそも、私がその名前を挙げるという行為自体が、なにほどかブレイクしたことを意味する。そういう人達を、泡沫芸人 with 打ち上げ花火と呼ぼう。実は、資質において、真性泡沫芸人と何も変わらない。しかし、なにかの確率論的、運命論的、量子力学的偶然(ハイゼンベルグ・アタック?)でたまたまブレイクした、ただそれだけのことである。

泡沫芸人に決定的に欠けているのは、次々に意味があるネタを繰り出していく才能である。例えば、あまり受けなくても、次々に意味があるネタを繰り出していく才能があれば、ぎりぎりの線で、あるいは余裕をもって芸能界で生き残れる。例えば、オール阪神巨人などである。その漫才は、いつ見ても安心できる。タカアンドトシなどもそうであろう。要するに、きちんとした才能に裏打ちされているので、確実に笑いを取れる。そこで、そういう芸人を、才能芸人と呼ぼう。ブレイクしなくても、確実に生きていける、職人の芸人である。

さて、島田紳助、タモリ、ビートたけし、爆笑問題など、高いレベルでずっと人気を維持していける、ほんの限られた一握りの芸人がいる。こういう人達を、一級才能芸人と呼ぼう。そういう人達は、ベースとして才能芸人のスキルは備えているけれども、そこにプラス・アルファがある。それは、時代の流れを見出して追随するスキルと、非お笑い的なものを常に学び続けて、お笑いに還流させる能力である。例えば、ビートたけしは、自分の中には数学的なものがあるという。一数学ファンとしては、それは何なのかと気になって確認してみると、例えば、「たけしのコマ大数学科」という番組がある。それがどれほど数学的であるのかちょっと疑問であるが、しかし、安易に数学をお笑いの道具にしない、むしろ、数学に対する無償の愛をそこに感じる。そういう、お笑いとは全然関係ない一種の教養が、ビートたけしに深みと立体性を与え、他の追随を許さない。

では、島田紳助はどうなのか、タモリはどうなのか、と問うたとき、私には十分回答するだけの用意もないが、少なくとも、文学、科学、哲学などの非お笑い的教養の香りをどう漂わせるか、また、裏でそういう教養に対していかに努力しているか、そういうところが、一級才能芸人たる所以である。

私が芸能界に対して、厳しくも羨ましいと思うのは、常に人気の試練に晒されていることである。すると、泡沫芸人が生き残る可能性は万が一にもない。泡沫芸人が量子力学的偶然でたまたまブレイクしたとしても、その後は、指数の実数成分が負である、指数関数的人気の凋落が必然として待っている。指数の虚数成分が与える脈動は、断末魔の叫びである。なんのことを言っているのかと訝る御仁は、オイラーの公式を参照されたい。

ところが、サラリーマン社会のおぞましさよ。実力査定や人気の試練も経ず、泡沫芸人程度の輩が、次第に上昇して減衰することもない。オッと待った、君はどうなのか、という問いは限りなく妥当である。私はサラリーマン社会にあって、ぎりぎり才能芸人を目指している。しかしやはり、泡沫芸人レベルなのかもしれない。それでも生きながらえているのは、サラリーマン社会の安逸性に縋っているからで、それでいて、非実力社会たるサラリーマン社会のおぞましさを嘆くとは、なんたる身の程知らずか。

シーズ指向

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は何でも本から入門するタイプなので、将棋を覚えてしばらくすると、本屋に行って将棋の定跡の本を買って、読み始めた。しかし、そこに出てくる局面は、普段友人と指している局面とあまりにも違う。それでも、折角憶えた戦法なのだから、と友人相手に使ってみると、友人は、ん?変なことをしているな、といいながら、独自に対策を編み出す。すると、それが本に書かれている手と似ても似つかないので対応できず、下手に将棋の定跡の本を読む前よりも負けが混んでしまった。

こうやって、習い憶えたことをそのまま活用しようとする態度を、シーズ指向とか、シーズ・オリエンテッドとか言う。将棋の定跡の例は卑近すぎるので、もうちょっと一般的な例を挙げると、例えば、サラリーマンをやっていていまいちうたつが上がらないので、一念発起して、MBAなどの大学院に通う。すると、財務、経理、組織論などの他に、様々な有用な経営手法を学ぶ。苦労してMBAのコースを卒業して、会社に戻り、それを活用しようとするが、どうも機会がない。上司に、折角立派な資格をとったのだから、これを活用できるような仕事を与えてほしいと懇願しても、なぜか返事は芳しくない。会社は理解してくれないと、転職しようものなら、一層泥沼になりなねない。

このようなシーズ指向は、一般にうまくいかない、というのは人生の定石のようなものである。なぜなら、問題を解決することよりも寧ろ、手法を活用することにフォーカスしてしまうからである。すると、その手法を活かせる事例しかピックアップしない。野球でいえば、内角低目をうまく打つ技法をずっと練習していたので、他の球は捨てて、そのコースだけずっと待つのと同じである。それが成功するのは、限られたケースだけである。

それではどうすればいいか、というと、答えは簡単で、シーズ指向を、ニーズ指向に切り替えるのである。すなわち、問題解決することを主眼にする。それはいい、と安易に頷かないでほしい。問題解決することを主眼にすると、既存の知識では解けないことが沢山でてくる。すると、嫌でも勉強しなくてはいけなくなる。折角MBAでうんざりするほど勉強したのに勘弁してほしい、という人は間違いなく勝てないだろう。目の前の問題を解決できないからである。それで、挫けそうになりながら、仕方なく、分野外の勉強もして問題解決しようと努力していると、何か応援してくれているものがあることに気付く。それが、MBAや大学などで学んだ基礎知識なのである。池田信夫氏が使える経済書で説く、ストックの知識である。

そういう意味では、ニーズ指向でありすぎてもいけない。目の前の問題を解くことにフォーカスしすぎて、近視眼的になる。どういうのが近視眼的かというと、例えば、コンピュータのプログラミングで、リスト上のエントリを検索しようとして、ニーズ指向でありすぎると、愚直に線形サーチしてしまう。件数が少なければそれでもいいが、10万件とかなると、それでは太刀打ちできない。そこで、シーズ指向の香りを少し漂わせて、学んだアルゴリズムである、バイナリ・サーチとか、ハッシュ検索の概念を使うと一気に高速化できる。

それでは私は、というと、シーズを仕込むことに躍起なので、どちらかというと、シーズ指向の幣にとらわれているかもしれない。それで茫洋としていると、私から見てもどうかと思われる程度のスキルの持ち主から、「君は、理論的かもしれないが、実際に全く応用が利かない。役に立たない。理論倒れである。」と揶揄されることがある。しかし、私ほど実際的な者はなかなかいない。少ない知識を活用して、何か有用な結果を得ようと努力している。その結果私は、平均程度には成功したサラリーマンである。見損なわないで戴きたい。寧ろ、理論面が弱いので、大学に残って研究者の道を歩んでいたら、せいぜいが助手どまりで、下手したら安アパートの一室で死に絶えて-いしたかもしれない。

それでも、社会で生きていくためには、ニーズ指向が中心であることは鉄則である。その裏側をシーズ指向が支えるのであって決して逆ではない。ただ、大学の研究というのを私はやったことがないが、ものの本を読んでみると、大学での研究というのは、この手法に長けるので、この手法を駆使して研究してみようという、シーズ指向のアプローチが有用かもしれない。そして、その裏側をニーズ指向が支えるのかもしれない。何しろ、やったことがないので、想像で書くよりないのであった。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。