フリーライダーの類型

| コメント(4) | トラックバック(0)

ちょっと前にブログで触れたフリーライダーであるが、「フリーライダー」あなたの隣のただのり社員、河合太介+渡部幹著、講談社現代新書は、よくまとまっており、対策も書かれている。

この本によれば、4分法により、フリーライダーが分類される。その第一の軸は、フリーライドの仕方による軸である。その軸の一方の極限は、「さぼり系」で、要するに、朝来て夕方帰るまで、何をしているか分からないというものである。

第一の軸の他方の極限は「略奪系」で、本人はそこそこ忙しく働いているのかもしれないが、他人の成果を略奪することにより、実働よりもはるかに大きな成果を得ようとする、というものである。

第二の軸は、職場に対する負担の与え方での分類である。その軸の一方の極限は、「実務的負担系」で、要するに、本人が仕事しないものだから、周りが実務の負担を被る、というものである。それは困ったことであるが、本人は、周りに負担を与えていることをある程度理解しており、ひどい悪意はない場合が多い。

ところが、第二の軸の他方の極限である「精神的負担系」では、実務の負担より寧ろ精神的負担を周囲にかけて、迷惑をかける。私が経験をした例だと、自分のことを棚に上げていうと、管理職だったときの同僚管理職で、本当に何もしない人がいて、私が人事的な雑用を被らされたので、まさに多大なる実務的負担を感じた。

その後、相対的に若い人が管理職になって、私の実務的負担は軽減されるかと期待した。ところが実務的負担が減らないばかりではなく、精神的負担がとてつもなく増大した。なぜなら、いくら私が雑用を被っても、これでもかと新しい要求を考え出し、私に押し付けてきたからである。際限がない。それは最早、実務的でなく、精神的負担であった。しかも、要求する内容が全く実質に結びつかず、趣味のようなことなので、暗澹とした気持ちになった。

ともかく、以上の2つの軸を使って、フリーライダーの4分法を構成する。その第1象限は、「サボリ系」+「実務負担系」で、この本で、「アガリ系」と呼ばれる。すなわち、典型的には、もう定年まで長くないので、せいぜい気楽に会社生活を送るぜよ、と開き直っている輩である。私の周りに以前、毎日定時までどうやって時間を潰すのか困るよ、と平気で公言している輩がいた。結構な給料貰っているのに、である。他の人の仕事が溢れていたも手伝おうとしない。いや、もっと言うとスキルがないので、手伝えないのである。

その第2象限は、「略奪系」+「実務負担系」で、「成果・アイデア泥棒型」と、この本では呼ばれる。これは、平気で他人の成果を横取りする社員であって、偉そうに他人に説教するが、実労を厭い、上には弱く、下には威張る。これも、結構いるタイプである。

その第3象限は、「略奪系」+「精神負担系」で、この本では「クラッシャー型」と呼ばれる。自己欺瞞と言い訳に溢れ、問題を解決しようと付き合うほど、管理職や周囲は、消耗してしまう。その感情は最早怒りではない。深い海に沈められるような気持ちである。私は管理職として少なくない経験を有するが、流石にパーソナル過ぎて、何も書けない。

その第4象限は、「サボリ系」+「精神負担系」で、この本では「暗黒フォース型」と呼ばれる。あら探しが得意で、改善案に消極的。仕事は最低限しかこなさないことを目指す。得意な言い方は、「それは俺の仕事ではない。」である。

これだけ類型化されるということは、会社にはフリーライダーが溢れている、ということである。また、自分はフリーライダーにならないと言い切ることも難しい。それでは、会社の対策はどうか。

これは一言で言うと、フリーライダーが得にならない組織風土を作るしかない。それための1つの方策は、結果重視でなく、プロセス重視にしたり、他の人を助けているという要素を評価することである。いずれにしても、評価する者としての管理職の役割は重要である。また、会社組織として、地位に応じた責任をきちんと求める必要がある。

また、個人としても、フリーライダーにならないように努力しなくてはならない。そのためには、個人として常に成長努力を怠らない、ということが重要である。過去の栄光にしがみつくことは、成長努力を怠るところから始まる。次は、巻き込まれ力、頼まれ力をつけることである。

ただ、個人の集積が組織文化であるといっても、組織風土の根は深い。フリーライダーにはならないぞと自負している私も、蟻地獄に吸いこまれていきそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1878

コメント(4)

>フリーライダー
 フリーライダーを飼っておける会社は、やはり余裕があるのでしょう。そして、その経営者は、フリーライダーの存在とその害毒に、会社が破綻しない限り気づかないのでしょうね。
 フリーライダーがお嫌いなら、それを飼っておけないほどに零細な企業に転職するという手もありますよ(爆。それこそ自爆行為ですけどね・・・

> フリーライダーがお嫌いなら、それを飼っておけないほどに零細な企業に転職するという手もありますよ(爆。それこそ自爆行為ですけどね・・・

流石、小松さん、手厳しい。

気づくはずがありません!何故なら経営者本人がフリーライダーなのだから!

> 何故なら経営者本人がフリーライダーなのだから!

そう、まさにおっしゃるとおり。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月11日 07:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高脂血症」です。

次のブログ記事は「藤原氏の血脈」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。