アルツハイマー型認知症の治療薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

若年性アルツハイマー病で述べたアルツハイマー型認知症であるが、2008年に国内で約225万人、2035年には、445万人になると予想されている。週刊東洋経済の5月1-8日号にクスリ特集があったので、アルツハイマー型認知症の治療薬についてメモしてみる。

アルツハイマーの主要な原因は、神経伝達物質であるアセチルコリンが減少することである。1999年に承認された、エーザイから発売されているアリセプトは、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害することで、アセチルコリンの減少を間接的に防ぐ。これが現時点で、国内で唯一の承認されたアルツハイマー治療薬である。

一方、米国ヤンセンによって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したガランタミンと、スイス・ノバルティスと小野薬品によって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したリバスチグリンも、同様にアセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害する働きを有する。

一方、アスピオファーマによって開発され、海外では発売中、日本では今年の2月に承認申請したメンマチンは、神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体の1つに作用し、部分的に働きを抑える。受容体が刺激されすぎると、神経細胞がダメージを受ける。

しかし、これら既存の医薬もまだ、アルツハイマー型認知症に対する決め手になっていない。薬を服用している人は、飲み続けても症状は改善されているように感じないともいう。一方、アルツハイマーの予測に書いたように、アルツハイマー型認知症の原因は、「ベータアミロイド」(Aβ)が脳に蓄積して発症すると言われている。そこで各社が鎬を削っているのは、ベータアミロイドの生成阻止である。ベータアミロイドは、βセクレターゼ及びγセクレターゼという酵素によって生成されるが、これらの酵素の働きを阻害することを意図する。

別のアプローチは、ベータアミロイドに対する抗体を投与し、免疫によって、ベータアミロイドを取り除くことである。

しかし、ベータアミロイドを取り除いたら、アルツハイマー型認知症の症状が改善されるどうかということも分かっていない。

ともかく、イーライリリー、ワイス、ファイザー、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、富山化学工業、エーザイ、武田薬品工業が、次世代のベータアミロイド阻止型アルツハイマー治療薬の開発中である。

ただ、アルツハイマーの症状が出る前からベータアミロイドの蓄積や、神経細胞の死滅が始まっており、ベータアミロイドは、アルツハイマーの原因というよりも、結果に過ぎない可能性もある。こうして、まだアルツハイマー型認知症には決め手は見つかっていない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1881

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月14日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「動物の超能力」です。

次のブログ記事は「アマが指さない戦法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。