プロのメンテ

| コメント(0) | トラックバック(0)

プロというのは、一番広い定義だと、あることをしてお金を稼いでいるとき、そのことのプロである、というものである。すると私は、特許実務を通じて給料をもらっているので、一番広い定義では、特許実務のプロである、ということになる。

そんな定義で私が満足しているかというと、勿論否である。私は将棋という趣味を通じて、プロというのは、どうしても将棋のプロを想定してしまう。将棋のプロが典型的なプロだとみなすと、私の特許実務は突然、吹けば飛ぶよな程度のものとなってしまう。世間でみれば、弁理士であれ、資格をもたない特許技術者であれ、私以上のスキルの者はゴマンといる。

それでも、空しく高みを見つめて努力するのが、私の諦めの悪いところである。そういう観点で、将棋のプロを見たとき、彼らは、スキルを維持すめために、どんな努力をしているだろうか。

意外に知られていないのが、基礎訓練である。例えば、将棋のプロは、暇をみて簡単な詰将棋を沢山解く。10分で2級、7手詰みたいなのを電光石火で、次々に解いていく。野球のプロで言えば、素振りや走り込みのようなものか。こういう基礎訓練はおそらく、どんなレベルになっても必要である。

次が、研究である。この研究というのは、既存の研究に自分のオリジナルを重ねるとか、全く知らない定跡を学ぶために他人の棋譜を並べる、などである。

そして、実戦である。現役のプロなら自然に対局がつくが、気のあった仲間と、練習将棋を指すというのもある。

すなわち、要約すると、プロがそのスキルを維持するためには、基礎訓練/研究/実戦という3要素が必須で、どれを欠いてもプロたりえなくなってしまう。

私の特許実務の仕事では、基礎訓練は、発明の内容をみてそれを特許請求の範囲に書き起こす処理である。プロが10分で2級、7手詰みたいな詰将棋を解くのよりは少し重いが、その修練は欠かせない。研究は、法改正に従う実務対応を調べることである。あるいは、新しい判例を読む。最近ホットなのは、米国最高裁で判決が出たBilskiだろうか。実戦とはまさに、意見書や特許明細書作成の実務である。これを日々やったからといってスキルは伸びないかもしれない。ただ、スキルが維持できるだけである。

医師、特に外科医だと、メスを扱ったり、手術後の縫合の訓練が基礎訓練である。研究は、学会に出たりして、新しい治療方法などを学ぶことである。実戦はまさに実際の手術である。

こうして、プロと呼ばれるどんな職業でも、スキルを維持するために、基礎訓練/研究/実戦が必要である、と私は考えるものであるが、妥当性はいかがであろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1887

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月18日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仲のよい親子」です。

次のブログ記事は「ミクロ経済学とマクロ経済学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。