物質のオートノミシティ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイエットしていると私は、基本的に酒は一滴も飲まない。そうはいっても、付き合いがあったり、ふと欲しくなることがある。酒はあまり強くないが、基本的に嫌いではない。

それで昨日、たまたま酒をちょっと、久しぶりに飲んだら、うまいこと、ぐっときた。流石、山田錦の吟醸酒である。私は酒を飲むと必ず、つまみも相応に摂るタイプなので、結構な量を食べた。相乗的に酒も進む。

はっとわれに返り、懸命の思いで、酒瓶に封をして冷蔵庫に戻した。体重計に乗ってみると、700g増えていた。油断も隙もない。

それでふと気づいたことがある。それは、物質というのは、嵩にかかってくる、ということである。酒を飲むというとき、体は、単に酒のいいなりになっているにすぎない。主役は酒なのである。

もう少し思索を進めると、物には物神性があると認識した。それはいかなる意味でも、マルクスが資本論で展開したそれではない。そもそも私は資本論を読んだことはないし、おそらく読んでも理解できないであろう。

私のいう物神性とは、物自体が、自分を最適化するように人間を操るということである。すなわち、物は一旦物神になると、人間を操作して、自らの繁栄を画策する。そこでは人間は道具にすぎない。

物神性はどうやって始まるのか。それは、人間が、あることの欲望的価値を認めることである。そういう意味では、物神性の対象は、物でなく、典型的にはお金でもよい。人間からの思い入れによって物神性を帯びた対象は、ロボットと言ってもよいし、オートマトンと言ってもよいが、人間の思惑とは独立に、動き出す。それはまさに、オートノミシティである。問題は、人間の思惑から生まれたのに、人間の利害なんて知ったことではないことである。

そんな仮説があるかどうか知らないが、もしウィルスが、生物の遺伝子が剥離して塊になったものだとすると、物神は、人間の欲望の射影である。それが酒や食べ物、車のように、物理的実体を帯びているか、お金のように、実体のないものであるかどうか、それは本質的でない。尤も、お金は、札束やコインのかたちで化体しているので、物理的実体を帯びてないともいえないかもしれない。

そういう物神仮説に立つと、金融危機を起こしたのは、人間ではなく、お金そのものなのである。ロスチャイルドの陰謀とか、ロックフェラーがどうのというが、彼らは単に、お金の忠臣にすぎない。所詮、手先なのである。道具ともいえる。そういう意味では、金融危機を、ロックフェラーやロスチャイルドのせいにしても仕方ない。敵は本能寺なのである。

それではどうするか、どうやって物神に対応するかというと、対応は簡単であり難しい。欲望の対象を、敬して(敬さなくてもよいが)遠ざけるのである。例えば、食べ物でいうなら、ダイエットである。ただ、難しいのは、遠ざけすぎることもできない。100%何も食べないと、余程の超能力者でないと、100%死んでしまう。すると、物神との付き合いは、芸能プロダクションの、ヤクザとの付き合いのようなものになる。どっふり浸かってはいけないが、無視したら興行がなりたたない。そうだよね、相撲協会?

ここまで書いて、物神から抗議のメールが来たような気がした。それは次のような内容である。「君の指摘は、まあ妥当であるが、私に何も非はない。なぜなら、私、物神は、この世にビルトインされた仕組みで、この世に顕現しているに過ぎない。すなわち、この世にいる生物が何かを希求すると、その対象が物神化する。君が多少知っているコンピュータのAPIのアナロジなのである。もっと言うと、class Bussin{}が定義され、コンストラクタがBussin(A)である。Aには、好きな引数を入れてほしい。なんでもありだ。酒だって、お金だって、恋愛だって、Bussinクラスのインスタンスに過ぎない。実は、いろいろな物神クラスには継承関係があるが、細かすぎるので、君はそこまで興味をもてないだろう。」

そこで、クラスの継承関係なんてどうでもいいけど、誰がそんな仕組みを作ったんだと問おうとして、目が覚めた。どうも、久々に酒を飲んだので、酔っ払って仮眠してしまったらしい。傍らには、 パーフェクトJava (PERFECT SERIES) 技術評論社、井上 誠一郎, 永井 雅人, 松山 智大著の本が転がっている。 どうも中途半端なダイエットはよくない。これも物神からの反撃らしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1895

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月25日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カリスマ弁理士」です。

次のブログ記事は「タキオン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。