多読術

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にこのブログにも書いたように、私は基本的に速読法なるものを信じないというか、心を動かされない。しかし、多読法となると、ちょっと心が動く。私が普段やっていことが、なるべくジャンルを手広く読むことだからである。

一方で、私は、成毛眞氏のファンである。成毛氏は、私とは人間のタイプは全くことなるし、なぜなのか、と考えてみると、大の読書好きで、「本を読まない奴は猿だ。」とか、公言してはばからないからである。私は、成毛氏ほど読書の効用にポジティブになれない。そこから得られるものは所詮限られているという思いはいつもどこかにある。それでも、暇さえあれば何か読んでいるのは、単なる偏執狂としかいえない。それで、本ばっかり読んでいていいのかという不安を、成毛氏の著書は和らげてくれるのである。

そんな成毛氏が、「実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)」を出した。正直言って、そんな薀蓄の詰まった本とは期待したわけではないが、何しろファンなので、いい歳してミーハーに買ってしまうのである。成毛氏の別の著書である、大人げない大人だろうか。

では、成毛流の多読術はというと、ともかく先ず多数の本を手に取る。月に200冊というから、あまりにも半端ではない。私は果たして年に200冊も手にするだろうか。ううん、年なら、なんとかそうか。ただ、成毛氏は、月に200冊完読するわけではない。実際に読み通すのは、10冊か20冊。それも、同時並行的に併読する。しかも、トイレの中とか、書斎とかあちこちに本が置いてあるという。これ、結婚していたら、相当家人に理解がないと難しいスキームだろう。ただ、私は、貧乏性で買った以上はとつまらなくても完読しようとするし、どうも抵抗があって、2冊以上併読する気がしない。要するにいろいろな本から何か情報を得ればいいのだ、という成毛氏のドライさは参考になる。

ただ、絶対真似できないのは、成毛氏が巨大な書庫をもっていて、買った本は原則捨てないで、そこに何千冊も蓄積されていることである。本当は私も真似したいけど、財力が許さない。ここらあたりが、元マイクロソフトの社長と、一介のサラリーマンの差である。

では、成毛流はどんな本を読んでいるのだろうか。これに対する答えは多分、全ジャンルである。というのはあるとき、成毛氏は、ジュンク堂などの大型書店を、隅すら隅まで歩いて、全ての本を眺めると言っていた。そうは言っても、私のみるところ、成毛氏の読書は、情報効率的なところがあるので、ストーリーを楽しむような文学はあまり読まれないようである。また、古典もあまり読まないようである。ここらあたり、立花隆氏とか、池田信夫氏もどちらかというとその傾向にある。確かに、情報を得るという意味だと、文学や古典は、効率が悪い。最も効率が悪いのは、マルクスの資本論をじっくり読んで、経済学を学ぶことであろう。

すなわち、成毛氏が好む分野は、ノンフィクション、軍事もの、科学、歴史などである。多読だからといってハウツーものには流れない。間違っても勝間和代は読まないだろう。経済の分野も、本格的な経済学書を読むべしという。同感であるので、私は遅々としてマンキューを読んでいる。

ただ、割り切れないというか、どうしても同意できないのは、古典に対する態度で、古典をじっくり読むことの意義をあまり認めないし、それがオーバーランして、紫式部は果たして文章がうまかったのかとさえ疑う。こういう非権威主義は私は実は好きだが、紫式部が悪文家というのは流石にないのではないか。

古典に対する私の態度は相当保守的であって、今でも、時間ができたらじっくり読みたいのは、プラトンとかヘロドトスなどのギリシャもの、それと、正法眼蔵、徒然草などの日本の古典である。あと、中国の老子、荘子など。今だって、自宅の机の傍らに置かれているのは、なぜか宇治拾遺物語だったりする。

ただ、そういう細かい見解の相違は、誤差の範囲であって、成毛氏の読書の効用に対する手放しの賞賛は、本を読むこと(理解度ではなく、読んだ冊数でもなく、単に、本を読むことに費やした時間)くらいしか取りえがない私にとっての最大の慰みである。だから、成毛氏が次になにか本を出したらまた、大人げなく買うに違いないのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1899

コメント(4)

>「本を読まない奴は猿だ。」
 私は、最近、老眼が酷くなって、仕事以外で細かい文字を読むのが苦痛になって、急激に猿化してしまいました(で、漫画ばかり読んでます)。
 仕事では、細かい文字を仕方なく読んでおりますが、やはり非常に苦痛です。
 あやたろうさんの目の調子はいかがですか?

> あやたろうさんの目の調子はいかがですか?

いやあそれが、どんどん老眼が進んでいます。それで、本を読むときは、眼鏡を外しています。電子書籍だと、ズームできるからいいかも、と最近思ったりします。

>古典に対する態度
 昨日の話の続きですが、古典を読むと言うことは、リベラルアーツへの第一歩ですよね。

> 昨日の話の続きですが、古典を読むと言うことは、リベラルアーツへの第一歩ですよね。

確かにそうだと思います。古典を読まなければリベラルアーツでない、ということはないし、古典を読んていてもリベラルアーツやっているとは限りませんが、しかし、かなりの確度でそうだといえるのでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月29日 00:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「重点校指定」です。

次のブログ記事は「育児ノイローゼ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。