数楽者の限界

| コメント(4) | トラックバック(0)

道を歩いていて、「数楽者の限界」というテーマが頭に浮かび、つい笑ってしまった。なぜなら、数楽者ほど限界に満ちた、あるいは、日々限界に直面する存在もなかなかいないからである。ここでいう数楽者とは、説明の要もないだろう。すなわち、専ら楽しみのために数学について考え、あるいは勉強する人のことである。そのレベルは全く問われない。中学レベルであってもよいし、ほとんど玄人はだしであってもよい。条件は、自分を数楽者であると認めることだけであり、一旦本人が認めると、他人はそうでないと、誰一人否定できない。

何度も書いたが、私は大学で一応物理を専攻した。数学は、子供のとき以来、得意だったことは一度もなく、大学に入ってからも、数学は所詮、物理学のための道具に過ぎなかった。ともかく、自堕落な日々のあと、仕方なく大阪の会社に就職してから、今更のように急に、理論物理を勉強したくなった。阪大または大阪市大なのかもしれないが、どこか大阪の大学の大学院で改めて理論物理を専攻してみたくなったが、何しろ、安月給で、日々の暮らしを凌ぐのが精一杯である。仕事だってろくにまだ覚えていないし、会社ではいろいろとしごかれている日々で、精神的にも余裕がない。しかも、試験が大の苦手な私が、少々の勉強でまともな大学の大学院に受かるものだろうか。それにである、万が一大学院に受かったからといって、理論物理を専攻して何の保証があろう。もし頑張ってドクターの学位をとっても結局、予備校の数学の講師になるのが関の山ではないか、などと考えていたら、まったく踏ん切りがつかなかった。私は生意気な口ぶりとは裏腹に、実に臆病でコンサーバティブな、弱気な人間なのであった。

そういう鬱屈の日々を送っていたら、その大阪の会社の研究部門に、妙な人がいるのに気付いた。がっしりした体格なのに、部屋の隅で何か本を読んでいる。その本が、数学の本であることに気付いて、声をかけた。するとにこやかに応じてくれて、会話がはずんだ。その人は、大学では冶金工学を専攻したのだが、本当は数学が好きで、工学部の中で一番数学を駆使すると思われる航空工学を受験したのだが、なにしろ、数学以外の受験科目が得意でないので、ボーダーラインに達せず、仕方なく第2志望の冶金工学に進んだというのだが、手に持っている数学は、純粋数学の本で、どうみても研究と関係がありそうもない。それが人生における初めての数楽者との出会いであった。

その人とは妙にウマがあい、暇さえあれば、一緒に会話した。いつも数学の本を読んでいるのに、なぜか、あまりまともに数学を勉強したことがない私よりも、数学の知識が少ない。それで、からかっていたら反論された。私も不勉強なので、反論に数学的にまともに答えられなかった。そこで、くやしいので私も自宅(といっても当時は会社の寮にいたのだが)で数学を勉強しているうちに、私もすっかり、数楽者の道に嵌ってしまった。

私は、ウマが合う異性というのに出会ったことがないが、その友人が異性だったら、多分結婚していただろう。といはえ、いかなる意味でもホモセクシュアルな気持ちはなく、純粋に精神的なものだった。

そうやって、その友人を含め仲のよい友達は多少いたけれども、その大阪の会社があまりにも嫌で、結局東京に出てきたので、別に喧嘩別れした訳でもないのにその友人とは疎遠になってしまった。しかし、一旦呼び覚まされた数楽者の血は鎮まらず、今度は数学を基礎から大学で勉強してみたくなった。それで調べてみると、東京理科大の理学部に二部があるらしい。試験の苦手な私も二部なら少し勉強すれば受かるのではないかと安易に考えたのだが、そこでも差し当たっての限界はお金であった。なにしろ、ここでも安月給で、呑み代と本代とその他アパート代、光熱費で全く残らず、学費を捻出する余地は全くない。

それでも、ある友人に相談したら、そんなに数学を勉強したいたら、夢を追いなよ、と言ってくれた。すなわち、呑み代を削ればぎりぎりなんとかなるのではないか、と。しかし、そこでも私のコンサバの性格がもたげてきた。そもそも、法律を勉強して弁護士を目指すとか、特許法を勉強して弁理士を目指すなど、目標達成後に目に見える成果が期待できるならともかく、食べていく手段として、数学というのはあまりに迂遠である。仮令頑張って東京理科大の理学部夜間の数学科を卒業したとして、一体どんな未来があるというのか、というと何も見えないのである。

こうして私は、暇をみて、ただ数学の本を眺めるだけの地味な数楽者に戻った。ここまで書いてきたことから、自明とも言える数楽者の限界を書き下してみると、次のとおりである。

まず、数学というのは、法律のような稼げる技芸とは全く異なるので、生活費がないと勉強できない。それが最初の限界である。

次に、数学は、十分時間をかけて勉強しないと理解できない。薄い一冊の本をちゃんと理解するのに1年もかかったりする。だから、ガウスは、何よりも時間を大事にし、大した俸給でもないのに、暇がたっぷりある天文台の仕事を好んだのである。あ、ガウスは数楽者ではないではないかと言われるかもしれない。それはそうなのだが、どうみても、その経歴をみると、数楽者兼数学者であるとしか思えない。すなわち、次は時間の限界である。

ところが、数楽者と数学者を分ける最大のものは、いうまでもなく、才能なのであった。だから、数楽者には誰でもなれるが、そのうちの限られた人だけが、数学者と呼ばれるに値する。数学者になるためには普通、大学で数学を学ぶなどの教育機会をもつ必要があるかもしれないが、それは必須ではない。才能さえあれば、独学でも、ラマヌジャンのように、数学者になれる。ただ、才能は誰も否定しないが、ハーディーに見出される前のラマヌジャンが数学者と呼ばれ得るかは微妙である。よって、数学者と呼ばれるには、世間に受け入れられる形式で、論文を書けるスキルというのが望ましいということになる。

最後に、数楽者として一応の見易い目標として、私は次のようなものを設定している。すなわち、代数なら、ガロア理論をある程度理解でき、解析なら、測度論とルベーグ積分そして関数解析がある程度理解でき、幾何なら、トポロジのマイヤービートリス完全系列あたりまでが理解できる、とこれくらいまでくれば、数楽者としては上出来なのてはないかと思い、死ぬまでにその辺まで勉強できれば、と最近こつこつ勉強している次第である。それでも、志村・谷山予想レベルは絶対に理解できないであろう、ということくらいは分かっているつもりである。多少なりとも人生のロマンということを理解できる人なら、なんと無意味な、と哄笑することはないと信じる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1902

コメント(4)

>薄い一冊の本をちゃんと理解するのに1年もかかったりする
 そうなんですよ。数学は好きだったんですが、学生時代の成績はさんざんでした。
 結論と解法を憶えれば数学でよい成績をとれたのかもしれませんが、定理から結果までの過程に引っかかってしまったせいでした。
 しかし、「数楽者」とは、いいネーミングですね。今は仕事だけで精一杯ですが、そのうち私も数楽者になりたいモノです。

> そのうち私も数楽者になりたいモノです。

小松さんは、イメージが豊富なので、現代数学が向いていると思います。代数より幾何かな、という感じです。

将棋関係のブログを見ていて、このブログにたどりつきました。
私は団塊世代で、大学は数学科でした。しかし、当時は全共闘全盛時代で大学紛争の波にもまれ、卒業まで7年間を要した、数学科の落ちこぼれです。
それで「数楽者」様のネーミングに合わせて”数落者”と私自身のことをネーミングしようと思いつききました。
知的財産権等の問題があるでしょうか。もしおありでしたらご連絡ください。
学生時代に完全に落ちこぼれて数学が全くわからなくなっていますが、卒業ゼミで指導教官にもらった教材をほぼ40年ぶりに翻訳しています。卒業してからは数学には全く関係ない仕事をしていたので完全に浦島状態で、全然進みませんが。
数学が楽しめる人がうらやましいです。

数落者さん

> 知的財産権等の問題があるでしょうか。もしおありでしたらご連絡ください。

いえ、問題があるはずがありません。それにしても、数楽者よりさらにへりくだって、数落者とは。

きっととても謙虚な方なのですね。そもそも私は数学を専攻したことがないので、落ちこぼれてさえいません。

落ちこぼれたのは、物理のほうなので、私は物落者ということになりますが、これだと単に携帯かなにかを落とした人みたいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年7月31日 07:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「従軍看護婦」です。

次のブログ記事は「始まりと終わり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。