2010年8月アーカイブ

坂井秀至

| コメント(6) | トラックバック(0)

以前にブログで取り上げた囲碁の坂井秀至七段であるが、現在の日本の最強者とも言える張栩を破って、見事、碁聖のタイトルを獲得した。以下、毎日新聞webから引用:

囲碁の第35期碁聖戦五番勝負の第5局が27日、東京・日本棋院会館で行われ、275手で挑戦者の坂井秀至七段(37)が張栩碁聖(30)に白番2目半勝ちし、3勝2敗で奪取した。

坂井は医師の資格を持ち、28歳でプロ入りした異色の棋士。7大タイトル初挑戦で4冠保持者の張を接戦の末に破り、待望のタイトルを手に入れた。終局後「無我夢中で打った。今は何も考えられないが、うれしい」と語った。一方、張は5連覇を果たせず、棋聖、十段、王座の3冠に後退した。

坂井は兵庫県三田市出身。子供のころから囲碁のアマ強豪として知られ、小・中・高校生の各全国大会でいずれも優勝した。京都大学医学部へ進学し、在学中の96年にアマ本因坊、00年にはアマ世界一となった。

囲碁でも将棋でも、プロでタイトルをとるのは至難の業である。すなわち、真に強くて絶好調なら、タイトル挑戦まではいく。先日引退した大内九段がそうだった。攻めの穴熊を駆使して、1975年に当時の中原名人に挑戦し、あと一歩までのところに追い詰めた。ところが信じられないような落手で、名人位はすり抜けてしまい、その後、挑戦さえありえなかった(とはいえ、大内九段がタイトルを取れなかったというのは勘違いだった。第一期棋王に就いていた)。

このように、プロでは、有望視されながら、タイトルに縁がない棋士が沢山いる。坂井七段は名人リーグ在籍連続6期など、一流棋士と呼ばれるに十分であるが、私はやはりタイトルには届かないのではないか、と思っていた。というのは、受験勉強して京都大学医学部卒というのが、あまりにも回り道なのである。才能の浪費なのである。受験勉強や医学部の勉強が、囲碁にプラスすることはあっても、マイナスの方がさらに大きいであろう。それを乗り越えてタイトルを獲得するとは、坂井七段の図抜けた才能を示唆する。そして、もし医学部という回り道がなければ、文字通り今のプロ棋士のトップに位置していたかもしれないと惜しまれる。

ただ、一方で、受験勉強や医学部の勉強があってもタイトルが取れるというのは、囲碁というゲームのいい意味での鷹揚さがある。例えば、先日の囲碁アマチュア本因坊戦で、平田博則氏は84歳であるが、なんとベスト4まで入った。いかに平田氏が有名な強豪だといっても、将棋では考えられない。

もちろんそれはいかなる意味でも囲碁を貶めているのではなく、寧ろ囲碁の広さであろう。前にも書いたが、チェス、将棋、囲碁の順に、一手の重みが大きい。そして、この順に、幼年から修行しないと一流になれない。

それにしても坂井七段は快挙であって、坂井秀至がまだアマチュア時代に、プロでタイトルが取れるところまでいくと見抜いた、故藤沢名誉棋聖の慧眼が今更のように光り輝いている。

武田惣角

| コメント(15) | トラックバック(0)

友人から、津本陽の「鬼の冠」双葉文庫を紹介された。合気柔術家、武田惣角の伝記である。驚くべき話であるが、どこまで真実かと訝りながら、読んだ。

武田惣角は、会津の生まれ、例の戊辰戦争の頃、また8歳の子供であった。ところが、わずか8歳にして、留守宅の番を言いつけられる。他の家族は山中に避難したり、会津城に篭城したりしているのである。

すると当然に、官軍がやってくる。何しろ兵糧に事欠いているので、行く先々の民家で略奪する。留守番役の者は命の危険に晒される。ところが、黙っていても命が危ないのに、惣角は、8歳にして、官軍にちょっかいを出す。生まれつき豪胆なのである。それで何度も殺されそうになるが、なぜか生き延びる。悪運の強さも半端ではない。

戊辰戦争では、子供ながらにして、凄惨な死体を数多眺めているわけであるから、嫌でも肝が据わる。

ともかくも戊辰戦争が終わると、惣角は、剣術など武道全般の修行を始めた。身長148センチ、体重53キロと、体は決して大きいほうではないが、柔道でも相撲でも、いかなる武道もセンス抜群で、近隣に並ぶものがない。

それで、18歳になると、全国に武者修行に出かけた。東京から大阪を経て、途中の剣道の道場で道場破りしながら、目指すのは九州であった。西南の役で挙兵した西郷隆盛の軍に合流するためである。血が滾ったのである。ところが、もたもたしているうちに、西南の役は終わってしまい、それでも、熊本や鹿児島で武者修行を続けた。

ところが、惣角は単なる武道家ではなく、神仏にも興味があった。そこで宮崎の日向鵜戸神社に行き、不思議な修験者に出会った。なにしろ唱えるままに、雲を呼び、雹を降らせるのである。これには流石に豪胆な惣角も驚いた。

その後、福島にいたとき、まさに九死に一生の目に遭った。ヤクザ数百人に単身戦いを挑み、数十人は倒したものの、とうとう組み伏せられ、一人の男に、刀で止めを刺された。瀕死の重傷であった。刀がわずかに心臓を外れていたのが幸運であった。

その後、傷が癒えてから、日光東照宮の禰宜、保科近悳に会った。元の名を、西郷頼母、会津藩の家臣であった。近悳は、透視術、読心術、隠形術を駆使することができた。流石の惣角も、近悳には全く歯が立たなかった。それは高度な合気技であった。近悳は気合で茶碗を割り、飛ぶ鳥を落とすことができた。まさに、聞きし、密教修行の世界である。

疲労のため一旦近悳の許を離れた惣角は、合気技を習得せんがため、再度、近悳を訪れた。近悳は、福島県伊達郡霊山神社の宮司になっていた。再度の修行でとうとう惣角は、大東流合気技を習得し、免許皆伝された。これは修行の賜物であるが、結局は本人の素質なのだろう。というのは、惣角に弟子入りしたいという者は多かったが、その中に、免許皆伝できる者を見出すことはできなかった。

大東流合気技を習得した惣角はその後、八面六臂の活躍をする。広域暴力団を単身で鎮めたり、挑む武道家をことごとく打ち負かしたりした。合気技なので、相手はなんで負けたのかわからない。ともかく、知らないうちに投げ倒されているのである。また、読心術を駆使して、相手の考えていることを読取ることもお茶の子だった。

そんな惣角であるが、やはり神仏でなく人間だった。突然の脳溢血で、北見の自宅で84歳でこの世を去った。昭和18年のことである。惣角の門人には、財部彪、岡田啓介、小栗孝太郎、竹下勇、鈴木貫太郎という五人の海軍大臣もいる。武田惣角の合気技は本物であったと思う。

特許と論文

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は漠然と、特許と論文はあまり違わないのではないかと思っていた。ここで特許というのは、特許明細書のことであり、論文というのは、科学技術系の論文のことである。

特許は何ほどか法律文書である。特許侵害などの裁判になると、そこに書いてあることを基に、技術範囲はどうこうとか議論される。ただ、特許の場合、そうやって権利を主張できるまでに、審査官あるいは審判官による審査を経なくてはならない。

一方、論文は、既存の科学技術に対する寄与の記述である。論文の場合、業績として認められるためには、権威ある学会誌などの掲載される必要があるが、そのとき学会の権威筋が事前に査読する。そこで許可されないと、掲載されない。

特許の主要な目的は、会社の知的資産を増やすことである。すなわち、それによって会社は、他社の市場参入を防いだり、他社からライセンスを受けることが可能になる。

論文の主要な目的は、研究者の業績である。権威ある学会誌に掲載された論文が何本あるか、というのは研究者の業績の1つの目安である。秀才の収支に書いたように、大学で教員の資格を得るには、ほとんどの場合、博士号をもっていることが必要条件である。ただ、それだけでは無理で、あとは、まともな論文を何本書いているか、ということも条件になる。

そうであっても、研究者個人から見れば、特許も論文も、社内で昇進の目安になり、新しいと思うことをそこに技術的に記述するという点であまり違わないと私は漠然と思っていた。

そういう観点で、ある懇意にしている研究者と会話してみたところ、特許と論文とは章立てなどが全く違うのではないかと、研究者は指摘する。それを私になりまとめてみると、次のとおりである。

  1. 論文はまず、イントロで注意を引く。そして、そこで解こうとしている問題をしっかりと定義する。
  2. そして、チャレンジしようとしているのが、どんな大きな問題なのか説明する。
  3. 次に、それをどうやって解いたか、詳しい説明なしで、種明かししてしまう。大抵の人はおそらく、ここまでしか読まない。ここで興味を惹かないと終わりである。
  4. その後、裏付けの詳しい詳しい説明ががっちりと書かれ、更に、他人との仕事の関係が正直に書かれる。特許とある意味同じで、知っていて近い内容の論文を無視すると道義的にまずい。
  5. 最後に、蛇足かもしれないまとめが入る。

特許明細書は、建前ではこれと似ている。というのは、【背景技術】でどこに解くべき問題があるかを記述し、【発明が解決しようとする課題】で、何を解こうとしているか記述し、【課題を解決するための手段】で、必ずしも詳しい裏づけがなくても、どうやって問題を解決するかを説明する。詳しい裏づけは、【発明を実施するための形態】で与える。従来技術のところは、【背景技術】で述べておく。

特許明細書も、どんな難しい問題にチャレンジしているかから書き始めて、悪い訳ではない。ただ、長年の習慣から、私は、特許明細書を、あまりセンセーショナルに書かない。それは、下手にセンセーショナルに書くと、もし特許侵害などで裁判所に持ち出されたとき、揚げ足を取られるかもしれないからである。そんな目には遭ったこともないが、どうしても慎重に書く傾向はある。どこかしら、一読しても何が書いてあるかよくわからないが、何かあったら突き刺さるように効いてくる条項をもつ、契約書を理想としているのかもしれない。そのため、【発明を実施するための形態】は淡々と詳しく書き、特許請求の範囲に細心の注意を払う。

特許明細書でうっとおしいのは、記載要件である。ここらあたりは、そういう苦労をしたことがない研究者の人には理解できないだろうし、理解したもくないだろう。すなわち、論文なら、数式をきちんと記述しておけば済むところを、特許明細書では、実施するためのコンピュータ・ハードウェアのブロック図を定番のように書かなくてはならないし、処理するファイルがハードディスクに保存されているだの、ハッシュ・テーブルがメモリにロードされただの、研究者からみたら当然でうんざりするような記載が延々と続く。多くの場合、開発の現場ではもうあまり書かれないフローチャートも、特許明細書には書かなくてはならない。開発の現場では最早、UMLのような様々な記載方法が使われているのではないだろうか。しかし、UMLのコンポーネント図、シーケンス図、クラス図などが特許明細書で普通に使われているとは聞かないし、おそらく大いなる違和感をもって迎えられ、下手したら審査官に記載不備で拒絶されるだろう。

私見では、特許明細書では冗長さを厭わない。むしろ、冗長さは、特許請求の範囲のサポート漏れを防ぎやすい。私が書いたある、統計数学的発明の特許明細書で、同じ数式を何度も繰り返し明細書に書くので、発明者がうんざりして、いい加減にしてほしいと私に言ってきたことがある。特許明細書の性質を説明して押し通したが、どうも納得していない様子だった。

まとめると、論文は、難しい問題にタックルしているぞ、それをこんな風にエレガントに解いているぞ、と訴えなくてはならない。そうしないと、どんな優れた論文でも、埋もれてしまうことがある。学会で注目されなかったら終わりである。

一方、特許明細書は、目だったり華々しかったりする必要は全くない。抑揚を抑えて書かれていてよいし、冗長も美徳である。ともかく、権利範囲である特許請求の範囲に裏づけを与えればいいのであって、そのために、特許法や特許施行規則を守って、審査官に許可してもらえばいい。

そうやって一旦権利になると、今まで地味だったかどうかに関わらず、特許請求の範囲に基づき、権利行使できる。そんな特許があったのか、と不意打ちをかけるのが理想である。すると、普段はなるべく地味にハイバネートしているような特許が望ましいということになる。

サイバー攻撃誤認

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、ある男性が、図書館の新着図書のリストを順に開き、内容をコピーして切り張りする自作のプログラムを使っていたら、突然警察から逮捕されたという。

自作のプログラムを使っていたら、突然警察に逮捕された。図書館ホームページからの情報入手を巡る事件では、IT技術者から不安や懸念の声が上がっている。逮捕の背景には、図書館がコンピューターの管理をメーカー任せにしている問題があるほか、捜査当局のITの知識を疑問視する声も上がっている。

一体、何事かと思ったら、岡崎市立図書館ホームページに大量アクセスしHP閲覧を困難にしたとして今年5月、偽計業務妨害容疑で男性(39)が逮捕された、という事件のことらしい。私はこの事件のことを知らなかった。

問題は、閲覧が困難になったのは、岡崎市立図書館のホームページに使われていたソフトが古かったためであって、男性の自作のプログラムは、極めて穏当にしかホームページにアクセスしていなかったということである。

男性は今年5月、突然、逮捕された。取り調べで、プログラムに業務妨害の意図がなかったことを説明し続けた。20日間勾留(こうりゅう)された後、起訴猶予になった。事実を自身の視点で説明しようとホームページを立ち上げた。

プログラムは自動で新着図書のリストを順に開き、内容をコピーして切り張りするだけのもの。図書館側へのアクセスは14日間に3万3千回で、秒間約1回。数万円で買えるコンピューターでも1日数万回や秒間10回はアクセスに耐えるとされ、むしろ少ない数だ。「常識的に考えて逮捕はおかしい」などとブログやツイッターで書き込みが相次いだ。

取材で、県警がプログラムの意図を逮捕前に把握していなかったことが分かった。警察庁によると、典型的なサイバー攻撃は同時に数万回のアクセスを行う。一方、男性のプログラムは負荷を少なくするため、1回ずつアクセスし、応答を待って次のアクセスをする。

偽計業務妨害容疑とは、虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害することであり、ITの常識からみて、男性のプログラムのアクセスは妥当な範囲であり、該等しない。明らかに警察が行き過ぎである。

で、結論としては、警察も図書館も、ITの素人であるのが原因だったということになる。もとより警察のIT音痴は周知で、例えば、Winnyの顛末にも書いたように、ITの事件は、所轄外なのに、わざわざ京都府警が一手に引き受けて担当するくらいであるから、いかに警察全般がITに弱いかということである。すなわち、警察官僚は刑法や刑事訴訟法に強く、現場の捜査陣は、殺人や交通事故には強いが、サイバー犯罪にはからっきし、ということである。

これでは、ウィルス作成罪にもやはり慎重になったほうがいい。上記の例からいくと、単なるエージェントのようなプログラムを警察が、コンピュータ・ウィルスと勘違いする可能性が大だからである。

この就職難だから、情報処理系の大学生や大学院生で、就職先をみつけるのに苦労している人は少なくないだろう。警察は、そういう人達を採用して、IT専門の部署を作った方がいい。いかつい、エストロゲンむんむんみたいな捜査官の中に、ノートパソコンを抱えた蒼白い秀才のような一群の警察官がいて、それはそれで周囲から浮くだろうが、時代の流れである。

ミトコンドリアの起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

われわれが現在、細胞の中にもっていて、エネルギの貴重な源であるミトコンドリアが実は、別の微生物だったという一見荒唐無稽な説は、今ではすっかり通説になっている。いわゆる、細胞内共生説である。

この説のオリジンは、「ミトコンドリア・ミステリー」林純一著、講談社ブルーバックス2002年11月刊によると、1967年に、ボストン大学のリン・マーギュリスによって提唱されたものである。それによると、最初に地上にあらわれたのが、原核生物であった。時の経過とともに、原始真核生物、葉緑体の祖先となる原核生物、ミトコンドリアの祖先となる原核生物があらわれた。

葉緑体の祖先となる原核生物は、当時大気中に多く含まれていた二酸化炭素と水と太陽光を利用して、ブドウ糖と酸素を生成した。こうして地球上に酸素が蓄積されていったが、酸素は、酸化力が強く、原始真核生物にとって非常に有害であった。こうして、原始真核生物は、生き延びるために、酸素の少ない環境に逃げ延びるしかなかった。

一方、ミトコンドリアの祖先となる原核生物は、酸素を利用して、ブドウ糖を二酸化炭素と水に分解し、そのブドウ糖に蓄えられたエネルギーをATPの化学エネルギーに変換できるという、酸素呼吸をすることができる、まさに葉緑体の祖先となる原核生物の双対の存在であった。

どのような仕組みが原始真核生物を促したのかは分からない。最初は偶然だったのかもしれない。ともかく、原始真核生物は、ミトコンドリアの祖先となる原核生物と融合し、酸素を利用できるようになったのである。

「臓器は若返る」伊藤裕著、朝日新書2010年8月刊によれば、そのような原始真核生物とは、メタン生成古細菌であり、葉緑体の祖先となる原核生物と同様に、二酸化炭素と水素を取り込み、ブドウ糖を自前でつくりだすことで、エネルギー源にしていた。そうしてメタンを吐き出すのである。ところが、酸素の存在は、遊離した水素を許容しないので、酸素濃度が高い環境では生きられない。

同書によると、ミトコンドリアの祖先となる原核生物とは、αプロテオパクテリアなのではないかという。すなわち、αプロテオパクテリアは、上述のように、ブドウ糖を二酸化炭素と水に分解し、そのブドウ糖に蓄えられたエネルギーをATPの化学エネルギーに変換できるので、メタン生成古細菌の伴侶としてぴったりであり、むしろ酸素を積極的に利用するので、共生によって、酸素が存在する環境でも、生きられるようになったというストーリーである。

すると、おいおいと言いたくなるのは、メタン生成古細菌が二酸化炭素と水素を取り込み、ブドウ糖を自前でつくりだす、というくだりである。そもそもが、酸素リッチな大気では、単独水素はほとんどないので、メタン生成古細菌が利用したい水素は得られない。すると、メタン生成古細菌がブドウ糖を生産できないので、それをαプロテオパクテリアを利用する、という構図も崩れてしまうではないか。

しかし、そこは、次のように考えるべきらしい。すなわち、葉緑体の祖先となる原核生物が生成したものだと思われるが、まずブドウ糖がなにほどかあれば、αプロテオパクテリアがそこから、酸素を利用して二酸化炭素と何ほどかの水素を生成する。それを、メタン生成古細菌が拝受するのである。すると、もしわれわれの細胞が、メタン生成古細菌+αプロテオパクテリア共生体の末裔であるなら、αプロテオパクテリア=ミトコンドリア様様であって、足を向けて寝れないということになる。

すると、「臓器は若返る」にあるように、われわれは、食べるために生きている、という可能性もある。ひたすら、ミトコンドリアに奉仕し、そのおこぼれを、ATPというかたちでもらっている。ミトコンドリアさま、今日はマグロを食べました。うん、苦しゅうないぞ、という感じである。

ここらあたりの論旨は、「臓器は若返る」伊藤裕著に従い、追々見ていくことにしよう。

知恵熱

| コメント(18) | トラックバック(0)

会社の同僚というか後輩が、夏風邪を引いて休んだ。別にどうということもないが、私がそこで、うんと頷いたのには理由がある。彼は今、難解な発明の特許明細書を書いているからである。私が去年担当していた部門を、彼が今担当しているので、ある意味、その大変さを一番理解できるのは私かもしれない。

数楽者として、数式を偏愛する私であるが、その部門から出てくる、とても数学的な発明には、流石の私もてこずった。あまりにてこずりすぎて、去年だけでも三回、病気になった。一度は風邪からくるひどい下痢、一度は膀胱炎、そして次は顔面麻痺である。

そういう仕事のストレスから病気になる、というのは分かりやすい。そういえば、大学で初めて将棋部に入ったとき、高々田舎初段だった私は、有段者の将棋部の先輩に、何十連敗だかした。それが悔しくて、頭痛になり、確か三日三晩下宿で寝込んだ。

それで後輩に、仕事が大変だから夏風邪を引いたんでよね、と聞いたところ、言下に否定されてしまった。そんな先輩みたいにヤワな人間ではありません、と言いたいニュアンスを感じた。

ただ、私としては、仕事が大変で寝込んでもいいではないか、認めろよ、と思う。というのは、私の経験だと仕事が大変でブレークダウンしている間、なんか頭の中で、ニューロンが作業しているような気がする。機械学習のツールだと、ニューラルネットワークを再編成するために。教師データをせっせと読み込んで頭が学習しなおしているという感じである。だから、ブレークダウンから回復して仕事に戻ってみると、なんとなく頭がバージョンアップしているのを感じることがある。難しい数式の発明がすらすら理解できるようになんかなっていないのだけれども、少なくとも以前のような抵抗はなくなっている。これはまさに、頭の知恵熱ルーチンが発動したに違いない。だから、後輩に言いたいのは、そうやって寝込むことに積極的な意味を見出せよ、ということである。

そういえば脈絡が変であるが、中島みゆきの「世迷い言」という歌の中に、「・・男に振られたその後はなぜだか決まって風邪を引く」というのがあった。それがもし本当なら、男に、あるいは女に振られた後にもどうやら、場合により知恵熱ルーチンは働くらしい。しかし、それは一体どんな学習か。異性なんてあほらしいから、もう付き合わない方がいいぜ、という学習であろうか。それなら理解できるのだが。

ともかく、いいかえると、適宜、知恵熱ルーチンをコールして、うまくブレークダウンしていると、人間はなんとか生きていけるということのようである。してみると、私は管理職時代、12年間も一度も寝込まなかったが、あれはいろいろな意味でよくなかったわい、と今更反省してみる次第である。

新型細菌

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、抗生物質が効かない新種の細菌の感染が拡大する惧れがあるという。以下、引用:

インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者が欧州などで増えており、ベルギーで16日までに最初とみられる死者が確認された。欧米メディアによると、英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、米国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあるという。

英医学誌ランセット最新号によると、何種類かの細菌が特定の抗生物質を分解する酵素「NDM1」を作り出す遺伝子を持ち、ほとんどすべての抗生物質に対して耐性を持つようになった。こうした細菌に感染すると死亡率が非常に高くなるため、感染への監視強化と新薬の開発が必要だとしている。

同誌によると、英国では約50件の感染が確認されている。感染者の多くは、医療費の安いインドやパキスタンで美容整形手術などを受けており、同誌は感染源は両国との見方を示している。

ベルギー・メディアによると、新たな細菌に感染した男性が死亡したのは今年6月。男性は旅行中にパキスタンで交通事故に遭い、現地の病院で手当てを受けた。ベルギーに戻った時には既に感染しており、投与した抗生物質も効かなかったという。

インド保健省は、感染源をインドと関連づけることに反発し「インドへの医療目的の観光は安全だ」と主張している。(ブリュッセル共同)

典型的にはインフルエンザのように、感染症の主役はすっかりウィルスに取られてしまった細菌であるが、どっこいまだ、存在を主張している。そういえば日本で最近に活躍した?細菌は、O-157であったか。

私は、新種の細菌の発生源がインドやパキスタンだと聞いたとき、あれっ、もしかして細菌兵器かと疑った。なぜなら、パキスタンの諜報機関である軍統合情報部(ISI)は有名であり、諜報機関なら、細菌兵器くらいお手のものだと思ったからである。

いまのところそういう憶測も聞かないが、それにしても、何種類かの細菌が特定の抗生物質を分解する酵素「NDM1」を作り出す遺伝子を持ち、ほとんどすべての抗生物質に対して耐性を持つというのは、なかなかつわものの細菌である。

別途のニュースで、荒川宜親・国立感染症研究所細菌第2部長の話によると、院内感染で、ほとんどの抗菌薬が効かない多剤耐性の緑膿菌などが見られたことはあるが、このように蔓延する例は珍しいという。

「健康な人では万一感染しても多くは無害だが、糖尿病などの悪化や手術をきっかけに、新種の細菌による敗血症や肺炎などになると、抗菌薬による治療が困難になる」、というが、それはパニックを防ぐための宣伝文句ではないだろうか。というのは、この新型細菌に対してそこまで疫学的な分析は進んでいないのではないかと思われるからである。

私としては、そういうありえない細菌が蔓延しているというので、つい、パキスタンの諜報機関のことを考えてしまった次第である。

協調性の絶対的劣位

| コメント(0) | トラックバック(0)

絶対的劣位の理論を特定のスキルに適用してきたが、どうも人間関係というか協調性にも絶対的劣位が成立するのではないかと思われる。

社交嫌いな私が、協調性で絶対的優位にないのは確かである。また、会社で上司に噛み付いてばかりいる。それもまた、協調性が十分でないということの証左である。

ただ、私はどうしても、自分の協調性が絶対的劣位にあるとは思いたくない。そうである証明なんて無理だが、傍証として、次の例を挙げる。まず、たまたまではあれ、私は管理職に登用された。それは、業務能力は然ることながら、少なくとも人並みの協調性があると認定されたということではないだろうか。また、管理職になった後も、部下からのフィードバックが最悪になることはなかった。

私のことを述べていると旗色が悪くなるので、他人に振ると、私の元部下で、どう考えても協調性の絶対的劣位の極致にあるような人が二人もいた。

どちらも女性で、仕事があまりできない点で共通していた。どちらも一見するとちゃんとしている。それなりに几帳面なのである。それで最初は普通に仕事をするのだが、数ヶ月もしたら、一人の方は、同僚と衝突している。理由を聞いてみると、几帳面さの程度が強くて、仕事のプロセスはこうと決めたら、完全に例外を許さない。それで、問題ではなくてもある基準からずれたことをしている同僚を許せなくて、怒鳴っているという次第である。

もう一人の方は、異様に几帳面というわけではないのだけれども、ローカルルールを自分で決めるタイプで、この場合はこうと、仕事のやり方を一旦決めると、上司の私がなんといっても変えようとしない。それでもと思っていたら、次第に迷走していった。まるで、まずく設計された自動制御系である。

で、どちらの人も、上司である私も、同僚も、付き合っているだけでクタクタに疲れてしまうのである。

そこで私がとった策は、二人の仕事を、なるべく他の人に関与しないような独立にしたものにすることである。そういいつつ、管理職である私は、嫌でも関与せざるを得ない。つくづく、管理職は嫌だと思ったものである。

そうやって、なるべく独立仕事を与えていると、しばらくは落ち着いているようであるが、次第に不満が募ってくるようなのである。観察してみると、他人と衝突して諍いを起こしてないと精神の安定が保てないようなのである。それで、当面の相手である上司の私に絡んでくる。ほとほと手を焼いて、私は、半分誤魔化すようにして、他の管理職下に移してもらった。後から、当の管理職からは嫌味を言われたが、適当に受け流した。

ともかく、協調性の絶対的劣位の人の一番の特徴は、他人との諍いをエネルギーとして生きている、ということである。普通に平和にやっている人にいちゃもんをつけて、怒り出すのを待っている。あるいは、重箱の隅のような仕事のやり方に文句をつけて、いい加減だと詰る。

私にとって最大の謎は、その一方の女性は既婚で、しかもご主人とうまくやっているように見えるということである。その女性がちょっと体調を崩して保健室で休んでいるとき、上司として、同じ社内にいるご主人に連絡をとったら、早速やってきて実に睦まじいのである。あとで、そのご主人は、とても人格者で通っているそうであると聞いた。必ずしも仲睦まじい夫婦をやっていない自分を顧みて、ああ、俺は人格者から遠いのかと嘆息した。

すると、いかなる絶対的劣位に対しても、触媒のように、うまくやっていける媒体が存在するという法則があるのか、と自分でも何を言っているか分からなくなってきた。これも暑さのせいか。

英語公用化

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう大分前に、ユニクロが、社内で英語を公用化するとか、TOEICが700点以上でないとあるレベル以上に昇進させないとかいう記事があった。外資系にいる私には珍しくもなんともないベタなテーマであるので、あえてこのブログでも触れなかったが、気が向いたので、ちょっとだけコメントする。

例えば、多国籍企業があったとして、米国人、イギリス人、ドイツ人、フランス人、日本人、中国人、韓国人が一同に会する会議というのは珍しくない。私の経験に基づき、実際にそこに出席していた人の国籍を並べてみた。そこでなんの言語を使うかというと、とりあえず英語である。すると、米国人、イギリス人に有利であるが仕方がない。ただ、面白いのは、イギリス人のしゃべる英語をときどき、米国人が聴き取れないことがあることである。その逆はほとんどないので、いまや、アメリカ英語がデ・ファクトで世界標準になってしまったのか、と嘆息する。

そうやっていろいろな国の人が集まって、私ですらも発言するので、まあいろいろな英語が、下手であったり流暢であったりして飛び交うのだけれども、要するに問われるのは内容である。英会話学校でなくてある業務の会議なのだから当然である。

すると、ジャパニーズ・イングリッシュだろうと最低限会話が成立して業務が進めばいいので、それはTOEIC何点というのとはまた別の話である。

ところが、腹芸能力とか、つまらないエピソードを一杯もっていて場を飽きさせない能力とか、"Are you afraid of your wife ?"で始まる自虐ネタで仲良くなってしまう能力(私だよ!)なんて計測できないので、会社としては、どうしてもTOEICの点数で昇進を決めたりすることになる。客観的指標なので、これが一番よろしいと思われているようである。

では、TOEICの高い人ばかりを幹部に登用するとどうなるかというと、これが結構おぞましい。ただ、外国人の上司におべっかを使うのばかりが幅を利かせるのである。そして、例えば、自分の英語の発音がいかにネイティブに近いかで競うのである。

こうして英語に絶対的優位をもつ人達が会社の上層部に集うのであるが、絶対的劣位に書いたように、双対定理によれば、英語力の絶対的優位の双対として巨大なる絶対的劣位を抱え込むことになる。それは何かというと、実務的な業務に対するセンスの欠如だったりする。

すると、下手したら英語が強いだけで、他の能力がかなり怪しい人達が上位管理職を占めることになって、そのおぞましさを感じるのに、大した想像力は必要であるまい。

ということは、英語公用化をする裏で、巨大なる双対の絶対的劣位を解消するためのメカニズムを与えないと、会社の将来は甚だやばい、ということになる。ユニクロの柳井社長がそんなことが分からないはずもなく、しかし、絶対的劣位の解消メカニズムはあえてノウハウであるので秘しているとすると、下手な会社がただ表面的に英語公用化を取り入りたら、悲惨なことになるだろう。そういう事例を知ったら柳井社長はただ、にやっとほくそえむのだろう。

職なし

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、下記のようなニュースがあった。

15日午後4時20分頃、さいたま市北区の無職男性(76)が、自宅の布団の上であおむけに倒れているのを同居する無職の長男(48)が発見し、119番した。

男性は既に意識がなく、熱中症での死亡が確認された。

大宮署の発表によると、男性は長男と2人暮らし。収入は男性の年金だけで、10年以上前に電気を止められたが、そのまま電気のない暮らしを続け、エアコンはあっても使えない状態だった。15日の同市は最高気温35・8度の猛暑日で、男性が暑さで体調不良を訴えたため、長男が氷を買ってくるなどしていたという。

ううん、と私がうなるのは、独特の理由がある。前にも書いたが、私の故郷は、百島という孤島で、そこは、プライバシーの障壁の小さい濃密な空間で、他人の家の事情も丸見えである。そこには当然のように、電気代も払えなくて、電気を止められる家庭もあり、そんな噂も丸聞こえであった。

私の田舎は瀬戸内海で、かなり温暖な気候である。夏は結構暑くなる。それでも、私の田舎で、電気が止められても、熱中症で亡くなった老人がいるという話を聞かないのは、そもそもが田舎では、人口が少ないし、車もほとんど走っていないので、熱を放射する源がないため、あまりヒートアップしないからである。だから、外はガンガン照りでも、日陰に入ると結構涼しかったり、夜になると、窓を開けっぱなしで寝ると、下手したら夏でも風邪を引きそうに涼しかったりする。海風が心地よいのである。ある意味、海が気温を緩和している。もちろん、田舎なので、夜開け放しにしても、泥棒はこない。若い女性が乱暴されたという話も聞かない。治安的にも濃密な空間だったのである。

で、上記ニュースで私が注目してしまうのは、48歳の無職の男性である。病気その他の事情があるのかもしれないが、働き盛りの48歳の男性で無職はいけない、とつい私は考えてしまう。なぜ殊更そんなことを言うかというと、私の田舎では、働き盛りの男性で仕事をしないのは、「職なし」と最も軽蔑された。「職なし」というのは、文字通り仕事がないということであるが、私の田舎の方言では、仕事がない人だけでなく、仕事についても、喧嘩したり飽きたり、酒を飲みすぎたりして職場を転々とする人のことをもいう。だから、仕事をするスキルも体力もあるのに「職なし」ということはありえるわけで、そういう怠惰な男が田舎では、一番嫌われた。

その次に嫌われるパターンは、「職なし」ではなくきちんと稼ぐのだけれども、ほとんど飲んで家にお金を入れず、女房を困らせるパターンである。私の父方の父祖がそうだった。あと、それで文句を言う女房を殴ったりする男も当然いた。殴らなくても、やたら女房を罵倒する男もいた。それで女房は愛想つかして子供ともども実家に帰り、男が酒の飲みすぎで亡くなっても、葬式にすら元女房が来ない例もあった。流石に、田舎とて、酷い女だと非難する声はなく、むしろ同情がちであった。

プライバシーの障壁の小さい濃密な社会でそういうのを見て育った私は、次のように心に誓った。自分は結婚するかどうか分からない。しかし、もし結婚するなら次のことは実現しよう。

  1. 「職なし」にならない。すなわち、安定した収入をえて、家族を経済的に困窮させない。
  2. 精神的にも、家族に、肉体的にも暴力を振るったり、罵倒したりしない。

これだけ達成すると、少なくとも私の田舎では、褒められはしなくても、少なくとも駄目亭主の烙印を押されることはない。

ところが、結婚してみると、家人からの評価は厳しい。すなわち、私がなんとか上記の基準をみたしていることは、家人も否定しない。ところが現代社会にあって、それだけでは単に最低の亭主を免れているというだけに過ぎず、もっと家庭サービスなるものをしないと基準点は満たさないようである。

そこで私なりに慣れぬ家庭サービスをやってみたこともあるが、どうしても田舎で身に着けた感覚が抜けず、ちゃんと稼いで、粗暴でなければいいではないかと開き直る傾向がある。

それはある意味私が、かなりレベルの低い貧乏で育ち、貧乏でなければとりあえずいいではないか、と心のどこかで思っているからであろう。そこのところで通じあえない家人だと、ちょっと厳しいが仕方ない。それも人生(C'est la vie.)である。

鉄で超伝導

| コメント(1) | トラックバック(0)

独立行政法人 物質・材料研究機構は、鉄系超伝導関連物質であるFe(Te,S)系に超伝導を発現させる際、赤ワインやビールなどのお酒が有効であることを発見した。この成果は、物質・材料研究機構 超伝導材料センター(センター長:熊倉 浩明)ナノフロンティア材料グループの高野 義彦 グループリーダーらの研究によって得られた。

そこで、独立行政法人 科学技術振興機構のホームページに掲載の記事に基づき、私なりに要約してみる。

鉄系超伝導体は、現在、慶應義塾大学 理工学部 専任講師の神原 陽一氏によって2008年に発見された。LaFeAs(O,F)という化学式をもつものである。その後、FeAs、FeP、FeSeをベースにした類似化合物に次々と超伝導が見出され、鉄系超伝導は、第二の高温超伝導体の鉱脈として期待されている。

ところが、FeTeは、FeSeなどは、上記鉄系超伝導体と類似構造を持つにもかかわらず、反強磁性磁気秩序が邪魔をして超伝導を示さない。そこで、上記研究グループは、SをドープしたFeTe1-xSxを固相反応法で合成したところ、反強磁性磁気秩序は消失するものの超伝導は出現しなかった。

しかし、FeTe1-xSxを長期間空気中に放置すると超伝導が出現するなどの大変興味深い現象が観測された。すると、この物質は、何が超伝導を発現させるのかを研究するための手掛かりを与えることが期待される。

長期間空気中に放置すると超伝導が出現することから、水酸基やエタノールなどを温度や濃度を変えて加えて実験したが、効率は悪かった。

ここから毎日新聞の記事によるが、3月に物質・材料研究機構の懇親会でさまざまな酒類が出されたのをみた高野さんは、酒類を加えて実験することを発案した。そこで、超伝導と非超伝導の間に位置する物質としてFeTe1-xSxに再度着目し、固相反応法により試料を作製した。得られた試料は超伝導を示さないが、酒に浸し70℃程度に加温すると、翌日には超伝導体(Tc~8K)になることが分かった。赤ワイン、白ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーについて比較実験を行った結果、全ての酒で超伝導が出現し、赤ワインが最も優れていることが分かった。

高野さんは、「遊び心が高じて、面白いことが起きればと思ってやってみたが、こんな結果になるとは。お酒には不思議な力がある。」と話したという。

ところで、化合物超伝導体の特許出願は、ベドノルツ・ミュラーのノーベル賞受賞の1989年頃ブームで年に300件に達したが、1993年頃からブームは収まり、年間50件前後に落ち着き、ここ数年では年間30件以下であった。それでも、このように地道な研究が行われているのは、興味深い。

リーダーシップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

情報考学の書評の又引きで恐縮であるが、「ホワイトハウス・フェロー―世界最高峰のリーダーシップ養成プログラムで学んだこと」チャールズ・P・ガルシア (著), 池村 千秋 (翻訳) ダイヤモンド社によると、フェローに選ばれる基準は、「第一に明晰な文章力、第二に協調性、第三に自己中心的でないこと」なのだという。

すなわち、選考過程で、頭脳の明晰さは明らかであるので、その中で何を重視するか、ということであるなら、いかにも納得である。

よく世間で、頭のいい人は、エリートコースを進んできて、ちやほやされてきたので我儘である、というように言われるが、それは、秀才の属性でも述べたのと同趣旨で、我儘は別に秀才の属性ではない。秀才でなくて我儘で自己中心的な人は無数にいる。

しかし、リーダーたるもの、協調性と自己中心的でないことは必須で、なぜなら、組織を運営するには、自分をある程度空しくして、全体に奉仕する視点が必要だからである。

といいつつ、世間を眺めると、なんと失格のリーダーが多いことか。その理由は、私が見るところ、先ず頭脳の明晰さを選考の基準にているからてある。ところが、秀才であるとないに拘わらず、協調性と利他性に富む人材はとても稀で、ある知能に基準で選んだリーダーの候補に、必要な協調性と利他性の基準を満たす者はおらず、そこで、仕方なくかなり恣意でリーダーを選ぶということが起こる。

こうして、頭はいいが協調性がなく自己中心的なリーダーをもつと何が起きるかというと、先ず、そういうリーダーは、組織を自分自身にとって心地よい組織にしようとする。それはどういう組織かというと、自分の興味がある仕事が重用され昇進の基準は、その自分の興味がある仕事で判断される。組織のメンバーは、リーダーに従順であることが一番の資質として求められる。すると、組織のスキルのポートフォリオのバランスはおかしくなり、イエスマンが跋扈する組織となる。

これを防ぐには、リーダーの候補をまず、協調性と利他性を基準して選んではどうだろうか。そうやったら、知能では劣る人ばかりになると心配する向きもあるかもしれないが、多分そんなことはない。知能と、協調性及び利他性は、独立な資質だからである。

そうして候補を絞っておいて、理解力、記憶力、表現力あるいは知的体力のような秀才の属性で最終選考すればよい。

元管理職として自己診断してみると、私は、決して卓越してないが、協調性と利他性はそこそこではなかったと自負する。ところがそもそも理解力が足りなかった。例えば、会社の経費管理システムがどうしてもちゃんと理解できず、部下にべったり依存していた。記憶力は、いちいちノートに書き下すことで補っていたが、言葉が足らず、部下に誤解を与えていた。

ただ、知的体力と呼んでいいかどうか分からないが、体力はあったと思う、というのは、管理職であった12年間、ほとんど毎日、夜10時や11時まで残業していたが、一度も病気で休むことはなかった。メンタルで医者に掛かったこともない。

決定的に管理職として欠けていた資質は、ミスをした社員をきちんと叱責できなかったことである。その結果、甘すぎると同僚や上司の管理職から文句を言われていた。

こうして、B級あるいは下手したらC級管理職であったが、協調性と利他性のところで、なんとか最悪管理職であることを免れていたと自己診断する。甘いか。

スキルの基底

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、友人と話していて、よく大工の七つ道具というけど、結局、どんなことでも、基礎となるスキルの要素の数は、流石に七つではないにしても、あまり多くないのではないか、と友人は言う。

なるほど、と、どうしても私は将棋を例にとって考えてしまう。すると、考えてみると、将棋の手筋の種類というのは、そんなに多くない。ある程度ぎっしり詰めて記載すると、文庫本一冊に収まるかもしれない。

もう少し思考を巡らすと、その文庫本一冊に収まるかもしれない将棋の手筋は、物理学の用語でいうと内部構造をもつ(ん?却って分かりにくくしている?)、すなわち、基本的な手筋のように見えても、実は、より基本的な手筋の集まりからなっている、ということが考えられる。例えば、歩を垂らす筋、両取の筋、離して飛車を打つ筋、腹銀、尻金などである。するともしかして、将棋の基本手筋は、A4の紙一枚に書き下せるかもしれない。

こうして、将棋の基本手筋のセットが得られると、将棋のあらゆる手は、それらの基本手筋の組み合わせとしてあらわすことができる。そこで、そういう基本手筋のセットを、基底と呼ぶ。ところで、基本手筋というのは、適用する順番が違うと結果が全く違ってくる。すなわち、非可換なのであって、手筋の代数系はあまり単純ではない。

ともかく、将棋を覚えるということは、駒の進み方を覚えることの次に、そういう手筋を覚えることに進む。

ここで仮説であるが、手筋というかスキルの基底が、かなり少ないというのは、人類が習得可能なスキルに共通している、とはいえないだろうか。多分、そうしないと、人類の頭脳は混乱してしまう。

すると反論があろだろう。スキルなるものを見てみるがいい。そんな簡単な要素に分解できるものは少ない、と。それは私も分かっている。将棋でも、手筋を全て覚えたからといって、きちんと指せるものではない。なぜなら、将棋を指すというとき、状況を判断して、どの手筋が最善であるかを判断するステップが必要になるからである。ここの状況判断があまりにも膨大なので、あらゆるスキルは、めくるめきものとなってしまう。

すなわち、機械学習でいうと、その目的関数は、高々7つしかパラメータを含まないのかもしれない。しかし、どの状況に応じてどのパラメータを用いるかは、膨大なサンプルをスキャンして、パラメータを学習により決定するよりない。そこに無限ともいえる時間がかかる。しかし、人生はあまりにも有限なので、とても不完全な目的関数のパラメータで、われわれは生きていかなくてはならない。

戻って、そうは言っても、限られた基底のところでも、人間は学習を怠ると、スキルがゆらいでしまう。だから、プロのメンテで述べたように、人間には、どんなに熟練しても基礎訓練が欠かせない。基底を再確認しなくてはならないのである。その上で、状況に適応する訓練としての実戦と、未知の状況を想定しての研究が必要になってくる、という次第なのであった。

アマ八段

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟にホームページに、アマ八段への昇段規定が掲載されていた。以下、引用:

8月1日付で、アマチュア竜王戦の結果により、アマ八段位への昇段を認める規定が下記のとおり新設されました。

アマ八段への昇段規定
1回優勝でアマ七段免状授与となった第19回以降のアマチュア竜王戦全国大会で通算3回優勝

この規定により早咲誠和(はやさきまさかず)七段(第21回、第23回大会優勝)は来年6月のアマ竜王戦全国大会で優勝すれば、史上初の実力アマ八段となります。

なんとも時代遅れだよね、と感じるのは、こうやってアマチュアの認定段位を高めることで、将棋連盟がアマチュア棋界振興になると構想している様子を見て取るからである。

それは確かに、「早咲さん、実力アマ八段ですから、凄いですね。」と感心する能天気なアマチュアもいるだろう。しかし、大抵のアマチュア高段者は、興味も示さないだろう。

というのは、アマであれプロであれ、段位というのは多分に年功序列的色合いが強く、NHK杯戦でも、段位が低い方が勝つだろうといわれているほどである。

段位のいけないところは、現在の棋力をほとんど正確に表示していないところである。すなわち、一度上がったら下がらないのである。会社でいくと、年功であれ、縁故であれ、部長まで昇進すると、まあ、六段というところかもしれないが、それからヘマをして降格されると、下手したら平担当者まで落ちて、初段程度になる。ところが、これが将棋なら、段位は六段のままである。

こんな風だから、前にも書いたが、私は段位には興味がない。今はアマチュア四段を自称しているが、それはよく、正式な段位ですかと聞かれる。すると、いえ、認定されているのは三段です、というと相手は馬鹿にしたように見る。それは、大学院修士卒だと言っていたら実は、学卒だったのかと言わんばかりである。このようなことを防ぐには、週刊将棋などで毎週応募して段位をとることである。この方法でも、五段までとれる。いささかの忍耐力と認定費用さえ惜しまなければ、五段を認定されています、と言えるようになるのは易しいが、それでびた一文強くなる訳ではないし、下手したら将棋仲間からはペーパー五段と却って馬鹿にされるので、認定費用は、ドブに捨てるより悪い。ああ、あのお金でどこかで飲んでおけばよかった、ということになる。

あと、アマ八段への昇段規定に文句つけると、「アマチュア竜王戦の結果により」というのはおかしい。それは、従来より一番伝統のあるアマ名人戦の結果に拠るべきだし、そうでないなら、勝ち進むのが同格に難しい、アマ名人戦、アマチュア竜王戦、朝日アマ、及びアマ王将戦の結果によりとすべきである。読売新聞からなにかオファーでもあったのだろうか。何にしても、つまらない段位施策である。

闇サイト殺人控訴審

| コメント(4) | トラックバック(0)

以前、こちらに書いた、磯谷利恵さんの殺人事件であるが、流石に、3人の犯人は死刑に間違いないと私は信じていた。手口が残忍すぎるのである。あと、動機も単なる金ほしさである。酌量の余地がない。実際、2009年3月の1審判決で3人のうち神田司死刑囚(39)も死刑を言い渡され控訴したが、取り下げて刑が確定した。ところが、どうしたことか、あと二人の犯人が、犯罪心理鑑定の結果を新たに証拠提出して殺害の計画性を否定、減軽を求めているという。以下、毎日新聞Webから引用:

名古屋市千種区の派遣社員、磯谷利恵さん(当時31歳)が07年8月、闇サイトで集まった男3人に殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末(よしとも)(35)と川岸健治(43)両被告の控訴審第1回公判が9日、名古屋高裁(下山保男裁判長)であった。弁護側は、両被告の犯罪心理鑑定の結果を新たに証拠提出して殺害の計画性を否定、減軽を求めた。検察側は両被告について改めて死刑を求めた。【沢田勇】

弁護側は1審判決後、独自に臨床心理士に依頼して心理鑑定を実施した。この結果、1審で無期懲役判決を受けた川岸被告は「軽度の知的障害があり、物事全体を理解する力や現実を吟味する力が弱い」、死刑を言い渡された堀被告は「自己主張するよりも同調する傾向や受動的な態度が強い」として1審同様「殺害は場当たり的で直前まで意図していなかった」と主張した。

川岸被告については「殺害への関与は従属的。自首がなかったとしても無期懲役が相当」と指摘。自首への評価を加えて有期刑を求めた。堀被告については、遺族が受け取りを拒否した謝罪文を読み上げて「改悛(かいしゅん)の情が顕著で反省している」と無期懲役を求めた。弁護側は鑑定結果を証拠提出し採用された。検察側は鑑定結果の信用性を争う方針。

私は刑法の判例に詳しい訳ではないが、流石に、臨床心理士の心理鑑定によって特定される、ある種の性格の偏りで、死刑が減刑されるというのは聞いたことがないし、妥当でもないと思われる。

それに対して、検察はまだ判断を下していない。川岸被告が自首したことも、「死刑や共犯者からの報復を回避する自己保身のためで、過大評価すべきでない」として死刑を求めた。堀被告についても控訴棄却を求めた。

公判で検察側は、川岸被告が闇サイトに犯行を呼びかける書き込みをしたことに触れ、「犯行の中心的人物」と指摘。自首については「死刑や共犯者からの報復を回避する自己保身のためで、過大評価すべきでない」として死刑を求めた。堀被告についても控訴棄却を求めた。

次回公判は9月24日で、両被告の心理鑑定を行った臨床心理士が証人として出廷するというが、検察は当然聞き入れないだろうが、果たして裁判官がどう出るか。私としては、必ずしも死刑賛成論ではないが、ちょっと卑劣すぎる殺人をみると、日本男子なら、いい加減に観念しろと言いたくなる。日本男子は、関係ないか。

タリバンによる女性虐待

| コメント(2) | トラックバック(0)

雑誌TIMEの8月9日号の表紙をみて驚いた。イスラム系の衣装の若い女性なのだが、なんと、鼻が削がれている。どういうことかというと、タリバンの仕業なのだという。

その女性はアフガニスタン人で、若くして嫁入りした。ところがあいにく、亭主が酷い奴で、暴力、すなわち今風に言うとDVが頻繁で、このままでは殺されると、隙を見て実家に逃げ帰った。

ところが、イスラムの習慣では、いかなる理由であれ、女性が勝手に嫁入り先を抜け出すことはご法度である。果たして、逃げ帰っていた実家に、タリバンの兵がやってきた。逃亡の罪を裁くためである。

タリバンの兵は、女性を、引きずるようにアフガニスタン南部の山地まで連れていった、そこには、夫とその家族、そして審判官が待機していた。女性は必死の思いで懇願する。「夫は私を奴隷のように扱ったわ。私を殴った。逃げなかったら、私は死んでいたわ。」しかし、審判官は冷酷に審判を下し、刑の執行を命じた。

すなわち、執行官はまず、ナイフで女性の耳を削いだ。続いて、ナイフで鼻を削いだ。女性はあまりの痛みに気を失ったが、鼻から出る血で息が詰まるので、目を覚ました。

男達は、彼女を山地に放置して去った。そのままでは確実に彼女は死んでいたはずであるが、幸い、米軍が救助し、医学的処置を施して、女性専用の秘密のシェルターに匿った。実家に帰すと、また迫害を受ける惧れがあるからである。

タリバンがそのような「蛮行」を敢えてしたのは、同じようなことを試みる近隣の女性に対する見せしめにするためであった。ここまでの蛮行を、タリバンは、アフガニスタンを版図に治めた10年前にはしなかった。要するに、タリバンは、イスラム原理主義の色合いを強めているのだが、なにがタリバンをそうさせているのだろうか。

すると次のような見方はできないだろうか。すなわち、アフガニスタンの女性の人権を護るのは米軍で、米軍がアフガニスタンから撤退すると、アフガニスタンの女性の人権が危機に晒される。これは、米軍のアフガニスタン駐留を正当化することである、と。

もともと、カブールは40年前は、自由に溢れた街だった。女性もジーンズを穿いて大学に通い、青春を謳歌できた。その後のタリバンの治下では、カブールで女性の一切の自由や就職が弾圧されたが、今では女性達の笑い声も戻ってきた。そこは米軍による開放が功を奏したといえるだろうか。

カルザイ政権は当然に、こういう蛮行が許されるべきと思っておらず、人道的な支援を各国に呼びかけている。また、アフガニスタン憲法は、性差別はあってはならないと規定し、女性が教育を受ける権利も保障する。しかし問題は、アフガニスタン憲法第3条で、いかなる規則も、イスラム法であるシャリアに背いてはならない、と規定しており、そもそも、シャリアが何であるのかアフガニスタン憲法は定義していないのだから、そこに大いなる曖昧さが残るのである。

実際、女性蔑視とイスラム教で書いたように、シャリアというよりも、より根源的なコーランに、女性蔑視が胚胎している。ただ、コーランには、「それで言うことを聞くようならばかの女に対して(それ以上の)ことをしてはならない。」とあるので、タリバンは、明らかにコーランの教義からオーバーランしている。

また、自由な選挙が行われると、当然に、タリバンのメンバーも、政治に参加する可能性が出てくる。そして、タリバンなど選挙で選ばれるわけがないとは言えない。というのは、タリバン以外の民衆でも、イスラムの伝統回帰を支持する者は少なくなく、すると、女性蔑視や虐待を特に問題とは思っていない民衆がいる、ということになる。そのことは、アフガニスタンが、米国が言う意味で民主化されるための最大の障碍である。

こうして、アフガニスタンにおいて、女性が解放される日は遠いとしか思えないが、産経新聞に、以下のような記事があった。

AP通信によると、アフガニスタンで医療活動などを行っているキリスト教系の非政府組織(NGO)「国際支援ミッション(IAM)」の医師団10人の遺体が6日、同国北東部バダフシャン州で見つかった。IAMによると、一行は米国人6人、ドイツ人1人、英国人1人と、通訳のアフガン人2人からなり、全員が銃で撃たれていた。同州に隣接するヌリスタン州での活動を終えてカブールに戻るところだった。イスラム原理主義勢力タリバンが7日、犯行を認めた。(ニューデリー 田北真樹子)

従軍看護婦にも書いたが、戦争状態においても、医療業務者は、ジュネーブ協定などで手厚く保護されており、普通は軍隊は、医師や看護師には手は出さないものである。これを公然と破るタリバンは、明確な女性虐待と相俟って、何か世界にメッセージを発信しようとしているようである。それはやはり、米軍のアフガニスタン駐留延長を正当化しようとするものなのだろうか。穿ちすぎか。そういえば、常岡浩介氏も最近、音信不通である。

ウィルス作成罪

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞によると、コンピュータウィルスを使って個人情報を流出させるなどサイバー犯罪を阻止するため、法務省は、「ウィルス作成罪」を新たに創設する刑法改正の検討に入ったという。確かに、コンピュータウィルスを作ってばらまくことを直接取り締まる法律はないとの指摘は、今までなされてきた。

そこで、現行の刑法で、少しでもコンピュータ絡みと思われる条文を下記のとおりリストしてみた。すると、コンピュータウィルスに一番関係がありそうなのは、これであろう:

(電子計算機損壊等業務妨害)
第二百三十四条の二  人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

ファイルを破壊したり、改変したりするコンピュータウィルスをばらまくと、「人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した」ことになるのではないだろうか。

ファイルを破壊しなくても、P2Pソフトのように、コンピュータに常駐して、コンピュータのハードディスクに保存されている個人情報をインターネット上に流出させるコンピュータウィルスも、「使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した」ことになる。

すると現行法だけで、コンピュータウィルスを使った犯罪を取り締まれないのか、という疑問が出てくる。

ただ、法務省は、コンピュータウィルスの作成や頒布それ自体を取り締まりたいという意図である。コンピュータウィルスの頒布も、電子計算機損壊等業務妨害の第二百三十四条の二に該当しそうであるが、流石に、コンピュータウィルスの作成までは取り締まることができない。

そこで法務省は、「不正指令電磁的記録作成罪」(仮称)を創設して、コンピュータウィルスの作成や頒布自体を取り締まろうとする。

ところで、新聞記事によると、ある会社員が、パソコン内のファイルを勝手に上書きする「タコイカウィルス」を送りつけてパソコンに感染させ使用不能にした事件で、警察は、ネット犯罪では異例の器物損壊罪を適用して逮捕したというが、ここでもなぜ、電子計算機損壊等業務妨害罪でないのか、理解に苦しむ。

ともあれ、「不正指令電磁的記録作成罪」によって、コンピュータウィルスの作成自体を取り締まることができると、逮捕できる範囲が広がるが、単に怪しげなプログラムを作成しているだけで、警察から疑いをかけられる可能性も出てくる訳で、そこらあたりのバランスをどうとるか、検討してほしいと願うものである。


(公正証書原本不実記載等)
第百五十七条  公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(偽造公文書行使等)
第百五十八条  第百五十四条から前条までの文書若しくは図画を行使し、又は前条第一項の電磁的記録を公正証書の原本としての用に供した者は、その文書若しくは図画を偽造し、若しくは変造し、虚偽の文書若しくは図画を作成し、又は不実の記載若しくは記録をさせた者と同一の刑に処する。

(電磁的記録不正作出及び供用)
第百六十一条の二  人の事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

2  前項の罪が公務所又は公務員により作られるべき電磁的記録に係るときは、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  不正に作られた権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を、第一項の目的で、人の事務処理の用に供した者は、その電磁的記録を不正に作った者と同一の刑に処する。
4  前項の罪の未遂は、罰する。

(支払用カード電磁的記録不正作出等)
第百六十三条の二  人の財産上の事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する電磁的記録であって、クレジットカードその他の代金又は料金の支払用のカードを構成するものを不正に作った者は、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。預貯金の引出用のカードを構成する電磁的記録を不正に作った者も、同様とする。
2  不正に作られた前項の電磁的記録を、同項の目的で、人の財産上の事務処理の用に供した者も、同項と同様とする。
3  不正に作られた第一項の電磁的記録をその構成部分とするカードを、同項の目的で、譲り渡し、貸し渡し、又は輸入した者も、同項と同様とする。

(不正電磁的記録カード所持)
第百六十三条の三  前条第一項の目的で、同条第三項のカードを所持した者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(支払用カード電磁的記録不正作出準備)
第百六十三条の四  第百六十三条の二第一項の犯罪行為の用に供する目的で、同項の電磁的記録の情報を取得した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。情を知って、その情報を提供した者も、同様とする。
2  不正に取得された第百六十三条の二第一項の電磁的記録の情報を、前項の目的で保管した者も、同項と同様とする。
3  第一項の目的で、器械又は原料を準備した者も、同項と同様とする。

(電子計算機損壊等業務妨害)
第二百三十四条の二  人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(電子計算機使用詐欺)
第二百四十六条の二  前条に規定するもののほか、人の事務処理に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与えて財産権の得喪若しくは変更に係る不実の電磁的記録を作り、又は財産権の得喪若しくは変更に係る虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者は、十年以下の懲役に処する。

(公用文書等毀棄)
第二百五十八条  公務所の用に供する文書又は電磁的記録を毀棄した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

(私用文書等毀棄)
第二百五十九条  権利又は義務に関する他人の文書又は電磁的記録を毀棄した者は、五年以下の懲役に処する。

待ち行列

| コメント(0) | トラックバック(0)

仕事をするということは、処理すべき案件を受け取り、それを処理してアウトプットする、ということである。それはある意味、受け取った案件を待ち行列(キュー)に入れるということを意味する。

もし受け取った案件を、受け取る端から順次処理していけるなら(FIFO)、キューは単純である。しかし、キューにおいて、受け取った案件の各々は、処理に要する時間と、優先順位が異なるので、単純にFIFOではうまくいかず、並び替えなどの必要がある。

一方、仕事を依頼する側のクラアイントから見ると、依頼した案件は、なるべく早く処理してほしいと思うものである。

処理する側からすると、そうは言っても、いろいろ仕事はあるのだから、すべてのクラアイントにいい顔はできないよ、ということになる。

それは矛盾であるが、なんとか待ち行列の理論で最適化できないものか。そこで、待ち行列に、SHORTEST PROCESSING TIME FIRST (SPTF)という概念がある。キューにおいて、処理時間が短い案件を先に処理することで、全体の待ち時間の平均が減少するという定理である。

これは要するに、100時間かかる仕事の後に、1時間で済む仕事が100件並んでいるなら、1時間で済む仕事をとりあえず先に片付けてしまえば、全体の待ち時間の平均は減るということである。100時間かかる仕事は、開始までに100時間待たなくてはならなくなるが、そこはまあ、我慢してね、という次第である。

そうは言っても、100時間も待たされてはかなわないと、100時間かかる仕事のクライアントは不満をもつかもしれない。そこで、私が実際に仕事で考えている方法は、100時間かかる仕事を細切れにすることである。例えば、100時間の仕事を20時間の仕事5回分に分け、素朴にSPTFを適用するのではなく、もう少し実際のクラアイントの要望に応じて、スケジューリングしてみる。

それで全体の仕事の処理は、待ち時間という観点で改善されると期待されるが、ここで問題は、100時間の仕事を20時間の仕事5回分に分ける際に問題である。すなわち、どのタイミングで切り替えるか、また、処理前の情報をどう退避して、次に再開するときにどう戻すかなど、まさに、オペレーティング・システムのスケジューリングと同様の問題に逢着する。

そこでさらに私がとった方法は、オペレーティング・システムのひそみに習って、プリエンプティブにタスクを切り替えるものである。というのは、私は、マルチスレッド的なやり方が得意なので、ある仕事をやっていて、例えば、特許明細書を3ページ書いたら、強制的にプリエンプティブに次の仕事に切り換える。こうして、何日か経つと、特許明細書は完成しているし、他の複数の仕事もとりあえず終わっている、というSPTFに近い概念を達成している。

最近これをもう少しエンハンスすることを考えている。すなわち、比較的簡単な発明の特許明細書と、比較的複雑な発明の特許明細書とを、上記のようなマルチスレッド・スケジューリングで書くことである。もしかしたら、タスクスイッチのために退避される情報量が、許容量を超えて、全体が止まってしまうかもしれない。ただ、やってみる価値はありそうである。チャレンジである。

このように、自分をオペレーティング・システムになぞらえて嬉々としている私は、どうみても、アスペルガー症候群の予備軍である。それでも、自分に付き合うことにすら疲れてしまう、この暑さであった。

正倉院の薬物

| コメント(0) | トラックバック(0)

正倉院とは、750年代に創建された、校倉造高床式の倉庫であるが、毎日新聞の記事によると、正倉院には、美術品とともに、60種類の薬物が含まれているという。以下、メモである。

正倉院に所蔵されている薬物は、「種々薬帳」と呼ばれる書面に、数量とともに記されていた。そこには、藤原仲麻呂の署名もある。なぜ藤原仲麻呂なのかというと、仲麻呂は、親戚の光明皇后に取り入って出世したのだが、光明皇后は、貧しい病人を救うために「施薬院」を創設し、そこで使われた薬が正倉院に収められたという関係であるらしい。

正倉院の薬物を解明するプロジェクトは、1948~1949年に最初に興され、それが不十分であったため、1994~1995年に第2回の調査が実施された。

60種類の薬物のうち、解明されたのは38種類で、その内訳は、動物生薬5、植物生薬20、鉱物生薬8、動物の骨などの化石薬5であるという。

特に解明にてこずったのは、厚朴と書かれた薬物であった。厚朴は現在でも使われている漢方薬で、モクレン科のホオノキから作る。その効能は、食毒や水毒による胸腹部の膨満、腹痛に用いるものである。ところが、分析してみると、正倉院の薬物における厚朴は、現在の厚朴とは全く成分が異なる。

そこで、中国や台湾からクルミ科の「黄杞」を取り寄せ比較したら一致したという。その薬効は、意外にも、現在の厚朴と似ている。

正倉院の薬物は、遣唐使や鑑真和尚によって唐からもたらされたと考えられている。その原産地は、唐だけでなく、シルクロード、西域、アラビアなど範囲は広い。

校倉造高床式の倉庫は、保存性に優れ、「甘草」は、今でも薬効成分が残っているほどである。ただ、建立後100年後の記録では、自律神経を整える「人参」、下剤の「大黄」などが大量に使われていた。これらは、施薬院で使われたらしい。

正倉院の薬物の価値は単に歴史記録的な価値だけではない。すなわち、薬理学者が所蔵されている「人参」を分析してサポニン成分を突き止めたり、「大黄」の主成分がセンナ葉と同一であることがわかり、生薬を使った下剤の研究開発に結びついた。

ただ、ネガティブな側面も見つかっている。すなわち、毒性があるアルカロイドを含む「冶葛」、農薬としても使える「狼毒」がかなり減っており、権力闘争で、政敵を倒すために使われた可能性もある。そういえば、藤原鎌足が、当時として特に早世という訳でもないが、56歳にして病死した理由は、砒素を飲んでいたせいだという説がある。それは、砒素を薬だと思っていたのか、それたも誰かに盛られたのか、不明だという。なにしろ、当時から薬物の知識はかなり浸透していた訳で、その文脈で、正倉院に、明細書付で薬物が所蔵されているのも理解できる。当時の重要な医学的知識であり資産だったのである。

たんぱく質合成

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞に、世界初で無細胞たんぱく質合成装置をつくった、遠藤弥重太さんの記事があった。遠藤さんは、愛媛大学無細胞生命科学工学研究センター長である。

日米欧でヒトゲノム解読プロジェクトに話題が集まっているとき、遠藤さんは、解読してもスペルが分かるだけであり、その意味を理解するためには、遺伝子から、たんぱく質を合成する装置が必要、と自らを鼓吹した。

世界初の無細胞たんぱく質合成装置は、2003年に完成した。この装置は、一晩で384種類ものたんぱく質を、細胞なしで合成できる。

遠藤さんにとって、研究者になることはもとよりの志望だった。徳島大学の栄養学科に進んで、たんぱく質合成というテーマに出会った。当時は、試験管の中でたんぱく質を合成することができない、というのが常識だった。

その後、大腸菌などの生きた細胞に遺伝子を導入して、たんぱく質を合成させる、いわゆる組み換え法が開発されたが、限られた種類のたんぱく質しか合成できなかった。

それから、細胞をすりつぶした液に遺伝子を入れる方法(無細胞法)が開発されたが、合成を担うリボゾームが壊れて反応が止まってしまう。これは、すべての生物の細胞に、リボゾームを破壊する自殺酵素があるせいだと遠藤氏は突き止めた。

それから、なんとか自殺酵素を取り除こうと研究しているうちに、小麦の自殺酵素が、全体の99%を占める胚乳に含まれ、1%の胚芽には存在しないことがわかった。薬品による処理方法も研究したがうまくいかず、小麦粉の胚芽についた胚乳を水で流す方法に辿り着いた。1998年、その結果の胚芽で、たんぱく質合成の反応を、2週間継続させることができた。

ところで、「キーワード:蛋白質の一生」によると、「無細胞翻訳系」は、今から50年前に遡るというので、実験的には、かなり昔からある、ということになる。当時は、ATP、GTPなどのエネルギー分子、基質となる20種類のアミノ酸などを加えて翻訳反応を行い、反応が終わった時点でその溶液を回収するというバッチ法が用いられていた。しかし、この手法では、生化学的な解析を行うために十分な合成量が得られないという問題があった。その後、1988年にSpirinが、ろ過膜を用いて連続的に基質やエネルギを供給し、同時に、たんぱく質合成を阻害する低分子の阻害物質を除去するという方法が開発され、たんぱく質の生産性・安定性が向上した。

さらには、PUREシステムというのも開発されている。これは大腸菌をベースとした無細胞翻訳系の一つで、翻訳反応を阻害する挟雑たんぱく質(ヌクレアーゼやプロテアーゼなど)がほとんど混入しないということである。なるほど、すると、ヌクレアーゼやプロテアーゼが自殺酵素という訳か。細胞のアポトーシスとはまた違うようである。

こうして既存技術を並べてみると、遠藤氏のオリジナリティはどこにあるのか、ということになる。そこで例によって、発明者 = 遠藤弥重太で検索してみると、なんと、もちろん未公開分は含まないが、それでも、54件の出願がある。

ところが、審査経過をみると、結構な件数が拒絶査定になったり、自発的に取り下げたり、未審査請求みなし取り下げになっていたりと、あまり芳しくない。

新聞記事にあった技術の権利をカバーしていると思われるのは、特許第3675804号で、その請求項1は、次のとおりである。

【請求項1】
タンパク質合成活性を有し、且つ胚芽抽出物から該胚芽抽出物に混入する胚乳成分及び分子量14,000ダルトン以下のタンパク質合成阻害物質が実質的に除去されている調製済み無細胞タンパク質合成用植物胚芽抽出液。

上記下線は、特許庁とのやりとりで、補正された箇所を意味する。こうして、少なくとも、新聞記事に書かれていた遠藤さんの業績は、胚芽抽出物から、タンパク質合成阻害物質を効果的に除去したことにあるのであって、「世界初で無細胞たんぱく質合成装置」を作ったというのは、少し云いすぎであることが分かる。

とはいえ、徳島大学出身で、それなりに注目される業績を上げているのは、中村修二氏と同様に、小気味よい。

また、愛媛大学には、前にも大学の研究所で述べたように、宇宙進化研究センターがあって、またここに、無細胞生命科学工学研究センターがあるとなると、地方大学ながら、異彩を放っているとつい、エールを送りたくなる。四国の瀬戸内海側は、私にとって半地元なので、そういう身贔屓は、まあ、もちろんあるのだが。

素因数分解

| コメント(0) | トラックバック(0)

急に、素因数分解のプログラムを書いてみたくなった。といっても、暗号解読用の数百桁の整数の素因数分解なんかじゃない。私にはそんなスキルはない。単に、せいぜい8桁程度の整数の素因数分解である。

実は最近、全くプログラミングをやっていないので、そのリハビリ用に書いてみたくなっただけである。当然ながら、素因数分解を計算するためには、素数を用意する必要がある。すなわち、素数を用意して、一番小さい素数である2から順番に割っていけばいいだけである。割り切れたら、同じ素数でもっと割り切れないか試して、割り切れなくなるまでそれを続ける。

というあまりにも素朴なアルゴリズムであるが、プログラミングしてみると、私のスキルでは、意外に面倒である。以下、Perlのソースコードを示す。

これの結果を、ここに示す。私はこういうのを眺めていて飽きないのだが、数楽者ならでは?だろうか。特に、下記のように、大きさのあまり違わない5つの素数で分解されるというのは、いかにも感じが出ているような気がする。
9000072 = 2^3 3^4 17 19 43
9000075 = 3 5^2 7^2 31 79


#prime_factorization
$N = 10000000;
$max = CALC_PRIME($N); # 10000000まで素数を計算
# 結果は、$PRN[$i]に入る。

# 9000000から9000100までの素因数分解
for ( $a = 9000000; $a < 9000100; $a++ ) {
printf "%d = ",$a;
Prime_Factorize($a);
printf "\n";
}


sub CALC_PRIME {
$N = shift;
$lim = sqrt($N);

for ( $i = 2; $i <= $lim; $i++ ) {
$k = 2;
$s = 0;

while ( $s < $N ) {
$s = $i * $k;
$PRIME[$s] = 1;
$k++;
}
}
$PRIME[0] = $PRIME[1] = 1;
#素数だけを抽出
$j = 1;
for ( $i = 2; $i < $N; $i++ ) {
if ( $PRIME[$i] == 0 ) {
$PRN[$j++] = $i;
}
}
return $j;
}


sub Prime_Factorize {

my $NUM = shift;
my $n = $NUM;
my $P;

for ($i = 1; $i < $max; $i++ ) {
$P = 0;
while (($n % $PRN[$i]) == 0 ) {
$P++;
$n = $n / $PRN[$i];
}
if ( $P == 1 ) {
printf "%d ",$PRN[$i];
} elsif ( $P > 1 ) {
printf "%d^%d ",$PRN[$i],$P;
}
}

return;
}

心臓再生医療

| コメント(0) | トラックバック(0)

慶応大と米グラッドストーン心血管病研究所が、iPS細胞生成に似た技術で、心臓にある線維芽細胞を、心筋細胞に変化させることに成功したという。以下、引用:

マウスの心臓にある線維芽(せんいが)細胞に三つの遺伝子を導入し、直接、心筋細胞に変化させることに、慶応大と米グラッドストーン心血管病研究所が成功した。方法も単純で、導入から約2週間と短期間で作成できるため、効果的な心臓再生医療として期待される。6日、米科学誌セル電子版で発表した。

心臓のポンプ機能を担う心筋細胞は再生能力がなく、心筋梗塞(こうそく)などで損傷を受けると、機能は回復できない。人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを作り、心筋細胞に変化させて移植する再生方法が考えられてきたが、時間がかかり、がん化の可能性もあるなど課題が多い。

慶応大の家田真樹助教(循環器内科)らは心筋細胞の材料として、心臓の7割を占める線維芽細胞に注目。マウスの新生児の心臓から採取した線維芽細胞に、胎児の心筋細胞で働く14の遺伝子をウイルスに乗せて導入すると、1・7%の細胞が心筋細胞によく似た細胞に変化した。

そのうち必須の3遺伝子を絞り込んで線維芽細胞に導入すると、約2週間で17%が心筋細胞と同様の細胞に変わり、その後拍動が確認された。遺伝子情報も心筋細胞と類似しており、「誘導心筋細胞(iCM細胞)」と名付けた。

家田助教はヒトiCM細胞の作成研究に着手しており、「将来、心臓の患部にカテーテルを通じて3遺伝子を導入し、既存の線維芽細胞を心筋細胞に変化させることで心筋を再生できる可能性がある」と話す。【須田桃子】

この方法は、iPS細胞によらず、直接、遺伝子を注入することで、目的の細胞に変化させる、という点で画期的である。すなわち、別途iPS細胞を作り、心筋細胞に変化させて移植するのでなくて、現地調達で変化させるのだから、話が早い。しかも、もともと、「現地人」なのだから、馴染みもよいだろう。

この方法を一般化すると、次のように言えないか。すなわち、細胞組織にあって、機能の先端を担う、会社で言えば、熟練工やカリスマ営業担当者のような、現役ばりばりであるが再生能力を欠き、その傍らに、より多能化性の高い原始的な細胞群があるとする。すると、遺伝子全体の集合Gがあったとき、g ⊂ Gのような部分集合があって、原始的な細胞群にgを導入することで、原始的な細胞群を現役ばりばりであるが再生能力を欠く細胞に変化させることができることがある。そうやってgを導入することで生成された細胞を、誘導細胞と呼ぶ。iPS細胞は、細胞の分化のステージを遡るものであったが、誘導細胞は、細胞の分化のステージを前進させるものである。

そして、g ⊂ Gのようなgを導入することで細胞の分化のステージを操る操作を研究する分野を、細胞誘導工学と呼ぶことにすると、機械学習と、化学反応シミュレーション理論を駆使して、理論細胞誘導工学という分野も将来的にありえるような気がする。それは研究者にとってなんとスイートなのだろう。なぜなら、また、神に一歩近づくのだから。

秀才の属性

| コメント(2) | トラックバック(0)

「秀才の収支」の続きであるが、おそらく、次のような要素で秀才を特徴付けることができる。

  1. 理解力
  2. 記憶力
  3. 表現力
  4. 知的体力

これら4つの属性に優れれば、いわゆる、難関大学にも受かるだろう。ちょっと解説すると、理解力というのは、文字通り、例えば、ある本に書いてあることを短期間でマスターしてしまう能力である。例えば、ある文部科学省の役人と話したとき、著作権法のことにあまりに詳しいので、私は感心した。ところが、著作権担当の課に来てまだ半年しかたっていないそうで、そうか、秀才というのは、短期間で理解の階段を一気に駆け上がれるのだ、と再度感心した。

記憶力というのは、説明の要もないだろう。表現力というのは、秀才でも、口下手の人がいるではないか、と言われるかもしれないが、ある程度の表現力がないと、答案がつくれないので、そもそも試験でよい点はとれない。すなわち、受験の秀才という意味では、表現力は必須である。

知的体力は、秀才の要件として、意外に軽視されているが、実は、他の要件に劣らず重要である。実は、私に一番欠けるのはこれなのかもしれないと思うことがある。というのは、野口悠紀雄は、大学に入ってからも、毎日14時間勉強したというが、それで特に精神的に参ったという話も聞かない。実は私も、高校時代の不勉強を挽回しようと、大学に入って毎日10時間勉強する日々を、数ヶ月送ったことがある。最初は楽しかったが、次第に鬱屈としてきて、とうとう神経衰弱に陥った。軽いノイローゼである。変な妄想もあらわれてきた。その程度の勉強で参ってしまういうことは、そもそも、私が秀才の登竜門で門前払いされてしまうことを意味する。そのことにきちんと納得したのは、数年たってであるが。

では、理解力、記憶力、表現力、知的体力があれば、世間で成功できるかというと、前例主義のような官庁ならなんとかなるだろう。そういう意味で、有名難関大学から、上級公務員というのは、ありえる途である。

ところが、全員が理解力、記憶力、表現力、知的体力に優れるような、例えば東大のようなところにいたら、どうやって抜きん出るかというと、最早、抜群の理解力、記憶力、表現力、知的体力だけでは勝てない。例えば、そういう集団にあって、記憶力が上位1%の凄さであれば、模試のようなものがあればトップクラスになるだろう。しかし、いつまでもペーパーテストの点数で競うのではない。

そこで重要になってくるのが、典型的には創造力である。創造力はもともと、秀才の属性ではない。気立てのよさが、美人の属性でないのと同じである。だから、秀才集団にあって、創造力に優れると、とても有利である。東大や京大などの一流大学で、理工系学部でトップクラスの成績なのに、物理学や数学などの純粋理学を避ける人がいる。こういう人は、純粋理学では、知的腕力だけでは駄目で、創造力(想像力なのかもしれないが)その他のセンスなど、秀才に固有でない属性を強く要求されることを知っているのである。

その他の要素で重要なのは、人間的魅力である。これも秀才の属性ではない。だから、秀才で且つ、たまたま人間的魅力があるととても有利である。うまくいくと政治家や組織のトップに立てるだろう。

また世間では、やっかみもあって、秀才は、創造力に欠けるだろう、人間的魅力に欠けるだろうと揶揄されがちであるが、おそらく誤解である。すなわち、秀才であるという属性と、創造力があること、人間的魅力があることは独立であって、秀才でなくて、創造力に欠ける人、人間的魅力に欠ける人も沢山いる。秀才であるがゆえに、殊更、創造力に欠けたり、人間的魅力に欠けたりする訳ではない。それでは不公平ではないかと文句を言う人もいるかもしれなくて、私も実は文句を言いたいときもあるのだが、そういうところに配分の公平性を期待してはいけない。

更に当たり前のことを言うと、理解力、記憶力、表現力、知的体力が幅を利かすのは、いわゆる知的労働においてであって、毛色が違う、芸術や芸能、あるいは実業の世界になると、理解力、記憶力、表現力、知的体力が無用ということはもちろんないけれども、上記の創造力だの独特のセンスの方が重要になってくるのであって、秀才であることには自信がないが、世間に打ってでたいという人は、そちらの方面でチャンスはある、ということになる。

それにしても、ほとんど人生から降りかかっているはずなのに、未だに秀才がどうの、才能がどうのと、自分でも未練がましい。これが煩悩というものである。

謝罪

| コメント(2) | トラックバック(0)

東京新聞8月11日付によると、菅直人首相が、次のように談話したという。

「反省すべきところは反省し、これからの100年に向かってともに歩んで行こうという気持ちを込めて作成した。日韓併合については1965年の日韓基本条約で考え方を確認しており、その考え方を踏襲した。(文化財の引き渡しは)請求権などの法律的な形はすでに完全に解決済みとの立場で『お渡しする』との表現を使った」

ああまたかと、私は嘆息である。このような謝罪に対して、韓国政府は、誠意ある談話と、「一応の」評価を示す。ところが、韓国の民間団体は収まらない。元「挺身隊」の人達は、補償しろ、裁判を起こすと喧しい。

この手の謝罪は、飲酒のようなものである。一時盛り上がるが、すぐに醒める。何度酔っても、時間が経つとまた飲みたくなる。韓国側は、謝罪が十分でない、徹底的に誤れという人もいる。いままでの謝罪が十分でないから、こうしてまた謝るのだと指摘する人もいる。

一体、完全に過去を洗い流す完璧な謝罪などあるのか。ありえないはずである。引き続き、補償を得たいのか。

私は日本が昔、韓国に対してよいことをしたとは思えない。大変困難な時期であったが、併合以外の選択肢もあったのかもしれない。しかし、ここで蒸し返すことは、両国友好の未来に水を掛けることにならないか。

また、政治的にも、菅直人にとってどんなメリットがあるのか。今後の政局を有利に導く策とは到底思えず、日本国内には、私のように反感を抱く人は少なくないだろう。

剰え、これに乗じて中国が、では中国に謝罪しないのかといちゃもんをつけてきた。中国の方針では、当然であろう。

先日の広島原爆慰霊式典に参列した米国大使は、一切謝罪の言葉を口にしなかった。誠意がないとも受取れるが、仕方がないのである。下手に謝罪することによる波紋が大きすぎる。どうみても、原爆投下は、国際法にも人倫にも悖ることが明らかではあるのだが。

他人のことに話題を変えるなといわれそうであるが、イギリスがインドに謝罪したことがあるとは聞かないし、スペイン・ポルトガルが南米原住民に謝罪するというのも考えにくい。

誰もが知るように、歴史は、流血と弾圧に満ち満ちている。それにどう向き合うか、それは安易な謝罪ではないはずである。もちろん、過去を忘れ去れという意味ではない。

何もしない

| コメント(0) | トラックバック(0)

日経ビジネスに、「何もしない――。これが最近の出世のトレンドらしい。」という記事があったので、部分的に引用または要約しつつ、コメントしてみる。

何もしない――。これが最近の出世のトレンドらしい。

えっ、そうなのか、と今更驚く。

「官僚の世界では、何もしない人ほど出世する」という話を聞いたことはあった。とある財団に勤めていた知人によれば、特に課長クラスにそういう傾向が目立つそうだ。

1つのポジションの任期は大体2年。長くても3年。その間に何かトラブルが起きてややこしいことになるくらいなら、何もやらない方がいい。

それは、ある種の公務員はそうだろう。しかし、公務員といえども、なかなかそうも言っていられないのではないか。

ところが、最近は公務員でなくとも、「何もしない人が出世する」らしい。

ううん、やはりそうなのか。身近なところで、そういうことが起こりつつある私には何も意外ではない。ある食品関連の民間会社のサラリーマンで、次のような発言がある。

「うちの会社はやればやるほど評価が下がる。結局、何もしないでトップから言われた通りのことをやる人ほど偉くなるんです。何かをやるってことは多かれ少なかれリスクも生じるし、完璧に100%できる確率の方が低い。途中でトラブルだって生じる。でも、それじゃ許されないんです。何かをやるからには完璧じゃないとダメ。たとえたいしたトラブルじゃなくとも、あれこれと因縁をつけられる。重箱の隅をつつくようにいろいろ言われるから、やんなりますよ。だからもう、誰も何もやりたがりません。何もしないのが一番いいんです」

そう改めて言われると、やはり当惑の色は隠せない。結局、以下のようなことなのである。

多分、やって批判されるくらいなら、やらない方がいい、と思ったに違いない。何せ鳩山さんはメディアに批判されまくったから。丁寧に取材に応じれば応じるほど、話せば話すほど、メディアは「言葉を大切にしろ、責任を持て! 政治家たる者、言葉が命だろう!」と何度も何度も批判した。

また、次のような見方もできる。

何かをやれば批判する。完璧じゃない限りは批判する。自分たちだって決して完璧ではないのに、他人には完璧さをやたらと求める。

何もやらないことに対する批判は1回しかできないけれど、何かをやることに対する批判は何度でもできる。何かをするたびに、アラ探しをすればいいのだ。「だったら、何もやらない方がいい」。誰だって、そう思うことだろう。

それはそうだ。そこで、上記の食品関連の民間会社のサラリーマンはこう告白する。

「僕は改革派と言われるタイプでもなければ、会社を引っ張っていくほどバイタリティーに溢れたタイプでもありません。でも仕事が好きだし、いろいろなことにチャレンジしてみたいじゃないですか。幸い直属の上司は僕たちにいろいろなチャンスを与えてくれるんです。もっとも、厳しい人なので、かなり細かいところまで詰めて、それで納得してもらえると初めてゴーサインがでます。その時点で、できる限りのことは検討してスタートするわけです」

うん、妥当な上司ではないか。

「でも、新しいことを始めれば当然、予想もしていなかったことが起きることもある。その場で決めなくてはいけないこともあったりして、会社に事後報告になってしまうこともあるんです。もちろん事後報告にならないように最大限の努力はしています。でも、よほどのことじゃない限り、現場の判断で処理するわけです」

そこもまあいい。

「ところがうちのトップには、それが通らないんです。たいした問題じゃないし、何もトラブルになっていないのに、あたかもそれが大きなトラブルであるかのごとく言うんです。要は、それまでとは違うことが起きるのがイヤなだけ。おかげで直属の上司も怒られて。上司は『問題ない』って言うんですけど、上司にも申し訳ないし、何よりも僕自身が戦うのに疲れたんで、もう何もやりません。言われたことしか、絶対にやりません」

ああ、結局、トップがネックなんだよね。現場も知らず、今まで、事なかれで偉くなってきたので、今後もそれで行くという方針だ。自分の保身が大事で、部下が腐ろうと知ったことではないのだろう。

どうも、何もしない人にとって、「慎重に」がキーワードらしい。

「慎重に」──。
何とも聞こえの良い言葉だ。賛成という立場を取りつつも、「慎重に」を繰り返す。「やった方がいい、何かやるべきだ。でも、慎重にやった方がいい」。こう言って、結局は何もやらない。

何かをやることによって問題が生じた場合、その責任の所在は明らかになる。一方で、何もやらないことによって問題が生じた場合、その責任の所在を明確にするのは難しい。

失敗して責任を取りたくない。ただ、それだけのこと。なのに、「慎重に」と言い続ける同僚は評価され、彼の評価は下がるばかり。何もやらない人の方が評価されるという、訳の分からない常識がまかり通ってしまうのだ。

そういえば思い出した。必要なサポートが上司から与えられないで辞めた人がいた。しかし、それは、辞めた人本人がそう思っていて、私も含め周囲もそう思っていたかもしれないが、なにしろ、見かけ上の辞める原因は沢山あるので、結局、オフィシャルには、上司のせいにはならないのである。

一方上司が怒鳴るとか、仕事の負荷を与えすぎるとか、「何かをした」場合、比較的辞める原因は特定されやすくなってしまう。よかれと思ってやったことであっても、である。

こういう「不作為」がうまくいくと、ずっと、何も業績がないのに、昇進していく人が出てくる。「不作為よく作為を制する」である。これは一件、老子が説く、無為の強かさのようであるが、本質は違うと思う。本質は違うといいつつ、私はその違いをうまく説明できない。ただ言えることは、不作為の輩が増えると、確実に業績が低下する、ということである。それは静かに直進し、氷河にぶつかるコースを辿るタイタニックでもあるのである。

秀才の収支

| コメント(15) | トラックバック(0)

重点校指定の続きであるが、要するに、そのようにしていわゆる難関大学に進学することは幸福をもたらす、という前提を、私はよく考えたら、あまり疑ったことがない。私が東大を目指さなかったのは、言うまでもないが、私の可能な範囲の努力では到底届かないと諦めたからであって、別に東大が嫌いなわけではない。

以前にも知能と収入で考察したように、有名難関大学に入学する能力と収入は意外に関係ない。

すると、有名難関大学を卒業すると得られるメリットは、第一に機会の広がりであり、第二にプライドの維持である。すなわち、不景気でも、有名難関大学だと、そこそこに求人が来たりする。また、見合いにも有利だったりする。

ただ、当然ながら、秀才として有名難関大学に進学した後のコストというのも、半端でないと今更分かってきた。なぜ今更かというと、私が行った大学には、宮野氏のような凄い秀才も多少はいたけれどもそれは一部で、大抵は私が劣等感を感じないで済んだからである。あと、典型的には東大教養部のような、そこでの一般教養のテストで進学先が決められるようなシステムでなかったということである。理学部物理で受かると、最低限、単位をそろえて脱落しないようにやっていれば、普通に部物理学科に進学できる。

一部は私のブログに書かれたコメントで、そうか東大は大変なんだと感じてはいたが、それがいよいよ決定的に感じられたのは、今野浩氏の「スプートニクの落とし子」毎日新聞社を最近読んだからである。そこには赤裸々に、日比谷高校から東大理Iに進学した、今野氏の屈折とプライドが綴られている。

今野氏が小気味よいのは、1960年代のある年に東大理Iに進学した自分を含めた550人を、ベスト&ブライテストと呼んで臆面もないことである。私は、こういう当然のことをズバッと言う人が好きである。

「スプートニクの落とし子」というのは、米国で、ソ連に負けるなと、優秀な人がこぞって理系、特に理工系に進んだ傾向のことである。そこには、医学部はともかく、法学部も経済学部も、なにする者ぞ、という驕りとプライドがある。それが故のベスト&ブライテストなのである。

しかし、今野氏の不幸は、同僚に極端な秀才がいたことである。日比谷高校同級生の野口悠紀雄は、日比谷高校でトップだったが、なんと、東大理Iに、2番の成績で合格した。日比谷から150人東大に受かる時代である。それだけではない。野口悠紀雄は、大学に入ってからも、毎日14時間勉強して、教養部でもトップクラスを維持したのだという。一方の今野氏は、可と不可の集まりで、「カフカ全集」と揶揄された。このままでは、工学部でも定員割れの鉱山学科か、土木工学科くらいしか進学できない。そこで、後半、必死で勉強して、なんとか物理工学科の数理工学コースに滑り込んだ。

ところが、進学した先でも秀才ばかりで、息つく暇がない。何しろ、同僚は、数理だのコンピュータだのしか興味がなく、どこに云っても会話はそれだけである。ちょっと文系じみている今野氏にはついていけない。指導教授の森口繁一氏からして、圧倒的な秀才で、とりつく島がない。ううん、つくづく東大は大変である。ただ、卒業間際になると、流石東大、就職先は、よりどりみどりである。今野氏は、その中から、富士製鉄を選ぶ。ここあたりからして、東大生は、石橋を叩くという気風が見える。

今野氏の仲がよかった同級生に、斉藤という人がいる。慶応高校出身なのに、なぜか東大に来たという変り種である。とびきりの優秀であるが、斉藤も富士製鉄に入った。そして、やっぱり東大は得だよね、と思うのは、紆余曲折を経て、今野氏はスタンフォードに、斉藤氏はハーバード大ビジネス・スクールに留学させてもらえていることである。

今野氏はその後筑波大教授から東工大教授に、一方斉藤氏は、外資系銀行の副社長になる。ここでもやはり流石、東大である。

で、感じたのは、今野氏も斉藤氏もとても上昇志向が強い。それは、才能に恵まれ、努力すれば欲しい地位が得られるからであろう。私だと、どうせエリートになれないからと、最初から僻んで、下手に老荘に染まったりする。彼らは、立ち止まったら損だから、と歩みを止めない。

しかし、そんな斉藤氏にも蹉跌が訪れる。ふとした不満というか仕事の失敗から外資系銀行を退職すると、そこで、普通に仕事を探せばいいのに、自分が東大の所属学科でもトップクラスの成績で、しかも同僚の多くが、国立大学にポストを得て、東大工学部の助教授クラスに収まっている者もいるとなっては心穏やかではない。猛然と、大学教員のポストを探しだした。

ところが、ここではハーバード大MBAも役に立たない。日本の大学の博士号がないことが決定的に響くのである。そこから必死で日本の大学の博士号を取り、頼み込むように、縋るように、有名私立大学のポストは得たものの、気付くと、家庭は崩壊し、健康は害して、ひっそりと亡くなっていったのであった。

人生の直線コースだと、秀才エリートは無類の強さを発揮するが、人生のスピンカーブや山道となると、秀才エリートの秀才性が却って仇になることもあるのではないだろうか。もちろん、うまくローギヤに切り替えて、ぬかるみの道を凌ぎ、再び直線コースを突っ走る秀才エリートも多数いるだろうが。

こうして、偏差値エリートも、成功し、更にはその成功を維持し、成功し続けるために、相当な強かさとしなやかさが必要である、ということになる。

ううん、私のような軟弱者は、下手に東大を目指さなくて正解だったか。それはまあ、皇族の妻を娶っても俺はうまくいくわけないというようなもので、もともと無理なので、意味のない仮定であった。

のぼうの城

| コメント(5) | トラックバック(0)

私は、知人に紹介された本は、余程買わない理由がない限り、買ってみることにしている。買わない理由というのは、言うまでもないが、どうしても興味がもてない、というものである。他の買わない理由として、ベストセラーであるとか、芥川賞、直木賞などの有名な賞をもらっているというのがある。

そんななかで、最近紹介されて買った本として、「のぼうの城」和田竜、小学館がある。これは実は、本屋大賞2009年第2位というのが気に入らなかったが、それがあっても、なんとなく惹かれるものがあった。

そしてページをめくると、期待に違わなかった。時代は、豊臣秀吉の絶頂の頃。秀吉にとって、全国を制覇するためには、北条氏を征圧する、という仕事が残っていた。

攻められることが時間の問題となった、小田原城を根拠とする北条氏は、着々と対抗して武装していった。周辺の支城にも指示を出した。そんな支城の1つに、今の埼玉県行田市にある忍城がある。そこが、この小説の舞台となる。

なにしろ飛ぶ鳥を落とす太閤秀吉である。まともに戦っても勝てる訳がない。しかし、上方の軍門に下ることをあからさまに表明しては、小田原城の北条氏に顔が立たない。そこで、忍城では、表面的には北条氏に恭順を示しつつ、裏では上方に内通する、という折衷策をとった。

この小説の主人公は、忍城の当主の長男、成田長親。武将に似合わぬうつけ者で、畠をうろついては百姓にも馬鹿にされていた。

あまり詳しく書くと、この本を読んでない人に申し訳ないので、詳しくは書かないが、でくのぼうなので、「のぼう様」と呼ばれている成田長親が、とぼけたようで、絶妙の策で、攻めてきた石田三成の軍勢と対抗する。

硬軟入り混じった、ある意味矛盾した方針をとるのだが、偏差値エリートのような知将、石田三成との秘術を尽くした戦略に対して、成田長親は、人望と奇策で応じる。。

石田三成にとって、この忍城との攻防戦の10年後が、かの関が原の合戦であった。石田三成に、成田長親の人望があれば、関が原の合戦の結果も変わったかもしれない。

ともかく、和田竜は、成田長親というほとんど無名のキャラクタを発掘して、うまく脚色した。その手腕は見事である。成田長親の性格にしても、敢えて描ききっておらず、謎を残し、読者の想像に任せている。また、丹波、正木、甲斐姫などのキャラクタも独特の個性があっていい。

うん、これは面白い小説だった、とプログに書いておこう。

環太平洋言語圏

| コメント(3) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、迷宮に入っている日本語語源論に対して、環太平洋言語圏と位置づけて研究がなされている。以下、引用しつつコメントする。

袋小路に入ってしまったと言われている日本語の起源・系統論について、言語学者の松本克己さん(金沢大・静岡県立大名誉教授)が「言語類型地理論」という新しい方法で得た結論を本にまとめ、最近、相次いで刊行した。日本語など日本海の周りの4言語が同じグループに属し、アメリカ大陸先住民の言語ともつながっているという。

うむ、日本海の周りの4言語とは、何だろうか。朝鮮語と、ツングース語だろうか。そうであるなら、何も意外ではないが。

松本さんは1929年生まれ。金沢大、筑波大、静岡県立大で教授を務めた。印欧比較言語学や、世界の言語の特徴を調べる言語類型論を専門としてきた。日本語系統論に本格的に取り組んだのは91~93年度に日本言語学会の会長を務めた後で、その成果を『世界言語のなかの日本語-日本語系統論の新たな地平』として07年末に刊行した。

松本説の特徴は、明治時代から100年以上にわたって提起されてきた日本語系統論の諸説とは全く別の方法を用いた点にある。これまでの説が手本にしたのは、印欧語の系統を明らかにすることに成功した比較言語学の手法だった。同系の言語の同源語(語源が同じ語)を比べて、規則的な対応があることを見いだし、元の形を復元する。

日本語の系統を調べるために、本当に印欧語の手法が用いられてきたのだろうか。

しかし、この比較手法では、日本語のように世界のどの言語とも共通する語がほとんどない言語の系統を調べることはできない。適用できるのは、分岐後の年数が5000~6000年までの言語に限られる。

いや、アルタイ語族との対応は、ある程度明らかなのではあるまいか。

言語年代学によると、一つの祖語から二つの言語が分かれると、共有される語の割合は次第に減少し、6000年で10%を割り、1万年でほぼゼロになる。一方、英語の「woman(女)」と日本語の「をみな」のように、偶然、意味と音が似ている単語は、系統を異にする言語を比べても5%程度はあると言われている。似た単語が数%あるというだけなら、偶然の一致の可能性が大きい。

表面的な文法構造も時代によって変化する。S(主語)、V(動詞)、O(目的語)の配列は、現在の世界の言語のうち、日本語のようなSOV型がほぼ半分、英語や中国語などのSVO型が35%、ポリネシア語などのVSO型が10%余りを占める。ところが、英語が今の語順に変わったのは、たかだか1000年前以降のことだ。語順では系統は決められない。

なるほど、印欧語族と、ウラル・アルタイ語族とを分かつ明確な基準が語順だと思っていたが、そうではないのか。

そこで、松本さんは、遺伝子の型のように、年月を経ても変わらずに受け継がれている言語の特徴を探した。

なるほど、語順などではなく、経時的に変化しにくい、他の要素があるというのか。興味深い。しかし、それは例えば、何なのか。

一つは、日本語のラ行子音に当たる流音のタイプ。日本語では流音は1種類だけだが、英語などヨーロッパの言語ではl(エル)とr(アール)の2種類がある。流音が全くない言語もある。

金田一京助の日本語の起源によると、ラ行語彙の少なさが、日本語とアルタイ語族の共通点だったが、l(エル)とr(アール)の2種類の存在というのは、そこでは着目されなかった。

また、日本語の「人々」「思い思い」のように、語の全体または一部を繰り返す「重複(畳語)」も指標になる。朝鮮語(言語学の韓国・朝鮮語の呼称)、中国語、アイヌ語にもあるが、印欧語族やユーラシア大陸北方のウラル語族、アルタイ諸語にはない。

ええと、そうだったっけ? 確かに、繰り返しは、ポリネシア起源のような気もする。ハワイのハメハメハ大王などの名前を見ても思う。

これら言語の系統を反映しているとみられる8項目の特徴について、20年以上前からパソコンで作っている世界の約6000の言語のデータベースで、地理的分布を調べた。

その結果、ユーラシア大陸の諸言語は、ヨーロッパから中央アジア、シベリア北部にかけてのユーラシア内陸言語圏と、中国からインドシナ半島、オセアニアにかけての太平洋沿岸言語圏の二つに大別された。

ええっ、斬新な新説である。私が知らないだけか。でも、ウラル・アルタイ語、シュメール語との関係は?

太平洋沿岸言語圏はさらに南方群と北方群に分かれ、日本語は朝鮮語、アイヌ語、ギリヤーク語(ロシア沿海州のアムール川下流域からサハリン島にかけて分布)とともに、北方群(環日本海諸語)に入った。

太平洋沿岸言語圏の特徴はベーリング海峡を超えてアメリカ大陸まで広がっている。松本さんはこれを「環太平洋言語圏」と名付けた。アフリカを出た現生人類がユーラシア大陸を移動して太平洋沿岸に到達し、一部が約3万年前に日本列島に、一部が1万数千年前にアメリカ大陸に移住したという、近年の人類学や考古学の成果とも一致する初めての言語学説だ。【佐々木泰造】

ちょっと待ってよ、そのとき、例えば環日本海諸語で、祖語があまりにも不一致になったりするけど、それはどうやって説明するのか、すなわち、このパラダイムの枠組みで、祖語を含め、言語の運動方程式を立ててみてよ、ということになる。そのためには、松本克己さんの著書『世界言語のなかの日本語-日本語系統論の新たな地平』に当たらなくては、ということになる。

iPSから生殖細胞

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、慶応大学が、iPS細胞から生殖細胞を作る研究を計画しているという。以下、引用:

さまざまな細胞に分化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、ヒトの精子や卵子などの生殖細胞を作る研究を、慶応大のチームがこのほど大学内の倫理委員会に申請した。iPS細胞などのいわゆる万能細胞からヒト生殖細胞を作ることが今年5月、国の指針で解禁されたばかりで、同倫理委が承認後、国に届け出て始動する。承認されれば国内初となる可能性が高い。

慶応大の岡野栄之教授(再生医学)と、不妊治療専門医院、加藤レディスクリニック(東京都)の竹原祐志副院長らの共同研究。チームは既にマウスやサルの仲間マーモセットで、iPS細胞から精子と卵子を作る研究を始めている。今回の研究は、その手法をヒトに応用し、生殖機能の基礎的な仕組みを探る。国の指針は、精子や卵子の作成に成功しても受精させることは禁じている。

iPS細胞や胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から生殖細胞を作ることは技術的に難しく、哺乳(ほにゅう)類で完全な個体(子供)ができた例はない。岡野教授は「生命が生まれる基本的メカニズムの解明に挑戦したい」と話す。【奥野敦史、須田桃子】

この記事をみての感想は、そこまでやるか、である。「国の指針は、精子や卵子の作成に成功しても受精させることは禁じている。」というが、もし精子や卵子をiPS細胞から作製できたら、それを受精させたいという願望を抑え付けることは難しいだろう。

ただ、どう考えても、相当チャレンジングな課題であることは、素人目にも明らかである。生殖のところは、生理現象のアルファでもありオメガてもあるからである。

この記事からは、自分のブログの冷凍保存死体からのクローンを思い出した。そこでは、シベリアのマンモスの冷凍死骸の細胞から核を取り出し、象の卵子を使ってクローン胚を作り、象の子宮で育てる計画が述べられているが、iPS細胞から精子と卵子を作る研究は、そちらにも使えないだろうか。

しかし、ちょっと考えてみると、iPS細胞の技術というのは、生体から採った生きている細胞に、Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2という4つの遺伝子を導入して、多能化させるものであるので、冷凍死骸の細胞からは、iPS細胞は生成できないのだった。

それなら、冷凍死骸の細胞の核を埋め込んだ象の卵子からiPS細胞はつくれないのか、そうしたら、そこから精子や卵子が作れてしまうのか、と想像はどんどん進む。

この分野の研究者は、まさに百花繚乱、今は楽しくて仕方がないだろう。倫理的な障壁も、うっとおしてくて仕方がないかもしれない。

こうして、医学というか生物学にブレイクスルーが生じつつあるが、本当にそれが人類にとって福音なのか、結局、原子爆弾のように、スイートな研究が却って人類全体の災厄にならないのかというと、悲観的すぎるだろうか。

絶対的劣位

| コメント(2) | トラックバック(0)

知り合いと雑談すると、先日、ちょっと気が向いたので、長野県までドライブしたきたとか、別の知り合いは、岡山の実家まで運転してきたとか、こともなげに言う。

それを聞いて、私は驚嘆してしまう。なぜなら私は、運転免許は一応もっているものの、ちょっと1時間くらいで知らないところに行くのもヒヤヒヤものである。それは、ナビを搭載してからかなり緩和されたが、それでも、多重車線だと、例えば右折するためには、右車線に行っておかなくてはならないのに、まだ左車線にいて、右車線に車線変更しようとすると、後ろからどんどん来ていて入れない。ああ困ったと思っていると、他の車は、ちょっとの隙でスッと車線変更する。おたおたしていたら目的の交差点を通り過ぎたので、また、ぐるットまわって目的の交差点に戻ってくるなどという無様な経験もある。

そんな苦労談?を知り合いに話したら、馬鹿にするというよりも、そんなことがありえるのかと、どうしても理解できないようである。

しかし、私の見るところ、どんな人間にも欠点はあって、ある分野で、どんなに努力しても、全体の下から30%くらいのスキルに留まるとき、それを私の造語で、絶対的劣位と呼ぶ。

一方、努力すれば、全体で上から30%くらいのスキルくらいまでに行けるとき、それを私の造語で、絶対的優位と呼ぶ。

例えば、私にも絶対的優位の分野はあって、将棋は、流石に、全体で上から20%以内にはいくだろう。尤も、プロになるには、上から1%以内でくらいでなくてはならない。

ここで、私の仮説を2つ述べる:

  1. どんな人間にも、絶対的劣位の分野はある。
  2. 一人の人間において、絶対的劣位のスキルの双対として、絶対的優位があらわれる。

二番目の命題は、かなり議論を呼ぶだろう。というのは、ディラックの量子電磁力学のように、絶対的優位という電子があるとき、実はその双対として、絶対的劣位という陽電子があるはず、というのだから、俄かには信じがたい。おそらく証明はできないで、仮説にとどまるが、欠点と才能の記事は、その傍証くらいにはなるだろう。

ただ、実は私が本当に言いたいのは、そんなことではなくて、絶対的劣位の分野にあると、いくら努力してもたかが知れているので、そういう人に努力しろとかあまりいわんといてんか、ということと、あんたかて、いくらやっても駄目なことあるやろ、というそれだけのことである。

そこでまた、命題。ある分野で、絶対的優位にある者は、絶対的劣位にある者がなぜできないかを、絶対に理解できない。

さらに命題。すべての物事は、絶対的優位の視点で構築される。だから、学校制度は、por supuesto、偏差値秀才のためにあるのである。

情念の放射

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日友人と会ったとき、興味深い話を聞いた。すなわち、友人の奥さんが突然、不眠症に陥ったのだという。不眠症というのは別に珍しいものではないので、ああそうですか。と比較的気のない返事をした。

が、その不眠症に陥った原因が、宮崎の口蹄疫の事件、特に、六頭の種牛が処分されるかどうか、というニュースをテレビで見てからだ、と聞いて、なんと動物愛護の気持ちの強い奥さんなんだろうと、私は感心し始めた。

ところが、不眠症は、どうもそういう単純な動物愛護の気持ちが原因ではないそうである。すなわち、宮崎に行ったこともないのに、奥さんは、農家の様子がありありと瞼に浮かび、剰え、牛舎に漂う匂いまでも感じたのだという。そういう強烈なイメージが襲ってきて、眠れなくなってしまった。

そして数日後、不眠症は忽然と治まった。それは、六頭の種牛が処分されてしまった時点と符合するという。

すると、と私は思った。処分されることを本能で感じ始めた種牛たちは、不安の気持ちの情念を放射し続け、テレビのニュースを観ることで六頭の種牛の処分のことを知った友人の奥さんは、まるでラジオがある電波に同調して放送を受信するように、種牛の気持ちを感受してしまったのだ、ということになる。

では、処分される瞬間、種牛たちは、さぞかし無念の気持ちを送ってきたんだよね、と友人に聞くと、いや、そうではないという。

ええっ、すると何なのかと友人に聞くと、それは、意外にも感謝の気持ちなのだという。すなわち、東国原知事他、関係者が六頭の種牛の助命に奔走して、結局果たせなかったけど、そこまで頑張ってくれてありがとう、という牛達の気持ちを感じたのだという。

ううん、なんと清々しい心持ちの牛達なのだろうか。そこで思い至ったのは、日々食肉のために屠殺されている牛や豚達である。六頭の種牛が情念を放出することができるなら、日々屠殺されている牛や豚達も、悲痛な情念を放射し続けているだろう。しかし、そこに気持ちをフォーカスしない私達は、その情念に決してチューン・インすることはない。下手にチューン・インすると、そもそも肉を食べられなくなってしまう。そういう人はベジタリアンになるのだろうか。

よく考えたら、当然に人間だって、凄まじい情念を放出し続けているはずである。典型的には虐殺の危険に瀕しているスーダンの難民がそうであるし、金正日政権で虐げられている農民もそうであろう。そういう情念は否応なく亜空間を彷徨い、ある心理状態の人が、意図せずロックインされてしまう。

すると、宇宙線も情念も降り注ぐこの地球とは実はなんとも賑やかなところらしい。そのため盾のように感覚遮断して生きている人間の防護に微妙な綻びが生じることがある。それが魔が差すことや、悪魔のささやきの原因なのかもしれない。

人物評価

| コメント(2) | トラックバック(0)

管理職をやっていた時代、当然に人物評価を行うことは必須であった。ただ、年末に定例で行う仕事の評価以外に、人物評価する必要があるのは、典型的には、採用面接、及び昇進の候補選定である。

私は、自分で人を見る目があるとは思わない。実際、この人はと思って採用した人が散々だったという経験は少なくない。それで、あからさまに、見る目がないと誰かに批判されたことがあるが、一言も反論できなかった。

ただ、私が密かに誇りに思っている人物評価の能力がある。それは、駄目なことに気づくことの早さと、一旦駄目だと認定したときの評価の的確さである。

例えば、あの人は素晴らしいと絶賛されている人がいたとする。私は結構ミーハーなので、ついそういう表面的な評価に乗ってしまう。だから、私が出た面接でも、駄目な人を優秀と勘違いして推薦し、採用してしまうということが起きる。

ところが、採用した後、ある日、突然、私に胸騒ぎが起きる。この人は大丈夫か、と。私は思ったことを胸にじっと秘めることがあまりないので、優秀と言われている彼なんだけど、本当に大丈夫かと、部内の仲のいい友人に話す。すると、その友人は驚く。なんの根拠でそんなことを言うのだ、と。私も、さしたる根拠はない。なにしろ、たかが胸騒ぎなのである。

ところが、胸騒ぎは収まらない。一方で、採用された人は、優秀と見なされて、出世街道を登る。段々私の胸の中は、初恋のように苦しくなってくる。初恋は甘酸っぱいかもしれないが、私の胸の裡は、ただ苦しい。

いままで、こういう胸騒ぎがして、その予測が外れたことは一度もない。必ずその人物は災厄をもたらすようになる。私が困るのは、そういう胸騒ぎによる予感が、周囲に納得してもらえるまで、何年もかかることである。そうしているうちに、当該の人物は要職に就いてしまい、最早降りてもらえなくなる。その地位や役職を利用して、組織をおかしくしてしまう。そこにきてやっと、周囲の人達は私の胸騒ぎに同意してくれる。

そこで雌伏数年、私は胸を張って周囲の人に言うのである。ほら、僕が何年も前に言ったとおりでしょ?」と。

ところが、周囲の人は同意しない。すなわち、君の予測が正しいんじゃない。単に彼が変わっただけなんだ、と。あの時点では君の思い過ごしで、彼には問題がなかったんだ、と。

そうして、その後も別の人物について何度胸騒ぎを周囲に話しても、周囲は納得せず、災厄は繰り返されるばかりである。

私はある程度自信をもって言えることがある。それは、私は、ヒットラーの時代のドイツに生まれていたら、ほとんど確実に、周囲がヒットラーを絶賛している間に、ヒットラーの邪悪性に強い胸騒ぎを覚えただろうと。そして、つい周囲に話すものだから、あるときゲシュタポがやってきて私を連行し、簡単な拷問のあと、処刑しただろう、と。

精神医学の啓蒙書を読むと、私のように未来に悪寒を覚えることを先取りするタイプの者は、分裂症器質なのだという。すると私のようなタイプはそれほどマイナーでもないのかもしれない。一歩間違えると、人類は滅びると街頭で演説する、あぶない警世家である。

それでも、私のようなタイプは、炭鉱の入り口に配置されるカナリア程度の価値はあるのだろう。カナリアの鳴き声は、いつもかき消されてしまうのだが。

毎日新聞Webによると、iPS細胞研究の老舗、京都大で、研究のブレイクスルーがあった。以下、引用:

京都大iPS細胞研究所(京都市)の中川誠人講師と山中伸弥教授らの研究グループは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る際、従来の「c-Myc」(シーミック)というがん遺伝子の代わりに、「親せき筋」に当たる別の遺伝子を使うとがんになりにくく、作成効率もアップすることを突き止めた。米科学アカデミー紀要に発表した。

山中教授らは06年、c-Mycなど4遺伝子をマウスの体細胞に入れる方法でiPS細胞を初めて作成。c-Mycの導入は、生殖系細胞に分化する高品質なiPS細胞を生み出すメリットがある一方、がん化の危険性をはらんだ「もろ刃の剣」だった。

そこで研究グループは、c-Mycよりもアミノ酸配列が短く、肺がん患者によく見られる遺伝子「L-Myc」に注目。代わりに加えると、がんはほとんどできなかった。

また、iPS細胞が樹立される効率がマウスで約4倍、ヒトで約3倍となり、他の3遺伝子だけを使う方法と比べても、マウスの生殖系の細胞に分化した割合が約5倍も高かった。

中川講師は「大きな壁だった腫瘍(しゅよう)形成の問題をおおむね乗り越えられた意義は大きい」と話している。【広瀬登】

何度も引用するが、iPS細胞の基本特許にあるように、その特許請求の範囲は、次のとおりである。

【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。

そして、中川誠人講師と山中伸弥教授らの研究グループは、4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2のうちのc-Mycを、L-Mycで置き換えたのであった。それで、癌がほとんどできなくなったというのだから、顕著な効果である。また当然に、上記基本特許の権利範囲には該当しなくなり、基本特許が基本特許でなくなった。

ところで、私のブログに以前コメント戴いた高知の医師、平田陽三先生から、論文のコピーをお送り戴いた。その一部を引用させて戴くと次のとおりである。

癌組織と云う異常な細胞組織体が異常形成される場合は、正常な機能組織体の転写拠点の内部で正常に転写型の有糸分裂を運営している幹細胞の中で、ある特定の幹細胞が、成熟要因の促進効果を正常に受理する事なく拒否するような異常な細胞特性を持つようになったものと考えられます。

私はこの内容をきちんと理解するだけの医学的あるいは生物学的知識をもちあわせないが、幹細胞と癌細胞の関係を示唆するものであり、すなわち、iPS細胞と癌細胞も深い関係を有することになる。それゆえに、iPS細胞の生成の裏には常に、癌細胞がついて廻る。平田陽三先生の論文を拝見しながら、そこらあたりのことに思いを巡らしてみることにする。

ボース伝説

| コメント(2) | トラックバック(0)

ボースというと、物理学を勉強した者には先ず、統計力学における、ボース・アインシュタイン統計の物理学者ボースとしてあらわれるが、ここでは、「インドの正体」藤本欣也著、産経新聞社に基づき、インドの政治的な英雄、チャンドラ・ボースのことを述べる。

ボースは1897年、インドの裕福な弁護士の家に生まれた。ケンブリッジ大学に留学後、ガンジーの反英闘争に参加した。1937~1938年、国民会議派を務めた。

ボースは、1941年、軟禁中の自宅を抜け出してドイツに向かい、ヒットラーと会談した。さらには、第2次対戦中の1943年、潜水艦を乗り継いで日本に渡航した。敵の敵は味方ということで、なんとかドイツや日本と結託したかったのだろう。

利害が一致したか、東条英機の後押しで、自由インド仮政府を樹立し、インド国民軍司令官として、インド側でインパール作戦に参加した。流れを見ているとどうみてもボースの側が日本に乗せられたとしか思えないが、日本の側も、戦局の悪化に鑑み、インド国民軍に過度の期待を寄せたのだろう。

ボースは、日本の敗戦直後の8月18日、台湾の松山空港で、どこかに行こうとしていた。ソ連に行こって、スターリンと会談しようとしていたという説もある。ところが生憎、搭乗機は離陸に失敗し、全身火だるまになって、病院に運ばれたものの、結局助からないで、48歳の生涯を終えた。そしてその遺骨はなぜか、東京都杉並区の蓮光寺に埋葬されている。

これがおそらく事実であるはずなのだが、インドの国民は、ボースについて、まるで義経伝説のような「ボース伝説」を抱く。すなわち、台湾の松山空港の公式記録が存在しない、スターリンが1946年に、ボースの滞在をこのまま認めるかどうか協議した文書が残っているなど、真偽の確かでない情報が寄せられたので、本当に、ボースが1945年に飛行機事故で亡くなったのか、という議論が沸き起こった。そこで、1999年に、事実を検討する委員会が組織された。そこまで手間をかけるとは、インドでボースがいまだに、いかに国民的英雄であるかを示唆する。

2005年には、ボースが独身であったかどうかという議論が沸き起こった。すなわち、ボースが欧州滞在時の1930年代に、秘書だったオーストリア人女性と親密になり、一女をもうけたという。それが正式な結婚だったかどうかという議論が沸きあがったらしいのだが、傍からみてどうでもいいような気がする。しかし、国民的英雄ともなると、結婚したということ自体がスキャンダルになるらしい。

また、2006年には、ボースが飛行機事故で死んだという事実はない、蓮光寺の遺骨はボースではない、という調査委員会の報告がなされた。これには、蓮光寺の側も困惑を隠さない。

さらには、1947年以降もボースを見かけた、自分はボースと名乗っていた、そっくりだったという噂話はひきもきらない。

このように、反英の自由闘士として、ボースはインド国民に広い人気があるが、政府筋となると話は別で、主流のネール派はずっと、ボースの政敵だった。だから政府筋は、さまざまな検討報告を冷静に否定する。

ともかく、インパール戦線に参加したボースが高い人気を保っていることから分かるように、インドは意外な親日の国である。その典型は、東京裁判で唯一日本を擁護する発言をしたパール判事にみることができるが、私がインド人と仕事で付き合った経験でも、日本人として、概ね好意をもって迎えられた。あるとき、私とインド人、アメリカ人で会食しているとき、なにかの話題のついでにアメリカ人がインド人に、イギリスがインドを支配したおかげで、インドのインフラが随分整っただろうという発言をしたときのインド人の当惑の表情を私は忘れることができない。それは当惑というよりも、激しい怒りだったのかもしれない。少なくとも多くの日本人にはおそらく、そういう無神経さはない。

ともかく、相当めちゃくちゃなやり方だったような気もするが、アジアを欧米列国から開放しようと意図した帝国日本軍に、かなり節操のないやり方で呼応したボースが、今でもインドで高い人気を保ち、その文脈でインドが親日的であるという事実を興味深く受け止める次第である。

学力不足の大学生

| コメント(2) | トラックバック(0)

今更の話題であるが、共同通信によると、大学で授業を受けるために足らない必須教科の未履修の大学生が増えているという。以下、引用:

高校レベルの補習を実施するなど、新入生の学力不足への対応措置を取っている大学が年々増え、08年度は全体の65%に上った。文科省調査で26日分かった。「ゆとり教育」で学習内容が削減され、試験を課さない推薦入試も進み、「数学が分からない経済学部生」や「生物未履修の医学部生」らへの対応に苦慮する大学も多いとされる。「専攻分野に不可欠な基礎学力を身に着けずに進学した学生が増えている」と同省。

医学部の大学入試で生物が必修のところは果たしてどれくらいあるのだろうか。大抵は、物理・化学で受けられるのではないだろうか。

また、そう言ってはなんであるが、高校で習う生物学というのがどれほどのものだろうか。例えば、新しい高校生物の教科書 (ブルーバックス)というのを丁寧に読めば、大学で医学部の授業を受けるのに十分ではないか。それには、理解が早ければ一週間、丁寧に読んでも一ヶ月で済む。大学生にもなって、それくらい自習できないでどうする、といいたい。また、入試に受かるための生物の勉強というのは、実際的な意味はあまりないと思われる。

さらに、「数学が分からない経済学部生」というけれども、逆に、数学が分かる経済学部生というのがどれほどいるのだろうか。大抵の文系の人は、数学が嫌いで文系に行くが、文学部では就職がよくない、でも法学部は少しボーダーラインが高いと、就職が比較的よいことを期待して経済学部に進む。教授は、学生が数学が得意であるとは期待していないので、数学があまりできなくてもよいような試験問題を課して単位を与える。どしどし落としていては、授業が成立しないからである。私のみるところ、数学の本質的な議論を避けても、経済においていっぱしの専門的なことを言うことができる。経済学は、済学の十大原理に書いているようなことをきちんと理解すれば、四則演算でも足りる、と開き直ることができる。それでいっぱしのエコノミスト面することができる。誰も、あなたは行列や微積をどれだけ理解していますか、などと問わない。

特に私立大学の入試において、数学、物理、化学などの歯ごたえのある科目を必須にすると、敬遠されて志望者が減るので、理系であっても、下手したら数学を受けなくていいところもある。

入試において寧ろオールマイティなのは英語であって、英語ができると文理問わず入試に有利である。例えば、ある有名私立大学の学際的な学部の入試では、当然のように数学は必須ではなく、寧ろ英語の配点が異様に高く、公表されている偏差値は高いのに、帰国子女で英語ができたりすると比較的楽に受かったりする。そうやって受かると、学際的な学部なので、希望によっては理系的な分野に進学することができる。すると、下手すると、高校、大学と、ほとんど数学らしきものをまともに学んだことがないのに、工学系の専攻で、博士号がとれたりする。

こういう入試を許容しているのは文科省なのに、今更何を言うかと、文科省に逆に言いたい。

ただ、文科省は言い訳するだろう。大学が大衆化して、あまり学問が得意でない人達も大学に進学するので、仕方ないのだと。そもそも昨今、大卒の資格がないと、就職にも困ったりする。だから、何を勉強したかにかかわらず、とりあえず大卒の資格を与えたいのだが、そうはいっても、最低限の基礎学力というものはある。それが問題なのだ、というかもしれない。

そういうなら、医師、歯科医、薬剤師など、国家試験がからんで最低限のレベルが課せられるところにはきちんとした補習体制を敷き、それこそ、経済学部では、数学が出来る学生にはそれなりに学ばせ、そうでない学生はそこそこでいいではないか。四則演算だけでもある程度経済学は学べるはずである。むしろ、高望みしなくて、マンキューの入門書レベルを丁寧に教えればいいのではないか。

それよりも、体育会系ではないが、半端な教養よりも、体力や、根性や、礼節の方が人間にとって重要である。体力も根性もなく、礼儀を知らない私がいうのは明らかに変であるが。下手な学問なら、社会に出て、いつでも学べる。だから、数学ができない経済学部の学生に目くじら立てる必要はないのである。生物学が分からない医学部学生も、国家試験で淘汰すればいい。だいたい学問なんて道楽であって、もし日本国民全員が学問に燃えたら、確実に日本は滅びるであろう。学問をきちんとやる物好きがマイナーな社会が健全なのであり、そういう意味では、今は今で最適化されているといえないだろうか。

胃ろう

| コメント(0) | トラックバック(0)

NHKの番組を観ていて、胃ろうなるものがあることを知った。それは、Wikiによると、下記のとおりである。

主に経口摂取困難な患者に対し、人為的に皮膚と胃に瘻孔作成しチューブ留置し水分・栄養を流入させるための処置。

胃ろうが発明される前は、経口摂取困難な患者に対して栄養を補給する技術は、静脈に、栄養剤を点滴するものであった。ところが、それだと、特に老人に処置する場合、せいぜい8ヶ月程度しか命を保てない。

ところが、胃ろうだと、1年半以上も延命できるという。理由はどうも、胃に栄養を注ぐので、胃から小腸に入って栄養を吸収させるのがよいらしい。

それで万々歳かというと、ある胃ろうの専門医の気持ちは複雑である。なぜなら、胃ろうで延命させているうちに、老人はいよいよ意識を失って、回復の見込みがなくなる。ただ空しく栄養を補給しているだけになる。もしかして、栄養の点滴によって生きながらえる限度が天命ではなかったか、胃ろうによって徒に余分な生を積み重ねてしまったのか、と。

それでも医師は、胃ろうに接続された管を外すことはできない。家族も、同意できない。なぜなら、現行の刑法では、殺人になってしまうのである。検察がどれだけ本気で送検するかわからないが、構成要件的には殺人は殺人である。

こういう話を聞くと私は暗澹たる気持ちになる。延命技術の進歩が却って仇になっている。それは、がんを助けるたんぱく質でも述べた、「がんなんて、治しちゃってほんとうにいいんだろうか。」という医薬研究者のつぶやきにも通じる。さらには、がんに罹ったウィトゲンシュタインが、一切の治療拒否して死んで淡々と死んでいった態度にも通じる。

そして自分はどうするか。それは自分で考え、自分で引き受けるよりない。人生にとって一番重要なことは、どう生きてどう社会と関わるかであって、おそらく、どう死ぬかではない。しかし、生きることの表裏一体をなす死は、常に生との双対であらゆる局面に浮かび上がってくる。

トヨタの闇

| コメント(0) | トラックバック(0)

トヨタというのは、ある意味、中部の地方企業にすぎない。マツダが、広島をフランチャイズとする企業であるのと同じ意味である。ところが、日本のマスコミは、あからさまにトヨタを批判しないことが不文律になっている。なぜならトヨタは、あまりにも巨大な地方企業であって、日本の政財界に深く浸透し、多くのマスコミも、膨大な広告権益を得る立場にある。朝日新聞が去年赤字に転落したように、不況に喘ぐマスコミ業界にとって、トヨタから得る利益に依存する部分は大きく、トヨタを批判して、広告を引き上げられては適わない。昨年の一連のトヨタ車欠陥報道も、どちらかというと米国主導であった。

それと同様の文脈で、出版業界も、トヨタのカンバン方式だの、トヨタの人材力だの、トヨタを礼讃する書籍に事欠かないが、表立ってトヨタを批判する本は非常に少ない。トヨタからの暗黙の圧力を怖れるからである。そんな中で、「トヨタの闇」渡邉正裕、林克明著、ちくま文庫は、文字通り、トヨタの暗部に焦点をあてた稀な本であるといえる。

この本によると、何も意外でなく、トヨタは、身も心も、そして当然ながら時間も、会社に捧げることを要求する会社であることが分かる。

トヨタは、どんな会社か。一言でいうと、とても会社文化押し付け(enculturation)の強い会社である、と言える。例えば、入社すると、スポーツ大会への参加は強制される、カイゼン、QC活動への参加も強制で、自主参加という建前で、残業代もつかない。仕事の合間にネットサーフィンも許されない。身も心も会社に捧げることを要求される。

自分の私的予定を優先するために、会社行事を少しでもサボる(といっても、勤務時間外)と、ただちにマイナス査定されて、昇進で後れをとる。

福利厚生はかなり手薄く、独身寮はとても老朽化していたりする。しかし、余計なコストをトヨタはかけようとしない。

組合はあるが典型的な御用組合で、会社にべったりである。豊田市に住むトヨタの社員は、完全にトヨタに囲い込まれており、冠婚葬祭施設もトヨタのを使う。

面白いと思ったのは、トヨタ工業学園高等部という学校である。ここに中卒入って3~4年で卒業して、トヨタに入社すると、とても人事面で厚遇される。なにしろ、全寮制で、朝6:15に起床し、23:00消燈という日課で、みっちり鍛えられ、トヨタの精神を刷り込まれる。まるで、陸軍士官学校のようである。卒業生はトヨタ精神の化体であって、歴代のトヨタ御用組合の委員長はすべてトヨタ工業学園高等部出身者である。

こういううっとおしさはあるが、トヨタのいいところは、現場重視であることである。現場に根ざす提案は重用される。ただ、なにしろ、社員はハードワークを強いられるので、過労死や精神的に参って自殺する者も結構いるようである。

そういう大変さを克服すると、給与はそこそこ悪くない。世界にトヨタの工場があるので、入社一年目から海外で仕事をすることができる。トヨタという看板があると、まだ若造でも、中南米やアフリカなどの現地の政府高官とも、五分に付き合うことができる。視野を広げることができる。また、カンバン方式などのやり方も学ことがてきる。

ただ、そういう文化に染まると、自社中心主義になって、子会社や関連企業を下にみて、手足のように酷使することになる。コスト削減のしわ寄せを子会社や関連企業に押し付けて、顧みない。そして、会社に対するネガティブ・フィードバックを極端に嫌う。まずい情報は決して公開しない。そして、膨大な広告権益を駆使してマスコミを操る。

こういう軍隊のような組織は、うまく運営されているとき、極めて合理的である。一切の無駄がない。コスト効率もよい。カンバン方式がまさにそうなのであった。こういうやり方で、トヨタは2007年、まさに世界一の規模の会社にのし上がった。

ところが、好事魔多しで、2008年のリーマン・ショックで、一気に矛盾が噴出し、赤字に書いたような転落となった。

トヨタには別の側面がある。すなわち、意外に欠陥車が多いのである。その理由はおそらく、技術力の不足ではない。トヨタの技術力は、おそらく、欧州自動車メーカーと並んで世界トップであろう。優秀なエンジニアも多い。ただ、労働集約的で、余裕がない。ぎりぎりの線で働かせる。乾いたタオルを絞るというやつである。するとどうしても、クリアランスが狭いので、欠陥車が増えてくる。典型的には、トヨタ・リコール問題である。そこで、日本のマスコミではなく、しがらみがない米国マスコミから叩かれはじめて、トヨタは窮地に陥った。こういうとき、ネガティブ・フィードバックを嫌う会社は、軌道修正力が乏しい。

さて、利益第一主義、自社第一主義、強い文化剛性、福利厚生軽視、強い技術力、こうしたトヨタは今後どのような方向に進むのだろうか。一朝一夕で会社文化は変わらない。よく、電気自動車がメインになると、従来の垂直統合型生産から、自動車もパソコンのように水平展開型のなるといわれるが、本当にそうか。多くの機構部品からなる自動車が、短期間で水平展開型になるとは、思えない。するとトヨタの文化もこのままで生きながらえる余地があるのか。

トヨタと対極にあるのが、GMである。福利厚生はよく、給与も手厚いが、手厚すぎて、放漫経営で、やはりリーマン・ショック後に、一気にChapter 11に追い込まれた。経営で中庸を保つのは至難である。

ただ、トヨタやGMを非難するのは簡単であるが、あれだけの会社を経営して、きちんと自動車の生産し、世界に売っていくということの難しさは、常人の想像を超えている。私にとって、リーマン予想も、トヨタの経営も、複雑怪奇ということでは、何も変わらない。

ともかく、トヨタがどう変わっていくか、あるいは変わらないかを観察していくことは、経営学にとって最高の教材であろう。それはまた、日本の行く末ともおおいに関係がある。

始まりと終わり

| コメント(0) | トラックバック(0)

心と精神で述べたように、統合失調症は、なぜ罹るのか、その原因を誰も説明できない。ところがそう言っている精神科医自身が、統合失調症は一旦罹ると一生治らないと平然という。

それを聞いたときはなるほど、と思ったのだが、風呂に入っているとき突然、その論理おかしくないか、と閃いた。すなわち、どうやって始まったのか原因が分からないものが、一生治らない、すなわち終わらないとどうして言えるのだろうか。

すると、精神科医は次のように言うかもしれない。原因は分からなくても、統合失調症に罹った患者を多数診ていると、完治した人は誰もいない。仲間の精神科医に聞いても、ネットで調べても、それに反する意見は見当たらない。よって、統合失調症は一旦罹ると一生治らないと言える、と。

これに対する安易な反論は、ヒュームによるものである。すなわち、一万匹のカラスを観察して、そこまでのカラスが全て黒かったとしても、一万一匹目のカラスが白くないとどうして言えようか、というものである。

すると精神科医は苦笑いする。私は確率的な話をしているだけだと。ほとんどの統合失調症は一生治らないといっているだけで、治ったケースが皆無だと言うつもりはない、というだろう。

だったら、統合失調症は一旦罹ると一生治らないなどというべきではない、と絡むのは多分言い過ぎて、下手をすると、私の精神状態が疑われてしまう。

戻って私は、やはり次の命題が気になる。すなわち、「始まりの原因を指摘できない出来事の終わりを適切に予測することはできない。」これは果たして正しいだろうか。

しかし、その命題には簡単な反例がみつかる。例えば、ある山で、急に山火事が起こった。原因は不明である。しかし、その山はあまり大きくなくて、燃え尽きる時期は大体予測つく。こうして、始まりの原因を指摘できないのに、終わりをほぼ適切に予測できるケースが存在する。

それは、癌という病気にも言える。すなわち、なぜ癌になったのか誰も言えないが、ある患者について、あと半年の命です、とは医者は言える。

こうしてますます、精神科医に反論できなくなる。それでは、終わりを正しく言い当てられないとしたら、その原因が分かるはずないといえるか。しかし、これもまた、必ずしも言えない。

こうして、「始まりの原因を指摘できない出来事の終わりを適切に予測することはできない。」は、まるっきり間違いの命題ではないのだが、「統合失調症は一旦罹ると一生治らない。」という命題より妥当であるとは到底言えない。

このように冷静に考えると上記のことは分かるが、日常会話だと、声の大きい方とか、シニアな方とか、態度のでかい方、恥も外聞もない方の言うことが通ってしまい、小心な私は、いつも言い負かされてしまう。しかも、あからさまに支離滅裂の論理によってである。そういう意味では、「始まりの原因を指摘できない出来事の終わりを適切に予測することはできない。」とか、「ちゃんと終わりが分からないことの原因など言い当てられるはずがない。」のような命題による絡み方は、まだしも紳士的であるといえよう。

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。