のぼうの城

| コメント(5) | トラックバック(0)

私は、知人に紹介された本は、余程買わない理由がない限り、買ってみることにしている。買わない理由というのは、言うまでもないが、どうしても興味がもてない、というものである。他の買わない理由として、ベストセラーであるとか、芥川賞、直木賞などの有名な賞をもらっているというのがある。

そんななかで、最近紹介されて買った本として、「のぼうの城」和田竜、小学館がある。これは実は、本屋大賞2009年第2位というのが気に入らなかったが、それがあっても、なんとなく惹かれるものがあった。

そしてページをめくると、期待に違わなかった。時代は、豊臣秀吉の絶頂の頃。秀吉にとって、全国を制覇するためには、北条氏を征圧する、という仕事が残っていた。

攻められることが時間の問題となった、小田原城を根拠とする北条氏は、着々と対抗して武装していった。周辺の支城にも指示を出した。そんな支城の1つに、今の埼玉県行田市にある忍城がある。そこが、この小説の舞台となる。

なにしろ飛ぶ鳥を落とす太閤秀吉である。まともに戦っても勝てる訳がない。しかし、上方の軍門に下ることをあからさまに表明しては、小田原城の北条氏に顔が立たない。そこで、忍城では、表面的には北条氏に恭順を示しつつ、裏では上方に内通する、という折衷策をとった。

この小説の主人公は、忍城の当主の長男、成田長親。武将に似合わぬうつけ者で、畠をうろついては百姓にも馬鹿にされていた。

あまり詳しく書くと、この本を読んでない人に申し訳ないので、詳しくは書かないが、でくのぼうなので、「のぼう様」と呼ばれている成田長親が、とぼけたようで、絶妙の策で、攻めてきた石田三成の軍勢と対抗する。

硬軟入り混じった、ある意味矛盾した方針をとるのだが、偏差値エリートのような知将、石田三成との秘術を尽くした戦略に対して、成田長親は、人望と奇策で応じる。。

石田三成にとって、この忍城との攻防戦の10年後が、かの関が原の合戦であった。石田三成に、成田長親の人望があれば、関が原の合戦の結果も変わったかもしれない。

ともかく、和田竜は、成田長親というほとんど無名のキャラクタを発掘して、うまく脚色した。その手腕は見事である。成田長親の性格にしても、敢えて描ききっておらず、謎を残し、読者の想像に任せている。また、丹波、正木、甲斐姫などのキャラクタも独特の個性があっていい。

うん、これは面白い小説だった、とプログに書いておこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1914

コメント(5)

 この作品を、「美味しんぼ」の花咲アキラ氏が漫画化されています↓。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E5%9F%8E-BIG-SPIRITS-COMICS-SPECIAL/dp/4091825591/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1281401389&sr=1-2
 石田三成って、一般に嫌なヤツと描かれることが多いのですが、私は違うと思いますけどねぇ・・・

> この作品を、「美味しんぼ」の花咲アキラ氏が漫画化されています↓。

なるほど、漫画で読んでも面白そうです。ただ、原作をいまいち描き切れていないようで、アマゾンの書評では、評判はいま一歩のようです。

> 石田三成って、一般に嫌なヤツと描かれることが多いのですが、

私は実は、石田三成は嫌いではありません。生き方が不器用で、売らなくてもいい喧嘩を売るところなどは、私と似たメンタリティを感じるほどです。といいつつ、あまり彼の人となりを知らないのでした。

>原作をいまいち描き切れていないようで
 そうなのかも知れませんが、仕事で目を使うだけで精一杯で、目がかすんでしまい、プライベートで細かい字を読む気力が出ないので原作を読んでないんですよ・・・とほほ・・・

読んで無いので解らないのですが、ネット検索で歴史上の概略のみですと、成田長親になにか奇抜な戦略があったというより
周りが見捨てなかった事と石田三成の水攻めが(浮き城)と
呼ばれる程、当時の戦術としては不確かでしか無い戦略な上
自然災害・堤防崩れという戦略上計画外の事態が発生したように思えたのですが・・戦国時代にのんきに勝ち残ったという
小説上の事なのでしょうか??
歴史学者の人か何かに、昔の事を尋ねないと本当の所は
解らないのでしょうけれど・・・映画の野村満載って
ほんと器用ですよね、陰陽師でもですが、現実そんな人が
そんな風にいたように思わせるのですから・・

松崎さん

> 周りが見捨てなかった事と石田三成の水攻めが(浮き城)と
> 呼ばれる程、当時の戦術としては不確かでしか無い戦略な上
> 自然災害・堤防崩れという戦略上計画外の事態が発生したように思えたのですが・・戦国時代にのんきに勝ち残ったという
> 小説上の事なのでしょうか??

なるほど、すると史実に基づく作者のつくりあげたストーリーなのでしょうね。それにしても見事ですが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年8月10日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「環太平洋言語圏」です。

次のブログ記事は「秀才の収支」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。