謝罪

| コメント(2) | トラックバック(0)

東京新聞8月11日付によると、菅直人首相が、次のように談話したという。

「反省すべきところは反省し、これからの100年に向かってともに歩んで行こうという気持ちを込めて作成した。日韓併合については1965年の日韓基本条約で考え方を確認しており、その考え方を踏襲した。(文化財の引き渡しは)請求権などの法律的な形はすでに完全に解決済みとの立場で『お渡しする』との表現を使った」

ああまたかと、私は嘆息である。このような謝罪に対して、韓国政府は、誠意ある談話と、「一応の」評価を示す。ところが、韓国の民間団体は収まらない。元「挺身隊」の人達は、補償しろ、裁判を起こすと喧しい。

この手の謝罪は、飲酒のようなものである。一時盛り上がるが、すぐに醒める。何度酔っても、時間が経つとまた飲みたくなる。韓国側は、謝罪が十分でない、徹底的に誤れという人もいる。いままでの謝罪が十分でないから、こうしてまた謝るのだと指摘する人もいる。

一体、完全に過去を洗い流す完璧な謝罪などあるのか。ありえないはずである。引き続き、補償を得たいのか。

私は日本が昔、韓国に対してよいことをしたとは思えない。大変困難な時期であったが、併合以外の選択肢もあったのかもしれない。しかし、ここで蒸し返すことは、両国友好の未来に水を掛けることにならないか。

また、政治的にも、菅直人にとってどんなメリットがあるのか。今後の政局を有利に導く策とは到底思えず、日本国内には、私のように反感を抱く人は少なくないだろう。

剰え、これに乗じて中国が、では中国に謝罪しないのかといちゃもんをつけてきた。中国の方針では、当然であろう。

先日の広島原爆慰霊式典に参列した米国大使は、一切謝罪の言葉を口にしなかった。誠意がないとも受取れるが、仕方がないのである。下手に謝罪することによる波紋が大きすぎる。どうみても、原爆投下は、国際法にも人倫にも悖ることが明らかではあるのだが。

他人のことに話題を変えるなといわれそうであるが、イギリスがインドに謝罪したことがあるとは聞かないし、スペイン・ポルトガルが南米原住民に謝罪するというのも考えにくい。

誰もが知るように、歴史は、流血と弾圧に満ち満ちている。それにどう向き合うか、それは安易な謝罪ではないはずである。もちろん、過去を忘れ去れという意味ではない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1917

コメント(2)

韓国への謝罪は半永久てきですね
ぼくも今野さんや野口さんの本が好きですが
結局、頭が良くなるには長時間、血のにじむ努力
をしなさいと言っている気がします

> 結局、頭が良くなるには長時間、血のにじむ努力
> をしなさいと言っている気がします

私はそれを、頭が良いと、長時間、血のにじむ努力ができる、と読みます。頭がよくないと、そもそも、頭を使えないのです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年8月12日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何もしない」です。

次のブログ記事は「秀才の属性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。