武田惣角

| コメント(15) | トラックバック(0)

友人から、津本陽の「鬼の冠」双葉文庫を紹介された。合気柔術家、武田惣角の伝記である。驚くべき話であるが、どこまで真実かと訝りながら、読んだ。

武田惣角は、会津の生まれ、例の戊辰戦争の頃、また8歳の子供であった。ところが、わずか8歳にして、留守宅の番を言いつけられる。他の家族は山中に避難したり、会津城に篭城したりしているのである。

すると当然に、官軍がやってくる。何しろ兵糧に事欠いているので、行く先々の民家で略奪する。留守番役の者は命の危険に晒される。ところが、黙っていても命が危ないのに、惣角は、8歳にして、官軍にちょっかいを出す。生まれつき豪胆なのである。それで何度も殺されそうになるが、なぜか生き延びる。悪運の強さも半端ではない。

戊辰戦争では、子供ながらにして、凄惨な死体を数多眺めているわけであるから、嫌でも肝が据わる。

ともかくも戊辰戦争が終わると、惣角は、剣術など武道全般の修行を始めた。身長148センチ、体重53キロと、体は決して大きいほうではないが、柔道でも相撲でも、いかなる武道もセンス抜群で、近隣に並ぶものがない。

それで、18歳になると、全国に武者修行に出かけた。東京から大阪を経て、途中の剣道の道場で道場破りしながら、目指すのは九州であった。西南の役で挙兵した西郷隆盛の軍に合流するためである。血が滾ったのである。ところが、もたもたしているうちに、西南の役は終わってしまい、それでも、熊本や鹿児島で武者修行を続けた。

ところが、惣角は単なる武道家ではなく、神仏にも興味があった。そこで宮崎の日向鵜戸神社に行き、不思議な修験者に出会った。なにしろ唱えるままに、雲を呼び、雹を降らせるのである。これには流石に豪胆な惣角も驚いた。

その後、福島にいたとき、まさに九死に一生の目に遭った。ヤクザ数百人に単身戦いを挑み、数十人は倒したものの、とうとう組み伏せられ、一人の男に、刀で止めを刺された。瀕死の重傷であった。刀がわずかに心臓を外れていたのが幸運であった。

その後、傷が癒えてから、日光東照宮の禰宜、保科近悳に会った。元の名を、西郷頼母、会津藩の家臣であった。近悳は、透視術、読心術、隠形術を駆使することができた。流石の惣角も、近悳には全く歯が立たなかった。それは高度な合気技であった。近悳は気合で茶碗を割り、飛ぶ鳥を落とすことができた。まさに、聞きし、密教修行の世界である。

疲労のため一旦近悳の許を離れた惣角は、合気技を習得せんがため、再度、近悳を訪れた。近悳は、福島県伊達郡霊山神社の宮司になっていた。再度の修行でとうとう惣角は、大東流合気技を習得し、免許皆伝された。これは修行の賜物であるが、結局は本人の素質なのだろう。というのは、惣角に弟子入りしたいという者は多かったが、その中に、免許皆伝できる者を見出すことはできなかった。

大東流合気技を習得した惣角はその後、八面六臂の活躍をする。広域暴力団を単身で鎮めたり、挑む武道家をことごとく打ち負かしたりした。合気技なので、相手はなんで負けたのかわからない。ともかく、知らないうちに投げ倒されているのである。また、読心術を駆使して、相手の考えていることを読取ることもお茶の子だった。

そんな惣角であるが、やはり神仏でなく人間だった。突然の脳溢血で、北見の自宅で84歳でこの世を去った。昭和18年のことである。惣角の門人には、財部彪、岡田啓介、小栗孝太郎、竹下勇、鈴木貫太郎という五人の海軍大臣もいる。武田惣角の合気技は本物であったと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1939

コメント(15)

>近悳は気合で茶碗を割り
今はグラスを声で割る人も居ます。これは物体固有の波長に合わせた連続音波で共鳴させることで割っているのでしょうが、武田惣角の場合、2m近く離れた水を入れた湯飲み茶碗に対して単発の気合で練習していますので上の説は当たらないようです。保科近悳と武田惣角は本物と思いたいです。現在、気を操る方でこれができる人はいるのでしょうか。

> 現在、気を操る方でこれができる人はいるのでしょうか。

私は現在も結構いると思います。まるで突風のように気で人を吹き飛ばす現場もみたことがあります。これは、重力でも、強い力でも、弱い力でもないと思うので、物理学が気をどう解釈するか知りたいと思っています。

武田惣角の合気をただ一人受け継ぎ、おそらく惣角を超えた武道家が、佐川幸義です。すでに12年前に95歳で亡くなっていますが、その技術は、日本の長い武術の歴史のなかでも、最高かも知れません。
ぜひ、『透明な力』(木村達雄著、文春文庫)をお読みください。私も、この本を最初読んだときには、さすがに嘘だろうと思ったのですが、佐川道場に通っているという知人に、すべてほんとうだと言われ、心底びっくりしました。佐川が言うには、「気」ではなく、あくまでも身体的な技術らしいです。人間の身体(あるいは、物理一般?)には、まだまだ解明されていない部分が、たっぷり残っているようです。
津本陽さんも、『鬼の冠』を書くために、佐川道場に行き、佐川幸義の技に圧倒され、言葉を失ったといわれています。

NBLさん、お久しぶりです。

> おそらく惣角を超えた武道家が、佐川幸義です。

そういう高弟がいたのですね。知りませんでした。世間は広い。

> ぜひ、『透明な力』(木村達雄著、文春文庫)をお読みください。

これを読まない手は、私にはありません。

> 人間の身体(あるいは、物理一般?)には、まだまだ解明されていない部分が、たっぷり残っているようです。

最近、場の量子論の初歩を勉強していますが、数式の理論とはいえ、怪しげな配役が続々あらわれます。少しパラダイムを変えれば、合気も、気も、さらには霊界も説明できそうに思えます。

佐川幸義についてネットで調べてみました。子供のような純粋な心を最後まで貫いた最高の武道家のようですね。
>90歳で(心臓の)再検査を受け、心拍数を計るために何か運動するように医師にいわれると、その場で腕立て伏せを150回やって医師を唖然とさせた。しかし、心拍数はほとんど上がらず、心筋梗塞の痕跡さえ残っていなかった。
>「衰えを歳のせいにするから進歩が止まってしまう」
NBL様、情報ありがとうございます。『透明な力』読んでみます。

>『透明な力』
 NBLさん、おもしろそうな本の紹介ありがとうございました。早速、図書館に予約を入れました。できたら、今でも、そういう技を使える方がいらっしゃったら、是非、拝見したいのです。
 私はマテリアリズムに固まっておりまして、もし、自分の目で確認したり、自分に耐えられる範囲の技をかけられたりしたら、神秘的なモノを心から信じられる豊かな人生を送れるのではないかと予期したりします。

生家の地元では、「妙な小男」奇人・変人のまま、評価されておりません。先祖・史実・身分を創作し、家族を捨て、生涯放浪で地位・名誉・金にも興味がないからだと思います。
 前半生は、友人・剣術仲間・初婚の妻など、身元(農民)がバレる内容は書かれていない。保科近悳は郷土史家が詳細に調べましたが、武術・密教修験道の記述はない。身分の高い家老が、廃止された密教修験道はしない。
 後半生は、津本陽さんならではの素晴らしい内容です。
 地元を7年調査して、柔術を教えた人物、合気(気の理論)密教を教えた易師(真言宗)を突きとめました。
 武田惣角は密教瞑想型、佐川幸義は修験道型の修行の違いがあります。「胴上げ潰し」の理論は、真言密教のヨガ密教に書いてあります。天台宗の新羅三郎・保科近悳ではありません。
 佐川幸義は、保科近悳は武術の達人とは思えないと語っており、私の調査結果と一致し、第2段(完結編)は次回作で発表予定です。

池月様、なるほど、貴重なアドバイス、ありがとうございます。そのうち著書を拝見したいと思っています。

>『透明な力』(木村達雄著、文春文庫)
を読みました。佐川の場合には気ではなく「技」であると断定していますね。恐らくは相手の力を吸収または無力化するための技であって、そのための訓練、途方もない努力で特別に鍛え上げた筋肉とその使い方にあると思われます。合気の極意は佐川が子供時代に武田が50歳以降の修験の場で会得し当時武田はそれに気づかなかったようです。合気については佐川が武田を凌駕し、より完成形にさせたと考えて良いと思いますが、武田は佐川にはない武術の極意も有してるのでどちらが強いなどの単純な比較はできないですね。それが上で池月さんが述べられている密教瞑想型と修験道型の違い通じるものかもしれません。それにしても合気の極意が殆ど明文化されていないというのは、本当に難しいか、真剣勝負の世界故に門戸不出なのか、このあたり残念という思いもします。

> 合気の極意が殆ど明文化されていないというのは、本当に難しいか、真剣勝負の世界故に門戸不出なのか、このあたり残念という思いもします。

基本的に門外不出で、しかも、明示知として文章で記述しにくいのだと思います。私は、密教や修験道を信じますが、根拠はなく信念のようなものです。

 合気には、多様な技があり、各レベルがありますので極意を一言で語るのは難しい。気は入口で、呼吸法の鍛錬から、過去・現在・未来を透視する「易」、医者で治らない病気を治す「気功」。気合術・金縛り術、相手を呪い殺すなどの修験道、足止め術、胴上げ潰しの瞑想「密教」まである。惣角には指導者がいて、才能もあって全部できた。多彩な技が特徴です。
 佐川さんは、惣角が教えてくれないため、修験道のような身体的苦行、様々な鍛錬をしましたが、リズム的運動から、身体・気・意識の統一のレベルに達した。これは、気功・修験道・密教の理論である身口意と同じです。格闘技の技だけを見てもわからないが、合気の武術的な技は、惣角よりも超えた部分があるのでしょう。
 佐川さんは合気の技、惣角は密教修験道の技が優れ、どちらがレベルが高いかは、比較が難しいと思います。
 

なるほど、惣角は、指導者についたので、密教修験道全般を極め、佐川さんは事情があって全般を教わることができなかったので、合気の技に専念し、そこでは部分的に惣角を超えたということですね。丁寧なコメントありがとうございます。

昨年、「合気の創始者武田惣角」を出版しました。戊辰戦争後、惣角生家の同居人になった佐藤金右衛門は、藩主護衛役の御供番(百石)でした。
 御供番は武芸に優れた者が選ばれ60人いました。藩主を守るには武芸十八般に通じ、同じ職場の小姓・奥女中に御式内(柔術)を教えていた。江戸日新館では武術師範を務めています。
 武田惣角に御式内の柔術を教えたのは御供番で、孫娘コンが惣角の妻になりました。
 西郷頼母研究家は、大東流は惣角に頼まれて名前を付け、頼母の自作自演のパフォーマンス(創作)と発表しました。頼母は文武両道の人とされましたが、日誌に出てくる646名に武田惣角の名前はない。頼母の立った写真があり、140センチの身長では小学生と同じ、武術の達人としては低すぎると思います。これまでの100の謎は解けました。

池月様

>「合気の創始者武田惣角」

こちら、読んでみたいと思います。

惣角4作目、前半生の完全解明、「合気の武田惣角」ー武蔵を超えた男ー、一般の方にもわかりやすい歴史小説です。合気はどうして生まれたのか、武術界最大の謎を解く。事実は史実より奇なり。私の易者説は証明されmした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年8月31日 00:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特許と論文」です。

次のブログ記事は「坂井秀至」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。