2010年9月アーカイブ

横浜中華街

| コメント(0) | トラックバック(0)

情報考学の書評で、「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」祥伝社新書、林兼正著が目に付き、つい買って読んでみた。買った理由は単純で、最近、横浜中華街に詳しい友人の誘いで、結構、訪れているからである。

頻度は多くないが、私は昔から横浜中華街を訪れるのが好きである。結婚したときは、田舎から出てきた家内と散策して、異国情緒を味わった。会社の忘年会に使ったこともある。

それでちょっと不思議だったのは、何度来ても既視感があまりないことだった。その理由がこの本を読んで分った。横浜中華街は、常に町おこしをしている。横浜中華街理事長で萬珍樓の社長である、林兼正氏は、町は作ったときから衰退に向かって進むことを知り抜いている。そのため、衰退の原因になることは、体を張ってでも取り除く。

例えば、横浜中華街にマンションが建つという計画が明るみになった。そんなことをされると、横浜中華街の風情が台無しである。大型マンションの隣にある中華料理店では、都内の中華料理店と差別化できない。市に働きかけても動いてくれない。費用を払って所有権がきちんとあるからである。建築基準法に悖るわけでもない。そこで、横浜中華街理事長は、意を決して、その土地を買い戻すことにした。費用は10億円。もちろん理事長にそんな費用はない。それではどうしたか。横浜中華街の人が少しずつ負担するのである。10億円だけではない。その跡地に、媽祖廟をさらに8億円かけて建てる。すると合計18億円。それを30年で返済するとして、毎年6000万円。月にして500万円。400の店舗が毎月1万円強を負担する。なんという本気。

日本に中華街は、横浜以外に、長崎と神戸にある。それぞれ特徴があり、そこに住む中国人と日本人はとても仲がよい。横浜中華街はというと、住人の中国人と、訪れる日本人が渾然一体化しているわけではないが、逆に、接待のプロ意識が、上述のように半端ではない。それで、世界の中華街の中で、世界一の年間2300万人の来訪者を誇る。決してラッキーでも偶然でもない。地の利だけでもない。

その秘訣は、カスタマ指向。カスタマというのは、ほとんどが日本人。すなわち、日本人が喜んで食べる中華料理にしたのが、成功の秘訣なのであった。それでいて、中国人が食べてもおいしい。なぜなら、食材が中国本土よりも新鮮な日本の食材だからである。もちろん、本格中華もある。バリエーションの豊富さは半端ではない。

これをベースに、理事会と23の団体が結束して、企画し、盛り上げる。中国の伝統を重んじる。どんどんお祭りもやる。インターネットを駆使し、会計のプロ、経営のプロをスカウトする。きちんとしたルールを、新規開店に店に守らせる。

林兼正理事長の頭にあるのは常に、手を拱くと町は作ったときから衰退に向かって進むという鉄則だろう。だから常に、未来に向かって企画し、投資する。自分のためではない。子孫たちのためである。そうしないと、中華街が中華街でなくなってしまう。その決意やよしである。

南部陽一郎の実績

| コメント(0) | トラックバック(0)

数理科学「南部陽一郎特集」号に基づき、南部陽一郎の実績をリストしてみる。もとより知識がなく興味だけで書いているので、網羅的ではないし、正確でもないが、とりあえずの自己用のメモである。

よく分らないが、南部の初期の論文といえば、1950年の格子ゲージ理論であろうか。これは強磁性体のイジング・モデルにヒントを得たものであって、一見、専門である素粒子論と関係がないようであるが、後年の自発的対称性の破れのアイデアの基礎を与えているようである。

そして早くも、1961年に、2008年のノーベル賞の対象となった、自発的対称性の破れに関する論文を発表した。これは、1957年に発表されたバーディーン、クーパー、シュリーファーのいわゆるBCS超伝導理論にヒントを得て、素粒子論において発展させたものである。すなわち、BCS理論では、電子数が保存されず、ゲージ不変性が壊れている。場のハミルトニアンは、位相変換で不変だが、基底状態では不変ではない。南部は、BCS理論でハミルトニアンを書き下すと、そのギャップΔ(p)が、ディラック方程式の質量に対応することに気付いた。それを推し進めて、ゲージ不変性の破れと、質量生成のアナロジに想到した次第である。

なお、付言すると、BCS理論が提出される前の1950年頃、ロシアのランダウとギンツブルグが既に、超伝導におけるゲージ不変性の破れのようなアイデアに到達していたという。天才ランダウにも、南部と似たアイデアがあったかもしれず、ここらあたりは興味深い。

戻って、自発的対称性の破れに関して、パイ中間子の質量の問題、及びカイラル対称性の自発的破れに基づくハドロン質量獲得機構の問題の考察もあるが、そちらは、質量の起源に書いたので、ここでは繰り返さない。

1969年と1970年に南部は、超弦理論の基礎となる論文を相次いで発表した。これは、ヴェネチアーノ・モデルにおける調和振動子の理論に基づく弦の振動による解釈とクォーク模型との関係を強調するものであり、まさに超弦理論の嚆矢となるものであった。

1973年に南部は、解析力学におけるポアソン括弧式の拡張として、南部括弧式を発表した。これは、超弦理論の発展版であるM理論の対称性として具体的に応用された。

1974年には南部は、クォーク閉じ込め機構に関する論文を発表した。これは、双対超伝導原理を発展させたものである。クォークのカラー超伝導の理論も提示された。そこの漸近的自由という概念にも南部は関与しているかと思って、Wikiをみたら、デイビッド・グロス 、H. デビッド・ポリツァー、フランク・ウィルチェックの三人の業績とある。そういえば、工作舎で1979年頃に、ポリツァーと南部の対話本があり、そこで漸近的自由が論じられていた。たしか、ポリツァーは南部の弟子ではなかったか。

南部のアイデアと業績が1975年で終わっているはずはないが、数理科学「南部陽一郎特集」号からは読取れないので、何かの機会に概観することができたら、更新した記事を書くことにする。誤謬を含むに違いない、とりあえずの粗い一次近似であった。

史実の評価

| コメント(4) | トラックバック(0)

以前にブログに書いた、菅直人首相の韓国に対する謝罪であるが、評論家の西部邁氏が、併合は法律的、政治的、道徳的に問題がないので、菅直人の謝罪は不適切と論じた、と新聞にあった。ただ、西部氏は、過去に「遺憾」の意を示すことには理解を示したとある。それはまあ、とりあえず妥当なのだろう。

ところが、成蹊大学教授、武田真一郎氏が、「そもそも歴史認識が重要なのは、過去の史実を現在の視点で評価し、よりよい未来につなげるため」と批判したという。いいたいことはなんとなく分かるが、これはとてもミスリーディングではないか。すなわち、当時と現在ではおかれている状況があまりにも異なる。

それは当然分っている、と言われるだろう。その状況の違いを勘案して、当時の史実をどうやって現在の視点で評価するのだろうか。少なくとも、当時の日本の軍備や経済力を考慮して、その範囲で、最善の施策を描いてみせなくてはならない。最善の施策がもし韓国併合であるなら、西部氏を批判することは妥当でなくなるので、描ける最善の施策は、韓国併合以外でなくてはならない。

すると一番の問題点は、南下を企てるロシアと、清である。韓国を併合しないなら、ロシアまたは清が韓国に進出してくる。すると、日本は切っ先を喉元に突きつけられた形である。そこで最善手を指すのは、いよいよ困難を極める。

そういう想定される苦しい状況から、どうやって「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すのだろうか。いよいよ分らない。

もっと一般化すると、過去の歴史を現在の視点で評価することは一般的に困難を極める。歴史学のNP困難問題といってよい。だから、歴史学者は安易に、現在の視点からみた歴史的意義のようなものを書くことにストイックである。

ただ、「大衆の反逆」でオルテガは、ローマの歴史から、フランス革命から、慎重に教訓を引き出してみせる。実際、「大衆の反逆」は、歴史からの教訓の考察に満ち満ちて、非常な説得力を以って迫る。それは、「大衆の反逆」を注意深く読むと、長い歴史の流れから浩瀚な知識を汲み取り、深い省察を加えて現代に投影しているからで、やはり、ある短い歴史的事実から、「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すということは、一般論として、乱暴にすぎると思われる。

実際、マチエは、その未完の主著『フランス革命』で、独自の視点でフランス革命を描きつつ、安易な「よりよい未来につなげるため」の視点など、滑り込ませていない。

ところが、ANNニュースによると、中ロ首脳会談で:

中国を訪れているロシアのメドベージェフ大統領は、「歴史の歪曲は許さない」と述べ、歴史認識をめぐる中ロの連携ぶりをアピールしました。
 メドベージェフ大統領:「我々は戦争についての真実を守らなければならない。第2次世界大戦の歴史的真実を変えようと している勢力が存在しているから、なおさらだ」
 大統領の指摘する「歴史的事実を変えようとする勢力」とは、北方領土の返還を求める日本を指しているとみられています。第2次大戦の間際に旧ソ連が参戦し、北方領土を占領したことを歴史の事実として正当化する狙いがあります。メドベージェフ大統領は27日、中国の胡錦涛国家主席と会談します。ともに日本と戦った両国は、対日戦勝65周年に関する共同声明を発表する予定で、日本をけん制する狙いがあるとみられています。
のような発言があった。尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件が起きた現在、何人の日本人が、この発言を平然と聞き流せるだろうか。

社長公募

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞の記事によると、ユーシンという自動車部品メーカの会社が社長を公募しているという。年収3500万円以上を保証するが、英語が堪能であることが条件。

「年収3500万円以上」につられたか、1772人が応募したという。それはそうだろう。しかし、なぜ英語か?

それは、自動車メーカが海外進出を加速させており、海外の自動車メーカとも仕事をしないと生き残れないからだという。しかし、英語がしゃべれる程度なら、社内にいくらでも人材がいるだろうと思われるが、幹部クラスにはいないのだという。日常会話くらいなら私でもできるが、きっと、本格的なビジネストークやネゴシエーションができるレベルが要求されているのだろう。

でも、と私は思う。自動車部品メーカの社長を務めるなら、英語はさておいても、自動車の業界知識、技術的知識がまず必要なのではあるまいか。

あと、当然に、構想力やリーダーシップ、人間的度量などが社長となると問われる。「英語が堪能であること」で絞っていていいのか。

ともかくも、1772人の応募者から、書類審査で120人に絞ったという。応募者には商社マンや銀業マンが多かったが、残った120人の半分は、欧米の大学を出ていて、女性が二割。テレビ局のアナウンサー、前県知事、外務省の官僚、大学教授など錚々たる?メンバもいる。「年収3500万円以上」なら、現職をなげうってもお釣りがくる。

この120人から、社長、副社長も含め、15人を選ぶというが、面接で適切な人物を選ぶことは難しいだろう。下手したら、学歴や現職、容姿などの形式的側面に引き摺られてしまうだろう。こうして私は、社長公募はうまくいかないと思う。少なくとも、これを決めた現社長の田辺氏が見張っていて、駄目なら直ぐに降ろすくらいの気持ちでないと下手したら社内がぐちゃぐちゃになってしまう。

正統なのは、社内から社長を選ぶことであるが、そうでないなら、別の会社の既に実績がある人を一本釣りすることである。間違っても英語力なんかを採用のキーにしてはいけない。トヨタの社長だって、英語はたどたどしい。もっとも、現トヨタの社長が名社長であるとの噂は聞いたことがないが。

意志の問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

共同通信によると、田代まさしがまた、麻薬所持で逮捕されたという。懲りない。以下、引用:

自称タレント田代まさし(本名田代政)容疑者(54)=東京都武蔵野市=が16日、コカインを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで、神奈川県警横浜水上署に現行犯で逮捕された。同署によると、田代容疑者は「間違いない」と容疑を認め、「3カ月半前に知り合ったディスクジョッキーから買った」などと供述している。田代容疑者は2005年に覚せい剤取締法違反などの罪で実刑判決を受けた。

私は、田代まさしがなんとだらしない奴だ、と非難するために引用したのではない。むしろ、人間の業とは何か、ついまた考えてしまう題材とした。

例えば、私はダイエットにより、体重を12キロ減らしたが、これを友人に話すと、どうやって達成したのだと、興味津々で聞かれる。なにかよい薬でもあるのか、と。

それに対して私は、いえいえ、ただ食べる量を減らしただけだというと、単に節食で12キロも減らすとは、何たる意志の強さ、自分は絶対無理だと感嘆する。

しかし、私が意志が強いなんてとんでもない。心のオーナーシップで述べたように、私は心の不随意性を知り抜いているといえる。つい今年の5月まで、私は節食なんて全くできなかった。体重を80キロ以下に下げるなんて、夢また夢だったのである。すると、私がダイエットできたのは、私の顕在意識外の何かの指示による、ということになる。

では、夢に白髭の老人が出てきて、節食するのじゃ、と杖を振るったのだろうか、とんでもない。5月のある日、なんの理由もなく、食べる量を減らすことに注意が行っただけである。それから旺盛な食欲を私は忘れた。便秘知らずだったのに、節食すると便秘気味になった。

では、私をダイエットに突き動かしているのは何だろうか。1つの解釈は、影である。すなわち、遠藤周作の名著に「影の心理学」という本があるが、影が私を突き動かしているという解釈はなりたつ。

別の解釈は、憑依である。すなわち、何かの霊が私にとり憑いて、食欲を無くさせている。私を摂食障害や餓死まで追い込まないのは、なかなか節度の利いた霊か。いや、霊は霊でも、ありがたい守護霊か。

あるいは、仏教的に縁だということもできる。親鸞の有名に寓話に次のようなものがある。すなわち、ある弟子に親鸞が問う、お前は人殺しができるかと。すると当然に弟子は応える。めっそうもありません、そんな、と。すると、親鸞は畳み掛ける。縁があると人間は、千人でも殺す、と。記憶が曖昧なので出典を確認しようと思ったができなかった。ともかく、縁とはすさまじいもので、縁があれば平凡な小男であるヒットラーがユダヤ人を600万人も殲滅する計画を立てるし、とりえのない地味な政治家だったトルーマンが、日本に対する原爆投下の決定も下すのである。

さらなる問いかけとして、私がダイエットを決心する仕組みと、田代まさしが意志に負けて麻薬を所持してしまう仕組みは同じか、というものがある。

また別の問いかけとして、まあ縁だとすると、強大な縁のドライブという名の借り物の意志に対して、われわれはどのような対処方法があるのか、というものもある。

きわめて卑近には、折角ダイエットしても、私の体重はリバウンドするのかどうかというきわめてどうでもいい問いかけもある。

また更には、魔が差すか、はたまた悪魔のささやきかと呟いてみる。ただ、悪魔と物神は共鳴する、という法則がある(今私が考えた)。これによると、反物神的なダイエットという行為に、普通悪魔は与しない。

こうして、何一つ問いかけに答えられないで、秋の夜長は更けゆくのであった。

日中関係

| コメント(2) | トラックバック(0)

尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国政府が謝罪と賠償を求めている件で、日本政府は謝罪や賠償に応じるつもりはないという。以下、読売新聞Webからの引用:

菅直人首相は26日、沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国政府が謝罪と賠償を求めたことについて「尖閣諸島は我が国固有の領土だ。謝罪とか賠償は考えられないし、全く応じるつもりはない」と述べ、拒否する姿勢を示した。都内で記者団の質問に答えた。

首相は日中関係について「中国側も戦略的互恵関係を深める点では姿勢を変えないと言っているので、双方冷静に大局的な観点に立って行動することが必要だ」と強調。日中双方が冷静に行動することが必要との考えを示した。

日本政府の対応は、まあ妥当であろう。今回の事件について、なんの卓見もないが、私の個人的感想を書いておく。

まず、中国が領土に拘るのは、仕方がない。なぜなら、あれだけ巨大な領土をもつが故の、物神性の当然の帰結である。すなわち、もてる者は一層ほしくなる。すると中国の今のような政策は、国家が分割でもされない限り、変わらないということになる。

日本の検察が、中国人船長を解放したのは仕方ない。なにしろ日本は、貿易と、レアメタルなどの資源で、中国に多くのものを負っている。人質ならぬ物質(ものじち)である。日本が脱中国を本気で志向したら中国だって困るはずであるが、日本がそうならないと中国は、高をくくっている。足許を見られている。日本の検察の対応を批判する声が大きいが、もともと、日本国の法律は、日本にいる日本国民のためのものであって、外国人だと別の色合いを帯びてくる。ましてや、中国に声高に騒がれては、冷静な対応を貫くことは難しい。

中国首脳部としても、反日の姿勢を示すことは、国内で好感を得やすい。下手に親日だと弱腰と避難される。

ところが、反日で足並みを揃える韓国も、今回は流石に中国に与しない。なぜなら、韓国も、領土問題で中国と確執があるからである。中国は実は、インドとも、またその他周辺国とも、国境で紛争を引き起している。なんとも中国は、満身創痍ではないか。チベット問題だけでも、半端ではない。

こうして中国は、国際世論で孤立しそうなものであるが、どの国も、中国の巨大な経済力、また、中国の膨大なマーケットの潜在価値を目の前にして、口をつぐむ。そういう自らの立場を知り抜いて、中国の鼻息は一層荒くなる。

私がそれでもつい中国に対する嫌悪感を過剰に募らせないのは、誠に個人的なことながら、とても親しい友人が複数中国にいるからであり、別の観点からいうと、9.11にまつわる米国の疑惑に鑑みると、中国が、我儘で強欲な隣人程度にしか思えないのである。少なくとも邪悪性はあまり感じない。そんなことを言っていると、チベットの人に叱られるか。

海上保安庁の船に衝突した漁船であるが、最初、それ自体が中国のなにかの仕掛けかと思っていた。しかし、それはどうも偶然で、むしろ、海上保安庁の船に衝突して拿捕されたことをきっかけに、中国首脳部が仕掛けたらしい。というのは、拿捕された漁船の船長を、足繁く日本の中国大使館の館員が見舞ったらしいからである。

さて、戻って、謝罪と賠償を拒否された中国の出方が見ものである。流石に中国も、これがあっさり呑まれるとは思っていなかっただろう。しかし、振り上げた拳は簡単に下ろせない。どう落としどころを見出すのか、政治的駆け引きの醍醐味をじっくり鑑賞することとしよう。

ノーベル賞候補

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年もトムソン・ロイターがノーベル賞候補を発表した。SCIENCE JAPANの記事は、下記のとおりである。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月4日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表いたします。

今回、新たに有力候補として加えられた研究者は21人。そのうち、日本からは医学・生理学分野で山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)教授、化学分野で北川進京都大学iCeMS副拠点長・教授、そして経済学分野で清滝信宏プリンストン大学教授が選出されました。2002年にこの有力候補者発表を定期化して以来、日本人の経済学分野での選出は初となります。

去年のトムソン・ロイターのノーベル賞候補は、こちらに書いたとおりで、日本人の候補としては、MRIが専門の小川 誠二 東北福祉大学 特任教授であったが、見事に外れた。

そして今年はようやく、私が数年前から一押しだった山中伸弥氏が入った。ノーベル賞は保守的なので、評価が定まるまでにじっくり様子をみるのであろうか。

そういえば、以前にこのようなブログ記事も書いたが、そこには、「経済学では計量経済学の権威であるスタンフォード大教授の雨宮健氏が有力」とあったのに、いつのまにか立ち消え、今度は経済学分野で、清滝信宏プリンストン大学教授が選出された。プリンストン大学といえば、かのバーナンキも出身の経済学(だけではないが)の名門であるが、日本人の経済学賞候補というのは、どうも力弱いと感じるのは私だけだろうか。なにしろ、大学で、猫よりも暇と揶揄される?経済学部、日本では到底ステータスが高いとは言えない。

化学分野で北川進京都大学教授というのは聞いたことがないが、特許データベースでみると、有機金属錯体の分野で、平成8年以降、26件の特許出願がある。もちろん私には、その発明の価値は分からない。ただ、ちょっと凄さの片鱗を感じさせるのは、北川進氏の最初の特許出願は、大阪瓦斯との共同出願なのだが、なんと14件被引用がある。ガス貯蔵性を有する新規な金属錯体ということで、水素自動車に応用があるのかもしれない。

2008年に挙げた信州大の遠藤守信氏や、北大の鈴木章氏、それに九大の新海征治氏、東大の十倉好紀、阪大の審良静男氏、東北大の中沢正隆氏、名城大の飯島澄男氏などと同様に、一応候補になるレベルだろうか。この中から今年のノーベル賞が一人でも出れば、下手な鉄砲が当たったことになる。

耐性菌の戦略

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日ブログに書いた多剤耐性菌であるが、新聞に耐性獲得の仕組みが書かれていたので、まとめてみる。

  1. 先ず、最初の戦略は、結合部位を変身させるものである。すなわち、結合するのは、化学的な相性によるが、結合部位を変身させることで、今まで結合していた薬品の化学組成では、その部位に結合しなくなって、最早効かなくなる。
  2. 次は、酵素で不活性化させるものである。今まで薬品が効いていて、その薬品を不活性化させる酵素を産生できるようになるということは、酵素生成の新たな遺伝子が活性化される、ということであろうか。なんとなく、免疫の仕組みとの類似もみてとれる。
  3. 次は、排出ポンプを使う仕組みである、すなわち、細胞内部に入ってきた薬品を認識して排出ポンプで排出する。人間で言えば、下痢をするのと似ている。
  4. 次は、薬品の入り口をブロックすることである。完全には薬の侵入を防げなくても、入ってくる薬の種類を減らす。
  5. 次は、バイオフィルムを使う戦略である。すなわち、複数の菌が協働して、粘り気のあるバイオフィルムで周囲を取り囲み、薬品をブロックする。人間でいえば、防空壕あるいはシェルタの類似である。

どの細菌がどの戦略が得意と決まっておらず、場合により、上記のうち複数の戦略を駆使することがある、ということで結構タフである。

細菌が耐性を獲得するきっかけは2つある。1つは、薬品に晒されることである。そうやって死滅する細菌がいる一方で、生き残り、臥薪嘗胆で耐性を獲得するものがでてくる。もう1つは、他の耐性菌から、耐性遺伝子を獲得することである。多剤耐性菌で述べたNDM1は、まさにそのような耐性遺伝子の一種である。NDM1はインドが起源と言われているが、NDM1をもった大腸菌が見つかり、また、米国では、NDM1をもった肺炎桿菌がみつかっている。NDM1を他の細菌から譲り受けると、多くの抗菌薬を分解できる酵素を産生する能力を獲得する。上記のうち、2番目の戦略である。

このような細菌の戦略を前にして、製薬会社はなんと、2000年以降、抗菌剤の開発をストップしている。なぜなら、一旦開発してもすぐに細菌が耐性を獲得して効かなくなったり、また、慢性疾患の薬のように継続的に使用するものでないため、収益性が低いだめである。

すると、医療現場では、多剤耐性菌に感染した患者に対してできることは限られている。既存の複数の抗菌剤を試しながら、対処療法で凌ぎ、患者の免疫力が発揮されるのを待つしかないということになる。

中国の友人

| コメント(0) | トラックバック(0)

約2週間前に、中国の友人からメールが来た。それは、箱根とディズニーランドで、お勧めのホテルはどこか、と聞くというものだった。なんでも、10月の国慶節の1週間の休暇を利用して家族で日本に旅行に行きたいという趣旨である。以前に仕事の出張で日本に来たとき、私が箱根はいいよと紹介したら、仲間と行ってみて、本当に感激したらしい。あんな緻密な観光地は多分中国にはない。それで今度は家族でいってみようと思ったらしい。また、日本のディズニーランドは、世界一だという評判が中国であるらしくて、そちらも是非行こうということになったらしい。

まだお子さんが小さい。確か2歳くらいのはずである。それで、観光は詳しくないのだが、折角聞いてくれているのだからと、ホームページなどで私になり調べて回答したが、その後音沙汰がない。どうしたのだろうと思っていたら、例の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が起きていた。それは調べてみると、9月7日なので、友人からメールをもらった日より微妙に前だが、そのときはまだ、国際問題化していなかったような気がする。

最近では、中国で準大手ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人が河北省石家荘市国家安全機関の取り調べを受けている事件も起きた。これではいよいよ友人は、家族で日本に観光旅行どころではあるまいと、私はあえて友人にフォローしていない。

こういう事件があると実にやりにくい。そういえば、2003年のSARSの事件があったときも、別の中国の友人との間で大変まずいことになったことがある。すなわち、その友人が、社内の仕事で日本に出張するというので、私の方で関係者に連絡して、ミーティングをセットした。ほっとしたのもつかの間、ミーティングの参加者の一人から横槍が入った。こんなご時世に、なんで中国からやってくる人とミーティングするんだ、SARSがうつったらどうする、冗談ではないと。

それを渋々メールしたら、とても仲のよい友人なのに、しばらく何も返事がなかった。数日して、まあ仕方ないね、と短いメールが来た。気まずい日々の後、数ヶ月後に、以前と同様にメールでやりとりできるようになったが、実に気を使う。

また、その中国の友人がそれ以前に日本に出張にきたとき、轟音を立ててジェット機が頭上を飛んでいった。友人は私に、あれは何だと聞くので、あれは米軍の爆撃機だと説明したところ、キッと私を睨んで、なんで米軍の爆撃機が日本にいるんだと聞くので、それは安保条約なのだと言おうとして、どう英語で説明したものか考えあぐねたのと、友人の気配に気圧されたのとで、私は絶句してしまった。内心、おいおい、そんなに米国嫌いなら、なんで米国ベースの外資系の会社に入社したんだよ、とつぶやきながら。

ところで、ニュースをみていると、海上保安庁は、拘束していた中国漁船の船員を解放するらしい。でも、家族で日本に旅行したいと言っていた別の中国の友人が、気をとりなおして日本に来月来ることは流石にないのだろうな、と空を見つめた。以前に米軍の爆撃機が飛んでいたあたりである。

弁護士トラブル

| コメント(4) | トラックバック(0)

ダイヤモンドオンラインによると、最近、弁護士トラブルが増えているという。以下、適宜引用しつつコメントする。

「事前に何の説明もなく、突然300万円を請求された」
「強引に契約を結ばされた」
「無料相談のはずが、料金を取られた」

全国の消費者センターなどに寄せられたこれらの苦情。いずれも、弁護士に対するものだ。その数は10年前の6倍を超え、昨年度は1900件余りにのぼっている。急増する"弁護士トラブル"の現場を取材して明らかになってきたのは、自らの利益ばかりを優先する弁護士たちの姿。そして、弁護士が暴力団関係者とつながり犯罪にかかわるケースも増えているという深刻な実態だった。

私はもともと、弁護士が倫理高潔の士だなんて思ったことはない。そもそも、司法試験に倫理の科目はない。それにしても、最近、弁護士のトラブルが増えているとはどうしたことか。

弁護士法第一条には、「弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とある。"正義の味方"であるはずの弁護士に一体何が起きているのか。

それは、大いに建前であろう。典型的には次のような事件があった。

今年1月、北海道の会社員の男性が借金の整理を依頼した弁護士を訴えた。男性は3年前、毎月10万円をこえる返済に行き詰まり、東京の弁護士に相談した。その結果、残った借金は大幅に減って189万円となり、月々の返済額も半分以下になった。

ところが今年になって、男性は思いがけない事実を知った。男性に返ってくるはずの250万円もの金が2年も前に弁護士の口座に振り込まれたままになっていたのだ。法律の上限を超えて払いすぎていた「過払い金」だ。これを返済に充てていれば、借金はすべて帳消しとなり、この2年間の返済は全く必要なかったことになる。

「弁護士は過払い金を着服するつもりだったのではないか」

男性の疑問を確かめるため弁護士の事務所を訪ねた私たちに、弁護士は後から男性に渡すつもりだった、返済額は減っていたので苦労していないはずだと答えた。弁護士は今年6月、男性と和解。自らの報酬と経費を差し引いた200万円を男性に渡した。

また、次のようにマッチポンプで稼ぐ弁護士がいる。

違法な業者と手を組んだとして訴えられた弁護士もいる。弁護士は九州各地で借金の相談会を開いていた。弁護士を訴えた女性は夫が病気になった20 年前から生活のための借金と返済を繰り返してきた。トラブルのきっかけは去年、1人の業者が自宅を訪ねてきたことだった。業者は「過払い金が戻ってくるはずだ、いい弁護士を紹介する」と持ちかけ借金の相談会に連れて行ったという。女性はそこで弁護士と契約を結んだ。

7ヵ月後、女性は弁護士から呼び出された。契約を結んだときと同じ相談会の会場で、返ってきた過払い金だとして600万円もの現金を受け取った。これほどの大金を直接手渡されると思っていなかった女性は、札束を持つ手が震えたという。女性が外に出ると、車で来ていた業者が待っていた。女性は金を請求する業者に従い、弁護士から受け取ったばかりの現金から263万円を手渡したという。

しかし、田中 森一の例を挙げるまでもなく、弁護士と闇社会はとても近い距離にある。弁護士が一歩足を踏み入れれば、簡単に闇社会との癒着が始まり、また、うまくいくと濡れ手に泡の稼ぎとなる。

弁護士が堕落した理由は次のとおりである。

  1. この10年間で、弁護士業界の規制緩和が進み、広告が解禁されたり、報酬が自由化されたりしたことで弁護士の間で競争が激しくなっている。
  2. 司法制度改革によって弁護士の数が急増したことで都市部を中心に過当競争が起きている。

要するに、尋常な手段では稼ぐことが難しくなったので、非合法すれすれのことをやっている弁護士が増えてきたという次第である。次のような事件もある。

まず、新たな会社を作って銀行から融資を引き出す。資金が集まったところで、暴力団関係者の依頼を受けた弁護士が「会社は倒産することになった。融資の回収は自分を通してほしい」と銀行に通知。弁護士が交渉の窓口になったところで暴力団関係者は資金を持ち逃げするというものだ。

結局、貧すれば鈍するのである。

弁護士はなぜ闇社会に取り込まれるのか。違法行為に誘われたことがあるという東京の尾崎勝一弁護士。「高額の報酬を払うので名前だけを貸してほしい」と誘われた。尾崎弁護士は断ったが、誘いに乗りかねない弁護士は身近に少なからずいるという。弁護士の競争が激しくなっている大都市では、仕事のない弁護士が増えているからだ。

司法試験でも述べた、政府の弁護士増加計画は、このような弁護士の堕落を促進するだろう。どうしても弁護士増加と、弁護士の質向上をリンクさせたいなら、倫理規定を厳格化し、不埒な行為をした弁護士は即、永久失格とする。すると、新任の弁護士がその穴を埋められる。ただ、失格の烙印を押された弁護士が黙って引き下がるだろうか。そもそも、そんなにつぶしの利くスキルではないのである。で、とりあえず弁護士の定員を徒に増やすのは止めようということにならないだろうか。

透明な力

| コメント(5) | トラックバック(0)

NBLさんに紹介戴き、池月映氏にコメント戴いた、「透明な力」木村達雄著、文春文庫の佐川幸義であるが、一応読了したので、今となっては蛇足なようなコメントを書いてみる。

まず、佐川幸義氏の生い立ちであるが、1902年、北海道湧別生まれ。私の祖母とほぼ同年代である。

佐川氏の近所に住んでいた宿屋の主人、堀川泰宗がたまたま、汽車の中で武田惣角と出会い、それが縁で、佐川氏の近所で武田惣角が合気の講習会を開いた。武術に興味があった佐川氏の父親が息子を連れてそれに参加し、それが佐川氏が合気に出会うきっかけとなった。

武田惣角の合気の講習会は何度も開かれ、10歳になっていた佐川氏は直接、武田惣角から指導を受けるチャンスがあった。警戒して滅多に型や技を見せない武田惣角であるが、佐川氏が子供だったので、気を許したのかもしれない。ただ、手取り足取り指導をうけたわけではない。武田惣角は、そういうことはしないタイプだった。

それでも、武田惣角の出会いで合気に興味をもった佐川氏は、父親とともに着々と修行を重ね、早くも17歳で、合気に開眼した。すなわち、ついに合気あげができるようになったのである。それは偏に、佐川氏の才能によるものであろう。なにしろ、合気ほど習得の才能の稀なものはちょっとない。

ただもちろん、それは始まりにすぎず、その後の佐川氏は、武田惣角の助手としてついて廻ったりしながら、長い修行は死ぬまで続くのであった。その間、武勇伝もあったに違いないのだが、「透明な力」はあまり書かれていない。

それよりも、「透明な力」に多くのページが割かれているのは、修行論というか、広い意味での人生論である。すなわち、これでいいと思ってはいけない、修行し続けなくてはならない、70代でも伸びるなど、出来れば一生現役でいたい私には心にしみる。

あと、私にとって反省なのは、佐川氏が、頭を使って体を鍛えなさい、といっているところである。合気は馬鹿ではできないと。私の反省は、あまりに体を使う要素が少ないので、体の衰えから頭も衰えてしまうかもしれないという危惧を感じた。流石に私には合気のような修行は無理であるが、少なくとも体もきちんと鍛えないと一生現役は果たせないということになる。

そこで合気とは何か、ということを私なりに考えてみた。佐川氏の示唆によると、それは相手の力を出させないようにすることだという。すなわち、相手が大男でも関係ない、と。そこで私が閃いたことがある。例えば、私は私の肉体を操る力がある。肉体/幽体/霊体の三層モデルだと、肉体というのはメカニックであって、操作されうる実体である。それを操るのは、幽体なのか霊体なのか分からないが、ともかく肉体自身ではない。

すると合気とは、自分の幽体でもって、相手の肉体を操る技術なのではあるまいか。覚醒している時点で、幽体は肉体から遠く離れることはできない。これが、合気が近接技である理由である。ただ、幽体から肉体への作用もあれば、肉体から幽体への作用もある。このため、幽体に作用する肉体として、肉体は絶えず鍛えておかなくてはならない。

鍛えると、他人の肉体への作用力が高まり、他人を合気でふっとばすことができるようになる。これができるようになったのは佐川氏の70代のころだというから、相当の修練を要する技なのである。ただ、合気の才能の希少さに鑑みると、幽体を他人に対して力学的に作用させることができるというのは、相当な特異体質なのだろう。特異体質を備え、且つ尋常でない努力を要する。

こういう力学は、当然に、現代物理学では扱えない。例えば、場の量子論というとき、場に、幽体も霊体も居場所がない。すると、霊的場の量子論を考えなくてはならないが、それは現代物理学とは根本的にパラダイムの異なるものであるに違いない。

昔、ちょっとだけヨガを習ったことがあったが、講師の人がいうには、ヨガの働きを科学的に解明するには、あと少なくとも500年はかかるのではないかという。その500年の根拠がよくわからないが、ヨガもまた、霊的場の量子論の法則に従うなら、解明に500年、あるいは1000年かかってもおかしくないだろう。と、例によって荒唐無稽な結論で終ることにする。

パーティ主催

| コメント(4) | トラックバック(0)

何度も書いたが、私はもともと学者になるつもりで才能がなくて果たせず、こうやってしがないサラリーマンをやっている。ところが、約12年くらい事務方の管理職をやっていたので、その間、部門でコンファレンスなどあると、会議室の手配やら、ホテルの予約やら、空港での出迎えなど、大童でいつもうんざりだった。

今となっては、管理職を降りて、特許実務に専念できている。そんなに好きでもなく向いてもいない特許実務であるが、一番楽しいのは、特許出願のために、先端技術について発明者に聞いたり勉強したりすることである。

ところが、記憶を辿ってみると、私が人生で得た一番よい評判はどうも、コンファレンスの主催などの仕事にまつわるものかもしれない。私のことを多少なりとも知っている友人は、そう言うと、そんなのありえるのかと驚きを隠さない。

というのは、人付き合いを避けて本を読んだり、パソコンに耽溺したりと、どうみても社交的な側面が窺われないからである。他人によく気がつくと言われることも皆無である。そういう人物がよくパーティを主催できるなんてことは絶対ありえない。私ですらそう思う。

では、私のパーティのやり方はというと、臆病で失敗を極端に恐れる、いかにも腺病質といっていいものである。すなわち、予定の時間より随分早く行って準備する、あるプランがフェイルすることを想定して、二重にも三重にも策を考えておく。つまらないことであってもいちいち、参加者の意向を聞き、それを実現しようと手を打つ。

すると、私が主催するパーティは、何一つエキサイティングなことが起きない。淡々と物事が進むだけである。傍から見て、いかにも退屈なコンファレンスだったり、パーティなのだろうと事務局をやっている私ですら思う。もちろん、主催者である私がパーティをエンジョイするなんてありえない。神経をすり減らして、早く予定が無事終らないかな、とばかり思っている。

そうやって私が神経質にたたずんでいるのに、参加者はいよいよくつろぎ、私に遠慮なくいろいろ聞いてくる。注文する。どうも、質問やリクエスト歓迎しますよ、みたいな雰囲気を漂わせているらしい。

だから、無事コンファレンスやパーティが終ると、どっと疲れて寝込みそうになる。少なくとも、参加者からは、悪い評判ではないようである。それだけでもまあいいかと思う。

ところが、私のようなきめ細かいある意味神経質なやり方は、とても意外なのだが、米国人に評判がよい、理由は、米国人はコンファレンスの主催にあまり細かい神経を使わないようなのである。だから、コンファレンスの後のディナーで隣り合わせた米国人(あいにく男性だったが)から、これは自分が今まで出席した中でベストのコンファレンスだと褒められた。そこで止せばいいのに私が、あなたが無事米国に帰らないと私のミッションは果たせたと言えないのだと真面目にいうと、米国人は笑って、じゃ帰りの飛行機が落ちたらお前を呪うからな、冗談をいう。

そういうコンファレンスを通じて、主として外国担当者であるが、私はじわっと人脈を増やしていった。私が外国に出張にいくと、"Hi!"と声を掛けてくれる人がいたりする。

それで、ある時点で気づいたら、私が所属している部門では、私が一番外国担当者に顔が売れているという時期があった。それは悪くないが、よく分からないけどそれを妬む人もいるようで、いや、そのせいでもないのかもしれないが、そういう広く薄い私の人脈は、ほとんど昇進とかその他のメリットを私にもたらさず、却って私は冷遇されたりした。

私は別に人脈を広げようとしたわけではない。偉い人にゴマをすったこともない。ただ、失敗しないようにだけ考えて神経をすり減らしてコンファレンスを主催し、その結果、意図せず少しだけ人脈が広がっただけである。それが巡って蹴落とされる原因になるとは、と世の中の不条理をまた少し垣間見たような気がした。

別の解釈では、よかれと思ってコンファレンスを主催し励むことは、自己中心性を減らし、霊格を上げることにつながる。ところが、ヨブ記ではないが、霊格が上がると、神は、待ってましたと試練を下さるのである。そこで悪態をついて霊格を下げるのも人の性(さが)だが、霊格を下げたところで、それでは、と物質的な幸福がやってくるわけでもなく、一層惨めになったりする。本当に人生は生きにくいものである。

司法試験

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースによると、司法試験の合格率がどんどん下がっている。ただ、合格者は、横ばいである。その統計を表にしてみると、次のとおりである。

年度合格率合格人数
200648.31009
200740.21851
200833.02065
200927.62043
201025.42074


合格者が横ばいで、合格率が下がっているということは、何のことはない、受験生の数が単に増えているということであり、また、明らかに、受験生の平均レベルが下がっているということである。

受かった人が抜けて未熟な受験生が残っているだとすると、そのように次第に合格率が下がるのは仕方なくて、それでもそのうち必ず平衡状態に落ち着くはずである。だから。今の状態はとりたてて問題とは思えないが、政府は毎年3000人合格させることを目標としているそうである。

しかし、そうやって沢山合格させるということは、司法試験は競争試験というよりも資格試験なので、受験生のレベルを上げなくてはならない。すると、政府は数多ある全国の法科大学院の教育体制に疑問を呈する。例えば、鹿児島大学といえば、中堅国立大学であるが、なんとそこの法科大学院は、今年一人も合格者が出ていない。青山学院大学のような、そこそこ有名な私立大学でも、合格者は3人しかおらず、合格率はわずか3.6%である。すると大学の格には拘わらず、教員集めに失敗すると、悲惨な合格率となることを示唆する。

ただ、マクロな視点でいうと、政府は年間3000人も司法試験で合格させて、なにがしたいのだろうか。巷の声を聞くと、弁護士は余っており、新規に司法試験に受かっても、なかなか就職がないという。すると政府は、さらに職にあぶれる弁護士を増やそうというのか。

一方で政府は、現在の合格率だと、折角法科大学院を卒業しても合格できない人が出てくるのを憂慮している。実際、現在の制度では、法科大学院を卒業すると、三回しか試験を受ける権利がなく、三回以内に合格しないと、受験資格さえ失う。すなわち、退場である。今年、退場となった人はなんと、806人もいた。高い費用をかけて弁護士になる機会を失うのは痛い。政府が合格者を増やしたいというのは、ミクロには、法科大学院を卒業して退場になってしまう人を少しでも減らしたいという親心か。

さらに親心に背いているのは、未修者、すなわち法学部出身者でない人の合格率が17%と、既習者の合格率の37%よりも遥かに劣ることである。新司法試験の建前で、法学部以外の、技術系、経済系などの多様な人材を弁護士に登用する、というものがあった。しかし結局、試験内容が法律一辺倒であるなら、未修者が不利なのも仕方ない。未修者に有利なように、技術や経済の試験科目も設けてはどうか。

また、冷静に言うと、法科大学院を卒業すると絶対弁護士にはなれるというのはありえない。そんな合格保証している国家資格なんてない。すると、現状は、もともと法曹に才能がない人も法科大学院を通じて司法試験を目指しているだけではないかという解釈も成立する。

すると、法科大学院が多すぎることと、その授業料が高すぎることが問題になる。これなら旧司法試験の方がましではなかったかとも思われる。一番の問題は、日本で弁護士の需要が少ないことである。今後の自然な流れは、多くの大学が法科大学院から撤退し、合格人数も減る、そして、残った主要大学の法科大学院の入試が激化し、そこをきちんと卒業すると、かなり高い確率で司法試験に受かるようになる、と予想するがどうであろうか。

なにかの雑誌の紹介で、「マイクロソフトを変革した知財戦略」、マーシャル・フェルプス、デビット・クライン著、加藤浩一郎監訳をみつけたので、早速購入して読んでみた。

これは、私と同じ情報処理の業界にいて、知財に関与している人には、ほとんど必読書であるといっていいくらい、いい本だと思う。以下、個人的な感想というかメモである。

マーシャル・フェルプスは長らく、IBMの特許部門の総責任者のような地位にあった。1993年頃の大リストラで会社が傾き、ガースナーが新しいCEOとしてやってきたとき、いまいちソリがあわなかったようである。それでも、当時IBMには、来期の予算を確保する目途さえなかった。それで、マーシャル・フェルプスたちは、特許のライセンスで稼ぐことを考え、そのやり方を構築した。もともとIBMは、クローズドな会社で、ライセンスはしなかった。コンパチメーカを潰すには手段を選ばないという悪評があった。

マーシャル・フェルプスは結局、IBMにおいて、ライセンス料で年間10億ドルを稼げるまでに仕組みを作り上げたのだが、2000年にIBMを去った。どうも結局、上位マネジメントと相性がよくなかったようである。

付言しておくと、もちろんマーシャル・フェルプスの手腕は半端ではないが、IBMには、それまで膨大な研究投資した結果としての、ぎらめくような特許群があったようである。フェルプスは、背に腹はかえられず、それらの特許に込められたポテンシャルを開放したのであった。その分、独占性は損なわれたかもしれないが、時代がもともと、一社技術独占ではなくなってきていたのである。

2003年頃、しばらく別の仕事をしていたとき、フェルプスは突然、有名人から電話を受けた。なんとビル・ゲイツである。マイクロソフトに特許の責任者としてきてほしいというオファーだが、それこそ晴天の霹靂だった。しかし、フェルプスはこれを受ける。そして、とてつもない遣り甲斐を予感した。

ビル・ゲイツがマーシャル・フェルプスに期待したのは、マイクロソフトにおいて、特許管理の仕組みを作ることと、今までのマイクロソフトのクローズドなやり方を、根本から変えることだった。これはまさに、ビル・ゲイツが、Windows NTを開発するために、デービッド・カトラーを招聘したことに対応する。詳細は、「闘うプログラマ」という著書に譲るが、Windows 95が大成功を収めている段階で、全く新しい32ビット・ネイティブなOSを作ろうというのだから、リスク一杯である。しかし、ビル・ゲイツは、NTなしではマイクロソフトの未来はないと信じた。実際、その後のWindows 2000も、XPもWindows 7も全て、Windows NTの路線上にある。

マーシャル・フェルプスが最初にマイクロソフトでやったことは、NAP条項の撤廃である。NAP条項とは、Non-Assertion of Patents、すなわち特許非係争条項で、例えばマイクロソフトが、Windowsに関して日本のパソコン・メーカーと使用許諾契約を結ぶ際、日本のパソコン・メーカーに、マイクロソフトに特許侵害の訴訟を起こさないことを誓約させるものである。この条項は、マイクロソフトがまだ小さい一ソフトメーカーであったころはいいとして、世界に冠たる規模の企業になってくると、独占禁止法の対象にもなってきた。そこで、マーシャル・フェルプスは、NAP条項を廃止しようと努力したのだが、社内では大いなる軋轢、社外では当惑をもって迎えられた。それでも、社内では、ビル・ゲイツ、スチーブ・バルマーの強力な支援で、次第に地歩を固めていった。

しかし、なんといっても、マーシャル・フェルプスの託された主要なミッションは、独占の権化のようなマイクロソフトを、オープン・イノベーションのトラックに乗せることである。そのためには、逆説のようであるが、保有特許件数を増やさなくてはならない。実際、マイクロソフトは、下記のように、年毎に着々と米国特許発行件数を増やしていっている。なお、件数は、私が米国特許庁のサイトで独自に調べたものである。

米国特許発行件数
2003500
2004464
2005746
20061459
20071636
20082025
20092902

こうしてみると、マーシャル・フェルプスの入社と、特許件数の増大は、多少相関があるといえる。ともかく、マーシャル・フェルプスの次のような趣旨の発言は興味深い。すなわち、マイクロソフトではキャッシュは潤沢にあるので、特許ライセンスで稼ぐということにフォーカスする必要は全くない、という内容である。これを聞いて羨ましいと思わない企業は少ないであろう。実際、フェルプスがIBMで手がけたライセンス収入を作り出すスキームは、利潤の枯渇に苦しむIBMにとって死活問題であり、そんな優雅なことを言っている場合ではなかった。

増大してきた特許ポートフォリオを背景に、マーシャル・フェルプスが進めたことは、クロスライセンスであった。知的財産を使ってコラボレーションを生み出すということの典型的な施策である。ところが、伝統的な会社は、マイクロソフトの開放性にとても怪訝で、また、「所詮」ソフトウェア会社の特許ポートフォリオの価値に対する疑問も払拭できなかった。それでも、苦難の末、マイクロソフトは、典型的な大企業で特許の世界でもビッグネームの東芝と、クロスライセンスに漕ぎ付けた。

特許訴訟という意味では、マイクロソフトは、いわゆるディープ・ポケットであって、攻められっぱなしであった。反訴しようにも、使える特許をあまり保有していなかった。そこで、特許ポートフォリオを充実させて、その抑止力で訴訟を減らし、クロスライセンスを増やしていくというのが明確な方針になった。

そもそも、特許訴訟を起こして、相手をとっちめるという方針は、独占禁止法の対象になりやすいマイクロソフトには相応しくない。なにほどかのライセンス料を稼いだとしても、評判として失うものが大きい。なによりも、オープンソースが隆盛のIT業界で、コミュニティから叩かれて、村八分になってしまう。SCOがそうであった。

サーバOSの世界でも、オープンソースのリナックスを含むヘテロな環境が普通であるような状態で、ひとりマイクロソフトの権利を主張することは、自分の首を絞めることにもつながる。こうして、マーシャル・フェルプスは、レッドハットとの契約には失敗したものの、ノベルとの契約には漕ぎ付け、マイクロソフトにオープン・イノベーションへのトレンドというか、モーメンタムを作り出した後引退し、今はロースクールの教授を務めるなど、悠々自適の人生を送っているようである。

バカリーマン

| コメント(0) | トラックバック(0)

新聞の書籍広告をみていたら、 バカでも年収1000万円 伊藤 喜之 (著) ダイヤモンド社とあって、伊藤氏の肩書きは、冗談だろうけど、バカリーマン日本代表とある。

こうやって新聞の書籍広告で目を引くというのは、マーケティングとして優れていることを示しており、その時点で既にバカではない。

さて、ここでいうバカの定義とは何か。おそらく、大卒ではないとか、大卒だったとしても、あまり聞いたことがないような大学出身という程度の意味ではないだろうか。すると例えば、英文法が苦手で、英単語を記憶するのも苦手な人がいたとしたら、今の大学入試で、そこそこ有名どころの大学にはまず受からない。すると、たちまちバカの定義に該当してしまうのかもしれない。

しかし、英文法も英単語も知らなくても、ビジネスのスキルがあれば、人並以上に稼ぐことができる。そもそも、知能と収入に書いたように、学歴と収入は意外に相関が少ない。すると、このバカリーマンの方が仰っていることも、普通の命題ということになる。

では、「バカでも年収1000万円」の本は、どのような内容なのだろうか。Amazonのページから引用してみる。

バカリーマンでも1000万円稼げる「バカ6大奥義」とは...

その1【成功の糸】
......これまで見落としていた「成功の糸」をつかむだけで人生が激変する

その2【超速行動】
......「人の倍はたらく」のではなく「人の5倍のスピードで行動する」と一瞬で成功する

その3【弱点レーダー】
......どんな一流の人にも勝てる「弱点レーダーチャート」を武器にする

その4【人に貯金】
......お金は銀行に預けるな。もっとも利息が高いのは、「人への貯金」である

その5【夢は持つな】
......半端な「夢」を持つと自分の可能性を制限する。毎日、全力を出すだけでいい

その6【逆さまの法則】
......仕事でもプライベートでも、自分のほしい結果を、最短でつかむ方法

本を買ってみないと詳しい内容は分らないが、「超速行動」、「人に貯金」というのはなんとなく分る。また、「夢は持つな」というのは流石で、確かに下手な夢は却って邪魔になる。

で、私が言いたいことは、何がバカリーマンだ、ふざげるな、ということである。「人の5倍のスピードで行動する」1つをとってみても、バカにできる訳がない。これは相当に一流の人だけができることで、単に学歴をもってバカを自称するのは妥当性を欠く。

本当のバカリーマンはこんなのではない。本当のバカリーマンとはどのようか、それはこのブログでも何度も書いたので、最早繰り返さない。

臨戦態勢

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、メタボはなぜよくないかのところで、将棋の故大山名人を引き合いに出して、勝負師はダイエットしてはいけないのだろうか、と問いかけをしたら、友人から反応があり、次のような趣旨のコメントをもらった。

すなわち、プロの将棋というのは、いかに細かいミスをしないかであり、そのために異様な注意力を強いられ、また、不利になったときも、じっと耐えて逆転を狙う。そこは実に忍耐を要するしんどい仕事であり、そうやって将棋に神経を使うということは、将棋以外のところで、我侭に振舞えなくてはならない。すなわち、食べたいものがあったら食べ、文句があったら構わず言う。そうやって将棋以外で自由にやってこそ勝負に勝てるのであり、ダイエットなんてとんでもない。

ううん、言われてみると確かにそうである。この理由の他に、ダイエットしてはまずい状況を考えてみると、他人と競う場面が多いような人は、やはりダイエットが向かない。特に、瞬発力を要すれば要するほど、その程度が激しい。典型的には相撲取りであり、あるいは野球選手である。スポーツ選手全般に、ダイエットは相応しくない。というのは、他人と競うためには、過剰なエネルギを抱えていなくてはならない。ダイエットするということは、ガス欠ぎりぎりの状況で走り、なくなりそうになったら少しだけ給油するようなものである。自動車のガソリンタンクを満タンにしていても、なにも問題はないが、人間で燃料源が過剰であると、臓器炎症などいろいろ不具合が起こるらしい。

ところで私が12キロも痩せたというのは、前にも書いたが、さて果たして以前より健康になったのか、さっぱり自覚はない。意識するのは、ズボンのベルトの穴が大分内側を使うようになった程度である。ただ、いまいち元気が出ないと感じることはある。空腹になるとすこしふらつくことがあり、果たしてダイエット=健康なのか、いよいよ分からない。

それでも、仕事には全く影響がない。最近、随分面倒な長い特許明細書を書いていたりすることがあるが、ダイエット後にペースが落ちたという感じはない。その理由はどうも、他人と競うことなく、マイペースで出来ているからであろう。競わないなら、車で言えば法定速度でちんたら走ればいいので、過剰なエネルギはいらない。そういうペースで仕事が出来ているというのは、とても幸せなことなのかもしれない、と次第に思ってきた。

ただこれが、もし他社との特許侵害に巻き込まれて、早急に無効調査をしたり、応答の案文を書かなくてはならないなどの緊急事態だと、ダイエットしすぎた体ではもたないかもしれない。すなわち、そういう状態を臨戦態勢と呼ぶことにすると、臨戦態勢にダイエットはNGである、ということになる。

だから一線のサラリーマンは、ダイエットなんかしていられない。緊急でレポートを書かなくてはならないし、取引先との会食もある。週末にスポーツスラブに通うので、スタミナをつけておかなくてはならない。すると、今夜は焼肉とビールか、いいねぇ、ということになったりする。ダイエットどころではない。

こうしてのんびりダイエットできるのは、たいした仕事もないOLと、一線を引いた引退間近のサラリーマンだけ、ということになる。私が後者に属することが抗えなくなってきた。そこで流れてくる曲は、ドナドナだったりする。

質量の起源

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日本屋を散策したとき、数理科学という雑誌が置いてあり、「南部陽一郎」特集だったので、迷わず買った。それでパラパラとめくっていると、2008年ノーベル物理学賞受賞者である小林誠氏が、「質量の起源」という記事を書いていたので、メモしてみることにした。なぜ「南部陽一郎」特集にその記事があるのかというと、標準理論によると、南部陽一郎氏が発見した自発的対称の破れが、質量があらわれてくることにに本質的に関与してくるからである。

先ず、留意すべきことから書く。それは、質量があらわれてくる機構としてヒッグス機構が有名であるが、それは主として電子のようなフェルミ粒子の質量に関与しており、陽子や中性子のようなハドロンの質量生成機構はまた別である、ということである。私はずっと、ヒッグス機構があらゆる素粒子の質量の源だと勘違いしていた。さらに言うと、ニュートリノにも質量があるいうことは最早常識であるが、それはまた、電子とも、陽子や中性子とも別の機構で質量を得ているらしい。

そこで、電子の質量から見ていく。電子の質量は、まさにヒッグス場との相互作用から生じる。電子の質量はもともとゼロであって、質量として観測されるものは、実は、自発的対称性の破れとしてのヒッグス場との相互作用エネルギーである。標準理論の電弱理論である、ワインバーグ・サラム・グラショウの理論によれば、それは、SU(2)×U(1)のゲージ変換に対して不変である。このようなゲージ不変性を満たすために、電子の質量はもともとゼロなのである。ヒッグス場との相互作用によって、弱い力を媒介するW粒子やZ粒子の質量も決まる。電子の仲間の、ミュー粒子とタウ粒子の質量も同様にして決まる。

次は、陽子と中性子である。陽子と中性子の構成要素がクォークであることは周知であるが、クォークの場合は、SU(2)×SU(2)のカイラル対称性を示し、カイラル対称性は、クォークの質量がゼロであることを要請するが、やはりここでも、カイラル対称性からの自発的対称の破れとして、クォークの質量があらわれる。

さて、南部理論の重要な帰結に一つに、自発的対称の破れが生じるとき、南部・ゴールドストン粒子という、質量がゼロの粒子があらわれることが知られている。ここでは、南部・ゴールドストン粒子は、π粒子であるが、実は、π粒子の質量はゼロではない。それは、カイラル対称性からの自発的対称の破れ以外にやはり、ヒッグス場との相互作用もあるからである。

それではニュートリノの場合はどうかというと、標準理論では、ニュートリノといえども、やはりヒッグス場との相互作用があるので、何ほどかの質量をもつ。ただ、ヒッグス場との相互作用だけを考えていると、ニュートリノの質量が、電子よりも6桁以上も小さいことは説明できない。すると、ニュートリノには別の質量生成機構を想定する必要がある。そこで、ニュートリノの場合、マヨラナ質量項を考えると説明がつく。しかし、これは明らかに標準理論からの乖離である。

こうして、電子、陽子・中性子、ニュートリノで別々の質量生成機構があることが示唆されるが、大統一理論では、このような異なる質量生成機構が統一的に扱われることが期待される。

なお、今まで質量といいながら、重力相互作用は登場していない。また、ダークマターの解明は物理学の最大の課題の1つであるが、冷たいダークマターでの記事によると、ダークマターは、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測される。そこを読み直すと、ニュートラリーノとは、「超対称性理論によって存在が予想されているマヨラナ粒子。予測される質量は陽子の質量の30~5000倍。」ともあるが、ニュートリノの質量生成機構にマヨラナ質量項があらわれてくることと、「マヨラナ」というキーワードで関連する。ニュートラリーノとニュートリノの間の関係として、これは当然に偶然ではないのだろう。が、その意味はいかに、と疑問は尽きない。

特許庁の汚職

| コメント(5) | トラックバック(0)

日経新聞Webによると、特許庁の審判官、すなわち。キャリアがからむ贈収賄事件の公判があったという。以下、引用:

特許庁のシステム開発をめぐる贈収賄事件で、収賄罪に問われた同庁の先任審判官の志摩兆一郎被告と、贈賄罪に問われたNTTデータの元社員の沖良太郎被告の判決公判が2010年9月14日、東京地方裁判所で開かれた。東京地裁の河村俊哉裁判官は志摩被告に懲役2年、執行猶予4年、追徴金約256万円の有罪判決を言い渡した。沖被告は懲役10カ月、執行猶予3年の有罪判決だった。

河村裁判官は志摩被告の判決理由として「公正中立な立場が求められる特許庁の審判官でありながら、特定の企業に便宜をはかるため、長期、多数、多額の賄賂を受け取っていたことは軽くみることはできない」と話した。沖被告の判決理由は「自ら主導して賄賂の供与を繰り返すきっかけを作った」とした。

執行猶予を付与した理由として河村裁判官は、「両被告とも前科はなく、事実を認めて反省し、謝罪の気持ちをあらわにしている。志摩被告は公務員を失職することになり、沖被告は所属していた企業から解雇処分を受けた。酌むべき事情はあると考え、今回に限り刑の執行を猶予するものとする」と述べた。

判決によると、志摩被告は2005年8月から2009年11月までの間に、次期基幹システムに関する情報の見返りに、沖被告から66回のタクシー代(合計約256万円)を受け取った。

私は、エキスパートに書いたように、特許庁の電子出願まわりの仕様を検討する委員会にいたので、特許庁のシステム開発に関する事情も、少しだけ分かるが、私が委員会活動していた1994~2000年頃は、日立製作所とNTTデータが特許庁に深く関与し、他の会社は関与する余地がなかった。だから、電子出願システムのクラアイント部分を富士通が担当すると知ったときは、少し驚いたものである。

ともかく、当時の常識だと、通信部分はNTTデータが独占なので、次期システムの仕様も当然にNTTデータに独占して伝えられていたはずで、NTTデータはなにも賄賂など使う必要はなかったはずである。私が知らないうちに、受注もオープンになったのだろうか。当然といえば当然だが、時代の流れを感じる。

なお、なぜ審判官がシステム部門にいるとかと思われるかもしれないが、特許庁では、審査官の資格があるキャリアの職員も、総務部管轄のシステム部門に異動して、実際に仕様を策定したりする仕事をするのが慣用のようである。私が委員会当時、電子出願システムの検討を通じて知り合いだった審査官が、私が担当する出願の審判官となって随分痛い拒絶を打ってくることがある。ううんと、唸りながらも昔を忍ぶ。

ところで、特許庁の審査官や審判官の賄賂というのは絶対にあってはならないし、あるはずもないと信じたいが、審査実務で、はっきり駄目な件と、進歩性が明確な件を除き、許可するかどうか微妙なケースは山ほどある。そんなとき、特定の会社が、担当分野の審査官に近づき、何ほどかの鼻薬を嗅がせて審査に手心を加えてほしいと依頼すると、審査経過を練達の弁理士が読んでも分からない程度に作為して許可してしまうことができるのではないだろうか。そうでなくても、審査官が大学の同期とか、遠い親戚だとか、微妙なケースはあるだろうし、そこまでは忌避扱いにならないので、難しい。

私は具体的には知らないが、あるベテランの弁理士の方から、昭和30年代に、審査に手心をくわえてほしいという、ある会社からの申し入れを受けた審査官の贈収賄の事件が実際にあったと聞いたことがある。流石にその後は、目に見える事件はなかったはずである。

ということで、いろいろな意味で、今回の特許庁のシステムがらみの事件は、考えさせられるのである。

高校生クイズ大会

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日テレビを見ていたら、高校生クイズ大会なる番組が放送されていた。出場校を見ていると、これがいわゆる、高校の偏差値と比例している。ベスト8に入ったのは、北海道・旭川東高、茨城・水戸第一高、東京・開成高、福岡・久留米大附設高、埼玉・浦和高、千葉・船橋高、神奈川・慶應義塾高、京都・洛南高と、全国トップレベルか、ご当地で東大の合格人数を誇る圧倒的な進学校ばかりである。これ以外にも、兵庫の灘高、奈良の東大寺学園などの名門校が出場しており、予選で敗退しているので、いかに激戦か分かる。

出題される問題はというと、基本的に超オタク問題ばかりである。私は、暇さえあれば雑読しているので、つまらない知識は、世間一般のレベルでみると、ある方かもしれない。しかし、出題される問題は、そんな中途半端な雑学家である私には全く歯が立たないものばかりである。番組をみてて、全問中私の方が高校生より先に回答できた問題が一問だけあったが、それは最近私が勉強している素粒子論の内容だった。普通、高校生はここまで読まない。入試には出ないもの。

しかし、よく考えたら、大学入試レベルの問題なんてほとんどない。どの問題も、もしかして、大学レベルの教科書の註にしか書いていなかったりするものばかりである。現役東大生正解率1%以下を謳う問題もあった。ということは、出場選手は、大学入試の勉強はさておいて、クイズで出題されそうな分野の本を片っ端から目を通しているのだろう。それで、高校生だしもともと記憶力は抜群なので、一度みたら忘れないのだろう。

単なる記憶だけでなく、計算問題もあった。例えば、ある公式を与えておいて、それからビッグバン後の宇宙の年齢を計算しなさいとか、これこれの小惑星が地球の海に落ちたとき、波の高さはどれくらいになるかとか、単に公式に代入すればいいだけではない計算問題なので、私だったらどう計算しても半日はかかりそうである。それを秀才高校生たちはなんと、10分で解く。ううん、ありえない。

ありえないという意味では、うなってしまったのは、問題がまだほとんど読まれていないのに、題意を把握して、先行投機のように回答する能力である。問題によっては、早いもの勝ちなので、全部問題が読まれるまで待っていたら、間違いなく勝てない。こんな能力がある人達とどんな試験で争っても勝てるわけがない。なにしろ、問題を半分くらい読んだら、もう回答が分かるのだから、私が半分も解いていないのに全問解いて余裕で見直していたりすることになる。

出場してる高校生たちは皆、東大に沢山受かる高校に通っており、しかも、そこで成績は上位らしいので、ほぼ間違いなく東大に受かるのだろう。そして、東大に受かった後も、よく記憶力を駆使すれば、進学振り分け競争にも勝てるのだろう。

ただ、その秀才たちに対する若干の懸念は、間違えることに対する耐性である。また絶対正解の神話である。すなわち、間違いは絶対いけない、唯一の正解があるはずだ、という方針は、学問を極めていくと次第に霞んでくる。そこでどうパラダイムを転換するかであるが、悔しいけど、多くの秀才は、そういうパラダイム転換にも巧みで、私のような非秀才の付け入る余地はない。そこで仕方なく私は、マイナーなエキスパートを目指すのであった。

多剤耐性菌

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、多数の抗生剤が効きにくい細菌アシネトバクターの院内感染で死亡した例があるという。以下、引用:

多数の抗生剤が効きにくい細菌アシネトバクターの院内感染で患者9人が死亡した疑いがある帝京大学医学部付属病院で、別の多剤耐性緑膿(りょくのう)菌にも3人が感染していることがわかった。うち1人が死亡しているという。同病院は厚生労働省や東京都に報告し、詳しく調べている。

関係者によると、今年6月から8月にかけて成人3人への感染を確認。このうち、1人の感染が6月に確認され、8月下旬に敗血症で亡くなり、「感染と死亡の因果関係は否定できない」とみられる。ほかの2人は個室で治療を受けているという。この菌による院内感染は国内外で以前から報告されている。

欧米では、緑膿菌についても、アシネトバクターと同様に、抗生剤がまったくきかない「スーパー耐性菌」が発生し問題になっている。

新型細菌でも述べたように、最近、抗生剤が効きにくい細菌が猖獗しつつある。このような状況をみると、細菌兵器説を否定できないにしても、細菌自体が、かなりの自己変革能力をもつようである。流石にしたたかである。

おそらく、体の免疫力が十分であれば、多剤耐性菌を跳ね返すことができるのだろうが、老齢や病気の免疫力が下がった状態で入院して、病院の対応が悪いと危ないことになる。特に、抗癌剤は免疫力を低下させるので、癌は大したことないのに、感染症で亡くなったということがないようにしなくてはならない。

ところが更に新聞記事をみていたら、NDM1という遺伝子をもつ大腸菌の感染者が独協医大でみつかったという。NDM1とは、ニューデリー・メタロ・βラクタマーゼ1の略称であり、インドやパキスタンが発生源と考えられている。これは、新型細菌としてメモしたものに同一であった。患者は、インドの医療機関で治療を受けたといい、いよいよ日本にNDM1も入ってきたようである。

新聞記事の解説によると、アシネトバクターは水や土壌に存在し、健康な人が感染しても発病しないが、体力や免疫力が低下した人が感染すると肺炎や敗血症で死亡することがある。一方、NDM1という遺伝子をもつ耐性菌は、人体に通常存在する大腸菌にもみつかっており、健康な人でも感染することがある。その遺伝子が、赤痢菌やサルモネラ菌に広がると、それらの菌が多剤耐性をもち感染が広がるという。すると、NDM1は、薬剤耐性を担う情報そのもので、伝播可能なものなのだろうか。詳細は忘れたが、薬剤耐性がそうやって細菌の間で遺伝するという話を聞いたことがあるような気がする。

ともかく医療関係者は、手洗い、消毒など地道にやるより対策はない。東京医科歯科大学名誉教授で寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学の研究者である藤田紘一郎氏によれば、衛生対策の発達が却って人類の免疫力を低下させているのではないかというので(例えば、『「きれい好き」が免疫力を落とす』講談社という著書など)、どうしたものかと思ってしまうのである。

天地明察

| コメント(2) | トラックバック(0)

本当かどうか知らないが、少女は、西欧の歴史小説を読んで、自らを王女やお妃にたとえ、感情移入するという。どんな男も見過してしまうような地味な少女であったとしてもである。

ところが、50台半ばを過ぎた、初老ともいえる私が、不覚にも感情移入してしまったのが、友人から紹介された「天地明察」という小説の主人公、渋川春海こと、安井算哲である。

安井算哲は、江戸時代の碁打ち衆として江戸城に登城を許された、安井、本因坊、林、井上の四家の一つに生まれた、いわば当時の囲碁棋士であった。それなら家業の囲碁に邁進すればいいものを、算哲にはどうしても抑えがたい性癖があった。それは算盤である。今でいう数学が好きでたまらず、つい囲碁が疎かになる。

ところが、囲碁のライバルで才気煥発な本因坊道策は、そんな算哲が歯がゆくてならない。それで、算哲を挑発するのだが、算哲は相手にしない。そもそもが、道策の方が囲碁の才能で優っていることを知っているのである。

そうして、暇をみては、神社の絵馬に算術問題が出題されているのを見に行くのである。それをきっかけに、天才算術家である関孝和を知り、その才能に羨望する。

まさに、囲碁を将棋に置き換え、算盤を数学(数楽)に置き換え、なんとなく気の利かない性格に鑑みると、安井算哲は、私にだぶるのである。つい感情移入してしまった。

ところが、感情移入はそこまでである。なせなら、安井算哲は、会津藩の藩主で幕府の要人である保科正之や大老、酒井忠清そして水戸光圀など錚々たるメンバーから過分の厚遇を受けるのである。そのような状態に私は最早感情移入できない。

それには意図があった。算哲の数学的才能を見込んで、暦を作り直す密命が算哲に下ったのである。しかし、それはあくまでも密命であるので、表向きは碁打ちのままである。

こうして二束の草鞋で進むのであったが、改暦は、想像を絶する辛酸であった。なにしろ、計算があわない。朝廷、幕府の微妙なパワーバランスをとることに腐心する。数学と政治手腕の両面で頓挫する。

こうして一時は絶望の淵にありながらも、算哲は不屈の精神で改暦を成し遂げたのだった。そこには天才、関孝和からの絶大なる支援もあった。再婚した妻、えんの内助の功もあった。ううん、いよいよ感情移入のレールから外れていく。

結果としてみると、安井算哲こと渋川春海は、あまりにも偉大であった。囲碁では道策に、算術では関孝和にとうとう歯が立たなかったが、総合的に、彼らに劣らぬ成果を挙げ、歴史にも名を留めた。

それにしても、のぼうの城の成田長親に続き、安井算哲、歴史小説の名手達は、絶妙のキャラクタをよくぞ発掘するものである。そういえば、のぼうの城に続き、これも本屋大賞であった。大賞嫌いがどうした、と自問してみるが、大賞受賞云々は関係なく、いい本はいいのだ、と当たり前のことを返してみる次第である。

阿伽羅

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページによると、今年、清水市代と対戦するコンピュータ将棋、阿伽羅(あから)のことが掲載されていた。

阿伽羅とは、おそらく仏教用語なのだと思うが、「10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された」という。ううん、流石に、宇宙全体の原子の数よりも桁違いに大きい。

ところが、阿伽羅のシステムがまた凄い。下記のとおりである。

# ハードウエア部
-東京大学クラスターマシン:
Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
合計 169台 676 cores
-バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
-CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
-Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)
# ソフトウエア部
-構成:国内トップ4プログラムによる多数決合議法
-合議マネージャー(4つのプレイヤープログラムに局面を渡し、指し手を受け取り、もっとも多い手を指し手として返す。)開発:電気通信大学伊藤毅志研究室&保木邦仁
-プレイヤー1:「激指」開発:激指開発チーム(鶴岡慶雅、横山大作)
-プレイヤー2:「GPS将棋」開発:チームGPS(田中哲朗、金子知適ほか)
-プレイヤー3:「Bonanza」開発:保木邦仁
-プレイヤー4:「YSS」開発:山下宏

ううん、なんとも壮観である。ただ、プログラミングを趣味とする者として疑問なのは、上記のソフトは、多数のクラスタマシン上で動くようになっていたっけ、ということである。もともと、スタンドアロンで作れられていたとすると、クラスタ用に移植するのは大変なような気がするが、そこは、東大工学部の精鋭が裏方作業を応援するのだろうか。

それにつけても、役不足感が募るのは、清水市代である。というのは、スタンドアロンのコンピュータ将棋でさえ、アマチュアトップクラスの棋力をもつと思われる東大将棋部のメンバーを、9勝1敗で圧倒した。優に奨励会三段はあり、もしかして、C級2組の中位、すなわち、中村太地四段程度の力がないだろうか。情報処理学会は、ウサギを倒すにも全力を尽くすライオンなのか。

ということで、私の興味は、清水市代戦ではなく、次にどの男性プロが駆り出されるかである。まさか最後には羽生までいかないだろうね。そうなる前に、米長会長が待ったをかけるのだろう。

保守性

| コメント(0) | トラックバック(0)

ドッグイヤーと言われるようになって久しい。すなわち、インターネットだの、グーグルの検索エンジンや広告モデルだの、デリバティブだの、リーマン・ショックだのと世間はめまぐるしく、生きていくためには、嫌でもそれに対応を迫られる。

そういう時代に対応していくためには、今までのやり方を捨てて、新しいやり方に就かなくてはならない面があるのは事実である。実際、典型的にはレコード針のナガオカなど、時代についていけないで消えていった企業の数は数知れない。

そういう時代に生きていると浮き足立つのが人の常である。私が勤務している会社の部門でも、こんなことがあった。すなわち、ちょっと軽佻気味の上司が、何か素晴らしい画期的なことを企画しようと私を含め、何人か集めた。どうするのかと見ていると、白紙のパワーポイントを立ち上げ、業務改革のための提案を何でも言いなさいという。これはブレーンストーミングだから何でもありで、そうやって検討して素晴らしい効果を与えるアイデアを得ようではないか、という。

それを聞いて、とまどいながらも目を輝かせる人もいたが、私は最初からあほらしくて白けていた。ともかく、ブレーンストーミングという触れ込みに触発されたか、みんないろいろな意見をいい始めた。アイデアの豊富性については人並みには自信がある私は敢えて黙っていた。すると、なんでもありということで、いくらなんでもという意見も出てきた。部門の根幹を揺るがすようなことを言うのである。そこで流石の私も黙っていられなくなった。何でもいいとはいえ、それはないのではないか、と抗議したが、軽佻な上司は、遮るなと私を制した。

保守的と批判を浴びようと、私が 抗議したのは、私がプロのメンテで述べたことに基づくものである。すなわち、そこで述べたことは、スキルを維持するために、基礎訓練/研究/実戦が必要である、ということであるが、そのからの帰結として、基礎訓練のところは下手なブレーンストーミングに晒してはいけないのである。

例えば、人間の知性の基礎訓練といえば、文字を読み書きすることと、計算をすることであろう。そこをやらなくてもいいとか手抜きしてもいいとは、体育に偏重した都市国家、スパルタでも言いはしないだろう。

ところが、上記ブレーンストーミングで出来たある意見は、部門の読み書きみたいな基礎スキルの必須性に疑問を挟むものだったので、堪らず私が待ったをかけ、上司に跳ね返されたという次第であった。

で、結局、上記ブレーンストーミング・セッションは何も意味のある成果を得られなかった。当然である。出てくるアイデアをストリームラインしたり評価したりする方法論が全く確立しておらず、しかも、疑ってはいけない公理のようなところまで平気で土足であがるのだから、目も当てられない。

それだけではない。上記ブレーンストーミング・セッションにはとんだ副作用があった。すなわち、土台を無視した軽佻なことをのたまう輩が注目を浴びるようになったのである。こうして、スキルの土台は、シロアリに侵食された木造建築のように弱っていった。

すなわち、スキルのレイヤを基礎訓練/研究/実戦で表現したとき、上記ブレーンストーミングなるものは、主として研究、副次的に実戦のところにフォーカスすべきで、基礎訓練に及んではならない。寧ろ、基礎訓練を欠く者は、セッションに参加してはならない。

そういう私をコンサバと詰る人は、遺伝子のコドン、人体の酵素及びタンパク質、そして言語の保守性にきちんと思いを馳せて戴きたい。コドンも、タンパク質も、言語も、ころころ変わっては、世の中が成立しなくなる。信じられないほど世の中の根底は保守的なものなのである。

そういう前提の上で私は、石頭にならないように、僅かな努力を重ねている次第である。

9.11の計画

| コメント(8) | トラックバック(0)

また、9月11日がやってきた。気が重くなる。なぜだか説明するまでもないが、敢えて言うと、これほど人間の業の深さを垣間見る事件もなかなかない。

9.11については、一通りの関心をもって、9・11疑惑など、記述してきたが、「9.11テロの超不都合な真実」菊川征司、徳間書店に基づき、9.11の計画の別の側面につき書いてみる。

それでは、9.11を誰が計画したか、アルカイーダかというと、もちろん違う。1991年にソ連が崩壊したとき、一番焦ったのは、実は米国であった。すなわち、巨大な軍産複合体を抱える米国には、軍備を増強することで軍産複合体を反映させるために、仮想敵国が必要であった。

そして、ソ連は格好の仮想敵国であった。つくられた共産国家にあるように、共産国家、中華人民共和国の建立に貢献したのはジョージ・カトレット・マーシャルであったが、ソ連の建国にも、ロスチャイルドの支援があったという説はある。

ともかく、目標を失った米国が次に狙ったのは、イスラム原理主義者を仮想敵と仕立て上げることであった。9.11の計画が始動し始めたのは、1996年、そのキーは、ブッシュを当選させることであった。

そして、一見関係ない事件が、9.11の伏線として浮かび上がる。それは、クリントンのセックス・スキャンダルである。ある意味たかがセックス・スキャンダルなのに、独立検察官、ケン・スターは、56億円もの費用をかけて、クリントンを追求した。そのために美人局のようなことが1993年から計画されていたという話もある。クリントンの好色性が利用されたということである。好色ということでは、ケネディ大統領もそうだったが、そこは特に追求されなかった。反民主党の世論をつくろうとしたか。

一方で、世界貿易センタービルにハイジャックされた航空機が突入するという計画は、1996年には骨子かできあがっていた。1999年には、世界貿易センタービルだけでなく、ペンタゴンにも同様に航空機が突入するという計画になった。

その間、骨子となる航空機の遠隔操縦技術は洗練されていった。1999年12月25日に起きた、エジプト航空990便の事故は、この遠隔操縦技術の実験ではなかったか、という説がある。なにしろ、米国国家運輸安全委員会の事故調査報告がおかしい。それは、同便の控えパイロットであったエル=バトウティが意図的に操縦桿操作によってボーイング767型機をダイブさせた、すなわち、自殺だったというのである。ただ、エル=バトウティはセクハラの傾向がひどく、解雇を告げられて自暴自棄になっていたという説もある。遠隔操縦技術によって墜落させられつつある飛行機を、必死で立て直そうと操縦桿を操ったのではなかったか。

そして2000年の大統領選挙である。ブッシュとアル・ゴアのデッドヒート、そしてあまりにも不透明な結実は、記憶に新しい。そこには、手段を選ばずブッシュを当選させるという周到な計画があった。

そして計画は綿密に練り直された。以下のシナリオは、その後の歴史を見れば明らかであるので、敢えて書かない。しかし、それは、もしかしたら、ほとんど8年越しの、マンハッタン計画以上の巨大プロジェクトである。どうしても気になるのは、前も書いたかもしれないが、9.11のわざと下手をこいているような側面である。ほら見ろよ、これが舞台裏だよ、と言わんばかりである。それは意図しない綻びだろうか。どうしてもそうは思えないのだが。

常岡浩介氏、解放

| コメント(0) | トラックバック(0)

常岡浩介氏がアフガニスタンで拘束されたことは、こちらに書いた。その後も、分り次第、メモしてきたが、少し前の報道になるが、例えば読売新聞Webによると、常岡浩介氏がついに開放されたという。以下、引用:

アフガニスタンで武装勢力に拘束され、約5か月ぶりに解放されたフリージャーナリストの常岡浩介さん(41)(東京都中野区)が6日午後、帰国した。

大阪・関西空港経由で東京・羽田空港に到着した常岡さんは、報道陣に対し、「心配をかけて申し訳なかった」と謝罪した。常岡さんによると、今年4月1日にアフガン旧支配勢力のタリバンを取材して町に戻る途中、兵士2人に銃を突きつけられ、目隠しと手錠をされた。その後、解放されるまで30~40か所を転々としたという。犯人グループについては「タリバンを装った軍閥による、身代金目的の誘拐だった」とし、「その事実を知っていたので口封じのために殺されると思っていた」と振り返った。

常岡氏は、「タリバンを装った軍閥による、身代金目的の誘拐だった」ことを知っていたというが、タリバンでないとして、それがなぜまずいのだろうか。実際、タリバンによる女性虐待に書いたように、タリバンも残虐度を高めており、タリバンだから安全ということは全くないはずである。なにしろ、「国際支援ミッション(IAM)」の医師団10人も殺害されるほどである。

実際、常岡氏が監禁されている間、周囲で処刑される者も結構いて、流石の常岡氏も焦ったようである。別のニュースによると、常岡氏を監禁したのは、アフガニスタン北部の武装勢力「イスラム党(ヒズビ・イスラミ)」に属する地方軍閥だったという。すると、マスードの流れをくむのかと素人は思うのだが、地方軍閥など数多あり、おそらく関係ない。ただ、北部同盟がそうだったように、アフガニスタンは決してタリバンの一枚岩ではない。それでも、常岡氏を監禁して何をしようとしていたのか、意図はみえない。

上記メモによると、犯人グループは、100万ドルの身代金を要求していたとあり、開放されたのは、日本政府が結局、その取引に応じたのではないかと推察される。別のニュースによると、菅直人首相は8日午後、首相官邸でアフガニスタンのカルザイ大統領と電話で会談し謝意を表明した、とあるので、裏でカルザイ大統領も交渉に関与していたのだろう。どうもこのあたり不透明で、すっきりしない。

数霊

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前にこのブログで、物神について、当たり前のような議論をしたが、少し思索すると、物神の背後には必ず、数霊が潜むのではないかと思い至ったので、以下、雑文を書く。

数霊の起源は、知られているのはピタゴラス派が嚆矢であろうか。しかし、数と人類の関係はかなり根源的で、人類発祥以来と言ってよいかもしれない。

数楽者として、世間一般よりは数自体に興味を抱いているが、数霊の存在をふと意識したのは、病院に父を見舞ったときである。すなわち、最近の病院では、医師は回診の際、ノートパソコンを台車に載せて押して歩く。病院内には、無線LANが敷設されており、医師は、患者IDをキーにして、患者のデータを参照することができる。ところが、折角回診しているのに、医師は、患者の顔色さえ見ることなく、パソコン画面の検査数値だけを眺めて、「まあ、この様子なら悪くないでしょう。」と呟く。

そうやって数値化され抽象化されたものこそが真実であると信じ込ませるのが、数霊の霊力である。

数霊の存在に気づくと、例を挙げるに枚挙に困るほどである。例えば、次のとおりである。

  1. 大学入試の偏差値信仰、偏差値が高いほどいい大学という錯覚
  2. 物の値段信仰、高いほど高級という錯覚
  3. 財産信仰、お金があるほど幸福という錯覚
  4. 数学信仰、数学ができるほど全般に頭がいいという錯覚
  5. 知の司祭としての数学者という錯覚
  6. 数式であらわすと理論的で客観的であるという錯覚
  7. 数字で説明しないと納得とないという傾向
  8. 占いにおける誕生日による判断
  9. 字画による姓名判断
  10. 数値化できないものはないという数値化信仰
  11. リスク計算を精密にすれば、あらゆるリスクは回避できるという金融工学のアルゴリズム信仰
  12. 数式をある人は崇め、ある人は忌避する。なかなか無色透明に無視できる人はいない。
  13. 数学者以外でも、数霊に染まった学者ほど尊敬される。一片の方程式が宇宙全体を表現すると宣言する物理学者は尊敬されるかまたは、精神病院に送られる。

ところが、物神の示唆によると、全ての物神は、数霊をスーパークラスとしてもつという。言い換えると、全ての物神クラスは、Javaの用語でいくと、数霊をextendsしており、物理的実体という拡張属性を含むという。

怪訝な顔をしていると、物神は次のように説明する。「初期の人類は、今の人類ほど欲にまみれていなかった。」ああ、なんとベタな話だろうと欠伸しながら聞いていると、「そこで、数という概念が出て、私の方が芋の個数が少ない、君の方が多いと、争いになった。だから、物神の前に、数霊があるのだ。」とエンゲルスの本に書いてあるようなことをいう。しかし、あまりにもベタな話なので、よほど教養のない物神に行き当たってしまったらしい。

退屈なので、ちょっと意地悪な質問をした。物神というくらいだから、数霊も、数神でいいのではないか、と。

すると、物神は突然不機嫌になった。「やめてくれ、数霊は仮想クラス、あるいは抽象クラスにすぎない。決して化体してこの世にあらわれることがない。汚れ仕事はすべて物神に任せて決して責任をとらないずるい奴らなんだ。それを神と呼ぶとは。」と叫ぶ。

そこで私は言った。するとなにかね、数霊の住まいは、プラトンのいうイデアなのかい。これで完全にキレた物神は、消えてしまった。やれやれ、物神を怒らせてしまった私は、どんな報復を受けるのだろう。

文系プログラミング

| コメント(9) | トラックバック(0)

私がまだ独身で、A型肝炎からなんとか復帰した頃のことである。それまであまり興味がなかったコンピュータ・プログラミングをやってみたくなった。もしかして、A型肝炎ウィルスによって精神が変質したのかもしれない。とはいえ、当時は、8ビット・パソコンと、テープ・ベースでBASIC言語をやるのが関の山の頃である。

当時の典型的なパソコンといえば、NECの88だったが、私の好みで、シャープのMZ2000を買うことにした。とはいえ、当時の私の1ヶ月の給料より高い。それは、パソコンが高かったのか、給料が安かったのかどちらかと聞かれたら、まあ両方です、と答えるよりない。

ともかく、秋葉原まで出かけていって、MZ2000を買った。貯金もほとんどなく、清水の舞台だったが、プログラミングに対する興味、そして、将来に対する投資のためであった。というのは、当時機械系の会社にいて、仕事が面白くなく、なんとしても転職しなくてはと思っていたのである。

具体的に何をプログラミングしたかったのかというと、当時のBASIC本には、カレンダの作り方など載っていたが、もう少し凝ったことをやってみたかった。例えば、数値計算である。具体的には、πの計算、常微分方程式、偏微分方程式などである。

πの計算では、多倍長計算を素朴に実装して、πを255桁まで計算した。遊びに来た友人に見せたら、呆れて何も言わなかった。常微分方程式では、数値計算の教科書を買って熟読し、ルンゲ・クッタの方法で、天体力学の初歩の問題、すなわち、惑星の二体問題や三体問題を解かせた。三体問題は本当はカオス的軌道になるはずなのに、精度が悪いのか、解が発散してしまった。偏微分方程式は、なにしろメモリ容量が少なすぎて、意味がある問題が表現できなかった。その他、複素関数の留数定理、人口知能の初歩など、8ビット・パソコン上のBASICインタープリターでできることとしては限界のようなことを試していた。ともかく、私がトレーニングとして目指したのは、がちがちの理系プログラミングであった。

そのとき、A型肝炎からの病み上がりだったのに、会社から帰ると、寝食を忘れてプログラミングした。睡眠時間は3時間程度で、食べるものもコンビニ弁当程度だった。よく倒れなかったと思う。こういう経験で、プログラミングの自信がかなりついた。

そして、運良く、今勤務していてる外資系コンピュータ会社に転職できた。MZ2000を買った効果でなくて、おそらく、英語を真面目に勉強していたせいだと思う。

そうして、外資系コンピュータ会社に入ってみると、意外にも、技術部門でないせいか、コンピュータに詳しい人はほとんどいなかった。ただ一人、私より2歳年長のMさんは、相当なプログラミング・スキルで、コンピュータ・グラフィックスの本をみながら、BASICでレイ・トレーシングのプログラムを書いていた。ううん、これには流石に降参だった。

Mさんは、BASICに飽き足らず、Prolog、Cと範囲を広げていった。Prologには流石についていけず、Cは、なんとかMさんに教わりながら、少しずつ覚えた。

ところが、天は皮肉なもので、私からみて圧倒的な秀才であるMさんは、病に倒れ夭折してしまった。それで、よくも悪くも、コンピュータに関することは私にのしかかり、前に述べた電子出願プロジェクトで、嫌が応でも、まだまだ未熟なC言語を駆使してプログラミングせざるをえなくなった。こうして、私の長く哀しい文系プログラミングの歴史が始まるのである。以下、別稿とする。

内田樹氏の休筆

| コメント(4) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、内田樹氏が休筆する、という。以下、引用:

「日本辺境論」などのベストセラーで知られる仏文学者で神戸女学院大教授の内田樹(たつる)さんが、ブログ上で一部の自著の刊行にストップをかけることを宣言し、波紋が広がっている。旬の書き手に群がり、出版点数を増やす「バブル」を生み出しては、すぐにはじける。出版界のそんな"悪弊"を批判する行動だが、書き手たちの賛否は割れている。(海老沢類)

発端は大手書店の店長が書いた8月12日付のブログだ。「伝える力」が100万部を突破したジャーナリスト、池上彰さんらの「バブル」に触れ、人気の著者に依頼が殺到する結果、質の落ちた本が出回って著者も疲弊していくとして、その悪循環を批判した。

私はこの訴えは実に妥当だと思う。本屋に行くと、茂木健一郎氏、勝間和代氏、池上彰氏などの著書が何冊も並ぶが、いくら本が好きでも、私はほとんど買う気がおきない。とても内容が薄まっているような気がする。まるで、売れるからと、酒を薄めて売っているようである。

十数点の出版企画を抱える売れっ子の内田さんはすぐに反応した。13日付のブログに「大量の企画が同時進行しているのは、編集者たちの『泣き落し』と『コネ圧力』に屈したためである。(略)『バブルのバルブ』を止めることができるのは、書き手だけ」などと記し、4冊分の校正刷りの確認を"塩漬け"すると宣言。14日付で「日程がタイトであれば、書きもののクオリティはあらわに下がる」と理由を説明した。

この内田氏の反応は、素晴らしい。私がみるところ、内田氏の著書はまだ疲弊していないというか、荒れていない。オリジナリティの泉は涸れていないし、水割り感もない。しかし、短期間に沢山本を出すと、次第に荒れてくることは、どんな著者も避けられない。それを予防して休筆するというのは、なかなかできそうでできない。現実の収入を見送ることになるからである。

一方、店長に「バブル」と指摘された脳科学者の茂木健一郎さんは自身のブログで変わらず執筆を続ける姿勢を強調。経済評論家の勝間和代さんもブログで「当事者がコントロールできるものではない」と、内田さんとは対照的な考えを示すなど、反響が広がっている。

茂木健一郎氏は、意図的でないにしても、脱税を指摘されたことがあった。最初はそうでなかったかもしれないが、稼いでいるうちに拝金主義に染まってしまったのではないか。勝間和代氏、然りである。こうして、売れるだけ書く、売れなくなるまで書く、というデスマーチが続く。そうやって書いた本にどれほどの価値があるのだろうか。

騒動の背景には、不況下で加速する新刊ラッシュがある。書籍と雑誌の販売金額は昨年、21年ぶりに2兆円を割り込み、返品率は4割を超えた。売り上げの減少を補うため、出版社は自転車操業的に点数を増やしており、昨年の新刊は過去最多の7万8555点。頭数をそろえるため、引き出しが豊富で部数が見込めるビッグネームに頼る傾向に拍車がかかる。

「途中で企画がストップすれば、収益見込みの修正が必要」(出版関係者)だけに、各社の編集者はほかの書き手に賛同の動きが広がるのを警戒する。ただ、内田さんを支持する専門家は少なくない。

出版社の苦しい台所というのは、分からないでもない。すなわち、安易に売れる作家のものを出し続ける誘惑に駆られる。そうやって出版文化が先細りしては、未来がない。

早稲田大大学院の永江朗教授(出版文化論)は「安価で手軽な編集ができる新書ブームがあった10年ほど前を境に、メガヒットした書き手に安易に依頼する傾向が加速した。対談や講演のテープを起こしただけの安直な作りの本が増えれば、読者離れを早め、出版文化の先細りを招くだけ。業界は今回の問題提起を真摯(しんし)に受け止めるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

まさに、そうだと思う。保守的すぎる私は、なんとか出版賞とかいう本を毛嫌いしてしまう傾向がある。のぼうの城だって、知り合いから紹介されなかったら、手にとってみることはなかったろう。私が読む本を選ぶには、鑑識眼をあるレベルに維持しておけばいい。しかし、巷に蔓延る本はそうはいかない。おそらく、ある時点で出版される本の冊数というのは有限たから、質の低い本が跋扈すると、相対的に良書が駆逐されてしまう。そうでなくても、本屋に行く度に、アニメコーナーが増えているのが気になる。アニメがすべて低俗とは思わない。山上たつひこの作品など、なかなか佳作だと思う。しかし、自ずと限度があるのではないだろうか。

松岡正剛

| コメント(4) | トラックバック(0)

今でも霊だのあの世だと呟くので、シュールな傾向のある私であるが、それでも家庭をもち、会社ではある程度責任ある仕事をしているので、現実からの呪縛も小さくない。

20台中頃の若い頃は、そのような呪縛もなく、野放図に生きており、よくサラリーマンとしてクビにならなかったと、不思議でならない。

そんな野放図な私の愛読書に、工作舎の出版物があった。宇宙論だの超人だの、フリッチョ・カプラだの、私のテイストにぴったりで、まさに耽読していたといっていい。工作舎の主管は松岡正剛で、今に至るまでビッグネームであるが、当時は凄い人なのか、怪しい人なのか分らなかった。

その後も松岡正剛のことは多少気になっていて、知の編集術 (講談社現代新書) なども読んでみたが、どうもしっくりこない。意に反して、書いていることがまともすぎるのである。それで、松岡正剛のことは意識から少し遠のいていたが、最近本屋を散策した際に、多読術 (ちくまプリマー新書)が目に付いた。

実は、松岡正剛の千夜千冊を眺めて、ううん畏るべき読書家だわいと感嘆していた私は、これは即買いだった。

早速読んでみて感じたのは、松岡氏の本に対するリスペクトと畏れの深さである。なにしろ、世界から本に対する全射写像が存在することをつゆも疑っていない。本には何でもあると臆面もなく言う。これは凄い。私は、世界からイメージに対する単射があって、イメージから書物に対する更なる単射があると思っている。すなわち、ずんずんやせ細っていくのである。そんなに本を瘠せたものだと思っていながら、私は本の世界から一歩も出ようとしていない。なんという矛盾だろうか。

しかし、世界を、書かれたもので記述し尽くされたものだと考えることは哲学的に意外にありえることであり、もしそうであるなら、世界と本の間に全射写像を想定することもそれほど突拍子もないことだといえない。

松岡氏がさらに凄いのは、あれだけ本を、おそらく私の何十倍も読んでおきながら、常に本に、無知から未知を期待していることである。まだ新規なことがあるの?という素朴な疑問は、私のような凡人が当然に発することである。

だから、松岡氏が、多数の本の内容のネットワークのつながりから世界を構築していこうとするのも当然であろう。当然に松岡氏は、空手空拳で読書空間に挑むのではない。彼は、編集工学という武器がある。その技法を駆使して、松岡氏は、読書から効率的に世界を構築していく。なにしろ、本は世界の総体なのだから(私が勝手に言っているだけであるが)、読書を続けていくと世界観が発展していくのである。

かくして、松岡氏の文豪ならぬ、「本豪」の姿が次第に見えてきた。それは、目的は違うが、立花隆のそれと同様に、私にとってはめくるめきものである。また、松岡氏の読書論は、成毛眞氏のそれを部分集合として含む。私にはより身近な成毛氏の方法論を通して、私は、松岡氏の凄さを見通している次第である。

広瀬新王位

| コメント(3) | トラックバック(0)

若手の穴熊の名手、広瀬章人が、深浦王位から王位のタイトルを奪取した。囲碁の碁聖を獲得した坂井秀至とは別の意味で、これはニュースである。以下、毎日新聞Webからの引用である。

将棋の第51期王位戦七番勝負の第6局が1日から神奈川県秦野市で行われ、千日手指し直しの末に2日午後9時37分、161手で挑戦者の広瀬章人六段(23)が深浦康市王位(38)を破り、4勝2敗で奪取した。広瀬はタイトル初挑戦で獲得に成功。20代の新タイトルホルダー誕生は渡辺明竜王(04年、20歳で獲得)以来、6年ぶりだ。

広瀬は東京都出身。勝浦修九段門下で05年にプロ入りした。09年、新人王戦で初優勝。順位戦はC級1組に在籍している。今期の王位戦では2勝2敗から、千日手指し直しとなった第5、6局を連取し、深浦の4連覇を阻んだ。将棋に励む一方、早稲田大教育学部で学んでいる。大学在学中の棋士のタイトル獲得は初のケース。【山村英樹】

広瀬王位の得意戦法は、四間飛車穴熊である。ところが、それは私が高校生のころからある古典的戦法だった。当時は、穴熊対策といえば、玉頭位取りで、玉が薄いので、捌きあったら、穴熊側が勝つことが多かった。それから、対四間飛車穴熊で流行したのは左美濃である。これはなかなかバランスのとれた戦法で、今でもプロも指している。広瀬が王位を奪取した第6局、深浦は、まさにこの戦法を選んだ。流石に相穴熊に飽きたのか。あるいは、左美濃が一番信頼のおける戦法だと思ったかのどちらかである。

ところが、居飛車穴熊が隆盛になって、次第に振飛車穴熊が廃れていった。何か決定的な変化がある訳ではないが、どちらも穴熊で堅さが同じだとすると、居飛車側の飛車先が伸びているのが有利という理論である。あと、これも飛車先が伸びている効果なのであるが、居飛車側からの急戦に備えるために、振飛車側の銀は、飛車からあまり遠くに移動できないという事情がある。居飛車側ではそういう事情はないので比較的安易に四枚の穴熊が組め、一方振飛車側はそうでないとすると、一枚の銀による堅さの差は大きいということである。

こうして、相穴熊は激減した。それと呼応するように、角筋を止める普通の四間飛車自体をプロが滅多に指さなくなり、西川慶二七段の息子の西川和宏がプロ四段になったとき、普通の四間飛車を得意とする珍しいタイプと話題になったほどである。ある意味、角換振飛車やごきげん中飛車、そして早石田にあらざれば、振飛車にあらずみたいな雰囲気だったのである。

そんな雰囲気だから、平気で四間飛車穴熊を指す広瀬章人は、プロではとても奇特な存在であった。それでそこそこ勝ったり負けたりなら、誰も注目しないだろう。しかし、四間飛車穴熊で高い勝率を誇り、A級棋士にも普通に勝っているとなると、密かに注目を浴びてきた。

それでかなりの勝率を上げているとなると、では俺も真似して四間飛車穴熊をやってみようというプロが出てきてもおかしくないのであるが、なぜか、ほとんどいない。それは広瀬の穴熊は、独特の真似できない感覚に基づいているからである。その感覚は、「とっておきの相穴熊」という、遠藤正樹との共著から窺うことができる。どんな感覚なのか、それはうまくいえないが、独特の距離感と、受けの感覚である。決して、堅さでガンガンというものではない。そしてもちろん、あらゆる形をよく研究している。四間飛車穴熊と決めると、かなり研究し尽くせる。

四間飛車を研究し尽くしているというと櫛田六段がいるが、櫛田六段は、確かにその緻密な四間飛車の知識を畏れられているが、一流棋士とはいい難い。それでも広瀬が高い勝率を上げているのは、絶妙の中終盤感覚、そして穴熊に対する深い「愛」がある。CATVの囲碁・将棋チャンネルを観ていると、「ボクは穴熊とともに育ってきた」とのナレーションとともに広瀬の子供のときの写真が写され、広瀬の穴熊講座が始まる。まるで、広瀬にとっての穴熊が、愛しい飼い猫のようである。そして愛しい飼い猫は、猛々しい虎に育ち上がったが、広瀬にとっては可愛い子猫のままなのである。だから広瀬は、四間飛車穴熊に愛を吹き込んで、活き返らせたと言えるだろう。

そんな広瀬ワールドに、深浦は果然と挑んでいった。可愛い子猫は虎に豹変して襲い掛かったが、深浦も然る者、一歩も引かず、広瀬ワールドから逃げようとしなかった。そして、最後は見事力尽きた。

少し考えると分かるが、四間飛車穴熊というのは我儘戦法なのである。どういう意味かというと、矢倉や相懸と違って、相手の出方にあまり関係なく、その世界に引きずりこめる。そこで思い切り、自分の研究や感覚をぶつけていくので、勝ちやすいかもしれないが、未知対応力が練磨されないという問題はある。その対応力をつけるために、羽生も森内も谷川も、すなわち永世名人資格者レベルになると、相手の得意を避けない。それが一時は負けが混んでも、長いレンジで見ると、勝ち越すことにつながる。そこのそころを広瀬はどうするか、今後の大きい課題である。子猫とまったりたわむれている訳にはいかないのである。

付き合いの距離

| コメント(3) | トラックバック(0)

私はときどき、管理職時代を振り返って次のようなことを言う。すなわち、部下と家族をなるべく平等に扱おうとしていた、と。

それを聞いた人は普通、へぇ、それはいい心がけかも、と興味もなげに答えて、話題は別に転じる。

ところが最近、ある友人にそれを話したら、反応が違った。そんな無理なことを言うものではない、ありえない、と。それに対して、私は何も、部下と家族を同等に扱えると言っている訳ではないです、単に、会社で疑似家族をつくって属人主義を蔓延らせる人がいるので、そういうのを避けようと思ったのです、と言い訳したら、なら、単に、属人主義は避けると言えばいいではないかとどうも素直に会話が弾まない。

また、次のような例を友人は示した。すなわち、知っている管理職で、まさに部下を家族のように扱った人がいた。その人は、部下を息子や娘のように親密に扱って、部下からの信望は篤かったが、組織としてはうまく運営できなかった、と。

そんな例と私を一緒にしてないで下さいよ、と反論したが、説明してもなかなかうまくいかないので、それ以上言うのは止めた。そこで、以下私の言い訳を書く。

部下と家族をなるべく平等に扱うという言い方は、第一の趣旨は、なにかの縁で私の部下になったので、人間としてきちんと尊重して付き合うという意味である。管理職というのは権限があるので、パワハラまがいのことができない訳でもない。実際私の会社生活で、随分酷いことをする上司がいた。自分はそうはなるまいと誓った。

また、当然に、部下で、気の合う部下とそうでない部下はいる。人間だもの。しかし、家族と見立てると、なるべく意味のない差別はしたくない。私はストイックなまでに、相性を、部下の評価に反映されることを拒んだ。

そういう思いが、部下と家族をなるべく平等に扱うという言い方になった。また私は、家族を部下のように扱っていたかもしれない。これはいいことではないが、双対である。ただ、新聞を見ていたら、力士をやっている息子が帰省してきて、力士を辞めたいというのを聞いた父親が激昂して、ガソリンを家に撒き、火をつけて一家心中しようとした、という事件が載っていた。それで生憎、息子でなく、小学生の娘の方が焼死してしまうのだが、こういう発想は、普通ありえないとしても、家族を部下のように扱うというスタンスと全く逆である。

家族を部下のように扱うということは、家庭に疑似労働法と基本的人権を導入し、相手の言い分をきちんと聞くということである。それはそれで結構重い。

ここまでの説明を普段の会話で伝えることはできない。ただ、部下と家族をなるべく平等に扱おうとしていたという私の発言にあまり突っ込んでほしくなかった、聞き流してほしかったとただ思う。

夏の光

| コメント(0) | トラックバック(0)

のぼうの城を私に紹介してくれた人が、本を貸してくれた。それは、「夏の光」田村優之著、ポプラ社。なんでも経済の話題が出てくる小説で、とても面白いという。

経済小説なら、昔、清水一行とかよく読んだよね、と思いつつ、ページをめくると、ぐんぐん吸い込まれた。主人公は、宮本という経済アナリスト。合弁された会社で、チーフ・アナリストをやっている腕利きである。

対するは、有賀という幼馴染。新聞社で、経済番の記者をやっている。二人の会話は、経済音痴の私にはあまり理解できない経済政策に拘わるもので、それでも、日本経済の帰趨にリアルに関与して、臨場感を出している。

しかし、それはあくまでもサブテーマである。主題は、二人の高校時代の青春、恋愛、そしてある「事件」にある。

宮本は、チーフ・アナリストとして、会社の利益を優先するが、グローバルには妥当性を欠く経済予測をしてしまうことの葛藤に悩む。そんなとき、ほとんど20年ぶりに、幼馴染の有賀に財務省で出会う。

それをきっかけに、封印されていた「過去」が蠢き始める。高校時代、宮本と有賀は、ボクシング部に所属していた。特に有賀は、女子高生の憧れの的だった。そして二人とも、全校を代表するような秀才。

設定が格好よすぎる。これを読むと大抵の男性なら、苦笑するであろう。しかし、物語は、立身出世談ではない。もちろん、秀才である二人はそこそこ社会で成功しているが、封印していたはずの20年前の「事件」が色濃く陰を落とし、二人の私生活を追い詰めていく。

これは、経済小説であり、恋愛小説であり、そして一種の推理小説なので、ここに粗筋を書き下す訳にはいかないが(ごく粗くは書いてしまったが)、なかなか稀な上質のストーリーであった。

一歩間違えるとベタになってしまうかもしれないこの小説が上質であることができるのは、青春の蹉跌と、その蹉跌の遠達力を読み手に投影するからである。青春の蹉跌なんてない、現在幸福で一点の悩みもないと言い切れる人は多分多くないが、もしそういう人がいたら、この小説は青臭くて読めないだろう。

しかし、大抵の読者は、自らの青春の蹉跌、失恋、現在の不遇をこの小説に投影しながら読み進め、しばし立ちすくんでしまうのである。

能力の分かりやすさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に秀才の収支だの秀才の属性だので展開した秀才論では、議論を簡単にするため、ある集団で、ある指標があって、集団に属する任意の二人の構成員の間で、その指標を用いて優劣を決められるということが前提とされていた。

しかし、冷静に考えて、そういう妥当な指標を常にうまく選ぶことができるのだろうか。現実問題として、そんなに簡単ではないはずである。

例えば、秀才の収支で言及された東大では、進学振り分けのための教養部での成績をそのような指標として使うことができるかもしれない。

しかしいくらなんでも、語学や一般教養科目がオールAだからあいつは凄い、というほど議論はナイーブではないだろう。すると、秀才の属性で述べたような理解力、記憶力、表現力、知的体力などの能力というかポテンシャルがそういう役割を果たすかもしれない。

例えば、教養の線型代数の授業で、私が固有値の計算に四苦八苦しているのに、ある人がジョルダンの標準形の計算をさらっとやってのけていたら、どうしても、数学で私はあいつよりできるなんて、相当考えにくい。

そういう「敗北」体験を何度かするうちに、ううんやっぱり俺っていまいちか、と次第にわかってくるのだが、その分かり方は、ボディーブローのような効き方であるかもしれない。時間がかかる。

ところが私が趣味の将棋だと、能力の差を見極めるのに対して時間を要さない。一度対戦して完敗し、今のは見落としがあったからだと言い訳できるが、二番、三番と同じように負けていたら、嫌でも棋力が相手よりひくいことを認めざるをえない。指標は単純で、相手に勝つことである。勝つことの定義は、相手の玉を詰めることで、一点の疑問もない。

幼い頃から将棋を趣味としてきた私は、どうしてもこういう分かりやすい指標をもつ組織というのに憧れる。大学の理系といえども、ここまでの優劣指標の分かりやすさはない。

ところが、調理師である弟に聞くと、料理の世界こそ、優劣指標が最高に分かりやすい世界なのだという。おいしいという基準は論理でなく感覚なので、順序付けが容易でなさそうであるが、例えば、目の前で何かを作らせたらたちどころに力量が分かってしまうという。その際、何年修行してきただの、なんという一流料亭で修行してきただのは、全く関係ない。応募の時点で考慮に入れられるかもしれないが、評価は純粋に作った料理で行われる。

このようにスキルがあまりにもわかりやすい世界であるがゆえに、料理長の技量が駄目だと組織の運営が成立しないという。誰も料理長の指示を聞かない。料理長が地位にものをいわせて従わせようとすると、骨のある料理人はプライドが維持できないので辞めてしまう。

そこでなぜ料理の世界でこのように優劣指標がはっきりしてしまうかと考えると、それは、「作った成果」で評価されるからであるようである。今までいろいろな修行をしただろう、食べ歩きしてセンスを磨いただろう、それは、「作った成果」に反映しなさい、ということである。

それを敷衍すると、プログラマの世界もそうである。いくら学歴や数学能力を誇っても、動くプログラムとしての「作った成果」を達成できないと何もいえない。「作った成果」はなるべく高速に、且つできればソースコードが読みやすくコンパクトに書かれていなくてはならない。

こうして、能力の分かりやすい分野というのは、次のように特徴づけられる。

  1. 組織の二人の構成員の間で、ルールの性質として、優劣を明確且つ一意的に決定できる。
  2. または、作った成果の性能や品質で、優劣をかなり明確に決定できる。

このような指標をもつ空間を、絶対評価空間と呼ぶことにすると、例えば、東大Uという集合にあっても、なにか指標Rがあって、その部分集合X⊂Uにおいて、(X,R)が絶対評価空間であるようなX,Rを選ぶことができることは明らかであるが、そのようなXは、かなり特殊な狭い世界ではないかということが考えられる。

すると、自分がぶっちぎりになれる絶対評価空間を見出した人は、そこに拘るべき、ということになる。典型的には、東大だと、狭く深く専攻して、そこでの教授を狙う。

では、秀才でない者はというと、絶対評価空間を避けて相対化して生きるということになるが、そこでどうするかは難しい。

ただ、会社をみてみると、ほとんどは、絶対評価空間からかけ離れている。ゴマスリもあり陰謀もあり、属人主義が跋扈し、フリーライドもなんでもありである。そんな中で私は、会社内にちっぽけな絶対評価空間を見出そうとするのだが、そんなところでお山の大将になったって何の意味もない。

こうして私は、自分がギタギタに負かされて打ちのめされてしまう、将棋という絶対評価空間が、恋しくなってしまうのである。

心のオーナーシップ

| コメント(3) | トラックバック(0)

前にも書いたように、学者になろうと意気込んで進学した大学であったが、仲間が欲しかったので、趣味の将棋の関係で、将棋部にも入った。なにしろ、敢えて級友が行かない大学に行ったので、孤独だったのである。しかし、将棋は嫌いではないが、もともと趣味の範囲であって、人生を傾注するに足りるものだとはつゆも思っていなかった。

だから、大学3年の秋あたりから、将棋部との付き合いを減らして、大学院に進学する受験勉強でもしようと、気持ちの準備を始めた。

ところが、私は将棋部にあってそこそこ重要な役割を担っていた。棋力は決して部内トップではなく、せいぜいが準トップであったが、性格なのかどうしても雑用を押し付けられる雰囲気があって、部門の世話役を担当していた。だから、ここで将棋部との付き合いを減らすことは、ある程度義理を欠くことであった。

そうやって、将棋でもない、勉強でもない、どっちつかずのアンビバレンツな気持ちが続いていて、次第に、自分の心に対するコントロールを失っていった。すなわち、大事な講義があるのに、どうしてもそちらに足が進まない。将棋部にまめに顔を出すでもない。ただ空しく下宿で寝ていて、詰まらない週刊誌や漫画を読んでいるだけなのである。

では、鬱病の類かというとそうでもなく、夕方になると嬉々として、麻雀のバイトに出かける。当時はまだ麻雀のルールも知らなかったが、福岡市内の繁華街の麻雀屋で、受付兼雑用係のアルバイトをするのが日課だった。

意外に世話好きな性格のためか、結構麻雀屋では評判がよかった。だから、何はさておいても、そこにいくと、居場所があり、ちっぽけだが存在感があった。

ただ、下宿に帰って、空腹なので近所のラーメン屋にラーメンを食べにいき、ついでにビールでも飲んでいると、虚しさが襲ってきた。お前はずっと、麻雀屋で生活するのか? まさか。じゃ、何をするのだ、お前はもうほとんど決定的に学問への階段からすべりおちているぞ。分かっている、分かっているけど、心が、意志が、どうしようもないのだ、と声を出さないで叫んでいた。

そんなとき、物理学科の友人や同僚を見ると、不思議でならなかった。どうして君たちは、心の歯車が噛みあっているのだ、と。心なんて、もともと空転するものではないのか、と。

そこから次第にわかってきたのは、自分の意志だの心だのといっているが、実はどこからかの借り物らしい、ということである。すると、借りてきた犬が懐かないことがあるように、借りてきた心が自分にしっくりこなくても何も不思議ではあるまい。ただ、誰が心を貸してくれたのだ、どうやって貸してくれたのだという問いはなぜか少しも発しなかった。

それでも模索するように書物を漁ると、私の「症状」はどうも、スチューデント・アパシーというものらしい。今まで頑張ってきた人が突然目標をなくして、どうしていいかわからなくなるというのだが、私が本当に知りたいのは、心の借り物性の方だった。しかし、そんなことはどこにも言及されていない。私は失望した。

スチューデント・アパシーは、物理的要因でふっとばされた。すなわち、ぼやぼやしていてはいかんと親に怒られ、就職せざるを得なくなったからである。単位を必死で揃えて就職すると、現実に対応するのに大童で、スチューデント・アパシーどころではなくなった。

そう書くと、スチューデント・アパシーは、一過性でとても軽いものだったように思われてしまう。自分でこの文章を、読んでもそうである。それでも、スチューデント・アパシーは、私の人生における最大の事件のうちの一つで、生き方のモードを決定的に変えてしまった。といいつつ、もともとどうだったのが、どう変わったと記述することができない。

世間には鬱病で休職したり、ひどくなると自殺に追い込まれる人は少なくないが、生来繊細で強迫神経症的な気性の持ち主である私が、いろいろな困難があっても、そういう状態まで追い込まれたことがまだない、というのは、若いときのスチューデント・アパシーが免疫になったのだろうか、と思うことがある。本当にそうなのか、もしそうならそれはどういう仕組みなのか、何一つ説明し得ないでいる。

メタボはなぜよくないか

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社の健康診断などでも、腹回りを測定するメタボ検査がある。それは、メタボが健康によくなく、成人病の原因になるという定説があるからで、今まで私はその定説をあまり疑ったことはない。それどころか、律儀にダイエットして、12kgも瘠せた。メタボ対策としては、まず、優等生であろう。

しかし、冷静に考えてみて、メタボはなぜ健康によくないか、その、きちんとした生理的というか病理的説明を聞いたことはない。そこで、「臓器は若返る」伊藤裕著、朝日新書に基づき、その理由をメモしてみる。

先ず、肥満になると、臓器炎症が起こる。というのは、肥満になると、血糖値や血圧が上がる。すると、細胞内のミトコンドリアの機能が低下し、エネルギー源としてのATPの産生が阻害されるので、それが臓器炎症につながるのだという。因果関係がみえにくいのは、医学的知識が足らないせいか。

臓器炎症は、処理しきれない活性酸素を生じてしまう。そして、活性酸素はまさに癌の原因である。これが、脂肪肝が、肝臓癌になりやすい理由である。

また、メタボになったとき増える脂肪細胞は、単なるエネルギの貯蔵庫ではなく、それ自体が、さまざまなホルモンを分泌する内分泌臓器であることがわかった。実際、脂肪細胞は、アデイポサイトカインというホルモンを分泌する。脂肪細胞がある程度以上より大きくなると、そのまわりに、マクロフィァージやリンパ球が集まってくる。そして、脂肪細胞を刺激し始める。すると、脂肪細胞は、悪性のアデイポサイトカインを分泌し、それが、糖尿病や高血圧を促進する。

さらに、サーチュインという酵素がある。サーチュインには、1番から7番までの種類があることが分っており、特にその1番は、ミトコンドリアを増やす働きがあることが分っている。カロリー制限をすると、サーチュインが活性化することも分っている。サーチュインの2番以降の働きはよく分っていないが、4番は脾臓でインシュリンを分泌させることに関わり、その他は、ミトコンドリアの機能に関わるらしいと予想されている。

ここに出てきたインシュリンは、メタボと大いに係わりがある。すなわち、インシュリンに対して身体が過剰に反応すると健康によくないので、インシュリン抵抗性といって、インシュリンにあまり反応しないようにする仕組みがある。一方で、メタボになると、血糖値が上がるので、体は、インシュリン抵抗性を更に高めようとする。そしてバランスが崩れてしまう。

さらには、レプチン抵抗性というのもある。すなわち、レプチンというのは、アデイポサイトカインの一種なのだが、本来、もう肥満だから食べなくていいという指示を脳に出す。ところが、肥満が過度になると、レプチン抵抗性が出てきて、この食欲を抑える叫びがかき消されてしまう。これが、肥満になると余計に食べてしまう仕組みである。

あと、過食そのものが体に大変なストレスなのである。ある意味、飲みすぎがストレスであるのと同じかもしれない。体は何しろ、過剰なものを処理することを強いられる。

結論として、少し足らな目に食べるということと、体を動かすということが、歳をとっても健康に過ごす必要条件のようである。もちろん十分条件なんてなくて、いろいろな因果で病気になることはある。それは仏教で言う縁起で、仕方ないとしたものである。

ただ、一つ分らないのは、将棋の故大山名人が、健康のためと思って食べるのを控えたら、勝負に勝てなくなったので、節食を止めたといっていたことである。一局を真剣に指すと数キロ瘠せると言われている勝負の世界では、過剰を抱えておかないと戦えないのだろうか。

エキスパート

| コメント(4) | トラックバック(0)

秀才の収支及びそのコメントで議論したように、世の中にはぶっちぎりの秀才というのがいて、東大の中でも、ううん敵わんなあ、と諦める人がいるくらいだから、私なんぞの出番があるわけがない。

では全くどうしようもないかというと、そうとも限らない。例えば、次のような経験が私にはある。すなわち、1980年代以前には特許出願とは当然紙で、和文タイピストがいて、B5の用紙にコツコツと和文タイプしたものを特許庁にもっていくか、郵送する。すると、一ヶ月くらいしてから、特許庁から出願番号の入った葉書の通知がくる。

ところが、当時の特許庁の荒井長官であったか、1980年中頃くらいに、ペーパーレスをやろうではないかとぶち上げた。すなわち、ネットワークで特許を出願する、というのである。当時は、MS-DOSパソコンがやっと普及し始めて、インターネットなど影も形もまだない。コンピュータのプラットフォームも、通信インフラも整わないのにどうするのだと議論はあったが、荒井長官は強引に予算を確保して、ペーパーレスすなわち電子出願へのプランを突き進んだ。

慌てたのが各企業で、数年後に特許出願がペーパーレスになったらどうしようと、部門内でコンピュータに比較的強い者に検討させたり、SE部門から人を招いたりした。

一方、わが部門にあって、仕事中なのに、アセンブラでπの計算プログラムを書いて遊んでいて、上司に咎められていた私に白羽の矢が立った。パソコン・オタクだから、お前が電子出願の導入を検討しろと、特許庁から入手した通信プロトコルなど分厚い仕様書を渡された。

それをみて、ギョエ~と叫んだ。一字一句、さっぱり理解できないのである。単なるアマチュア・プログラマなので当然である。理解できなくても、数楽者である私は、難解な数式なら単に見惚れることができるが、なにしろ、単なる仕様で、これほど無味乾燥なものはない。とはいえ、仕方なく、玩具のようなプログラムを書いてみたが、遊びでしかプログラムを書いたことがない私にはどうしようもなかった。

幸いだったのは、力強い援軍を得たことである。すなわち、社内で電子出願システムを開発しようという話が持ち上がり、数人のSEがアサインされた。そして、定期的にその人達と、ミーティングをもつことになった。流石に、コンピュータのプロは違うと感心した。彼らは難解な仕様書をどんどん読み進めていく。

そこで分かったのは、システム寄りの部分の開発をSEに依頼したとき、業務インターフェースとして、業務知識には詳しい私のトイ・プログラムにも出番があるということである。そこで、未熟だったC++のスキルを磨くことにした。そして、特許の業務知識を活かして、インターフェース・ツールを書き始めた。

そうやって、知的財産部門内SEのような役割をやっていると、システム寄りはともかくとして、電子出願システムの業務寄りのところは、少なくとも社内では、並ぶ者のないエキスパートになった。並ぶ者のないという言いかたは実は正しくない。誰もそんなことに興味がなく、やろうとしていなかったというだけの話であった。

それから、知的財産協会というところの委員に行くように会社から指示され、電子出願システムを扱う委員会に参加するようになると、流石に単身で電子出願システムの業務寄りのところを担当している人はいなくて、数年経つと、重鎮と思ってもらえるようになった。そして、もともとのUNIXベース専用端末の使いにくい電子出願システムを、Windowsベースのパソコンに移行させるという話が出たとき、私は自ら買って出て、中心的役割を果たすことにした。すなわち、まだアルファ版のパソコン出願ソフトをフロッピでもらい、Windowsパソコンにそれを導入して、管理職であった特権を活かして、暇さえあれば一日中、いろいろな出願仕様フォームをHTMLで作ってテストした。そして、長いテスト結果を要望として、委員会の名前で、特許庁に提出した。

それは20世紀も終わりの頃だったが、同じ委員会のメンバーと飲んでいて、われわれは、この分野では、日本を代表するトップ10に入るよね、とビールで乾杯した。それを傲慢と思われるだろうか。もちろんそうでないとはいえないが、私が内心思っていたのは、世間の利に聡い秀才が、こんな分野に参入する訳ないということである。知的財産の分野でも、秀才は弁理士になり、王道で昇進を目指すであろう。だから、「日本を代表するトップ10に入るよね」という発言は、屈折というか、微妙なもの悲しさを帯びていた。

そうやって、一時は日本でトップ10のエキスパートであったと自負する電子出願の業務寄りのところであるが、今ではその分野から離れ、結局、取りえのない凡才に戻った。

ただ言えることは、どんなきっかけであれ、あまり他人がやらないことをしつこく追求すると、凡才であっても、そこそこのエキスパートになれる、ということである。

さらに注意しなくてはならないのは、そうやってエキスパートになったからといって、他人が注目しないと、功利的な意味はないということである。すなわち、趣味でやるぶんならいいが、地位確保にはつながらない。そういう意味では、特許部門にいる限り、電子出願システムは避けて通れないので、意義はあった。ただ、電子出願システム実務家として、半端ない努力は強いられた。書いたC++のコードも、数万行に達する。ひどいバグもあった。バグが特許出願の方式の不備につながると、泣きそうに辛い。

という経験から私は、見やすい才能のない非秀才には、誰もやらないことを追求したら、とアドバイスすることにしている。そうだね、と誰も言ってくれないのは、やはり、そういう分野をみつけるのは何らかの偶然が必要ということである。

行方不明の黒ネコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、行方不明になった生後3カ月の黒ネコが、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護されたという。以下、引用:

【ニューヨーク山科武司】昨年5月に米カリフォルニア州サンフランシスコでいなくなった盲目の黒ネコが今年7月、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護され=写真・AP、「どうやって来たの?」と話題を呼んでいる。このネコ、生後3カ月でサンフランシスコの動物虐待防止協会に兄弟ネコの「ジム・ビーム」と一緒に収容され、「ジャック・ダニエル」と命名された。ウイルス性疾患で目がほとんど見えず、2匹そろって篤志家にもらわれるはずだった。だがジャック君は施設から突然消え、何者かが連れ去ったとみられていた。

ところが7月31日、マンハッタン北部ハーレムをのんびり歩いていた野良ネコが保護され、埋め込まれたマイクロチップからジャック君と判明。サンフランシスコ・クロニクル紙は「ジャックが話せるなら、すべてを説明できるだろうが、ジャックはただ『ミャーオ』と鳴くだけだ」と伝えた。

これは、常識的には、ジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで歩いていったとはとても考えにくい。というのは、猫は基本的に、家になつくと言われているように、あまり遠出しない。野良猫でも、決まったルートを周回して、餌をあさる。要するに、まるでヤクザのように狭い地域をすみ分けていて、他の地域を侵すことはない。

あまり友好的な関係ではないにしろ、子供の頃から日常的に猫に付き合ってきた私は、猫の習性はある程度知っていると自負していたが、それでも、何か未知の習性もあるかと、手許にあった「猫のなるほど不思議学」岩崎るりは著、小山秀一監修、講談社ブルーバックスをめくってみた。ところが、この本は猫のさすらい行動については全く言及しておらず、参考にならないことが分かった。

そこで自力で考えてみると、やはり、ウイルス性疾患で目がほとんど見えないジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで到達したということはありえない、という結論に達した。というのは、日本の雑踏と違って、アメリカの都市や田舎で、猫が食べることのできる残飯が放置されているとはとても考えにくい。すると、短期間で飢える。さらに、サンフランシスコからニューヨークまでに達するには必ず、ハイウェイを何度も横切らなくてはならない。ところがただでさえ猫は、走ってくる車を逃れるのが苦手で、車を運転していると、猫の轢死体にときどき出会い、痛々しい。ましてやあの幅の広いアメリカのハイウェイである。盲目の猫が無事に歩いて渡れるわけがない。それだけではない、サンフランシスコからニューヨークに行くには、ロッキー山脈も越えなくてはならない。こうして、盲目の猫が無事歩いてニューヨークまでたどり着ける可能性は、限りなくゼロである。

ではどうしたのか、というと、それは誰かが連れ去ったということしかありえない。誰かかが連れ去り、車を運転するか、飛行機でニューヨーク・マンハッタンまで連れてきた。なんのためか、それは分からない。そして、マンハッタンで、人目につくところで猫を逃がした、という次第である。それにしても、依然として、何のためかさっぱり分からない。話題づくりであろうか。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。