行方不明の黒ネコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、行方不明になった生後3カ月の黒ネコが、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護されたという。以下、引用:

【ニューヨーク山科武司】昨年5月に米カリフォルニア州サンフランシスコでいなくなった盲目の黒ネコが今年7月、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護され=写真・AP、「どうやって来たの?」と話題を呼んでいる。このネコ、生後3カ月でサンフランシスコの動物虐待防止協会に兄弟ネコの「ジム・ビーム」と一緒に収容され、「ジャック・ダニエル」と命名された。ウイルス性疾患で目がほとんど見えず、2匹そろって篤志家にもらわれるはずだった。だがジャック君は施設から突然消え、何者かが連れ去ったとみられていた。

ところが7月31日、マンハッタン北部ハーレムをのんびり歩いていた野良ネコが保護され、埋め込まれたマイクロチップからジャック君と判明。サンフランシスコ・クロニクル紙は「ジャックが話せるなら、すべてを説明できるだろうが、ジャックはただ『ミャーオ』と鳴くだけだ」と伝えた。

これは、常識的には、ジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで歩いていったとはとても考えにくい。というのは、猫は基本的に、家になつくと言われているように、あまり遠出しない。野良猫でも、決まったルートを周回して、餌をあさる。要するに、まるでヤクザのように狭い地域をすみ分けていて、他の地域を侵すことはない。

あまり友好的な関係ではないにしろ、子供の頃から日常的に猫に付き合ってきた私は、猫の習性はある程度知っていると自負していたが、それでも、何か未知の習性もあるかと、手許にあった「猫のなるほど不思議学」岩崎るりは著、小山秀一監修、講談社ブルーバックスをめくってみた。ところが、この本は猫のさすらい行動については全く言及しておらず、参考にならないことが分かった。

そこで自力で考えてみると、やはり、ウイルス性疾患で目がほとんど見えないジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで到達したということはありえない、という結論に達した。というのは、日本の雑踏と違って、アメリカの都市や田舎で、猫が食べることのできる残飯が放置されているとはとても考えにくい。すると、短期間で飢える。さらに、サンフランシスコからニューヨークまでに達するには必ず、ハイウェイを何度も横切らなくてはならない。ところがただでさえ猫は、走ってくる車を逃れるのが苦手で、車を運転していると、猫の轢死体にときどき出会い、痛々しい。ましてやあの幅の広いアメリカのハイウェイである。盲目の猫が無事に歩いて渡れるわけがない。それだけではない、サンフランシスコからニューヨークに行くには、ロッキー山脈も越えなくてはならない。こうして、盲目の猫が無事歩いてニューヨークまでたどり着ける可能性は、限りなくゼロである。

ではどうしたのか、というと、それは誰かが連れ去ったということしかありえない。誰かかが連れ去り、車を運転するか、飛行機でニューヨーク・マンハッタンまで連れてきた。なんのためか、それは分からない。そして、マンハッタンで、人目につくところで猫を逃がした、という次第である。それにしても、依然として、何のためかさっぱり分からない。話題づくりであろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1941

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 1日 05:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「坂井秀至」です。

次のブログ記事は「エキスパート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。