エキスパート

| コメント(4) | トラックバック(0)

秀才の収支及びそのコメントで議論したように、世の中にはぶっちぎりの秀才というのがいて、東大の中でも、ううん敵わんなあ、と諦める人がいるくらいだから、私なんぞの出番があるわけがない。

では全くどうしようもないかというと、そうとも限らない。例えば、次のような経験が私にはある。すなわち、1980年代以前には特許出願とは当然紙で、和文タイピストがいて、B5の用紙にコツコツと和文タイプしたものを特許庁にもっていくか、郵送する。すると、一ヶ月くらいしてから、特許庁から出願番号の入った葉書の通知がくる。

ところが、当時の特許庁の荒井長官であったか、1980年中頃くらいに、ペーパーレスをやろうではないかとぶち上げた。すなわち、ネットワークで特許を出願する、というのである。当時は、MS-DOSパソコンがやっと普及し始めて、インターネットなど影も形もまだない。コンピュータのプラットフォームも、通信インフラも整わないのにどうするのだと議論はあったが、荒井長官は強引に予算を確保して、ペーパーレスすなわち電子出願へのプランを突き進んだ。

慌てたのが各企業で、数年後に特許出願がペーパーレスになったらどうしようと、部門内でコンピュータに比較的強い者に検討させたり、SE部門から人を招いたりした。

一方、わが部門にあって、仕事中なのに、アセンブラでπの計算プログラムを書いて遊んでいて、上司に咎められていた私に白羽の矢が立った。パソコン・オタクだから、お前が電子出願の導入を検討しろと、特許庁から入手した通信プロトコルなど分厚い仕様書を渡された。

それをみて、ギョエ~と叫んだ。一字一句、さっぱり理解できないのである。単なるアマチュア・プログラマなので当然である。理解できなくても、数楽者である私は、難解な数式なら単に見惚れることができるが、なにしろ、単なる仕様で、これほど無味乾燥なものはない。とはいえ、仕方なく、玩具のようなプログラムを書いてみたが、遊びでしかプログラムを書いたことがない私にはどうしようもなかった。

幸いだったのは、力強い援軍を得たことである。すなわち、社内で電子出願システムを開発しようという話が持ち上がり、数人のSEがアサインされた。そして、定期的にその人達と、ミーティングをもつことになった。流石に、コンピュータのプロは違うと感心した。彼らは難解な仕様書をどんどん読み進めていく。

そこで分かったのは、システム寄りの部分の開発をSEに依頼したとき、業務インターフェースとして、業務知識には詳しい私のトイ・プログラムにも出番があるということである。そこで、未熟だったC++のスキルを磨くことにした。そして、特許の業務知識を活かして、インターフェース・ツールを書き始めた。

そうやって、知的財産部門内SEのような役割をやっていると、システム寄りはともかくとして、電子出願システムの業務寄りのところは、少なくとも社内では、並ぶ者のないエキスパートになった。並ぶ者のないという言いかたは実は正しくない。誰もそんなことに興味がなく、やろうとしていなかったというだけの話であった。

それから、知的財産協会というところの委員に行くように会社から指示され、電子出願システムを扱う委員会に参加するようになると、流石に単身で電子出願システムの業務寄りのところを担当している人はいなくて、数年経つと、重鎮と思ってもらえるようになった。そして、もともとのUNIXベース専用端末の使いにくい電子出願システムを、Windowsベースのパソコンに移行させるという話が出たとき、私は自ら買って出て、中心的役割を果たすことにした。すなわち、まだアルファ版のパソコン出願ソフトをフロッピでもらい、Windowsパソコンにそれを導入して、管理職であった特権を活かして、暇さえあれば一日中、いろいろな出願仕様フォームをHTMLで作ってテストした。そして、長いテスト結果を要望として、委員会の名前で、特許庁に提出した。

それは20世紀も終わりの頃だったが、同じ委員会のメンバーと飲んでいて、われわれは、この分野では、日本を代表するトップ10に入るよね、とビールで乾杯した。それを傲慢と思われるだろうか。もちろんそうでないとはいえないが、私が内心思っていたのは、世間の利に聡い秀才が、こんな分野に参入する訳ないということである。知的財産の分野でも、秀才は弁理士になり、王道で昇進を目指すであろう。だから、「日本を代表するトップ10に入るよね」という発言は、屈折というか、微妙なもの悲しさを帯びていた。

そうやって、一時は日本でトップ10のエキスパートであったと自負する電子出願の業務寄りのところであるが、今ではその分野から離れ、結局、取りえのない凡才に戻った。

ただ言えることは、どんなきっかけであれ、あまり他人がやらないことをしつこく追求すると、凡才であっても、そこそこのエキスパートになれる、ということである。

さらに注意しなくてはならないのは、そうやってエキスパートになったからといって、他人が注目しないと、功利的な意味はないということである。すなわち、趣味でやるぶんならいいが、地位確保にはつながらない。そういう意味では、特許部門にいる限り、電子出願システムは避けて通れないので、意義はあった。ただ、電子出願システム実務家として、半端ない努力は強いられた。書いたC++のコードも、数万行に達する。ひどいバグもあった。バグが特許出願の方式の不備につながると、泣きそうに辛い。

という経験から私は、見やすい才能のない非秀才には、誰もやらないことを追求したら、とアドバイスすることにしている。そうだね、と誰も言ってくれないのは、やはり、そういう分野をみつけるのは何らかの偶然が必要ということである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1942

コメント(4)

>誰もやらないことを追求したら
 これ、ここへのコメントにも出てきた天文学にコンピュータシミュレーションの手法を導入したパイオニア、東大教養学部元教授・杉本大一郎氏と同じ素晴らしいアドバイスなんですけどね。
 曰く「世界一になろうとしたら2つの方法があって、世界一勉強するか、世界で誰もやったことがないことをやるかです」だっけな??私が直接彼からお聞きして、こっちのニッチに来た直接の契機となったアドバイスでしたが。

> 東大教養学部元教授・杉本大一郎氏と同じ素晴らしいアドバイスなんですけどね

おお、そうなんですか。そういう人に言われると、心強いです。

> 世界一勉強するか、世界で誰もやったことがないことをやるか

流石に「世界一勉強する」のは無理ですが、「世界で誰もやったことがないことをやる」のも結構大変です。そもそも、ものになるかどうか確率低いですし、あと、うまく「世界一」になっても、誰も興味をもたない可能性もあります。ただ、そうやってやらない理由言っている暇があったら、なにか探して努力しましょうということだと理解します。

>「世界一になろうとしたら2つの方法があって、世界一勉強するか、世界で誰もやったことがないことをやるかです」

 杉本教授クラスの方々は別としたら、私たち凡人は、この言葉を、「周囲の人より優れようとしたら2つの方法があって、周囲の人よりたくさん勉強するか、周囲の人があんまりやりたがらないことをやるかです」と解釈するとよいのです。
 今から20年前は、理科系で我々のニッチを目指す人は少なかったですからね。

杉本名誉教授に関する以前のエントリは↓でした。http://commutative.world.coocan.jp/blog2/2009/11/post-413.html

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 2日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行方不明の黒ネコ」です。

次のブログ記事は「メタボはなぜよくないか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。