メタボはなぜよくないか

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社の健康診断などでも、腹回りを測定するメタボ検査がある。それは、メタボが健康によくなく、成人病の原因になるという定説があるからで、今まで私はその定説をあまり疑ったことはない。それどころか、律儀にダイエットして、12kgも瘠せた。メタボ対策としては、まず、優等生であろう。

しかし、冷静に考えてみて、メタボはなぜ健康によくないか、その、きちんとした生理的というか病理的説明を聞いたことはない。そこで、「臓器は若返る」伊藤裕著、朝日新書に基づき、その理由をメモしてみる。

先ず、肥満になると、臓器炎症が起こる。というのは、肥満になると、血糖値や血圧が上がる。すると、細胞内のミトコンドリアの機能が低下し、エネルギー源としてのATPの産生が阻害されるので、それが臓器炎症につながるのだという。因果関係がみえにくいのは、医学的知識が足らないせいか。

臓器炎症は、処理しきれない活性酸素を生じてしまう。そして、活性酸素はまさに癌の原因である。これが、脂肪肝が、肝臓癌になりやすい理由である。

また、メタボになったとき増える脂肪細胞は、単なるエネルギの貯蔵庫ではなく、それ自体が、さまざまなホルモンを分泌する内分泌臓器であることがわかった。実際、脂肪細胞は、アデイポサイトカインというホルモンを分泌する。脂肪細胞がある程度以上より大きくなると、そのまわりに、マクロフィァージやリンパ球が集まってくる。そして、脂肪細胞を刺激し始める。すると、脂肪細胞は、悪性のアデイポサイトカインを分泌し、それが、糖尿病や高血圧を促進する。

さらに、サーチュインという酵素がある。サーチュインには、1番から7番までの種類があることが分っており、特にその1番は、ミトコンドリアを増やす働きがあることが分っている。カロリー制限をすると、サーチュインが活性化することも分っている。サーチュインの2番以降の働きはよく分っていないが、4番は脾臓でインシュリンを分泌させることに関わり、その他は、ミトコンドリアの機能に関わるらしいと予想されている。

ここに出てきたインシュリンは、メタボと大いに係わりがある。すなわち、インシュリンに対して身体が過剰に反応すると健康によくないので、インシュリン抵抗性といって、インシュリンにあまり反応しないようにする仕組みがある。一方で、メタボになると、血糖値が上がるので、体は、インシュリン抵抗性を更に高めようとする。そしてバランスが崩れてしまう。

さらには、レプチン抵抗性というのもある。すなわち、レプチンというのは、アデイポサイトカインの一種なのだが、本来、もう肥満だから食べなくていいという指示を脳に出す。ところが、肥満が過度になると、レプチン抵抗性が出てきて、この食欲を抑える叫びがかき消されてしまう。これが、肥満になると余計に食べてしまう仕組みである。

あと、過食そのものが体に大変なストレスなのである。ある意味、飲みすぎがストレスであるのと同じかもしれない。体は何しろ、過剰なものを処理することを強いられる。

結論として、少し足らな目に食べるということと、体を動かすということが、歳をとっても健康に過ごす必要条件のようである。もちろん十分条件なんてなくて、いろいろな因果で病気になることはある。それは仏教で言う縁起で、仕方ないとしたものである。

ただ、一つ分らないのは、将棋の故大山名人が、健康のためと思って食べるのを控えたら、勝負に勝てなくなったので、節食を止めたといっていたことである。一局を真剣に指すと数キロ瘠せると言われている勝負の世界では、過剰を抱えておかないと戦えないのだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1943

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 3日 00:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エキスパート」です。

次のブログ記事は「心のオーナーシップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。