心のオーナーシップ

| コメント(3) | トラックバック(0)

前にも書いたように、学者になろうと意気込んで進学した大学であったが、仲間が欲しかったので、趣味の将棋の関係で、将棋部にも入った。なにしろ、敢えて級友が行かない大学に行ったので、孤独だったのである。しかし、将棋は嫌いではないが、もともと趣味の範囲であって、人生を傾注するに足りるものだとはつゆも思っていなかった。

だから、大学3年の秋あたりから、将棋部との付き合いを減らして、大学院に進学する受験勉強でもしようと、気持ちの準備を始めた。

ところが、私は将棋部にあってそこそこ重要な役割を担っていた。棋力は決して部内トップではなく、せいぜいが準トップであったが、性格なのかどうしても雑用を押し付けられる雰囲気があって、部門の世話役を担当していた。だから、ここで将棋部との付き合いを減らすことは、ある程度義理を欠くことであった。

そうやって、将棋でもない、勉強でもない、どっちつかずのアンビバレンツな気持ちが続いていて、次第に、自分の心に対するコントロールを失っていった。すなわち、大事な講義があるのに、どうしてもそちらに足が進まない。将棋部にまめに顔を出すでもない。ただ空しく下宿で寝ていて、詰まらない週刊誌や漫画を読んでいるだけなのである。

では、鬱病の類かというとそうでもなく、夕方になると嬉々として、麻雀のバイトに出かける。当時はまだ麻雀のルールも知らなかったが、福岡市内の繁華街の麻雀屋で、受付兼雑用係のアルバイトをするのが日課だった。

意外に世話好きな性格のためか、結構麻雀屋では評判がよかった。だから、何はさておいても、そこにいくと、居場所があり、ちっぽけだが存在感があった。

ただ、下宿に帰って、空腹なので近所のラーメン屋にラーメンを食べにいき、ついでにビールでも飲んでいると、虚しさが襲ってきた。お前はずっと、麻雀屋で生活するのか? まさか。じゃ、何をするのだ、お前はもうほとんど決定的に学問への階段からすべりおちているぞ。分かっている、分かっているけど、心が、意志が、どうしようもないのだ、と声を出さないで叫んでいた。

そんなとき、物理学科の友人や同僚を見ると、不思議でならなかった。どうして君たちは、心の歯車が噛みあっているのだ、と。心なんて、もともと空転するものではないのか、と。

そこから次第にわかってきたのは、自分の意志だの心だのといっているが、実はどこからかの借り物らしい、ということである。すると、借りてきた犬が懐かないことがあるように、借りてきた心が自分にしっくりこなくても何も不思議ではあるまい。ただ、誰が心を貸してくれたのだ、どうやって貸してくれたのだという問いはなぜか少しも発しなかった。

それでも模索するように書物を漁ると、私の「症状」はどうも、スチューデント・アパシーというものらしい。今まで頑張ってきた人が突然目標をなくして、どうしていいかわからなくなるというのだが、私が本当に知りたいのは、心の借り物性の方だった。しかし、そんなことはどこにも言及されていない。私は失望した。

スチューデント・アパシーは、物理的要因でふっとばされた。すなわち、ぼやぼやしていてはいかんと親に怒られ、就職せざるを得なくなったからである。単位を必死で揃えて就職すると、現実に対応するのに大童で、スチューデント・アパシーどころではなくなった。

そう書くと、スチューデント・アパシーは、一過性でとても軽いものだったように思われてしまう。自分でこの文章を、読んでもそうである。それでも、スチューデント・アパシーは、私の人生における最大の事件のうちの一つで、生き方のモードを決定的に変えてしまった。といいつつ、もともとどうだったのが、どう変わったと記述することができない。

世間には鬱病で休職したり、ひどくなると自殺に追い込まれる人は少なくないが、生来繊細で強迫神経症的な気性の持ち主である私が、いろいろな困難があっても、そういう状態まで追い込まれたことがまだない、というのは、若いときのスチューデント・アパシーが免疫になったのだろうか、と思うことがある。本当にそうなのか、もしそうならそれはどういう仕組みなのか、何一つ説明し得ないでいる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1944

コメント(3)

>鬱病
 鬱病にも色々あって、普通かそれ以上に仕事をしている人が、実は、長い間、軽くない鬱病を患っていることがあります。大会社の経営者の中にもこういう例は少なくないとか。

> 普通かそれ以上に仕事をしている人が、実は、長い間、軽くない鬱病を患っていることがあります。大会社の経営者の中にもこういう例は少なくないとか。

そうなんですか、すると、ときどき異様に自閉的になる私も鬱病なのかも。

>私も鬱病なのかも
 もし心配なら医師と相談するしかないですね。素人判断にはいろんな弊害がありそうですから。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 4日 07:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メタボはなぜよくないか」です。

次のブログ記事は「能力の分かりやすさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。