夏の光

| コメント(0) | トラックバック(0)

のぼうの城を私に紹介してくれた人が、本を貸してくれた。それは、「夏の光」田村優之著、ポプラ社。なんでも経済の話題が出てくる小説で、とても面白いという。

経済小説なら、昔、清水一行とかよく読んだよね、と思いつつ、ページをめくると、ぐんぐん吸い込まれた。主人公は、宮本という経済アナリスト。合弁された会社で、チーフ・アナリストをやっている腕利きである。

対するは、有賀という幼馴染。新聞社で、経済番の記者をやっている。二人の会話は、経済音痴の私にはあまり理解できない経済政策に拘わるもので、それでも、日本経済の帰趨にリアルに関与して、臨場感を出している。

しかし、それはあくまでもサブテーマである。主題は、二人の高校時代の青春、恋愛、そしてある「事件」にある。

宮本は、チーフ・アナリストとして、会社の利益を優先するが、グローバルには妥当性を欠く経済予測をしてしまうことの葛藤に悩む。そんなとき、ほとんど20年ぶりに、幼馴染の有賀に財務省で出会う。

それをきっかけに、封印されていた「過去」が蠢き始める。高校時代、宮本と有賀は、ボクシング部に所属していた。特に有賀は、女子高生の憧れの的だった。そして二人とも、全校を代表するような秀才。

設定が格好よすぎる。これを読むと大抵の男性なら、苦笑するであろう。しかし、物語は、立身出世談ではない。もちろん、秀才である二人はそこそこ社会で成功しているが、封印していたはずの20年前の「事件」が色濃く陰を落とし、二人の私生活を追い詰めていく。

これは、経済小説であり、恋愛小説であり、そして一種の推理小説なので、ここに粗筋を書き下す訳にはいかないが(ごく粗くは書いてしまったが)、なかなか稀な上質のストーリーであった。

一歩間違えるとベタになってしまうかもしれないこの小説が上質であることができるのは、青春の蹉跌と、その蹉跌の遠達力を読み手に投影するからである。青春の蹉跌なんてない、現在幸福で一点の悩みもないと言い切れる人は多分多くないが、もしそういう人がいたら、この小説は青臭くて読めないだろう。

しかし、大抵の読者は、自らの青春の蹉跌、失恋、現在の不遇をこの小説に投影しながら読み進め、しばし立ちすくんでしまうのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1946

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 5日 07:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「能力の分かりやすさ」です。

次のブログ記事は「付き合いの距離」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。