付き合いの距離

| コメント(3) | トラックバック(0)

私はときどき、管理職時代を振り返って次のようなことを言う。すなわち、部下と家族をなるべく平等に扱おうとしていた、と。

それを聞いた人は普通、へぇ、それはいい心がけかも、と興味もなげに答えて、話題は別に転じる。

ところが最近、ある友人にそれを話したら、反応が違った。そんな無理なことを言うものではない、ありえない、と。それに対して、私は何も、部下と家族を同等に扱えると言っている訳ではないです、単に、会社で疑似家族をつくって属人主義を蔓延らせる人がいるので、そういうのを避けようと思ったのです、と言い訳したら、なら、単に、属人主義は避けると言えばいいではないかとどうも素直に会話が弾まない。

また、次のような例を友人は示した。すなわち、知っている管理職で、まさに部下を家族のように扱った人がいた。その人は、部下を息子や娘のように親密に扱って、部下からの信望は篤かったが、組織としてはうまく運営できなかった、と。

そんな例と私を一緒にしてないで下さいよ、と反論したが、説明してもなかなかうまくいかないので、それ以上言うのは止めた。そこで、以下私の言い訳を書く。

部下と家族をなるべく平等に扱うという言い方は、第一の趣旨は、なにかの縁で私の部下になったので、人間としてきちんと尊重して付き合うという意味である。管理職というのは権限があるので、パワハラまがいのことができない訳でもない。実際私の会社生活で、随分酷いことをする上司がいた。自分はそうはなるまいと誓った。

また、当然に、部下で、気の合う部下とそうでない部下はいる。人間だもの。しかし、家族と見立てると、なるべく意味のない差別はしたくない。私はストイックなまでに、相性を、部下の評価に反映されることを拒んだ。

そういう思いが、部下と家族をなるべく平等に扱うという言い方になった。また私は、家族を部下のように扱っていたかもしれない。これはいいことではないが、双対である。ただ、新聞を見ていたら、力士をやっている息子が帰省してきて、力士を辞めたいというのを聞いた父親が激昂して、ガソリンを家に撒き、火をつけて一家心中しようとした、という事件が載っていた。それで生憎、息子でなく、小学生の娘の方が焼死してしまうのだが、こういう発想は、普通ありえないとしても、家族を部下のように扱うというスタンスと全く逆である。

家族を部下のように扱うということは、家庭に疑似労働法と基本的人権を導入し、相手の言い分をきちんと聞くということである。それはそれで結構重い。

ここまでの説明を普段の会話で伝えることはできない。ただ、部下と家族をなるべく平等に扱おうとしていたという私の発言にあまり突っ込んでほしくなかった、聞き流してほしかったとただ思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1947

コメント(3)

>部下を家族のように扱った

 これは×でしょう。上司は、何かあったら、最悪、部下のクビを切らなければならないのですから。どこかで線引きして適切な距離を取らなければなりません。

> 最悪、部下のクビを切らなければならないのですから。

しかし世間には、家族を、リストラするみたいに見放す人もいますよ、というとちょっと言いすぎですか。ただ、実際私は、部下をリストラせざるをえなくなった訳で、他人事ではありませんでした。部下を家族とみなすではなく、社員の尊厳を重んじる程度に抽象的に言っておくべきでした。

>家族を、リストラするみたいに見放す人もいます

 部下はどこまで行っても他人ですが、家族はいつまでも家族で、だから却って家族内の諍いは深刻になります。そうなると、家族から離れたり、家人を見放したりして割り切らなければならなくなります。だから、家族を見放す人って普通に、しかも沢山いると思いますよ。
 家族を見放すと言うことは、会社によるリストラと同じか、それよりたくさんある事象だと私は思っています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 6日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の光」です。

次のブログ記事は「広瀬新王位」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。