松岡正剛

| コメント(4) | トラックバック(0)

今でも霊だのあの世だと呟くので、シュールな傾向のある私であるが、それでも家庭をもち、会社ではある程度責任ある仕事をしているので、現実からの呪縛も小さくない。

20台中頃の若い頃は、そのような呪縛もなく、野放図に生きており、よくサラリーマンとしてクビにならなかったと、不思議でならない。

そんな野放図な私の愛読書に、工作舎の出版物があった。宇宙論だの超人だの、フリッチョ・カプラだの、私のテイストにぴったりで、まさに耽読していたといっていい。工作舎の主管は松岡正剛で、今に至るまでビッグネームであるが、当時は凄い人なのか、怪しい人なのか分らなかった。

その後も松岡正剛のことは多少気になっていて、知の編集術 (講談社現代新書) なども読んでみたが、どうもしっくりこない。意に反して、書いていることがまともすぎるのである。それで、松岡正剛のことは意識から少し遠のいていたが、最近本屋を散策した際に、多読術 (ちくまプリマー新書)が目に付いた。

実は、松岡正剛の千夜千冊を眺めて、ううん畏るべき読書家だわいと感嘆していた私は、これは即買いだった。

早速読んでみて感じたのは、松岡氏の本に対するリスペクトと畏れの深さである。なにしろ、世界から本に対する全射写像が存在することをつゆも疑っていない。本には何でもあると臆面もなく言う。これは凄い。私は、世界からイメージに対する単射があって、イメージから書物に対する更なる単射があると思っている。すなわち、ずんずんやせ細っていくのである。そんなに本を瘠せたものだと思っていながら、私は本の世界から一歩も出ようとしていない。なんという矛盾だろうか。

しかし、世界を、書かれたもので記述し尽くされたものだと考えることは哲学的に意外にありえることであり、もしそうであるなら、世界と本の間に全射写像を想定することもそれほど突拍子もないことだといえない。

松岡氏がさらに凄いのは、あれだけ本を、おそらく私の何十倍も読んでおきながら、常に本に、無知から未知を期待していることである。まだ新規なことがあるの?という素朴な疑問は、私のような凡人が当然に発することである。

だから、松岡氏が、多数の本の内容のネットワークのつながりから世界を構築していこうとするのも当然であろう。当然に松岡氏は、空手空拳で読書空間に挑むのではない。彼は、編集工学という武器がある。その技法を駆使して、松岡氏は、読書から効率的に世界を構築していく。なにしろ、本は世界の総体なのだから(私が勝手に言っているだけであるが)、読書を続けていくと世界観が発展していくのである。

かくして、松岡氏の文豪ならぬ、「本豪」の姿が次第に見えてきた。それは、目的は違うが、立花隆のそれと同様に、私にとってはめくるめきものである。また、松岡氏の読書論は、成毛眞氏のそれを部分集合として含む。私にはより身近な成毛氏の方法論を通して、私は、松岡氏の凄さを見通している次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1949

コメント(4)

松岡正剛には、わたしもとても影響を受けました。東京に出たての頃、ひょんなことから、工作舎でおこなわれていた「遊学する土曜日」に通い、松岡の底知れない博識と頭の良さに圧倒されました。松岡の本を、当時何度も読み返していたのをよく覚えています。
こんな人が、東京にはたくさんいるんだと思い驚愕しましたが、その後松岡レベルの人には、当たり前ですが(笑)、そんなに会えませんでした。
立花隆にも、ずいぶん影響を受けましたが、松岡さんとは、かなり傾向が違うので、そこが、また面白いですね。

> こんな人が、東京にはたくさんいるんだと思い驚愕しましたが、その後松岡レベルの人には、当たり前ですが(笑)、そんなに会えませんでした。

NBLさんのそのコメントで、松岡氏の凄さを改めて確信しました。私も田舎から出てきたくちですが、あまり沢山凄い人に出会っていないので、鑑識眼に乏しいようです。

松岡正剛さんは凄い人ですね。でも、上には上がいます。
太田述正さんは、ご存知ですか?私は数年前から彼のコラムを
読んでいます。以下はマキアヴェリの君主論についての考察です。
松岡正剛
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0610.html
太田述正
http://blog.ohtan.net/archives/50955265.html
http://blog.ohtan.net/archives/50955264.html
http://blog.ohtan.net/archives/50955262.html
http://blog.ohtan.net/archives/50955261.html

太田さんは、典拠を示しつつ自論を展開しています。松岡さんは何が言いたいのかわかりません。松岡さんは考察というより本の紹介なのでフェアーとは言えないのかもしれませんが、彼がマキアヴェリの異常性を認識していないのは明らかです。
私は太田述正さんの10分の一の頭もありませんが、多くの人に彼のコラムを知って欲しいので投稿させていただきました。

私の力量では、松岡正剛氏と太田述正氏を比べることはできませんが、確かに、太田述正氏も凄い方のようです。今、Wikiで経歴みましたが、がちがちのエリートですね。今度著書も読んでみることにします。ご紹介、ありがとうございます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 7日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広瀬新王位」です。

次のブログ記事は「内田樹氏の休筆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。