内田樹氏の休筆

| コメント(4) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、内田樹氏が休筆する、という。以下、引用:

「日本辺境論」などのベストセラーで知られる仏文学者で神戸女学院大教授の内田樹(たつる)さんが、ブログ上で一部の自著の刊行にストップをかけることを宣言し、波紋が広がっている。旬の書き手に群がり、出版点数を増やす「バブル」を生み出しては、すぐにはじける。出版界のそんな"悪弊"を批判する行動だが、書き手たちの賛否は割れている。(海老沢類)

発端は大手書店の店長が書いた8月12日付のブログだ。「伝える力」が100万部を突破したジャーナリスト、池上彰さんらの「バブル」に触れ、人気の著者に依頼が殺到する結果、質の落ちた本が出回って著者も疲弊していくとして、その悪循環を批判した。

私はこの訴えは実に妥当だと思う。本屋に行くと、茂木健一郎氏、勝間和代氏、池上彰氏などの著書が何冊も並ぶが、いくら本が好きでも、私はほとんど買う気がおきない。とても内容が薄まっているような気がする。まるで、売れるからと、酒を薄めて売っているようである。

十数点の出版企画を抱える売れっ子の内田さんはすぐに反応した。13日付のブログに「大量の企画が同時進行しているのは、編集者たちの『泣き落し』と『コネ圧力』に屈したためである。(略)『バブルのバルブ』を止めることができるのは、書き手だけ」などと記し、4冊分の校正刷りの確認を"塩漬け"すると宣言。14日付で「日程がタイトであれば、書きもののクオリティはあらわに下がる」と理由を説明した。

この内田氏の反応は、素晴らしい。私がみるところ、内田氏の著書はまだ疲弊していないというか、荒れていない。オリジナリティの泉は涸れていないし、水割り感もない。しかし、短期間に沢山本を出すと、次第に荒れてくることは、どんな著者も避けられない。それを予防して休筆するというのは、なかなかできそうでできない。現実の収入を見送ることになるからである。

一方、店長に「バブル」と指摘された脳科学者の茂木健一郎さんは自身のブログで変わらず執筆を続ける姿勢を強調。経済評論家の勝間和代さんもブログで「当事者がコントロールできるものではない」と、内田さんとは対照的な考えを示すなど、反響が広がっている。

茂木健一郎氏は、意図的でないにしても、脱税を指摘されたことがあった。最初はそうでなかったかもしれないが、稼いでいるうちに拝金主義に染まってしまったのではないか。勝間和代氏、然りである。こうして、売れるだけ書く、売れなくなるまで書く、というデスマーチが続く。そうやって書いた本にどれほどの価値があるのだろうか。

騒動の背景には、不況下で加速する新刊ラッシュがある。書籍と雑誌の販売金額は昨年、21年ぶりに2兆円を割り込み、返品率は4割を超えた。売り上げの減少を補うため、出版社は自転車操業的に点数を増やしており、昨年の新刊は過去最多の7万8555点。頭数をそろえるため、引き出しが豊富で部数が見込めるビッグネームに頼る傾向に拍車がかかる。

「途中で企画がストップすれば、収益見込みの修正が必要」(出版関係者)だけに、各社の編集者はほかの書き手に賛同の動きが広がるのを警戒する。ただ、内田さんを支持する専門家は少なくない。

出版社の苦しい台所というのは、分からないでもない。すなわち、安易に売れる作家のものを出し続ける誘惑に駆られる。そうやって出版文化が先細りしては、未来がない。

早稲田大大学院の永江朗教授(出版文化論)は「安価で手軽な編集ができる新書ブームがあった10年ほど前を境に、メガヒットした書き手に安易に依頼する傾向が加速した。対談や講演のテープを起こしただけの安直な作りの本が増えれば、読者離れを早め、出版文化の先細りを招くだけ。業界は今回の問題提起を真摯(しんし)に受け止めるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

まさに、そうだと思う。保守的すぎる私は、なんとか出版賞とかいう本を毛嫌いしてしまう傾向がある。のぼうの城だって、知り合いから紹介されなかったら、手にとってみることはなかったろう。私が読む本を選ぶには、鑑識眼をあるレベルに維持しておけばいい。しかし、巷に蔓延る本はそうはいかない。おそらく、ある時点で出版される本の冊数というのは有限たから、質の低い本が跋扈すると、相対的に良書が駆逐されてしまう。そうでなくても、本屋に行く度に、アニメコーナーが増えているのが気になる。アニメがすべて低俗とは思わない。山上たつひこの作品など、なかなか佳作だと思う。しかし、自ずと限度があるのではないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1950

コメント(4)

>勝間和代・茂木健一郎
 最近のこの人たちの本、本人が全部書いているのでしょうかね?
 本を乱発する人の中には、昔から、ゴーストライターにテーマ・規格に沿った原稿を書かせて、そうして出来上がった原稿に筆を入れるような、著作というより監修に近い作業をする向きも多いようです(勝間氏とか茂木氏とかがそうやっているという証拠はありませんが)。
 そうなれば、著書のクオリティは下がらざるを得ませんよね。
 なんか、売れっ子アイドルが若い内は服を着て金を稼ぎ、次は水着で稼ぎ、最後は水着もなしに稼ぐという業界お定まりの劣化ルートが、出版業界における売れっ子作家にもあるのかも知れません。

> 最近のこの人たちの本、本人が全部書いているのでしょうかね?

ううん、アイドルや芸能人でないので、流石に自分で書いていると思ってましたが。例えば、私のブログの2ヶ月分くらいの分量で、新書一冊になります。ということは、質を問わなければ、普通に、2ヶ月に一冊、本が出セルことになります。

 新書一冊分の文章量だけ考えると、たしかに新書一冊を2月ごとに出すのは可能なんですよ。ただ、原稿の内容をその作家(の売れ方)に相応しい高い内容で原稿を書き、原稿を見直し、修正し、編集し、校正するなどの手間を考えると、売れっ子作家が新書一冊を2月おきに出版すするのは難しいと思ってましたが、いまは、そういうことを可能とするようなシステムができているのかも知れませんね。よく知りませんが。

> いまは、そういうことを可能とするようなシステムができているのかも知れませんね。よく知りませんが。

そういえばときどき、編集者の何某さんには大変お世話になったと、エピローグで書いている人がいますが、そういう編集者の人達が必死で仕上げているということはありそうです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 8日 06:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松岡正剛」です。

次のブログ記事は「文系プログラミング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。