文系プログラミング

| コメント(9) | トラックバック(0)

私がまだ独身で、A型肝炎からなんとか復帰した頃のことである。それまであまり興味がなかったコンピュータ・プログラミングをやってみたくなった。もしかして、A型肝炎ウィルスによって精神が変質したのかもしれない。とはいえ、当時は、8ビット・パソコンと、テープ・ベースでBASIC言語をやるのが関の山の頃である。

当時の典型的なパソコンといえば、NECの88だったが、私の好みで、シャープのMZ2000を買うことにした。とはいえ、当時の私の1ヶ月の給料より高い。それは、パソコンが高かったのか、給料が安かったのかどちらかと聞かれたら、まあ両方です、と答えるよりない。

ともかく、秋葉原まで出かけていって、MZ2000を買った。貯金もほとんどなく、清水の舞台だったが、プログラミングに対する興味、そして、将来に対する投資のためであった。というのは、当時機械系の会社にいて、仕事が面白くなく、なんとしても転職しなくてはと思っていたのである。

具体的に何をプログラミングしたかったのかというと、当時のBASIC本には、カレンダの作り方など載っていたが、もう少し凝ったことをやってみたかった。例えば、数値計算である。具体的には、πの計算、常微分方程式、偏微分方程式などである。

πの計算では、多倍長計算を素朴に実装して、πを255桁まで計算した。遊びに来た友人に見せたら、呆れて何も言わなかった。常微分方程式では、数値計算の教科書を買って熟読し、ルンゲ・クッタの方法で、天体力学の初歩の問題、すなわち、惑星の二体問題や三体問題を解かせた。三体問題は本当はカオス的軌道になるはずなのに、精度が悪いのか、解が発散してしまった。偏微分方程式は、なにしろメモリ容量が少なすぎて、意味がある問題が表現できなかった。その他、複素関数の留数定理、人口知能の初歩など、8ビット・パソコン上のBASICインタープリターでできることとしては限界のようなことを試していた。ともかく、私がトレーニングとして目指したのは、がちがちの理系プログラミングであった。

そのとき、A型肝炎からの病み上がりだったのに、会社から帰ると、寝食を忘れてプログラミングした。睡眠時間は3時間程度で、食べるものもコンビニ弁当程度だった。よく倒れなかったと思う。こういう経験で、プログラミングの自信がかなりついた。

そして、運良く、今勤務していてる外資系コンピュータ会社に転職できた。MZ2000を買った効果でなくて、おそらく、英語を真面目に勉強していたせいだと思う。

そうして、外資系コンピュータ会社に入ってみると、意外にも、技術部門でないせいか、コンピュータに詳しい人はほとんどいなかった。ただ一人、私より2歳年長のMさんは、相当なプログラミング・スキルで、コンピュータ・グラフィックスの本をみながら、BASICでレイ・トレーシングのプログラムを書いていた。ううん、これには流石に降参だった。

Mさんは、BASICに飽き足らず、Prolog、Cと範囲を広げていった。Prologには流石についていけず、Cは、なんとかMさんに教わりながら、少しずつ覚えた。

ところが、天は皮肉なもので、私からみて圧倒的な秀才であるMさんは、病に倒れ夭折してしまった。それで、よくも悪くも、コンピュータに関することは私にのしかかり、前に述べた電子出願プロジェクトで、嫌が応でも、まだまだ未熟なC言語を駆使してプログラミングせざるをえなくなった。こうして、私の長く哀しい文系プログラミングの歴史が始まるのである。以下、別稿とする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1951

コメント(9)

MZシリーズ・・懐かしいですね。年がばれますが高嶺の花でした。クリーンコンピュータだか言ってましたね。あれはテープでOSをロードするので何にでも化けるという意味のクリーンでしたよね。考えると全然メリットじゃない気もしますが。それからグラフィックをするのに数万円のボードを買い、色出すのにまたオプションを買うとか・・私自身は先立つものがなく本やカタログを眺めているだけでしたけど。キーボードとディスプレイとテープ機構が一体化したあのデザインはとても魅力的でした。

> 何にでも化けるという意味のクリーンでしたよね。

BASIC以外に、PASCALのテープもありました。でも、2万円もするので、諦めました。

> あのデザインはとても魅力的でした。

デザインはよかったですが、機械的にヤワでした。しばらく使っていて、テープの挿入部分が機械的に壊れてしまいました。まあ、ともかく、コンピュータというのは、車の運転もそうですが、やらないと上達しないので、修行として使い倒したという雰囲気でした。

>MZシリーズ
 当時はコンピュータって夢があって、各社が独自の規格でPCを作っていましたよね。結局残ったのはNECのPCシリーズでしたよね。DOS/V時代に入ってみ~んな同じになって便利になったけど、コンピュータに夢はなくなり、ただの道具になりました。
 私は、実は、いまだに、コンピュータとかディジタル処理って、物理現象から離れていてあんまり好きではないんですよ。ここだけの話ですが。
 本当はアナログが大好きなんです。
 昔、コイルを巻いてラヂヲ(0V2とか、歳がばれる)を作って、初めてラジオオーストラリアの笑いカワセミの声を聴いたときの感動って、幼児の頃からコンピュータを使っている今どきの子供にわかるのかな? 
 エコー現象(ググってください)などを経験すると、その30秒ほどの遅延時間の間に、電波はどこに保存されていたんだろうかとか、初歩の電波天文学(?)のロマンに浸れるんですけどね。

> 私は、実は、いまだに、コンピュータとかディジタル処理って、物理現象から離れていてあんまり好きではないんですよ。ここだけの話ですが。
> 本当はアナログが大好きなんです。

小松さん、私も子供というか中学生の頃、ラジオ少年だったので、その気持ちは分ります。ただ、明らかに私は不器用で、ハンダこてで指を火傷したり、アースに触って感電しり、散々だったので、大した回路を組めませんでした。それで寧ろ、コンピュータの仮想的な世界が私には救いでした。プログラムによって、コンピュータ内にディジタルな仮想世界がつくれるので、そこては私は「擬似神」なのです。そう話すときの私は目が据わっていて、あぶないおじさん風です。

>エコー現象
そんなあなたに
http://www.asyura.com/sora/bd15/msg/397.html
ご存知だと思いますが映画なら「オーロラの彼方に」をお勧めします。
>そこては私は「擬似神」なのです。
この一言は全プログラマに共通に言える共有感覚ですね。いつも虐げられているような人が一度プログラムの世界に入った途端、立場は逆転し自分世界構築が叶うわけで。でも現実に戻ればこれはバグとかこれも入れてとか・・以下略。それでもその世界の構築度合いが認められた時は望外の喜びではあります。認められなくとも自認すれば事足りるわけですが。

>■宇宙に消えた電波源
 これはどっかで聞いたことあります。でも、ヨーロッパで起きたことでアメリカで起きたことではなかったような・・・
 30秒~1分のラヂヲ波エコーを聞いたことありますので、3年のTV波エコーもあり得ると思って昔聞いた話のソースは確認しませんでした。
 数十秒以上の遅延が生じたエコー現象は、物理的に理解可能な範囲の現象であっても、具体的にどのように遅延が生じたかを考えると想像もつかず、ほんとうに神秘的な現象です。

 でも、このページを斜め読みして気になったことは、上述のように発生場所の違いです(宇宙人がらみのことは私にとってはOut of Considerationです。すみません)。
 というわけで、私としては、この遅延時間数年のエコー現象の信憑性を下げざるを得ないですねぇ・・・USの駆逐艦を空管移動させる実験が行われたとかいうのと同様の都市伝説の可能性があります。

 どっかに、遅延時間数年のエコー現象を報告した論文とかがあれば、是非とも読んでみたいモノです。

小松さんの送信時間は晩の20時~22時でしたか?
http://kuri8.livedoor.biz/archives/50540721.html#
録音テープあります
http://park1.wakwak.com/~ja7ao/lde/ldes.htm
不思議な現象ですね。

 私は自分が送信した電波のエコーを聴いたことはありません。
 放送局のエコーなら何度か聴きました。もう30年前以上のことなので詳しいことは忘れましたが、短波と中波で経験しています。
 やはり、夜間に発生するようです(昼間は学校だったから聴いていないというのもあるのかもしれません)。
 一番記憶に残っているのは、夜中かなり遠方の日本の中波放送を聴いているときに、十数秒遅れて本物の1/3ぐらいの強さのエコーを聴いたときでしょうか。

やはり夜なんですね。夜でないと電離層の蓄電(波)効果が現れないということでしょう。しかし数年のスパンとなるとまた別の理由が必要ですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月 9日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「内田樹氏の休筆」です。

次のブログ記事は「数霊」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。