保守性

| コメント(0) | トラックバック(0)

ドッグイヤーと言われるようになって久しい。すなわち、インターネットだの、グーグルの検索エンジンや広告モデルだの、デリバティブだの、リーマン・ショックだのと世間はめまぐるしく、生きていくためには、嫌でもそれに対応を迫られる。

そういう時代に対応していくためには、今までのやり方を捨てて、新しいやり方に就かなくてはならない面があるのは事実である。実際、典型的にはレコード針のナガオカなど、時代についていけないで消えていった企業の数は数知れない。

そういう時代に生きていると浮き足立つのが人の常である。私が勤務している会社の部門でも、こんなことがあった。すなわち、ちょっと軽佻気味の上司が、何か素晴らしい画期的なことを企画しようと私を含め、何人か集めた。どうするのかと見ていると、白紙のパワーポイントを立ち上げ、業務改革のための提案を何でも言いなさいという。これはブレーンストーミングだから何でもありで、そうやって検討して素晴らしい効果を与えるアイデアを得ようではないか、という。

それを聞いて、とまどいながらも目を輝かせる人もいたが、私は最初からあほらしくて白けていた。ともかく、ブレーンストーミングという触れ込みに触発されたか、みんないろいろな意見をいい始めた。アイデアの豊富性については人並みには自信がある私は敢えて黙っていた。すると、なんでもありということで、いくらなんでもという意見も出てきた。部門の根幹を揺るがすようなことを言うのである。そこで流石の私も黙っていられなくなった。何でもいいとはいえ、それはないのではないか、と抗議したが、軽佻な上司は、遮るなと私を制した。

保守的と批判を浴びようと、私が 抗議したのは、私がプロのメンテで述べたことに基づくものである。すなわち、そこで述べたことは、スキルを維持するために、基礎訓練/研究/実戦が必要である、ということであるが、そのからの帰結として、基礎訓練のところは下手なブレーンストーミングに晒してはいけないのである。

例えば、人間の知性の基礎訓練といえば、文字を読み書きすることと、計算をすることであろう。そこをやらなくてもいいとか手抜きしてもいいとは、体育に偏重した都市国家、スパルタでも言いはしないだろう。

ところが、上記ブレーンストーミングで出来たある意見は、部門の読み書きみたいな基礎スキルの必須性に疑問を挟むものだったので、堪らず私が待ったをかけ、上司に跳ね返されたという次第であった。

で、結局、上記ブレーンストーミング・セッションは何も意味のある成果を得られなかった。当然である。出てくるアイデアをストリームラインしたり評価したりする方法論が全く確立しておらず、しかも、疑ってはいけない公理のようなところまで平気で土足であがるのだから、目も当てられない。

それだけではない。上記ブレーンストーミング・セッションにはとんだ副作用があった。すなわち、土台を無視した軽佻なことをのたまう輩が注目を浴びるようになったのである。こうして、スキルの土台は、シロアリに侵食された木造建築のように弱っていった。

すなわち、スキルのレイヤを基礎訓練/研究/実戦で表現したとき、上記ブレーンストーミングなるものは、主として研究、副次的に実戦のところにフォーカスすべきで、基礎訓練に及んではならない。寧ろ、基礎訓練を欠く者は、セッションに参加してはならない。

そういう私をコンサバと詰る人は、遺伝子のコドン、人体の酵素及びタンパク質、そして言語の保守性にきちんと思いを馳せて戴きたい。コドンも、タンパク質も、言語も、ころころ変わっては、世の中が成立しなくなる。信じられないほど世の中の根底は保守的なものなのである。

そういう前提の上で私は、石頭にならないように、僅かな努力を重ねている次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1955

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月12日 07:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9.11の計画」です。

次のブログ記事は「阿伽羅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。