阿伽羅

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページによると、今年、清水市代と対戦するコンピュータ将棋、阿伽羅(あから)のことが掲載されていた。

阿伽羅とは、おそらく仏教用語なのだと思うが、「10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された」という。ううん、流石に、宇宙全体の原子の数よりも桁違いに大きい。

ところが、阿伽羅のシステムがまた凄い。下記のとおりである。

# ハードウエア部
-東京大学クラスターマシン:
Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
合計 169台 676 cores
-バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
-CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
-Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)
# ソフトウエア部
-構成:国内トップ4プログラムによる多数決合議法
-合議マネージャー(4つのプレイヤープログラムに局面を渡し、指し手を受け取り、もっとも多い手を指し手として返す。)開発:電気通信大学伊藤毅志研究室&保木邦仁
-プレイヤー1:「激指」開発:激指開発チーム(鶴岡慶雅、横山大作)
-プレイヤー2:「GPS将棋」開発:チームGPS(田中哲朗、金子知適ほか)
-プレイヤー3:「Bonanza」開発:保木邦仁
-プレイヤー4:「YSS」開発:山下宏

ううん、なんとも壮観である。ただ、プログラミングを趣味とする者として疑問なのは、上記のソフトは、多数のクラスタマシン上で動くようになっていたっけ、ということである。もともと、スタンドアロンで作れられていたとすると、クラスタ用に移植するのは大変なような気がするが、そこは、東大工学部の精鋭が裏方作業を応援するのだろうか。

それにつけても、役不足感が募るのは、清水市代である。というのは、スタンドアロンのコンピュータ将棋でさえ、アマチュアトップクラスの棋力をもつと思われる東大将棋部のメンバーを、9勝1敗で圧倒した。優に奨励会三段はあり、もしかして、C級2組の中位、すなわち、中村太地四段程度の力がないだろうか。情報処理学会は、ウサギを倒すにも全力を尽くすライオンなのか。

ということで、私の興味は、清水市代戦ではなく、次にどの男性プロが駆り出されるかである。まさか最後には羽生までいかないだろうね。そうなる前に、米長会長が待ったをかけるのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1956

コメント(2)

前もコメントしましたが清水が勝つ確率は相当低いでしょう。面白いのは合議制なので2対2の場合どうかという点で、その場合はリーダの考えを取るそうです。でリーダって誰なのかが興味のある所です。たぶん激指なのかな5月大会で1位でしたから。

> でリーダって誰なのかが興味のある所です。たぶん激指なのかな5月大会で1位でしたから。

東大の地元ということで、「GPS将棋」という可能性もありますが、ブレイヤとして並べられている順なのでしょうね。すると、やはり激指です。激指ももともと東大出身者が作っているので、この分野、東大が圧倒的です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月13日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「保守性」です。

次のブログ記事は「天地明察」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。