天地明察

| コメント(2) | トラックバック(0)

本当かどうか知らないが、少女は、西欧の歴史小説を読んで、自らを王女やお妃にたとえ、感情移入するという。どんな男も見過してしまうような地味な少女であったとしてもである。

ところが、50台半ばを過ぎた、初老ともいえる私が、不覚にも感情移入してしまったのが、友人から紹介された「天地明察」という小説の主人公、渋川春海こと、安井算哲である。

安井算哲は、江戸時代の碁打ち衆として江戸城に登城を許された、安井、本因坊、林、井上の四家の一つに生まれた、いわば当時の囲碁棋士であった。それなら家業の囲碁に邁進すればいいものを、算哲にはどうしても抑えがたい性癖があった。それは算盤である。今でいう数学が好きでたまらず、つい囲碁が疎かになる。

ところが、囲碁のライバルで才気煥発な本因坊道策は、そんな算哲が歯がゆくてならない。それで、算哲を挑発するのだが、算哲は相手にしない。そもそもが、道策の方が囲碁の才能で優っていることを知っているのである。

そうして、暇をみては、神社の絵馬に算術問題が出題されているのを見に行くのである。それをきっかけに、天才算術家である関孝和を知り、その才能に羨望する。

まさに、囲碁を将棋に置き換え、算盤を数学(数楽)に置き換え、なんとなく気の利かない性格に鑑みると、安井算哲は、私にだぶるのである。つい感情移入してしまった。

ところが、感情移入はそこまでである。なせなら、安井算哲は、会津藩の藩主で幕府の要人である保科正之や大老、酒井忠清そして水戸光圀など錚々たるメンバーから過分の厚遇を受けるのである。そのような状態に私は最早感情移入できない。

それには意図があった。算哲の数学的才能を見込んで、暦を作り直す密命が算哲に下ったのである。しかし、それはあくまでも密命であるので、表向きは碁打ちのままである。

こうして二束の草鞋で進むのであったが、改暦は、想像を絶する辛酸であった。なにしろ、計算があわない。朝廷、幕府の微妙なパワーバランスをとることに腐心する。数学と政治手腕の両面で頓挫する。

こうして一時は絶望の淵にありながらも、算哲は不屈の精神で改暦を成し遂げたのだった。そこには天才、関孝和からの絶大なる支援もあった。再婚した妻、えんの内助の功もあった。ううん、いよいよ感情移入のレールから外れていく。

結果としてみると、安井算哲こと渋川春海は、あまりにも偉大であった。囲碁では道策に、算術では関孝和にとうとう歯が立たなかったが、総合的に、彼らに劣らぬ成果を挙げ、歴史にも名を留めた。

それにしても、のぼうの城の成田長親に続き、安井算哲、歴史小説の名手達は、絶妙のキャラクタをよくぞ発掘するものである。そういえば、のぼうの城に続き、これも本屋大賞であった。大賞嫌いがどうした、と自問してみるが、大賞受賞云々は関係なく、いい本はいいのだ、と当たり前のことを返してみる次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1957

コメント(2)

私も、決してヒーロータイプではない、
渋川春海にこそ、感情移入しました。

おもしろかった~

> 決してヒーロータイプではない、
> 渋川春海にこそ、

ううん、結局、渋川春海はヒーローだと私は思います。そう思った段階で、感情移入は外れます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月14日 00:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「阿伽羅」です。

次のブログ記事は「多剤耐性菌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。