多剤耐性菌

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、多数の抗生剤が効きにくい細菌アシネトバクターの院内感染で死亡した例があるという。以下、引用:

多数の抗生剤が効きにくい細菌アシネトバクターの院内感染で患者9人が死亡した疑いがある帝京大学医学部付属病院で、別の多剤耐性緑膿(りょくのう)菌にも3人が感染していることがわかった。うち1人が死亡しているという。同病院は厚生労働省や東京都に報告し、詳しく調べている。

関係者によると、今年6月から8月にかけて成人3人への感染を確認。このうち、1人の感染が6月に確認され、8月下旬に敗血症で亡くなり、「感染と死亡の因果関係は否定できない」とみられる。ほかの2人は個室で治療を受けているという。この菌による院内感染は国内外で以前から報告されている。

欧米では、緑膿菌についても、アシネトバクターと同様に、抗生剤がまったくきかない「スーパー耐性菌」が発生し問題になっている。

新型細菌でも述べたように、最近、抗生剤が効きにくい細菌が猖獗しつつある。このような状況をみると、細菌兵器説を否定できないにしても、細菌自体が、かなりの自己変革能力をもつようである。流石にしたたかである。

おそらく、体の免疫力が十分であれば、多剤耐性菌を跳ね返すことができるのだろうが、老齢や病気の免疫力が下がった状態で入院して、病院の対応が悪いと危ないことになる。特に、抗癌剤は免疫力を低下させるので、癌は大したことないのに、感染症で亡くなったということがないようにしなくてはならない。

ところが更に新聞記事をみていたら、NDM1という遺伝子をもつ大腸菌の感染者が独協医大でみつかったという。NDM1とは、ニューデリー・メタロ・βラクタマーゼ1の略称であり、インドやパキスタンが発生源と考えられている。これは、新型細菌としてメモしたものに同一であった。患者は、インドの医療機関で治療を受けたといい、いよいよ日本にNDM1も入ってきたようである。

新聞記事の解説によると、アシネトバクターは水や土壌に存在し、健康な人が感染しても発病しないが、体力や免疫力が低下した人が感染すると肺炎や敗血症で死亡することがある。一方、NDM1という遺伝子をもつ耐性菌は、人体に通常存在する大腸菌にもみつかっており、健康な人でも感染することがある。その遺伝子が、赤痢菌やサルモネラ菌に広がると、それらの菌が多剤耐性をもち感染が広がるという。すると、NDM1は、薬剤耐性を担う情報そのもので、伝播可能なものなのだろうか。詳細は忘れたが、薬剤耐性がそうやって細菌の間で遺伝するという話を聞いたことがあるような気がする。

ともかく医療関係者は、手洗い、消毒など地道にやるより対策はない。東京医科歯科大学名誉教授で寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学の研究者である藤田紘一郎氏によれば、衛生対策の発達が却って人類の免疫力を低下させているのではないかというので(例えば、『「きれい好き」が免疫力を落とす』講談社という著書など)、どうしたものかと思ってしまうのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1958

コメント(2)

人間を殺す菌は失敗作です
菌は宿主を殺さず中で繁殖し、外に出るのが成功作

> 菌は宿主を殺さず中で繁殖し、外に出るのが成功作

なるほど、すると、免疫が低下した人が感染して亡くなるのは、菌にとって想定外かもしれませんね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月15日 00:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天地明察」です。

次のブログ記事は「高校生クイズ大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。