特許庁の汚職

| コメント(5) | トラックバック(0)

日経新聞Webによると、特許庁の審判官、すなわち。キャリアがからむ贈収賄事件の公判があったという。以下、引用:

特許庁のシステム開発をめぐる贈収賄事件で、収賄罪に問われた同庁の先任審判官の志摩兆一郎被告と、贈賄罪に問われたNTTデータの元社員の沖良太郎被告の判決公判が2010年9月14日、東京地方裁判所で開かれた。東京地裁の河村俊哉裁判官は志摩被告に懲役2年、執行猶予4年、追徴金約256万円の有罪判決を言い渡した。沖被告は懲役10カ月、執行猶予3年の有罪判決だった。

河村裁判官は志摩被告の判決理由として「公正中立な立場が求められる特許庁の審判官でありながら、特定の企業に便宜をはかるため、長期、多数、多額の賄賂を受け取っていたことは軽くみることはできない」と話した。沖被告の判決理由は「自ら主導して賄賂の供与を繰り返すきっかけを作った」とした。

執行猶予を付与した理由として河村裁判官は、「両被告とも前科はなく、事実を認めて反省し、謝罪の気持ちをあらわにしている。志摩被告は公務員を失職することになり、沖被告は所属していた企業から解雇処分を受けた。酌むべき事情はあると考え、今回に限り刑の執行を猶予するものとする」と述べた。

判決によると、志摩被告は2005年8月から2009年11月までの間に、次期基幹システムに関する情報の見返りに、沖被告から66回のタクシー代(合計約256万円)を受け取った。

私は、エキスパートに書いたように、特許庁の電子出願まわりの仕様を検討する委員会にいたので、特許庁のシステム開発に関する事情も、少しだけ分かるが、私が委員会活動していた1994~2000年頃は、日立製作所とNTTデータが特許庁に深く関与し、他の会社は関与する余地がなかった。だから、電子出願システムのクラアイント部分を富士通が担当すると知ったときは、少し驚いたものである。

ともかく、当時の常識だと、通信部分はNTTデータが独占なので、次期システムの仕様も当然にNTTデータに独占して伝えられていたはずで、NTTデータはなにも賄賂など使う必要はなかったはずである。私が知らないうちに、受注もオープンになったのだろうか。当然といえば当然だが、時代の流れを感じる。

なお、なぜ審判官がシステム部門にいるとかと思われるかもしれないが、特許庁では、審査官の資格があるキャリアの職員も、総務部管轄のシステム部門に異動して、実際に仕様を策定したりする仕事をするのが慣用のようである。私が委員会当時、電子出願システムの検討を通じて知り合いだった審査官が、私が担当する出願の審判官となって随分痛い拒絶を打ってくることがある。ううんと、唸りながらも昔を忍ぶ。

ところで、特許庁の審査官や審判官の賄賂というのは絶対にあってはならないし、あるはずもないと信じたいが、審査実務で、はっきり駄目な件と、進歩性が明確な件を除き、許可するかどうか微妙なケースは山ほどある。そんなとき、特定の会社が、担当分野の審査官に近づき、何ほどかの鼻薬を嗅がせて審査に手心を加えてほしいと依頼すると、審査経過を練達の弁理士が読んでも分からない程度に作為して許可してしまうことができるのではないだろうか。そうでなくても、審査官が大学の同期とか、遠い親戚だとか、微妙なケースはあるだろうし、そこまでは忌避扱いにならないので、難しい。

私は具体的には知らないが、あるベテランの弁理士の方から、昭和30年代に、審査に手心をくわえてほしいという、ある会社からの申し入れを受けた審査官の贈収賄の事件が実際にあったと聞いたことがある。流石にその後は、目に見える事件はなかったはずである。

ということで、いろいろな意味で、今回の特許庁のシステムがらみの事件は、考えさせられるのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1960

コメント(5)

>特許庁の審査官や審判官の賄賂というのは絶対にあってはならない

 昔、知り合いのお役人様(特許庁の方ではありませんが、中央官庁の方)と一杯やったことがあるんですが、特許審査の話をしてすぐに彼の口から出た言葉は、「そりゃ、ちょっと裏金出せば権利なんていくらでも取れるでしょ?!」でした。
 お役人様のオツムには、そういう思考が根深く残っているんだなぁ・・・とあきれてしまいました。
 その方、学生時代はまじめで、たぶん今もきっとまじめで、本人は裏金を取るような方ではない(と信じたい)のですが。

>「そりゃ、ちょっと裏金出せば権利なんていくらでも取れるでしょ?!」でした。

そういう発想が公務員全般にあると恐いです。審査に対する手心というのはとても分かりにくいですから。ただ私が漠然と感じていたのは、外資系の出願に対して、審査がやけに厳しいのではないか、ということです。審査官との懇談会があったとき、ちらっとそれをこぼしたら、そんなことあるわけないでしょ、とやんわりとたしなめられました。話題に出した私が馬鹿でした。

>審査がやけに厳しい
 審査官殿達が忠実に職務にいそしんでいらっしゃる結果、日本の審査が厳しくなっているのでしょうが、それは善し悪しですよ。
 適切に厳しい審査は善しですが、過度に厳しい審査は、外国企業が日本出願を忌避する原因になり、実際、外資系の企業ではそうなってます。
 曰く、「外国で通った特許が、日本では厳しすぎる審査によって特許にならず、外国における特許性まで疑われてしまうので、日本なんかに出願したくない」等々です。
 これは私らの業界にとって、「官製不況」の原因以外のなにものでもないので、過度に厳しい審査は謹んでもらいたいものです。ここで書いてもなんにもならないのでしょうが、あやたろうさん、もし、次に懇談する機会があったら行ってやって下さいいませ。

> 外国で通った特許が、日本では厳しすぎる審査によって特許にならず、外国における特許性まで疑われてしまうので、日本なんかに出願したくない

審査の厳しさもそうですが、日本の市場自体が以前よりも軽くみられて、そういう意味でも日本への出願が減らされているようです。池田信夫氏の「希望を捨てる勇気」という本のタイトルが目にしみます。

>審査の厳しさもそうですが、日本の市場自体が以前よりも軽くみられて

 欧米企業の視点からすると、中国市場こそ世界市場で、彼らは、中国で自社生産量の過半数を売るというような意気込みで中国を目指しています。中国が隣にあったら、日本の市場など軽視されても仕方がないですねぇ。これが中国本来の実力です。眠った獅子は、起き上がるまでに約1世紀という時間を費やしたというわけです。

 「審査の厳しさ」を、「規制の厳しさ」と置き換えて考えてみます。表向きはともかく、中国は、最近の労働者の待遇を日本の労基法などを参考にして決めているという話があります。これも経営側からすると規制の一種ですから、自由主義国・日本の規制を参考に、社会主義国・中国が規制を行うなんて、全く冗談にもならないようなことが起きています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月16日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高校生クイズ大会」です。

次のブログ記事は「質量の起源」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。